スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジュニアオールブラックスメンバー発表(フィジー戦)

JrAB

パシフィックネーションズのフィジー戦のメンバーが発表。
前回のサモア戦から7人先発メンバーが変わります。
今年は2人のキャプテン制でやっていてダニエル・ブライドが
ホラーと変わってキャプテンで先発出場
となります。
今年大活躍をしていたので爆発してくれるでしょう!

ブルーズのチームメイトカイノは6番で先発ですし
トゥイアリイを含めた強力な3列陣で楽しみですね。
同じくブルーズのトゥイタヴァキは13番ではなく11番で出場
持ち前のスピードと力強い走りを見せてくれるでしょう。

JUNIOR ALL BLACKS:
15 Cory Jane, 14 Rico Gear, 13 Casey Laulala, 12 Stephen Brett,
11 Anthony Tuitavake, 10 Stephen Donald, 9 Andrew Ellis,
8 Mose Tuiali'i, 7 Daniel Braid (c), 6 Jerome Kaino,
5 Greg Rawlinson, 4 Ross Filipo,
3 Campbell Johnstone, 2 Derren Witcombe, 1 Wyatt Crockett.
Reserves:
16 Tone Kopelani,17 Clarke Dermody,18 Tom Donnelly,19 Marty Holah,
20 Jimmy Cowan, 21 Tane Tu'ipulotu, 22 Scott Hamilton.

昨年のオールブラックスのグレッグ・ローリンソンも
今年のシーズン後にイングランドのチームに移籍が決まり

またもやオールブラックス選手の移籍ですね。
彼が抜けるのはブルーズにとって痛いですね。。。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中
スポンサーサイト
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : オールブラックス Rugby ラグビー ニュージーランド NewZealand AllBlacks ジュニアオールブラックス パシフィックネーションズ

NZマオリ決勝進出!(チャーチルカップ)

New Zealand Maori
Getty Images / Julian Finney

試合も良かったですがこの写真のハカが最高に良かったです!
写真でも解る様にホセア・ギアが裸で指揮で行われたハカですが
マオリのチームなのでこれこそ本物のハカだと感じれる迫力で
見とれてしまったくらい最高に良かったし
オールブラックスハカより良いと思います。

まずはメンバーから
NZ MAORI
15 Shannon Paku, 14 Hosea gear, 13 Dwayne Sweeney,
12 Rua Tipoki(c),11 Anthony Tahana,10 Tamati Ellison,9 Chris Smylie,
8 Warren Smith, 7 Tanerau Latimer, 6 Angus Macdonald,
5 Hayden Triggs, 4 Kristian Ormsby,
3 Ben May, 2 Aled de Malmanche, 1 Craig West.
Reserves:
16 Luke Mahoney, 17 Hoani Tui, 18 Isaac Ross, 19 Jarrad Hoeata,
20 James Rodley, 21 Callum Bruce, 22 Pehi Te Whare.

試合ですが序盤はアイルランドに2トライを奪われるなど
結構苦戦していましたがNZマオリの方がスキルが上でしたし
前半のうちに逆転をできましたがアイルランドも結構やりますね。
カナダはそのアイルランドにそこそこの試合をしていたと思います。

後半に入ると前半頑張っていた疲れがボディーブローのように
効いて来て段々NZマオリの一方的な試合になってきました。
それだけNZマオリの圧力が凄いと言うのでしょうか
Japanも前半は健闘していてもしかしたら勝てるのでは?と言うように
フィジー戦でも思われていますが、この試合と同じように
見えない圧力見たいのが後半足を止めてしまう事になるんでしょうね。
しかしアイルランドは終盤に2トライを返して巻き返して来たし
そこの精神力(もちろん体力もですが)が凄いなと思いました。

そこがJapanと違うところではないでしょうか?
アイルランドは負けはしましたが最後まで良いプレイをして
プライドを持って最後まで戦ってたのでかっこよかったです。

それにしてもNZマオリの試合は面白いです
ウエリントンBKトリオが前半に仲良くトライをしていましたが
その中でもホセア・ギアはスピードもパワーもずば抜けていました。
赤字の人が目立っていた選手でしたが皆目立ってたかも(笑)
ティポキもずば抜けてますし、タマティ・エリソンもセンスの良さを
見せてくれていましたしハリケーンズでもっと使って欲しかった。

クルセーダーズのベン・メイはプロップと思えないくらい
良く走りますしサポートプレイも良く2トライを取ってましたが
プロップで2トライは凄いなって思いました。

珍しく1~3番まで全部やれるチーフスのAled de Malmanche
突進も凄かったですし何度も止血のためにグランドを去っていたのが
解説者も含めて自分もおかしく見てました。

この2人のプロップ陣は将来有望かもしれませんね
特にベン・メイは大型で走れるし最高ですね。

New Zealand Maori 50
Hosea Gear 2, Shannon Paku, Tamati Ellison,
Ben May 2, Callum Bruce tries;
Ellison 5 cons, pen; Dwayne Sweeney con.

Ireland A 22
Darren Cave 2, Keith Earls, David Gannon tries;
Johnny Sexton con.
Ht: 24-12.

こぼれ話ですがタナ・ウマガがまたフランスに行きます。
と言ってもプレイをするのではなくコーチするのでもなく
お金持ちの2部リーグのチームToulon
(今年のスーパー14が始まる前まで所属していた所)
なんとジェネラル・マネージャーで2年契約だそうです。
あまり理解が出来ませんが・・・

そのチームにはアンドリュー・マーティンズ、アントン・オリバー、
ジョージ・グレーガン、確かオレニ・アイイ(元トヨタ)も入りますね。
そしてルーク・マカリスターもまだサインをしてませんが
ここから声が掛かっていると思います。

タナは引退後もNZラグビーに貢献して欲しかったですが
なんでフランスのジェネラル・マネージャーなの??
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中

関連記事

Keyword : ハカ Rugby ラグビー オールブラックス ニュージーランド NZ マオリ タナウマガ NewZealand

オールブラックスメンバー発表(フランス1st Test)

今年のオールブラックスの開幕試合のフランス戦のメンバーです。

ケラハー、ムリアイナ、スミスはハムストリング
ジェリー・コリンズはかかと、オリバーは足
上記のメンバーは怪我でメンバーから外れています。


気になる13番のポジションですがトエアヴァ、ノヌーの両選手が
今日のメイントレーニングには参加していると言う事で
メンバーに入ってますが昨日のニュースは大げさでしたね(笑)

目だった選出はNo8にクリス・マソエが入っていることですね
ヘンリー曰く「No8で経験させてテストレベルに」だそうですが
自分はマソエのNo8は今の人より好きですから嬉しいですね。
出来ればラウアキのNo8が見たいですがもう少し後ですね。
ダグはスーパー14で疲れているだろうから休ませる感じですね。

一押しのブレンダンがベンチ入りしているので
途中出場があれば初キャップと言う事になるので楽しみです!


