スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しいジェリーコリンズの職場はお金持ち

オールブラックスジェリーコリンズは新しい職場が決まってないまま先日早期リリースをした事はこのブログにも書きましたが、その後バーバリアンズに出場、登録してないウエリントンのラグビーリーグに出場しチームが罰金を払うことになるなど何かと騒がしていましたが、新しい職場が決まったようです。

噂されていたチームの1つでもあるタナウマガがコーチするお金持ちのフランスのトゥローンと3年契約となり来月のプレシーズントレーニングから参加するようです。既に一部昇格を決めているのでダンカーターが出していた条件はクリアしているのですが、まだ移籍先を正式に発表していない気がします。

今日の朝のスポーツトークバックラジオのトップニュースではジェリーが一番に取り上げられていて、その後のトークは昨日発表になったオールブラックスのメンバーについて再びローテーションしているセレクターに対して騒がしく意見されてます。個人的には余裕があるのならW杯に向けてある程度のローテーションはチームの底上げには良いかと思ってるし、新しい選手がどこまでやれるかが楽しみです。しかし昨年のW杯の年に入ってもローテーションを続けるましてやW杯中(準々決勝直前までやるのはもってのほか)にもローテーションをやるのは考え物ですが・・・

またこの件についてと昨日書いた中途半端なレビューも含めて改めて書こうかと思ってます(本当か??)


スポンサーサイト
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : ジェリーコリンズ ダンカーター タナウマガ Rugby オールブラックス ニュージーランド ラグビー AllBlacks NewZealand ラグビーワールドカップ

たまにはヨーロッパラグビーも

夏に入ったニュージーランドラグビーがオフシーズン、ロビーディーンズとヘンリーが
色んな意味で盛り上げてくれて早くシーズンが来ないか待ち遠しいですが週に4,5試合
ラグビーチャンネルでヨーロッパのラグビーが見れるので何とか持ちこたえてます。

やっぱりNZのラグビーの方が見ていて面白いなって思うのが正直なところですが
今週のハイネケンカップを見ていたらそれなりに楽しませてもらいました。

Ulster (8)8 - 16(6) Ospreys
7.マーティーホラー、8.ティアティア、9.マーシャルと元オールブラックスが揃うOspreysのは注目しているチームで34歳大ベテランのジャスティンマーシャルが相変わらず凄い、先週の試合では今年何度かもらっているMan of the Matchに選ばれているようでしたが、この試合でも貰って良いくらいでしたが2試合連続はあげれないのか?敗戦チームからMan of the Matchを出していました、こちらも大ベテランのティアティア(36歳)も相変わらず激しい突進が炸裂でまだまだ元気、ラインアウトからマーシャルのトライをアシストもした。

Toulouse(14)22 - 11(8)Leicester
Toulouseはバイロンケラハーをベンチにしてエリサルドを先発で使ったおかげで球出しがスムーズで効率の良い攻撃が出来たのでは?その甲斐あって先週のリベンジに成功。
ケラハーは勝利を確信した後に少しだけ出してもらっていましたが得意のパワフルランを見せてスタジアムを沸かせていました、ケラハーが登場した時も歓声があがっていたので人気があるんですね。

Munster(14)22-13(7)Scarlets
Scarletsはウエールズ代表のジョーンズがトライを含む全得点を稼いで活躍してましたが、オガーラも負けてなかったしNZコンビのセンター陣がこの試合でも良い感じのMunsterでした。

Wasps (22)25 - 24(3)Clermont Auvergne
まだ頑張ってるダラーリオが居るWaspsが1点差で逃げ切りですがClermont Auvergneは大事なPGを外したばかりにせっかくとった最後のトライは勝利に繋がらず外した本人はショックを隠せないようでした。この試合は物凄い乱闘でかなり殴っていたのでイエローカードは勿論出た。
タッチライン際での乱闘だったので観客かチームの関係者か解りませんが近くに居た選手を殴っているのがテレビ画面でもはっきり確認できるほどでした、しかも後にかなりアップで写されているリプレイを出されそれを見てむちゃくちゃ笑ってしまいました。

Edinburgh(16)29 - 10(10)Leinster
Edinburghがしっかりしたラグビーで特にディフェンスがよく出来ていたと記憶してます。
Leinsterはオドリスコール等アイルランド代表BKを揃えていますがここ一番でトライが取れなかったのが痛かったか、アルゼンチン代表のFelipe Contepomi(10番)は毎試合素晴らしいプレイを見せてくれます,あの力強いランニングは相手にとっては嫌ですね。

