スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ABsトレーニングスコッドvsバーバリアンズ

お隣の国ではワラビーズが香港で行われるBledisloe Cupに向けてトレーニングキャンプを何度も行っているようですが、オールブラックスは今週始めにトレーニングスコッドを発表してキャンプが始まり昨日(22日)はニュージーランド・バーバリアンズと練習試合を行いました。

NZバーバリアンズと言っっても来年ブルーズのヘッドコーチになるパットラム氏が来年の選手を絞るための目的で集めたチーム、いわゆるセレクションマッチという事で本気でモードのぶつかり合いでかなり見ごたえがある試合となり私を含めた3,000人程集まった観客は満足した事でしょう。近くにはチーフスのヘッドコーチの顔も見えましたが、トレーニングスコッドに呼ばれたラティマーの出来を見に来たのでしょうか?

日差しがかなり強くグラウンドは結構暑かったのではないかと・・・選手達はかなり日焼けしたと思います。
Air NZ Cup(ANZC)ではABsの選手があまり出ないのであまりお客さんが入りませんが(戻ってきた後もいまいちですが)一般公開のブルーズセレクション&ABsのトレーニングキャンプと言うことで多くの人が観に来ていたのはNZラグビーまだまだ捨てたもんじゃないなと思わせてくれました。
ABs
私が思うにANZCはスカイで放送されるけどABsトレーニングは放送されない+ABsを無料で見られる(完全に観れない時もあります)と言うことで多くの人が集まったのかな?と勝手に思っていますが、これだけ多くの人が足を運んでくれたという事が凄く嬉しく思いました,選手達もそう思ったでしょう。

さて本題の試合ですが(前置きが長くてすいません)ラム氏率いるバーバリアンズがブルーズ入りを目指してアピールしなければいけないので必死でした、それもあってか試合開始からかなり勢いがありBKがラインブレイクを何度も見せサポートプレイも良く前半はバーバリアンズ側の7番に入ったスコット・ウォルドロムがナイスサポートでなんとバーバリアンズが先制トライ!!そのトライをしたスコット・ウォルドロム( 以下の写真で白いヘッドキャップ)は後半はABsの方に入っていましたが対面ラティマーとの対決はスコットがブレイクダウンでの仕事はシーズン中と同じで良い仕事をしてたしスコットが一歩有利か。
SW

15 Rene Ranger (Northland), 14 Jarek Goebel,13 Winston Stanley,12 Jamie Helleur,
11 Josh York (North Harbour),10 Jimmy Gopperth (North Harbour),9 Brenton Helleur(Northland *)
8 Viliame Ma’afu (North Harbour), 7 Scott Waldrom(後半Tanerau Latimer), 6 Dean Budd
5 Jason Eaton(後半Anthony Boric), 4 Jay Williams,
3 Charlie Faumuina, 2 Francis Smith (Northland *)1 James Afoa (North Harbour)
Reserves:
Chris Smylie (North Harbour) ,Ash Moeke (Northland *),Benson Stanley
Mapa Tuipulotu,Simon Munro,Ryan Shortland (Warriors),Dave ThomasMike Reid (North Harbour),
Tevita Mailau,Paea Fa'anunu,Tom McCartney,Pauliasi Manu,Stan Haukinima,Chris Lowrey,
Tom Chamberlain (North Harbour) ,Malakai Ravulo (North Harbour)

バーバリアンズのメンバーは上記(赤文字はABsトレーニングスコッドの選手)ですが主なメンバーそしてウエリントンからノースハーバーにレンタル移籍を申し出てハリケーンズから去ることを決めたジミーゴッパーズがBKを上手く引っ張りキックオフでは10Mラインのところに正確にコントロールされたキックは素晴らしかったが2006年にジュニアABsに選ばれた時のようなキレのあるランニングはここ数年は見れなくなったのが残念か、ANZCで安定感が出てきたタセサ・ラヴェアがブルーズに戻ってくるので2006年の時のフォームを戻さないと個人的な意見ですがラヴェアに10番を取られると思うが、10番のポジション争いは面白そう。強いて言うとラヴェアもこの試合に出て欲しかった。
AB
(赤色ジャージ17番の後がイートン)
その他では個人的に将来ABsになると思う(早ければ来年くらい)ベンソン・スタンリー、今年チーフスでも少しプレイしたアリの弟ジェイ・ウイリアムズ、元ハイランダーズのクリス・スマイリー(今年ブルーズのトレーニングスコッド),今年のブルーズの控えの2番Tom McCartney,あとは色付きや太字がANZCで活躍又はこの試合で活躍した選手でしょうか、ラム氏がオークランドのコーチだからオークランドの若手をかなり使っている感じですね。
ちなみにWinston Stanleyはベンソン・スタンリーの弟で結構いい選手です、近くで見てもかなり似ていますが遠くから見るとどっちか全然解りません、最近再び髪を伸ばし始めて後ろ髪がなびいています、私も入院している間にかなり髪が伸びそのついでに目指せベンソン(ベンソンファンのかたごめんなさい)と思って切らずに伸ばしています(笑)汚いなんて言わないでくださいね(笑)
JA(赤3番目がジェームス)
兄弟ネタで行くと1番ジェームス・アフォアとABsのジョン・アフォアも兄弟でこの日は対面対決でした、ジェームスアフォアはジョンより精悍な顔つきで身長が大きくサイズの割には兄弟揃って走力のあるプロップで頼もしいです、ANZCでもジェームスは独走トライをするなどその走力を見せ付けてました。兄弟揃ってブルーズでプレイできるかどうか注目ですが私はジェームスがブルーズ入りすると思ってます。