All Blacks :
15 Leon MacDonald, 14 Joe Rokocoko, 13 Isaia Toeava,
12 Aaron Mauger, 11 Sitiveni Sivivatu, 10 Dan Carter, 9 Piri Weepu,
8 Chris Masoe, 7 Richi McCaw (c),  6 Reuben Thorne,
5 Ali Williams, 4 Chris Jack,
3 Carl Hayman, 2 Keven Mealamu, 1 Tony Woodcock.
Reserves:
16 Andrew Hore,17 Neemia Tialata,18 Troy Flavell,19 Rodney So'oialo,
20 Brendon Leonard , 21 Nick Evans,22 Ma'a Nonu
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中


関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : Rugby オールブラックス ニュージーランド ラグビー NewZealand AllBlacks

ワラビーズvsウエールズ 

Wallabies - Wales in Sydney
結果はあえて書きません。
最後まで解らない試合だったのですが面白い試合だったかは??
でも試合前のワラビーズのロッカールームでの出来事は笑えました。
日本の放送ではどこから放送されるか解りませんがロッカールームで
エンジンを組んでいるシーンがあったら注目してください。
モートロックがそれを見て笑っていたように見えたのが
また笑えますので、でも試合前にあれは気合が抜けそうです。
そういう事もあってか??ワラビーズは解し直ぐに
ミスでトライを取られ、その後もインターセプトで独走トライと
新人の2人が仲良くミスをしてウエールズに2トライをプレゼント。

ウエールズのトライは結局そのミスから取った物だけで
攻め込んでトライチャンスの場面でもトライが取れないと言う
決定力不足をもろに出した試合でした。

11番レギュラーのウイリアムズは出て無かったけど温存してたのかな?
彼が居ればトライを取っていたかもしれないですが。

自分が良いと思っているNo8のWycliff Paluはトライもしましたし
良い動きをしていたように思うしでかいだけでなく器用だと思うし
使い続ければ良い選手になるので使い続けて欲しいです。

オールブラックスを脅かす存在になって欲しいです。
それでトライネーションズを白熱させてください。

ギタウはやっぱり12番です、今回は2番手のハーフで試しているのか
まじでハーフでレギュラーにしようとしているのか
そこのところをはっきりさせないとオージーの国民も怒るでしょう。
ワラビーズの解説者達もギタウが12番に移りグレーガンが
ハーフに入った時に「これがワラビーズだ!!」 と
吼えている人が居ましたがオージーの解説者達はいつも面白いです。

ジェラードの珍プレイも面白かったですが。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : ワラビーズ ウエールズ AllBlacks オールブラックス Rugby ラグビー

大丈夫かオールブラックス?また怪我人!!

ただでさえ怪我人が多いオールブラックスに怪我人が増えました。

週末のクラブラグビーアリ・ウイリアムズが足を怪我。
前回記事にもしたムリアイナとコンラド・スミスの2人は
まだハムストリングの怪我が良くならず別メニュー
なんとByron Kelleherまでハムストリングを怪我したそうで
チームメイトの新星ブレンダンにレギュラーを取られるのでは?
その前にウィプーが居ますが・・・

ノヌーは折角オールブラックスに昇格してチャンスなのに
トエアヴァと同じく足首の怪我だそうでチャンスを逃してますね。


こうなると13番は誰がやるのか??
ラウララかトゥイタヴァキがJrから昇格か?
自分が前から思っている事ですがリコ・ギアにセンターをやって欲しい
ABに居ないといけない選手ですし一番問題のポジションの13番を
やる選手たちが怪我人ばかりだしこの際リコにやらせて欲しい。
そこで使える見通しがつけばWCに向けて明るい材料になります。

ブルーズでもセンターをやったりAir NZ Cupでもセンターやってるし
センターに向いている選手だと思うしオールブラックスでも
充分やれる選手だと思うので是非リコをセンターで使って欲しい!


それにしても怪我人が多すぎますね。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中

関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : オールブラックス ニュージーランド Rugby リコ・ギア ラグビー NewZealand AllBlacks

強いぞ!サモア

Jrオールブラックスの初戦はサモア
昨日の記事でハカはやらないと思うと書きましたが
今年のJrはハカをやってましたので(リコの指揮)
日本でも見れるので皆さんお楽しみに。


この試合でサモアがかなり強力なことが解りました。
試合開始僅か2分くらいでジョン・アフォアがキックチャージから
そのままボールを拾ってトライ
、その後もリコが何時もの様に
ノッコンに見えるトライの仕方でトライ
(実際はノッコンでしたね)
と開始6分で2トライとやっぱりこのメンバーだから圧勝かな・・・
と思っていたのはその時だけであとはきちんと試合になってました。
最初に簡単に2トライをしたのでJrの選手は楽勝と思って
気を緩めたかもしれませんね。。。

グラウンドが先週よりは大分良いほうだと思いますが
それでも途中からはグラウンドの状態はかなり悪くなってました。
それもあり選手が足を滑らす事が多かったかも知れません。

スキル等はJrオールブラックスがかなり上ですが
サモアもスーパー14、ヨーロッパ等で活躍する選手が多く
コンタクトプレイも相変わらず強くてJrABもかなり手こずりました。
格上相手にサモアは物凄い闘争心で相手を殺してやるくらいの
勢いがありましたし見ていて迫力がありました。
セットピースの劣勢とラインブレイクも何度か許してましたが
最後まで諦めない、しつこいディフェンスでした。

そう言ったサモアの闘争心が光って前半は19-3と良い試合でした。

後半もサモアの集中力は切れずしかもトライも取りましたし
サモアはかなり強いと思います。

Jrオールブラックスは、サモアのしつこいディフェンスに
悩まされたかもしれませんがやはり力は上なので
なかなかトライはさせませんでした。
コリー・ジェーンが何度かラインブレイクをしてましたが
良いパスがウイングまで繋がらなかったりとコンビネーションが
まだ一戦目なので合っていないのもありましたし
これから試合を重ねていけば凄みが増していくでしょう。
と言うことは日本とやる時には全快かな??