先日11月23日ルークマカリスターがGuinness Premiershipでデビューした記事を書きましたが(こちら)今回はEuropean Challenge Cupですが初めてSaleのホームグランドでのデビューとなり移籍後初トライをしたそうです、今週はGuinness Premiershipがあり確かルークの居るSaleの放送なので楽しみです。ヨーロッパのラグビーはシーズン中に複数のリーグ戦に参加するのでちょっとややこしいです(ルークの居るSaleを例にするとGuinness PremiershipとEuropean Challenge Cup)

ちょっと気になるニュースですがタナウマガがGMとコーチをしているフランス2部リーグ所属のToulonは今年たくさんの南半球のキャップ保持者を獲得したのは有名な話ですが、その中にW杯優勝国のサウスアフリカ代表の世界一のロックと言われているVictor Matfieldがタナの協力もあってか、今年スーパー14で優勝を成し遂げたブルズの試合に出れるようにToulonでプレイするのは2ヶ月程プレイしてその後はブルズに合流してスーパー14に出場するようです。開幕から4試合程欠場となりますがブルズが2連覇をするには心強い人が帰ってきます。

本人は2009年にライオンズがサウスアフリカに遠征に来るのでその試合にも出場をしたいと言っているので来年からもスーパー14とかに出るのかな?Toulonとの契約はどんな感じなんでしょうかね、GMのタナのお許しがあるので今回は良いとしても来年からはどうなるのか?

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中、クリック宜しくお願いします。
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : Premiership タナウマガ ハイネケンカップ Rugby オールブラックス ニュージーランド ラグビー NewZealand AllBlacks

アリウイリアムズ、クルセーダーズと2年契約!

ブルーズのヘッドコーチの下でプレイを拒むアリウイリアムズが
New Zealand rugby Unionと契約を2年更新して
来年からクリスジャクが抜けるクルセーダーズと2年契約
provinceチーム(Ari NZ Cup)の登録はタズマンと1年契約をしていますが
タズマンでプレイする事は無い感じでリコギアの件と同じで
クルセーダーズでプレイする事だけを目的にタズマンと契約です。


またまたおかしな事になていますがタズマン側はクルセーダーズを
支援する事を認めているのでアリがタズマンでプレイしない事も
認めている
ようですが変な契約に世間の声は厳しく
スポーツトークバックラジオを聞いていたら
「クルセルダーズにアリは来て欲しくない」
タズマン在住の人は物凄い勢いでアリを怒っていました。

クルセーダーズは過去にも昔ラルフがオークランドから来た時も
そのような事があったそうですし最近ではリコの件
そして今回のアリの件でまたもや騒がしくなってます。

違反をしている訳では無いけどNZ Rugby Unionが登録した
provinceのチームでしかAir NZ Cupでしかプレイ出来ないように
すれば良いのですがローンを認めているので今回のような件が
出来てしまうという事になってしまうのでしょう。

生まれ育ったオークランドでプレイをしたいだろうアリに対して
オークランド(ブルーズも含)側はアリをクルセーダーズに
ローンとして出す事を全く考えていない
という事ですし
アリの件ではかなり苛立っているようです。
アリをオークランドから手放した事になりますが
本来はそういう風の契約が常識だと思うので
オークランドは偉いなと思います。

クリスジャックは昨年も今年もタズマンで試合に出てるし
偉いなと思うのは自分だけでは無いと思います。

he
しかし写真のヘンリーはアリがNZに残る事はNZラグビーにとって
良いことなのであえて批判はしていないようです。
6
写真のジェリーコリンズは海外移籍などしないような気がしますが
師匠タナウマガが海外にも出てるしタナを物凄くリスペクトしている
ジェリーも海外に目が向いているかも知れないし今後を注目です。

木曜日のジェリーは良い表情でファンにも接していて
調子もかなり良いのかなと勝手に思ってます。


今夜のAir NZ Cupの大一番はランフリーシールドチャレンジで
ワイカトがシールドを保持してるノースハーバーに挑みます。

先週もホックスベイに負けたハーバーはワイカト相手に
かなり厳しい試合になる事を覚悟しなければいけませんが
ワイカトが勝ってシールドがハーバーから去ることになると思います。
<スポーツブログ ラグビーへ>←ランキングに参加中、クリック宜しくお願いします。
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : オールブラックス ラグビー アリウイリアムズ ニュージーランド NewZealand クリスジャク リコギア クルセーダーズ ジェリーコリンズ タナウマガ

