スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパー14 ブルズvsブルーズ レビュー

試合開始から激しい攻防で非常に見ごたえがありました。
前半の最初の方はブルーズのプレッシャーも良かったのもあり
ホームのブルズは細かいミスやペナルティーが多かった気がします。
そのペナルティーからイサが3つのPGを決めて9-0
しかしブルズも2PGを返して9-6としがみついてきます。

時間が経つにつれて一つ一つのプレイに激しさが
凄まじくなっていき見ていてワクワクしていましたし
この試合のブルズは過去2試合と違うなって思わせてくれました。


しかしそれは長くは続かなかったようです・・・
確かジョージピシの持ち込んだボールがタンオーバーされて
一気にゴール前までもって行かれゴール前のラックから
サイドをつかれて真ん中にトライされキックも決まり13-9

その後ブルーズもタンオーバーからスキルの高い繋ぎで
チャンスを掴み決定的な場面でトエアヴァがノッコン!
まるで昨年のトライネーションズのトエアヴァ見たいです。


何だか嫌な流れだなって思っていると
トゥイトゥポーは強いから自分で行けば良いのに
不用意なパスをしてインターセプトされそうになるは
見ていてハラハラする事が多くなり始めました。

前半終了のサイレンがなり後ワンプレーでブルーズのスクラム
そのスクラムでフッキングミス?からかボールが出てきて
ブルズのハーフ(デゥプレア)にボールを拾われ一気にゴール前に
ディフェンスを上手くかわしてサポートプレイヤーに
しっかり繋いで前半終了間際に痛いトライを奪われ20-9で前半終了


取られた2つのトライの二つともボールを取られてからのもので
与えなくてもいいトライを取られた感じですね。


後半に入りイサのPGで20-12としますが
フラヴェルの反則でPGを決められて23-12と離されます。
しかもその後はまたもやサインプレーからノッコンをして
これまたデゥプレアにボールを拾われて50Mの独走トライ
30-12となりこの時点で試合は決まったようなものでした。


その後はブルズ陣深くまで攻めるブルーズですが
またもやタンオーバーでボールを取られて自陣から一気に
カウンターアタックをくらい、ヤコが横に走っているだけなのに
誰も捕まえられず一番渡したくないハバナにボールが渡り
凄いスピードディフェンスをかわして独走トライか?
辛うじてダグが追いついて倒しますがハバナは落ち着いて
サポート選手にオフロードパスをしてボーナスポイントになる
4トライ目をブルズにプレゼントしました。


最後は何とかフラヴェルがトライをしましたが時遅しで
最終スコアーは何と40-12と情けない負け試合でした。

ブルズのディフェンス力が凄く最後まで切れませんでした。
キック攻撃も上手く利用していたし今一番強いチームかも。

一方のブルーズは前半の途中まではかなり良かったと思いますが
ブルズの上手いキック攻撃に経験が浅くキックの得意でない
FBジョージピシでは対応が出来ませんでした。
ブルーズも上手いキック攻撃をしたくてもイサ、トゥイトゥポーの
キック攻撃が得意でない選手では地域も取れませんし
経験の差も出ていたゲームだったかも知れませんね。


一番の敗因はブルーズが持ち込んだボールのラックで何度も
ノッコンをしたりしてチャンスを潰すばかりか
取られたトライの全てがミス+タンオーバーされたもので
ミスからトライを奪われるという先週と同じ事を繰り返してます。
シンプルで行けば良いのにまたもや変なサインプレイをしようとして
ミスしてはボールを取られ前回の反省を全然活かしていません。


それに一番騒がれている選手のセレクトの件でも
大事な試合で経験の浅い選手を使ったりしているし
アリ等のオールブラックスの選手の使い方も問題ありですね。
ヌシフォラはブランビーズ時代の最後の年に優勝したのに
退任させられているくらいで選手とも色々問題があったとか?

ブルーズでもまた同じような感じで雰囲気が悪そうで
特にアリがこの試合でも試合が決まってからの出場だし
「俺はフラヴェルより下か?」て感じでかなり怒っているのでは?


コーチと選手の間だけでなく選手同士もなんだか・・・
アリが試合に出れないのはフラヴェルがロックに居るからか
試合中にモールでアリがフラヴェルを後ろから強く押して
邪魔扱いのような酷い?押し方に見えたのは気のせいでしょうか?

アリとフラヴェルの仲も何だか悪そうな気がしますが・・・

しかしブルズの9番デゥプレアは良い選手ですね
間違いないと言っても良いほど今一番上手いハーフですね。
ケラハーでは太刀打ちできません。

Bulls 40
Wickus van Heerden,Pedrie Wannenburg,Fourie du Preez,Heini Adams tries;
Derick Hougaard 4 con, 3 pen, dg.

Blues 19
Troy Flavell try; Isa Nacewa con, 4 pen.

HT: 20-9

ブルーズの最終戦は調子が再び上がってきたフォースとで
セミファイナル危うしじゃないでしょうか?


にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中
スポンサーサイト
関連記事

Keyword : オールブラックス

スーパー14 ワラタスvsチーフス レビュー

これまた最後まで解らない試合でした。
2週連続ワイカトスタジアムまで観戦に行ったくらい
チーフスのファンになっているのでこの試合も熱が入りました。

試合開始直ぐにキレが戻ってきたシヴィヴァトゥのトライで
チーフスが先制して良い立ち上がりでのスタート。

しかしワラタス10番のパスダミーが見事に決まりトライを返されます。
チーフスのメッサムが次のディフェンスを早く見すぎかな・・・

前半15分くらいまでは、チーフスペースでしたが
それ以降はワラタスのペースにもっていかれた感じで
ブレイクダウンではチーフスの持ち込んだボールに直ぐに絡んで
球出しを遅らせていましたし、ワラタスのしつこさが目立ちました。

それどころかワラタスはタンオーバーも何度かして
そこからスピードのある選手によるカウンターアタックなど
鋭い攻撃も見せて冷や冷やさせられました。

結局前半は仲良く13-13でしたがチーフスはミスタックル15と多く
ラインアウトのスローイングも安定せずで思ったより苦戦しました。

シオネ・ラウアキの突進がワラタスの低いタックルに完全に
封じ込められ攻撃のリズムを作れませんでした。


後半に入ってもワラタスのしつこいディフェンスに苦しめられ
それどころかミスからボールを奪われてスピードのある
ターナーのカウンターアタックをマーティーホラーが
一度捕まえておきながらタックルを外されてしまい
最後はパスダミーで抜かれ50M以上走られてトライを取られ
コンバージョンも入り20-16と逆転されます。

しかしチーフスは直ぐにチャンスを掴み
攻守にわたり大活躍をしたメッサムが持ち前のスピードを見せ付けて
右隅に見事なトライを見せてくれ21-20と再逆転!!


物凄い試合だったので順番がどうだか忘れてしまいましたが
ワラタスのカウンターアタックで怪物トゥキリが一気に
チーフスゴール前に迫りますが同じくフィジアンのマサンガが
追いついて後ろからタックルをしますがボールは生きていて
そこでワラタス6番エルムソンがパスミスをしてくれて
決定的なトライの大チャンスを逃しました。

このエルムソンは、一試合を通じてチャンスでのミスは数え切れず・・・。

終盤にワラタスにPGを決められ逆転されますが
その後にチーフスは猛烈に攻めてトライチャンスの場面が・・・
何とそこで天候の悪さからか(少し雨が降っていたくらいですが)
スカイの映像が写らなくなると言うアクシデント!!
何でこんな時に~~~~~!!!!
(流石ニュージーランドって感じですが・・・)

慌ててラジオをつけたら「トライ!!」と言っているぞ!
自分は「よっしゃ~~!!」と叫んでいたら
ラジオからは、ダミーハーフがどうとか・・・

ダミーハーフ?? え!これってもしかしてリーグラグビー?
良く聞いているとやっぱりリーグの放送だ
おい違うじゃんかと残念に思っていたら、スカイが写って
タネ・トゥイプロトゥがタッチダウンした場面のリプレイで写っており
やっぱり「よっしゃ~~」と改めて喜びました。
これで26-23と逆転でコンバージョンを決めて5点差にしたいね~
それをドナルドがきっちり決めてくれて28-23

残り3分で劇的な逆転でもう時間もないし勝ちかなって思っていたら
ワラタスのキックオフでチーフスがキープ出来ず
何と空中戦に強い怪物トゥキリが見事キャッチしてボールをキープ!
おいおい、なにもこんなにチーフス戦だけ頑張らなくてもトゥキリ君

そこからワラタスは展開して途中出場のフッカーが猛烈な突進
それを一押しブレンダンがタックルに入りボールを落とします。
ノッコンをした本人も悔しがっていたしこれで終わりだっと思ったら
タッチジャッジのアピールでハイタックルとなりペナルティー

タッチに蹴り出しチーフスゴール前のラインアウトで大ピンチ
もう残り時間は殆どないしトライ取られたら終わり
まじでドキドキしながら見ているとノットストレートをしてくれた!

チーフスボールのスクラムになりホッとしますが、まだ解らない。
あとはサイレンがなるまで時間稼ぎだと思っていたら
そのとうりにやってくれてサイレンがなったところで
ボールを出してドナルドがタッチに走りこみ笛がなり試合終了!

両チームの選手も攻守入り乱れてかなりしんどい試合だったでしょう
見ていた自分もハラハラドキドキしてかなり体力消耗しました(笑


でも勝ってくれたので本当に良かった。
特に目立ったのは6番メッサムで物凄い運動量で
ディフェンスでも激しいタックルをするし
攻撃でも自らのトライは快速ターナーとのスピード勝負で勝ってだし
最後のトゥイプロトゥのトライでも良いパスをしてたし
この先もっと経験を積めば物凄い選手になりそうな予感です。

(今でもかなり良い選手なのは言うまでもありませんが)

後は最後にトライした途中出場のトゥイプロトゥも
ハリケーンズ時代も地味ですが堅実な渋いプレイをしていましたが
この日も堅実ねプレーで勝利に貢献していました。

ワラタスの印象は、とにかくひた向きなディフェンスで
シオネラウアキには1人は下に入り二人目は上にいき
前にも行かせずオフロードパスもさせずでおまけに
タンオーバーを2つくらい彼から取ってました。

あとは見た目は動きが鈍そうなフッカーのフライヤーは
何気に良い仕事をする選手だなって思いました。

ディフェンスでもしつこいし最後の方はフラフラでしたね。
前半のライン際でトゥキリにパスする時のターンする動き等
器用な面も見せていましたし面白い選手ですね。

試合内容ではワラタス、試合ではチーフスが勝ちと言う所でしょうか。
途中書きましたがエルムソンの多々なるミスのおかげで
チーフスが勝てたのかもと思ったりもします。


しかしワラタスのカウンターアタックは恐ろしさを感じました
いや、ただチーフスのミスタックルが多かっただけかもしれません(笑)
Waratahs 23
Sam Norton-Knight, Lachlan Turner tries;
Peter Hewat 3 pen, 2 con.
Chiefs 28
Sitiveni Sivivatu, Liam Messam Tane Tu'ipulotu tries;
Stephen Donald 3 pen, 2 con.
Ht: 13-13.
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中
関連記事

スーパー14 ハリケーンズvsハイランダーズ レビュー

最後まで解らない試合でした。
いきなりタナ・ウマガがプロフェッショナルファールで
イエローカードを貰ってシンビンになりましたが
絶妙なオフロードなど流石と思わせるプレイ等を見せてくれ、
まだまだこのレベルでやれる事を証明していました
来年のスーパー14でタナのプレイが見れなくなるのは残念です。

そのタナとセンターコンビを組んだのが先日も書きましたが
センスは良いものをもっっているタマティエリソン
彼も良い動きを見せてくれていたしシーズンを通して
もっと使うべきだったかなと思いました。

途中出場のデイヴィッド・スミスは相変わらず弾けてましたね!

あと忘れていけないのが、ジミー・ゴッパーズの復活
個人技でトライを取る場面もありましたし
いつもの元気なゴッパーズが見れて良かったです。

心配なのは、膝を痛めて途中退場したイートンですが
瞬間を見ていて酷く捻ったのが解りかなり痛かったでしょうね。
これでワールドカップは無理のようですし
自分も膝の靱帯を切った事あるし最低6ヶ月は無理でしょう。
本人はかなりショックでしょうがまだ若いですし
怪我を治して、また来年から元気な姿を見せて欲しいです。

ハイランダーズは、ニック・エヴァンスのランニングスキルの
高さが相変わらず良くトライも取っていましたし
WCのカーターの控え選手はエヴァンスで決まりでしょう。
そのエヴァンスの活躍が目立ち終了間際に一点差に迫る
トライをハイランダーズが決めコンバージョンが入れば逆転の場面で
エヴァンスはキックを外しケーンズが辛うじて勝利しました。
今期エヴァンスのゴールキックはあまり良くなかった気がします。

と言うことで自分の予想はドローとしていましたが
僅かに外れですが我ながら良い読みをしているなと思いました(笑)

Hurricanes 22
Jimmy Gopperth, Hosea Gear tries;
Piri Weepu 4 pen.

Highlanders 21
Nick Evans,Toby Morlandtries;
Evans con, 3 pen.

HT: 17-13.
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中
関連記事

スーパー14 Round13 プレビュー

Apr 27 Hurricanes - Highlanders Wellington 7:35 PM
ケーンズは、久しぶりにタナ・ウマガが先発ですね!
マーア・ノヌーは、先週2度の危険なタックルでシンビンになり
その後タッチジャッチに文句を言ったりと態度が悪いと言う事もあり
今回は大人しくしろと言うことでベンチで待機です。

その代わりにラグビーセンスは良いものを持っていながら
あまりで番がもらえていないタマティ・エリソンが入り
タナとのコンビも面白そうです。

久々先発のゴッパーズが10番に入りウィプーは本職へ戻ります。

気になるジェリーは、やはり今回は安静ですね
彼は、大事な選手ですし無理はして欲しくありません。
ジェリーの代わりにロックのイートンが入り
ロックには、チーフスから移籍してきたアップトンが入ります。

予想は、結構難しいですね~
今回は、ケーンズのBKがやりそうな気がするのですが
タナも居て上手く引っ張るだろうし、エリソンも良い選手ですし
駄目だしされてウィプーにポジションを奪われたゴッパーズも
この試合ではやってくれると思いますが
対面がエヴァンスですからこの対決も何気に楽しみです。

ハイランダーズは、スクラムでプレッシャーをかけまくり
球出しを狂わせたいところでしょうか。
先週の途中までは凄い良かったので最後まで気を抜かずに
今回はやってくれれば勝ち目もあり
予想は難しいのでドロー(笑)
Hurricanes
15.Cory Jane,14.Hosea Gear,13.Tana Umaga,12.Tamati Ellison,
11. Shannon Paku, 10. Jimmy Gopperth, 9. Piri Weepu,
8. Rodney So'oialo (capt), 7. Chris Masoe, 6. Jason Eaton,
5. Bernie Upton, 4. Paul Tito,
3. Neemia Tialata, 2. Andrew Hore, 1. John Schwalger.
Res:16.Tone Kopelani,17.Anthony Perenise,18.Bradley Mika,19.Serge Lilo,
20. Alby Mathewson, 21. David Smith, 22. Ma'a Nonu.
Highlanders
15.James Wilson,14.Lucky Mulipola,13.Jason Kawau,12.Charlie Hore,
11. Viliame Waqaseduadua, 10. Nick Evans, 9. Jimmy Cowan,
8. Craig Newby, 7. Alando Soakai, 6. Josh Blackie (capt),
5. Tom Donnelly, 4. Filipo Levi,
3. Carl Hayman, 2. Anton Oliver, 1. Clarke Dermody.
Res:16.Jason Macdonald,17.Chris King,18.Hoani Macdonald,19.Ezra Taylor,
20. Toby Morland, 21. Callum Bruce, 22. Matthew Saunders.
青文字のハイランダーズの選手はシーズン後移籍する予定の選手で
今年に続いて来年もかなり主力が居なくなりもっと厳しくなりそう。


Apr 27 Waratahs - Chiefs Sydney 9:40 PM
先週も強敵シャークスに勝ちセミファイナルに近づいたチーフス
今週は、下位チームのワラタスですが少しずつ調子を上げているので
油断すると特に後半に追い上げてくるので要注意!