ドナルド、ブレットも良かったと思うしこの2人のコンビを
この先ももっと見てみたいなっと思いました。

グラウンドがもっと良いところでやれればJrがもっと展開できたと
思うのでこの先はもっと展開ラグビーでトライを沢山取るでしょう。

カイノの髪型が結構いけてたのが印象的でした(笑)

サモアの闘争心は凄い物がありかなり強いという事で
日本代表も彼らに負けないくらいの闘争心でやって欲しいです。
これからサモアとやるところは要注意ですね
もしかしたらもっとヨーロッパでやってる選手が入るのかな? 

次回は週末のテストマッチ編
ワラビーズは・・・?  スプリングボクスかなり良い感じです!!
Samoa 10
David Lemi try; Gavin Williams con, pen.
Junior All Blacks 31
John Afoa, Rico Gear 2, Mose Tuiali'i, Ross Filipo tries;
Stephen Donald 3 con.

HT: 3-19

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : オールブラックス Rugby ニュージーランド NZ サモア Jrオールブラックス AB

オーストラリアA好発進!日本代表は・・・

オーストラリアAがトンガ相手に60-15で圧勝でしたが
前半はトンガが最初のトライを奪うなど13-8と僅か5点差でした。
後半に入りトンガFWが疲れだしてそこからオーストラリアAが
有利に試合を進め突き放しました。
14番のウイングの選手のGKが良かったように思いました。

ワラビーズでもある9番サム・コーディングリー
レッズで全然出ていないなと思ったら慢性的?な足の痛みで
10ヶ月くらい試合をしてなかったようですが
昨日は試合の中で徐々に調子を上げていた感じです。

トンガは前半は健闘しましたしブレイクダウンも激しいので
日本はかなり苦しい試合になると思います。

今日のフィジーとの試合でも後半から崩れているし
次のトンガ戦はFWがフィジーより強いだろうし
もっと厳しい試合になると思います。
タッチキックをしっかり蹴るという基本的な事がやれず
自滅して更には突き放されるという残念な試合でした。

クラシックオールブラックス戦でも勝てた試合とか言われていたし
この試合でも勝てた試合とか言われているそうですが
どちらの試合も勝てる試合ではなかったと思います。

厳しい言い方ですが基本的な事が出来ない上に
ミスをした後がもっと大事なのにそれを修正できなかったり
その後に食いついていけないので今までと同じだと思いました。

明日はジュニアオールブラックスの初戦ですが
まだワールドカップに選考される可能性があるし
選手達は必死でやると思うのでサモア相手でも圧勝すると思います
Japanの選手はこの試合を見て目を覚ましてくれると良いですが・・・
恐ろしい相手とやると言う事が明日解るでしょう。
昨年のチームとは全くレベルが違うチームです。


Jrオールブラックスは昨年もハカをやっていないと思うので
今年も無しだと思います、明日ハカをやるか見ておきます


にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : ニュージーランド Rugby ラグビー オーストラリア ジュニア オールブラックス

NZマオリ快勝!(Churchill Cup)

英国で行われているチャーチルカップ
カナダは39-20でアイルランドAに敗れこの試合が2戦目

NZマオリはカナダ相手に9トライの猛攻で圧勝
前半カナダはモールを押してFWでトライを取るなど
健闘していましたがボールを展開されるとディフェンスが
ついていけずにトライを取られまくりました。

目立ったのは12番ティポキで何度か得意のラインブレイク
見せてくれてチャンスを作っていました、
あとは10番カラム・ブルースが上手くBKを動かしていたし
自らトライ
をするなど良い動きを見せていました。
スーパー14では全然出番がなかったアントニー・タハナ(チーフス)が
2トライをするなど久しぶりに元気な姿を見せてくれました。


カナダの5番だったと思うのですがラインアウトがかなり高く
何度かNZマオリボールを割っていたと思うので
ワールドカップでJapanはカナダにラインアウトで苦しめられるかも。
それにブレイクダウンでも苦しめられるかな??


NZマオリ相手にこの点数差で負けたカナダは6月16日には
オールブラックス戦ではどうなる事やら相手チームながら心配です。

NZマオリはちょっと点数を取られ過ぎたかな。

NZ Maori 59
Scott Waldrom, Pehi Te Whare, Anthony Tahana 2, Glen Horton,
Callum Bruce, Jason Kawau, Tamati Ellison, Warren Smith tries;
Bruce 7 con.
Canada 23
Adam Kleeberger, Michael Pyke, Aaron Carpenter tries;
James Pritchard con, 2 pen.

HT: 31-6.

今後のNZマオリの日程
May 29: New Zealand Maori v Ireland A, Exeter
June 2: Churchill Cup finals day, Twickenham.

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中


関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : オールブラックス NZ マオリ ニュージーランド Rugby ラグビー

オタゴ大丈夫か?ニックエヴァンスまで・・・

2004年からハイランダーズで活躍していたオールブラックスでもある
ニック・エヴァンスが来年オタゴを去ることになりそうです。
彼の地元はオークランドだし家族はオークランドに居るのかな?
もっと家族と一緒に居たいとの事で地元に帰ることを決めたようです。

オークランドに入るのか前のチームのノースハーバーに入るのかは
まだ決めてないようですが来年からはブルーズでやる事になりそうで
来年のブルーズは安定感がある試合が出来そうですね。


オリバー、ハイマン、ブラッキー、フィリポレヴィと
ニックエヴァンスを入れて3人のオールブラックス
2人の主力選手が抜けて来年のスーパー14は大丈夫かな?
(今年も両センターのレギュラーが移籍してます)
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : オールブラックス スーパー14

Jrオールブラックス-サモア戦メンバー(Pacific Nations)

May 26 - Samoa v Junior All Blacks , Apia
いよいよ強力ジュニアオールブラックスが出陣ですね。
キャップ保持者が14人(赤文字)メンバーに入っていて
10人が先発出場となりますが、メンバー表で見ると改めて
凄いメンツだなって思わしてくれますし今にもABに入れる選手も
何人か居るのでこのレベルでは物足りないのでは?