NZマオリ決勝進出!(チャーチルカップ)

New Zealand Maori
Getty Images / Julian Finney

試合も良かったですがこの写真のハカが最高に良かったです!
写真でも解る様にホセア・ギアが裸で指揮で行われたハカですが
マオリのチームなのでこれこそ本物のハカだと感じれる迫力で
見とれてしまったくらい最高に良かったし
オールブラックスハカより良いと思います。

まずはメンバーから
NZ MAORI
15 Shannon Paku, 14 Hosea gear, 13 Dwayne Sweeney,
12 Rua Tipoki(c),11 Anthony Tahana,10 Tamati Ellison,9 Chris Smylie,
8 Warren Smith, 7 Tanerau Latimer, 6 Angus Macdonald,
5 Hayden Triggs, 4 Kristian Ormsby,
3 Ben May, 2 Aled de Malmanche, 1 Craig West.
Reserves:
16 Luke Mahoney, 17 Hoani Tui, 18 Isaac Ross, 19 Jarrad Hoeata,
20 James Rodley, 21 Callum Bruce, 22 Pehi Te Whare.

試合ですが序盤はアイルランドに2トライを奪われるなど
結構苦戦していましたがNZマオリの方がスキルが上でしたし
前半のうちに逆転をできましたがアイルランドも結構やりますね。
カナダはそのアイルランドにそこそこの試合をしていたと思います。

後半に入ると前半頑張っていた疲れがボディーブローのように
効いて来て段々NZマオリの一方的な試合になってきました。
それだけNZマオリの圧力が凄いと言うのでしょうか
Japanも前半は健闘していてもしかしたら勝てるのでは?と言うように
フィジー戦でも思われていますが、この試合と同じように
見えない圧力見たいのが後半足を止めてしまう事になるんでしょうね。
しかしアイルランドは終盤に2トライを返して巻き返して来たし
そこの精神力(もちろん体力もですが)が凄いなと思いました。

そこがJapanと違うところではないでしょうか?
アイルランドは負けはしましたが最後まで良いプレイをして
プライドを持って最後まで戦ってたのでかっこよかったです。

それにしてもNZマオリの試合は面白いです
ウエリントンBKトリオが前半に仲良くトライをしていましたが
その中でもホセア・ギアはスピードもパワーもずば抜けていました。
赤字の人が目立っていた選手でしたが皆目立ってたかも(笑)
ティポキもずば抜けてますし、タマティ・エリソンもセンスの良さを
見せてくれていましたしハリケーンズでもっと使って欲しかった。

クルセーダーズのベン・メイはプロップと思えないくらい
良く走りますしサポートプレイも良く2トライを取ってましたが
プロップで2トライは凄いなって思いました。

珍しく1~3番まで全部やれるチーフスのAled de Malmanche
突進も凄かったですし何度も止血のためにグランドを去っていたのが
解説者も含めて自分もおかしく見てました。

この2人のプロップ陣は将来有望かもしれませんね
特にベン・メイは大型で走れるし最高ですね。

New Zealand Maori 50
Hosea Gear 2, Shannon Paku, Tamati Ellison,
Ben May 2, Callum Bruce tries;
Ellison 5 cons, pen; Dwayne Sweeney con.

Ireland A 22
Darren Cave 2, Keith Earls, David Gannon tries;
Johnny Sexton con.
Ht: 24-12.

こぼれ話ですがタナ・ウマガがまたフランスに行きます。
と言ってもプレイをするのではなくコーチするのでもなく
お金持ちの2部リーグのチームToulon
(今年のスーパー14が始まる前まで所属していた所)
なんとジェネラル・マネージャーで2年契約だそうです。
あまり理解が出来ませんが・・・

そのチームにはアンドリュー・マーティンズ、アントン・オリバー、
ジョージ・グレーガン、確かオレニ・アイイ(元トヨタ)も入りますね。
そしてルーク・マカリスターもまだサインをしてませんが
ここから声が掛かっていると思います。

タナは引退後もNZラグビーに貢献して欲しかったですが
なんでフランスのジェネラル・マネージャーなの??
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中

