スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本健闘のUSAセブンス-ニュージーランド2週連続優勝なるか?

セブンスの結果の前に、前回の記事で書いたクルセーダーズのホワイトロック4兄弟の話題から。
先週末にハリケーンズとのプレシーズンマッチで沢山のファンが見守る中、4兄弟が揃って出場しました。

動画を見て貰うと解ると思いますが、プレシーズンマッチは、試合が終わると基本的にフィールドに入って選手と交流が出来るようになっています。田舎でやるとこれはほぼ確実だと思います。大きいスタジアムだとやらない場合もありますが。私も2008年にタウポで行われたプレシーズンマッチ(チーフス対ハリケーンズ)に行って来て楽しかったです。その時の記事は(こちら)にあるので良かったらどうぞ。
Tamati Ellison
写真は現在日本のリコーでプレイしていて、もうすぐハイランダーズに合流しスーパーラグビー復帰のタマティエリソン。Hギア、Aホアと共に元ケーンズの大物選手がハイランダーズへ沢山入るので戦力アップ。
>WorldRugbyShop.com
通常二日間で行われるセブンスの大会は今週はUSAで行われて、ブラジル、ウルグアイ等の南米のチームも参加するなどでチー無が増えた為か3日間で行われた大会でした。先週のウエリントン大会ではボロボロにやられた日本代表は、今回のUSA大会では、先週と同じくNZとSamoaと同じプールでしたが、先週ほどの崩れはなく健闘。
その後ボール?の準々決勝で先週50点差位付けられたスコットランドに競り勝つなど大健闘しました。
最後の反則はスコットランドでなく日本の反則にも思えましたが。。。その後セミファイナルではカナダに敗れました。

カップトーナメント
ニュージーランド12-7イングランド、サウスアフリカ24-5アルゼンチン、ケニア14-19サモアフィジー12-5ウエールズ
 

セミファイナル
ニュージーランド20-7サウスアフリカ、フィジー12-14サモア

先週に続いてニュージーランド対フィジーのファイナルになるかと思いきや・・・サモアがフィジーに勝った。

決勝はニュージーランドサモアでNZが勝つかな??
続きあります→[スポーツブログ ラグビーへ]←ランキングに参加中、クリック宜しくお願いします。


スポンサーサイト

続きを読む

関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : セブンス 日本 サモア ニュージーランド クルセーダーズ チーフス ハイランダーズ

SBW(サニービルウイリアムズ)ボクシング結果

SBWのプロボクシング5試合目の相手はUS出身でSBWより大きい相手。昨日の記事で書きましたが対戦相手のTillmanと乱闘騒動もあり前日から盛り上げてくれました。TillmanはSBWに勝つ気満々で大きなことを言っていたとか。
治療に行く途中の車の中で聞いたニュースでTillman自身がKO勝ちで勝つとTAB(賭け)で大金を突っ込んだとか??

ここ最近のスポーツトークバックラジオは間もなく始まるスーパーラグビーの話題が多くなり、いよいよシーズンが近づいてきたなと言う感じで、昨年のラグビーワールドカップの決勝後からラグビーを真剣に見なくなっていた自分が居たが(時々ハイネケンカップやヨーロッパのクラブの試合をラグビーチャンネルで見てたけど)、ラジオで盛り上がって聞いてるので、ちょっとラグビーモードになってきたかも。

ラグビーの話題が多くなったラジオだけど、流石に昨日今日はSBWボクシングの話題が多かった気がする。
今季からチーフスのヘッドコーチに就任したレニー氏と昨年までABsのアシスタントコーチで今季からチーフスのアシスタントコーチに就任したWスミス氏の両者が心配そうに見守るなか、両者リングに上がって睨み合いが始まった。試合前に昨日の乱闘再現かと言う雰囲気だったが、間に入ってそれはさせなかった。 

さて試合が始まった、1ランド目から激しい攻防、SBWどうなる・・・?

追記がまだあります[スポーツブログ ラグビーへ]←ランキングに参加中、クリック宜しくお願いします。

>WorldRugbyShop.com

続きを読む

関連記事

テーマ : ボクシング
ジャンル : スポーツ

Keyword : SBW サニービルウイリアムズ ボクシング オールブラックス ABs チーフス

スーパー14 今季の予想

今季は昨年よりチームの力が均衡していると思います(中盤くらいから上)
プレイオフの予想はかなり難しいですが、私の意見でいくと・・・
ケーンズ、シャークスワラタスクルセーダーズチーフスストーマーズブルーズブルズと8チームをまず挙げます。

確実にいくと予想するのは、ケーンズでしょうか、NZに住んでいるしNZチームを押したいところで
その他はチーフスクルセーダーズブルーズとNZチームでプレイオフといけばいいのですが・・・
上記のNZ4チームでも可能ではないかと思っていますが、しかしそんなに上手くいくでしょうか?

思い切って予想すると私の願望も含んでいますが・・・
ケーンズ、シャークスチーフスワラタスの4チームと予想します。あのクルセーダーズを外してますね。。。
それで優勝はケーンズでしょうか。

皆さんはどんな予想をしてますか?
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : ニュージーランド スーパー14 ハリケーンズ ブルーズ クルセーダーズ チーフス シャークス ストーマーズ ワラタス ブルズ

スーパー14 week1 注目カード2試合プレビュー(2月14日のカード)

Lions v Cheetahs at Johannesburg, 6.10am
両チームとも今年も厳しいシーズンでしょう。
ライオンズはようやくアンドレ・プレトリアスが戻ってきましたね、彼がチームを変えてくれるでしょうか?
戦力はチーターズの方がやや上でしょうか。10点差でチーターズ
 Crusaders v Chiefs at Christchurch, 5.30pm

私の一番注目しているこのカード、ここ2年間はチーフスクルセーダーズに勝っています。
メンバーを見ると代表経験のある選手(赤文字)が沢山居ます、ABsに近い選手も合わせると両チーム凄い良い選手が揃っていて見ごたえのある試合が見れることは間違いないでしょう。

注目を集めたのは、やっぱりクルセーダーズの10番に新人のスレイドを入れたこと。
実績のあるブレットを抑えてスレイドを入れたのは、チーフスのBKの攻撃を警戒して、ディフェンスの良いスレイドを選んだのでしょう。ブレットはディフェンスが弱いのでこの選択は妥当か。
センス抜群のスレイドがいきなり活躍できるか注目です、メンバー発表の後のインタビューでは昨年のANZCの時より顔つきが変わっていました、昨年の活躍で自信がついたのでしょう。

そのスレイドの対面はカーターの怪我で今季ABsの10番の第一候補になりそうなドナルド。
昨年のカードでは素晴らしい活躍をしたが、今年は新人との対戦で核の違いを見せたいところ。
スレイドがいきなり良い動きを見せれば一気にオールブラックスの声が掛かるかもしれない、この10番対決はかなり注目です。