青文字がノンキャプ選手で今年のスーパー14で活躍した選手で
この大会でも注目している選手で特に自分が注目しているのは
3人のBKの選手でチーフスのドナルドはAB入りも目前ですし
大事なアピールの場ですので今までのように活躍して欲しいです。

本職は10番のスティーブン・ブレットはサム・トゥイトゥポーの
怪我もあり12番で出場ですがドナルドとのコンビが面白そうです。

サモアも海外で活躍している選手が多く強力なメンバーですが
JrAB相手では勝ち目はないと思います。
まずセットピースで頑張れば良い試合になるかもしれませんね。

JUNIOR ALL BLACKS:
15.Cory Jane, 14.Rico Gear, 13.Casey Laulala, 12.Stephen Brett,
11. Scott Hamilton, 10. Stephen Donald, 9. Jimmy Cowan,
8. Mose Tuiali’i, 7. Marty Holah (captain), 6. Kieran Read,
5. Greg Rawlinson, 4. Hoani MacDonald,
3. John Afoa, 2. Derren Witcombe, 1. Clarke Dermody
Reserves:
16.Tone Kopelani,17.Campbell Johnstone,18.Ross Filipo,19.Jerome Kaino,
20.Andrew Ellis,21.Anthony Tuitavake,22.Daniel Braid/Tane Tu’ipulotu

以下がその他の試合ですがJapanはどうなんでしょう?
May 25 - Tonga v Australia A, Sydney
May 26 - Fiji v Japan, Lautaoka, Fiji

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : オールブラックス AllBlacks Junior ジュニア ニュージーランド Pacific Nations

マーア・ノヌーがオールブラックスに昇格

先週の発表でオールブラックスに選ばれなかったマーア・ノヌー
先日の記事にも書いたようにコンラド・スミスが怪我
ノヌーに声が掛かるかと思ったけどムリアイナがセンター
ところがそのムリアイナもハムストリングを痛めていて
スミス、ムリアイナ共に回復までにもう少し時間が掛かるようで
急遽ノヌーがABに呼ばれることになりました。

ラッキーな事に早くもチャンスが巡ってきたのでこれを活かせるか?
突破力はNo1と言っても良いので勢いに乗ればこのままABに残るか??
Nonu
(写真は2003年のNPCの試合後のノヌー)クリックすると大きく見れます
ノヌーの変わりにチーフスのタネ・トゥイプロトゥ
ジュニアオールブラックスに入ります。

今週末からテストマッチが始まりますが
サウスアフリカは先週あんなに激しい試合をしたのに
休みなく今週からテストマッチですが体がもたないのでは?
ヘンリーの真似してコンディショニング選手を指名したらどうかな?

スプリングボクスのハーフのデゥプレアが肩の怪我を悪化させて
テストマッチを5試合欠場
するそうでシャークスのピナールが
ここでアピールすればレギュラー争いも面白くなりそうですね。

ワラビーズのコーチはギタウをまたもやハーフで使うと言う
彼の才能を発揮できなくさせるメンバー構成は理解できません。
ギタウは12番に居た方がかなり怖いのに・・・
ライバルチームですがかなり心配になってます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : オールブラックス スプリングボクス サウスアフリカ ワラビーズ

気になるブルーズのオールブラックス

トロイ・フラベルからBad Boyを引き継いだアリ・ウイリアムズ
スーパー14の試合に出してもらえなかったジョー・ロコゾコ
この2人は金曜日のオールブラックスの発表で名前がありましたが
大丈夫なのかと思われている人も多いと思います。

セミファイナルの時にチームメイトからの要請もあり
強制帰国されたアリはクラブラグビーの試合に出て活躍してました。
先週末もアリはクラブラグビーに出場してBad Boyぶりも出しながらも
2試合を通じて良い動きとしていたと思います。
(写真はAliとそのお兄さんがジャンプするラインアウト)
Ali
(クリックすると大きく見れます)
そのアリのチームの試合には豪華なメンバーが・・・
11番はルーキーながらもスーパー14レベルでも充分やっていける
デイビット・スミスの力強くスピードのあるランニングで
沢山の観衆を盛り上げてくれるなど大活躍でした。

昨年のクラブラグビーで見たときにも凄い選手がいるな~と
思っていたらオークランド代表になり大活躍
今年はスーパー14でも活躍したしまだまだ伸びる選手でしょう。

そして今回はJrABとなったサム・トゥイトゥポーは12番ではなく
13番で出場していましたが繋ぎ役が多かった印象でした。
(写真は試合後のオークランド代表のチームメイトで固まって
話をするアリ、サム、そして7s代表でもあるLachie Munro)
Ali-Sam-Lachie Munro
(クリックすると大きく見れます)
もっと気になるジョー・ロコゾコも先週末にクラブラグビーに出場
トライをあげるなど少しずつ調子を上げているようです。
2週前はアリにマスコミが集り先週末はジョーに集って居たようです。

アリ、ジョーがスーパー14では調整選手に入っていて
半分くらいは試合に出れないと言う事になっていましたが
今度はフラベルとダグに対してヘンリーが調整の提案とか・・・
それを本当にするなら初戦のイーデンパークで彼らは出ないのか?
地元オークランドでやるのにそれは勘弁してくださいよ。

ブルーズとは関係ありませんが13番のスペシャリストとして
スーパー14で不調ながらも何とかオールブラックスに入れた
コンラド・スミスが週末のクラブラグビーで怪我だそうです・・・
スーパー14の時に痛めたハムストリングの怪我が再発で
折角選ばれたのにこんな事では一番問題のポジションだから
この先大丈夫でしょうか?トエアヴァもセミファイナルで
怪我をしているし2人の怪我が良くなるまでの代わりには
ムリアイナが勤める事になりそうでスーパー14不調だった
マクドナルドが15番のポジションに入るのですね。

怪我人が多いオールブラックスの調整はどうなるか??
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中

関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

パシフィックネーションズ開幕。

パシフィックネーションズがサモアvsフィジーで開幕しました。
昨年のサモアのホームゲームはニュージーランドで行われていましたが
今年は自国サモアで全ての試合が行われるようですが
グラウンドの状態が良くないのか、雨上がりのグランドは
水溜り状態でしたし、試合が始まるとどんどん泥沼のようになり
とてもラグビーをする環境といえないくらい酷すぎです。

