スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々更新! W杯で世界を驚かせた日本代表は、サモアに勝てるか? 

皆さんお久しぶりです。
2年半ぶりの更新でしょうか?と言うか、、もう誰も見ていないと思います(^^ゞ
前回のW杯は、地元(NZ)開催でオールブラックスが優勝してくれたので、それ以降更新が鈍り・・・

前回のW杯後から、すっかりラグビー熱も下がった(?)のですが、やっぱりW杯が近づくとそうとは言ってられないですね。
と言うのも、日本代表があのサウスアフリカに勝っているのがビックリしました。
夜中の放送で生で見ていなかったのですが、周り(NZ人)がざわざわしてて、日本が買ったことを知らされて、
それでも信じれなくて、ニュースそしてリプレイを見て凄い試合をしたと解り、飛んでもない事になったなと。

飛行機の中でもAir NZの機長(NZ人かな?)が日本がサウスアフリカに勝った事をおめでとうと機内放送で言ってくれましたよ!!

試合内容も凄いく良くて外国人選手も日本人のような低いタックルに行っていたのが印象的でした。
サウスアフリカ相手でもセットピースで安定していたのがビックリでしたし、しかもサウスアフリカ得意のモールで
逆に日本がトライを奪う場面もあったのも凄いなって思いました。
とにかく全員が低いタックルであのサウスアフリカを慌てさせて、最後まで切れずにくらいついて行ったのが
最後の逆転まで持って行けたと思いますが、とにかく感動の勝利でしたね。
正直最後はPGで良いくらいなのに、ラインアウトやスクラムを選択して同店を狙うのではなく勝ちに行ったのがね!

スコットランド戦は、中3日で相当きつかったでしょうね。
選手は良い訳にならないと言っていたけど、あの試合の後に中3日は相当きつかったし
やっぱり試合にも特に後半疲れが出ていたと思います。

強いて言うと、スコットランド戦の試合の入り方が良くなかったかなって思います。
南ア戦でディフェンスが良いと思われているので当然キックが多くなるだろうと思われていて
その通りキックが多めの前半で数回キック処理ミスがあり、そこで勢いに乗れなかった感じがあったのが痛かったかなと。

モールでのトライは見事だったけど、その後何度もゴール前に行きながらチャンスでトライを取れなかったし
PGも南ア戦より精度が低かったのも、後半の始めはまだまだ試合が解らなかっただけに・・・

後半は、中三日の疲れが出た感じが相手にも解ったのか、展開されてトライを奪われた感じでしたね。
相手陣に何度も攻め込みながら、ボール出しのテンポが南ア戦と比べると明らかに悪かったので
ディフェンスが絞りやすくて攻撃しても逆に疲れて、最終的にはミスからトライを奪われる
場面が数回ありましたね。

スコットランドはJapanを良く研究したと思います。とても冷静で上手くJapanの攻撃に対応して
ディフェンスも余裕を持ってしているかんじでしたし、ミスが非常に少なくて逆に相手のミスを上手く付いていました。
Japanが南アに勝った試合をスコットランドがこの試合でしたようなかんじでした。
攻めていたのはスコットランドより明らかにJapanの方が多かったと思いますから、
スコットランドはディフェンスで頑張っての勝利
ともいえるかなと。
もちろん、攻撃もスペースを上手く見つけてフィットネスが落ちているところを走力でも上回った感じでした。
マフィが退場してから前に出れる選手が誰も居なくなったのが一番痛かったですが、
とにかく後半は中三日の疲れがもろに出たのか、切れが全然なくボールをキープするだけで精一杯だった感じでしたね。


さて今夜のサモア戦ですが・・・
サモアは、先日のサウスアフリカ戦では、ある意味大差で負けてしましたが、ちょっと意外かなって思いましたが
サウスアフリカは、初戦でまさかの敗戦だったので、ピークを決勝トーナメントに持って行くのを速めた感じで
本気を出さないと予選すら通れないので、あれが南アの本当の実力
かなって思います。

サモアは、とにかくパワーが凄いのでJapanがそれを止めれるかそうでないかで試合内容が決まるでしょうね。
まあ、南ア戦でしっかりとめれたので、同じ事をまたやればいいのですが、パワーは半端ないですからね。
サモアは、南ア戦で敗れたので、それなりに修正してくるはずなので不気味だなって思います。

日本は、ラインアウトそしてサウスアフリカとスコットランド戦でも見せたスクラムも安定しているので
このセットピースの良さを活かした試合をしていけばサモアにも勝てる
可能性は十分あると思います。

特にサモアは、ラインアウトがあまり良くないと思うので、地域を取るキックを多めにしても良いかなって思います。
そしてサモアボールのラインアウトにプレッシャーをかけていければ、楽な試合運びが出来るかなと。
しかし、そのタッチキックもクイックスローされると15番にはナナイ・ウイリアムズが居るので
カウンターアタックが怖いので、キックチェイスがしっかりしてないと逆にカウンターからピンチになるので
10番、小野と15番五郎丸のGK以外のキックの精度も重要
になってくるかなと。

パシフィックアイランダーの国は、反則が多いのでPGを狙う機会が多くなると思うのでGKがこの試合でも大事になりますね。
特にアイランダーの選手は、自分がNZでプレイしてて思った事は、いらいらすると反則が多くなり
ラフプレイのようなのも多くなるので沢山ペナルティーを得れるので、そういう試合運び(相手がいらいらするような)が
出来るとJapanには五郎丸と言う素晴らしいキッカーが居るのでJapanペースになると思います。

今回は休養も十分にあるのでスコットランド戦のような集中力を欠いたラグビーにならず
攻めも単調にならずに相手が絞りにくい攻撃が出来ると思うので期待したいです。

No8のマフィが大した怪我でなくリザーブには入れたの事は大きいですね!!
マフィはリザーブの方がインパクトがあるかな~(南ア戦がそうだったように)
メンバーも初戦のメンバーに近く良いかなって思います。

しかし、エディーの色が凄い出てるチームに仕上げてきましたね^^
正直、エディーの前のヘッドコーチはNZ人でしたが、メンバー構成にしろあまり好きでなかったのです。
エディーは、選手としては無名ですが、本人が体が小さいので、大きい選手に対抗できる考えとかも選手時代からも
考えていただろうし、Japanの得意とするセットピースからの戦術は、ワラビーズのヘッドコーチ時代からも得意としていただけに
それを4年間でしっかりJapan代表に身につけさせた感じでしょうか? 
南ア戦の松島が抜けて五郎丸のトライのプレイもエディーが好きそうな攻撃ですからね。
今の日本代表に凄いあっているコーチだなって思います。

上位2チームに入らないと予選通過出来ませんが・・・
南アは、既に本気モードでスコットランドにも勝つと思いますので一位通過。
と言う事は、既にJapanが破れているスコットランドをポイントで上回らないといけないのですが・・・
そうなると、サモアに勝っても非常に厳しくなるかなって思っています。
サモアに4トライ以上取ってボーナスポイントを取って勝っても厳しいかもですね。
その前に、最終戦のアメリカにも勝たないと話になりませんが、楽に勝てる相手ではないし
W杯で一度もアメリカに勝ってないですからね・・・ 今のJapanなら勝てると思いますが、サモアとも良い試合してるし
スコットランド戦では前半リードしてたくらいですし、簡単には勝たせてもらえないでしょう。

日本が今夜サモアに勝ったとして、サモアがスコットランドに勝ってもらわないとBPが全然ないだけに
決勝トーナメント入りは厳しいかなって思っています。 まずはサモアにBP取って勝利を期待です。

あ、我らのニュージーランド代表オールブラックスは、予選ですし楽なプールですので本気度があまり見られない感じです。
しっかり決勝トーナメントでは、気持ちを切り替えてやってくれればいいのですが・・・(^^ゞ

オールブラックスより予選は、Japanの方が気になりますし、死のプールと言われるプールAは、どうなるか解りませんね。
ウエールズが、劣勢な試合を物にして開催国のイングランドに勝利したのはビックリでした。
イングランドは反則が多かったのが痛かったけど、その反則から得たPGをダンビガーが正確に決めましたね!

今夜のイングランド対オーストラリアの試合が注目ですが、イングランドの強さが感じられないので
オーストラリアが勝つでしょうから、イングランドが開催国で初の予選落ちになるのではないかなと。
ウエールズはフィジーに苦戦しているくらいですし、オーストラリアに大差で負ける気もします。

勝手に予想していますが、決勝トーナメントの8チームは以下かと思います。
プールA オーストラリア、ウエールズ
プールB サウスアフリカ スコットランド
プールC ニュージーランド アルゼンチン
プールD アイルランド フランス

何とかJapanにも残って欲しいけど、既に書いたようにスコットランドの出来が良いのでサモアがスコットランドに勝たない限り
(もちろんJapanがサモアとアメリカに勝った場合の話ですが)Japanのベスト8入りは厳しいかな。

最後に、一個前の記事(2年半前の最後の更新ブログ)は、冗談で書いてて種明かししてなかったまま
更新していなかったですね・・・  ソーイアロにそっくりな選手がブルーズのプロップに居たので書いてみました。
もうすでにブルーズの一軍で活躍している選手なのでお分かりだと思いますが・・・

今後の更新があるかどうかは、私自身も解りません(^^ゞ
今夜のJapanの勝利を祈ってます。

スポンサーサイト
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : オールブラックス ニュージーランド Rugby ラグビー AllBlacks NewZealand ラグビーワールドカップ ワラビーズ

マサガがホンダへ。ホンダのソーイアロはブルーズへ??(笑)

またまた更新怠りでです。
盛り上がっているスーパーラグビーですが、オールブラクスでもあるチーフスのカフイが東芝に移籍するのに続き、今年も絶叫調のウイングのマサガがホンダと2年契約。日本でもトライにダンスが見れるか?

