スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トライネーションズ第2戦プレビュー(All Blacks vs Springboks)

昨年のオールブラックスのメンバーの多くが海外移籍等で主力がごっそり抜けたうえに、キャプテンのリッチーマコウが居ないメンバーにも負けてしまった昨年のW杯チャンピオン(メンバーがかなり残ってる)の立場がないスプリングボクスは仕返しにスクラムの抗議等で心理作戦と言う情けない手で対抗。

その前回の記事の「まずスクラムですがスクラムコーチがIRBのレフリー協会?のボスに毎週コンタクトを取って確認しているそうで、この件もクリアーになってます(ボスはキウイなんですが)。」ですが、クリアにと書いていましたが、それがどうかははっきりしていない?ようです、水曜日にスプリングボクスのコーチがIRBのレフリーのボス+明日の試合のレフリーと会ったそうで、今日は両チームのコーチ陣とレフリーのボスを交えて会議?が行われたはずですが、会議の効果があるかどうかは解りませんが、言える事は会議によって反則とかどうかを抜きにして、レフリーがオールブラックスのスクラムに対して厳しく見ることになるとか何らかの影響があると思います。あれだけ抗議しているのでレフリーの心理的影響はすくなからずあるでしょう、それが判定に影響しないか心配ですし、まだ経験の浅いオージーのレフリーだそうでますます心配です。

オールブラックスより2日遅れて昨日ボクスのメンバー発表がありました。
SPRINGBOKS:
15 Percy Montgomery, 14 JP Pietersen, 13 Adrian Jacobs, 12 Jean de Villiers,
11 Bryan Habana, 10 Butch James, 9 Ricky Januarie,
8 Joe van Niekerk, 7 Juan Smith, 6 Schalk Burger,
5 Victor Matfield (captain), 4 Bakkies Botha,
3 CJ van der Linde, 2 Bismarck du Plessis, 1 Gurthro Steenkamp.
Reserves:
16 Schalk Britz, 17 Brian Mujati, 18 Andries Bekker, 19 Luke Watson,
20 Ruan Pienaar, 21 Francois Steyn, 22 Conrad Jantjes.

ダンカーター潰しに最も相応しいショルダータックルの王様ブッチージェームスを予想通りそのまま10番に入れてます。これで明日の試合もABsの勝利で終わる可能性が高くなりました(笑)

ブッチージェームスが先週の試合のように継続してダン潰しをやり(おそらくもっとやってくるでしょう)それが成功(怪我をさせる)すればボクスにも勝機があるかも知れません。地域を取るキックがいまいちで、ロースコアーにはかなり重要なゴールキックの成功率も悪いのに使うのはこの為かと思ってます。

ゴールキックが出来ないのを補うために先週キック処理でかなりの安定感を見せたConrad Jantjesをベンチに下げてまでGK要因で大ベテランのモンゴメリーを15番に入れてきてますが、年齢が高いのがちょっとスピードアップした試合展開について行けるかが見ものです。どちらにしろ最後まで持たないだろうしGKもDGも出来るスタインとConrad Jantjesを早めに入れるべきだと思ってます。

先週のメンバーでは怪我をして帰国した2番キャプテンのスミット(来週のワラビーズ戦も欠場)の代わりにBismarck du Plessis、14番Odwa Ndunganeの代わりにJP Pietersenを入れてきてますが、JP Pietersenは今年全然良いところなしなのに・・・ジェームスのダン潰し役とセンター陣が好調で譲れないのは理解しますが、今季調子が悪いJP Pietersenを入れるならスタインをウイングで使えば良いのになと思ってしまいます。今季スタインはシャークスでも中途パンパに使われていた記憶があるし、代表のセレクションでもベンチに置かれるなど宝の持ち腐れに思えてなりません。スタインはスーパー14が終わって代表が集まった時に監督と直接話をして「10番がやりたい」と申し出たそうです。イタリア戦で10番で先発で出ていた時はスキルが素晴らしかった、そんなスタインが出ないのはボクスファンではないですが寂しく感じます。