そのワラタスは、前回のレビューでパールの事を書きましたが
そのパールがNo8で先発で自分にとっては嫌ですね。
おそらくチーフスのパワフルNo8シオネ・ラウアキに対抗する為に
パールを入れてきたのでしょうが前のNo8とどっちが強いのかな?
これでウォーさんが復帰していたらかなり怖かったですが
今週はベンチにも入っていないので一安心(笑)

mils
(写真はシャークス戦の試合後)
何とチーフスには、足を骨折していたオールブラックの
ミルス・ムリアイナが最近走り始めたばかりと聞いたはずなのに
いきなりFBで先発でびっくりですが大きな戦力ですね。
これでセンターにカフイが復帰したら凄いけど来週くらい復帰かな。

ムリアイナが復帰して誰を外すか迷うところですが
コーチは、今期8トライをしているマサンガを外してまでも
ディフェンスに課題があるキニキニラウを14番で使い続けます。

確かにキニキニラウは強いしスピードもあるし攻撃では相手にとって
凄い嫌な選手かもしれませんがキックも取れないディフェンスで
飛び出しすぎるしその辺がとても怖いなって思いますが
怪物トゥキリとの対決も面白いかも。

元オールブラックのフッカーで今年調子が良いトム・ウィリスが
シャークス戦で怪我をしたようで先発は、プロップもやれる
大仁田厚に似ているデマルマンシュが入り大役を任せられます。
(まじで似ているので要チェック)

FWは経験のある選手が多く2列、3列はかなりい良いので
ワラタスを圧倒するでしょう、ラウアキが爆発ですね。
そこで一押しのハーフ、ブレンダンも自由に動く事ができて
ますます彼のスピードが活きる事でしょう。

こうなればチーフスの圧勝だと思いますが
フォース、シャークス戦で勝っているものの失点の多さが心配!
先ほど言ったキニキニラウもそうですが攻撃で活躍している
ブルーズ時代は好きではなかったラヴェアのディフェンス
そこを今回もつかれると思うので・・・
心配したらきりがないので点を取られてもそれより点を取れば勝てる
今までのチーフスの戦い方で行くしかないですね。

予想は、今ではブルーズより注目チーフスが15点差以上で
ボーナスポイントも取り勝ち

WARATAHS
15 Peter Hewat,14 Lachlan Turner,13 Ben Jacobs,12 Sam Harris,
11 Lote Tuqiri, 10 Sam Norton-Knight, 9 Josh Holmes;
8 Wycliff Palu, 7 Beau Robinson, 6 Rocky Elsom,
5 Will Caldwell, 4 Dean Mumm,
3 Alastair Baxter, 2 Adam Freier (c), 1 Matt Dunning.
Res:16 Tatafu Polota-Nau,17 Benn Robinson,18 Tim Davidson,
19 David Lyons,20 Daniel Halangahu,21 Kurtley Beale,22 Chris Siale.
CHIEFS
15 Mils Muliaina,14 Roy Kinikinilau,13 Dwayne Sweeney,12 Tasesa Lavea,
11 Sitiveni Sivivatu, 10 Stephen Donald, 9 Brendon Leonard;
8 Sione Lauaki, 7 Marty Holah, 6 Liam Messam,
5 Keith Robinson, 4 Jono Gibbes (c),
3 Nathan White, 2 Aled de Malmanche, 1 Simms Davison.
Res:16,17,Craig West/Tom Willis/Ben Castle,18 Kristian Ormsby,
19 Steven Bates,20 David Bason,21 Tane Tu'ipulotu,22Lelia Masaga.

Apr 27 Force - Cheetahs Perth 11:10 PM
先週レッズに負けているチーターズですから
まだセミファイナルの可能性があるフォースの気持ちが
そのまま試合の結果に現れると思いますが
チーターズのFWは、ブレイクダウンで激しいですし
FWでやられるとフォースも苦戦するでしょう。
予想は、10点差以上でフォース

Apr 28 Bulls - Blues Pretoria 5:05 AM
大一番ですね~ 2連敗のブルーズに絶好調のブルズ
サウスアフリカので試合ですし勢いから行くとブルズですね。

何とブルーズのメンバーですが、またオールブラックスを外してます。
アリ・ウイリアムズをベンチでグレッグ・ローリンソンを先発に戻し
ジョー・ロコはベンチにも入れてもらえずです。

確かコーチは、ベストメンバーでとか言っていたような??
聞き間違いならいいですが、ベストメンバーに入っていない
アリ、ベンチにも入っていないジョー・ロコは・・・
おそらくアリはかなり怒っているでしょうね。
(なかなか先発で使ってくれなかった時もかなり怒ってたし)
でもローリンソンもかなり良いですから仕方がないとも言えるかも。
だからアリは、ロックではフラベルより良いのにって
思ってるはずだし気が強い同士で火花が飛び散ってそう。

ブルーズは、相手の化物ロックにマイボールラインアウトを
取られない事が勝つ条件でしょうからメアラムのスローイングが
鍵になるのでこれまた心配ですね。

BKは先週の反省を活かして細かい事はやらずにいって欲しい
3列は今年のブルーズはかなり良いので彼らに仕事させれば事
先週は、彼らに仕事をさせる前にミスしてトライを取られていた。

かなり厳しい試合になるのは間違いないでしょう。
ブルーズの奮闘に期待したけどムードが良くないので
書きたくないけどかなり接戦で5点差以内でブルズ
(帰って来たダグが爆発してくれればブルーズとか書いてみた)
BULLS
15 Johan Roets,14 Akona Ndungane,13 JP Nel,12 Wynand Olivier,
11 Bryan Habana,10 Derick Hougaard, 9 Fourie du Preez;
8 Pierre Spies, 7 Wickus van Heerden, 6 Pedrie Wannenburg,
5 Victor Matfield (c),4 Bakkies Botha,
3 Rayno Gerber, 2 Gary Botha, 1 Gurthro Steenkamp.
Res:16 Jaco Engels,17 Danie Thiart,18 Danie Rossouw,19 Derick Kuun,
20 Heinie Adams, 21 Morne Steyn, 22 Jaco van der Westhuyzen.
BLUES
15 George Pisi,14 Doug Howlett,13 Isaia Toeava,12 Sam Tuitupou,
11 Rudi Wulf,10 Isa Nacewa,9 Steve Devine;
8 Jerome Kaino, 7 Daniel Braid, 6 Angus Macdonald,
5 Troy Flavell (c), 4 Greg Rawlinson,
3 John Afoa, 2 Keven Mealamu, 1 Tony Woodcock.
Res:16 Derren Witcombe,17 Nick White,18 Ali Williams,
19 Justin Collins,20 Taniela Moa,21David Holwell,22 Anthony Tuitavake

Apr 28 Brumbies - Crusaders Canberra 9:40 PM
ブルーズの試合に続いてこれも凄い試合ですね~
かなり面白くなるのは言うまでもありませんが書きました。

クルセーダーズは、余裕があるのかリコ・ギアはベンチ
ウイングの選手をハーフの二人のようにローテーションで
使っているのでしょうか? 
それでも上手くやっているところがブルーズとは違って
安定して強いんでしょうね、憎たらしいほどです。


クルセーダーズが有利でしょうが、ある人が怪我から復帰で
ブランビーズにも勝ち目があるのでは?と思わせる
キャプテン、モートロックの復帰はかなり大きいです!

対面は、今期好調のラウララですがモートロックが
一枚も二枚も上手ですからラウララに注目ですね。

後は、No8のトゥイアリイのスピードと強さもある
サイド攻撃が目立つようだとクルセーダーズペースですね。
自分としては、ブランビーズの6番タワケの突進をクルセーダーズが
きっちり止めれるかに興味がありますね。
先週はあまり目立たなかったタワケなので今回は是非。

色々見所いっぱいの試合で今からワクワクします。
一番の見所は10番対決でしょうね
ダン・カーターが全盛期のような動きになっている
ラーカムと対戦するのは初めてでしょうし(前回のWCは12番)
この試合はレベルの高い試合ですね。

アンチクルセーダーズだからブランビーズを応援したくなりますが
チーフスのライバルを蹴落としていかないといけないので
ここではクルセーダーズに勝ってもらわないといけませんね。
でも良い試合が見れればそれで充分です。

ブランビーズのおじさんハーフ団がクルセーダーズに
振り回されて後半にばて始めたらクルセーダーズが
点差をつけて勝つでしょうが、そうでない場合はもつれるかな。
いづれにしろ激しい試合になるでしょう
予想は、10点差以内でクルセーダーズ
BRUMBIES
15 Julian Huxley,14 Adam Ashley-Cooper,13 Stirling Mortlock (c),
12 Gene Fairbanks,11 Mark Gerrard,10 Stephen Larkham,9George Gregan;
8 Stephen Hoiles, 7 George Smith, 6 Jone Tawake,
5 Mark Chisholm, 4 Adam Wallace-Harrison,
3 Guy Shepherdson, 2 Jeremy Paul, 1 Nic Henderson.
Res:16 Saia Faingaa,17 Salesi Ma`afu,18 Richard Stanford,
19 Julian Salvi,20 Patrick Phibbs,21 Peter Playford,22 Francis Fainifo.
CRUSADERS
15 Leon MacDonald,14 Scott Hamilton,13 Casey Laulala,12 Aaron Mauger,
11 Caleb Ralph, 10 Daniel Carter, 9 Kevin Senio;
8 Mose Tuiali'i, 7 Richie McCaw (c), 6 Reuben Thorne,
5 Michael Paterson, 4 Ross Filipo,
3 Campbell Johnstone, 2 Corey Flynn, 1 Ben Franks.
Res:16 Ti'i Paulo,17 Ben May,18 Kieran Read,19 Johnny Leo'o,
20 Andy Ellis, 21 Stephen Brett, 22 Rico Gear.

Apr 29 Sharks - Lions Durban 1:00 AM
ライオンズに勝ってもらいたいけどシャークスに対抗できる
見込みはないと思いますが、ライオンズの奮闘に期待。
でもシャークスが10点差以内で勝ち

Apr 29 Stormers - Reds Cape Town 3:05 AM
ブルーズを破ったストーマーズが有利でしょうが
今まで綺麗に勝ちと負けが交互に来ているので今回は負けか?
それは今回で崩れると見て、ストーマーズが10点差以上

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中
関連記事

スーパー14 Round12 レビュー

既に書いている試合は省いてあります。

文字色Reds v Cheetahs at Suncorp Stadium,Brisbane
この試合は、途中までしか見ていません。
ラグビーチャンネルでリプレイで見る予定ですが・・・
いつもの実況の人がよその試合に行っているのか
この試合は、違う人で慣れていないのか物凄く聞きにくかったですが
ベン・チューンのトライの時
「チューン!チューン!チューン!チューン!チューン!」
解説者と一緒に独走している間ずーと叫んでいたのが、
鳥が鳴いているのかと間違えるくらい凄かったです。

それにしてもレッズやりましたね~~
2勝目ですね、開幕戦でケーンズに勝った試合では
本当にイライラさせられ、今年は強くなったのか?
と思わせてくれたのにまだ2勝とは・・・
もう一度ケーンズとやらしてみたいです。
Reds 23
James Horwill, Ben Tune tries;
Clinton Schifcofske 2 con, 3 pen.
Cheetahs 13
Kabamba Floors try; Meyer Bosman con, 2 pen.
HT: 14-3

Waratahs v Highlanders at Aussie Stadium,Sydney
接戦になると予想した通り僅か1点差でしたね。
と偉そうな事書いていますが、残り15分で20点差くらいあって
ハイランダーズが気の緩みを見せたのがここまでもつれたかな。

カーワンとニュービーの主力の怪我人が戻ってきたので
ハイランダーズに勢いが戻ってきた感じでした。
特に今年のカーワンは、ディフェンスもかなり良いし
ワールドカップに生き残りをアピールしていますね。

そのカーワンの速攻から最後はニックエヴァンスが
素晴らしいランニングで良いトライを見せてくれました。
この日はエヴァンスがトライに絡むことが多かった気がします。

ワラタスの残り15分からの反撃は凄かったですが
もっと早くエンジンを掛けないといけませんね。

今期ハーフは、ヴァレンタインがレギュラーを掴むかと
思っていましたが出来がいまいちで期待はずれでしたが、
この日の先発のホームズはスピードもあるし
将来かなり期待出来そうなかなって思いました。


あと昨年からたまに言っていたと思うのですが
3列のパールは、サイズも魅力で突破力もあるし
大きな体のわりにはそこそこスピードもあるように思えるし
オフロードが上手い選手で途中出場ですが良かったかなっと。
もっと彼を使い続ければ凄い選手になると思うのですが・・・
いつも少し調子が悪いと試合に出してもらえなかったりするので
もったいないかなって思ってます。
エルムソンは反則が多いし気が短い所があるので
あまり好きではないしあれ以上伸びない気がするので
自分はパールをかって居ます。
(ひろどんさんに何か言われそう)

しかしキッカーのヒューアットは、クルセーダーズ戦に続いて
またもや大事なコンバージョンを外しましたね。

印象に残ったのは、ワラタス7番ロビンソン
ブラッキーにタックルで倒されてノッコンをして
自分が悪いのにブラッキーにやつ当たりして絡んでいたのは
非常にみっともないシーンでした。

今週はチーフス戦でウォーさん復帰かも?と言うことですが
お願いですから復帰は、最終戦にしてください。

チーフスはセミファイナルが掛かっているしウォーさん大好きですが
彼が居るとかなり厄介になると思うので・・・

Waratahs 25
Josh Holmes, Peter Hewat 2 tries;
Hewat pen, 2 con.
Highlanders 26
Viliame Waqaseduadua, Nick Evans, Jason Kawau tries;
Evans 3 pen, con.
Ht: 20-6.