タイトルのもう一人の人は続きへ・・・





続きを読む

関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

スーパーラグビー2013、クルセーダーズのチーム分析(?)などなど・・・

先週ニュージーランドチームも開幕して、前回書いたようにハイランダーズ対チーフスの試合は凄い試合だった。とにかくボールが動く動く、見ていてあんなに面白い試合はないと言うくらい。

翌日は、ハリケーンズ対ブルーズの試合でこれも上記の試合のようにNZラグビーらしくハイテンポの試合を期待した。しかし、ふたを開けるとミスが多くて、試合が面白くない感じだった。特にブルーズが、BKにパワフルな選手を集めているせいか、ハイランダーズ、チーフスのように高速ラグビーができないのか?

後半、ケーンズのJサベアとブルーズのハライがインゴールで競り合った時の判定で、ハライが故意に手でデッドボールラインに出したと言う判定をTMOでモンロー氏が判定して、ペナルティートライに+イエローカードと言う非常に厳しい判定になった。
もちろんこの判定で、週明けのスポーツトークバックラジオは、一日この話題で論議になった。

私が思うにも、これは厳し過ぎる、二人は競り合っていているので、手が自分の思うようには動かしにくい、と言う事からも、見た目は外に出しているように見えない事もないが、ボールを自分が確保しようと最大限の試みをしているだけにすぎない気もする。
TMOの方からは、故意にと言う判定が付いたのは、あれがインゴールだったからそう見えるだけで、フィールドの真ん中ならボールを後ろにやっただけなので問題はないはず。じゃあインゴールでは、抑える以外は何もできなくなる(ディフェンス側)と言う事にならないか。

仮に、ハライがあれをしなかったとしても、あれだけ強く競り合っている上にかなり上に弾んでいるボールをJサベアがインゴールにノックオンせずに抑えれるとは思いにくいのでペナルティートライと言うのも疑問に残る。その行為(反則に限る)がなかったら、トライとなるだろうと思われるのに対してペナルティートライと言うのがルールだと解釈しているので・・・

仮にペナルティートライだったとしても、それで十分厳し過ぎる判定だし(真ん中でトライになるのでコンバージョンが入れやすい)その上、イエローカードで10分間一人少ない人数で戦わなければいけない、ダブルで痛手になる事の程ではなかったかと。
厳しくても、ペナルティートライか、シンビンのどちらにすべきだったかと思うのは私だけでしょうか?
私なら厳しくても、ハライのペナルティーだけにするかな。(あれを、インゴールでの話でルール上どうしても故意にだしたと言わなければいけないなら)

この判定で、圧倒的に不利になったブルーズだったが、結果的には、この判定でブルーズが目を覚ました(?)
ブルーズがちぐはぐな攻撃ばかりだったのから、この判定後にパワフルなBK陣を活かしてゲインラインを越えるようになりシンビンになったハライは、2トライするなど素晴らしいデビューを飾った。

前半を見る限りでは、勝つのは厳しいかなって思ったけど、シンビン以降は上記に書いたように、パワフルさを活かして上手く攻撃した。あのメンバーを選ぶなら、それで行くべきなのに、前半は何をしたいのか解らない感じのプレイが目立った。

先週のブルーズの所で書いた6番ルアトゥアは、期待にこたえてパワフルさを出してカイノ2世になれる素材をこの試合で見せた気がする。ここ数年でオールブラックスになれる素材だと思うし、NZの6番争いはかなりレベルが高いままでいる。
問題は7番だけど。。。早くAサベアがこのレベルでみたい(4週間謹慎処分)

ケーンズは、Cジェーンの代役のライウアがかなりアピールして、レギュラーは確実になった気がする。元々良い素材だけに、今後の活躍も期待する、センターもやれる選手だし、チームにとっては心強い存在だ。
さて今週の大一番は、やっぱりなんと言っても今夜のブルーズ対クルセーダーズでしょう。
昨年の開幕戦(だった気がする)のこの一戦(こちら)は、最後ウィップーのDGがチャージされて僅かにそれて逆転勝利ならずでした。
SP2012
ブルーズは、先週のメンバーから変更なし。
気になったアリウイリアムズのキャプテンシーは良かったですね。リーダーにした事でやっと自覚を持ってくれて、若手の良い見本となっていたような。それに試合後のインタビューは、盛んに「個人でなくて、チームで」と言っていたのが印象的だった。今年はチーム一丸でまとまって勝とうと言うのが伝わってきた。
アリが良いリーダーになれるなら今年のブルーズは面白いかも。

レンジャーが今季限りでフランスに行ってしまうと言う発表があったのは凄い残念。。。

Blues:
1.Tom McCartney,2.James Parsons,3.Charlie Faumuina,
4.Cullum Retallick,5.Ali Williams(c), 6.Steven Luatua, 7.Luke Braid, 8.Peter Saili,
9.Piri Weepu, 10.Chris Noakes, 11.George Moala, 12. Francis Saili,
13.Rene Ranger, 14.Frank Halai, 15. Charles Piutau.
Reserves:
16.Quentin MacDonald, 17.Angus Ta'avao, 18.Liaki Moli, 19.Brendan O'Conner,
20.Bryn Hall, 21.Baden Kerr, 22. Jackson Willison.

今週は開幕戦となるクルセーダーズのメンバー紹介と、チーム分析(?)です。
FWの今夜のメンバーを見るとリッチーマコウが6カ月休暇で(昨日は、USAのどこかのショーを見に言っている映像がたまたまYou Tubeでみつかりニュースになってました)そのポジションをMトッドが入り、その他は全てABsで占めるしかもレギュラークラスばかりの凄いメンバー
昨年まで3人のABsを持っていたプロップ陣は、シーズン中、ローテーションで使えて、選手にも疲労が溜まらないようにできたが、Bフランクスが、出場機会をもっと求めてハリケーンズに移籍したので、今年はローテーションを使う事は出来ない。
ロックは、ABsのレギュラーと言っていいSホワイトロックとLロマノのコンビ。その他に元ABsのTドネリーは、日本とNZを行ったり来たりしているようで、今年もクルセーダーズ入りしているが、ベンチ入りもしてない。
ドネリーほどの選手がリザーブにも入れないクルセの層の厚さは毎年素晴らしい、そのロックのリザーブに入ったのは、昨年のNZU20のDバードで身長は206CMで昨年スーパーラグビーデビューで大活躍したチーフスのBリタリックよりも少し高いか。このDバードも将来性は抜群だし、NZのロック陣は今は最高に層が厚くなっている気がする。
それにしてもカンタベリーから将来性のあるロックが沢山出てきますね(10番もかな)。 最近では、アイザックロス、Sホワイトロック、Lロマノ、ちなみにBリタリックも元々カンタベリーで出場機会を求めてホックスベイに行ったとか記憶している。それで試合に出てチーフスにとってもらい、アピールしてABs入りしたのだから
このDバードも違うチームに行った方が試合に出られて、早くアピールできる気がするけど、特にABsのレギュラーが居るチームだから出番が・・・

3列は、リッチーが居なくても充分素晴らしいメンバーですね。と言うかリッチーは昨年もしばらく休んでいたし
スーパーラグビー自体、沢山出てる印象がないけど(ここ数年)クルセが強いのは素晴らしい。
SP2012
昨年の新人のホワイトロック兄弟の末っ子のLホワイトロックは今回はリザーブで、リッチーが居ない間に沢山出場機会をもらえると良いけど。
今年の新人で今回リザーブに入っていないけど、昨年のNZU20のNo8で活躍したJ.Taufunaのパワフルさは凄いですが、まだまだ荒いので経験が必要か。

BKを見ていくと、あれ?ザックギルフォードが入ってないじゃないか?と思われますが、既にご存じかと思いますが、シーズン前にまたまた酒がらみで暴れてしまう、不祥事を起こしてチームから離れています。
2011年のワールドカップ後にラロトンガでバイクに乗って事故って、血だらけで全裸でバーには行って、心配しに来た人を殴ると言う最悪な不祥事を犯して最後の警告をされていたにも拘らず、その後も酒は辞めていなかった様子ですし、今回はバーベキューで酒を飲んでいて、それで暴れて収集が付かなくなり、参加していた数人のクルセのメンバー人がエリスに電話で助けを求めてそれでようやく落ち着いたとか。。。
もう終わりかと思いきや、まだまだ登録メンバーに入っている感じですが、私が思うに最低でも今年は使うべきでないと思う。20歳超えてるし大人だし、同じ過ちを何度も犯すことは許されるべきでない。
ブルーズのコーチのJKは、まだチャンスを与えてあげるべきと言う意見をしてるが・・・????

9、10番はエリス、カーターのコンビは文句なし。 注目は12番が誰になるかで、昨年は10,12番で活躍したTテイラーかなと思ったけど、数年前まで大活躍していたRクロッティーを今年は12で固定で使う感じか。
SP2012
となるとテイラーは?となりザックが居ないウイングのポジションにダグが入り、15にはテイラーを入れる布陣にしてる。ダグは、ウイングよりフルバックに居る方が相手にとってはカウンターアタックがあるので脅威になるのになって思います。
昨年安定した活躍をした、Aホワイトロックは、今年もレギュラー定着になるか? 
ウイングフルバックをやれる新人J.McNichollは、良い素材を持っているけど、層の厚さでリザーブ入りも厳しいか。
SP2012
今年のABsの年末遠征は、13番Cスミスが辞退するそうだし、カフイも日本へいくし、誰が入るのか注目で、Tエリソン、Bスミスが候補として、このクルセのフルーエンも毎年スーパーラグビーレベルでは活躍するけど、選ばれてないので、今年は大チャンスなので昨年以上に張り切ってやるでしょう。 課題のディフェンスと仕事量が改善できれば入れると思うけど、ハンセン氏は、あまり好まない気もするのでどうなるか?