そういう事もありハンドリングエラーが多く展開はあまり見れず
サモアの1トライのみで8-3と超ロースコアーでサモアの勝ち
この天候からサモアが有利かと思っていましたが
フィジーのディフェンスがサモアの突進を粘り強く止めていました。

サモアのメンバーは今年から日本に行くハイランダーズの
フィリポ・レヴィ、ケーンズのロメ・ファータウ
スーパー14で活躍している又はしていた選手等
その他ヨーロッパで活躍している選手が多く強力だと思います。
ラインアウトはロック陣がかなり強いと思います(特にレヴィの相方)

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Super14 Final  Review

凄かったとにかく凄かった!!
ファイナルに相応しく接戦のゲームでしたし
始めから激しい攻防で見ていて興奮する内容でした。

前半ブルズはセットプレイでは相変わらず良かったのですが
細かいミスがあり攻め倦んだりしていた感じでしたし
ペナルティーが多かった気がします。

シャークスはブルズのプレッシャーが強いからかラインアウトで
いつもより安定感がない
ように思えましたが
ブレイクダウンでは何度かターンオーバーと有利にたっていましたし
ブルズの反則でモンゴメリーが確実にPGを決めていました。

後半はブルズがシャークス陣に攻め込んでいる時間が多く
トライチャンスも何度かありましたが、シャークスのディフェンスに
阻まれて逆転する事が出来ません。


逆にシャークスが試合終了間際(78分)にワンチャンスを活かして
貴重なトライを取り試合は決まりか?
と思って
少しの間画面から目を離していてブルズのキックオフ・・・
点数は19-13?あれコンバージョン外したのか??
そんなに難しくないのにスタインが外したのか・・・
決めていれば8点差で完全に試合が決まっているのに
ちょっとまてよ・・・今のコンバージョン外したのまずいぞ。

ブルズのキックオフだからシャークスがボールをキープしやすい
あまり覚えてないけどキープしたと思う。
ドライビングモールなりサイドつくなり時間稼ぎをすれば良いのに
それをせずキックしかもノータッチ!
勿論ノーサイドの笛はならない
ちょっとこれはシャークス気を抜いていてまずくないか?

ブルズはカウンターからボールをキープし続けてジワジワと
シャークス陣に入り途中交代で入ったハーフもセミファイナルで
クルセーダーズ相手にやれた自信からか良いボールをテンポ良く出し
トライゲッターのハバナにボールをまわした
でもスペースがないしディフェンスもしっかり居た。
そのディフェンスが一杯居るけどハバナの快速を警戒してか
外側により過ぎていて中央付近に大きなぎゃプが・・・


その時思わず「あ!!ギャップだ!!」と叫んだ。
ディフェンスに捕まらないように始めは横に走るようにし
そこから体制を立て直してギャップに走りこんで一気に加速!!
だれも触る事が出来ずにハバナはインゴールへ飛び込んだ!
あ~~~~~~~~~~~~~~!!! トライ!!!!

しかも真ん中に近い!コンバージョンは決まるだろう
セミファイナルでも100%だったので問題なく決めて逆転
インジャリータイムで見事な逆転勝利でブルズ初優勝!

4,5分前トライした時にはシャークスの選手もコーチーも
サポーターもそしてテレビを見ている人がシャークスの勝ちを
ほぼ確信したと思う、実際に自分もそう思った。


やはり戦いと言う物は最後まで気を緩めてはいけない
その怖さをまざまざと見せ付けられた試合だった。

コンバージョンも勝ちと思ってて気が緩んだからかもしれない・・・
その後のキックオフでキープしたボールを簡単に相手に渡したのも
気が緩んでいたかもしれない・・・

シャークスは天国から一気に地獄に落ちた気分だろう
選手の表情がそれを物語っていたのが良く解る。
怖い、怖い、あんなどん底に落とされるなんて怖い!

自分が致命傷の怪我をしてシーズン直前の診察で
ラグビーをやるには危険すぎるからもう辞めなさい」
そう言われた時も一気にどん底に落とされた感じだった。

準優勝でも嬉しくともなんともないと思う
シャークスの選手は悔しさで一杯だろう。
この悔しさを味わったシャークスのキャプテン ジョン・スミットは
二度と同じ過ちを犯さないと誓っただろう。
彼はスプリングボクスのキャプテンでもあるし
ボクスの存在はますます恐ろしくなるに違いない。


最後まで熱い試合を見せてくれた両チームに感謝したい
折角手術までしたんだし自分も早く熱くなれるラグビーがしたい。

2007年スーパー14優勝ブルズ!おめでとうございます。
準優勝!シャークスお疲れ様でした。


Sharks 19
JP Pietersen, Albert van den Berg tries;
Percy Montgomery 3 pen.
Bulls 20
Pierre Spies, Bryan Habana tries;
Derick Hougaard 2 con, 2 pen.

HT: 14-10

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中

関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : Super14 ラグビー スプリングボクス スーパー14

ラッキー選手アンラッキー選手

昨日のニュースの主役はブレンダン・レナード
その一方で選ばれてもおかしくない選手が落とされたりと
色々騒がしいニュージーランドで流石ラグビー王国

今回選ばれた選手の写真が見れるので以下をクリックしてみて下さい。
http://www.nzherald.co.nz/multimedia/image.cfm?c_id=116&objectid=10440428

毎回オールブラックスの発表があり
その後直ぐに報道陣の質問タイムは毎回必ず行われて
コーチ陣に対して質問攻めをする。
こうやって質問を与える機会を作るのが凄いなって思う。
いちいち聞かれるのは正直うざいと思うけど
それを逃げずにしっかりひとつひとつ答えているのがまた凄い。

今回の選考で一番迷ったのは10番の控えの選手と言っていたと思う
チーフスで大活躍したドナルドの成長は凄かったので
選ばれてもおかしくない選手だったけど
弱いハイランダーズを支えてきたし、経験のあるエヴァンスが
最終的には選ばれたがこれは仕方がないかと思う。