Lions v Bulls  at Ellis Park,Johannesburg
ライオンズ地元でかなり健闘してて勝ってくれるか?って
思わせてくれましたが、後半に入りブルズが本気を出して
ライオンズはなすすべ無しでした。
かなり強いブルズを最近見せてくれているので怖いです。
今週は、ブルーズ戦で大一番ですが勝てそうですね。
Lions 7
Ernst Joubert try; Andre Pretorius con.
Bulls 31
Wynand Olivier (2), Akona Ndungane, Bryan Habana, JP Nel tries;
Derick Hougaard 3 con.
HT: 7-10

明日は恒例の今週の試合のプレビューを書く予定です。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中
関連記事

スーパー14 ストーマーズvsブルーズ

やっぱりサウスアフリカでやる試合は怖い!
いやブルーズが弱いのか?とも思わせる試合だったかも。

試合開始直ぐに今年好調のトエアヴァが力強いランニングで
ディフェンスを簡単にかわしてトライを取り良いスタートでした。


ストーマーズもスピードのある?BKでトライを取って反撃
ここまではまだ良かったと思うのですが。
この後はブルーズのミスから点を取られていった感じですね。

何だかごちゃごちゃしたサインプレーをやろうとして
それがプレッシャーに負けてボールを落とし
相手に取られて一気にトライされるというのが何度もありました。

今まで強かったブルーズの得点源はこの試合でも先制トライをした
トエアヴァの突進からチャンスを作ったのが多かったはず。
それにそんなに難しくない事をやっても取れていたはず
それを難しい事をしてまでやる必要があるのか?
あまり簡単すぎるのもあれだけど今のトエアヴァに
ボールを廻したら必ずゲインしてくれるし
ダニエル・ブライドを中心とした3列陣がBKをサポートして
しっかりボールを出してくれるのでシンプルでも良いと思う。


それにこの時期にダグをはずしたり余裕を持った
メンバーの選択をするのはどうかと思う。
先週ブルズにボロ負けした相手だからって舐めて掛かり過ぎた。
自分の記事にも書いたように不安が的中です。
でも予想では、エキサイトをせず大人になれば大差で勝てると書いた。

とにかくショックな試合でした。
ブルーズはリードされると焦って余裕がなくなってしまうのか
いつものプレーが出来なくなる悪い癖がありますね。

それがクルセーダーズとは違う点ですし
劣勢でも落ち着いて自分達のラグビーをして追い上げれる
クルセーダーズは本当に強いチームですね。


シャークス戦に続き劣勢な試合で焦ってしまい
ゴール前まで攻めるがトライが取れずと言う展開
おまけにラインアウトも取れなかったりハンドリングエラーが
多くなったりの悪循環では・・・


同じ事の繰り返しをしているうちはクルセーダーズには勝てません。
ブルーズの事ばかり書きましたが、ストーマーズはブルーズに
プレッシャーをかけてディフェンスでも出足が良かったですね。
それもありブルーズが手こずったのもありますね。

でも今後の試合もかなり不安なのは変わりません。
Stormers 33
Conrad Jantjes, Luke Watson, Jean de Villiers tries;
Peter Grant 3 con, 4 pen.

Blues 20
Isaia Toeava, Tony Woodcock tries;
David Holwell con, 2 pen; Isa Nacewa con.

HT: 20-13
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中
関連記事

スーパー14観戦記 チーフスvsシャークス 

2週連続ハミルトンまで遠征してしまいました(笑)
観戦は4月6日のブルーズvsチーターズの試合から3週連続です。
週末はクラブラグビーの観戦もしていますし
(早く自分の体を治してプレイしたいのに・・・)
テレビ観戦も含めてラグビー三昧です。

写真も何枚か入れてありますがクリックすると大きく見れます。
l
さてチーフスはセミファイナルに残るには負けられない試合
これは応援に行かなければとフォース戦に勝った時点で
来週も行くぞ~と心に決めていたわけですが
先週ブルーズを負かしている強敵シャークス相手だし
応援にもかなり熱が入りました。

Cher
(写真はお決まりのチアガール)

もちろんチーフスのジャージを着てスタジアムに行きました(笑)
ハミルトンだしチーフスファンが殆どかと思いきや
バスでオークランドから来たのか、それとも遠い南アから
応援に駆けつけたのか解りませんが結構シャークスファン多く
自分の隣はシャークスファンの親子でお母さんが凄かった!!
シャークスのAJ・フェンターがスーパーラグビー100試合目
と言うことで南アでは二人目の快挙です。

En
シャークスが先に入場してその後にチーフス入場
そのときに爆発音と共に空には打ち上げ花火が上がり
それをバックに選手が入場となかなか良かったです。

今回は、前回のメインスタンドとは反対側からの観戦で
選手がこちらに向かって来るのが見えてそれも良かったかも。
KO

先週以上に気合が入っていたチーフスのキックオフで試合開始
前半は、信じられないようなチーフスの快進撃でした。
sione
目立ったのがお気に入りパワフルNo8シオネ・ラウアキの突進(写真)
豪快に前に出てディフェンスを集めて素晴らしいオフロードパスを
何度も成功させてチャンスを作っていました。
それを両フランカーがしっかりサポートしていましたし
流石のシャークスもたじたじでしたね。

シヴィヴァトゥのキック処理が心配されましたが
段々とフルバックのポジションになれてきたのか
なかなか良いフィールディングを見せていました。

テレビでは写っていませんでしたがチーフスのメッサムが
シャークスの注目の10番スタインと何度かやり合う事があったのですが、
明らかにメッサムがスタインを狙ってやっていたのが印象的でした。
Lavea
チーフスはマサンガ、実物はかなりカッコいいラヴェア(2トライ写真)の合計3トライ
(マサンガは、毎試合トライをしていますね)
シャークスは、ハンドリングエラーがかなり多くて取ったのは1PGのみ
チーフスが25-3と大差をつけて前半終了。
K
写真はハーフタイムで恒例の[Give us a Kiss]
(イーデンパークではお馴染みですが、ワイカトスタジアムでも
やっているとはびっくりしました)
ビックスクリーンに映ったカップルはキッスをする催しです。
これがまた盛り上がるし、意外?にも年齢の高いカップルが
濃厚なキッスをしていますし女性が積極的ですね。


後半に入って自分の一押しのブレンダン・レナード
スピードを活かしたランニングでラインブレイクしたり
メッサムが抜けたところをラヴィアが貰い最後はブレンダンが
サポートについて貴重なボーナスポイントが付く4トライ目をしました。

スタジアムは大盛り上がりでもちろん自分も大喜び
昨年から一押しのブレンダンが活躍してくれてるので余計に。
シャークスファンはかなり静かになり可愛そうでした。

もうこの時点で勝ったと思った(選手も思っていたでしょう)
しかしここからシャークスがもう反撃

始めのうちは、まだ差があるから安心していたけど
マーティーホラーがシンビンになった後くらいから
2連続トライを奪われて気がついたら8点差でびっくり!

隣のシャークスファンはかなり元気になりうるさかった。
r

残り5分くらいでシャークスがペナルティーを得て
50Mを超える遠い位置からだったけど、まずは7点差以内の
ボーナスポイントを考えてかPG選択してきました。
蹴るのはこれまでロングキックを何度も見せてきた10番スタイン
彼はレフリーがゴールを指している間にこっそりと
ボールを前に動かすと言うずるい事をしていましたが
レフリーは見逃さずにしっかりもとのポイントにしてくれました(笑)

それが外れてほっとしましたが、もし入っていたら5点差で
シャークスの勢いなら少ない時間でも・・・

その後は何とか凌いでチーフスが辛うじて勝利!!
もう最後は叫んで喜んでしまいました!

後半だけでシャークスに4トライを取られ相変わらずディフェンスに
不安を残した訳でボーナスポイント1を与えましたが
7点差以内のボーナスポイントを与えなかったので良しとしましょう。

シャークスの元代表のNo8ボビーの動きが以前のように
良くなっている気がしますしトライもスピードがありましたね。

おそらく代表復帰するのではないかと(結構好きな選手です)

冷や冷やした試合でしたが勝てたので良かったです。

試合後はまたまたグラウンドに下りることができて
グラウンドには沢山の人がいてシャークスファンもかなり居ました。
その中で異様な?光景を見ることになりました。
sh
何だかヤクルトスワローズの応援のように傘を振るし
ギターみたいなのを持っている人が何人かいるし
音楽にあわせて皆が踊っている所が見ていて面白かったです。

試合中にも画面の右の方にカラフルな傘がたまに写ってましたよね?
Keith
(写真は、悪人顔だがお茶目なキース・ロビンソン)
今回も試合後には選手が快くサインに応じてましたし
写真もシャークスファンとまで一緒に撮ったりしていました。
かなりチーフスが好きになりブルーズとセミファイナル当ったら
どっちを応援するか迷うかもしれません(笑)

Chiefs 35
Tasesa Lavea 2, Lelia Masaga, Brendon Leonard tries;
Stephen Donald 3 pen 3 con.

Sharks 27
Bob Skinstad, Deon Carstens, Bismarck du Plessis tries, penalty try;
Francois Steyn pen, 2 con.
Ht 25-3.

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中

いつもコメントありがとうございます。
明日のアンザックデー(祝日)に書きますね。
関連記事

ジェリー・コリンズの怪我

ハリケーンズのジェリーコリンズの怪我の状態ですが
検査の結果、大きなダメージは無いとの事です。

2回ほど起き上がることを試みたらしいですができなかったようです
ジェリーが倒れている時に自分も首の怪我をしているので
凄い心配していましたが大きなダメージが無くてホッとしました。

自分も手術後にしばらく着けさせられた事があるのですが
(凄い目立つし首締められているようで嫌でしたね)
ジェリーも首にカラーを巻いて歩いている映像がありました。

本人は、今週の試合にでも出たいと言っているくらいです
それは、タナ・ウマガの最後のホームゲームだから
と言うことで最終戦のワラタス戦には意地でも出てきそうですね。

ドクターがOKすればの話ですが
ダメージが無いと言う事でおそらくでれるのでは・・・
と言うことは、タナはNZではもうラグビーしないって事ですね。

ジェリーのジェイド・スタジアム既往歴
1999年 足を骨折
2001年 初キャップのアルゼンチン戦で 肩
そして先週の金曜日

おまけ(これは本人が実際に言った事です)
2006年 ワラビーズ戦でキックオフ直前に グラウンドに用を足す

ジェリー以外では・・・
自分の覚えている範囲ですが
先日のクルセーダーズvsフォース戦
スクラムが崩れた際にフォースのフッカーが倒れて起き上がれず。。。
異常が見つかったようですし引退を決意した模様。

2005年 カンタベリーvsオークランド(NPC)
同じくスクラムが崩れた際オークランドの
ディラン・ウイットコムが倒れて動く事も出来ず
タンカーで運ばれ、もう少しで半身不随になるところの大怪我
その年に手術して昨年のAir NZ Cupには復帰して
今年はスーパー14に復帰して活躍しています(ABsキャップ5)

自分もこの人と同じ怪我で同じドクターに全く同じ手術を
してもらっているのでいつも彼の事は気にかけています。
始めは、クラブラグビーから復帰して州代表
そして今年はスーパー14にも見事に返り咲き良い動きを見せてます。
出来ればまたオールブラックにカムバックして
今年のワールドカップに出てもらえればと想ってます。


もちろんジェリーにも復帰してもらい、また大暴れして欲しいです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中

関連記事

ブランビーズvsフォース レビュー

トライが僅か1つと言う数字にも表れているように
両チームのディフェンスが良かったですね。

でも思ったよりブランビーズが苦戦したなって・・・
ゴール前でのミスが多かった記憶がありますが
それでこんなに接戦になったんだと思います。

注目の10番対決ですが、ラーカムがディフェンスの裏に
抜けたところでトライになるかと思ったら
ギタウがナイスタックルでトライを防いだのが印象的でした。


しかしラーカムのパスはいつも惚れ惚れしますね
パスをもらう選手がスピードが落ちないように
しっかりスペースにパスをしているのが素晴らしい。

あんな10番と一緒に試合をすると面白そうだなって思いました。
ちょっとライバルチームを誉めすぎですね(笑)

ブランビーズのフルバックのタッチキックは凄い飛びますね~
クリスレイサムよりもよく飛ぶのでは?と思いました。
あんなフルバックが居ればかなり楽です。

NZ生まれのジレェミーポールは、相変わらず元気ですし
唯一のトライもディフェンスが多かったのに見事でした。
オールブラックスのフッカーに欲しい位です。

後半ギタウのPGで12-11とフォースが逆転に成功しましたが
その後のキックオフでジェラードがそのキックオフを見事キャッチ
これがあったので最後の再逆転のPGに繋がったんだと思います。
しかもジェラード自ら逆転のPGを決めましたし
途中変なチップキックをしてピンチを作ったりしていましたが
このキックオフを取ったのは大きな仕事をしました。

Brumbies 14
Jeremy Paul Try; Julian Huxley 2 pen; Mark Gerrard pen.
Force12
Matt Giteau 4 pen.
HT: 8-6

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中
関連記事

スーパー14 クルセーダーズvsハリケーンズ レビュー

昨年のファイナルのカードの因縁?の対決。
激しい試合になる事を期待していましたが・・・

最初にトライを取ったのは、ケーンズですが
これはクルセーダーズのディフェンスミスでセットプレーから
珍しく抜かれてノヌーにトライをされます。

しかし今度は、ケーンズのポールティトのミスタックル
勢いよく走ってきたコリンフリンが抜けてトライ。
スピードがあったからタックルを外せたとも言えますが
抜かれたティトは悔しかった事でしょう。

クルセーダーズは、この後もう1つトライを取りますが
ハーフタイムは、17-13と僅か4点差で折り返します。

後半に入って20分間は全然得点が入らずで
むしろケーンズの方が攻めていた感じの記憶がありますが
ゴール前まで攻めてはミスやタンオーバーをされたりして
陣地を戻されると言う繰り返しをしていて

アンチクルセーダーズファンとしては、イライラした試合でしたね。


もたもたしていてチャンスをモノに出来ないばかりか
逆にダンにPGを決められて点数を離されていましたね。

残り10分を切ったところでクルセーダーズ陣のゴール前で
ペナルティーを貰ったケーンズがどうするのか見ものでしたが
PGを狙わずにスクラムを選択してトライを狙いにいきましたが
トライは取れず逆に残り3分でPGを決められてしまうと言う
同じ事の繰り返しで自滅
し試合は決まりました。

この10分切ったところでのチャンスでPGを狙ってまずは
4点差にしても良かったかなって思っていました。
それは、クルセーダーズのブレイクダウンはしつこいし
ディフェンスも固い
しトライを取るのは難しいかなと・・・
だからゴールキックの調子の良いウィプーに3点を取ってもらって
点差を縮めたところからでも良かったかなっと思いました。

ケーンズは、プレイに正確さが無いので強いクルセーダーズ
相手には、攻めてもトライを奪えないなって思いました。
あと、こんな大事な試合には、経験豊富なタナ・ウマガを使うべきでしょうし
途中で投入するのも遅すぎると思います。


しかしクルセーダーズは勝ち方を知っていますね~
ダン・カーターは、対面ウィプーに核の違いを見せましたね(笑)

ケーンズで良かったのは、安定感のあるフルバックの
コリージェーン
がカウンターアタックで何度か良いゲインしてました。
後は、途中出場でデイビット・スミスが相変わらず
ボールを持ったら何かをやってくれる選手で
タックルされた後で難しい体制でも必ずボールを生かす
綺麗なオフロードが素晴らしく、いつも惚れ惚れします。

ノヌーは、相変わらずハイタックルが多く大好きな黄色いカードを貰っていましたね。
Crusaders 23
Corey Flynn, Ross Filipo tries;
Daniel Carter 2 con, 3 pen.