Crusaders
1.Wyatt Crockett, 2.Corey Flynn, 3.Owen Franks, 4.Luke Romano, 5.Sam Whitelock,
6.George Whitelock, 7.Matt Todd, 8.Kieran Read (c), 9.Andy Ellis, 10. Dan Carter,
11.Israel Dagg, 12.Ryan Crotty, 13.Robbie Fruean, 14.Adam Whitelock, 15.Tom Taylor.
Reserves:
16.Ben Funnell, 17.Joe Moody, 18.Dominic Bird, 19.Luke Whitelock,
20.Willi Heinz, 21.Tyler Bleyendaal, 22.Tom Marshall.

REFEREE: Chris Pollock

予想は、先週の勢いを今週もホームで維持してブルーズが5点差で勝利。
Chiefs:
1.Pauliasi Manu,2.Hika Elliot,3.Ben Afeaki,4.Michael Fitzgerald,5.Brodie Retallick,
6.Liam Messam (c), 7.Sam Cane, 8.Fritz Lee, 9.Augustine Pulu, 10.Aaron Cruden,
11.Asaeli Tikoirotuma, 12.Bundee Aki, 13.Tim Nanai-Williams,
14.Lelia Masaga, 15.Gareth Anscombe.
Replacements:
16.Rhys Marshall, 17.Ben Tameifuna, 18.Craig Clarke, 19. Tanerau Latimer,
20.Tawera Kerr-Barlow, 21.Charlie Ngatai, 22.Patrick Osborne.

Cheetahs:
1. Trevor Nyakane, 2. Adriaan Strauss (captain), 3. Lourens Adriaanse,
4. Lood de Jager, 5. Francois Uys, 6. Frans Viljoen,
7. Lappies Labuschagne, 8. Philip van der Walt,
9. Sarel Pretorius,10. Johan Goosen, 11. Raymond Rhule,
12. Robert Ebersohn, 13. Johann Sadie, 14. Willie le Roux,15. Hennie Daniller
Substitutes:
16.Ryno Barnes,17.Coenie Oosthuizen,18.Landman Ligtoring,19.Boom Prinsloo,
20.Piet van Ziel, 21. Riaan Smit, 22. Ryno Benjamin.

怪我人が戻ってこないチーフスだけど、先週の攻撃の素晴らしさはぴか一だし、こちらも攻撃は素晴らしいチータースだけど
ホームのチーフスが10点差以上で勝利と予想。

先週のチーフスの2番で先発は3番手のフッカーのRhys Marshallだった(シュワルガーとエリオットの怪我)。
しかしその選手が凄い良いプレイをしていたのが目立った、ここ数年はファームでの経験を積むためメインはラグビーでない人だ。
先週あれだけアピールしたので、この先ラグビーで行くか、ファームで行くかの選択も迷うところでしょう。
今回はエリオットの復帰でリザーブに落ちてしまったが、充分このレベルでやれるのをあのレベルの高い試合で見せたので今後が頼もしい。
Hurricanes:
15.Andre Taylor, Alapati Leiua, Conrad Smith (c), Tim Bateman, Julian Savea,
Beauden Barrett, TJ Perenara, 8.Brad Shields, Victor Vito, Karl Lowe,
Jason Eaton, Jeremy Thrush, Jeffery Toomaga-Allen, Dane Coles, 1.Ben Franks
Reserves:
Motu Matu'u, Reg Goodes, James Broadhurst, Faifili Levave,
Chris Smylie, James Marshall, Rey Lee-Lo

Reds:
15.Aiden Toua, Dom Shipperley, Chris Feauai-Sautia, Ben Tapuai, Digby Ioane,
Quade Cooper, Ben Lucas, 8.Jake Schatz, Liam Gill, Eddie Quirk,
Ed O'Donoghue, Rob Simmons, James Slipper (c), Saia Faingaa, 1.Greg Holmes
Reserves:
James Hanson, Albert Anae, Adam Wallace-Harrison, Radike Samo,
Nick Frisby, Mike Harris, Luke Morahan

脳しんとうで欠場と思われたケーンズのキャプテン、Cスミスは、何とかOKが出て出場だがかなり心配。敵地でそれだけやれるか、7番Kローが一番良かった時と比べると劣るので対面のGillが目立てばケーンズは不利になるか。

先週勝利しているレッズにアウェーでどれだけやれるか? ゲニア、ホイールの大黒柱を書いているレッズだが6番Quirkの活躍が先週目だったのでケーンズは要注意。FW戦でケーンズが有利になれれば勝利はあるか。
予想はかなり難しいが、希望も含めてケーンズが5点差以内で勝利。

最後に、期待されたワラターズのIホラウは、ラグビーユニオンにはまだまだ慣れていないので15番をやらせるのは可愛そうな気がする。
それにボールを持っても、積極性がないのが気になった。 初めての公式戦で緊張していたのか? 
あとここ数根は、リーグでなくオージーボールの方だったようで、タックルは行く必要がないので、そのディフェンスがかなり心配。
まだまだユニオンになれるには時間がかかりそう。でも素材は良い物があるので、慣れて積極性が出てこれば楽しみか?
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

スーパーラグビー2013、ハリケーンズ対ブルーズ、プレビュー&チーム分析(?)

昨日のハイランダーズ対チーフスの試合は凄かったですね。
先週の開幕2試合のオージーダービーがスローと言うか、ゲームが切れる事が多いし(レフリングも??)同じレベルでやっているとは思えないくらいの、ハイテンポのニュージーランドラグビーらしいトライの多い試合でした。

ハイランダーズが勝つ予想は外れましたが(嬉しいですが)とチーフスがセットピースが安定してて(とくにスクラムが近年になく良かった)、地域、ボール支配率でかなり劣っていたのに、あの点数差だったのがびっくりかも。
ブルーズに必要とされなくて取ってもらえなかった、アンスカムの正確なGKで試合を有利に進めれたのが勝因か。

とにかく、ターンオーバー合戦で、カウンターアタックも両チームとも素晴らしくて見ごたえがありました。
最初のトライをしたハイランダーズのBスミスは年々成長していっているし、あのトライは人間離れした(?)トライ
でした。解説のJマーシャルもそのトライだけでなく、終始興奮しまくりでしたね。

後半の途中で田中選手が出場して、日本人で一番最初のスーパーラグビーのデビューとなりました。
次の試合では、レベルズの堀江選手も、後半の終わりごろに出番が回ってきてデビューとなりました。
オージーテレビ番組は、先週もですが、堀江選手をベンチに居る時から何度も写して、実況の方もその都度コメントされて、いつデビューになるかとかで盛り上がっている感じでした。
田中選手が出場した時は、まだ試合が決まっていない段階だったのもあり、実況の方が「こんにちは」とかから始まり日本人初のとは言いましたが、堀江選手の出番の時と比べると、大人しい扱いでした。
オージーメディアの方が、堀江選手の事を「日本人初」(オーストラリアで)と言うのを頻繁に言っていて盛り上げていたのが印象的でした

田中選手は、昨日載せたリンクの髪を切ってもらうのでもニュースで流されたし、キャラクター的にも人気がでそうです。坊主頭ににして、ますます幼くなり子供からも人気が出るのではと思います。女性からも可愛いと言われて人気が出るかも。

坊主頭で思い出しましたが、先週の試合でレベルズのJオコーナーが訳の解らない髪型で色々言われいましたが、
今週はチャリティーの一環で坊主頭にする事になり、田中選手と同じ髪型になりましたね。

さて今夜は面白い試合が2試合続きます。
まずは、コーチと選手との関係が良くなくて、大物選手が多数出て行って昨年下位に沈むと思われながらプレイオフまであと少しに迫ったハリケーンズと凄いメンバーながら、過去最低の成績で終わったブルーズとの試合がウエリントンで行われます。

まずはケーンズのチーム分析から。
昨年と違って選手が抜けた痛手はほとんどなく、メンバーは昨年とあまり変わりません。
良い補強は、何と言ってもオールブラックスでもあるBフランクスの獲得。クルセーダーズではローテーションでしか使ってもらえないので出場機会を沢山得たいと言う事でケーンズが獲得できたのは大収穫。これで不安定なスクラムも安定すれば昨年より良い成績が残せそう。

もう一人は、兄が既にスーパーラグビー&オールブラックスの経験があるJサベアの弟のAサベアのスコッド入り。昨年はセブンスで大活躍して日本で行われたセブンスの大会にも出場したと思います。
NPCでも持ち前のスピードを活かして大活躍でそのままABsに入れたいくらいでした。
ポジションは、3列どこでもやれますが、No8にしてはサイズがないかなって思うのでフランカーが一番かと。
基本的に7番ですが、あのスピードと強さは相手には脅威で、経験を積めば凄い選手になる事は間違いないかと。
スパーラグビーの活躍次第では、リッチーマコウの後継者に立候補してSケーンを脅かす存在になるかと。

私は今年ABs入りすると思います。そのAサベアは、先週のプレシーズンマッチで危険なタックルで4週間の謹慎処分となりスーパーラグビーデビューはお預けで開幕戦では見る事が出来ずに凄い残念です。今年のケーンズの最注目選手です。ケーンズに限らず、NZラグビーにおいて注目選手になるかと。

今夜のメンバーを見ると昨年と殆ど変らずですね、やっぱりBフランクスが入ったのが大きい。
FW3列はレギュラー争いが熾烈どころでえはありません、今夜のメンバーも凄いですが、これにAサベア、一昨年昨年と7番で活躍したJラムもいるし、7番は特に熾烈な争いです。
昨年No8を主にやっていたABsのビトは今年は6番でABsでもメッサムとレギュラー争いか。
SP
昨年注目されながら怪我でシーズンのほとんどを棒に振ったBシールド(写真上)は、今年は怪我なくやれればABs入りも期待される(昨年トレーニングスコッドに呼ばれた)。
昨年ホンダ(?)でやっていたレヴァベも良い選手ですし、NZ全体で3列の層がものすごく高いです。
問題は7番ですが、早くリッチーを脅かす存在が現れないと将来が不安です、Aサベア、Sケーン(チーフス)、Jハーディー(ハイランダーズ)の成長に期待。

BKは、プレシーズンマッチでABsの14番のCジェーンが膝の大怪我で今期は絶望がかなり痛い。その穴を埋めるのは、成長著しい地元のAライウアですが、ジェーンの代わりには荷が重いか。

昨年のバック3のカウンターアタックは凄かったので、今年もAテイラー、Jサベアのカウンターアタックは脅威なので他のチームは下手なキックは出来ませんね。15番Aテイラーは昨年のような活躍があれば今年はABs入りできるか??
9,10番のハーフ団は、若いけど落ち着いたプレイで安定感抜群。9番Tペレナラは、個人的にチーフスのカーバローより良い選手だと思うし怪我なくやって、今年はABs入りして欲しいです。

センター陣は,シブいプレイをするTベイトマンン、Cスミスのコンビは今年も健在。Cスミスの坊主頭にも注目!