関連記事

Keyword : ハカ Rugby ラグビー オールブラックス ニュージーランド NZ マオリ タナウマガ NewZealand

Air NZ Cup Round2 Week1 Review

Repechage Pool A
Taranaki17-23Northland, New Plymouth  Friday,September 15
タラナキが勝つと思っていたので意外な結果でした。
ノースランドは試合を重ねるごとに成長している感じで今後の試合も楽しみです。
負けたタラナキはゲーム内容では勝っていた感じですが、難しくないPGを
3、4本外しているのが悔やまれます。
7点差以内なのでタラナキにボーナスポイント1が付きます。


Southland 23-14 Tasman, Invercargill Saturday, September 16
この試合も自分はタズマンが勝つと予想していましたがホームのサウスランドが
10番Blair Stewartの3PG2CとGKが良かったのが印象的でした。
タズマンはスクラムで劣勢だったのでスピードのあるBKを生かすことが出来ず
1Tしか取れませんでしたが毎試合オフロードパスなどのハンドリングスキルが
良くボールの繋ぎが上手いなって思いました。


Repechage Pool B

Hawke's Bay 26-10 Manawatu, Napier  Friday, September 15
マナワツ初勝利かと期待していましたが 相変わらずセットピースの悪さが目立ち
試合を有利に進められません、でも後半2点差まで追い上げましたがその後
2Tを奪われまたもや初勝利はお預けとなりました。
ホックスベイは4Tで勝ち点+ボーナスポイント1を獲得


Bay of Plenty 38-11Counties-Manukau, Mt Maunganui  Saturday,September 16
白熱した試合でどこまでもつれるか期待していた試合でカウンティーズが
前半最後にベイの攻めを守りきり11-8とリードして前半を終えます。
後半に入るとセットピースで有利に立つベイが試合を有利に進め3Tを含む
30点を取りカウンティーズを無得点に抑えてボーナスポイント付きの勝利でした。


Top Six

Auckland 22-22Waikato, Auckland  Saturday, September 16
Eden Parkまで観に行った試合ですが好カードのわりには
観客が少なくて少しがっかりしました(12000人)
メンバー発表で少し変更がありワイカトの9番Brendon Leonardが出れないなど、
その他6番Andrew Blowersで8番Jerome Kainoとポジションの変更がありました。

試合は前半ホームのオークランドの10番Lachie Munro(19歳)が初先発の緊張からか
パスもいまいちでBK全体にミスが多くなりインターセプトやパスミスから
2Tを奪われるなど、ラインアウトもいまいちでブレイクダウンでもワイカトに
やられまくりでこの試合大差で負ける予感がしました
結局前半だけで3T2Cと0-19とワイカトリードで折り返します。

後半に入りこの日控えだった元オールブラックスBrad Mikaを早めに入れたところで
FWに勢いが感じられブレイクダウンの劣勢も解消された感じになりました。
10番Lachie Munroも緊張がほぐれたのか動きもよくなりラインブレイクや地域を
取りにいくキックなども落ち着いて出切る様になり試合の中で成長が見られました。

オークランドが1Tを返した後だったと思いますがワイカトのキャプテン
Steven Batesがシンビンの後益々オークランドに勢いがついて2Tを取ります。
1番圧巻だったのは若手のホープ快速ウインガーDavid Smithがシートパントをあげ
それを自ら拾いそのままトライで22-19と逆転し会場は大盛り上がりでした。
この日David Smithはグランド中を駆け回り何度もゲインするなど
とにかく足リ周って勝利に貢献していました。

最後はワイカトのPGで22-22と引き分けで終わりましたが
オークランドは後半だけで4Tを取りボーナスポイントを獲得しました。

前半ワイカト後半はオークランドと対照的な内容でしたが怪我人が多いオークランドは
豪華なメンバー相手に若手が良くやったなって思います。

印象に残ったのはDavid Smithはもちろんですがオークランドの13番Ben Atiga
派手さはありませんが何度もラインブレイクするなどタックルされた後でも
毎回確実なプレーでオフロードパスを決めスキルの高さがこの日も際立っていました。
その他ワイカトNo8 Liam MessamもSione Lauakiを控えにまわすくらい持ち味のスピードに
強さもありヨーロッパ遠征ではABsに呼ばれるかもしれません。