Hurricanes 13
Ma'a Nonu try;
Piri Weepu con, 2 pen.
HT: 17-13

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中
関連記事

今週も凄い!スーパー14 Round 12 プレビュー

Crusaders v Hurricanes 7.35pm Friday at Jade Stadium,Christchurch
昨年のファイナルの組み合わせです(場所も同じで)
今夜は霧にならない事を祈るばかりです(笑)

ケーンズはこの試合に勝てば残りの組み合わせが楽?なので
セミファイナルが見えて来るので落とせない試合。
少しずつ調子を上げてきているケーンズが昨年の借りを返せるか?
そのケーンズは、またもや10番にウィプーを入れてきています。
先週の試合では特にキックが良くてゲームも組み立てているし
試合の中で成長していっている気がします。

しかしこの試合の対面はダン・カーターでタイプが全く違う
二人の対決にファンは注目している事でしょう。
ウィプーがダンに猛烈に当りに行って吹っ飛ばしたりしたら
かなり盛り上がりケーンズも勢いに乗るかなって思ってます(笑)

それともダンがウィプーに「10番はこうやってやるんだよ~」
核の違いを見せつけるのでしょうか?
とにかく面白くなりそうです。

あともう1つ注目するのがNo8対決
オールブラックスのレギュラーがケーンズのロドニー・ソーイアロ
実力はあるもののレギュラーになれず昨年はトライネーションズから
年末の遠征までABsのメンバーを外されて悔しい思いをしている
クルセーダーズのモセ・トゥイアリイ

以前からソーイアロのNo8は好きじゃないと何回か書いていますし
この試合ではクルセーダーズが勝つのは嫌ですが
トゥイアリイに頑張ってもらいたいです。
彼の持ち味の特にスピードを活かした+力強いランニングが
目立つようだとクルセーダーズが楽に勝つと思います。


ケーンズの3列陣はそれをさせないようにしなければいけません
それには、そろそろジェリーにも本気を出してもらわないと。。。

スクラムは先週押されていたクルセーダーズはクロケットを
1番に入れてきて変えてきていますがティアラタとの対決ですね。
昨年だったかティアラタが寝ているリッチーに向かっていき
かなりエキサイトしていましたが今日も誰かがやりそうですね。

BKですがメイジャーが出れない代わりにティポキが12番に入りますが
充分メイジャーの穴を埋めれるし、対面がノヌーですから
テクニックでティポキの勝ちでしょうね。
ノヌーは、テクニックでは負けるので攻撃ではパワーで
ティポキをぶちかますしかないでしょう。

またもやタナ・ウマガをベンチに置いて調子の良くない
センター陣を使い続けるみたいですね。。。
コンラッドスミスは、ラウララに負けるようでは
オールブラックスには選べません(笑)

ギア兄弟のウイング対決もかなり見ものです!!
Crusaders:
15.Leon MacDonald,14.Rico Gear,13.Casey Laulala,12.Rua Tipoki,
11. Caleb Ralph, 10. Daniel Carter,9. Andy Ellis;
8. Mose Tuiali'i, 7. Richie McCaw (capt), 6. Kieran Read,
5. Reuben Thorne, 4. Ross Filipo,
3. Ben Franks, 2. Corey Flynn, 1. Wyatt Crockett
Res:16.Ti'i Paulo,17.Campbell Johnstone,18.Isaac Ross,19.Johnny Leo'o,
20. Kevin Senio, 21. Stephen Brett, 22. Scott Hamilton.

Hurricanes:
15.Cory Jane,14. Shannon Paku,13.Conrad Smith,12.Ma'a Nonu,
11. Hosea Gear, 10. Piri Weepu, 9. Alby Mathewson;
8. Rodney So'oialo (capt),7. Chris Masoe,6.Jerry Collins,
5. Jason Eaton, 4. Paul Tito/Luke Andrews,
3. Neemia Tialata, 2. Andrew Hore, 1. John Schwalger
Res:16.Tone Kopelani,17.Anthony Perenise,18.Andrews/Bernie Upton,
19.Serge Lilo,20. Jimmy Gopperth,21.David Smith,22.Tana Umaga.

Brumbies v Force 5.30pm Friday at Canberra Stadium,Canberra
これも面白そうな対決ですね。
特に10番対決はかなり見ものです、ギタウは元ブランビーズだし
ワラビーズの10番のレギュラーラーカム様に挑みます!

まじでむちゃくちゃ楽しみ~~~~!

後は、ワラビーズに選ばれるか注目したい
ブランビーズの6番ジョネ・タワケの物凄い突破力
この試合でも爆発するかも見てみたいです。

両チームセミファイナルに残るには落としたくない試合なので
かなり激しい試合になるでしょう。
フォースが2次攻撃以降のディフェンスの修正が出来れば
良い勝負になるでしょうが
、ブランビーズは上手いですから
10点差以上でブランビーズの勝ちと予想。
Brumbies:
15.Julian Huxley,14.Clyde Rathbone,13.Adam Ashley-Cooper,12.Gene Fairbanks,
11. Mark Gerrard, 10. Stephen Larkham, 9. George Gregan,
8. Stephen Hoiles, 7. George Smith (capt), 6. Jone Tawake,
5. Mark Chisholm, 4. Adam Wallace-Harrison,
3. Guy Shepherdson, 2. Jeremy Paul, 1. Nic Hendereson
Res:16.Saia Faingaa,17. SalesiMa'afu,18.Peter Kimlin,19. Julian Salvi,
20.Patrick Phibbs,21.Peter Playford,22.Francis Fainifo

Western Force:
15.Drew Mitchell,14.Scott Staniforth,13.Ryan Cross,12. Junior Pelesasa,
11. Cameron Shepherd,10. Matt Giteau, 9. Matt Henjak,
8. Scott Fava, 7. David Pocock, 6. David Pusey,
5. Nathan Sharpe (capt), 4. Rudi Vedelago,
3. Troy Takiari, 2. Tai McIsaac, 1. Gareth Hardy
Res:16.Luke Holmes, 17.AJ Whalley,18. Luke Doherty,19.Richard Brown,
20.Chris O'Young,21.James Hilgendorf,22.Digby Ioane.

Reds v Cheetahs at 5.30pm Saturday at Suncorp Stadium,Brisbane
消化試合になっているこの試合ですがレッズに勝たせてあげたいですが
チーターズのFWは結構激しいので、ブレイクダウンで頑張らないと
レッズの勝ちは厳しい気がします。

激しい試合になる事を予想して5点差以内でレッズ

Chiefs v Sharks at 7.35pm Saturday at Hamilton Stadium,Hamilton
いや~今週も良い試合ばかりですね~
残り試合が少ないのでセミファイナルが掛かっている
このシャークス(3位)、チーフス(4位)の試合はかなり白熱しそうです。

先週首位のブルーズを見事破り強さを取り戻したシャークス
よくぞブルーズをやってくれたなって感じですが
チーフスがその敵を討たせてもらいます。
といっても先週のディフェンスではかなり不安ですが・・・

もうそのディフェンスを修正も何もあまり期待していません
チーフスは、とにかく先週のように点数を一杯取る事しか
勝ち目は無い気がするので今週も沢山のトライを取ってくれ!


シャークスの注目選手スタインはこの試合でも10番
本来のポジションですし、ここに彼が居るのは非常に怖いです。
彼を自由にさせることの無いようにプレッシャーをかけて欲しいです。

昨年から一押しと言ってきたハーフのブレンダン・レオナード
やっと皆さんにブレンダンの良さが先週の試合で
解ってもらえたかなって思って自分は凄く嬉しいです。
とにかく彼のスピードは相手に脅威です!
パワフルNo8シオネ・ラウアキとの組み合わせで
相手はかなり戸惑うと思うので
シオネの突破力で
相手を引き付けてブレンダンのスピードとか
シオネが行くと見せかけてブレンダンに行かせるとか
攻撃パターンが増えたのでシャークスにも勝てると信じたい!

7番には、マーティー・ホラーも戻ってきたし
ブレイクダウンは安心かな。

実は2週連続でハミルトンに遠征です!!
天気も良いようだし明日もチーフスが勝てるように応援です。

予想は、勿論チーフス5点差以内かな。Chiefs:
15.Sitiveni Sivivatu,14.Lelia Masaga,13.Dwayne Sweeney,12.Tasesa Lavea,
11. Roy Kinikinilau, 10. Stephen Donald, 9. Brendon Leonard,
8. Sione Lauaki,7. Marty Holah,6. Liam Messam,
5. Keith Robinson, 4. Jono Gibbes (capt),
3. Nathan White, 2. Tom Willis, 1. Simms Davison
Res:16.Aled de Malmanche,17.Craig West,18.Kristian Ormsby,19.Steven Bates,
20. David Bason, 21. Tane Tu'ipulotu, 22. Jared Payne.

Sharks:
15.Percy Montgomery,14.Odwa Ndungane,13.Waylon Murray,12.Bradley Barritt,
11. JP Pietersen, 10. Francois Steyn, 9. Ruan Pienaar,
8. Bob Skinstad, 7. AJ Venter, 6. Jacques Botes,
5. Johann Muller, 4. Johan Ackermann,
3. BJ Botha, 2. John Smit (capt), 1. Deon Carstens
Res:16.Bismarck du Plessis,17.Beast Mtawarira,18.Albert van den Berg,
19.Warren Britz,20.Ryan Kankowski/Butch James,
21.Rory Kockott, 22. Adrian Jacobs.

Waratahs v Highlanders at 9.40pm Friday at Aussie Stadium,Sydney
久しぶりに勝ったワラタスが連勝できるかですが
ハイランダーズの強力スクラムの前にFWが機能しなくて
かなり苦戦すると思います。

ハイランダーズはその有利になると思われるスクラムから
展開してスピードのある両ウイングにボールを廻して
トライを沢山取りたいところです。
怪我人が戻ってきたので勢いに乗れば大差もあるかも知れませんね。

ワラタスのFWが健闘すればワラタスの勝機もありますが・・・
自分は、かなり接戦になると思い 7点差以内でハイランダーズ
Highlanders:
15.James Wilson,14.Lucky Mulipola,13.Jason Kawau,12.Aaron Bancroft,
11.Viliame Waqaseduadua, 10. Nick Evans, 9. Jimmy Cowan,
8. Ezra Taylor, 7. Josh Blackie (capt), 6. Craig Newby,
5. Tom Donnelly, 4. Filipo Levi,
3. Carl Hayman, 2. Anton Oliver, 1. Clarke Dermody
Res:16.Jason Macdonald,17.Chris King,18.Kane Thompson,19.Hale T-Pole,
20. Toby Morland, 21. Charlie Hore, 22.Matt Saunders

Lions v Bulls at 1am Sunday at Ellis Park,Johannesburg
先週のブルズの試合を見ると、ライオンズのホームでも
ブルズの有利は変わらないかと思います。
15点差以上でブルズ勝ちですかね。

Stormers v Blues at 3.05am Sunday at Newlands,Cape Town
先週シャークスに負けたブルーズは大幅にメンバーを変えてきました。
ようやくコンディショニングのABsを全員先発に入れてきて
ジョーロコは、初めての先発になります。

しかし今年絶好調のダグはベンチにも入れていません。
敵地だしそんな余裕はないと思うのですが・・・

再三自分が言ってきた「10番はホルウェル」
ようやくこの試合でやってくれました(最初の方に少しありましたが)
イサが10番のベストでなくホルウェルがベストですから
この試合以降もそうして欲しいのでホルウェル頑張ってください。


フルバックは、ベン・アティンガ先週いまいちでしたから
返られましたが若手のジョージ・ピシですか・・・
良い選手ですがまだ安定間にかけるので少し不安です。

セミファイナルに向けてベストメンバーで組んで欲しいところですが。。。

久しぶりにNo8にニック・ウイリアムズが入りますが
今年絶好調のカイノ、ブライド、マクドナルドの3列陣は
適わないので格下相手しか出してもらえないのでしょう。

敵地のサウスアフリカでやるので怖いですが
ブルーズがこの試合では、余分なエキサイトをせず大人になって
ラグビーをすれば15点差以上つけて勝ちでしょう。
Blues:
15.George Pisi,14.Anthony Tuitavake,13.Isaia Toeava,12.Sam Tuitupou,
11. Joe Rokocoko,10.David Holwell, 9. David Gibson,
8. Nick Williams,
7. Daniel Braid, 6.Jerome Kaino,
5. Troy Flavell (capt), 4.Ali Williams,
3. John Afoa, 2. Keven Mealamu, 1. Tony Woodcock
Res:16.Derren Witcombe,17.Nick White,18.Greg Rawlinson,19.Justin Collins,
20. Steve Devine, 21. Isa Nacewa, 22. Rudi Wulf.

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中
関連記事

オールブラックスの価値はお金に負けるのか?