そのドナルドとハーフ団のコンビを組むのは怪我から8ヶ月ぶりに復帰する私の一押しブレンダン・レナード、プレシーズンでは、ブランクがあるとは思えないキレノ良い走りでクルセーダーズのコーチのブラッカッターを唸らせたほど、パワフルNo8シオネラウアキのサイド攻撃、レナードのスピードも警戒しなくてはいけない、クルセーダーズのディフェンスはかなり手こずりそう。

注目対決は、13番のラウララvsカフイ、2番フリンvsエリオット、1番フランクスvsタウマロロの対決も面白そう、その他ウイングの対決も見ごたえアリでしょう、クルセーダーズの新人ペインの切れのあるランニングは必見かも。 

FWはクルセーダーズでBKはチーフスと言うところでしょうか、いやクルセーダーズはBKも良いですね。
チーフスはセットプレイでどれだけやれるかにかかっていると思いますが、何とか五分でいきたいところ。そうすれば3年連続でクルセーダーズに勝利でしょう。 予想は7点差でチーフス
L
覚えてますか?2年前にリッチーが吹っ飛ばされたこのシーン
今年もこんなシーンが見られるかも、今年のラウアキはいきなりフィットしているようです、年末遠征でABsを落とされたのが良い薬になったのでしょう。
チーフス一番タウマロロにも注目です。

CRUSADERS:
15 Leon MacDonald, 14 Jared Payne, 13 Casey Laulala, 12 Tim Bateman,
11 Kade Poki, 10 Colin Slade, 9 Andy Ellis;
8 Thomas Waldrom, 7 Richie McCaw, 6 Kieran Read, 5 Ross Filipo, 4 Brad Thorn,
3 Ben Franks, 2 Corey Flynn, 1 Wyatt Crockett.
Reserves:
16 Jason Macdonald, 17 Bronson Murray, 18 Isaac Ross, 18 George Whitelock,
10 Kahn Fotuali'i/Steve Alfeld, 21 Stephen Brett, 22 Adam Whitelock.

CHIEFS:
15 Mils Muliaina (captain), 14 Lelia Masaga, 13 Richard Kahui, 12 Dwayne Sweeney,
11 Sitiveni Sivivatu, 10 Stephen Donald, 9 Brendon Leonard,
8 Sione Lauaki, 7 Tanerau Latimer, 6 Liam Messam, 5 Kevin O’Neill, 4 Craig Clarke,
3 Ben May, 2 Hika Elliot, 1 Sona Taumalolo.
Reserves:
16 Aled de Malmanche, 17 James McGougan, 18 Toby Lynn, 19 Colin Bourke,
20 Toby Morland, 21 Mike Delany, 22 Callum Bruce.
 Hurricanes v NSW Waratahs at Wellington, 7.35pm
2試合続けて面白いカードです、昨年の準優勝のワラタスとプレイオフまでいったハリケーンズ
メンバーを見ると両チーム代表経験者(赤文字)がたくさんいます。
ハリケーンズは現ABsの2番ホアが怪我からまだ回復していない為欠場するので新人のDane Colesを起用ですが、攻撃センスは抜群でジャニーズ系なので注目です(笑)
C
もう一人ABsの13番コンラッド・スミスが怪我で欠場となりましたが、コンラッドの調子がチームの鍵を握っていると思うので怪我の具合が気になるところです。しかし代役にはユーティリティーBKのタマティ・エリソンが入るので不安はありません。

クルセーダーズの10番が注目を集めたように、ハリケーンズの10番に誰がなるかも注目されていました。
私の一押しのマテゥーソンを使いたい為か、ウィップーを10番に起用と最初のメンバー発表では伝えられていましたが、練習中に足首を怪我して試合に欠場する事が決まって、10番にはU20代表で活躍して注目を集めているカークパトリックを先発で起用でリピアはベンチ。
スレイドと同じようにカークパトリックの起用もNZでは騒がれました、線が細くスーパーラグビーでは通用するかこの試合で見せてもらいましょう、オフシーズンにかなり筋トレやったのかな?

これまた悩んだだろうウイングのメンバーはザックを14番にギアを11番に入れてきましたが、シーズン中に入れ替えもあるかと思うし、一試合一試合でアピールしてレギュラーが決まるでしょう。
控えにはデイヴィット・スミスが居るので凄いインパクトですね。

ワラタスのウイングもかなり良いので対決は見物、ギアのディフェンスとキック処理が心配です。

一番の注目対決は12番ノヌーvsタフのパワー対決か。あとは7番の対決スクラム対決も見ものです。

予想は、かなり難しいです、ワラタスの控えにパワフルのパルーが入っているのは不気味。
今年の優勝はハリケーンズと予想しているので5点差でケーンズ

HURRICANES:
15 Cory Jane, 14 Zac Guildford, 13 Tamati Ellison, 12 Ma'a Nonu,
11 Hosea Gear, 10 Daniel Kirkpatrick, 9 Alby Mathewson,
8 Rodney So'oialo [c], 7 Scott Waldrom, 6 Faifili Levave, 5 Jason Eaton, 4 Bryn Evans,
3 Neemia Tialata, 2 Dane Coles, 1 John Schwalger.
Reserves:
16 Ged Robinson 17 Jacob Ellison 18 Jeremy Thrush/Api Naikatini 19 Karl Lowe
20 Willie Rupia 21 Jason Kawau 22 David Smith.

WARATAHS:
15 Sam Norton-Knight, 14 Lachie Turner, 13 Rob Horne, 12 Timana Tahu,
11 Lote Tuqiri, 10 Kurtley Beale, 9 Luke Burgess,
8 Scott Fava, 7 Phil Waugh [c], 6 Ben Mowen, 5 Will Caldwell, 4 Dean Mumm,
3 Al Baxter, 2 Tatafu Polota-Nau, 1 Benn Robinson.
Reserves:
16 Adam Freier, 17 Jeremy Tilse, 18 Chris Thomson, 19 Wycliff Palu,
20 Brett Sheehan, 21 Daniel Halangahu, 22 Tom Carter.

