スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Springboks vs British & Irish Lions 第一テストプレビュー

先月末から始まったライオンズシリーズですが今回のライオンズも前回のニュージーランド遠征の時とまではいかないにしても強いとは言えない戦いをしている気がします。

初戦のMay Royal XVはスーパー14プレイヤーが居ない所謂セカンドディビジョンのチーム相手に後半の途中までリードされている始末・・・最後には逆転したものの何ともお粗末な試合だった。

2戦目は気合いを入れてか大勝しているがオドリスコールが入ったBK陣は安定感があり初戦とは大違いだった印象、私が思うにこの試合だけが良い試合をした印象であとの試合は内容では圧倒した印象を持っていない。シャークス戦でもっと苦戦するかと思ったけどキープレイヤーが沢山抜けているシャークスなのであれくらいでしょうか。

それより3戦目のチーターズ戦では最後DGが入れば逆転されていただけにかろうじて勝った試合でした、その試合でアピールした6番Heinrich Brüssowがバーガーの怪我で代わりにテストマッチ初戦の6番に入ることになったが、今の調子ならバーガーより調子が良いと思うしバーガーは以前の迫力はもうない気がするので・・・

4戦目のWestern Province(ストーマーズ)戦も終盤に代わりに入ったプロップがスクラムを崩してそのPGで何とかライオンズが逆転して勝った試合でラッキーだと言えると思う。

5戦目のSouthern Kingsはスーパー14プレイヤーが2,3人のチームでしたがライオンズはスクラムだけは優勢でペナルティートライを取っていますが、それ以外はほぼ互角の内容ブレイクダウンは毎試合かなり苦戦していた気がするのでスプリングボクス相手にはかなり厳しいでしょう。
このSouthern KingsにはNEC(今もやっているのでしょうか?)のヤコが10番で出ていましたが、フルーティーにレイトタックル(しかもショルダー)でイエローカードをもらってましたが、経験のない選手の中チームを引っ張っていました、あとブルズのフッカーも出ていたり、現セブンス代表の選手が7番で出場してトライをとるなどブレイクダウンでも活躍していました、もう一人のセブンスの選手も途中からウイングで出ていました。

ライオンズはスクラムは良いですがブレイクダウンは・・・BKはオドリスコールが入っているときは良いですがそれ以外の試合はあまり良くない印象です。その中でもこの初戦のウイングの先発に入った二人がトライを多く取って目立っていましたね、ランニングスキルもなかなかいいですし特にアイルランドのTommy Boweが元気な印象です。

対するボクスはスーパー14終了からセミファイナルに残っていない選手はかなり間があいているのが心配でしょうか、それにこのメンバーで一緒に試合していないのでコンビネーションに不安がある気がします。(スーパー14の決勝らへんにブルズを省いた代表候補がナミビアをやっていますが・・・)

メンバーを見て驚いたのが10番にモネ・ステインではなくてシャークスのピナールを入れてきたことでしょうか、ピナールはスーパー14途中で怪我をしてその後あまりプレイしていないのでどうでしょうか?同様に15番に抜擢されたフランソワ・ステインも久しぶりの15番ですし彼も怪我をしてから2カ月近くプレイしていない気がしますが大丈夫でしょうか?15番にはブルズのカシューナ??が入るかと思いましたが代表にも選ばれていないのがびっくりです。

ボクスが断然有利と思っていますが、ボクスのメンバー選考や上記に書いたようにスパー14後に試合をしていない期間が長かったりするのがどう影響するでしょうか注目です。
それでもボクスがなんとか勝つと思います、ライオンズがこのシリーズでボクスに勝つには初戦しかないと思うのでこれを勝てないとあとは大差がつくと思うし初戦が一番面白くなると思います。

30 May Royal XV 25 - 37 Lions
3 June Xerox Golden Lions 10 - 74 Lions
6 June Cheetahs 24 - 26 Lions
10 June Sharks 3 - 39 Lions
13 June Vodacom Western Province 23 - 26 Lions
16 June Southern Kings 8 - 20 Lions

