スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパー14 Week1 プレビュー(2月13日のカード)

いよいよ開幕です。
時差の関係でNZが一番早く試合が行われますが、今年の開幕試合はハイランダーズvsブランビーズ

メンバー発表(下記)が既にありましたが、赤字で書いてある代表メンバー(漏れや間違いがあったらすいません)を見ると圧倒的にブランビーズが多いです。ハイランダーズは毎年キャップ保持者が抜けてますから。

しかし先日私が記事にした各チームの分析に書いたように、今年のハイランダーズは息の良い若手を多く獲得して勢いに乗らせたら非常に怖い存在になるかと思います。

私の今季最大の一押し選手ハイワードは昨年のレギュラーのレオタとレギュラーを争う事になりますが、メンバー表にもあるようにレオタとハイワードどちらが出るか解りません。
レオタが先日のプレシーズンマッチで怪我をしているので今日出場できるか解らないのでしょう、コーチは今のところ昨年のメンバーのレオタを先発に考えているようです。

ハイランダーズでの地味ながらの注目選手を紹介すると、2番のホール、元々No8の選手でフッカーに転向しましたが、昨年のANZCでは終盤No8で出場して活躍していました。ボールを持って突進が魅力。
Dハイランダーズのセカンドジャージ
あとは10番のボーデン( 写真)と13番シューマークそして15番のダグのキレノあるランニングが魅力です。
ヴァイニコロも怪我が完治して開幕に間に合い昨年のようにトライを量産できるか?ディフェンスに難があるので今季は改善できるか注目です。


一方のブランビーズは代表選手を多く抱えて強力なメンバーです、2番のモーアの加入はかなり大きい。
14番のラズボーンが久々にスーパーラグビー復帰で個人的にも楽しみにしています。
2年前にキャリスブルクでハーフウエイから複数のディフェンスを蹴散らしてライン際を駆け抜けてトライをしたアシュクリークーパーを13番に入れたためモートロックは12番に入ってますが強力なセンターコンビです。
控えには昨年のレギュラーでパワフルなタイロン・スミスが控えているのも心強いか。

試合予想はやっぱりメンバーを見るとブランビーズと思わず言いたくなるし、やっぱりロックのトムドネリーが欠場しているのがかなり痛い。しかしプレシーズンマッチでもそんなに悪くなかったし、若手が大爆発をして接戦をものにすると予想。  5点差でハイランダーズ

HIGHLANDERS:
15 Israel Dagg, 14 Ben Smith, 13 Jason Shoemark, 12 Johnny Leota/Jayden Hayward,
11 Fetu'u Vainikolo, 10 Daniel Bowden, 9 Jimmy Cowan (c);
8 Steve Setephano, 7 Alando Soakai, 6 Adam Thomson, 5 Hayden Triggs, 4 Josh Bekhuis,
3 Clint Newland, 2 David Hall, 1 Jamie Mackintosh.
Reserves:
16 Jason Rutledge, 17 Chris King, 18 George Naoupu, 19 Tim Boys,
20 Sean Romans, 21 Hayward/Brett Mather, 22 Kenny Lynn.

BRUMBIES:
15 Mark Gerrard, 14 Clyde Rahtbone, 13 Adam Ashley-Cooper, 12 Stirling Mortlock,
11 Francis Fainifo, 10 Christian Lealiifano, 9 Patrick Phibbs,
8 Stephen Hoiles (c), 7 George Smith, 6 Julian Salvi, 5 Mark Chisholm, 4 Ben Hand,
3 Guy Shepherson, 2 Stephen Moore, 1 Nic Henderson.
Reserves:
16 John Ulugia, 17 Ben Alexander, 18 Sitaleki Timani, 19 Peter Kimlin,
20 Joshua Holmes, 21 Tyrone Smith, 22 Matt Toomua.
開幕2試合目フォースvsブルーズで昨年はフォースが勝っている。
ナイターといえども夏の南半球で比較的暑いパースでの試合はナイトゲームでも厳しいコンディションでは。

メンバーを見るとどちらも代表選手が結構居ます、ブルーズのメンバーを見るとオールブラックスのアリ・ウイリアムス、カイノ、ジョーロコ、ウルフの名前がありません。。。カイノとジョーロコは初めての子供が誕生するという事で、遠征メンバーには入ってません。大事な開幕戦に欠場するのはかなりチームにとって痛手です、もう少し早い時期に合わせて生まれる時期を計算するべきではないでしょうか?