関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : ライオンズ チータース チーフス クルセーダーズ ハリケーンズ ワラタス オールブラックス ニュージーランド ラグビー スーパー14

スーパー14 チーム分析 チーフス編

Chiefs:
Arizona Taumalolo (Waikato)*, Ben May (Waikato), James McGougan (Bay of Plenty)*, Joe Savage (Bay of Plenty)*,
Hika Elliot (Hawke's Bay) (D), Aled de Malmanche (Waikato),
Kevin O'Neill (Waikato),Toby Lynn (Waikato), Craig Clarke (Taranaki) (D), Mark Burman(Waikato)*.
Liam Messam (Waikato), Tanerau Latimer (Bay of Plenty), Serge Lilo (Wellington) (D)*,
Sione Lauaki (Waikato), Colin Bourke (Bay of Plenty),
Brendon Leonard (Waikato), Toby Morland (D) (Otago),
Stephen Donald (Waikato), Michael Delany (Bay of Plenty),
Callum Bruce(Waikato),Jackson Willison (Waikato)*,Richard Kahui(Waikato),Dwayne Sweeney (Waikato).
Sitiveni Sivivatu (Waikato), Lelia Masaga (Counties Manukau), Sosene Anesi (Waikato),
Malili Muliaina (Waikato),James Wilson (Southland) (D),
トレーニングスコッド
Waikato prop Hikairo Forbes, Waikato hooker Ole Avei, Bay of Plenty lock Culum Retallick,
Waikato lock Romana Graham, Bay of Plenty flanker Luke Braid, Waikato loose forward Tom Harding,
Waikato halfback David Bason, Waikato first five/fullback Trent Renata, Waikato wing Tim Mikkelson.
ブルーズと同じで大物を含むレギュラークラスが移籍や引退をして戦力ダウンをしているように思われるチーフス、しかし良く見ると良い補強をしている。

FW
トム・ウィルスを筆頭にごっそり抜けた一列、ウィルスの抜けた穴はホックスベイからドラフトで昨年ABsデビューしたエリオットを獲得、プロップはこちらもホックスベイからワイカトに移籍してチーフスに加入したタウマロロとホックスベイコンビの加入は大きいか。
ボールを持って走れるプロップでスクラムも強力の新人タウマロロに注目です。

この注目選手二人に昨年のメンバーで走れるプロップ、ベンメイがチーフス課題のスクラムを改善しそう。

ロックはキャプテンのジョノ・ギベスが引退したのは痛いが、タラナキからドラフトでクラーク(昨季ハリケーンズ)獲得したのは良い補強。
昨年スーパー14で成長を遂げABsデビューまでしてしまったケヴィン・オニールが昨年以上の活躍を期待。地味ながらトビー・リンも実力がありロックはこの3人でレギュラーを争う事になりそう。

3列でレギュラーが確定しているのは昨年ABsデビューしたメッサムくらいだろうか?
パワフルシオネ・ラウアキは毎年スロースターターだし好不調が激しいので、ウカウカしていると昨年ANZCで大活躍したコリン・バークがNo8のポジションを奪う事も十分可能。しかし今季のラウアキのプレシーズンは好調のようだ。

注目の7番のポジションは昨年のレギュラーでABs入りも近いラティマーが入ると言いたいところだがウエリントンからドラフトで獲得した攻撃センス抜群のセージ・リロの加入でラティマーのポジションも危うい。
私の意見では昨季のANZCを見ててリロのリンクプレイは素晴らしかったのでリロに7番を着て欲しい。

惜しくもメンバー入りはならなかった、ダニエル・ブレイド(今季レッズ)の弟ルーク・ブレイドはU20でも大活躍して選手で、将来は兄を超える存在になる予感。
トレーニングスコッドに入っているので7番のポジションに怪我人が出たら直ぐメンバーに呼ばれるだろう。

BK
昨年からあまり変わりはないが、凄い顔ぶればかりがそろっている。
順調にいけば9.レナード、10ドナルド、11.シヴィヴァトゥー、13or12.カフイ、15.ムリアイナは決まりか。
昨年大活躍したマサンガがもう一つのウイングのポジションを確保と言いたいが、
ディフェンスとキック処理に不安を残しているので、キャップ保持者のアネシがポジションを奪取する事も充分ありうる。

昨年は怪我に泣かされたポジションのスクラムハーフは2006年JrABsだったナットブラウンが海外移籍は痛いが2007年のW杯メンバーでもあり抜群のスピードを持ち合わせているブレンダン・レナードが先日のプレシーズンマッチで復帰しいきなりキレのあるランニングを見せ開幕に間に合ったのは嬉しいニュース。
昨年2度も手術をした膝の具合がどれくらい回復しているかが心配だ、オタゴからドラフトで獲得したトビー・モーランドが実力のある選手だけにレナードは持ち前のスピードが戻ってこないとレギュラーを奪われる可能性もある。

10番は昨年ABs入りして常にリザーブに入る事になったスティーブン・ドナルドが更に成長したプレイを見せるか注目。
ドナルドが怪我をしても昨年ハイランダーズのメンバーで地元ベイオブプレンティーのマイク・デレニーが居るので安心。

通常ならカフイが13番で12番にブルース又はユーティリティーBKのスイニーが入る事が予想されるが10番デレニー次第ではドナルドの12番も面白い。
私が思うにスイニーは13番が一番良い動きを見せるのでカフイ12番、スイニー13番もありかと。

ムリアイナは15番でという声も多いが、13番に入れてカフイと組ませれば凄いセンターコンビになる。
そうなると15番はアネシまたはサウスランドからドラフトで獲得したウィルソンが入るだろうがどちらが入っても問題ないだろう。

ブルーズ同様色んな組み合わせができるチーフスBKなのでコーチも悩むところか。 
プレシーズンは好調で4戦全勝!今年のチーフスは取りこぼしがなければプレイオフを十分狙える、ここ数年相性がいいクルセーダーズと初戦で勝利し一気に突っ走ってもらいたい。 

鍵は前5人と7番か。

1.タウマロロ、2.エリオット、3.ベンメイ、4.オニール、5.クラーク(リン)、
6.メッサム、7.リロorラティマー、8.ラウアキ(バーク)
9.レナード(モーランド)、10.ドナルド(デレニー)11.シヴィヴァトゥー、12.ブルース(スイニー、カフイ)、
13.カフイ(スイニー、ムリアイナ)14.マサンガ(アネシ)15.ムリアイナ(アネシ、ウィルソン)
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : チーフス スーパー14 AllBlacks オールブラックス Super14

ABsトレーニングスコッドvsバーバリアンズ

お隣の国ではワラビーズが香港で行われるBledisloe Cupに向けてトレーニングキャンプを何度も行っているようですが、オールブラックスは今週始めにトレーニングスコッドを発表してキャンプが始まり昨日(22日)はニュージーランド・バーバリアンズと練習試合を行いました。

NZバーバリアンズと言っっても来年ブルーズのヘッドコーチになるパットラム氏が来年の選手を絞るための目的で集めたチーム、いわゆるセレクションマッチという事で本気でモードのぶつかり合いでかなり見ごたえがある試合となり私を含めた3,000人程集まった観客は満足した事でしょう。近くにはチーフスのヘッドコーチの顔も見えましたが、トレーニングスコッドに呼ばれたラティマーの出来を見に来たのでしょうか?