Hurricanes
1. Ben Franks, 2.Dane Coles, 3.Ben May, 4.Jeremy Thrush, 5.Jason Eaton,
6.Victor Vito, 7.Karl Lowe, 8.Brad Shields, 9.TJ Perenara, 10.Beauden Barrett,
11.Julian Savea,12.Tim Bateman,13.Conrad Smith(c),14.Alapati Leiua,15.Andre Taylor.
Reserves:
16.Ash Dixon, 17.Reggie Goodes, 18.Mark Reddish, 19.Faifili Levave,
20.Chris Smylie, 21.James Marshall, 22.Reynold Lee-Lo.


昨年酷い成績でかなり叩かれたブルーズコーチ陣は、全部首になり今年から昨年までJapanのヘッドコーチをしていたJカーワン氏がブルーズを指揮する事になりました。おまけにアドバイザーに2011年のワールドカップ優勝コーチのGヘンリー氏も加えるなど復活をかけて必死さが現れます。

気になったのは、JKがJapanで一緒にコーチをしていたメンバーをごっそり入れている事。
Japanの時のJKの采配ぶりと言うか、チーム作りが良いと思えなかっただけに、いつも同じ人で固めているのが・・・それはさておき、今年はしっかりやってもらわないと地元ファンが怒りますからね。

昨年はあれだけABsが居て勝てなかったのが恥ずかしいブルーズでしたが、今年は多くのABsが抜けました。 
1番ウッドコック(ハイランダーズ)、7番Dブレイド(イングランド)、6番Jカイノ(トヨタ)、
9番マテゥーソン(フォース)、11,14番ウルフ(フランス)、12、13番、Bスタンリー(フランス)、
12番ノヌー(ハイランダーズ)、15番トエアヴァ(キャノン)

8人ものキャップ保持者にレギュラーの選手を失いました(Dブレイドは戦力外になったのかな)
その他では、準レギュラーの、アンスカム(チーフス)、モンロー(フランス)まだまだあげれば沢山います。

自らチームを去った大物が多いけど、そうでない選手も居て、10番でここ8年近く苦しんでいるのに、将来性のあるアンスカムを取らなかったJKの考えが解りません。 昨日もチーフスでアンスカムは大活躍でしたし。

思った事は、チームを若返らせる感じにしたのかなって印象です。それならなぜアンスカムを・・・(くどいですね)。あと、Japanでも思った事ですが、JKは基本的に強い人を選びたがるかなって(外国人の選出とか見ると)印象で今年のメンバーも今回のメンバー発表でもそう思いました。と言っても元々ブルーズは、パシフィックアイランダー系が多いですけどね。

良い補強としては、Dブレイドがスーパーラグビーレベルではなくなったので、外したのだと思うけど、7番のスペシャリストのBオコーナーをカンタベリーから獲得した事。たぶんクルーデンと同期のNZU20だと思いますが、今回リザーブに入っているBオコーナーの獲得は大きいかと。

Lブレイドを開幕では7番で彼もABs入りに近い存在ですが、No8のサエリがパワーはあるけど、荒くてミスが多いので使いずらいので、LブレイドをNo8に使ってBオコーナーを7番と言うのが良いかと。 おそらく前半はパワーで相手を疲れさせ後半に勝負と言う感じかな??

その他の良い補強としては、昨年クルセーダーズで良い仕事をしたフッカーのQマクドナルドは、メアラムが開幕から数試合は休むので出番かと思いきや・・・
マクドナルドは開幕はベンチですね、先発の人も新人だけどそれだけ良いのか??
手薄に感じるロックは、Aボリッチが首の手術で今年は復帰できそうですが、開幕には間に合わずでAウイリアムズとコンビを組むのは、チーフスのリタリックの従兄のCリタリックがハイランダーズから移籍でこれは良い補強ですね。ボリッチが復帰したらレギュラー争いか。
今回ベンチのホリもここ数年期待されいますが、怪我に泣いているので今年は花が咲くか?

6番カイノの抜けた穴は(と言っても昨年はカイノは怪我で殆ど出てない)昨年はロックでの出場が多かったSルアトゥアがサイズもありカイノ2世になれる素材でもあるし、彼の今後の成長に期待。
3列の補強では、ケーンズのBバーレットの兄弟がKane Barrettがスコッド入りしています。
バーレット家もラグビー一家でクルセーダーズのホワイトロック一家みたいです。

BKを見ると、ハーフバックにセンスの良いJギブソン・パークがウィップーの存在を驚かせれば面白い。そのウィップーは昨年は、かなり重量オーバーでしたが今年はしっかり体重を落としているので活躍に期待。
SP2012
10番で長年悩んでいるブルーズは、アンスカムを見捨てて昨年ハイランダーズで活躍したCノークスを取ったのは良い補強ですね。
JKは、10番は強さとかより、線の細いキックの上手い安定感のある選手を好む傾向なのでこの獲得になたのかと。
もう一人はNPCでカウンティーズマヌカウで活躍したKerrという選手も結構買っているようです、この二人のレギュラー争いが注目か。

昨年のトレーニングスコッドで既にデビューしている、Fサエリ(Pサエリの弟)とピウタウ(ヤマハのピウタウの弟)は今期は正スコッド入り。二人のパワフルなランニングは相手チームに脅威かと思います。特にピウタウはNPCで15番で大活躍で彼のカウンターアタックは、やばいかも。

私が一番注目したい今期の新人は、これまたセブンス(Tokyoセブンスも出たと思います)で昨年まで大活躍したパワフルでスピードもあるウインガーのFハライのランは、やばいと思います。サイズがあるし、スピードも抜群で止めるのはかなり難しいかと。一気にABs入りもあるのかも??

心配なのは、キャプテンのメアラムが開幕からしばらく不在なので、今年のキャプテンがAウイリアムズになること。ベテランになっても落ち着かずに試合中もエキサイトばかりしているのが若手の見本となれるのか?
たぶんJKはキャプテンにしてそう言うのを治させようとしているのかなって、リーダーの自覚を持ってもらうには良い取り組みですがこれが吉と出るかは?? 良い方向に行かないと今年のブルーズも期待できないかも?メアラムが返ってくるまでの我慢か。

若返ったブルーズのメンバーで特にBKはメンバーを見るとパワフルランナーばかりです。乗れば非常に怖くて手がつけられないでしょう。逆に乗れないと、とことん落ちてしまうのが弱点でもあるし、パシフィックアイランダーが多いだけに、浮き沈みが激しいので、その辺が課題か。

BKは10番以外は凄いパワーですね・・・ レンジャーは13よりウイングでしょう、爆発力はぴか一でもミスが多いのでリスクが多すぎます。
私なら、12番Jウイルソン(チーフスから移籍)のセンスのある選手をここに入れて、パワフルランナーを上手く使う事をして欲しいです。
そして13番Fサエリ、ウイングは、ハライ、レンジャーが良いかなって思う。もちろんレンジャーが13で上手く行けばそれに越したことはないですが。。。
SP2012
おまけは、新人の中で期待される大型プロップのOfa Tu'ungafasi顔は元ABsのソーイアロ似で、体系はノヌーで頭は二人に似てる、でもトンガ人。
昨年のNZU20で大型ながら良く走るし仕事量も豊富なプロップで将来が期待されます。今回ベンチ入りもしていませんが(怪我かな??)キャラクター敵にも人気が出る選手かも知れません、もちろんプレイも良い物を持っているし注目かも。

Blues:
1.Tom McCartney, 2.James Parsons, 3.Charlie Faumuina,
4.Cullum Retallick,5.Ali Williams(c),6.Steven Luatua,7.Luke Braid,8.Peter Saili,
9.Piri Weepu, 10.Chris Noakes, 11.George Moala, 12. Francis Saili,
13.Rene Ranger, 14.Frank Halai, 15. Charles Piutau.
Reserves:
16.Quentin MacDonald, 17.Angus Ta'avao, 18.Liaki Moli, 19.Brendan O'Conner,
20.Bryn Hall, 21.Baden Kerr, 22. Jackson Willison.

REFEREE: Glen Jackson

展開は、パワフルなブルーズのBK対、シブいセンターコンビのケーンズの対決が見もの。
レンジャー、ハライ、ピウタウが目立つ展開ならブルーズが有利になるけど、それも活かすも殺すもFWとウィップーの球さばきか。3列がケーンズ有利と思うし、スクラムもBフランクスが入り安定すると思うので、ラインアウトも含めてセットピースはケーンズ有利になると思うしケーンズが7点差で勝利と予想。

非常に見ごたえのある試合となりそうで、昨日のハイランダーズ対チーフスの試合の再現を期待。
今夜2試合目は、オージーダービーでワラタス対レッズの大一番

良いメンバーに恵まれながら昨年は僅か4勝で11位と不振だったワラタス(4勝だけでも、負けのBPが沢山あった)が今年は気合が入っていると思うし怖い存在。

Reds:
15 Mike Harris, 14 Dom Shipperley,13 Chris F'Sautia,12 Ben Tapuai,11 Digby Ioane,
10 Quade Cooper, 9 Ben Lucas, 8 Jake Schatz, 7 Liam Gill, 6 Eddie Quirk,
5 Ed O'Donoghue, 4 Rob Simmons, 3 James Slipper (c), 2 Saia Faingaa,1 Greg Holmes
Replacements:
16 James Hanson, 17 Albert Anae,18 Adam Wallace-Harrison, 19 Jarrad Butler,
20 Nick Frisby, 21 Jono Lance, 22 Luke Morahan.

