スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパー14 今季の予想

今季は昨年よりチームの力が均衡していると思います(中盤くらいから上)
プレイオフの予想はかなり難しいですが、私の意見でいくと・・・
ケーンズ、シャークスワラタスクルセーダーズチーフスストーマーズブルーズブルズと8チームをまず挙げます。

確実にいくと予想するのは、ケーンズでしょうか、NZに住んでいるしNZチームを押したいところで
その他はチーフスクルセーダーズブルーズとNZチームでプレイオフといけばいいのですが・・・
上記のNZ4チームでも可能ではないかと思っていますが、しかしそんなに上手くいくでしょうか?

思い切って予想すると私の願望も含んでいますが・・・
ケーンズ、シャークスチーフスワラタスの4チームと予想します。あのクルセーダーズを外してますね。。。
それで優勝はケーンズでしょうか。

皆さんはどんな予想をしてますか?
スポンサーサイト
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : ニュージーランド スーパー14 ハリケーンズ ブルーズ クルセーダーズ チーフス シャークス ストーマーズ ワラタス ブルズ

スーパー14 week1 注目カード2試合プレビュー(2月14日のカード)

Lions v Cheetahs at Johannesburg, 6.10am
両チームとも今年も厳しいシーズンでしょう。
ライオンズはようやくアンドレ・プレトリアスが戻ってきましたね、彼がチームを変えてくれるでしょうか?
戦力はチーターズの方がやや上でしょうか。10点差でチーターズ
 Crusaders v Chiefs at Christchurch, 5.30pm

私の一番注目しているこのカード、ここ2年間はチーフスクルセーダーズに勝っています。
メンバーを見ると代表経験のある選手(赤文字)が沢山居ます、ABsに近い選手も合わせると両チーム凄い良い選手が揃っていて見ごたえのある試合が見れることは間違いないでしょう。

注目を集めたのは、やっぱりクルセーダーズの10番に新人のスレイドを入れたこと。
実績のあるブレットを抑えてスレイドを入れたのは、チーフスのBKの攻撃を警戒して、ディフェンスの良いスレイドを選んだのでしょう。ブレットはディフェンスが弱いのでこの選択は妥当か。
センス抜群のスレイドがいきなり活躍できるか注目です、メンバー発表の後のインタビューでは昨年のANZCの時より顔つきが変わっていました、昨年の活躍で自信がついたのでしょう。

そのスレイドの対面はカーターの怪我で今季ABsの10番の第一候補になりそうなドナルド。
昨年のカードでは素晴らしい活躍をしたが、今年は新人との対戦で核の違いを見せたいところ。
スレイドがいきなり良い動きを見せれば一気にオールブラックスの声が掛かるかもしれない、この10番対決はかなり注目です。

そのドナルドとハーフ団のコンビを組むのは怪我から8ヶ月ぶりに復帰する私の一押しブレンダン・レナード、プレシーズンでは、ブランクがあるとは思えないキレノ良い走りでクルセーダーズのコーチのブラッカッターを唸らせたほど、パワフルNo8シオネラウアキのサイド攻撃、レナードのスピードも警戒しなくてはいけない、クルセーダーズのディフェンスはかなり手こずりそう。

注目対決は、13番のラウララvsカフイ、2番フリンvsエリオット、1番フランクスvsタウマロロの対決も面白そう、その他ウイングの対決も見ごたえアリでしょう、クルセーダーズの新人ペインの切れのあるランニングは必見かも。 

FWはクルセーダーズでBKはチーフスと言うところでしょうか、いやクルセーダーズはBKも良いですね。
チーフスはセットプレイでどれだけやれるかにかかっていると思いますが、何とか五分でいきたいところ。そうすれば3年連続でクルセーダーズに勝利でしょう。 予想は7点差でチーフス
L
覚えてますか?2年前にリッチーが吹っ飛ばされたこのシーン
今年もこんなシーンが見られるかも、今年のラウアキはいきなりフィットしているようです、年末遠征でABsを落とされたのが良い薬になったのでしょう。
チーフス一番タウマロロにも注目です。

CRUSADERS:
15 Leon MacDonald, 14 Jared Payne, 13 Casey Laulala, 12 Tim Bateman,
11 Kade Poki, 10 Colin Slade, 9 Andy Ellis;
8 Thomas Waldrom, 7 Richie McCaw, 6 Kieran Read, 5 Ross Filipo, 4 Brad Thorn,
3 Ben Franks, 2 Corey Flynn, 1 Wyatt Crockett.
Reserves:
16 Jason Macdonald, 17 Bronson Murray, 18 Isaac Ross, 18 George Whitelock,
10 Kahn Fotuali'i/Steve Alfeld, 21 Stephen Brett, 22 Adam Whitelock.