前回の記事で来年の・・・と書きましたが
来年と言うとオールブラックスが確実に今年より弱くなります。
今年のW杯後に沢山のオールブラックスの選手たちが
ヨーロッパに移籍してしまうからです。


既に決まっている人も6人くらいいますし
アーロン・メイジャー、バイロン・ケラハー、カール・ハイマン
サム・トゥイトゥポー、あとクリス・ジャックオリバーもかな。

あとルーク・マカリスター、リコ・ギア等もほのめかしていて
ルークは行くのではないかと・・・ 


ルークが行くとなると12番の選手ばかり一遍にいなくなり、
ブルーズの12番も一気に抜けるので来年が・・・
ティポキも日本に行くとか言っていたような気がするし
それをキャンセルしてブルーズに帰って来ないかな(笑)

少し前までは、30歳前後でオールブラックスに選ばれなくなった
選手が行くケースが多かったように思いますが
今では、まだ若い選手でしかもレギュラーの選手でも
ヨーロッパに行ってしまうようになり
その年齢も段々若くなっていっている。


オールブラックスで試合に出れないからではなくて
試合に出れるのにヨーロッパの方が金銭面でNZよりかなり良いので
オールブラックスのジャージを捨ててまで・・・
{NZ国内でプレーしていないと(Air NZ Cup,Super14)
オールブラックスになる資格がもらえない。}

オールブラックスの価値がお金に負けたとでも言うのでしょうか?
他の国は、外国でプレーしても代表になれますよね?
(オージーも駄目だったかな?)
違っていたらごめんなさいね。

沢山の現役オールブラックがヨーロッパに行ってしまうので
オールブラックスが弱くなりそうで怖いです。

2011年の地元開催のワールドカップ前には帰って来ると言う
選手も何人かは居るみたいですが・・・
来年は確実に今より弱くなるのでアルゼンチンにも負けたりして。

弱くなるのを防ぐ為には、海外に行かなくてもNZ国内で
しっかりお金がもらえれば良い事なんでしょうが
NZの小さい国では、どうあがいてもヨーロッパのチームが
提示している金額をとてもじゃないけど支払えないので無理ですね。


そうなると、海外でプレーしている選手でも
オールブラックになれる様にするしかないのでしょうね。

でもそうするとお金が良いヨーロッパに良い選手が流れ込んで
NZ国内にトッププレイヤーがいなくなる可能性も高いでしょう。

そうなるとNZのチームのスーパー14は弱くなりますね。

となるとどうしたらい良いのか解りませんね・・・
オールブラックスが新たな巨大なスポンサー加えなければ。。。

もっとオールブラックスを広める為に何やらしているみたいですが
ラグビー人気がない国にしても大きなお金にはならないでしょう。

来年までにはNZRUが動きを見せると思うのですが
どうでるのかが注目です。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中
関連記事

トライネーションズが5チームに?

アルゼンチンとパシフィック・アイランダーズが
トライネーションズに加入するかも?

と言う事は、前から言われていた事ですが
それが来年から実現するかも知れないのです。

アルゼンチンのメディアが招待を受けた事を公表していました。
まだアルゼンチンが参加を承諾していないので決まっていませんし
実際のところアルゼンチンの選手が参加するのが
かなり難しいと言う事らしいです。


自分は、トライネーションズは今のままでやって欲しいです。
世界で常にトップレベルでいる3チームの試合なので
レベルの高い試合が見れて楽しめています。

2チームが入ることで歴史のあるこの大会のレベルが
下がるでしょうし、できれば今のままであって欲しいです。

皆さんはどう思っているのか知りたいです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中
関連記事

Keyword : オールブラックス ニュージーランド Super14

スーパー14 Round 11 レビュー

Highlanders v Crusaders, Dunedin, Saturday
自分の予想は、クルセーダーズが10点差以内で勝利。

前半は、ハイランダーズが健闘して1トライに抑えて
10-3でクルセーダーズリード。
これで自分の予想も当るか? 
外れても良いからハイランダーズ勝ってくれ~

所がラルフのトライ以降クルセーダーズに勢いがつきましたね。
途中出場のルア・ティポキのプレイを久しぶりに見ましたが
相変わらず上手いなって思わせてくれました。


ハイランダーズの一列はオールブラックスが揃っていて
スクラムではかなり有利になっていて流石だなって思いましたが
それ以外は、クルセーダーズにやられまくりでしたね。
怪我人がかなり出てクルセーダーズ相手にはきつかったようです。

今年は、ケイシー・ラウララが良い感じですね
それにしてもクルセーダーズ強いです。
Crusaders 38
Tries:Casey Laulala 2,Dan Carter,Caleb Ralph,Rua Tipoki.
Conversions: Carter, 4, Stephen Brett 1.
Penalties: Carter, 1.
Highlanders 3
Penalties: Nick Evans, 1.

Blues v Sharks, Albany, Saturday
大一番の試合、自分の予想は10点差以上でブルーズ

試合直前にハプニングがあり15分くらい遅れていて
サイドラインでレポートするるバンス
シャークスのAJフェンターにインタビューをして
時間を潰していましたがそのときにAJがバンスに
「ダンス頑張って」と最後に言っていたのが笑えました。
実は、このバンスが何と今ダンスの大会の番組に出ているのです
火曜日にやっているのですが、スカイでラグビー関係の
番組を見ているので今週も見逃してしまいましたが
バンスかなり上手いそうですよ(笑)

さて試合は・・・あまり語りたくないかも。。。
雨でボールが滑るのかブルーズのワイドに攻撃するラグビーが
上手くできなかったのか、シャークスが良かったのか・・・
もうどうでも良い内容って感じです。

色々言いたい事はありますが負けるときはあんなもんですね。
シャークスは、ブルーズの選手の熱くなりやすい選手を狙って
その彼らを見事に熱くさせて上手い事シンビンに
持ち込めていましたし作戦どうりだったのではないでしょうか?


サム・トゥイトゥポーのシンビンは相手が先に殴っているので
相手もシンビンにならないのは不公平ですね。
あとフラベルが、自陣ゴール前でパスミスをしたのも
ラックから相手の手が出ていたし見逃しているので
レフリーも敵だった感じでアンラッキーでした


でもブルーズの選手大人になりましょう
特にハーフバックのスティーヴ・デヴァインは熱くなりすぎです。
イサがモンゴメリーとすこしだけやり合うだけで終わったと思ったら
勢いよくやってきて突き飛ばしたりして止めるどころか
余計に喧嘩になる原因を作っているし余分です。


後は、先週良かったオールブラックスの選手たちを
ベンチにしたのも作戦ミスだったかもしれませんね
しかも投入が遅すぎる感じがしたのは自分だけでは無いでしょう。
あと10番は、何度も言いますがホルウェルが良いと思います。

シャークスの10番スタインの55Mのドロップゴール凄すぎです。
まだ19歳ですし今後が本当に楽しみな選手です。
彼の詳しい事を載せてある記事はこちら
Sharks 32
Tries: J P Pietersen 2, Odwa Ndungane
Conversions: Francois Steyn
Penalties: Percy Montgomery 2, Steyn
Drop goals: Steyn 2
Blues 25
Tries: Keven Mealamu, David Gibson, Daniel Braid
Conversions: Isa Nacewa 2
Penalties: Nacewa 2
HT: 19-6

NSW Waratahs v Queensland Reds,Sydney,Saturday
ワラタスおめでとうです、これから調子上げるのかな?
チーフス戦では頑張らなくていいからね(笑)
Waratahs 26
Tries: Valentine, Robinson
Conversions: Hewat (2)
Penalties: Hewat (4)
Reds 13
Tries: Schifcofske
Conversions: Schifcofske
Penalties: Schifcofske (2)
HT: 16-6

Bulls v Stormers, Pretoria, Sunday
いや~ブルズ強い! かなり調子上げてないかな?
ブルーズは敵地でブルズとやるしかなり怖い存在だ。
Bulls 49
Tries: B Botha,van Heerden 2,G Botha, Olivier,Wannenburg, Adams
Conversions: Hougaard 2, Steyn 2
Penalties: Hougaard 2
Stormers 12
Tries: Russell, des Fountain
Conversion: Grant


にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中
関連記事

スーパー14観戦記 100点ゲーム!チーフスvsフォース 

オークランドから遠征してワイカトスタジアムのある
ハミルトンまでチーフスを応援してきました。
今季好調のフォースが見たかったのもあるのですが。。。
Fo ent
(フォースの選手入場)
天気予報は、にわか雨が降るとかだったので
雨具の用意はばっちりで行きましたが、何とか持ちこたえて
晴れ間の多い中での観戦だったのでラッキーでした。
試合と同じくらい注目していたチアガール
ワイカトスタジアムのチアも良いですね~~(笑)
Cher
昨年のAIR NZ CUPの決勝以来のワイカトスタジアムですし
昨年のファイナルの記事はこちら
チーフスもブルーズと同じくらい好きなチームだし
この試合に勝てば、セミファイナルも夢でなくなるので
応援にもかなり熱が入っていました。
ent chee
(チーフスの選手入場)
試合は・・・・・・何だか嫌な感じでの始まり。。。
開始早々に簡単にトライを取られていきなり不安。


でもインターセプトながらトライを返しホットして
と思ったらまたもや簡単にディフェンスラインを突破され
トライを取られるというディフェンスがやば過ぎ!!

でもトライをまた取るというトライの取り合い。
チーフスがトライをするとチアガール達が会場にボールを投げ込みます。
何とも太っ腹ですね~ イーデンパークではない事です。
cher ball
この日は沢山のトライだったのでボールがなくなり
小さいボールになりそれでも足りなくなって最後は応援グッズに。

途中ハーフバックの、ケラハーがタックルに行く際に
シオネ・ラウアキの頭に鼻がまともに当り凄い鼻血がでて退場。

ここで自分の一押しのハーフバック、ブレンダン・レオナード
登場して自分は嬉しく思いました
(ケラハーごめん)
Brendon
(写真が自分の一押しレオナード)
そのレオナードがキニキニラウと共にハットトリック!!
レオナードは昨年のAir NZ Cupから注目していた選手でしたし
注目していると書いた記事はこちら
彼の持ち味のスピードのあるプレーでスクラムから一気に抜け
トライを2つも取るなどスピードは凄いです!!
ジャスティン・マーシャルもスピードのある選手ですが
将来マーシャルのようになれる選手だと思っています。
サイドを駆け抜ける所など似ています。


試合はトライの取り合いでしたが9トライを奪った
チーフスが64点も取ってボーナスポイント付きの勝利で

何と4位になってしまいました!!
jono li
セットプレーは、安定していましたが
取られたトライは5つと特にBKのディフェンスにかなりの不安
特にセンター陣の周辺を狙ってきてそこを抜かれています
怪我人が出たりとなかなかポジションが定まらないBKラインですし
来週の大一番のシャークス戦には修正できる事を願います。
シャークスはどっちかと言うと力で来ると思うので
チーフスのラッシュディフェンスだとそのほうが良いかもしれません。
Tom
試合後は、ファンがグラウンドに入れるようにして
子供たちにサインをしてあげると言うサービスもあり良い光景でした。
(写真はフッカーのトム・ウィルス)
両チームあわせて丁度100点とある意味凄い試合でした。
Chiefs 64
Roy Kinikinilau 3,Lelia Masaga,Brendon Leonard 3,Tanerau Latimer,Tasesa Lavea tries;
Stephen Donald 3 pen, 5 con.

Force 36
Nathan Sharpe,Matt Giteau 2,Cameron Shepherd,Drew Mitchell tries;
Giteau pen, 4 con.
Ht: 29-15.
(写真は、クリックすると大きく見れます)
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中
関連記事

踏ん張りどころ! ハリケーンズvsチーターズ(レビュー)

まだセミファイナルに残るチャンスが僅かにあるケーンズ
この日も10番に入ったウィプーが絶好調で
前回よりも上手く10番のポジションをこなして
ゴールキックは7本中7本と100%でカーターより上かも?(笑)

ゴールキックだけでなくタッチキックなどの地域を取るキックも
今回はかなりよく出来ていたように思います。
サイズはないですが非常に強いのでタックルされも
なかなか倒れないのは流石でした。

オールブラックスの3人がトライをして
ボーナスポイントがもらえる4トライまで後1つのところでしたが
チーターズもしつこいチームですし、なかなか取れませんでした。

しかし試合終了間際に自陣からオープンに展開して
ウイングのホセア・ギアにボールが渡り
するするディフェンスを抜けていき最後のディフェンスは
パスダミーで交わしてトータル70Mを走りきってのトライ!


クルセーダーズのリコ・ギアの弟でサイズもあり
将来楽しみな選手がボーナスポイントの4トライ目を決め
何とかケーンズはセミファイナルに望みをつなぎました。


チーターズは、相変わらず激しいブレイクダウンでしたし
FWの縦の突進も素晴らしい物がありましたが
ディフェンスでのタックルミスがブルーズ戦に続いて多く
特にそれがトライに繋がっているのが敗因でしょうか。

ケーンズは、センター陣の動きがいまいち良くないので
セミファイナルに残るには彼らが本調子に戻らないと
かなりきついと思います。

コンラド・スミスは今年全然キレがないですね。
ノヌーは相変わらずノッコンが多くて安定しないので
オールブラックス入りはスミスも含めて厳しいのでは?
と思わせるくらい良くありませんね。

やっぱり大ベテランタナ・ウマガが鍵になりそうですが
あんなに調子が良くないセンター陣を使い続け
タナは最後のたった5分しか使わないのはどうでしょうか?

Hurricanes 37
Chris Masoe, Jerry Collins, Jason Eaton, Hosea Gear tries;
Piri Weepu 4 con, 3 pen.

Cheetahs 15
Gavin Passens, Juan Smith tries;
Willem de Waal con, pen.