日差しがかなり強くグラウンドは結構暑かったのではないかと・・・選手達はかなり日焼けしたと思います。
Air NZ Cup(ANZC)ではABsの選手があまり出ないのであまりお客さんが入りませんが(戻ってきた後もいまいちですが)一般公開のブルーズセレクション&ABsのトレーニングキャンプと言うことで多くの人が観に来ていたのはNZラグビーまだまだ捨てたもんじゃないなと思わせてくれました。
ABs
私が思うにANZCはスカイで放送されるけどABsトレーニングは放送されない+ABsを無料で見られる(完全に観れない時もあります)と言うことで多くの人が集まったのかな?と勝手に思っていますが、これだけ多くの人が足を運んでくれたという事が凄く嬉しく思いました,選手達もそう思ったでしょう。

さて本題の試合ですが(前置きが長くてすいません)ラム氏率いるバーバリアンズがブルーズ入りを目指してアピールしなければいけないので必死でした、それもあってか試合開始からかなり勢いがありBKがラインブレイクを何度も見せサポートプレイも良く前半はバーバリアンズ側の7番に入ったスコット・ウォルドロムがナイスサポートでなんとバーバリアンズが先制トライ!!そのトライをしたスコット・ウォルドロム( 以下の写真で白いヘッドキャップ)は後半はABsの方に入っていましたが対面ラティマーとの対決はスコットがブレイクダウンでの仕事はシーズン中と同じで良い仕事をしてたしスコットが一歩有利か。
SW

15 Rene Ranger (Northland), 14 Jarek Goebel,13 Winston Stanley,12 Jamie Helleur,
11 Josh York (North Harbour),10 Jimmy Gopperth (North Harbour),9 Brenton Helleur(Northland *)
8 Viliame Ma’afu (North Harbour), 7 Scott Waldrom(後半Tanerau Latimer), 6 Dean Budd
5 Jason Eaton(後半Anthony Boric), 4 Jay Williams,
3 Charlie Faumuina, 2 Francis Smith (Northland *)1 James Afoa (North Harbour)
Reserves:
Chris Smylie (North Harbour) ,Ash Moeke (Northland *),Benson Stanley
Mapa Tuipulotu,Simon Munro,Ryan Shortland (Warriors),Dave ThomasMike Reid (North Harbour),
Tevita Mailau,Paea Fa'anunu,Tom McCartney,Pauliasi Manu,Stan Haukinima,Chris Lowrey,
Tom Chamberlain (North Harbour) ,Malakai Ravulo (North Harbour)

バーバリアンズのメンバーは上記(赤文字はABsトレーニングスコッドの選手)ですが主なメンバーそしてウエリントンからノースハーバーにレンタル移籍を申し出てハリケーンズから去ることを決めたジミーゴッパーズがBKを上手く引っ張りキックオフでは10Mラインのところに正確にコントロールされたキックは素晴らしかったが2006年にジュニアABsに選ばれた時のようなキレのあるランニングはここ数年は見れなくなったのが残念か、ANZCで安定感が出てきたタセサ・ラヴェアがブルーズに戻ってくるので2006年の時のフォームを戻さないと個人的な意見ですがラヴェアに10番を取られると思うが、10番のポジション争いは面白そう。強いて言うとラヴェアもこの試合に出て欲しかった。
AB
(赤色ジャージ17番の後がイートン)
その他では個人的に将来ABsになると思う(早ければ来年くらい)ベンソン・スタンリー、今年チーフスでも少しプレイしたアリの弟ジェイ・ウイリアムズ、元ハイランダーズのクリス・スマイリー(今年ブルーズのトレーニングスコッド),今年のブルーズの控えの2番Tom McCartney,あとは色付きや太字がANZCで活躍又はこの試合で活躍した選手でしょうか、ラム氏がオークランドのコーチだからオークランドの若手をかなり使っている感じですね。
ちなみにWinston Stanleyはベンソン・スタンリーの弟で結構いい選手です、近くで見てもかなり似ていますが遠くから見るとどっちか全然解りません、最近再び髪を伸ばし始めて後ろ髪がなびいています、私も入院している間にかなり髪が伸びそのついでに目指せベンソン(ベンソンファンのかたごめんなさい)と思って切らずに伸ばしています(笑)汚いなんて言わないでくださいね(笑)
JA(赤3番目がジェームス)
兄弟ネタで行くと1番ジェームス・アフォアとABsのジョン・アフォアも兄弟でこの日は対面対決でした、ジェームスアフォアはジョンより精悍な顔つきで身長が大きくサイズの割には兄弟揃って走力のあるプロップで頼もしいです、ANZCでもジェームスは独走トライをするなどその走力を見せ付けてました。兄弟揃ってブルーズでプレイできるかどうか注目ですが私はジェームスがブルーズ入りすると思ってます。

もう一組居てJamie Helleur(今年のブルーズのトレーニングスコッド)とANZCのシーズン途中ノースランドにローンで行って活躍した9番のBrenton Helleurの2人もなかなか良い選手で兄JamieはABs相手でも物怖じすることなく本来のキレの良いランニングで活躍してましたがブルーズ入りなるか注目です。

兄弟ネタではありませんが15番Rene RangerはANZCでは大活躍で今年のセブンス代表にも入ったし今は売り出し中でブルーズ入りすると思いますが甘いマスクで人気が出るのではないかと思います。

ここまではブルーズファンの為に書きましたがオールブラックスネタで行かないといけませんね。。。

試合終了後にメディアがが注目するのは誰なのか?と興味があったので試合が終わっても帰らずにグラウンドを見守っていましたが、一番最初に行った(多分そう思います)のはU19,U21時代から大型プロップとして+リーダーシップもあると言う事で2011年の中心選手になるのでは?と注目されていたジェイミー・マッキントッシュに多くのメディアが集まっていました。
そのマッキントッシュはジョンアフォアが前半で怪我をしたので普段あまり組まない3番をやっていましたがマスコミに囲まれて初のABsトレーニングで終始笑顔でインタビューに答えていて冗談を交える等将来楽しみな選手です(笑)
JM
マッキントッシュが大きいので直ぐ誰だか解りましたが次は誰だったのかはっきり解りませんがおそらく怪我から復帰したジョーロコにメディアが集まったと思います、そのジョーロコは全く心配することないです、代表でも経験豊富ですし本来のキレのあるランニングも取り戻してるし日曜日の朝はジョーロコの名前は入っているでしょう。 
従兄弟のシヴィヴァトゥーも何度もラインブレイクするなど相変わらずのランニングスキルで会場を沸かせていたのが印象的でした。

あとはケーンズからブルーズに移籍とあってバーバリアンズ側ですがジミー・ゴッパーズにもかなりのメディアが集まってジミーは地味な活躍でしたが本人はインタビューでもそうでしたが朝のラジオでもポジティブな発言を繰り返し来年を待ち望んでいるようで早くもブルーズの顔になりそうです。

ABsネタに戻りますがブリスベンでのワラビーズ戦以来試合していない(6週間)アリ・ウイリアムズとけ決勝の残っているカンタベリーに所属しながらチームには加わらずトレーニングスコッドに入ったダン・カーターの2人は心配要りません。