CHIEFS:
15 Mils Muliaina (captain), 14 Lelia Masaga, 13 Richard Kahui, 12 Dwayne Sweeney,
11 Sitiveni Sivivatu, 10 Stephen Donald, 9 Brendon Leonard,
8 Sione Lauaki, 7 Tanerau Latimer, 6 Liam Messam, 5 Kevin O’Neill, 4 Craig Clarke,
3 Ben May, 2 Hika Elliot, 1 Sona Taumalolo.
Reserves:
16 Aled de Malmanche, 17 James McGougan, 18 Toby Lynn, 19 Colin Bourke,
20 Toby Morland, 21 Mike Delany, 22 Callum Bruce.
 Hurricanes v NSW Waratahs at Wellington, 7.35pm
2試合続けて面白いカードです、昨年の準優勝のワラタスとプレイオフまでいったハリケーンズ
メンバーを見ると両チーム代表経験者(赤文字)がたくさんいます。
ハリケーンズは現ABsの2番ホアが怪我からまだ回復していない為欠場するので新人のDane Colesを起用ですが、攻撃センスは抜群でジャニーズ系なので注目です(笑)
C
もう一人ABsの13番コンラッド・スミスが怪我で欠場となりましたが、コンラッドの調子がチームの鍵を握っていると思うので怪我の具合が気になるところです。しかし代役にはユーティリティーBKのタマティ・エリソンが入るので不安はありません。

クルセーダーズの10番が注目を集めたように、ハリケーンズの10番に誰がなるかも注目されていました。
私の一押しのマテゥーソンを使いたい為か、ウィップーを10番に起用と最初のメンバー発表では伝えられていましたが、練習中に足首を怪我して試合に欠場する事が決まって、10番にはU20代表で活躍して注目を集めているカークパトリックを先発で起用でリピアはベンチ。
スレイドと同じようにカークパトリックの起用もNZでは騒がれました、線が細くスーパーラグビーでは通用するかこの試合で見せてもらいましょう、オフシーズンにかなり筋トレやったのかな?

これまた悩んだだろうウイングのメンバーはザックを14番にギアを11番に入れてきましたが、シーズン中に入れ替えもあるかと思うし、一試合一試合でアピールしてレギュラーが決まるでしょう。
控えにはデイヴィット・スミスが居るので凄いインパクトですね。

ワラタスのウイングもかなり良いので対決は見物、ギアのディフェンスとキック処理が心配です。

一番の注目対決は12番ノヌーvsタフのパワー対決か。あとは7番の対決スクラム対決も見ものです。

予想は、かなり難しいです、ワラタスの控えにパワフルのパルーが入っているのは不気味。
今年の優勝はハリケーンズと予想しているので5点差でケーンズ

HURRICANES:
15 Cory Jane, 14 Zac Guildford, 13 Tamati Ellison, 12 Ma'a Nonu,
11 Hosea Gear, 10 Daniel Kirkpatrick, 9 Alby Mathewson,
8 Rodney So'oialo [c], 7 Scott Waldrom, 6 Faifili Levave, 5 Jason Eaton, 4 Bryn Evans,
3 Neemia Tialata, 2 Dane Coles, 1 John Schwalger.
Reserves:
16 Ged Robinson 17 Jacob Ellison 18 Jeremy Thrush/Api Naikatini 19 Karl Lowe
20 Willie Rupia 21 Jason Kawau 22 David Smith.