アリは背中を痛め、ウルフは手首を骨折して開幕戦を欠場します、特にウルフは先週プレシーズンマッチを観に行った時にはまだギブスをしていたし、しばらくかかるのではないでしょうか。
ジョーロコ、ウルフの代わりに11番の位置に入るのは新人のレンジャー、昨年のセブンス代表選手で腰の強いランニングはディフェンダーは捕まえにくいでしょう、甘いマスクで女性にも人気が出そう。
B
(カイノとラヴェア)
注目の10番はラム氏もかなり悩んだと思いますが、開幕戦にはラヴェアを起用でゴッパーズはベンチ。
先日のハイランダーズとのプレシーズンマッチではラヴェアと他のBKのコンビネーションがいまいちで心配されるところですが今日は改善されている事を望みます。
一方のゴッパーズは後半の途中から出て2トライをしていますが、彼が爆発したわけではありません。
でもこの日に限って言えば特にコンビネーションではラヴェアよりは良かったですね。
開幕戦では後半の途中でインパクトになるかどうかは解りませんがインパクトプレイヤーとして登場するのでしょうか、ゴールキックはラヴェアより上なのでそこをアピールしたいところ。

3列はカイノの欠場とあってNo8には新人のロウリーが入っています、そのロウリーは先日のプレシーズンマッチでは良いランニングを見せたりトライをアシストしたり中々良かったです。スーパー14レベルで通用するのか、開幕戦では対面は代表になったブラウンと対決なので良い所を見せてレギュラーを確保したいところ。

その他の3列は神戸からNZに戻ってきたブラッキーは遠征メンバーには入っているものの、今回はベンチにも入っていません、7番にはアウヴァアが入ってブラッキーの前で良い所を見せ付けたいところ。
6番には大ベテランでスーパーラグビーキャップがもうじき100に届きそうなコリンズ、メアラムよりリーダーシップは確実にあると見てるので、リーダーシップにも期待したい。
B
(右コリンズ、左はリザーブに入ったジェイミーヘラー?)
複数の主力の欠場の為リザーブにはトレーにグスコッドのメンバーが2人も入っています(下線の選手)。
フォースのメンバーと比べるとちょっと見劣りするのが気になるところで、しかも暑いパースで戦わなく絵はいけないのでメンバー交代も鍵になるかと。これは地元フォースが有利になりそうか感じ。

接戦になるだろうが、そうなるとゴールキックが鍵になるので先発のラヴェアのGKが重要になる。ラヴェアのGKはお世辞にも良いとは言えないので、調子が悪ければ早い段階でゴッパーズに代える必要があるかも知れない。  予想はやっぱりABsの4人の欠場はかなり痛いので7点差でフォース
ブルーズが勝つにはBKが爆発しないと・・・その前にFWですが。

WESTERN FORCE:
15 Cameron Shepherd, 14 Haig Sare, 13 Ryan Cross, 12 Josh Tatupu,
11. Drew Mitchell, 10 Matt Giteau, 9 Chris O'Young;
8 Richard Brown, 7 David Pocock, 6 Tamait Horua, 5 Nathan Sharpe (c), 4 Pat O'Connor,
3 AJ Whalley, 2 Tai McIsaac, 1 Pek Cowan.
Reserves:
16 Luke Holmes, 17 Troy Takiari, 18 Tom Hockings, 19 Matt Hodgson,
20 James O'Connor, 21 Nick Cummins, 22 Dane Haylett-Petty.