カーターは前半12番(10番はドナルド)で出場し始めは地域を取るキックが実戦を離れていたせいかいまいちでしたが、大物選手ですから試合の途中でしっかり修正しランニングも彼本来の上手くギャップを突くランニングをする等後半はかなり調子を上げてゴールキックも難しい角度をばしばし決め観客を沸かせるなど流石ワールドクラスの選手は素晴らしいと言うのを目の前で証明してくれました。
DC
初めてトレーニングスコッドに呼ばれた選手の一人のリアム・メッサムはハムストリングの怪我はもう完全に治ったのか解りませんが後半の途中から出場してました。この試合で活躍とか関係なく個人的にカイノとラウアキ(今の調子で行くと)の2人よりメッサムの方をかってるしABsに入れば彼のスピードがもっと生きて大活躍すると思うので今後が楽しみな選手です、まずは今回入れるか注目。

私の一押し選手リチャード・カフイは前半13番,後半12番で出てましたがアタックセンスも相変わらず抜群でABsでそのセンスがより出ててるしカバーディフェンスを含むディフェンスも素晴らしく安心してみることの出来る選手の一人で、まだ22歳とは思えないくらいの落ち着いたプレイは2011年の中心選手になるだろうと確信したくなります。
BKコーチのワイン・スミス氏はANZCでももろに出たノヌーのディフェンスを心配してかセンスのあるカフイを12番で使う事を考えているそうで、遠征では13番でも使われるでしょうが12番のカフイも見ることが出来ると思います。ジーロコが復帰したのでおそらくウイングでの出場はないとみてます。

私が印象に残った事で覚えていることを書きましたが、また思い出したら後から追記で書きます。
写真も随時アップしていきたいと思いますのでしばしお待ちください。


注意)タイトル上香港の試合はBledisloe Cupとなっていますがトライネーションズの最終戦でABsが勝ち今年もカップはNニュージーランドが保持することが決定しているのでコマーシャルの意味でもお祭りのような試合が予想されてますがワラビーズ側はそう思っているでしょうか?両国共、財政的に選手の確保が困難なので盛り上がってもらわないと将来の収入に関わってくるでしょうから面白いラグビーを見せるでしょう。チケットの売れ行きがいまいちだと言われていましたがそこら辺がどうなのか気になるところです。

※ムリアイナは子供がもう直ぐ生まれるそうで香港のテストマッチは欠場となります。
  コリー・ジェーンが先発でポールウイリアムズがバックアップで呼ばれるのかな??
  怪我をしたジョンアフォアは香港戦は微妙とか??
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : ダン・カーター ブルーズ チーフス オールブラックス ニュージーランド Rugby ラグビー AllBlacks スーパー14 ワラビーズ

スーパー14,ブルーズ好発進

スーパー14が始まりかなり盛り上がってるニュージーランド
ブルーズの開幕戦はイーデンパークで犬猿の仲?のチーフスとの対戦で注目されていました。
自分はオークランドに住んでいるしオークランドのクラブチームで・・・となればブルーズ
応援しないわけにはいけませんが、2006年のAir NZ Cupから目を付け出したワイカト戦士の
ブレンダンレナードとリチャードカフイの2人がチーフスに居るという事で昨年もスーパー14
2試合ワイカトスタジアムまで遠征に行って見ているくらいなので今では両方のファン。

その自分の一押しのブレンダンレナードが怪我をした事は先日の記事でも書きましたが
良くてもベンチ入りで回復次第ではベンチ入りも出来ないかもという事でそれも当日決まると
の事でスタジアムでブレンダンを見たときには着替えていたのでベンチ入りするんだなと
安心したというか当日決まるということは状態的には良くないんだなと思って心配もした。

試合前に少し雨が降ったもののその後は天気が良くてラッキーでした。
l
ブレンダンの怪我もあり9番の先発は実績のあるJamie Nutbrownが勤める事になりましたが
前半直ぐに膝を痛めてしまい万全でないブレンダンが早々と登場する事になりました。

前半ブルーズが押していて直ぐにベテランのDanny Leeが先制トライをして良い立ち上がりを
見せましたがその後は有利に進めるもミスが目立ったのとチーフスの懸命なディフェンスが
光ったと言った方が良いでしょうか、特にこれまた一押しリチャードカフイがジョーロコの
カウンターアタックを激しいタックルで見事に止めスタジアムを沸かしてましたし自分の
見てるところから近かった事もありかなりしびれてしまいました、でもあれは逆ヘッドでの
タックルだったので首の怪我をしたり脳震盪の恐れがある危険なタックルの入り方でした。

前日のクルセーダーズのように有利に試合を進めていても点数が取れず逆にチーフス
ワンチャンスでトライを取られそのほかはペナルティーが多かったブルーズがドナルドに
PGを決められて前半は11-8でチーフスがリードで折り返します。

後半に入ったらブルーズがセットピースで圧倒してそこからチーフスのディフェンスを
崩していき得意の速い展開でトライ取りチーフスを突き放しにかかります。

自分が一番見ていた選手はブレンダン、一押しの選手だからという訳ではなく
彼の今の怪我の状況がどれくらいか確かめたかったのもあったので注意してみていると
いつものブレンダンとは程遠い動きで怪我をしている足首の状態があまり良くないなと
直ぐ解りました、まずかなりセーブしている動き、でもここぞというときにはしっかり走りますが
いつもの出足ではない(トップスピードに持っていくのが若干遅い)し走っていて止る時に
足首が痛いので直ぐに止まれない、これは足首の酷い捻挫をした自分の経験でもそうですが
走ってしまえば痛くても走れますが、止まる時など踏ん張る時にかなり痛みが出ます。

でもブレンダンはブルーズのディフェンスをなかなか崩せないので自ら突破に踏み切ったり
していましたが本来のスピードには程遠かったような気がします、それだけ酷いのでしょうが。

それの何気に痛そうにしている歩き方を何度か見た、ポジション的にも常にボールの近い
ところに行ってボールを供給しなければいけないので見ていて痛々しくてこれ以上酷くなったら先発のJamie Nutbrownの膝の具合も良くないだろうし(実際8週間は駄目)ブレンダンも
無理して駄目になるとハーフが居なくなり次の試合からはスーパー14スコッド外の選手を
入れる事になるのでチーフスの戦力がかなり落ちます。

ブレンダンの足の状態はこの試合をやったことによって良くなってないだろうし心配ですね。

試合は後半突き放したブルーズがボーナスポイントとなる4トライを稼ぎ出し32-14で勝利で
地元のお客さんは盛り上がってました、23,000人くらいの観客でまあまあだったかな。
金曜日の開幕戦のクルセーダーズの試合は半分改装工事でスタンドがないのに
かなり空席が目立ったという事はかなり少なかったでしょうね。
一昔前は30,000人くらいは入っていた感じですが昨年ヘンリーがやった22人のプロテクトや
新ルールによる客離れ(←↓スポーツトークバックラジオでは見ないという人が多かった)や
大物選手の海外移籍、そしてヘンリーを再びオールブラックスのヘッドコーチにした
ラグビー協会の考えとヘンリー継続が嫌でファンが減った事も大いに考えれれます。