North Harbour 28-18Otago, Albany  Sunday, September 17
天気予報が悪かったせいかこの試合の観客も凄い少なく解説者も呟いていました。
試合はお互いに2PGで前半残り5分くらいにオタゴがトライを取り6-13とオタゴリード
前半は風上を利用した感じのオタゴが上手く地域を取っていました。
風が強すぎてラインアウトが真っ直ぐ入らないくらい凄かった印象があります。

後半に入るとハーバーが攻めることが多くなりラックサイドから
James Rodleyが抜け出し貴重なトライで16-13と逆転します。
その後またもやJames Rodleyが抜けNick Williams →Rudi Wulfと渡り
タッチに押し出されそうになりながらもトリッキーなパスを内側にしてそれを取った
Anthony Tuitavakeが飛び込みトライ!これは見事と思わず拍手してしまう程でした。

ハーバーの攻撃はまだまだ続き、ゴール前でAnthony Boricからオフロードパスを貰った
パワフル Nick Williamsもトライを取りオタゴを突き放します。
オタゴもこの日2個目のNeil Brewのトライで追い上げますが
結局28-18でボーナスポイントも取れず敗れました。

前の試合でGKが全然入らなかったハーバーのTusi Pisiですが
この日は3PG2Cと見事に決めてくれ勝利に貢献しました。
その他15 George Pisiキャプテンの Rua Tipoki の動きは相変わらず良かったです。
ハーバーBKは文句なく良いですが、スクラムがやや劣勢で途中踏ん張りも見せましたが
次のカンタベリー戦での不安材料だと思います。


Wellington 26-24 Canterbury, Wellington  Sunday, September 17
試合開始直前にSkyが写らなくなり10分ほど見れずというハプニングも
ありましたがその後はしっかり見れてホッとしました(笑)
Skyが映った時には3-3でその後PGやカンタベリー9番のAndrew Ellisの意表をついた
DGなどでカンタベリーが9-3とリードした後は、そのAndrew Ellisが抜けだし
8 Mose Tuiali'Iに繋ぎTanaがタックルに行くが吹っ飛ばされそのまま倒れます、
ラックから出たボールをABのDanに負けないくらいセンスが良い
10Stephen Brettが見事なステップでギャップをつきトライをして16-3
前半は12 Ma'a Nonuの良い突破も何度もありましたが 16-6とカンタベリーがリード。

PGで3点差に追い上げたウエリントンでしたが自陣ゴール前でTanaがノッコンをして
カンタベリースクラムとなりそこでもTanaが対面の13 Casey Laulalaに簡単に
抜かれトライを許し12点差に広げられます。
この日調子がいまいちなTanaはその後Conrad Smithと変わりそれが良かったのか
攻撃に勢いがついた感じになりウエリントンが連続攻撃からゴロパントを
インゴールに転がしカンタベリーの14 Scott Hamiltonとインゴールで競り合った
11Cory Janeが僅かに早くタッチダウンしたとビデオレフリーで解りトライ
難しいコンバージョンもこの日GKが好調のJimmy Gopperthが決めて5点差に
その後ウエリントンはPGを加えて21-19と2点差に迫ります。

ウエリントンの3番がこの日何度かスクラムで反則を取られてしばらく劣勢になり
カンタベリーに攻め込まれることが多くなりますがトライは与えませんでした。
しかし痛いところでまたスクラムで反則を取られカンタベリーにPGの3点を加えられ
24-19とされて地元のウエリントンファンも自分もスクラムの反則に納得がいきません。

終了間際にウエリントンが攻め込みロスタイムに入りこの日のキープレイヤー
パワフルMa'a Nonuがディフェンスを引きずり見事なトライを決め24-24の同点で
テレビの前で大声を出してしまいました(笑)
コンバージョンも決まり26-24で見事逆転勝利でカンタベリーを破りました。

もちろんノヌーのトライも見事でしたがこの日Jimmy Gopperthは4PG2C
GKで大活躍したのが大きな勝因だと思います。
一方のカンタベリーは21-19と2点差にされたところで簡単なPGを
Cameron McIntyreが外したのとトライの匂いが解る男(自分で勝ってに付けてみました)
7番のJohnny Leo'oが試合開始15分くらいで怪我で退場したのも痛かったですね。


ポイントの紹介
Top Six
Auckland 28 Nth Harbour 27 Waikato 26
Wellington 25 Canterbury 24 Otago 23