あとはセンター陣もかなり迷っただろう
昨年末の遠征に選ばれて良い動きを見せていたスミス、ノヌー
しかしスーパー14での出来はショックと言っても良い程だった。
セレクターはWCの大事な年だしスペシャリストの選手に
こだわっているようでスミスが選ばれたのだと思う


ウイングは4人とも世界でもトップクラスの選手だし
これまたかなり迷ったと思う、昨年末の遠征では怪我が完治しても
結局呼ばれなかったダグが今回は選ばれてリコが変わりに落ちた


ダグが大好きな自分としては嬉しいけど正直複雑な気持ちです。
この複雑な気持ちはまた後ほど書かせてもらいます。

今回ラッキーで選ばれた人とアンラッキーだった人の写真が
見れるので以下をクリックしてみてください。
http://www.nzherald.co.nz/multimedia/image.cfm?c_id=80&objectid=10440439
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

祝!ブレンダン・レナード

AB
新しく2人が選ばれたうちの1人のブレンダン・レナード
昨年のAir NZ Cupからスピードがあり良い選手だと注目していました。
注目選手で取り上げた選手の記事は以下です。
http://nzrugger.blog72.fc2.com/blog-entry-57.html
ジミーカーワンはディフェンスが凄くて経験もあるし
ブレンダンは今年が初めてのスーパー14だから厳しいかと思ったりも
でもあのスピードのあるプレイは選ばれても良いはずだし
自分の一押しなので2日前くらいの記事での予想で彼を入れていて
それが当てくれて今日の発表では自分も凄く嬉しかったです。

ヘンリーは「ジミー・カーワンとエリスよりアタック能力が上」
と言うように自分が思っていた彼のスピードが魅力だったようですし
キック、ディフェンスの事も評価していた気がします。


イーデンパークでの発表でしたがブレンダンも来ていて
発表の後のインタビューでは興奮しながら話してました。

連絡があったのは昨夜の8時半でやっぱり凄いびっくりしたとの事
それはびっくりするでしょうね~~
その後家族に話すときのエピソードなども面白かったです。


今年はルーキーでのスーパー14でABのケラハーが調整で居ない時でも
昨年Jrオールブラックスだったジェイミー・ナットブラウン
居るし毎回出番があったわけでもなくなかなか長い時間
グラウンドに立たせてもらえなかったりしていましたが
終盤に猛アピールで彼の持ち味を出して夢を掴みました。

まだ注目されていない時から彼には目を向けていたし
ブレンダンがオールブラックに選ばれて本当に嬉しかったです。

Brendam
JOHN SELKIRK/Dominion Post

もう1人のニューキャップのジョン・シュワルガーが選ばれたのも
びっくりしましたが(ダーモディーが選ばれるかと・・・)
ウエリントンで取材を受けていましたが彼も興奮してました。
2004年にU21に選ばれていて左右組める貴重なプロップで
ヘンリーのコメントにも左右組める事が大きいと言われていました。

ブレンダン・レナード、ジョン・シュワルガーおめでとう!
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

豪華なジュニア・オールブラックス発表!

JrAB

Junior All Blacks squad:
John Afoa (Auckland), Stephen Brett (Canterbury),
Daniel Braid (Auckland - co-captain), Jimmy Cowan (Southland),
Wyatt Crockett (Canterbury), Clarke Dermody (Southland),
Stephen Donald (Waikato), Andrew Ellis (Canterbury),
Ross Filipo (Wellington), Corey Flynn (Canterbury),
Rico Gear (Tasman), Scott Hamilton (Canterbury),
Marty Holah (Waikato - co-captain), Cory Jane (Wellington),
Campbell Johnstone (Canterbury), Jerome Kaino (Auckland),
Casey Laulala (Canterbury), Hoani MacDonald (Southland),
Ma'a Nonu (Wellington), Greg Rawlinson (North Harbour),
Kieran Read (Canterbury), Mose Tuiali'i (Canterbury),
Anthony Tuitavake (North Harbour), Sam Tuitupou (Auckland),
Derren Witcombe (Auckland), Rudi Wulf (North Harbour).
凄いキャップ保持者が17人(太字)何人かはABでもいけるし。。。
日本はこのメンバーと対戦するんですよ、しかも最後の方には
ラウアキの怪我が回復すると見てここで調整で出てくるとか!!

この豪華なメンバーが来日ですね~~

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

速報!ニューキャップ2名-オールブラックス30名発表!

AB

All Blacks squad to tour France and Canada and
to contest the 2007 Philips Tri-Nations:


Forwards:
Jerry Collins (Wellington), Troy Flavell (Auckland),
Carl Hayman (Otago), Andrew Hore (Taranaki),
Chris Jack (Tasman), Richie McCaw(Canterbury),
Chris Masoe (Wellington), Keven Mealamu (Auckland),
Anton Oliver (Otago), Keith Robinson (Chiefs),
John Schwalger (Hurricanes), Rodney So'oialo (Wellington),
Neemia Tialata (Hurricanes), Reuben Thorne(Canterbury),
Ali Williams (Auckland), Tony Woodcock (North Harbour).

Backs:
Dan Carter(Canterbury), Nick Evans (Highlanders),
Doug Howlett (Auckland), Byron Kelleher (Waikato),
Brendon Leonard (Chiefs),
Leon MacDonald (Canterbury), Aaron Mauger (Canterbury),
Luke McAlister (Auckland),
Malili Muliaina (Waikato), Josevata Rokocoko (Auckland),
Conrad Smith (Huricanes), Sitiveni Sivivatu (Waikato),
Isaia Toeava (Auckland), Piri Weepu (Wellington).

結局、怪我人2人を省いた調整選手だったの20人(太字でない選手)は
全て選ばれていることになりました。
ニューキャップは自分の一押しのブレンダン・レナードが入ってます!!

注目のシオネ・ラウアキは先週の金曜日に膝の手術をしていて
5週間は駄目とのことで今回は選ばれてません。


詳しくはまた後ほど!