HT: 24-10.
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中
関連記事

Keyword : オールブラックス

好カードが盛りだくさん!スーパー14 Round 11 プレビュー

Round 11 (NZ time)
Hurricanes v Cheetahs, Wellington, Friday 7.35pm
先週休みだったケーンズは、またもやウィプーを10番に!
前回のブルズ戦で悪くない出来だったので今回も継続していますが
彼はあくまで本職はハーフバックでありしかもABsのです。
本職の人達の立場がありませんが調子がいまいちと言う事もあるし
ウィプーの代わりのハーフバックはマテューソに安心して
任せれるのもあるので出来る事なんでしょう。


チーターズは、先週ブルーズに負けはしましたが
ブレイクダウンも激しくケーンズABsの3列トリオが
本来の調子を取り戻さないと試合も苦しい展開になると思います。

ブレイクダウンで有利になればBKはタレント揃いですし
トライの山をきずくことも可能でしょう。
フルバックのコリー・ジェーンのランニンスキルは
前回の試合でもセンスの良さとボールを必ず生かす
彼のプレーにはいつも感心させられます。
今年のスーパー14の中でもかなり安定したフルバックだと思います。
彼の活躍と怪我から回復したタナ・ウマガがどこで出てくるかが
この試合の注目したいところです。


予想は、10点差以上でハリケーンズ
HURRICANES:
15 Cory Jane,14 Shannon Paku,13 Conrad Smith,12 Ma'a Nonu,
11 Hosea Gear, 10 Piri Weepu, 9 Alby Mathewson;
8 Rodney So'oialo (c), 7 Chris Masoe, 6 Jerry Collins,
5 Jason Eaton, 4 Paul Tito,
3 Neemia Tialata, 2 Andrew Hore, 1 John Schwalger.
Reserves:
16 Mahonri Schwalger,17Anthony Perenise,18Brad Mika,19Luke Andrews,
20 Jimmy Gopperth, 21 David Smith, 22 Tana Umaga.
CHEETAHS:
15 Philip Burger,14 Eddie Fredericks,13 Ronnie Cooke,12 Meyer Bosman,
11 Tiger Mangweni, 10 Willem de Waal, 9 Noel Oelschig,
8 Juan Smith (c), 7 Duane Vermeulen, 6 Heinrich Brussow,
5 Corniel van Zyl, 4 Rory Duncan,
3 Jannie du Plessis, 2 Richardt Strauss, 1 Ollie le Roux.
Reserves:
16Hans Jacob van Dyk,17Wian du Preez,18Dewald Senekal,19Kabamba Floors,
20 Michael Claassens, 21 Herkie Kruger, 22 Marius Joubert

Chiefs v Western Force, Hamilton, Saturday 2.35pm
現役時代はワイカトで活躍したジョンミッチェル
そのミッチェル率いるフォースがワイカトスタジアムで
チーフスと対戦するのである意味面白いですね。

しかも両チームともセミファイナルのスポットをかけて
負けれない試合ですし熱い試合になる事間違いなし!
特にチーフスは、もう1つも負けられません。

注目のカフイは、先週の試合で復帰戦2戦目でプレシーズン中に
痛めた肩をまたもや痛め退場していますしこの試合も出れず
チームにとってもかなりの痛手です。

しかしカフイが退場した後に入ったユーティリティープレーヤーの
スイニーがセンターに入り良い動きをしていたので
この試合では、いつものフルバックではなくセンターで先発。

しかもジョノ・ギッブスが先発メンバーに戻ってきました!
今まで先発だったオームズビーも強くて良い選手だったので
もったいない気もしますが負けられない試合では仕方ないのかな。

注目のシヴィヴァトゥは、グラウンド以外で問題を起こして
話題になっていますが、先週の試合で攻撃では良かったので
またこの試合ではフルバックで先発ですが少し不安です。


フォースは、ギタウを10番にあげて来ましたが
彼は12番が一番良いと思うのですが10番でもセンスがあるし
やっぱり怖い存在には変わりありませんので要注意です。
試合は、先週の試合でがっかりさせてくれたフォースが
どこまで立て直してくるかが注目ですがあまり変わりないかも?

チーフスは、テネラウ・ラティマーを7番に入れてきて
マティー・ホラーはベンチにも入れない
という事で
かなり驚きましたが、これがブレイクダウンの勝負に
影響があればチーフスは苦しい試合運びになるかもしれません。

そのブレイクダウンで厳しくなることをみて
7点差以内の接戦でチーフスと予想します。
この試合のチケットを取ったのでワイカトスタジアムまで
行く予定ですが天気が悪そうなのでテレビ観戦が良いかな??
CHIEFS:
15 Sitiveni Sivivatu,14 Lelia Masaga,13 Dwayne Sweeney,
12 Tasesa Lavea
,11 Roy Kinikinilau,10 Stephen Donald,9 Byron Kelleher;
8 Sione Lauaki, 7 Tanerau Latimer, 6 Liam Messam,
5 Keith Robinson, 4 Jono Gibbes (c),
3 Nathan White, 2 Tom Willis, 1 Aled de Malmanche.
Reserves:
16 Simms Davison,17Ben Castle,18 Kristian Ormsby,19 Steven Bates,
20 Brendon Leonard, 21 Tane Tu'ipulotu, 22 Jared Payne.
FORCE:
15 Drew Mitchell,14 Digby Ioane,13 Ryan Cross,12 Junior Pelesasa,
11 Cameron Shepherd, 10 Matt Giteau, 9 Chris O'Young;
8 Scott Fava, 7 Matt Hodgson, 6 Richard Brown,
5 Nathan Sharpe (c), 4 Rudi Vedelago,
3 AJ Whalley, 2 Tai McIsaac, 1 Gareth Hardy.
Reserves:
16 Luke Holmes,17 Troy Takiari,18 David Pusey,19 Luke Doherty,
20 Jon McGrath, 21 James Hilgendorf, 22 Scott Staniforth.

Highlanders v Crusaders, Dunedin, Saturday 5.30pm
寒くなって来たNZ、このダニーデンはかなり寒そう~
何か天気も悪そうで雪も降るかもとか言っていますし
チャーチのクルセーダーズもこの寒には応えそうですね。

その地元の有利を活かしたいハイランダーズですが
先週の試合で怪我人が沢山でました。

まずロックのライアンは膝の靱帯の怪我でスーパー14どころか
今年はもうラグビーが出来ないようです。

ワールドカップのスコッドに残れるかどうかで
本人もかなりショックだったでしょうね。


ハーフのジミーカーワンも先週の試合でハムストリングを痛め
No8のニュービーと共に欠場でかなりの痛手です。

しかしキャプテンのジョッシュ・ブラッキーが怪我から復帰
明るい材料もありますしクルセーダーズ相手にも戦える布陣です。

先週トライを取りすぎて疲れている?と思われるクルセーダーズ
リコ・ギアを先発から外してもハミルトンが居るし
控えの選手を含めてもスキルの高いラグビーをこの試合でも
見せてくれるのでしょうが接戦を見たいのでハイランダーズの
奮闘に期待したいですが、クルセーダーズ有利は動かないでしょう。

ベンチに久しぶりにルア・ティポキが入るかもしれないので
彼のプレーも見てみたいのでこれも楽しみです。

雪の中?地元ハイランダーズが奮闘して10点差以内でクルセーダーズ
(かなり願望が入っています)
HIGHLANDERS:
15 James Wilson,14 Lucky Mulipola,13 Matthew Saunders,12 Aaron Bancroft,
11 Viliama Waqaseduadua, 10 Nick Evans, 9 Toby Morland;
8 Ezra Taylor, 7 Alando Soakai, 6 Josh Blackie (c),
5 Tom Donnelly, 4 Hoani MacDonald,
3 Carl Hayman, 2 Anton Oliver, 1 Clarke Dermody.
Reserves:
16 Jason Macdonald,17 Chris King,18 Kane Thompson,19 Hale T-Pole,
20 Ryan McCarthy, 21 Charlie Hore, 22 Callum Bruce.
CRUSADERS:
15 Leon MacDonald,14 Scott Hamilton,13 Casey Laulala,12 Aaron Mauger,
11 Caleb Ralph,10 Daniel Carter, 9 Kevin Senio;
8 Mose Tuiali'i, 7 Richie McCaw (c), 6 Reuben Thorne,
5 Isaac Ross, 4 Ross Filipo,
3 Campbell Johnstone, 2 Corey Flynn, 1 Ben Franks.
Reserves:
16 Ti'i Paulo,17 Wyatt Crockett,18 Kieran Read,19 Johnny Leo'o,
20 Andrew Ellis, 21 Stephen Brett, 22 Rico Gear/Rua Tipoki.

Blues v Sharks, Albany, Saturday 7.35pm
自分は、地元で行われるこの注目試合の観戦に行かず
チーフスの試合を選ぶという浮気ものです(笑)

シャークスは、フルバックにモンゴメリーが怪我から戻り
フルバックに入っていた注目のスタインはジェームズを押しのけて
10番に上がりブルーズにとってもかなり不気味なBKになりそうです。

(自分は、スタインは10番に居た方が怖いです)
元ボクスキャプテンのスキンスタッドが7番からNo8に下がりこちらも注目
ブルーズは、何と何と先週先発に復帰させ良い動きを見せていた
アリとケビン・メララムを再びベンチに戻すなど驚きました。

唯一1番のトニー・ウッドコックは先発ですが
先週11番に入ったトゥイタヴァキが古傷が痛むようで
変わりにウルフが11番に戻しジョーロコはベンチのままです。


試合はかなり白熱しそうで、ラインアウトは見ものですし
ブルーズがシャークスのモールを止めれるか?

BKの勝負もかなり見ものでトエアヴァがこの試合でも
目立つようなら本物の証拠といっても良いかもしれません。

スーパー14レベルではかなり良いので大丈夫かな。

注目はフラベルがシャークスのFW達とのやり合い
イエローカードを貰うのではないかと・・・

先週の試合の彼を見ているとそう思ってしまいます。

予想は、絶好調のダニエル・ブライドを筆頭に
カイノ、マクドナルドも非常に良い動きをしているので
ブレイクダウンで有利になると思うので

ブルーズが10点差以上で勝ち(勿論ボーナスポイント取って)
BLUES:
15 Ben Atiga,14 Doug Howlett,13 Isaia Toeava,12 Sam Tuitupou,
11 Rudi Wulf, 10 Isa Nacewa, 9 Steve Devine;
8 Jerome Kaino, 7 Daniel Braid, 6 Angus Macdonald,
5 Troy Flavell (c), 4 Greg Rawlinson,
3 John Afoa, 2 Derren Witcombe, 1 Tony Woodcock.
Reserves:
16 Keven Mealamu,17 Nick White,18 Ali Williams,19 Justin Collins,
20 David Gibson, 21 David Holwell, 22 Joe Rokocoko.
SHARKS:
15 Percy Montgomery,14 Odwa Ndungane,13 Waylon Murray,12 Brad Barritt,
11 JP Pietersen,10 Francois Steyn, 9 Ruan Pienaar;
8 Bob Skinstad,7 AJ Venter, 6 Jacques Botes,
5 Johann Muller, 4 Johan Ackerman,
3 BJ Botha, 2 John Smit (c), 1 Deon Carstens.
Reserves:
16 Bismarck du Plessis,17 Tendai Mtawarira,
18 Albert van den Berg, 19 Ryan Kankowski,
20 Warren Britz/Butch James,21 Rory Kockott,22 Adrian Jacobs.


NSW Waratahs v Queensland Reds, Sydney, Saturday 9.40pm:
この試合もある意味注目です(笑)
非常に白熱するでしょうし、トライの取り合いをする予感がします。
ワラタス11番ターナーの凄いトライ(クルセーダーズ戦で見せた)が
また見たいのでトゥキリしっかりパスしてね!


予想は、10点差以内でワラタス
WARATAHS:
15 Peter Hewat,14 Lote Tuqiri,13 Ben Jacobs,12 Morgan Turinui,
11 Lachlan Turner, 10 Sam Norton-Knight, 9 Josh Valentine,
8 David Lyons, 7 Beau Robinson, 6 Rocky Elsom,
5 William Caldwell, 4 Ben Hand,
3 Alastair Baxter, 2 Adam Freier (c), 1 Benn Robinson.
Reserves:
16 Tatafu Polota-Nau,17 Matt Dunning,18 Dean Mumm,19 Wycliff Palu,
20 Josh Holmes, 21 Kurtley Beale, 22 Sam Harris.

REDS:
15 Clinton Schifcofske,14 Andrew Walker,13 Ben Tune,12 Andrew Brown,
11 Peter Hynes, 10 Berrick Barnes, 9 Nic Berry,
8 John Roe (c), 7 David Croft, 6 Mitch Chapman,
5 James Horwill, 4 Hugh McMeniman,
3 David Te Moana, 2 Stephen Moore, 1 Tama Tuirirangi.
Reserves:
16 Sean Hardman,17 Herman Hunt,18 Ed O'Donoghue,19 Tom McVerry,
20 Will Genia, 21 Lloyd Johansson, 22 Quade Cooper.

Bulls v Stormers, Pretoria, Sunday 2am
普通にやったらブルズが勝つでしょう
ストーマーズのスカルク・バーガーの本来の激しさが戻れば
面白い試合になるでしょうが、首の怪我から復帰後に
彼には激しさがなくなった気がします。
自分も彼と同じ手術をしているので彼には頑張って欲しいです。

バーガー復活を信じて7点差以内の接戦になるかな(でもブルズ勝ち)
BULLS:
15 Johan Roets,14 Jaco van der Westhuyzen,13 JP Nel,12 Wynand Olivier,
11 Bryan Habana,10 Derick Hougaard, 9 Fourie du Preez;
8 Pierre Spies, 7 Danie Rossouw, 6 Wikus van Heerden,
5 Victor Matfield, 4 Bakkies Botha,
3 Rayno Gerber, 2 Gary Botha, 1 Gurthro Steenkamp.
Reserves:
16 Jaco Engels,17 Danie Thiart,18 Pedrie Wannenburg,19 Derick Kuun,
20 Heinie Strydom, 21 Morne Steyn, 22 Akona Ndungane.
STORMERS:
15 Conrad Jantjes,14 Breyton Paulse,13 Corne Uys,12 De Wet Barry,
11 Brent Russell, 10 Peter Grant, 9 Bolla Conradie;
8 Justin Melck, 7 Schalk Burger, 6 Luke Watson (c),
5 Andries Bekker, 4 Gerrie Britz,
3 Brok Harris, 2 Schalk Brits, 1 JD Moller.
Reserves:
16 Christiaan Liebenberg,17 Schalk Ferreira,18 Ross Skeate,
19 Joe van Niekerk, 20 JP Joubert,
21 Naas Olivier, 22 . Dylan Des Fountain.

BYES: ACT Brumbies, Lions.