ABsの事ならともかくボクスのメンバーの愚痴を言っても仕方がありませんね・・・
ABsが勝つと思いますが、最初に書いたようにスクラムで経験の浅いレフリーがABsに厳しく取ることをしたり、ダンが潰されたりする等ボクスにも勝ち目が無いわけではありません、今回は謹慎処分のブレットソーンがロックに居ないですから、スクラムにも少しは影響してくるし、ボクスの選手に負けないパワーと年齢を感じさせない仕事量とスタミナも伴う選手なので戦力ダウンしてる事は確かです。

その代わりに長身ロックの新人アントニーボリッチがラインアウトで活躍してくれることを期待。ソーンも欠いてアリウイリアムズもまだ足首に爆弾を抱えている状態ですし、最大の危機と言ってもいいくらいの今のABs、ボリッチが新人で大舞台に挑戦するので彼にとってもステップアップとなる大チャンスです、体系も似ていることからイアンジョーンズ2世と声が聞こえて来てますし、イングランド戦で怪我のアリに代わって大仕事をした男ですから明日もやってくれるでしょう。

問題はソーンを欠いたパワー不足でも3列にラウアキ、マソエ等のパワー系の選手を入れなかった事がどれだけ響いてくるか?先週の試合でボクスのバーガーの激しい突進と特にタックルが凄まじくかなり恐怖です。そのぶん得意の速い展開でボクスを振り回さないとかなり厳しい試合になると思います。先週は地域でかなり有利になってボール支配率も6割近くのABsでしたが明日はボール支配率はちょっと下がるかも。

パワーで来られてその後でカウンコスキーのようなスピードのある選手を絡めてきたら太刀打ちできないかも??と恐れていましたが、ボクスのコーチはなぜかベンチにも居れず(スピースも入ってない)どうやって勝とうとしているのか? カウンコスキーが居るボクスとの激しい試合はアウェーまでお預けか?

明日の試合は先週の試合より熱くなることは間違いないですから、明日は先週予想に反してあまり無かったドキドキ感を味わうことが出来る試合になる事を強く望んでいます。出来ればラフプレイの無い試合でお願いします。ABsは相手の挑発に乗らない事が大事ですね。

予想は10点差以内で勿論ABsの勝
来週から登場する気になるワラビーズですが、ロビーディーンズ氏はパシフィック選手権で良い動きを見せていたタフをいよいよ代表に呼びました。ラグビーリーグのスーパースターでトライを多く稼ぎ出した選手だけに、前に出る力が強さだけでなく意外に柔らかいランニングとステップも持ち合わせ+してパスのスキルも持っているのでユニオンに慣れてきたようですしかなり厄介な存在になりそうです。元リーグの選手ですし少しのギャップでも一気に抜ける能力も持ち合わせているだろうし(NZマオリ戦で実証済み)スペースのある所だったらなお更止められないだろうし、絶好調のギタウと組まれたらノヌーのディフェンスが心配かも知れません。 ディーンズ氏はインパクトプレイヤーとしてベンチに置いておくかどうするか注目。

先日の観光気分で来ていたフランスを相手に2戦目の途中から出場したライアンクロスもギタウとのコンビはバッチリだしボールを貰う前に相手をずらして取ったトライなどを見るとBKはワラビーズ怖いかも。自分としてはミッチェルよりイオアネの方がかなり怖かったのにイオアネはメンバーに入ってなかった。

それにしてもフランスは昨年のNZ遠征と言い今年のオーストラリア遠征と言い国内選手権を優先にしているので2軍以下のメンバー編成で旅行気分で来ているのがむかつきます、あの乱闘での8番の殴り方はやばいでしょ?もう一人3番?の選手も一発酷いのやってたし、もちろん後で重い??処罰を喰らってましたが、フランスとはこの時期テストマッチをやるのはやめにして欲しいです、高いお金を払ってまで観戦する価値もないし、試合をする相手に失礼なのと時間の無駄だけです、そしてあの乱闘は最悪。
スポンサーサイト
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : スプリングボクス トライネーションズ Rugby オールブラックス ニュージーランド ラグビー AllBlacks NewZealand Super14 スーパー14