WARATAHS:
15 Sam Norton-Knight, 14 Lachie Turner, 13 Rob Horne, 12 Timana Tahu,
11 Lote Tuqiri, 10 Kurtley Beale, 9 Luke Burgess,
8 Scott Fava, 7 Phil Waugh [c], 6 Ben Mowen, 5 Will Caldwell, 4 Dean Mumm,
3 Al Baxter, 2 Tatafu Polota-Nau, 1 Benn Robinson.
Reserves:
16 Adam Freier, 17 Jeremy Tilse, 18 Chris Thomson, 19 Wycliff Palu,
20 Brett Sheehan, 21 Daniel Halangahu, 22 Tom Carter.

関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : ライオンズ チータース チーフス クルセーダーズ ハリケーンズ ワラタス オールブラックス ニュージーランド ラグビー スーパー14

スーパー14 ファイナル プレビュー

いよいよファイナルです!! その前に先週のセミファイナルのレビューを少し?書きます。

まずクルセーダーズvsハリケーンズですが、新人ザックギルフォードの力のあるキックから自分で追いかけて、余裕をぶっこいていたダンカーターもびっくりしていた見事なチャージで先制トライで最高な立ち上がり。
これで試合は面白くなる予感と思っていた直後のキックオフ、ソーイアロの欠場で今季初のNo8に入ったクリスマソエがボールを確保できず・・・おそらくマソエを狙って蹴っただろうと思われますが、トライを取って勢いに乗りたかっただけにかなり痛いミスに見えたのは私だけではないでしょう。

このキックオフが全てと言っても良いくらい、その後クルセーダーズに特に地域、そしてボール支配率でもかなりクルセーダーズが有利に戦う事になった気がします、負けられない試合で折角の先制点を簡単にひっくり返されては・・・ましてや前週ハイランダーズに完敗しているクルセーダーズはモチベーションが高かっただろうし、ケーンズのミスががクルセーダーズを乗せてしまった。

その後もマソエが狙われていたような気もするしNo8はキックに備えて下がる事があるので、昨年代表でNo8を久しぶりにやってあまり良くなかったマソエには荷が重すぎたかもしれません、プレビューでソーイアロの穴は仕事率の多さと書きましたが、キック処理の事を忘れていました。ソーイアロの欠場はキック攻撃がリーグ戦より多くなるプレーオフではかなり痛かった。

マソエだけではなくクルセーダーズのキックに対してケーンズはボールをしっかりキープ出来なかった、それだけクルセーダーズがしっかりとキックチェイスをしてプレッシャーに行っていましたが、逆にケーンズが蹴った時はキックも平凡だったけど、しっかりとプレッシャーに行ってない気がした、格上相手にこれでは勝ち目がないでしょう。

それにプラスしてタックルは全体的に身体をぶつけず手で行ってFWがBKに弾かれる事が何度もありマクドナルドに2トライを取られた他に、小さいウイングのポキにもFW2人が手でタックルに行き弾かれて大きくゲインされてたし、ディフェンスが全然出来ていなかった。

完全に試合をコントロールしたクルセーダーズはノヌーの突進も大一番に抜擢された12番のティムベイトマンを含めFWでも下にタックルに行って確実に止めていたのは凄かった。
ケーンズは最後のほうにコンラッドスミスがブレイクしたりして見せ場を作ったけど後の祭り、最後のジェリーコリンズのコンバージョンは予想通りNZ去りますのサインで週末は騒がした。
しかし途中出場のスティーヴンブレットはキックチャージーをされてトライされるしオールブラックス入りが確実と言われていて、ディフェンスで駄目だしされるしトライもプレゼントするわで選ばれないかも。


第2試合はワラタスvsシャークスでしたが、長期出場停止処分をくらっていたタイオネをいきなり先発で使っていたのにはメンバー発表の時にびっくりしたが、実戦不足を丸出し・・・練習ではプレッシャーが実戦とは違うので上手くやれるように見えたのか、ワラタスの3列にパワーで負けないようにタイオネを抜擢したのか知りませんが、リーグ戦終盤にようやく良い感じになり最後の2試合はかなりの勢いだったのは言うまでも無い。