British & Irish Lions:
15. Lee Byrne (Ospreys/Wales)
14. Tommy Bowe (Ospreys/Ireland)
13. Brian O'Driscoll (Leinster/Ireland)
12. Jamie Roberts (Cardiff Blues/Wales)
11. Ugo Monye (Harlequins/England)
10. Stephen Jones (Scarlets/Wales)
9. Mike Phillips (Ospreys/Wales)
8. Jamie Heaslip (Leinster/Ireland)
7. David Wallace (Munster/Ireland)
6. Tom Croft (Leicester Tigers/England)
5. Paul O'Connell (Munster/Ireland) – Captain
4. Alun-Wyn Jones (Ospreys/Wales)
3. Phil Vickery (London Wasps/England)
2. Lee Mears (Bath/England)
1. Gethin Jenkins (Cardiff Blues/Wales)
Replacements:
16. Matthew Rees (Scarlets/Wales)
17. Adam Jones (Ospreys/Wales)
18. Donncha O'Callaghan (Munster/Ireland)
19. Martyn Williams (Cardiff Blues/Wales)
20. Harry Ellis (Leicester Tigers/England)
21. Ronan O'Gara (Munster/Ireland)
22. Rob Kearney (Leinster/Ireland)

South Africa SPRINGBOKS:
15. Frans Steyn (27)
14. JP Pietersen (24)
13. Adi Jacobs (21)
12. Jean de Villiers (46)
11. Bryan Habana (46)
10. Ruan Pienaar (27)
9. Fourie du Preez (43)
8. Pierre Spies (19)
7. Juan Smith (54)
6. Heinrich Brüssow (1)
5. Victor Matfield (80)
4. Bakkies Botha (55)
3. John Smit (81) – captain
2. Bismarck du Plessis (21)
1. Tendai Mtawarira (10)
Replacements:
16. Gurthrö Steenkamp (20)
17. Deon Carstens (7)
18. Andries Bekker (13)
19. Danie Rossouw (36)
20. Ricky Januarie (34)
21. Jaque Fourie (42)
22. Morné Steyn (uncapped)
それより今夜のオールブラックスが心配です、FWがしっかりしないとドナルドにかなりプレッシャーがかかるので・・・
そのドナルドも今夜はしっかりとキッキングゲームをしないと今後チャンスをもらえないかもしれないし、フィットしていないルークを使わないといけなくなります。
ドナルド今夜は力を見せれるか? 





スポンサーサイト

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

ライバルチーム情報

ニュージーランドに居るのにライバルスプリングボクスの話題です。

このブログでも何度か名前に挙がった事のある先月のヨーロッパ遠征
初戦のアイルランド戦で11番を着けてデビューし一気にレギュラーを
獲得したまだ19歳のFrancois Steynの紹介です。

デビュー戦のアイルランド戦ではインパクトのあるプレーを見せ
スピードがあり思い切りの良い選手だなって印象を受けました。
デビューでいきなりトライもしましたしHabanaのトライを生んだ
彼のカウンターアタック等はインパクトがありました。
来年は10番かフルバックかどちらで使われるでしょう。
ライバルチームの気になる注目選手ですので記事にしました。
Fran
(Quote from the official home of Rugby in South Africa)

詳しいプロフィールです。

Nick Name  Frans
Surname  Steyn
Height  191cm  (こんなに大きいとは思いませんでした)
Weight  100kg
Birth Date 14 May 1987
Birth City  Aliwal North
Marital Status  Single ←女性の方チャンスですよ(笑)
Favourite  Film Remember The Titans
Favourite  Music James Blunt
Favourite  Food Braaivleis
Primary School  Truida Kestell, Betlehem
Secondary School  Grey College


Springbok  Career
Debut Ireland  2006
Caps  3
Tries  1
Conversions 0
Penalties 0
Drop Goals 1
Test Points 8


Squads:
2006
The Sharks (ABSA Currie Cup Premier Division)
South Africa (IRB Under 19 World Championship)
South Africa (Vodacom Outgoing Tours)
Springbok XV (Vodacom Outgoing Tours)
2005
Free State (SA Under 19)
Free State (ABSA Under 21 Competition)
South Africa (IRB U19 World Championships)
2004
Free State (U18 Coca-Cola Craven Week)