今年のオールブラックスの試合もチケットがあまるのでしょうか?
いやワラビーズ戦はディーンズ氏が相手のコーチなので面白がって完売するかな。

ブルーズの試合で目立ってたのは、ジョーロコのキレが凄かったのが一番印象的で
ブルーズは先日のプレシーズンマッチでハイランダーズに42-21で負けたのが良い薬に
なってたのかな? 前半はともかく後半は素晴らしかったです。
チーフスはカフイの気合溢れるタックルとラインブレイクは見事でした。
c
それにしてもチアガールは良かったな~~ 後ろのおじさんたちは双眼鏡で見てました(笑)

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中、クリック宜しくお願いします。
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : スーパー14 ブルーズ チーフス Rugby オールブラックス ニュージーランド ラグビー NewZealand AllBlacks Super14

いまいちだった新ルールの開幕戦

昨日開幕した2008年のスーパー14
新ルールで行われるので色んな意味で注目せれているでしょう
IRBはいつものごとくスーパー14を実験台で使ってくる、現在6ネーションズが行われている
北半球は旧ルールでやっているが、そこに新ルールが採用されている南半球のレフリーを
使って笛を拭かせているのが気になるのは自分だけでしょうか?

その借り出された南半球のレフリーはスーパー14のレフリーも同じ時期にやるとの事で
ただでさえ新ルールに馴染めてないレフリーが旧ルール、新ルールと混ぜて吹かせるのは
考え物だしこれでは試合に影響が出てくるのは目に見えてくる。

しかも新ルールでスーパー14をやった後に北半球が遠征してくるその試合は旧ルールで
そしてその後のトライネーションズは新ルールで行うという事はおかしくないでしょうか?

完全に南半球は実験台で北半球が遠征してくる6月頃のテストマッチは南半球のチームには
不利になると思わないのか?IRBさん。 W杯が終わった時点で北半球も新ルールで試合を
やるべきだと思う、国によって始める時期が違うのはどうかと・・・ 

そんな実験台で行われているスーパー14の開幕戦はクルセーダーズブランビーズ
ライバルチームの好カードで新ルールを披露するのに申し分ないかと思って期待してたが・・・

試合前に物凄い雨が降ったんだと思うけど新ルールの特徴でもあるボールが良く動く展開
ラグビーの面白さを半減するくらいグラウンドに水を多く含んでいたのが残念だった。

試合はクルセーダーズが7割以上も地域を支配,ボール支配率も6割を超えていたのに
雨の影響もありハンドリングエラーが多くスッキリしない試合内容で前半はつまらなかった。
自分が気にしていたクルセーダーズの9番の出来が初めての大舞台で硬くなったのかも
知れないけどプレイに余裕がなくてクルセーダーズの特徴を上手く出せなくしていた。
14番のルーキーもゴール前でボールを落とすなどルーキーには厳しいデビューとなった。

怪我明けのエリスを投入したらテンポある球出しが出来るようになり、そこからトライを
重ねる事が出来たがディーンズ氏は良くあそこまであの9番を我慢して使ったなと感心した。
ほろ苦いデビューとなった9番だけどディーンズ氏のおかげで良い経験になったと思う。

最終的には4トライのボーナスポイントを獲得したクルセーダーズだが自分が思うに
スッキリしない内容だった気がするし面白みに掛けた試合だったかなと。。。
試合後のリッチーのインタビューではボーナスポイントを取ったのでハッピーとは言っていたが
歯切れが悪かった喋りに納得してない感じがしたのは自分だけでは無い気がする。
しかも最後に「ジェイドスタジアム」と言ってしまって「AMIスタジアムね」とアナウンサーに
突っ込まれて「あ、あ、A.・M・IIスタジアム。。。」と焦って訂正してたのが可愛かったですが。
スポンサーだから名前を間違ったら焦ってしまったのだろう。

安心したのはダンカーターの出来が思ったより良かった事と100試合記念のこの試合で
大活躍したマクドナルドのプレイには100試合おめでとうと共に拍手をしたくなった。
アンチ・クルセーダーズだけど今回は拍手をして見ました。

でもなんだかスッキリしない試合を見たなと思ったのは、その直ぐ後にオーストラリアで
行われたレッズ対ハイランダーズの試合がむちゃくちゃ面白かったから余計に持ってしまった。
それを後押しするのは実況と解説の盛り上げ方が最高に面白いので面白みが倍増する。
今年のレッズはメンバーを見てもそうだけど面白ラグビーをするので注目です。
でもあのサウスアフリカのレフリーのビデオレフリーに頼む時のあの言葉、そして判定は??

色々呟かせてもりましたが、今から大一番のブルーズ vs チーフス の生観戦に行ってきます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中、クリック宜しくお願いします。
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : Rugby ニュージーランド ラグビー NewZealand クルセーダーズ チーフス ブルーズ スーパー14 ブランビーズ

2008年度スーパー14スコッド編No3(行く人来る人)

今回は各チームの新人+復帰+ドラフトでの加入組みと日本を含めて海外への移籍組み+引退選手等の去る人の紹介をしたいと思います。(下線が他からのドラフトで加入した選手赤文字がオールブラックスのキャップ保持者で赤太字が2007年のラグビーワールドカップに出場,青文字が即戦力?
ブルーズ
In:
David Smith,Benson Stanley, Jamie Helleur, Nick Evans, Danny Lee, Taniela Moa,
Bryn Evans, Tom McCartney, Bronson Murray.
Out:
Doug Howlett, Sam Tuitupou, Luke McAlister, David Holwell, James Somerset,
Steve Devine, David Gibson, Angus Macdonald(日本), Ali Williams, Greg Rawlinson,
Chris Heard, Saimone Taumoepeau, Derren Witcombe, Sam Biddles
*「James Somerset,Steve Devine, David Gibson, Derren Witcombe」怪我で引退
ABsのAli Williams Greg Rawlinsonの大物ロックが抜けるのがかなり痛いブルーズはカンタベリーのIsaac Ross(クルセーダーズ)の獲得の噂がありましたが結局ハイランダーズがドラフトで取ったので
ロックの補強はホックスベイのBryn Evansをドラフトで獲得してますがアリの弟を取るのでは?
と言う噂もありましたがヌシホラがアリの弟だから嫌ったのでしょうかね(笑)

昨年まさかのドラフトでハリケーンズでプレイしたDavid Smithは今年は地元でプレイ。

去る人の9名がABsキャップ保持者と多いのが気になりますが選手層は厚いので大丈夫かな??