Waratahs:
15 Israel Folau, 14 Drew Mitchell, 13 Adam Ashley-Cooper, 12 Tom Carter,
11 Tom Kingston, 10 Bernard Foley, 9 Brendan McKibbon, 8 Wycliff Palu,
7 Dave Dennis (c), 6 Michael Hooper, 5 Kane Douglas, 4 Sitaleki Timani,
3 Sekope Kepu, 2 Tatafu Polota-Nau, 1 Jeremy Tilse
Replacements:
16 John Ulugia, 17 Benn Robinson, 18 Paddy Ryan, 19 Mitchell Chapman,
20 Lopeti Timani, 21 Matt Lucas, 22 Ben Volavola.


ワラタスは、メンバーがFWは皆キャップ保持者でほとんどがレギュラークラス。よくみるとFWだけでなくBKも昨年Aクーパーが入ったのでキャップ保持者ばかり。
それに加えて、リーグから超大物選手のLsrael Folauを獲得して、ウイング又はフルバックでスピードとパワフルを活かして大暴れしそう。要注意人物です。

今年のワラタスは、オージーの一位候補で間違いないでしょう、昨年の事は繰り返し事ないと思うし、BKコーチにクルセーダーズからDギブソンを獲得しているのも不気味。
FWは、昨年ポーコックの怪我でワラビーズの7番で活躍したMフーパーがブランビーズから移籍(ポーコックがブランビーズにきたからかな)してきたのが大きい。今年のワラタスは要注意ですね。 優勝もあり得るかと。

やっぱりラグビーは良いですね~~

クルセーダーズは、来週が初戦なのでチーム分析(?)は来週に????


関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

スーパーラグビー2013開幕! チーム分析(?)NZチームのみですw

いよいよ今日からスーパーラグビー開幕ですね~ 
すいません、先週お隣のオーストラリアでは始まってましたね。今年は、ブリティッシュ&アイリッシュライオンズがオーストラリアに遠征するのでライオンズと試合をするレベルズとか、グラウンドを空けなければいけないとかで、オージーチームだけ一週早く開幕となったようです。
笛が多くてゲームが切れるし、得点はPGとかが大半で全然面白くなくて、途中で寝てしまいました。

開幕戦レベルズ対フォースの昨年の13,14位のチームの対戦でビールを獲得したレベルズが有利?。
日本代表の2番として2011年のラグビーワールドカップでも、ここニュージーランドでも評価され、そして昨年のNPC(州代表選手権)でもオタゴのメンバーに入るなど(他二人のパナソニックの選手も)でスーパーラグビー入りを狙っていた堀江選手。チームに自分のビデオを送って売り込んだ結果、オーストラリアのチームのレベルズが獲得しました。

先週の開幕戦でもリザーブに入り、デビューのチャンスもありましたが、ポーコック→ブランビーズ、シャープが引退など、主力が抜けてしまい戦力ダウンと思われたフォースに苦戦したレベルズだったので、出番がなくデビューはお預け。
でも試合途中や試合後にも何度か紹介されて、特に試合後には長い時間テレビに映り堀江選手の事をアナウンサーが言っていました。

さて、今週は本当の意味で開幕なので凄い楽しみです。
今年も昨年同様にNZチームの充実ぶりが目立つシーズンとなりそうで、特に自国どうしは、
ホーム&アウェーで2試合しなければいけないのでNZチームはかなりタフなシーズン
となります。
おかしいと思うのは、他の国で一度も対戦しないチームが2チームでてくるのが今年も継続のようです。

今夜の試合は大一番で、昨年の優勝チームのチーフスが敵地でハイランダーズと対戦。
昨年から良い補強をしている元ABs&日本代表キャップ保持者のJジョセフ氏の顔の広さで、今年もノヌー、Tウッドコック(共に前ブルーズ)、Bソーン(元クルセーダーズ&サニックス)など大物選手を沢山ゲットで昨年よりさらにレベルアップしているハイランダーズ。大物以外にも若手で活きの良い選手もしっかり獲得。

ソーンは、開幕戦はふくらはぎの怪我で欠場は残念。昨年のヨーロッパ遠征で危険なプレイで謹慎中のキャプテンのAホアは、開幕戦のみ欠場
昨年日本から戻っていきなり大活躍でABs復帰も果たしたTエリソンも昨年の怪我がまだ癒えず欠場(しばらくかかるのかな?)
ここ数年怪我ばかりしている、既に過去の人になりつつあるCスレイドは、足首の酷い骨折から実戦の経験がないので、今週は2軍の試合で調整だとか。

この怪我人等を見るだけでも、凄いメンバーで、今年のハイランダーズの層の厚さが解る。
2年連続で開幕は良いスタートを切っていたが、半分以降に失速してしまう経験をしたので今年はどうか?

ソーンの怪我でロックか6番に入るかと騒がれている、元ABsホエアタは、今週はロックで、ソーンが復帰したら6番か?今後の使われ方も注目。昨年活躍したNo8ナシ・マヌは、今年は一皮むけないと若手で良い選手が出てきているのでポジションも確定ではない。
昨年7番John Hardueが怪我するまでは調子が良かったハイランダーズ、今年は彼が怪我なくやれるかも重要。そしてABs入りも十分習える実力でSケーンを脅かすか。

Tエリソンが復帰したら、13、15番どちらで使うかも注目。今年のヨーロッパ遠征には、ケーンズのCスミスが休むそうなので、代わりはエリソンかまたはBスミス(今回は15番)かこの二人は11~15番までやれるセンスがあるし、今年も彼等がハイランダーズのBKを引っ張るでしょう。
ウイングも、Hギア、Kポキそして、今回ベンチのポポアリイも居るし頼もしい。

ハーフバックは、長年ABsだったJカーワンがイングランドに移籍して、今年は昨年大活躍したAスミスが2年目のジンクスを破れるかが注目。控えには、昨年のNPCでオタゴで大活躍した(シーズン最初は戸惑っていたが、慣れてきたらかなり良くなった)パナソニックの田中選手がどうどうとスコッド入りで開幕戦もベンチ入りし堀江選手より先にデビューの可能性が今夜あるかも。 
ジョセフ氏も田中選手を買っており、シーズン途中で先発もあり得る口ぶりだ。球さばきと負けん気の強いプレイでこのレベルでやれるか注目。
Aスミスと同じでサイズがないし、タイプ的にも似ているのが、苦戦してて流れを変えたい時に昨年のように強いJカーワンでないのがどう影響するか?

その新人田中選手が、水曜日のスポーツニュースでライバルのAスミス(もともと美容師さん)に髪を切ってもらっていました。その映像はこちらを↓(爆)  あれで出場して欲しいけど。。。 NPCで、かなり評価が高かった田中選手にも注目ですね。
http://tvnz.co.nz/rugby-news/highlanders-play-down-super-chances-video-5346891

今年スーパーラグビーに出ないAトンプソンは、キャノンと2年契約で、チームメイトは、トエアヴァ(?)、Cブルース、Kトンプソン等良い選手が居るけど、外国人枠二人なのに沢山外国人とりますね。

Highlanders:
1.Tony Woodcock, 2.Brayden Mitchell, 3.Ma'afu Fia, 4.Jarrad Hoeata, 5.Josh Bekhuis,
6.Joe Wheeler, 7.John Hardue, 8.Nasi Manu, 9.Aaron Smith, 10.Lima Sopoaga,
11.Hosea Gear (c), 12.Ma'a Nonu, 13.Phil Burleigh, 14.Kade Poki, 15.Ben Smith.
Replacements:
16.Liam Coltman, 17.Bronson Murray, 18.Elliot Dixon, 19.Tim Boys,
20.Fumiaki Tanaka, 21.Hayden Parker, 22.Buxton Popoalii.
昨年のチャンピオンであるチーフスは、SBW(サニービルウイリアムズ)→リーグへ、タウマロロ(フランス)、No8で活躍したKトンプソン(キャノン)の昨年大活躍した選手が抜けたのがかなり痛い。 しかし、オフのリクルートと若手の成長で、爆発的な力の選手は減ったものの全体のバランスが良くなったかも。

しかし、開幕戦までに怪我人が続出したのが痛い。。。 
昨年のシーズン終盤に肩を怪我したカフイは、シーズン直前にまた肩の手術(軽く)したのもあり、開幕は間に合わず2戦目以降に出れるかどうかと言うところ。 そのカフイは方の怪我は左右合わせて4回で手術は5回と怪我がなければもっと凄い選手なのにと・・・
その肩の怪我を気にしてか、コンタクトの弱い日本に移籍(東芝)を先週の水曜日に正式発表したのかと。 
RC
2年契約で15年のワールドカップ前にSBWと一緒にチーフスに戻ってくる予定で二人そろってABs復帰
??
カフイの移籍でABsのヘッドコーチが何も言ってないので、2年間肩を静養のために日本行きを認めたのかと思いきや・・・今週になってハンセン氏が、コミュニケーション不足がいらつくし、カフイの移籍は凄い残念だと今週になって急に言っていたのがびっくり。それでカフイは、コミュニケーション不足の事とかを含めてちょっと反省している様子。 この裏切り??が2年後のセレクションにどう影響するか?