その勢いのまま同じメンバーでやるのが良いと思うのですが、何故か調子の良かったベテランAJフェンターを先発だけでなくベンチからも外していたのが言葉にならなかったし、確か今年で最後のフェンターのモチベーションはかなり高かったと思うので、前週の試合を見てもそうですがこの試合でもやってくれたかと。タイオネのミスは多かったけど、いきなり使われた彼にも気の毒??だったし、彼のミスに見えながら他の人がミスに関わっていたりもしてたし、やっぱり気の毒だった。

試合はワラタスに勢いがあった(勢いを与えたとも言うのかな?)し、シャークスは得意のはずのラインアウトもアウェーでサインを言う時に邪魔をされてしっかり聞き取れてなかった気がするし、ラインアウトがかなり取られていたのが勝敗にかなり関わっていた気がします。もちろんヴィッカーマンが凄かったのもありますが、あんなに酷いシャークスのラインアウトは初めて見たかも。

シャークスは普段どうりスクラムからNo8カンコウスキーを走らせるべきだっったかと・・・この試合では裏をかいてやったのか知りませんが、おとり役??でハーフへのパスをインターセプトされてトライされてるし慣れない事をやったまでに・・・チーフス戦で見せた超攻撃型のラグビーまでとは言いませんが、攻撃も出来ることを証明したし、なにより最大の強みであるカンコウスキーのスピードを活かさないと勿体無い。

それにしてもワラタスのディフェンスは良いですね~~あとはキャプテンのフィルウォーが熱いです!!大きな声で言えませんが(何度か言ってますね)大ファンなので、活躍すると思わずウォーと言ってしまいます(すいません)。

気付きましたか?しゃれじゃなくて、トゥキリのトライのきっかけにもなった、ラインアウトからシャークスがオーバスローしたのかな、それをフィルウォーが素晴らしい反応でボールを蹴ってチャンスを掴んだシーンでハムストリングを痛めたのを? あの時着地でピッリと痛かったんだと思いますが、妙な跳ね方をしたので多分ハムストリングを怪我したなと解りました(笑)でもその後も出てたので大丈夫かなと心配していたら、後半少し余裕が出てきたときに交代していてやっぱり痛めたなと、それが解った自分にウォーと思いました。(すいません×2)

ワラタスのディフェンスの出足が良いのに、シャークスは結構フラットでボールを貰うシーンがあったように思いましたが、あれではハンドリングエラーが増えてしまうのでは?と思っていました。どちらにしろワラタスが勝っていたかもしれませんが、シャークスがしっかりしたラグビーをしていれば、ワラタスの10番ビールの毎回入らないゴールキックがあるので(この試合は記録的だったとか??)チャンスはあったとかと思われるだけに残念な試合でした。

個人的にミスが少なく点差も少ない良いラグビーが見たいので、このセミファイナルはちょっとがっかりもしたかもしれません、でもクルセーダーズは流石です、思い切りブレットを外したり、そしてしっかりチームを立て直してくるロビーディーンズ氏は流石です。ブルーズのヌシフォラ氏は途中から国へ帰ることばかりで、日本に移籍するキャプテンのフラヴェルと同じくモチベーションを見事に下げてくれましたから・・・

レビューを少し?と書いていて、いつものように沢山書いてしまいました(笑)
やっぱりラグビーが大好きなんでしょうかね? どう思いますか?


さて本題のファイナルのプレビューは本題ですが短めに(笑) まずは両チームのメンバーから。
Crusaders;
15.Leon MacDonald, 14.Kade Poki, 13.Casey Laulala, 12.Tim Bateman,
11.Scott Hamilton, 10.Daniel Carter, 9.Andy Ellis,
8.Mose Tuiali'i, 7.Richie McCaw (captain), 6.Kieran Read, 5.Ali Williams, 4.Brad Thorn,
3.Greg Somerville, 2.Ti'i Paulo, 1.Wyatt Crockett.
Reserves:
Steve Fualau, Ben Franks, Reuben Thorne, Nasi Manu,
Kahn Fotua li'i, Stephen Brett, Sean Maitland.