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中
関連記事

Keyword : オールブラックス Super14

Super14 Round 10 レビュー

Round 10
ブルーズの試合は前回書いたので省きます。
Saturday Highlanders v Chiefs Queenstown
クインズタウンで行われた試合ですが
景色が凄い良いところでした、毎年あそこでやって欲しいです
そうすればクインズタウンまで観に行くので。

自分の予想は10点差以内でチーフス

絶好の天気と景色の中で熱い試合で最後まで目が離せませんでした。
トライの取り合いで面白かったかもしれませんが
そのトライの内容がミスが多くてレベルが高いわけではないかと・・・
チーフスの11番大型ウイング(元フランカー)の
キニキニラウは攻撃面では突破力を生かしてチャンスを作り
この試合でもトライに絡むプレーもしていましたが
キック処理を含むディフェンス面での不安は相変わらずで
この試合でもそれが出てトライを取られました。


シヴィヴァトゥのFBに注目していましたが
彼らしいトライも取りましたしポジショニングなどを良くして
キック処理にも上手くなればもっと楽しみになりますね。

シヴィヴァトゥのおかげで2試合外されていたマサンガは
持ち前のスピードと切れ味で2トライを取りましたし
彼はやっぱり先発で使わないともったいないです。

ブルーズ戦に出ていたら勝っていたかもしれませんね。

ハイランダーズは、先日自分が言っていたように
外側のスピードのある選手がトライを取るなど
BKでも勝負が出来ます。
前半オールブラックスのライアンが怪我で退場してから
ラインアウトが劣勢になって、それが終盤の大事なところで
出てしまったのも痛かったです。


あとニック・エヴァンスがコンバージョンを2つ
外したと思うのですが難しくなかっただけにこれも痛かったですね。
チーフスのキッカードナルドはコンバージョン全て決めているし
ゴールキックの差も出ました。

今年のエヴァンスは、キックがいまいちかなって思います。

良かったと思う選手は、お気に入りシオネ・ラウアキの突破力
なかなか倒れず何度もオフロードパスを成功させ
トライも生み出していましたしチャンスを作っていました。

Chiefs 38
Tries; Niva Ta'auso, Sitiveni Sivivatu (2), Lelia Masaga (2).
Cons; Stephen Donald (5). Pen; Stephen Donald.
Highlanders 34
Tries;Lucky Mulipola,Anton Oliver,Viliame Waqaseduadua,
Matt Saunders,Toby Morland.
Cons; Nick Evans (3). Pen; Nick Evans.
Halftime: Chiefs 17-12

Saturday Crusaders v W Force Christchurch
クルセーダーズファンの皆さん先日の予想は失礼いたしました。
昨年に続き引き分けと思い切り書いていましたね(笑)


一番楽しみにしていた試合なのでかなりがっかりです!
それにしてもクルセーダーズ沢山のトライを取ってお疲れ様です。
8個中7個がフォワードが取ったものですからね
良く仕事をするわ、トライも沢山取るわで凄いフォワードです。
それだけ良くサポートについているんでしょう。

この日3トライをしたロス・フィリポ良いですね~
いつもボールに絡んでいますしハンドリングスキルも物凄く高いし
走るコースも非常に良いしラインアウトも良いし最高のロックです。
最後のトライでは、意味不明なポーズで笑わせてくれました。

クリスジャックが居なくても全然問題になりません。

クルセーダーズの選手は皆良い選手ばかりですが
今年際立っているのがNo8のモセ・トゥイアリイ
もちろん昨年も良かったのですが、今年は更にレベルアップしてます。
スピードが物凄くあるだけに走らせたら止まらないので
相手のチームには嫌な存在でしょう。

今のABのNo8があまり好きでないのでトゥイアリイ、ラウアキが
活躍すると凄く嬉しいです。


フォースは、いくら強いクルセーダーズにでも
24Mもモールを押されてトライされるなんて駄目でしょう。
スクラムからサイド攻撃で簡単にゲインされるのも・・・
よくシャークスに勝てたなって今でも信じられません。
セミファイナルには残れませんね。
Crusaders 53
Tries; Filipo(3),Read (2),Tuiali'i, McCaw, Gear.
Cons; Carter (5). Pen; Carter.
Force 0
Halftime: Crusaders 22-0

Saturday Reds v Sharks Brisbane
いや~これも凄い点数取りましたね
始めからあれモードで小競り合い多い試合でした。

レッズが健闘していましたが、それは始めの方だけで
後は、シャークスのやりたい放題で消えかかった?勢いでしたが
再びレッズの助けで戻ってきた感じですね。

毎回レッズのキャプテンのインタビューが可愛そうです。
SHARKS 59
Tries;JP Pietersen 2, AJ Venter 2, Jacques Botes, Bradley Barritt,
Waylon Murray, Bismarck Du Plessis, Keegan Daniel;
Cons; Ruan Pienaar 4, Francois Steyn 3
QUEENSLAND REDS 16
Try; John Roe ;
Cons;Clinton Schifcofske,Pens;Clinton Schifcofske 3

Saturday Stormers v Lions Cape Town
この試合は、ニュースとかでしか見ていませんが
接戦と予想していたのですが圧勝でしたね。

ライオンズは、始めの方と比べると調子が落ちてきた感じでしょうか。
Stormers 30
Tries; Peter Grant; De Wet Barry ;Naas Olivier
Cons;Peter Grant 3,Pens;Peter Grant 3
Lions 8
Tries; Jaque Fourie
Pens;Andre Pretorius;
HT;13-3
Sunday Brumbies v Waratahs Canberra
この試合も興味深く見ていたのですが
見ていてちょっと恐ろしくなって来たというのが正直な気持ちです。

ブランビーズ強い(ワラタスが弱いだけなのか?)
グレーガンとラーカムのおじさんコンビが全盛期のような
調子の良さでしたしまだまだ元気ですね。
昨年の彼らの事は忘れないとオールブラックスもやばいです。

一番の恐怖を感じたのは、6番のフィジアン
名前がまたまた面白くタワケと言うのですが
彼の物凄い突進見ましたか??
あれはやばいですね、今のジェリーコリンズでは止めれないかも?
いやトライネーションズまでには調子も戻ると信じています。(笑)
あの体で意外にも走れますしワラビーズ入りかも知れませんね。

あと目に付いたのが、久しぶりにマーク・ジェラードの
良いランニングを見せてもらった気がします。
それにFBのハクスリーも良いライン参加をしていたのが印象的でした。

しかしラーカムが憎たらしいトライを2つも見せてくれましたね
もしかしたらジェラードの始めのトライも自分で行けたのでは??

ディフェンス余っていなくてもラーカムのマジックで
する~~と抜けてしまうのが納得いきません。
ただのパスダミーじゃないの?っと思ってしまい
「ディフェンスしっかりしろ」って言いたくなりますが、
おとりになっている選手が2,3人最高なタイミングで
走ってきているのがブランビーズの素晴らしいところですね。

段々良い感じに仕上げてきてるので恐ろしい相手ですし
セミファイナルで当るのは非常に嫌な相手です。
クルセーダーズとセミファイナルで当ってください。

BRUMBIES 36
Try;Stephen Larkham 2, Mark Gerrard 2, Jone Tawak;
Cons;Gerrard 2, Huxley 2 ;p;en Huxley;
NSW WARATAHS 10
Try;Rocky Elsom
Con;Peter Hewat , Pen;Peter Hewat
HT;22-3

BYE: Hurricanes/Bulls
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中
関連記事

ダグ100試合記念観戦記 ブルーズvsチータース

Doug1

イーデンパークに行ってきました
ブルーズが調子が良いせいなのか客入りも昨年より多く感じます。
この試合でダグ・ハウレットが100試合を達成する
記念試合と言うこともあるかも知れません。


ch

いつものようにチアガールが男達を盛り上げてくれました(笑)

記念試合と言う事で少し早くダグがグラウンドに入り
少し遅れてフラベルキャプテンを先頭に他の選手も入場。

試合前のセレモニーのおかげで煙が残る中でのキックオフ
これがいつも迷惑だなって思ってるのです。。。


毎試合トエアヴァの突進でチャンスを作っていますが
この試合でも彼が力強くスピードもある突進で2,3人を振り切って
最後はハーフバックのスティーブ・デヴァインに繋いで
簡単に先制トライで会場も大盛り上がりで始まりました。


始めって間もない中での先制トライで、はしゃぎ過ぎたのか
まだ残っている煙をおもいっきり吸って咽てしまいました(笑)

前半終了間際に、またもやトエアヴァが見事なオフロードパス
ブラインドからライン参加したトゥイタヴァキに繋ぎ大きくゲイン
最後はダグ・ハウレットにパスして右隅にトライ!!
ダグは、100試合達成を自身で祝うトライで嬉しそうでした。


前半16-3とブルーズリードですがチーターズも頑張っていました。
L


後半に入ってまたもやトエアヴァが2,3人を振り切り
チャンスを作り途中細かく繋いで最後はトゥイタヴァキが
ダイビングトライを左隅に決め会場は一気に加熱しました。

この試合トエアヴァが凄かったのは言うまでもありませんが
シーズンを通して常にボールの所にいて良い仕事をする
7番ダニエル・ブライドの働きが
地味ではありますが、この日も何度も見せてくれ、
このトライに至るまでも2度ほど絡んでいましたし
彼れも再びトエアヴァと共にAB入りするのではないでしょうか


最後はチーターズに攻め込まれトライを奪われましたが
26-8でブルーズの勝ちでしたが4トライが取れず
ボーナスポイントを逃したのは、痛かったですね。


チーターズは、ブレイクダウンで激しくブールを確保できましたが
BKにまわしてもブルーズのディフェンスが良く攻めてがなく
これからはBKも頑張れば良いチームになると思います。

先発出場のアリ・ウイリアムズは、ラインアウトも良く
ディフェンスでも激しいところを何度が見せてくれたし
かなり良い感じだと思います。


気になったのは、キャプテンのトロイフラベル
後半になって苛立っている場面が多くなり
相手とやり合う場面が何度かあって段々前のフラベルが
出てきている感じが心配でもあります。


Doug2
試合後は、100試合を達成したダグ・ハウレットのセレモニーがあり
ビックモニターに過去のダグの映像など写されていました(一枚目)
この画像は、この時にスピーチしていた写真です。
(画像は全部クリックすると大きく見れます)

Blues 26
Steve Devine, Doug Howlett, Anthony Tuitavake tries;
Isa Nacewa 3 pen, con.

Cheetahs 8
Ryno van der Merwe try;
Herkie Kruger pen.
Ht: 16-3.

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中
関連記事

スーパー14 Round 10  プレビュー

ニュージーランドは、今週末イースターで今日はGood Fridayです。

Apr 6 Blues - Cheetahs Auckland 7:35 PM

いよいよプロテクト組みのアリウイリアムズ、ケビンメアラムが先発
ウイングのジョー・ロコは、ベンチ入りしました。


怪我をしていたトゥイタヴァキもウイングで戻って来ましたし
ブルーズの選手層が厚すぎてベンチに入ることさえ大変ですね。

ベンチ入りしているベテランのホルウェルをあまり使わず
コーチはイサを使い続けていますが
前にも書いたようにこのポジションがキーだと思うので
本職で経験豊富なホルウェルをもっと使って欲しいです。
プレーオフに入れば厳しい試合になるので。。。

先週の試合で頬骨を折ったルークの変わりは
来シーズンからイングランドに移籍するトゥイトゥポーが入り
大暴れする事を期待します。

先週の試合でトライスコアーの新記録を作った
ダグ・ハウレットがこの試合でスーパーラグビー100試合となります。

ブルーズが15点差以上で圧勝するでしょう。
ダグの100試合目を観に行ってきます。
Blues:
15.Ben Atiga,14. Doug Howlett,13. Isaia Toeava,12.Sam Tuitupou,
11. Anthony Tuitavake, 10. Isa Nacewa, 9. Steve Devine,
8. Jerome Kaino, 7. Daniel Braid, 6. Justin Collins,
5. Troy Flavell (capt), 4. Ali Williams,
3. John Afoa, 2. Keven Mealamu, 1. Tony Woodcock.
Res:
16.Derren Witcombe,17.Nick White,18.Greg Rawlinson,19.Angus Macdonald,
20. David Gibson, 21. David Holwell, 22. Joe Rokocoko.

Apr 7 Highlanders - Chiefs Dunedin 2:35 PM
プレーオフに行くには負けられない両チーム。
先週苦しみながらも何とか勝ったハイランダーズと
良い試合はしたもの負けてしまったチーフス

勢いから行くと自分は、チーフスの方があるかと思いますが
先週は、ラインアウトが全然安定していなく
最後までそれが響いた感じがします。
まずセットプレーを安定させないとこの試合も厳しいでしょう。

プロテクト後に帰ってきて調子が上がらないシヴィヴァトゥを
フルバックに下げてきましたがキック処理が心配ですね。

コーチはもっとボールを持たせる機会を増やしたいからと
言っていましたが、復帰してからボールを持っても
ミスが多くチャンスを潰したりもしていたのに・・・

ムリアイナ、アネシのFBがやれる主力選手が怪我で
出れないのがチーフスにとってかなり痛手ですね。

3試合目なのでそろそろシヴィヴァトゥに
しっかりやってもらわないと困ります。


ホームのハイランダーズは、苦しみながらも固いディフェンスで
何とか頑張っているのでこの試合もディフェンスで
頑張れば勝てない試合ではないと思いますが
キャプテン、ジョッシュ・ブラッキーの欠場が痛いですね。

プロテクトの選手が帰って来てスクラムは抜群に安定しているし
セットプレーでの有利を活かしたいところですが
司令塔のニック・エヴァンスの不用意のキックの多さが気になります
彼は、ランプレーも出来るしもっと仕掛けても良いかと・・・
それに外側にはスピードランナーも居るので活かしたいところです。

非常にタフな試合になると思いますが、個人的にチーフスが好きですし、
13番カフイが復帰していきなり良かったので
彼が入って活気付いたチーフスが10点差以内で勝と見ます。

HIGHLANDERS:
15 James Wilson,14 Lucky Mulilpoa,13 Matthew Saunders,12 Aaron Bancroft,
11 Viliame Waqaseduadua, 10 Nick Evans, 9 Jimmy Cowan;
8 Ezra Taylor, 7 Alando Soakai , 6 Craig Newby (c),
5 James Ryan, 4 Hoani MacDonald,
3 Carl Hayman, 2 Anton Oliver, 1 Clarke Dermody.
Reserves:
16 Jason MacDonald,17 Chris King,18 Kane Thompson,19 Hale T-Pole,
20 Toby Morland, 21 Charlie Hore, 22 Callum Bruce.
CHIEFS:
15.Sitiveni Sivivatu,14.Lelia Masaga,13.Richard Kahui,12.Niva Ta'auso,
11.Roy Kinikinilau,10.Stephen Donald,9 Byron Kelleher;
8 Sione Lauaki, 7 Marty Holah, 6 Steven Bates,
5 Keith Robinson, 4 Kristian Ormsby,
3 Nathan White, 2 Tom Willis (c), 1 Simms Davison.
Reserves:
16Aled de Malmanche,17 Ben Castle,18 Jono Gibbes,19Liam Messam,
20 Brendon Leonard, 21 Murray Williams, 22 Dwayne Sweeney.