昨年SBWが大暴れしていた12番のポジションが誰になるかと言うのが一番のポイントだが、昨年12,15番で活躍したA.Horrellも怪我、ハリケーンズから移籍のCナタイの補強で12番は気まりかと思ったが怪我で今回はベンチ入りが精いっぱい。
13番カフイも怪我で出れないし12,13番が決まらないまま不安な開幕だが、昨年のNPCで活躍したB.Akiが12番でデビュー
気になる13番は、本職はバック3のTNウイリアムズが、プレシーズンで13で活躍したので開幕は13番。
となると、15番は昨年半分くらい出場し活躍したRロビンソンかと思えば、彼も怪我で開幕はアウト・・・
ブルーズから必要とされなかったGアンスカムが本職の10でなく15番でチーフス、デビュー。
元ABsのBレナードも怪我で欠場と本当に怪我が多いチーフスですし、特にBKは怪我人が返ってくるまでちょっと厳しい状態。

しかし、良いリクルートしているので、帰ってきたら2チーム出来る位の層の厚さがあるのが強みか。
注目したいのは、開幕戦で14番に入ってスーパーラグビーデビューとなるPオズボーン(写真)昨年のクルセーダーズの注目選手として上げていたけど、試合機会に恵まれなかったのが残念。
SP2012
早くて、そして人に強い選手で、アイルランド代表のジボ(?)に似たタイプかなって思う、試合に出れば活躍すると思います。

FWのポジション争いは、熾烈で、本当に2チーム出来そうで、誰が試合に出てもおかしくないくらい。
2番、3番は代表レベルだし(Bアフェアキも怪我がなければ行けそう)、ロックの控えも充実してる、
3列は、かなり熾烈で昨年7番はラティマーがほぼレギュラーで後半に昨年ABsデビューのSケーンがと言うのだが今年もローテーションで7番をやらせるのかどうかも注目。

No8の抜けた穴は、ここ数年期待されながらいまいちの出来のFリーが開幕戦の8番だが、パワフルさに加えて走力もあるので期待したいがスーパーラグビーレベルでの活躍は一度も見れてないので、ハイランダーズから獲得したNクロスエルをNo8か、昨年NZラグビーに戻ってきた、RフィリポをロックでなくNo8で使う案もあるとかで、3列の激しいポジション争いはシーズン通して続くので頼もしい。

やっぱり、BKの怪我人が戻って来るまで踏ん張らないとね。↓を見るとウイングがメンバー良過ぎ。 
Rロビンソンは今年もベンチを温めるのかも、 12、ナタイORHorrell/アキ、13カフイ/アキ、 11,14.Nウイリアムズ、オズボーン、ティコロツマ、マサンガ
15、Horrel/Rロビンソン/Nウイリアムズ。 ブルーズがロビンソンそしてアンスカムをキープしないといけなかったのでは?


Chiefs
1.Pauliasi Manu,2.Mahonri Schwalger,3.Ben Afeaki, .Craig Clarke(c),5.Brodie Retallick,
6.Liam Messam, 7.Sam Cane, 8.Fritz Lee, 9.Tawera Kerr-Barlow, 10.Aaron Cruden,
11.Asaeli Tikoirotuma, 12.Bundee Aki, 13.Tim Nanai-Williams,
14.Patrick Osborne, 15.Gareth Anscombe.
Replacements:
16.Rhys Marshall, 17.Ben Tameifuna, 18.Michael Fitzgerald, 19. Tanerau Latimer,
20.Augustine Pulu, 21.Charlie Ngatai, 22.Lelia Masaga.

REFEREE: Steve Walsh

開幕は本職と違うところのポジションでのチーフスBKが、ハイランダーズのタレントぞろいのBKにどう対抗できるか?経験の浅いBKがハイランダーズの攻撃を止めれるか、Hギアとかが、BKの間に入ってセットピースから突破してくるとかあるし。あと、15番アンスカムは、タックルが弱いので、最後の場面で一対一で止めれるとかが心配。

予想は怪我人が多いチーフスを考えると、ハイランダーズが10点差で勝利しかしチーフスの若手BKが爆発すれば面白くなる。チーフスのファンとしては・・・



更新がかなりご無沙汰でした、書こうか迷ってましたが、開幕前なので書きたくなりました(爆)
今後の更新は未定で、不規則になるかも知れません。 NZのチーム紹介はしたいのでそれは書くつもりです(予定は未定)
それでは、スーパーラグビー楽しみましょう^^

明日は、ケーンズとブルーズの記事かな。

関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

今週は、まともな試合を希望! オールブラックス対ワラビーズ&NPCは田中選手先発出場!

ぐるめさ前回の記事にも書いたけど、先週のオールブラックス対ワラビーズの試合は、全然面白くなかった
あれが世界のトップ2(ワラビーズは2位ですよね??)の試合とは思えないくらい酷かった。
プラスしてペナルティーの笛を吹き続けたアイリッシュのレフリーも考えさせられるレフリングだった。
あれでは、ゲームが途切れてばかりで全然面白くない、スクラムもあの方はかなり反則とるし・・・

レベルの差がありながら、ABsは取れるところでトライが取れなかったりと集中力に欠けている気がした。ゲインラインを越えた後でのパスミスが目立ったのもあるし、13番Cスミスが居ないとここまで酷いのかと。あれだけ有利に戦いながら、終盤までもつれさせてしまい、僅か8点差だったし頂けなかった試合だった。
復活したメアラムがブレイクダウンで2回ほどボールを奪ってたのがかなり大きかった。
ABs


ワラビーズは、ビールがノックオンを連発とディフェンスも最初のダグのトライもスペースのないところを簡単に抜かれ、その次のコリージェーンのトライも中途半端なディフェンスで簡単にとられるなど酷い出来だった。
RWC
前半も決定的な場面でNo8がノックオンでトライを逃すなどミスが多すぎた。
あんな出来の悪いABsに勝てないワラビーズの方がかなり重症だと思うけど、点差で行けば勝てそうな試合だったので、ABsの出来を思うと勝っておかなければいけない試合だった気がする。

注目していたSBW(サニービルウイリアムズ),ノヌーのセンターコンビは不発に終わった感じだけど、二人の突破力を恐れていたワラビーズの裏をかくような、おとりでのディフェンスを引きつけて、外に展開してセットプレイから2トライを取れた事は評価できるかも。まあ上記に書いたようにビールのディフェンスが酷かったけど。

前回の記事で書いたかもしれませんが、12番SBWなら10番はカーターよりクルーデンの方がやっぱり生きるかなって改めて思ったし、このレベルでもクルーデンを試してほしかったのが正直なところ。

今週も同じカードで場所をオークランドに変えてイーデンパークで対戦する。
WC W
ワラビーズは、大黒柱のキャプテンのポーコックが前半に怪我をしていたそうで、その怪我の影響で手術をすることになり残りの試合も出れない可能性が高くなった。彼の欠場はかなり痛い。。。

BKが全然だったので、怪我が治っているクーパーを使わなかった事が批判されているが、そのクーパーが今週の試合に10番で登場するのが色んな意味で騒がれている。
RWC
色んな意味と言うのは、昨年のラグビーワールドカップでどの試合でもクーパーがボールを持てば、地元のニュージーランド人からは酷いブーイングの嵐だった。これは、ここ数年にかけて、ABsのスーパースターでキャプテンでもあるリッチーマコウに対して、ひざ蹴りを入れたり(アクシデントっぽく見せかけて)頭をコツいたりとしていた為で、それを見たニュージーランド人はクーパーがニュージーランド出身(トコロア)であっても、彼に対して酷い罵声を浴びせるようになった。
昨年のワールドカップでクーパーーの母さんは、毎試合ブーイングを受けている息子をかわいそうに思うと同時に、ニュージーランド人を嫌いに?なっていたのか、決勝のフランスとの対戦でもABsを応援したくないと漏らしたくらいだった。 

明日のメンバーは以下ですが、ワラビーズはリザーブをまだ決めていないようです。

New Zealand:
1.Wyatt Crockett,2.Keven Mealamu,3.Owen Franks,4.Luke Romano,5.Sam Whitelock,
6.Liam Messam, 7.Richie McCaw (captain), 8.Kieran Read,
9.Aaron Smith, 10.Daniel Carter, 11.Hosea Gear,
12.Sonny Bill Williams, 13.Ma'a Nonu, 14.Cory Jane, 15.Israel Dagg.
Reserves:
16.Andrew Hore, 17.Ben Franks, 18.Brodie Retallick, 19.Victor Vito,
20.Piri Weepu, 21.Aaron Cruden, 22.Ben Smith.

Australia:
1. Benn Robinson, 2. Stephen Moore, 3. Ben Alexander,
4. Sitaleki Timani, 5. Nathan Sharpe, 6. Dave Dennis,
7. Michael Hooper, 8. Scott Higginbotham, 9. Will Genia,
10. Quade Cooper, 11. Digby Ioane,12. Berrick Barnes,
13. Rob Horne, 14. Drew Mitchell, 15. Adam Ashley-Cooper.