もう一組居てJamie Helleur(今年のブルーズのトレーニングスコッド)とANZCのシーズン途中ノースランドにローンで行って活躍した9番のBrenton Helleurの2人もなかなか良い選手で兄JamieはABs相手でも物怖じすることなく本来のキレの良いランニングで活躍してましたがブルーズ入りなるか注目です。

兄弟ネタではありませんが15番Rene RangerはANZCでは大活躍で今年のセブンス代表にも入ったし今は売り出し中でブルーズ入りすると思いますが甘いマスクで人気が出るのではないかと思います。

ここまではブルーズファンの為に書きましたがオールブラックスネタで行かないといけませんね。。。

試合終了後にメディアがが注目するのは誰なのか?と興味があったので試合が終わっても帰らずにグラウンドを見守っていましたが、一番最初に行った(多分そう思います)のはU19,U21時代から大型プロップとして+リーダーシップもあると言う事で2011年の中心選手になるのでは?と注目されていたジェイミー・マッキントッシュに多くのメディアが集まっていました。
そのマッキントッシュはジョンアフォアが前半で怪我をしたので普段あまり組まない3番をやっていましたがマスコミに囲まれて初のABsトレーニングで終始笑顔でインタビューに答えていて冗談を交える等将来楽しみな選手です(笑)
JM
マッキントッシュが大きいので直ぐ誰だか解りましたが次は誰だったのかはっきり解りませんがおそらく怪我から復帰したジョーロコにメディアが集まったと思います、そのジョーロコは全く心配することないです、代表でも経験豊富ですし本来のキレのあるランニングも取り戻してるし日曜日の朝はジョーロコの名前は入っているでしょう。 
従兄弟のシヴィヴァトゥーも何度もラインブレイクするなど相変わらずのランニングスキルで会場を沸かせていたのが印象的でした。

あとはケーンズからブルーズに移籍とあってバーバリアンズ側ですがジミー・ゴッパーズにもかなりのメディアが集まってジミーは地味な活躍でしたが本人はインタビューでもそうでしたが朝のラジオでもポジティブな発言を繰り返し来年を待ち望んでいるようで早くもブルーズの顔になりそうです。

ABsネタに戻りますがブリスベンでのワラビーズ戦以来試合していない(6週間)アリ・ウイリアムズとけ決勝の残っているカンタベリーに所属しながらチームには加わらずトレーニングスコッドに入ったダン・カーターの2人は心配要りません。

カーターは前半12番(10番はドナルド)で出場し始めは地域を取るキックが実戦を離れていたせいかいまいちでしたが、大物選手ですから試合の途中でしっかり修正しランニングも彼本来の上手くギャップを突くランニングをする等後半はかなり調子を上げてゴールキックも難しい角度をばしばし決め観客を沸かせるなど流石ワールドクラスの選手は素晴らしいと言うのを目の前で証明してくれました。
DC
初めてトレーニングスコッドに呼ばれた選手の一人のリアム・メッサムはハムストリングの怪我はもう完全に治ったのか解りませんが後半の途中から出場してました。この試合で活躍とか関係なく個人的にカイノとラウアキ(今の調子で行くと)の2人よりメッサムの方をかってるしABsに入れば彼のスピードがもっと生きて大活躍すると思うので今後が楽しみな選手です、まずは今回入れるか注目。

私の一押し選手リチャード・カフイは前半13番,後半12番で出てましたがアタックセンスも相変わらず抜群でABsでそのセンスがより出ててるしカバーディフェンスを含むディフェンスも素晴らしく安心してみることの出来る選手の一人で、まだ22歳とは思えないくらいの落ち着いたプレイは2011年の中心選手になるだろうと確信したくなります。
BKコーチのワイン・スミス氏はANZCでももろに出たノヌーのディフェンスを心配してかセンスのあるカフイを12番で使う事を考えているそうで、遠征では13番でも使われるでしょうが12番のカフイも見ることが出来ると思います。ジーロコが復帰したのでおそらくウイングでの出場はないとみてます。