開幕間近!トライネーションズ

いよいよ始まりますね!!
開幕戦はスプリングボクスvsワラビーズ

まずは両チームのメンバー
Springboks:
15.Percy Montgomery,14.Ashwin Willemse,13.Jaque Fourie,
12.Jean de Villiers,11.JP Pietersen, 10.Butch James, 9.Ruan Pienaar;
8.Pierre Spies, 7.Juan Smith, 6.Schalk Burger,
5.Victor Matfield, 4.Bakkies Botha,
3.BJ Botha, 2.John Smit (capt), 1.Gurthro Steenkamp.
Re:
16.Gary Botha,17.CJ van der Linde,18.Johann Muller,19.Danie Rossouw,
20.Michael Claassens, 21.Wynand Olivier, 22.Francois Steyn.

Wallabies;
15-Julian Huxley,14-Drew Mitchell,13-Stirling Mortlock (c),
12-Matt Giteau,11-Lote Tuqiri,10-Stephen Larkham,9-George Gregan;
8-Wycliff Palu, 7-George Smith, 6-Rocky Elsom,
5-Dan Vickerman, 4-Nathan Sharpe;
3-Guy Shepherdson, 2-Stephen Moore, 1-Matt Dunning.
Re:
16-Adam Freier,17-Al Baxter,18-Mark Chisholm,19-Stephen Hoiles,
20-Phil Waugh, 21-Adam Ashley-Cooper, 22-Mark Gerrard.

ボクスは怪我人が何人か出ているようですね。
ハバナはイングランド戦で膝を怪我してたんですね知らなかった
少し時間が掛かりそうでトライネーションズは出ないので
盛り上がりに欠ける感じがします。


10番のプレトリアススーパー14の終盤くらいからの怪我でしょうか
彼もトライネーションズは出ないようですがW杯は来るでしょうね。

先週のサモア戦でハーフのジャニュアリーも怪我をしたので
ワラビーズ戦はシャークスのピナールが抜擢されましたが
彼の柔らかい動きはセンスの良さを感じさせるし
走らせるとスピードもあるしステップも切れるので要注意ですね。

FWは文句なしに凄いですがNo8のスピースは早くてしかも強いので
恐ろしい選手ですが、個人技で突破する時は良いのですが
チームプレイとしてはまだまだかな??と思います。

スーパー14決勝そして先日のイングランド戦でサインプレイの時だと
思うのですがそれぞれインターセプトをされるパスをして
いずれもトライをされているので競った試合では致命傷ですね。

スーパー14決勝ではラッキーな事に勝ったので良かったですが・・・
経験のある選手がいるのでW杯でスピースが8番を着れるかな??
経験を積めばもっと凄い選手になるのは間違いないでしょう。

首の大怪我から見事に復帰したバーガーはスーパー14終盤になって
やっと激しさが戻ってきたので怖い人が帰ってきた
なと
ちょっとオースブラックスにとっても怖い存在ですね。

自分と同じ怪我した選手だけに敵チームですが頑張って欲しいです。

10番はジェームスが入っていますが19歳のスタインの方が
何をしてくるか解らないので相手にとっては怖い
気がするのですが。
彼の距離も出るDGは接戦になればかなり強みですね。



ワラビーズですがギタウを12番に入れてきましたね!!
これでグレーガンがハーフに入りラーカム様とのコンビで
その外にはギタウと言う一番怖い人が入るのでBK恐ろしい!

先日のフィジーとの練習試合を見る限りでは両ウイングの
調子が良くなってる印象を受けたのでこの試合でもやるかも??
11番トゥキリでしたが常に14番の位置に居た記憶が
右左をかえてこの試合でもやるかもしれませんね。

フルバックのハクスリーがボクス相手にどこまでやれるかが
凄く興味のあるところですね、あのキックは魅力的だな。


FWで注目してみるのはレギュラー定着か?と思わせるNo8パールー
昨年から彼を使えと再三言っていてここに来て使われだしました。
見た目とは裏腹に走れて起用のパールーの動きに注目です。
彼のオフロードパスのスキルは素晴らしい物があるので
強さで前に出てオフロードパスをしてと良い仕事をする選手です。
もっと使い続ければ良い選手に成長すると思います。