ABsは、先週良いところもあったけど、全体的に迫力不足だったメッサムが代えられるのかと思ったが、もう一度チャンスをもらえる事になるが、これでアピールしないと彼も厳しそう。
個人的に好きになれない、日本に行きかけて止めたHギアは、相手が格下のチームだとスペースのあるところでボールが回ってくるので、強さを活かせるが、実力が競ったチームとやるとボールがあまり回ってこないので、彼が活きないだけでなく、ボールを持ってない時の仕事量と言うのが宜しくない選手で、先週の試合も彼は何もしてないないに等しい。
何故かスコッドから落とされたザックギルフォードは、その点は素晴らしく、サポートプレイ、キックチェイス、そしてラックにもしっかり入って動き回っている。ギアも見習ってほしいなと。。。

そのギアを代えて違う選手をと思ったけど、スペシャリストウイングはは似たタイプのサベア・・・似たもの二人をスコッドに入れるのもどうかと思うし、今回のセンターコンビが突破力タイプでウイングまで同じようなのを和えて置く必要があるのかと疑問に思う。ザックが居ないならベンスミスでもウイングに入れて欲しかったかも。。。

結局ABsは、ウッドコックの怪我で1番にクロケットが入り、その他の変更は無し・・・


ワラビーズは、ケプの怪我で3番にアレクサンダー、ポーコックの代わりにMichael Hooperが7番、クーパーが10番に入りバーンズは12番へ、先週酷かったビールは外されてミッチェルがウイングに入り、Aクーパーが15番に入る。
一年ぶりの先発になるミッチェルは、昨年の酷い足首の骨折後にワールドカップで復帰するもハムストリングを痛めと、怪我が新たな怪我を生むと言う悪循環になっていて、選手生命も終わりかなって思っているが、ディーンズは何故か彼をまだスコッドに入れて、今回は経験を買ってか先発に入れたのは驚きだ。

ミッチェルと言えば2005年ブリスベンだったかな?トライネーションズで対オールブラクスでデビューした時は15番で出場して、素晴らしいランでディフェンスをかわしていてデビューでかなり目立った印象のある選手。

そのミッチェルがクーパーがキウイにブーイングを受けている質問をされて、かなりクーパーをかばっていた。

ワラビーズがオークランドについて記者会見を行った際にクーパーも出席しており、記者からの質問に答えなかった。色々言われる事は解っているので質問に答えなくなかったら、出席しなければいいのに。何故チームは彼を出したのだ?
明日のイーデンパークではクーパーに対してニュージーランドの観客はどう反応するのか見ものだ。

クーパーがどれだけABsを混乱させれるか?まずはFW勝負だけど、ABsが有利だろうしクーパーが活きないでしょう。今週はSBW、ノヌーの突破力を10、12の間の特にディフェンスの弱いクーパー目掛けて行くでしょう。これを止めれないとかなり大差になるかな。

予想は、今回こそ15点差以上でABsの勝ち


NPCは今夜は、マナワツ対ウエリントンで4年ぶりに帰ってきた、ロスフィリポがウエリントンのロックで出場。Jサヴェアの弟(セブンス代表)もNo8で出場。  

明日のオタゴ対ノースランドは、日本代表の田中選手が9番で先発、堀江選手等はベンチ入りもならず。
対戦相手のノースランド(レンジャーの居るチーム)は昨年までトヨタでプレイしたアイイが15番で出場。


いつもクリックありがとうございます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキング、よかったらクリックしてください
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

パナソニックの田中、堀江の日本人選手も出場するNPC(ITM-Cup)開幕

NPC

さていよいよ今日から今年のNPC(州代表選手権)が開幕します。
オールブラックスは今はシーズンでレギュラー陣はほとんど出ないですが、レベルの高いニュージーランドの国内選手権。個人的に若手の将来有望選手を探すのが好きなのでスーパーラグビーより好きかも。(毎年書いているかもw)

ここでアピールすれば、来期のスーパーラグビーのスコッドに入れるチャンスがあるので、選手も必死でやるし展開ラグビーが見れるので、先週のつまらないテストマッチよりはかなり面白い事間違いなし。
と言うくらい先週のオールブラックス対ワラビースの試合はつまらなかった。
その感想は後ほど書くつもりですが、今週のテストマッチもあまり期待できないかも。

Round1とRound2の組み合わせは以下です。

Round one. Thursday August 23-Sunday August 26
Thursday 7.35pm Hawke's Bay v Auckland Napier
Friday 6.05pm Manawatu v Wellington Palmerston North
Friday 8.05pm Tasman v Canterbury Nelson
Saturday 2.35pm Bay of Plenty v Taranaki Mount Maunganui
Saturday 4.35pm Otago v Northland Dunedin
Sunday 2.35pm North Harbour v Waikato Albany
Sunday 4.35pm Counties Manukau v Southland Pukekohe

Round two. Tuesday August 28-Wednesday August 29
Tuesday 7.35pm Wellington v Hawke's Bay Wellington
Wednesday 7.35pm Canterbury v Auckland Christchurch

昨年に引き続き、2部制をとっているけど、何故か一部と二部を混ぜてやるので、Round2の平日に2試合行う4チームは週末にも試合をしなければいけなくて、隔週で週2試合の過密スケジュールは昨年と同じ。
てっきり昨年はラグビーワールドカップ前に終わらせるために、過密スケジュールにしたと思ったら、今年も同じスケジュールでやっているのがびっくり、10日で3試合とか隔週でやるのはきつ過ぎ。。。そのぶん色んな選手に出番があるので選手層が薄いチームはかなりきつくなります。

写真は昨年のオークランド対ベイオブプレンティーで今はフランスでやっている元オールブラックスのジョーロコの最後の試合だった。この写真でも映っている、オークランド(左)の3番Cファムイナは、怪我が癒えてABs入りしたが、今週はベンチにも入れずで今夜の開幕戦の対ホックスベイ(ザックが居るチーム)で出場。

同じくベンチ入り出来なかったTエリソン、Aトンプソンもオタゴで出場予定。
そのオタゴには、元ABsで今年からオタゴのヘッドコーチとなったTブランが元所属していたパナソニックの田中、堀江の日本代表選手をスコッドに入れた、Jアイブスもパナソニックなのかな?彼も入っている。
はたして彼れがどれくらいやれるのかが見もの。


いつもクリックありがとうございます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキング、よかったらクリックしてください
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

ラグビーチャンピオンシップ開幕 & SBW11月にボクシングの試合

今年からアルゼンチンが加わって4チームになり、名前もラグビーチャンピオンシップに変更。
正直トライネーションズの3チームで行ってもらいたかったけど、時代の流れ?でしかたがないのか・・・

今夜はワラビーズ対オールブラックスの一戦でこの国同士の試合だとブレディスローカップがかかる。
2003年オークランドでカップを奪取していらい、ずっとニュージーランドにカップがある。その試合を私も見に行ったが、当時はそのカップの重みをそこまで知らなかったのは内緒(苦笑)
AB
もう直ぐ日本に行くSBW(サニービルウイリアムズ)が、目の手術をして最初の2試合でれないコンラッドスミスの代わりに、出れることになったのはかなり大きいかと。
出れる→やっぱり出れない→出れると、騒がしかったですが、パナソニック側が認めたのでOKだが、もしコンラッドスミスが怪我してなかったら、SBWは呼ばれてただろうか?
AB
ブルーズでもいまいちだった、ノヌーが全然試合もしてないし、なれない13番(13番で良いノヌーを見た事がないしディフェンスが・・・)での出場が心配。
まだSBWの13番の方が良いのかなとも思う。彼は器用だしディフェンスも今年はかなり良くなって安定感が出てきた。日本に行くのが勿体ない。試合中にポジションの交代は時々あるだろうけどね。

ABsのセンターコンビとワラビーズのセンターコンビ(ファインが&Rホーン)の体重差は39キロもあるそうです。一人当たり20kgはかなり大きい。

SBWが入るならチーフスでのコンビ抜群のクルーデンとのコンビの方が、今は良いかと思う。カーターにも良い刺激でチーム内の争いがあるので良い事ですね。

しかし、Cスミスが怪我でと言う時に、カフイが出れないのはね。。。
折角のチャンスなのに、相変わらず怪我が多くて・・・
しかもかたは3回目では???
K
怪我がなかったら今でも凄いけどもっと凄い選手になってのにな~~勿体ない! 


今日の見どころは、7番では衰えが見えなくもないリッチーマコウ対Dポーコックの7番で対面でキャプテン対決。
ポーコックが有利になると試合も面白くなるかな、そうでなければオールブラックスの一方的な展開になるかもね。リードの復帰もあるけど試合から離れてたけど、それほど心配していない。

アイルランド戦で活躍して初めてABsで認められたメッサムが6番に抜擢だが、彼がアイルランド戦のように動ければ今後もチームに定着出来るだろうが、北半球のチームと南半球のチームとの戦いは全然違うからね。

あとは、6月にデビューして活躍したハーフバックのAスミスもこのレベルでどこまでやれるか?FWが安定しているのでやりやすいだろうから心配していない。

ロックがリタリックでなく、Bソーンが抜けパワー不足にならないように、Rロマノを入れてきた。一気にレギュラーを取れそうな勢いで、今後リタリックとの争いが楽しみ。

ここでトリビア
ロマノは、高校時代は一軍の選手でなかったのに、ABsになった。高校卒業後、アカデミーでこつこつとやってきて、ここまで来たのが凄いなと感心。

SBWの次回のボクシングの試合は、11月にサウスアフリカ人の43歳のボクサーとやるそうです。
マイクタイソンと試合経験のあるボクサーなので、年齢は行っていても今までのボクサーよりは面白い試合になるか。11月と言えば日本はシーズンだけど、パナソニックとの契約には、ボクシングも当然今までのように入れて居たんだね。さすがSBWでいつでもどこでも契約上手ですな。

今夜の予想は、15点差以上でオールブラックスの勝ち

いつもクリックありがとうございます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキング、よかったらクリックしてください



関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

祝!チーフス初優勝!! 