私が印象に残った事で覚えていることを書きましたが、また思い出したら後から追記で書きます。
写真も随時アップしていきたいと思いますのでしばしお待ちください。


注意)タイトル上香港の試合はBledisloe Cupとなっていますがトライネーションズの最終戦でABsが勝ち今年もカップはNニュージーランドが保持することが決定しているのでコマーシャルの意味でもお祭りのような試合が予想されてますがワラビーズ側はそう思っているでしょうか?両国共、財政的に選手の確保が困難なので盛り上がってもらわないと将来の収入に関わってくるでしょうから面白いラグビーを見せるでしょう。チケットの売れ行きがいまいちだと言われていましたがそこら辺がどうなのか気になるところです。

※ムリアイナは子供がもう直ぐ生まれるそうで香港のテストマッチは欠場となります。
  コリー・ジェーンが先発でポールウイリアムズがバックアップで呼ばれるのかな??
  怪我をしたジョンアフォアは香港戦は微妙とか??
スポンサーサイト
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : ダン・カーター ブルーズ チーフス オールブラックス ニュージーランド Rugby ラグビー AllBlacks スーパー14 ワラビーズ

プロフィール

ラグオ

Author:ラグオ
ラグビーが大好きでラグビー王国ニュージーランドへ。現地のクラブでプレーしニュージーランドラグビーに虜に。それ以来ラグビーシーズンに合わせて日本とNZを何度も行き来して今ではNZに永住。NZラグビー最高です!だからここに来たしこれからも。
趣味は料理、ベイキング、写真など・・・致命傷の怪我でラグビーがやれなくなってからベイキングを始め今では一番の趣味かも。試食したい方はどうぞ(笑)
近い将来再びグラウンドに立てるまでリハビリがてらブログを書いています。心身共に調子が良くないので時々弱気な発言があるかと思いますが許してください。
ラグビー大好きなら大満足出来るそんなラグビー王国から呟いています。ラグビーについて色々語りましょう。

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリー
ブログランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ
↑ランキングに参加中
↓クリックお願い致します


ラグビー ブログランキングへ
RSSフィード
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

オールブラックス ニュージーランド Rugby ラグビー AllBlacks NewZealand Super14 ラグビーワールドカップ スーパー14 ワラビーズ スプリングボクス ブルーズ クルセーダーズ スーパーラグビー Zealand New NZ チーフス ジュニアオールブラックス Blacks All Springboks カンタベリー オークランド ウエールズ ハカ Air Cup アイルランド イングランド ホックスベイ カナダ ジェリーコリンズ フランス サモア Wallabies AirNZCup ダンカーター スコットランド ウエリントン ダグハウレット タナウマガ ハリケーンズ 日本 ストーマーズ ハイランダーズ セブンス ABs Auckland ワイカト タラナキ トップリーグ ハイネケンカップ ブルズ トンガ Australia イタリア Canterbury トライネーションズ Nations SouthAfrica ワラタス SBW ボクシング マオリ サウスアフリカ マンスター ノヌー モセトゥイアリイ Pacific ANZC ブランビーズ ロビーディーンズ スパーラグビー ベッカム キウイ ルークマカリスター AirNewZealandCup シャークス ラグビーチャンネル マフィン ジュニア イーデンパーク ランフリーシールド Premiership England シオネラウアキ オーストラリア ダニーデン トライ ワールドカップ エアニュージーランドカップ ブリディズローカップ ジョニーウィルキンソン トニーブラウン ラグビートニーブラウン ハミルトン スクラム ジャスティンマーシャル オールブラッククス 日本代表 クリスジャック ネットボール 箕内 クリスジャク リコギア リコ・ギア パシフィックネーションズ apan フィジー シオネラウア キースロビンソン リッチーマコウ アリウイリアムズ 海外ラグビー スパー14 Blues ニックエヴァンス サニックス Wellington グレックサマヴィル NZマオリ ダン・カーター サウスランド Waikato W杯 Scotland Ranfurly PACIFIC Shield Six Tonga Supre14 ウェールズ アルゼンチン ロールケーキ デザート サニービルウイリアムズ コスプレ ホワイトロック ドナルド カフイ チョコレート 癒し チータース ライオンズ フォース レッズ バレンタインデー ケーキ ベイキング Otago NorthHarbour シックスネーションズ ジェイソンイートン Super14 ジェーソンイートン クライストチャーチ クラシックオールブラックス Newzealand ABs ジョナロムー シドニー サッカー 派閥 ルーベンソーン ヤマハ アーロンメイジャー ヘンリー 日本代表J AB JonahLomu Jonah Japan Jrオールブラックス Junior Lomu KapaOPango ISLANDERS Guinness Argentina AllBlacksスーパー14 BLUES Bluse France Fiji 妊娠 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。