Apr 7 Crusaders - Force Christchurch 7:35 PM
今週一番注目している試合です。
今ブルーズと並んで勢いのある昨年最下位のフォースと
昨年そのフォースと引き分のクルセーダーズの面白い試合です。

いや昨年最後にビデオレフの判定でノートライになったのは
トライだったと思うので実際は負けていた(笑)


オールブラックのクリスジャックは先週の試合の怪我で
6週間は出られないとの事で残りの試合は出れず
クルセーダーズにとってかなりの痛手ですね。

しかし先週欠場していたスーパースター
ダン・カーターは今週は復帰します

でも自分の一押しのスティーヴン・ブレットがあんなに
良い動きをしているのにベンチに下がるのは残念です。

それにハーフバックのケビン・シニオもベンチですから・・・
まあハーフバックは両方良いのでローテーションですかね。

久しぶりにベテランラルフが11番で先発でハミルトンはベンチです。

メンバー的に見るとクルセーダーズが強いって思うけど
先週の試合とか見ているとちょっとまだ本気モードじゃないかな??
今期不調のワラタス相手で気の緩みかもしれませんが
勢いのあるフォース相手ですし、昨年のようにならないように
今年は力の差を見せ付けるかもしれませんね。

正直に答えるとアンチクルセーダーズなので
フォースに勝ってもらいたいし、勝ったら面白いなっておもうけど
力を比べるとクルセーダーズが上なので・・・

今年も引き分けと言う事で良いじゃないでしょうか(笑)
CRUSADERS:
15 Leon MacDonald,14 Rico Gear,13 Casey Laulala,12 Aaron Mauger,
11 Caleb Ralph, 10 Daniel Carter, 9 Andrew Ellis;
8 Mose Tuiali'i, 7 Richie McCaw (c), 6 Reuben Thorne,
5 Michael Paterson, 4 Ross Filipo,
3 Campbell Johnstone, 2 Corey Flynn, 1 Wyatt Crockett.
Reserves:
16 Ti'i Paulo,17 Ben Franks,18 Kieran Read,19 Johnny Leo'o,
20 Kevin Senio, 21 Stephen Brett, 22 Scott Hamilton.
WESTERN FORCE:
15 Drew Mitchell,14 Digby Ioane,13 Ryan Cross,12 Matt Giteau,
11 Cameron Shepherd, 10 James Hilgendorf, 9 Chris O'Young;
8 Scott Fava, 7 David Pocock, 6 Richard Brown,
5 Nathan Sharpe (c), 4 Rudi Vedelago,
3 Troy Takiari, 2 Tai McIsaac, 1 Gareth Hardy.
Reserves:
16 Brendan Cannon,17 AJ Whalley,18 Luke Doherty,19Matt Hodgson,
20 Jon McGrath, 21 Junior Pelesasa, 22 Haig Sare.


Apr 7 Reds - Sharks Brisbane 9:40 PM
この試合は言うまでもありません。。。

Apr 8 Stormers - Lions Cape Town 3:00 AM
タフな試合になると思います。

Apr 8 Brumbies - Waratahs Canberra 9:40 PM
調子が上がったかのように見えるワラタスがどこまでやれるかが注目ですね。
結構面白い試合になるのではないでしょうか。
ワラタスの勝ち希望です(笑)

Bye Bulls
Bye Hurricanes


にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中

関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

スーパー14 Round 9 レビュー

金曜日に行われた2試合は先日既に書いたのでそれは省きます。

Hurricanes vs Bulls Wellington
正直言ってこの結果にびっくりしています。
注目は、10番に入ったウィプーですがまあまあじゃないでしょうか?
特にゴールキックは、かなり良くて彼のおかげで勝てたかも。


パスがハーフみたいな感じになったりするのは目をつぶっても
本職の人たちより良かったと言われたら彼らが可愛そうな気も・・・

復帰2試合目でABsの3列がある程度動けるようになって
ボールも出るようになったしリズムが出てきた気がします。
これからケーンズつ当るチームはちょっと怖いですね。

試合後にハバナとウィプーが仲良く肩を組んで話している
姿が映っていましたが、何だか凄い光景のように見えました(笑)
特にハバナがむちゃくちゃウィプーに懐いていて
ウィプーは少し嫌がっていたような。。。
Hurricanes:17
Tries: Gear;
Pens: Weepu (4);
Bulls: 9
Pens: Hougaard (3);


Chiefs vs Blues Hamilton
観に行こうかと思いましたが家でスカイで楽しみました。
チーフスが健闘して結構もつれましたが、
マイボールラインアウトを取られすぎなのが痛かったですね。
どうして調子の良くないシヴィヴァトゥを使うのでしょうか?
先週から動きに全然切れもないしミスは多いし
前半戦で活躍していたマサンガを使っていたら
2トライくらいしていたかもしれません(笑)

それにしてもカフイは復帰戦でいきなりきれてましたね~
昨年のAir NZ Cupの時と同様に気合満点で
この試合でも良いところを何ども見せてくれました。
対面のトエアヴァとの対決も面白かったですし
残りの試合も彼から目が離せませんね。


ブルーズは、前半ハンドリングエラーにミスタックルが多く
なかなかリズムに乗れなかった気がしますが
後半からベンチでイライラしていたオールブラックスの二人を
出してきたところからブルーズペースになりましたね。

2戦目のメアラムは、この試合では彼の持ち味をだして
トライも取るしダグ・ハウレットのトライも見事なアシスト!

ダグはこのトライでトライスコアーの新記録を作りました。

ダグは自陣ゴール前のピンチでプロップの突進を止めて
トライを防いでいますし今年のダグはタックルが凄い!!
アリも良かったし来週は、メアラムと仲良く先発で出るそうです。
クラブラグビー調整のジョー・ロコはベンチ入りするそうです。

またチーフスの9番がチャンスで無駄なキックをして
チャンスを潰していましたね、誰とは言いませんが・・・

Chiefs:11
Tries: Lavea;
Pens: Donald (2);
Blues:18
Tries: Howlett; Kaino; Mealamu;
Pens: Nacewa;


Waratahs vs Crusaders Sydney
いや~~凄い試合でしたね。
クルセーダーズが余裕かと思いきやワラタスが追い上げる追い上げる!
珍しくトゥキリがパスもしてましたし
ハミルトンを吹っ飛ばすなど良い突進を何度もしていました。
どうしてもっと早くああいうプレーを見せないのかなって・・・
彼がもっと働けばワラタスがこんなに苦しまなかったのでは?

それにしても11番の彼のトライは凄かった!!
19歳らしいしまだまだこれから伸びる選手ですね。
50M走り何人抜いていったでしょうか?リコも簡単に抜かれてたし
あのトライだけで代表に入れても良いのではと思いたくなりました。


トライの取り合いで終盤はワラタスが押せ押せだったし
勝てた試合だったのに・・・本当に勝てた試合!!
トゥキリの良いランニングから始まったトライ
そして逆転するはずだったコンバージョンが入らなかった!!
その後も彼は、ボールを持って走ってチャンスだ~と見ていたら
タックルもされていないのにボールを落としてノッコン
2度も大きなミスをして何だか可愛そうでした。

クルセーダーズは、とっくに5トライ取っているのに
サイレンがなった後にまたまた懲りずにトライを狙ってましたね。
シャークス戦二の舞(あの時も4トライは既に取っていたのに)に
ならないか心配していましたが、あの中で一番若い
10番スティーヴン・ブレットがタッチに蹴り出した時は
彼の大物ぶり?が見れた気がします。
あの時彼以外は、完全にトライを狙いに行っていましたから。


この試合のワラタスを見ていたら自陣から一気にトライも
取れそうな感じだったしブレットの判断は良かったと思います。

でもまた球を取られて慌てたクルセーダーズも見たかったかも(笑)
やっぱりハーフは、ケヴィン・シニオの方が自分は良いですね。

メイジャーキレが戻ってきたかな。
トゥイアリイがずーと好調ですね、オールブラック復活かな。

ワラタスのフィル・ウォーは、まだ復帰できないのかな?
彼の大ファンなのでが早く戻って来て欲しいです。
Waratahs:33
Tries: Harris; Turner; Norton-Knight; Polota-Nau;
Cons: Hewat (2);
Pens: Hewat (3);
Crusaders:34
Tries: Gear; Tuiali'i; Gear; Johnstone; Laulala; Mauger;
Cons: Brett (2);


Lions vs Brumbies Johannesburg
この試合は、あまり記憶にありません(笑)
全試合見たはずなんだけど 見てないのかな?
ラグビーチャンネルでのリプレー見てみます。

結構接戦じゃないですか。
Lions:9
Pens: Pretorius (3);
Brumbies:14
Tries: Huxley;
Pens: Huxley (2);
Drops: Huxley;

Bye Reds
Bye Stormers


にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

ルーク&ジャック怪我、トゥイトゥポー海外へ

またまたオールブラックスに怪我人が出ました。

クルセーダーズのクリスジャックが先週末のワラタス戦で
膝を痛めたのは見た感じ酷そうでしたね。
今日、レントゲンなどの検査を受けていると思いますが
直ぐには復帰できないのではないかと思っています。

ブルーズでは、二人居ます。
先週末のチーフス戦でトニー・ウッドコック手首を痛めましたが
次の試合は出れるのではないでしょうか。

そして結構酷いのがルーク・マカリスター
タックルをした際に頬骨を骨折しました。
彼は、以前も頬骨を骨折していますし癖になってるのでしょうか。

今日、手術をしたようですが少なくとも1ヶ月は出来ないので
4月はルーク無しで戦う事になりますが
トゥイトゥポーがいるので安心ですね。


そのトゥイトゥポーの話題ですが
何と、何と、びっくりしましたが
イングランドのWorcester clubに移籍するそうです。
チームメートにも誰にも言っていなくて
今日ラジオの番組で初めて発表しました。

彼は、家族と一緒に海外に行ってラグビーをするのに
今が丁度良い時期だと本人は語っていました。

そして海外に行く心のうちは
「エキサイティングしている」と言いながらも
「ナーバスにもなっている」と言っていました。


サイズはないのに凄いタックルをするので大好きだったから
彼が海外に移籍するのは、淋しいですね。

こうなったら絶対にブルーズ優勝しないけないですね。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : オールブラックス

スーパー14 Round9(金曜日)2試合レビュー

自分の予想は、接戦の3点差でフォースの勝ち

前半一番盛り上がった(この試合通じてかも)場面は
フォース12番ギタウが見事なラインブレイク
大きくゲインしてサポートに着いた
トライゲッターのキャメロン・シェパードが
自らを祝うバースデートライ

この日キックが好調のギタウのコンバージョンも決まり13-0

シャークスが2PGを返して13-6のフォースリードで前半を終了

自分が思うにNZレフリーがシャークスの
フォワードパスを結構とっていましたが
フォースのフォワードパスは取ってない様にみえ
フォースに有利目に笛を吹いていた感じに思えました。

後半巻き返したいシャークスは、19歳の超目玉のFrancois Steyn
50Mを超えるDGが決まり1点差で
この後シャークスが勢いに乗るかと思いましたが・・・
ペナルティーが多く自滅でしたね。

Francois Steynは凄いDGは流石大物と思わせてくれましたが
その他でも積極的過ぎてFBだと見ていて冷や冷やするし
彼の本職のファーストファイブをやらしてあげたいです。
でも彼の積極性にプラス安定感が加わったら恐ろしいですね。

終盤に猛烈に追い上げるばかりかシャークスは
シンビンを二人も出して最後は13人で戦うなど
ボーナスポイントも取れずにフォースに破れました。

当初先発メンバーに入っていなかった
ボビー・スキンスタッドが先発出場で注目していましたが
なかなか良い動きをしていたように思います。


もっと接戦を期待していたので少しがっかりですが
シャークスを倒してくれてブルーズにとっては良かったです。

Western Force 22
Cameron Shepherd try;
Matt Giteau 5 pen, con.

Sharks 12
Ruan Pienaar 3 pen, Francois Steyn dg.

Ht: 13-6.


フォースの試合前に行われたハイランダーズvsチーターズ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中

続きを読む

関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : オールブラックス Super14

プロフィール

ラグオ

Author:ラグオ
ラグビーが大好きでラグビー王国ニュージーランドへ。現地のクラブでプレーしニュージーランドラグビーに虜に。それ以来ラグビーシーズンに合わせて日本とNZを何度も行き来して今ではNZに永住。NZラグビー最高です!だからここに来たしこれからも。
趣味は料理、ベイキング、写真など・・・致命傷の怪我でラグビーがやれなくなってからベイキングを始め今では一番の趣味かも。試食したい方はどうぞ(笑)
近い将来再びグラウンドに立てるまでリハビリがてらブログを書いています。心身共に調子が良くないので時々弱気な発言があるかと思いますが許してください。
ラグビー大好きなら大満足出来るそんなラグビー王国から呟いています。ラグビーについて色々語りましょう。

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリー
ブログランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ
↑ランキングに参加中
↓クリックお願い致します


ラグビー ブログランキングへ
RSSフィード
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

オールブラックス ニュージーランド Rugby ラグビー AllBlacks NewZealand Super14 ラグビーワールドカップ スーパー14 ワラビーズ スプリングボクス ブルーズ クルセーダーズ スーパーラグビー Zealand New NZ チーフス ジュニアオールブラックス Blacks All Springboks カンタベリー オークランド ウエールズ ハカ Air Cup アイルランド イングランド ホックスベイ カナダ ジェリーコリンズ フランス サモア Wallabies AirNZCup ダンカーター スコットランド ウエリントン ダグハウレット タナウマガ ハリケーンズ 日本 ストーマーズ ハイランダーズ セブンス ABs Auckland ワイカト タラナキ トップリーグ ハイネケンカップ ブルズ トンガ Australia イタリア Canterbury トライネーションズ Nations SouthAfrica ワラタス SBW ボクシング マオリ サウスアフリカ マンスター ノヌー モセトゥイアリイ Pacific ANZC ブランビーズ ロビーディーンズ スパーラグビー ベッカム キウイ ルークマカリスター AirNewZealandCup シャークス ラグビーチャンネル マフィン ジュニア イーデンパーク ランフリーシールド Premiership England シオネラウアキ オーストラリア ダニーデン トライ ワールドカップ エアニュージーランドカップ ブリディズローカップ ジョニーウィルキンソン トニーブラウン ラグビートニーブラウン ハミルトン スクラム ジャスティンマーシャル オールブラッククス 日本代表 クリスジャック ネットボール 箕内 クリスジャク リコギア リコ・ギア パシフィックネーションズ apan フィジー シオネラウア キースロビンソン リッチーマコウ アリウイリアムズ 海外ラグビー スパー14 Blues ニックエヴァンス サニックス Wellington グレックサマヴィル NZマオリ ダン・カーター サウスランド Waikato W杯 Scotland Ranfurly PACIFIC Shield Six Tonga Supre14 ウェールズ アルゼンチン ロールケーキ デザート サニービルウイリアムズ コスプレ ホワイトロック ドナルド カフイ チョコレート 癒し チータース ライオンズ フォース レッズ バレンタインデー ケーキ ベイキング Otago NorthHarbour シックスネーションズ ジェイソンイートン Super14 ジェーソンイートン クライストチャーチ クラシックオールブラックス Newzealand ABs ジョナロムー シドニー サッカー 派閥 ルーベンソーン ヤマハ アーロンメイジャー ヘンリー 日本代表J AB JonahLomu Jonah Japan Jrオールブラックス Junior Lomu KapaOPango ISLANDERS Guinness Argentina AllBlacksスーパー14 BLUES Bluse France Fiji 妊娠 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。