チーフス

In:
Vili Waqaseduadua, Callum Bruce, Fafili Levave, Tom Harding,
Hayden Hopgood, Kevin O'Neill, Ben May.
Out:
Roy Kinikinilau(日本),Anthony Tahana,Niva Ta'auso,Tane Tu'ipulotu,Murray Williams,
Byron Kelleher,Steven Bates(日本),Marty Holah, Keith Robinson(引退),Nathan White(怪我).

Callum Bruce(オタゴ),Vili Waqaseduadua(ノースハーバー)の2人は即戦力で直ぐにでも活躍できそうオタゴの掘り出し物のCallum Bruce獲得はヘッドコーチもびっくりでした。
Tom Harding &Faifili Levave(ウエリントン),の3列の2人もABsキャップ保持者が2人の3列が抜けるので良い補強かも。
タズマンからBen Mayが加入して怪我でスコッド漏れしたNathan Whiteの穴を埋めてくれると思います。
チーフスはドラフトでかなり良い補強をしたのでコーチの顔は満足げでした。

レギュラー組みの移籍と怪我で数人抜けますが良い補強をしているし戦力ダウンはそんなに無いと思います、強いて言うとMarty Holahの所ですが若手のTanerau Latimerの成長に期待です。

ハリケーンズ
In:
Zac Guildford, Tane Tu'ipulotu, Willie Ripia, Scott Waldrom, Michael Johnson,
Jeremy Thrush, Craig Clarke, Hika Elliott, Jacob Ellison.
Out:
David Smith, Lome Fa'atau, Tana Umaga, Blair Stewart, Chris Smylie,
Brad Mika, Serge Lilo(怪我), 【Nili Latu, Luke Andrews】(日本), Paul Tito, Hayden Triggs,
Tone Kopelani, Mahonri Schwalger, Tony Penn.

今年ドラフトでチーフスでプレイしたTane Tu'ipulotuの加入は大きいでしょう,自分なら彼をレギュラー(13)で使いたいです。
No8のThomas Waldromの兄弟Scott Waldrom(タラナキ)が加入しで兄弟そろってハリケーンズで嬉しいでしょう。ハリケーンズはドラフトを使わず地元の地域の選手で固めています。

去る人の中に大物中の大物タナウマガがNZから居なくなるのはやっぱり寂しいものです。
クルセーダーズ
In:
Kade Poki, Sean Maitland, Hamish Gard, Kahn Fotuali'i, Nasi Manu,
George Whitelock, Brad Thorn, Ali Williams.
Out:
Brent Ward, Paul Williams, Rico Gear, Aaron Mauger, Rua Tipoki, Tusi Pisi,
Kevin Senio, Jake Paringatai, Johnny Leo'o, Jonathan Poff, Peter Nixon(怪我),
Issac Ross, Chris Jack, Kevin O'Neill, Ben May.

クルセーダーズもドラフトを使わず層の厚い地元の地域で(ウエリントンのロスフィリポは例外)。
良い選手が多いので実力があってもなかなか出場機会に恵まれない選手が多いのも現実でそのような選手は出場機会を狙って他の地区へ移籍するなりりドラフトで獲得されています。
来る人組みの両ロックは先日の記事にも書いたので省略です。

去る人の中には大物が何人かいますね、クリスジャックの穴は来る人で埋めれるので心配は入らないかと、メイジャーの抜けたあなもブレット等若手の成長が著しいので彼等に期待です。
心配なのはリッチーと同じポジションだった為に先発で使われてもなんらおかしくないのにベンチに居た
トライの匂いが解る男Johnny Leo'oがフランスに移籍してしまうのが痛い,そのリッチーが怪我した時にNo7に入るのはNo8の元ABsモセトゥイアリイがカバーするとからしいですがその時は注目。

もう1人は自分が思うにW杯のメンバーだったエリスより上だと思っている元ABsのケビンシニオがフランスに移籍してしまうのもかなり痛いかと、先発と控えのハーフバックの実力が同じくらいでしかもレベルが高いので凄い強みだったと思うのですが、これでエリスが怪我をするとクルセーダーズは厳しくなるでしょう、タズマンから加入したKahn Fotuali'iハーフ頑張りが鍵。リコギアの後釜が誰になるか?
ハイランダーズ
In:
James Wilson, Paul Williams, Fetu'u Vainikolo, Brett Mather, Johnny Leota,
Niva Ta'auso, Mike Delany, Daniel Bowden, Stephen Setephano, Adam Thompson,
Isaac Ross, Hayden Triggs, Clint Newland.
Out:
Matt Saunders, Glen Horton, Craig Clare, Greg Zampach, Vili Waqaseduadua,
Jason Kawau, Charlie Hore, Nick Evans, Callum Bruce, Hale T-Pole,
Josh Blackie, Filipo Levi】(日本), Kane Thompson, James Ryan(怪我),
Clarke Dermody, Carl Hayman. Anton Oliver,

新しいコーチGlenn Mooreは沢山抜けた選手をドラフトを最大に利用してます。
James Ryanが怪我で間に合わないという事でIsaac Ross(カンタベリー)Hayden Triggs(マナワツ)の即戦力のロック2人をドラフトで他の地域から獲得して良い補強をしました。
ティアラタを右フックで一発KOした(記事はこちら)ホックスベイのプロップClint Newlandsハリケーンズに確保されてもおかしくない実力ながらティアラタと一緒のチームでは問題になるという事??でハリケーンズは確保せずハイランダーズがドラフトで獲得しハイマンの抜けた大きな穴を彼が対応する事になるでしょう、1.96m130kg. とサイズにも恵まれて楽しみな選手で要注目です!!

何故かCallum Bruce(10,12)を獲得しなかったハイランダーズはパワフルさで勝負に出るのか昨年チーフスでプレイしたセンターNiva Ta'auso(カウンティーズマヌカウ)と12番のJohnny Leota(マナワツ)のコンビの突破力のある選手をドラフトで獲得してるのが印象的です。
開幕戦は2月15日クライストチャーチのAMIスタジアムでクルセーダーズvsブランビーズ
ファイナルは5月31日

<スポーツブログ ラグビーへ>←ランキングに参加中、クリック宜しくお願いします。
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : Rugby オールブラックス ニュージーランド ラグビー NewZealand AllBlacks Super14 ラグビーワールドカップ ブルーズ チーフス

Super14レッズvsハリケーンズ(結果)とチーフスvsハリケーンズメンバー発表

Queensland Reds v Hurricanes, Brisbane, Saturday 10.40pm

この試合もイライラする試合でしたね。
立ち上がりから両チームエキサイトした感じで
締まりのないレベルの低い試合をしてしまいました。

レッズはEddie Jonesが指揮を取るようになり
今までとは違った感じでしたね
しっかりとチームを作り上げれる人なのかもしれないですね。

対するハリケーンズは反則やハンドリングエラーが目立ち
自慢のBKを全然活かしきれずに試合が終わってしまた感じです。
Ma'a Nonuは強いのですがあの12番の位置で縦ばかりついていては
その側にいるスピードのある選手を生かすことが出来ません。
そしておまけにボールも落とすし何も言う事はありません。