BLUES:
15 Paul Williams, 14 Anthony Tuitavake, 13 Isaia Toeava, 12 Benson Stanley,
11 Rene Ranger, 10 Tasesa Lavea, 9 Taniela Moa,
8 Chris Lowrey, 7 Onosa’i Auva’a, 6 Justin Collins, 5 Anthony Boric, 4 Kurtis Haiu,
3 John Afoa, 2 Keven Mealamu ©, 1 Tony Woodcock.
Reserves:
16 Tom McCartney, 17 Charlie Faumuina, 18 Dean Budd, 19 Peter Saili,
20 Chris Smylie, 21 Jimmy Gopperth, 22 Jamie Helleur.
おまけ
B

ルークも元チームメイトと楽しそうに会話をしてました。 娘さんの為にかなりでかい熊のぬいぐるみを持っていました。

B
ヘンリー氏と話しをしているケラハーはフランスで膝を怪我したのでかなり痛そうに歩いてしました。
元からふっくらしてますが、さらにふっくらしたかな?
スポンサーサイト
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : オールブラックス Super14 スーパー14 ハイランダーズ ブランビーズ ブルーズ フォース

いまいちだった新ルールの開幕戦

昨日開幕した2008年のスーパー14
新ルールで行われるので色んな意味で注目せれているでしょう
IRBはいつものごとくスーパー14を実験台で使ってくる、現在6ネーションズが行われている
北半球は旧ルールでやっているが、そこに新ルールが採用されている南半球のレフリーを
使って笛を拭かせているのが気になるのは自分だけでしょうか?

その借り出された南半球のレフリーはスーパー14のレフリーも同じ時期にやるとの事で
ただでさえ新ルールに馴染めてないレフリーが旧ルール、新ルールと混ぜて吹かせるのは
考え物だしこれでは試合に影響が出てくるのは目に見えてくる。

しかも新ルールでスーパー14をやった後に北半球が遠征してくるその試合は旧ルールで
そしてその後のトライネーションズは新ルールで行うという事はおかしくないでしょうか?

完全に南半球は実験台で北半球が遠征してくる6月頃のテストマッチは南半球のチームには
不利になると思わないのか?IRBさん。 W杯が終わった時点で北半球も新ルールで試合を
やるべきだと思う、国によって始める時期が違うのはどうかと・・・ 

そんな実験台で行われているスーパー14の開幕戦はクルセーダーズブランビーズ
ライバルチームの好カードで新ルールを披露するのに申し分ないかと思って期待してたが・・・

試合前に物凄い雨が降ったんだと思うけど新ルールの特徴でもあるボールが良く動く展開
ラグビーの面白さを半減するくらいグラウンドに水を多く含んでいたのが残念だった。

試合はクルセーダーズが7割以上も地域を支配,ボール支配率も6割を超えていたのに
雨の影響もありハンドリングエラーが多くスッキリしない試合内容で前半はつまらなかった。
自分が気にしていたクルセーダーズの9番の出来が初めての大舞台で硬くなったのかも
知れないけどプレイに余裕がなくてクルセーダーズの特徴を上手く出せなくしていた。
14番のルーキーもゴール前でボールを落とすなどルーキーには厳しいデビューとなった。

怪我明けのエリスを投入したらテンポある球出しが出来るようになり、そこからトライを
重ねる事が出来たがディーンズ氏は良くあそこまであの9番を我慢して使ったなと感心した。
ほろ苦いデビューとなった9番だけどディーンズ氏のおかげで良い経験になったと思う。

最終的には4トライのボーナスポイントを獲得したクルセーダーズだが自分が思うに
スッキリしない内容だった気がするし面白みに掛けた試合だったかなと。。。
試合後のリッチーのインタビューではボーナスポイントを取ったのでハッピーとは言っていたが
歯切れが悪かった喋りに納得してない感じがしたのは自分だけでは無い気がする。
しかも最後に「ジェイドスタジアム」と言ってしまって「AMIスタジアムね」とアナウンサーに
突っ込まれて「あ、あ、A.・M・IIスタジアム。。。」と焦って訂正してたのが可愛かったですが。
スポンサーだから名前を間違ったら焦ってしまったのだろう。

安心したのはダンカーターの出来が思ったより良かった事と100試合記念のこの試合で
大活躍したマクドナルドのプレイには100試合おめでとうと共に拍手をしたくなった。
アンチ・クルセーダーズだけど今回は拍手をして見ました。

でもなんだかスッキリしない試合を見たなと思ったのは、その直ぐ後にオーストラリアで
行われたレッズ対ハイランダーズの試合がむちゃくちゃ面白かったから余計に持ってしまった。
それを後押しするのは実況と解説の盛り上げ方が最高に面白いので面白みが倍増する。
今年のレッズはメンバーを見てもそうだけど面白ラグビーをするので注目です。
でもあのサウスアフリカのレフリーのビデオレフリーに頼む時のあの言葉、そして判定は??