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : オールブラックス

開幕間近!パシフィック6ネーションズ

気がついたら今週末にパシフィックネーションズが開幕ですね。
そう言えば少し前からスカイのCMでも頻繁に流れだしてた。

Jrオールブラックスの初戦は今月の26日のサモア戦です
Jrオールブラックスで試合になるのは6月16日の豪州Aとだけで
後は真面目にやれば圧勝は間違いないでしょう。

明日のオールブラックスの発表と同時にJrも発表がありますが
ABに漏れた選手はJrにまわるでしょうが、昨年はABが2チーム編成で
やっていたので30人以上選んでいたと思うので今年はJrABに
落ちてくる選手が多いので、昨年より良い選手が選ばれるでしょう。
日本はホームでこのJrABとやるので相当な覚悟がいりますね。
日程
May 19
- Samoa v Fiji, Apia
May 25 - Tonga v Australia A, Sydney
May 26 - Samoa v Junior All Blacks , Apia
May 26 - Fiji v Japan, Lautaoka, Fiji
June 2 - Tonga v Japan, Coffs Harbour (Australia)
June 2 - Australia A v Samoa, Coffs Harbour
June 2 - Fiji v Junior All Blacks , Suva
June 9 - Tonga v Junior All Blacks , Nuku'alofa
June 9 - Australia A v Japan, Townsville
June 16 - Japan v Samoa, Sendai City
June 16 - Fiji v Tonga, Lautoka
June 16 - Junior All Blacks v Australia A, Dunedin
June 23 - Samoa v Tonga, Apia
June 23 - Fiji v Australia A, Suva
June 24 - Japan v Junior All Blacks , Tokyo

いよいよ明日がオールブラックス30人の発表です。
フランス2試合とカナダ戦の合計3試合のメンバーで
その後のトライネーションズでは若干変わったりすると思うのですが
まずは今年初めての発表なのでワクワクしますね。
FWが16人BK14人の選考か、FW17人BK13人かがまず注目です。
昨日自分が書いたのはFW16人BK14(15)人13番はまだ1人削ってないので。

JrABの発表も含めて楽しみです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : オールブラックス

オールブラックスメンバー予想!

今週の金曜日のランチタイムに30人のメンバーが発表です。

PR
トニー・ウッドコクカール・ハイマングレッグ・サマヴィル
ティアラタ、クラーク・ダーモディー
HO
ケヴィン・メララムアントン・オリバーアンドリュー・ホア
コーリー・フリントム・ウィリス、ディラン・ウィットコム
LO
クリス・ジャックアリ・ウイリアムズジェイソン・イートン
キース・ロビンソン、トロイ・フラヴェル(Lo&6番)グレッグ・ローリンソン
ロス・フィリポ
3列
6番ジェリーコリンズルーベンソーン
ジェローム・カイノ(6,8)、リアム・メッサム(6,8)
7番リッチー・マコウクリス・マソエ(3列全部)、
ダニエル・ブライドマティー・ホラー
No.8
ロドニー・ソーイアロ
シオネ・ラウアキ(6,8)モセ・トゥイアリイ
HB
バイロン・ケラハーピリ・ウィプー
ジミー・カウワンブレンダン・レナードケヴィン・シニオ
10番
ダン・カーター、ニック・エヴァンス、スティーヴン・ドナルド
12番
アーロン・メイジャー、ルーク・マカリスター 
13番
イサイア・トエアヴァ、コンラド・スミス、マア・ノヌー(11~14)
WTB
シティヴェニ・シヴィヴァトゥ(11)、ジョー・ロコゾコ(11,14)
リコ・ギア(14)、ダグ・ハウレット(14,15)、

FB
リオン・マクドナルドミルス・ムリアイナ(13,15)

下線文がスーパー14の半分くらい出さしてもらえなかった調整選手。
赤字の選手が自分が思う金曜日に発表される選手です。
その他の赤字選手で打ち消しにしてある選手は良い活躍をして
選ばれても良いかな?と思う選手などです。

22人の調整選手で打ち消し線をしてあるサマヴィルとイートンは怪我。
サマヴィルの怪我を埋めるのが両方組めるティアラタとダーモディーが
選ばれると予想。
イートンの抜けたロックは二人追加になるでしょうから。

HOですが調整選手だったアンドリュー・ホアを消してあるのは
クルセーダーズのコーリー・フリン、チーフスのトム・ウィリスより
下回ると思うし
ブルーズの元オールブラック(3人とも)でもある
ディラン・ウィットコム
が首の怪我から見事復帰して
メララムが居ない間に以前の調子まで戻った感じなので
この3人で迷うところです自分と同じ怪我をしてカムバックしたので
物凄く応援したい人なのもありますしウィットコムが安定してるかな。

3列ですが一番迷うところですね。
調整選手のルーベン・ソーン以外は必ず入るでしょうが
プラスしたい選手ばかりです、一番必要(入れたい)だと思うのは
クルセーダーズ戦でパワフル全開なところを見せたシオネ・ラウアキ!
リッチーを吹っ飛ばしたりオフロードのスキルも高いしとにかく強い!
ディフェンスにとっては凄い嫌な選手なはずだし劣勢の時でも
流れを変えるのはラウアキの突破力しかないので必ず!!


30人と決まっている?はずなので本当は入れたいのに打消しした
ブルーズで大活躍をしたダニエル・ブライド、リッチーより凄いのでは?と思うくらい
今期のブライドは素晴らしかったので是非入れたいですが・・・
ブルーズのカイノ、チーフスのメッサムもかなり良いと思うのですが
層が厚いポジションなのでブライドと同じく厳しいでしょう。
ダニエル・ブライド入れたいな~~

ハーフバックは3人目がかなり迷います
ジミーがディフェンスも良く決まりかと思ってましたが
自分の一押しの選手ブレンダン・レナードのあのスピードは
ラウアキと同様に流れを変えれる事ができると思うし
実際にそれが出来る選手だからベンチに置いておきたいですが
まだ実績のない選手なので厳しいでしょうか・・・


センター陣は12番はこの二人で決まりでしょうが
13番となると迷いますね、3人のうちから1人省く事になるだろうし
トエアヴァがここまで活躍するとは思わなかったのでそうなると
ノヌーかスミスかな??(両方外しにくいけど・・・)
でもトエアヴァが怪我してるからそれまでは抜けるかな。

ウイングも迷いますね(殆ど迷ってますが)
スーパー14の少ししか出場していないジョー・ロコゾコ
2005年のようにセブンス等に出てからトライネーションズで復帰して
ワラビーズ戦で逆転?のトライを下のが記憶に残っているので
今回ジョー・ロコはジュニア・オールブラックスで調整して
ABに戻ってくるかな??そうなると日本代表戦で来日ですね!