またまた長い間の放置プレイ??のブログで約二カ月更新なしでした。
もう、このブログも終わりを近付いているかなと思う今日この頃(笑)

長いシーズンでテストマッチ期間は初めて中休みをもった、今年のスーパーラグビーでしたが昨日で終わった。正直今年は体調の事もあり、ニュージーランド勢の試合は見ていたものの(全部ではない)他の国の試合はほとんど見ていないくらいで、年々ラグビー熱が下がってるのか???
昨年のラグビーワールドカップで地元オールブラックスが優勝したし、優勝した試合も生観戦で見たのでラグビーとの区切りかなと思っていたのもあります。

毎年良いメンバーながら全然成績が残せなかったチーフスが、今年はヘッドコーチが変わってプラスアシスタントに昨年までのABsのアシスタントコーチだったWスミス氏も加わり、選手のリクルートも良く、今年は開幕から良いラグビーをしてた。

若手が成長してかなりいい感じになって、見ていてわくわくする試合が多かった気がする。

先週のセミファイナルのクルセーダーズ戦は、僅差だったがチーフスの粘りがあって2009年以来の決勝にコマを進めた。その2009年は敵地でブブルズに粉々にされ見れたもんじゃない試合だった。。。

それが今年は安定感のあるラグビーで、決勝はラッキーにも一位通過のストーマーズがシャークスに敗れて、ファイナルをハミルトンで行う事が出来たのもチーフスにとっては良い条件だったのも大きいか。

そのシャークスは、滑り込みで6位通過で準々決勝は、昨年のチャンピオンのレッズとの対戦で見事勝利。正直レッズがかなり不気味だったので、ここで倒してくれてありがたいと思っていた
そのシャークスが遠征がえりで不利なのにストーマーズに勝ったのはびっくりした(夜中の試合で見てないw)

決勝までに、オーストラリア→サウスアフリカ→ニュージーランドとかなり移動が大変だったシャークスは、気の毒だったが・・・決勝の序盤はシャークスが移動の不利を思わせない動きでとてもフィジカルでチーフスを上回る勢いだった。

その流れを変えたのは、この試合最初のトライとなるナナイ・ウイリアムズがディフェンスのギャップを上手く走ってのトライだった気がする。ディフェンスがそこそこ居ただけに、止めれなかったのが痛いがNウイリアムズのナイストライで、フィジカルでかなり良かった序盤のシャークスの勢いを止めた気がする。

その後は、チーフスがだんだん押し気味で少しずつ点差をつけて、駄目押しはディフェンスでプレッシャーを書けたチーフスがシャークスのミスを誘って、途中出場で入ったばかりのマサガがフレッシュレッグを活かしての見事なトライで試合を完全に決めた。
AB
おまけは、日本に移籍するSBW(サニービルウイリアムズ)のトライで、珍しく観客席に飛び込む喜びを見せたSBWには驚いたけど、先週のセミファイナルでもかなり喜んでいたし、この優勝を本当に喜んでいた感じがした。まあ皆が喜んでいたけどねw 最後にはスーパーラグビーでは珍しく、選手がハカをしていたし(マオリショーでやるハカの感じだった)これはJ-sportsでは放送されたのかな?

オークランドに住んでいながら大きな声で言えないけどチーフスのファンの自分はとても嬉しい^^
それで久しぶりにブログの更新か?(笑)  

リザーブのメンバーもかなりいいし、来年もチーフス強いかもね。SBWは今が一番良い時だから、日本そしてその後にリーグに戻るのは勿体ない。来年はリーグのワールドカップがあるからそれに出たいのでしょうが。。。2週間後に始まる「ラグビーチャンピオンシップ」(こんな名前だったような…)には、コンラッドスミスが、目の手術をしてしばらく駄目なので、最初の2戦はSBWもABsの試合に出るようだ。
うんレベルの高いチームとの試合での彼のパフォーマンスは見たいからね。日本に行かなくても良いのに…
AB
チーフスおめでとう。若手が頑張ってクルーデンも移籍してきてかなり成長したし。FWも良くなったし(新しいFWコーチが良いね)チーム内での争いがあるのでレベルが高い。
ab
リタリックどこまで伸びるのか?大口たたきのAウイリアムズはもう要らない。

私は、治療の旅に出ているので・・・

いつもクリックありがとうございます。にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキング、よかったらクリックしてください

関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

オールブラックステストシリーズ、スタート

いよいよAll Blacksの試合が始まります。
先週の日曜日に30人の正スコッドが発表されましたが、ウィップー、アリウイリアムズの二人が選ばれたので、国内がかなりいろんな意味で盛り上がりました。
エリスが外れたのには、かなりびっくりでしたが、3人でなく二人しか選ばなかったのでAスミスともう一人は、同じような先週のエリスではなく、フォジカルなプレイもできるウィップーにしたのは、解りますが、アンプロフェッショナル(例の体が絞れてない)な人はABsに選んでほしくなかったです。

今日の相手は、まだABsに勝ったことのないアイルランドですが、アイルランドがイーデンパークでやるのは、昨年のワールドカップでワラビーズを破るアプセットの試合をした以来となります。 私も生観戦しましたが、素晴らしい試合でした。(こちら
20060802201243.jpg
2006年に私は初めてアイルランドの試合を観戦しましたが、国歌斉唱のときのサポーターの歌い声がかなり大きかったことと上手かったのがとても印象的でした。上下の写真が当時ので(ボケてしまってますね)席は選手が出てくる所の一番前でした。この日も雨で今日も天気予報は雨で同じですね。
20060707202356.jpg


New Zealand
1.Tony Woodcock, 2.Andrew Hore, 3.Owen Franks,
4.Brodie Retallick, 5.Sam Whitelock, 6.Victor Vito,
7.Richie McCaw (captain), 8.Kieran Read, 9.Aaron Smith,
10.Daniel Carter, 11.Julian Savea, 12.Sonny Bill Williams,
13.Conrad Smith, 14.Zac Guildford, 15.Israel Dagg.
Reserves:
16.Hikawera Elliot,17.Ben Franks,18.Ali Williams,19.Adam Thomson,
20.Piri Weepu, 21.Aaron Cruden, 22.Ben Smith.

Ireland
1.Cian Healy, 2.Sean O'Brien, 3.Declan Fitzpatrick,
4.Dan Touhy, 5.Donnacha Ryan, 6. Peter O'Mahony,7.Sean O'Brien,
8.Jamie Heaslip, 9.Conor Murray, 11.Simon Zebo, 12.Keith Earls,
13.Brian O'Driscoll (captain), 14.Fergus McFadden, 15.Rob Kearney.
Reserves:
16.Sean Cronin, 17.Ronan Loughney, 18.Donncha O'Callaghan,
19.Kevin McLaughlin, 20.Eoin Reddan, 21.Ronan O'Gara, 22.Darren Cave.

REFEREE: Nigel Owens

レフリーは昨日のラジオでゲストで登場したNigel Owens氏で厳しい方ですが、ラジオでは面白い話を色々聞かせてくれました。 この方がABsのレフリーでは有利?に吹いてくれている印象なので今日は、それも含めてABsの勝利は確実かと。

初戦で、デビューが3人(赤文字)と不安もありますが、前半は苦戦しても後半はやってくれると思います。問題は雨ならFW戦なので、カイノの居ないFWがちょっと心配ですが、トンプソンをベンチに追いやって6番に抜擢されたヴィトの出来が鍵でしょうか。これでアピールすればレギュラーチャンスありですね。

10点差でABsが勝ち。

明日は1995年以来のノースアイランド代表 VS サウスアイランド代表の試合があるので楽しみです。同じような時刻でパシフィック選手権もあるし、明日の昼からはテレビ観戦で忙しいかも。

ではイーデンパークに行ってきます。

いつもクリックありがとうございます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキング、よかったらクリックしてください
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

プロフィール

ラグオ

Author:ラグオ
ラグビーが大好きでラグビー王国ニュージーランドへ。現地のクラブでプレーしニュージーランドラグビーに虜に。それ以来ラグビーシーズンに合わせて日本とNZを何度も行き来して今ではNZに永住。NZラグビー最高です!だからここに来たしこれからも。
趣味は料理、ベイキング、写真など・・・致命傷の怪我でラグビーがやれなくなってからベイキングを始め今では一番の趣味かも。試食したい方はどうぞ(笑)
近い将来再びグラウンドに立てるまでリハビリがてらブログを書いています。心身共に調子が良くないので時々弱気な発言があるかと思いますが許してください。
ラグビー大好きなら大満足出来るそんなラグビー王国から呟いています。ラグビーについて色々語りましょう。

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリー
ブログランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ
↑ランキングに参加中
↓クリックお願い致します


ラグビー ブログランキングへ
RSSフィード
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

オールブラックス ニュージーランド Rugby ラグビー AllBlacks NewZealand Super14 ラグビーワールドカップ スーパー14 ワラビーズ スプリングボクス ブルーズ クルセーダーズ スーパーラグビー Zealand New NZ チーフス ジュニアオールブラックス Blacks All Springboks カンタベリー オークランド ウエールズ ハカ Air Cup アイルランド イングランド ホックスベイ カナダ ジェリーコリンズ フランス サモア Wallabies AirNZCup ダンカーター スコットランド ウエリントン ダグハウレット タナウマガ ハリケーンズ 日本 ストーマーズ ハイランダーズ セブンス ABs Auckland ワイカト タラナキ トップリーグ ハイネケンカップ ブルズ トンガ Australia イタリア Canterbury トライネーションズ Nations SouthAfrica ワラタス SBW ボクシング マオリ サウスアフリカ マンスター ノヌー モセトゥイアリイ Pacific ANZC ブランビーズ ロビーディーンズ スパーラグビー ベッカム キウイ ルークマカリスター AirNewZealandCup シャークス ラグビーチャンネル マフィン ジュニア イーデンパーク ランフリーシールド Premiership England シオネラウアキ オーストラリア ダニーデン トライ ワールドカップ エアニュージーランドカップ ブリディズローカップ ジョニーウィルキンソン トニーブラウン ラグビートニーブラウン ハミルトン スクラム ジャスティンマーシャル オールブラッククス 日本代表 クリスジャック ネットボール 箕内 クリスジャク リコギア リコ・ギア パシフィックネーションズ apan フィジー シオネラウア キースロビンソン リッチーマコウ アリウイリアムズ 海外ラグビー スパー14 Blues ニックエヴァンス サニックス Wellington グレックサマヴィル NZマオリ ダン・カーター サウスランド Waikato W杯 Scotland Ranfurly PACIFIC Shield Six Tonga Supre14 ウェールズ アルゼンチン ロールケーキ デザート サニービルウイリアムズ コスプレ ホワイトロック ドナルド カフイ チョコレート 癒し チータース ライオンズ フォース レッズ バレンタインデー ケーキ ベイキング Otago NorthHarbour シックスネーションズ ジェイソンイートン Super14 ジェーソンイートン クライストチャーチ クラシックオールブラックス Newzealand ABs ジョナロムー シドニー サッカー 派閥 ルーベンソーン ヤマハ アーロンメイジャー ヘンリー 日本代表J AB JonahLomu Jonah Japan Jrオールブラックス Junior Lomu KapaOPango ISLANDERS Guinness Argentina AllBlacksスーパー14 BLUES Bluse France Fiji 妊娠 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。