色々呟かせてもりましたが、今から大一番のブルーズ vs チーフス の生観戦に行ってきます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中、クリック宜しくお願いします。
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : Rugby ニュージーランド ラグビー NewZealand クルセーダーズ チーフス ブルーズ スーパー14 ブランビーズ

プロフィール

ラグオ

Author:ラグオ
ラグビーが大好きでラグビー王国ニュージーランドへ。現地のクラブでプレーしニュージーランドラグビーに虜に。それ以来ラグビーシーズンに合わせて日本とNZを何度も行き来して今ではNZに永住。NZラグビー最高です!だからここに来たしこれからも。
趣味は料理、ベイキング、写真など・・・致命傷の怪我でラグビーがやれなくなってからベイキングを始め今では一番の趣味かも。試食したい方はどうぞ(笑)
近い将来再びグラウンドに立てるまでリハビリがてらブログを書いています。心身共に調子が良くないので時々弱気な発言があるかと思いますが許してください。
ラグビー大好きなら大満足出来るそんなラグビー王国から呟いています。ラグビーについて色々語りましょう。

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリー
ブログランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ
↑ランキングに参加中
↓クリックお願い致します


ラグビー ブログランキングへ
RSSフィード
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

オールブラックス ニュージーランド Rugby ラグビー AllBlacks NewZealand Super14 ラグビーワールドカップ スーパー14 ワラビーズ スプリングボクス ブルーズ クルセーダーズ スーパーラグビー Zealand New NZ チーフス ジュニアオールブラックス Blacks All Springboks カンタベリー オークランド ウエールズ ハカ Air Cup アイルランド イングランド ホックスベイ カナダ ジェリーコリンズ フランス サモア Wallabies AirNZCup ダンカーター スコットランド ウエリントン ダグハウレット タナウマガ ハリケーンズ 日本 ストーマーズ ハイランダーズ セブンス ABs Auckland ワイカト タラナキ トップリーグ ハイネケンカップ ブルズ トンガ Australia イタリア Canterbury トライネーションズ Nations SouthAfrica ワラタス SBW ボクシング マオリ サウスアフリカ マンスター ノヌー モセトゥイアリイ Pacific ANZC ブランビーズ ロビーディーンズ スパーラグビー ベッカム キウイ ルークマカリスター AirNewZealandCup シャークス ラグビーチャンネル マフィン ジュニア イーデンパーク ランフリーシールド Premiership England シオネラウアキ オーストラリア ダニーデン トライ ワールドカップ エアニュージーランドカップ ブリディズローカップ ジョニーウィルキンソン トニーブラウン ラグビートニーブラウン ハミルトン スクラム ジャスティンマーシャル オールブラッククス 日本代表 クリスジャック ネットボール 箕内 クリスジャク リコギア リコ・ギア パシフィックネーションズ apan フィジー シオネラウア キースロビンソン リッチーマコウ アリウイリアムズ 海外ラグビー スパー14 Blues ニックエヴァンス サニックス Wellington グレックサマヴィル NZマオリ ダン・カーター サウスランド Waikato W杯 Scotland Ranfurly PACIFIC Shield Six Tonga Supre14 ウェールズ アルゼンチン ロールケーキ デザート サニービルウイリアムズ コスプレ ホワイトロック ドナルド カフイ チョコレート 癒し チータース ライオンズ フォース レッズ バレンタインデー ケーキ ベイキング Otago NorthHarbour シックスネーションズ ジェイソンイートン Super14 ジェーソンイートン クライストチャーチ クラシックオールブラックス Newzealand ABs ジョナロムー シドニー サッカー 派閥 ルーベンソーン ヤマハ アーロンメイジャー ヘンリー 日本代表J AB JonahLomu Jonah Japan Jrオールブラックス Junior Lomu KapaOPango ISLANDERS Guinness Argentina AllBlacksスーパー14 BLUES Bluse France Fiji 妊娠 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。