Repechage Pool A
Bay of Plenty 5 Hawke's Bay 5 Manawatu 0 Counties 0

Repechage Pool B
Southland 4 Northland 4 Taranaki 1 Tasman 0
PoolAはベイが行きそうですがBは意外?な結果が出てるし
自分は星の潰しあいになって最後までもつれると予想します。


今週はABsの選手が沢山戻って来るようで、カンタベリーもランフリーシールドが
かかる試合だしAaron Mauger, Leon MacDonaldが出場するようです。
対するハーバーもLuke McAlisterが出場すると思われるので両チームの
豪華なBK対決が今から楽しみです。

オークランド戦の観戦画像は後ほど。。。
関連記事

テーマ : ラグビー
ジャンル : スポーツ

Keyword : Rugby NewZealand AllBlacks ラグビー ニュージーランド Air NZ Cup タナウマガ

プロフィール

ラグオ

Author:ラグオ
ラグビーが大好きでラグビー王国ニュージーランドへ。現地のクラブでプレーしニュージーランドラグビーに虜に。それ以来ラグビーシーズンに合わせて日本とNZを何度も行き来して今ではNZに永住。NZラグビー最高です!だからここに来たしこれからも。
趣味は料理、ベイキング、写真など・・・致命傷の怪我でラグビーがやれなくなってからベイキングを始め今では一番の趣味かも。試食したい方はどうぞ(笑)
近い将来再びグラウンドに立てるまでリハビリがてらブログを書いています。心身共に調子が良くないので時々弱気な発言があるかと思いますが許してください。
ラグビー大好きなら大満足出来るそんなラグビー王国から呟いています。ラグビーについて色々語りましょう。

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリー
ブログランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ
↑ランキングに参加中
↓クリックお願い致します


ラグビー ブログランキングへ
RSSフィード
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

オールブラックス ニュージーランド Rugby ラグビー AllBlacks NewZealand Super14 ラグビーワールドカップ スーパー14 ワラビーズ スプリングボクス ブルーズ クルセーダーズ スーパーラグビー Zealand New NZ チーフス ジュニアオールブラックス Blacks All Springboks カンタベリー オークランド ウエールズ ハカ Air Cup アイルランド イングランド ホックスベイ カナダ ジェリーコリンズ フランス サモア Wallabies AirNZCup ダンカーター スコットランド ウエリントン ダグハウレット タナウマガ ハリケーンズ 日本 ストーマーズ ハイランダーズ セブンス ABs Auckland ワイカト タラナキ トップリーグ ハイネケンカップ ブルズ トンガ Australia イタリア Canterbury トライネーションズ Nations SouthAfrica ワラタス SBW ボクシング マオリ サウスアフリカ マンスター ノヌー モセトゥイアリイ Pacific ANZC ブランビーズ ロビーディーンズ スパーラグビー ベッカム キウイ ルークマカリスター AirNewZealandCup シャークス ラグビーチャンネル マフィン ジュニア イーデンパーク ランフリーシールド Premiership England シオネラウアキ オーストラリア ダニーデン トライ ワールドカップ エアニュージーランドカップ ブリディズローカップ ジョニーウィルキンソン トニーブラウン ラグビートニーブラウン ハミルトン スクラム ジャスティンマーシャル オールブラッククス 日本代表 クリスジャック ネットボール 箕内 クリスジャク リコギア リコ・ギア パシフィックネーションズ apan フィジー シオネラウア キースロビンソン リッチーマコウ アリウイリアムズ 海外ラグビー スパー14 Blues ニックエヴァンス サニックス Wellington グレックサマヴィル NZマオリ ダン・カーター サウスランド Waikato W杯 Scotland Ranfurly PACIFIC Shield Six Tonga Supre14 ウェールズ アルゼンチン ロールケーキ デザート サニービルウイリアムズ コスプレ ホワイトロック ドナルド カフイ チョコレート 癒し チータース ライオンズ フォース レッズ バレンタインデー ケーキ ベイキング Otago NorthHarbour シックスネーションズ ジェイソンイートン Super14 ジェーソンイートン クライストチャーチ クラシックオールブラックス Newzealand ABs ジョナロムー シドニー サッカー 派閥 ルーベンソーン ヤマハ アーロンメイジャー ヘンリー 日本代表J AB JonahLomu Jonah Japan Jrオールブラックス Junior Lomu KapaOPango ISLANDERS Guinness Argentina AllBlacksスーパー14 BLUES Bluse France Fiji 妊娠 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。