続いては嬉しいニュースを2つ紹介です。
今年の6月のスコットランド戦で頚椎の怪我をし
選手生命も危ぶまれたSchalk Burgerの手術が
成功したとの記事は以前にも書きましたがその後の経過も良く
順調に回復して来年のスーパー14に間に合うとの事で
自分も彼と全く同じ手術をしているし凄く嬉しいニュースです。

2004年にはIRB player of the yearにも選ばれた選手で25キャップ
激しいプレーは見ていてワクワクするので彼のプレーが早くみたいです。



最後に一番びっくりしたニュースです。
スプリングボクスのキャプテンのBobby Skinstad(30)が
来年のスーパー14でシャークスと契約してラグビー界に復帰です。
35キャップで主にNo8で活躍、気持ちを前面に出してプレーする姿が
とても印象的で試合前の国歌斉唱でも彼がキャプテンのときは
多くの選手が泣きながら歌っているところが見て感動した記憶があります。
Bob
(Quote From Sharks Rugby
(クリックすると画像が大きくなります)

1997~2003年までスプリングボクスで活躍していましたが
1999年は来るまで事故を起こし膝の大怪我、2003年は腕を骨折と言う
アクシデントにあいワールドカップはまだ1度も出たことがない選手です。

スーパー14で優勝もしていないしワールドカップにも出場していないので
その夢を叶える為に復帰したようでその夢を叶えて欲しいです。

サウスアフリカの選手ですが大好きな選手の1人が引退後から今まで
就いていた仕事を辞めて復帰してくれたのは嬉しいニュースでした。

来年のスプリングボクスは復帰組みに19歳のFrancois Steynと
かなり強くなりそうでワールドカップも楽しみですね。

オールブラックスは益々気の緩みは許されません
来年は競い合ったレベルの高いラグビーが見れそうで今から楽しみです。

次回はオールブラックスの記事を書かないとオールブラックスファンを
剥奪されそうなのでABネタで書きたいと思います(笑)
にほんブログ村 その他スポーツブログへ

テーマ : ラグビー
ジャンル : スポーツ

Keyword : Rugby ラグビー NewZealand ニュージーランド AllBlacks オールブラックス スプリングボクス Springboks

World XV vs South Africa

南ア代表の海外遠征100周年を記念して
世界選抜ースプリングボクスの試合が行われました。

一言で言えばボクス強かったと言う印象が強いです。
おそらく若手を中心としたメンバー構成だと思うのですが
その若手が思い切りのいいプレーをして
世界選抜を寄せ付けませんでした。

今回の遠征で活躍したニューキャップのFrancois Steyn
この試合はウイングでもフルバックでもなく10番で出場していました。
彼はキックにランニングにパスに上手くBKを引っ張っていましたし
来年のワールドカップのBKの核になる選手でしょう。

その他ハーフバックの選手もスピードがあり目立ちました
No8もパワフルでプロップ陣は走力があるなって印象でした。


注目の箕内ですが後半10分くらいに出血した選手が居たので
そこで8分ほど6番でプレーしましたがかなり緊張した感じに
見えたのは気のせいではないと思います。
その後は残り7分のところで出場してトータル15分のプレーでした。


ジャッカルでは良い所を見せていたように見えましたが
最後のスクラムからボクスのNo8にブラインドサイドをつかれ
そのままトライされたところは箕内がタックルに行って
止めるのが仕事のはずですがブレイクが遅くれて
トライを取られてしまいました。

ボールを持ったプレーとディフェンスが見たかったのですが
ジャッカルに入る事に意識をしすぎた感じに思えました。
ディフェンスは最後のを止めていれば最高でしたが
初めて選ばれたし固くなって居たのでしょう

ボクスは若手で良い選手が見つかり来年が楽しみなチームです。

World XV 7
Drew Mitchell try; Clinton Schiscofske con.

South Africa 32
Wikus Van Heerden, Albert Van Den Berg 2, Danie Rossouw tries;
Francois Steyn 3 con, pen; Ruan Pienaar pen.