WARATAHS:
15.Sam Norton-Knight, 14.Lachie Turner, 13.Rob Horne, 12.Tom Carter,
11.Lote Tuqiri, 10.Kurtley Beale, 9.Luke Burgess,
8.Wycliff Palu, 7.Phil Waugh (captain), 6.Rocky Elsom,
5.Dan Vickerman, 4.Dean Mumm,

3.Al Baxter, 2.Tatafu Polota-Nau, 1.Benn Robinson.
Reserves:
Adam Freier, Matt Dunning, Will Caldwell, Beau Robinson,
Brett Sheehan, Matt Carraro, Timana Tahu.

両チームフッカーに怪我人が出てワラタスはAdam Freierが何とか大丈夫なのか先発ではありませんがベンチ入りはしてますね、一方のクルセーダーズの方はトライをするといつもやる、あまり格好良くない「チキンダンス」(ちなみに今日はチキンを丸ごとボイルして特性の手作りタレで美味しく頂きました、料理は得意?です(笑)をするコリーフリンがセミファイナルで毬栗頭のごついウイングにタックル行ったときに腕をへし折られファイナルは欠場となりました。(HG要らん事をして)その代わりにリザーブフッカーのティーパウロが先発しますが、昨年より身体も大きくなりパワーアップして代役を任せても安心できそうです(何気に注目かも)

両チームともに選手から1人ずつの変更です、ワラタスはリザーブに入る予定で今季でウエールズに移籍してしまうディヴィットライアンズが結局駄目になり残念です。もう1人大事な大事なキャプテンのフィルウォーが先週痛めたハムストリングに痛みが出たようで今日の練習は・・・とニュージーランドで騒がしくニュースになってましたが、彼が居ないとかなりきついので心配です。

クルセーダーズは今季で去る大物選手2人と超大物コーチが約一名去るので、チームのモチベーションがファイナルなので高いのは当たり前ですが、それ以上の何かを感じる雰囲気をかもし出しているのが、ディーンズ氏やルーベンソーンのインタビューには長年カンタベリーに関わってきた思い入れを感じずにはいられません。 かなり良い雰囲気だと思います。残念ながらラルフはスタンドで観戦ですが、こればかりは仕方がありません、ラルフお疲れ様でした、日本でも活躍してください。

注目選手やキーになるのでは?と思う選手は太字や色文字で書いてあります。
あえて言うなら、クルセーダーズは、①ワラタスの12番トムカーターがサイズもあってかなり良いので先週同様に対面のティムベイトマンがしっかり対応できるか?
②2番ティパウロのラインアウトのスローイングはどうか?→③ラインアウトがしっかり確保できるか?  ④パワフルな相手が対面だといつもいまいちな印象があるNo8モセトゥイアリイがどうか? 
⑤今季ABs6番に期待がかかるキランリードがこの試合でも良い仕事をするか? 
⑥ラウララがしっかり組織で動いてディフェンスできるか? ⑦リッチーに反則が多くないか?(笑) 

ワラタスで言うなら
①フィルウォーの怪我の具合は?→ブレイクダウンが互角に戦えるか?
②パールーが先週のようなディフェンスが出来るか? & 先週いまいちに見えた攻撃は、いつものようにパワフル全快でいけるか?
③クルセーダーズのラインアウトを奪えるか? ④2番のラインアウトのスローイングはどうか?
⑤スクラムは押されずに組めるか? ⑥10番ビールのディフェンスとゴールキックはどうか?
⑦13番の18歳がラウララをしっかり止めれるか? ⑧キック攻撃で15番がしっかり対応できるか?
⑨9、11番が目立つ事があると面白いかも? & ダニングもかな?
⑩噂されている事で、接戦時にダニングのドロップゴールは入るか?