ワラビーズは上記に出した名前の選手が活きるかどうかも
セットピース(特にスクラム)にかかってますが・・・
スクラムで全然駄目なら結構差がつくかも知れないですね。
大ベテランジェレミーポールはどうしたのかな?
彼は絶対に必要な選手でしょう。

大ファンのフィルウォーが先発ではないですね・・・
自分は意外にもワラビーズが健闘する気がするのですが。

予想は10点差以内でボクス

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : Rugby オールブラックス ラグビー ニュージーランド NewZealand AllBlacks スプリングボクス ワラビーズ スーパー14 トライネーションズ

ジャック2試合欠場!カナダ戦メンバー発表

All Blacks:
15.Mils Muliaina,14.Doug Howlett,13.Conrad Smith / Luke McAlister,
12.Aaron Mauger,11.Sitiveni Sivivatu,10.Dan Carter,9.Byron Kelleher,
8 Jerry Collins, 7 Chris Masoe, 6 Reuben Thorne (c),
5 Ross Filipo, 4 Troy Flavell,
3 Neemia Tialata, 2 Andrew Hore, 1 John Schwalger.
Reserves:
16-Keven Mealamu,17-Carl Hayman,18-Rodney So'oialo,19-Richie McCaw,
20-Piri Weepu,21-Luke McAlister / Rico Gear, 22-Leon MacDonald.

怪我人などが出てるしこの3試合で全員使うと言っていたように
前回のフランス戦からかなりメンバーが変わっています。
ロスフィリポ、ジョンシュワルガーのウエリントンコンビが
先発に入っているので初キャップとなります。

ロスフィリポは今年クルセーダーズでかなりトライを取って
攻撃の方も期待が出来ますし機動力が魅力です。
シュワルガーは左右両方組めるプロップで将来期待されています
この体で結構走るのでカナダ戦でそれも見れるかも。
良く見たら一列はハリケーンズのメンバーだ。

ムリアイナがハムストリングの怪我がようやく回復して先発
今年初めてのテストマッチですがチーフスで怪我から復帰した時も
いきなり見事な活躍でしたのでこの試合でも心配ないでしょう。

コンラドスミストライネーションズも外れるとかの報道でしたが
急に?怪我が回復したのか先発メンバーに入って居るのがびっくり。
明日はっきり解るとか言っていたような気がしますし
それで駄目ならルークがセンターに入る事になるそうですが
これも何で今頃にルークがセンターに入るの??って感じです。

BKコーチがメイジャーの大ファンで12番は決定?と言う事だと
思いますが、ルークの成長があるのでルークも使いたいと思ったのか
ここに来てルークを13番で使おうかと思ってるのかな?
面白い試みだけど今更そうしようとしているのが・・・

ノヌーがジュニアオールブラックスから呼ばれていたのは
センターの怪我人の為だったのに今回ルークに13番の控えだし
ノヌーはもう使わないと言っているような感じがします。

またジュニアに戻されて今週のオーストラリアAの試合に合流する
そうですが、良いように使われてオールブラックスの試合では
少しの時間だけで中途半端な使われ方でしたし可哀想かなと・・・

そしてマソエがNo8の控えと言っていてジェリーをNo8に
これも今更またなんでかな?と考えさせられるかも。。。
コリンズは前回のW杯でNo8だったしそんなに心配はしなくて良いかな。

クリスジャックが今週と来週のボクス戦を欠場する事が決まりました。

ルークがセンターで先発した場合リコギアの名前がリザーブあります。
そうですリコギアはオールブラックスに入りました。
これはダグがジャックと同じく南アフリカ遠征に参加できないので
リコがそのカバーをすると言う事で上がってきました。
と言うことは来週日本との試合リコは来日しないと言う事ですね。

どうしてジャックもダグも??
2人とももう直ぐ初めてのパパとなるそうでそれで欠場となります。
キウイらしい家族を大事にすると言う事ですが日本では珍しい事かな?
今年は出産ラッシュ?? リコスーパー14のチーフス戦で
急遽欠場したのも確かそうでしたし、コリーフリン少し前に生まれて
今週からようやくジュニアオールブラックスに合流ですし。

ジュニアオールブラックスと言えば・・・
今週からパワフルなシオネラウアキが復帰です!!
来週は来日で日本の選手は覚悟してください、ノヌーも居ますよ!


にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : Rugby オールブラックス ラグビー ニュージーランド NewZealand AllBlacks スーパー14 ジュニアオールブラックス トライネーションズ シオネラウアキ

プロフィール

ラグオ

Author:ラグオ
ラグビーが大好きでラグビー王国ニュージーランドへ。現地のクラブでプレーしニュージーランドラグビーに虜に。それ以来ラグビーシーズンに合わせて日本とNZを何度も行き来して今ではNZに永住。NZラグビー最高です!だからここに来たしこれからも。
趣味は料理、ベイキング、写真など・・・致命傷の怪我でラグビーがやれなくなってからベイキングを始め今では一番の趣味かも。試食したい方はどうぞ(笑)
近い将来再びグラウンドに立てるまでリハビリがてらブログを書いています。心身共に調子が良くないので時々弱気な発言があるかと思いますが許してください。
ラグビー大好きなら大満足出来るそんなラグビー王国から呟いています。ラグビーについて色々語りましょう。

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリー
ブログランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ
↑ランキングに参加中
↓クリックお願い致します


ラグビー ブログランキングへ
RSSフィード
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

オールブラックス ニュージーランド Rugby ラグビー AllBlacks NewZealand Super14 ラグビーワールドカップ スーパー14 ワラビーズ スプリングボクス ブルーズ クルセーダーズ スーパーラグビー Zealand New NZ チーフス ジュニアオールブラックス Blacks All Springboks カンタベリー オークランド ウエールズ ハカ Air Cup アイルランド イングランド ホックスベイ カナダ ジェリーコリンズ フランス サモア Wallabies AirNZCup ダンカーター スコットランド ウエリントン ダグハウレット タナウマガ ハリケーンズ 日本 ストーマーズ ハイランダーズ セブンス ABs Auckland ワイカト タラナキ トップリーグ ハイネケンカップ ブルズ トンガ Australia イタリア Canterbury トライネーションズ Nations SouthAfrica ワラタス SBW ボクシング マオリ サウスアフリカ マンスター ノヌー モセトゥイアリイ Pacific ANZC ブランビーズ ロビーディーンズ スパーラグビー ベッカム キウイ ルークマカリスター AirNewZealandCup シャークス ラグビーチャンネル マフィン ジュニア イーデンパーク ランフリーシールド Premiership England シオネラウアキ オーストラリア ダニーデン トライ ワールドカップ エアニュージーランドカップ ブリディズローカップ ジョニーウィルキンソン トニーブラウン ラグビートニーブラウン ハミルトン スクラム ジャスティンマーシャル オールブラッククス 日本代表 クリスジャック ネットボール 箕内 クリスジャク リコギア リコ・ギア パシフィックネーションズ apan フィジー シオネラウア キースロビンソン リッチーマコウ アリウイリアムズ 海外ラグビー スパー14 Blues ニックエヴァンス サニックス Wellington グレックサマヴィル NZマオリ ダン・カーター サウスランド Waikato W杯 Scotland Ranfurly PACIFIC Shield Six Tonga Supre14 ウェールズ アルゼンチン ロールケーキ デザート サニービルウイリアムズ コスプレ ホワイトロック ドナルド カフイ チョコレート 癒し チータース ライオンズ フォース レッズ バレンタインデー ケーキ ベイキング Otago NorthHarbour シックスネーションズ ジェイソンイートン Super14 ジェーソンイートン クライストチャーチ クラシックオールブラックス Newzealand ABs ジョナロムー シドニー サッカー 派閥 ルーベンソーン ヤマハ アーロンメイジャー ヘンリー 日本代表J AB JonahLomu Jonah Japan Jrオールブラックス Junior Lomu KapaOPango ISLANDERS Guinness Argentina AllBlacksスーパー14 BLUES Bluse France Fiji 妊娠 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。