HT: 0-10


World XV:
Perry,Schiscofske,Cross,Farrell,Mitchell,Castaignede,Marshall,
Dallaglio (capt),O'Connor, Owen, Campbell, Visagie,
Shaw,Ongaro, Hewett
Replacements:
Basualdo, Henderson, Miuchi, Croft, Cooper, Cora, Delport


Springboks XV:
Fortuin,Pretorius,Olivier,Barry, Pietersen,Steyn,Pienaar,
Rossouw
, Britz, van Heerden, an den Berg, Ackermann,
van der Linde,Ralepelle (capt),Carstens.
Replacements:
Botha, Sephaka, Boome, Lobberts, Januarie, Bosman, Nokwe.

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

テーマ : ラグビー
ジャンル : スポーツ

Keyword : Rugby ラグビー ニュージーランド NewZealand 箕内 SouthAfrica Springboks

プロフィール

ラグオ

Author:ラグオ
ラグビーが大好きでラグビー王国ニュージーランドへ。現地のクラブでプレーしニュージーランドラグビーに虜に。それ以来ラグビーシーズンに合わせて日本とNZを何度も行き来して今ではNZに永住。NZラグビー最高です!だからここに来たしこれからも。
趣味は料理、ベイキング、写真など・・・致命傷の怪我でラグビーがやれなくなってからベイキングを始め今では一番の趣味かも。試食したい方はどうぞ(笑)
近い将来再びグラウンドに立てるまでリハビリがてらブログを書いています。心身共に調子が良くないので時々弱気な発言があるかと思いますが許してください。
ラグビー大好きなら大満足出来るそんなラグビー王国から呟いています。ラグビーについて色々語りましょう。

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリー
ブログランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ
↑ランキングに参加中
↓クリックお願い致します


ラグビー ブログランキングへ
RSSフィード
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

オールブラックス ニュージーランド Rugby ラグビー AllBlacks NewZealand Super14 ラグビーワールドカップ スーパー14 ワラビーズ スプリングボクス ブルーズ クルセーダーズ スーパーラグビー Zealand New NZ チーフス ジュニアオールブラックス Blacks All Springboks カンタベリー オークランド ウエールズ ハカ Air Cup アイルランド イングランド ホックスベイ カナダ ジェリーコリンズ フランス サモア Wallabies AirNZCup ダンカーター スコットランド ウエリントン ダグハウレット タナウマガ ハリケーンズ 日本 ストーマーズ ハイランダーズ セブンス ABs Auckland ワイカト タラナキ トップリーグ ハイネケンカップ ブルズ トンガ Australia イタリア Canterbury トライネーションズ Nations SouthAfrica ワラタス SBW ボクシング マオリ サウスアフリカ マンスター ノヌー モセトゥイアリイ Pacific ANZC ブランビーズ ロビーディーンズ スパーラグビー ベッカム キウイ ルークマカリスター AirNewZealandCup シャークス ラグビーチャンネル マフィン ジュニア イーデンパーク ランフリーシールド Premiership England シオネラウアキ オーストラリア ダニーデン トライ ワールドカップ エアニュージーランドカップ ブリディズローカップ ジョニーウィルキンソン トニーブラウン ラグビートニーブラウン ハミルトン スクラム ジャスティンマーシャル オールブラッククス 日本代表 クリスジャック ネットボール 箕内 クリスジャク リコギア リコ・ギア パシフィックネーションズ apan フィジー シオネラウア キースロビンソン リッチーマコウ アリウイリアムズ 海外ラグビー スパー14 Blues ニックエヴァンス サニックス Wellington グレックサマヴィル NZマオリ ダン・カーター サウスランド Waikato W杯 Scotland Ranfurly PACIFIC Shield Six Tonga Supre14 ウェールズ アルゼンチン ロールケーキ デザート サニービルウイリアムズ コスプレ ホワイトロック ドナルド カフイ チョコレート 癒し チータース ライオンズ フォース レッズ バレンタインデー ケーキ ベイキング Otago NorthHarbour シックスネーションズ ジェイソンイートン Super14 ジェーソンイートン クライストチャーチ クラシックオールブラックス Newzealand ABs ジョナロムー シドニー サッカー 派閥 ルーベンソーン ヤマハ アーロンメイジャー ヘンリー 日本代表J AB JonahLomu Jonah Japan Jrオールブラックス Junior Lomu KapaOPango ISLANDERS Guinness Argentina AllBlacksスーパー14 BLUES Bluse France Fiji 妊娠 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。