これくらいでしょうか?両チームともチームを去る人が多くモチベーションの高い試合になりそうで、激しい試合を期待しています。ワラタスのコーチのマッケンジー氏は勝てば一度解雇を言い渡されたのを取り消されるとか??(なんのこっちゃ)、解雇なら来年はディーンズ氏の跡を継ぎクルセーダーズのコーチへの噂がNZでもお隣の豪州でも言われています。

個人的にクルセーダーズは好きではありませんが、ニュースを見ててディーンズ氏がどれほど愛されているかとか、あの地味なルーベンソーンがインタビューで話す姿を見ると(ディーンズ氏のインタビューも)クルセーダーズに勝って欲しいなと思います。
予想は15点差くらいで
Crusaders
が勝ち。

そして月曜日にはディーンズ氏はワラビーズのメンバーを発表だそうですが、何も考えてないそうです(笑)

それでは、明日は良い試合を楽しみましょう。
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : クルセーダーズ ワラタス Rugby ニュージーランド ラグビー AllBlacks NewZealand Super14 スーパー14

プロフィール

ラグオ

Author:ラグオ
ラグビーが大好きでラグビー王国ニュージーランドへ。現地のクラブでプレーしニュージーランドラグビーに虜に。それ以来ラグビーシーズンに合わせて日本とNZを何度も行き来して今ではNZに永住。NZラグビー最高です!だからここに来たしこれからも。
趣味は料理、ベイキング、写真など・・・致命傷の怪我でラグビーがやれなくなってからベイキングを始め今では一番の趣味かも。試食したい方はどうぞ(笑)
近い将来再びグラウンドに立てるまでリハビリがてらブログを書いています。心身共に調子が良くないので時々弱気な発言があるかと思いますが許してください。
ラグビー大好きなら大満足出来るそんなラグビー王国から呟いています。ラグビーについて色々語りましょう。

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリー
ブログランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ
↑ランキングに参加中
↓クリックお願い致します


ラグビー ブログランキングへ
RSSフィード
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

オールブラックス ニュージーランド Rugby ラグビー AllBlacks NewZealand Super14 ラグビーワールドカップ スーパー14 ワラビーズ スプリングボクス ブルーズ クルセーダーズ スーパーラグビー Zealand New NZ チーフス ジュニアオールブラックス Blacks All Springboks カンタベリー オークランド ウエールズ ハカ Air Cup アイルランド イングランド ホックスベイ カナダ ジェリーコリンズ フランス サモア Wallabies AirNZCup ダンカーター スコットランド ウエリントン ダグハウレット タナウマガ ハリケーンズ 日本 ストーマーズ ハイランダーズ セブンス ABs Auckland ワイカト タラナキ トップリーグ ハイネケンカップ ブルズ トンガ Australia イタリア Canterbury トライネーションズ Nations SouthAfrica ワラタス SBW ボクシング マオリ サウスアフリカ マンスター ノヌー モセトゥイアリイ Pacific ANZC ブランビーズ ロビーディーンズ スパーラグビー ベッカム キウイ ルークマカリスター AirNewZealandCup シャークス ラグビーチャンネル マフィン ジュニア イーデンパーク ランフリーシールド Premiership England シオネラウアキ オーストラリア ダニーデン トライ ワールドカップ エアニュージーランドカップ ブリディズローカップ ジョニーウィルキンソン トニーブラウン ラグビートニーブラウン ハミルトン スクラム ジャスティンマーシャル オールブラッククス 日本代表 クリスジャック ネットボール 箕内 クリスジャク リコギア リコ・ギア パシフィックネーションズ apan フィジー シオネラウア キースロビンソン リッチーマコウ アリウイリアムズ 海外ラグビー スパー14 Blues ニックエヴァンス サニックス Wellington グレックサマヴィル NZマオリ ダン・カーター サウスランド Waikato W杯 Scotland Ranfurly PACIFIC Shield Six Tonga Supre14 ウェールズ アルゼンチン ロールケーキ デザート サニービルウイリアムズ コスプレ ホワイトロック ドナルド カフイ チョコレート 癒し チータース ライオンズ フォース レッズ バレンタインデー ケーキ ベイキング Otago NorthHarbour シックスネーションズ ジェイソンイートン Super14 ジェーソンイートン クライストチャーチ クラシックオールブラックス Newzealand ABs ジョナロムー シドニー サッカー 派閥 ルーベンソーン ヤマハ アーロンメイジャー ヘンリー 日本代表J AB JonahLomu Jonah Japan Jrオールブラックス Junior Lomu KapaOPango ISLANDERS Guinness Argentina AllBlacksスーパー14 BLUES Bluse France Fiji 妊娠 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。