組織がばらばらなので個人技で行くしかない状態になり
両ウインガーが頑張っていましたね。
まずリコの弟Hosea Gearもビックゲインを見せてくれたし
注目のDavid Smithもスピードと切れ味を見せてくれました。
最後は何とか注目の15. Cory Janeが良いコースを走り
トライを取りましたがとき既に遅しでしたね。

とにかくミスが多くてあれでは勝てません。
25-16でレッズの勝ちです。

今週の金曜日の注目カードのメンバー発表です。
Chiefs vs Hurricanes 7.35pm at Waikato Stadium in Hamilton
チーフスは前回自分が言ったようにSosene Anesiをフルバックにしてきましたね。
そしてウイングにはLelia Masaga,Roy Kinikinilauが初登場ですが
先週Roy Kinikinilauをどうしてベンチにも入れなかったのかが?です・

そして自分の一押しのハーフバックBrendon Leonardが先発です!!
4. Toby Lynnも先週はベンチでしたが良い選手ですよ。
ホームでの試合なので落とせない試合ですが
ハリケーンズも先週から建て直して来るだろうし厳しい試合になるかな。
Chiefs
15. Sosene Anesi, 14. Lelia Masaga, 13. Niva Ta'auso,
12.Tane Tu'ipulotu, 11. Roy Kinikinilau, 10. Stephen Donald,
9. Brendon Leonard, 8. Liam Messam,
7. Marty Holah, 6. Steven Bates,
5. Jono Gibbes (capt), 4. Toby Lynn,
3. Nathan White, 2. Tom Willis, 1.Craig West.
Res:
16. Aled de Malmanche,17. Simms Davison,18. Kristian Ormsby,
19. Tanerau Latimer, 20. Jamie Nutbrown,
21. Murray Williams,
22. Dwayne Sweeney.


ハリケーンズも少し変えてきました
Tanaがスミスの怪我でスタメンに入ります。
前回は後半の途中からの出場だったけど
流れが悪かったのでもっと早く入れて欲しかったです。
12. Tamati Ellisonも上手い選手ですし
Tanaともコンビでチーフスの手薄のセンター陣を突破したいところです。
後半の途中でインパクトのあるDavid Smithがみたいです。
3列が弱いのでチーフスに付け込まれるでしょうが何とか耐えれれば・・・

Hurricanes:
15. Cory Jane,14. Hosea Gear,13. Tana Umaga (capt),
12. Tamati Ellison, 11. Ma'a Nonu, 10. Jimmy Gopperth,
9. Alby Mathewson, 8. Thomas Waldrom,
7. Serge Lilo, 6. Luke Andrews,
5. Bernie Upton, 4. Paul Tito,
3. Neemia Tialata, 2. Tone Kopelani, 1. John Schwalger/Tony Penn.
Res:
Mahonri Schwalger, Tony Penn/Anthony Perenise, Bradley Mika,
Hayden Hopgood, Chris Smylie, David Smith, Shannon Paku.

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
関連記事

テーマ : ラグビー
ジャンル : スポーツ

Keyword : Super14 ハリケーンズ チーフス

プロフィール

ラグオ

Author:ラグオ
ラグビーが大好きでラグビー王国ニュージーランドへ。現地のクラブでプレーしニュージーランドラグビーに虜に。それ以来ラグビーシーズンに合わせて日本とNZを何度も行き来して今ではNZに永住。NZラグビー最高です!だからここに来たしこれからも。
趣味は料理、ベイキング、写真など・・・致命傷の怪我でラグビーがやれなくなってからベイキングを始め今では一番の趣味かも。試食したい方はどうぞ(笑)
近い将来再びグラウンドに立てるまでリハビリがてらブログを書いています。心身共に調子が良くないので時々弱気な発言があるかと思いますが許してください。
ラグビー大好きなら大満足出来るそんなラグビー王国から呟いています。ラグビーについて色々語りましょう。

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリー
ブログランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ
↑ランキングに参加中
↓クリックお願い致します


ラグビー ブログランキングへ
RSSフィード
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

オールブラックス ニュージーランド Rugby ラグビー AllBlacks NewZealand Super14 ラグビーワールドカップ スーパー14 ワラビーズ スプリングボクス ブルーズ クルセーダーズ スーパーラグビー Zealand New NZ チーフス ジュニアオールブラックス Blacks All Springboks カンタベリー オークランド ウエールズ ハカ Air Cup アイルランド イングランド ホックスベイ カナダ ジェリーコリンズ フランス サモア Wallabies AirNZCup ダンカーター スコットランド ウエリントン ダグハウレット タナウマガ ハリケーンズ 日本 ストーマーズ ハイランダーズ セブンス ABs Auckland ワイカト タラナキ トップリーグ ハイネケンカップ ブルズ トンガ Australia イタリア Canterbury トライネーションズ Nations SouthAfrica ワラタス SBW ボクシング マオリ サウスアフリカ マンスター ノヌー モセトゥイアリイ Pacific ANZC ブランビーズ ロビーディーンズ スパーラグビー ベッカム キウイ ルークマカリスター AirNewZealandCup シャークス ラグビーチャンネル マフィン ジュニア イーデンパーク ランフリーシールド Premiership England シオネラウアキ オーストラリア ダニーデン トライ ワールドカップ エアニュージーランドカップ ブリディズローカップ ジョニーウィルキンソン トニーブラウン ラグビートニーブラウン ハミルトン スクラム ジャスティンマーシャル オールブラッククス 日本代表 クリスジャック ネットボール 箕内 クリスジャク リコギア リコ・ギア パシフィックネーションズ apan フィジー シオネラウア キースロビンソン リッチーマコウ アリウイリアムズ 海外ラグビー スパー14 Blues ニックエヴァンス サニックス Wellington グレックサマヴィル NZマオリ ダン・カーター サウスランド Waikato W杯 Scotland Ranfurly PACIFIC Shield Six Tonga Supre14 ウェールズ アルゼンチン ロールケーキ デザート サニービルウイリアムズ コスプレ ホワイトロック ドナルド カフイ チョコレート 癒し チータース ライオンズ フォース レッズ バレンタインデー ケーキ ベイキング Otago NorthHarbour シックスネーションズ ジェイソンイートン Super14 ジェーソンイートン クライストチャーチ クラシックオールブラックス Newzealand ABs ジョナロムー シドニー サッカー 派閥 ルーベンソーン ヤマハ アーロンメイジャー ヘンリー 日本代表J AB JonahLomu Jonah Japan Jrオールブラックス Junior Lomu KapaOPango ISLANDERS Guinness Argentina AllBlacksスーパー14 BLUES Bluse France Fiji 妊娠 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。