2005年のワラビーズ戦を超強行スケジュールでオーストラリアで観戦した
「ひろどん」さんは、ここに良く訪れて書き込みをしてくれてます。
ちなみにここでは大きな声では言えないワラビーズファンです。
ひろどんさんのブログに訪れるには以下をクリックしてください。
http://plaza.rakuten.co.jp/hirodon7/
ユーモアー溢れる面白いブログです。

まだ書きたいことあった気がするけどこの辺で。

あ!フランスはかなりメンバー落としてNZに来るらしく
(なんだか3部リーグの選手等その他選ばれないような選手も中には・・・)
白熱した試合を期待するのは無理そうです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

オールブラックスの発表の前に

今月25日に英国で始まるチャーチルカップに出場する
ニュージーランド・マオリのメンバー発表が昨日ありました。

クルセーダーズのラルフは休養、ルーキーでも安定感のあるプレイを
見せたハリケーンズのコリージェーンは辞退していて
怪我のジョノギベスは怪我で選考されていません。
今回初めて選ばれたのは10人でキャプテンは今問題中のティポキです。

ここに大活躍したチーフスのメッサムが入っていると言うことは
金曜日のオールブラックスの発表には呼ばれないということですね。
それに同時に発表があるジュニア・オールブラックスにも。。。

将来有望の大型ウイングのホセアギアも入ってるし
その他良いメンバーが揃ってますので優勝間違いないでしょう。
ニュージーランドマオリが英国で試合するのは1998年以来です。

メンバー
Callum Bruce (Otago), Keith Cameron*(Otago),
Aled de Malmanche *(Waikato), Tamati Ellison (Wellington),
Hosea Gear (Wellington), Brendan Haami (Taranaki),
Glen Horton* (Otago), Jason Kawau *(Southland),
Tanerau Latimer (Bay of Plenty), Angus Macdonald(Auckland),
Luke Mahoney (Wellington), Ben May*(Tasman),
Liam Messam (Waikato),Kristian Ormsby (Counties-Manukau),
Shannon Paku
(Wellington), Isaac Ross* (Canterbury),
Chris Smylie (Otago), Warren Smith (Bay of Plenty),
Dwayne Sweeney *(Waikato), Anthony Tahana (Bay of Plenty),
Pehi Te Whare (Southland), Hayden Triggs *(Manawatu),
Rua Tipoki(captain, Canterbury), Hoani Tui *(Wellington),
Scott Waldrom (Taranaki), Craig West* (Waikato).
(* Denotes new cap)
日程
May 25: New Zealand Maori v Canada, Northampton
May 29: New Zealand Maori v Ireland A, Exeter
June 2: Churchill Cup finals day, Twickenham.


流石王国この放送をTV3で生中継です。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : オールブラックス ニュージーランド

スーパー14の次と言えばABですね!

スーパー14は終わったので(まだ1試合ありますが)気持ちを切り替えて
オールブラックスに目を向けていきましょう。

いつもはスーパー14の決勝が終わった次の日に発表があるのに
今年は先日のセミファイナルでキウイチームは敗退したので
スコッドの発表は今週の金曜日に早まる事になりました。

心配されているブルーズのトエアヴァの怪我ですが
そんなに酷くないようなので
金曜日の発表に呼ばれるでしょうか??

WC前のオールブラックスの試合日程
June 2: All Blacks v France, Auckland  
June 9: All Blacks v France, Wellington
June 16: ABs v Canada, Hamilton
June 23: S Africa v ABs, Cape Town
June 30: Australia v ABs, Melbourne
Jul 14: ABs v S Africa, Christchurch
Jul 21: ABs v Australia, Auckland  

初戦のフランス戦とワイカトスタジアムでのカナダ戦のチケットは
勿論ゲットしているので観戦しに行きます。
フランス戦は初めてなので楽しみです。


ワラビーズ戦も勿論行きますがまだチケットは発売されてません。

日本と同じようなレベルのカナダとやる意味があるのかが?ですが
それなら来年日本とテストマッチをやるのはどうでしょう。

明日はいよいよクラシックオールブラックスの2戦目の放送が
ここニュージーランドであるので楽しみです。
この試合は画像付きでスポーツニュースで紹介されました。

ロームが重そうに走っているとこ、カルロスがライン際からバナナキック
そしてジェフウィルソンがトライ?としたところと
ジェフウィルソンの事が話題になってました。

あ~早く見たい。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中

関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : オールブラックス ニュージーランド

クリスチャン・カレン引退

余裕に走ってそうで実はむちゃくちゃ速くディフェンダーを
軽く抜き去り多くのトライを見せてくれたクリスチャン・カレン

ヨーロッパに移籍してからも怪我に泣かされていたのもあり
まだチームも必要としてくれていたけど彼自身の中で
ラグビーをする事はもう充分だと判断してラグビーから引退を決意

膝の怪我以降オールブラックスには呼ばれなくなりヨーロッパに
移籍するカレンのNZ最後の試合は自分も観戦に行った
(イーデンパークで行われたNPCの試合でオークランド戦)
その試合ではウエリントンファンだけでなくオークランドファンも
カレンに暖かい声援を送っていた事を今でも忘れない。

31歳だからまだやれると思うけど本人が決めた事だし
今までワクワクさせるプレイを見せてくれてありがとう。
大好きな選手だっただけに彼のプレイが見れなくなるのは淋しい。

通算58キャップ46トライ
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : オールブラックス

スーパー14セミファイナル2(ブルズvsクルセーダーズ)レビュー

ノートライの試合でしたがブルズの10番が1DG含み100%の成功率で
ブルズがファイナル行きを決めました。


セミファイナルの2試合ともオージーのレフリー(タッチジャッジも)
ですしレフリングに疑問が残りましたがクルセーダーズの反則も多く
ブルズの勝利を後押しした感じになりましたが1試合を通じて
ブルズのディフェンスの良さが目だった試合だったと思います。

クルセーダーズはダンのラインブレイクが唯一の見せ場でしたが
ブルズのディフェンスの戻りが早くトライは取れず
逆に
ラルフ、マクドナルドのキック処理のミスもありそこから
ピンチになったりとプレイの正確さもなく最後までリズムに乗れず。

しかも課題のセットプレイは圧倒的にブルズに支配されて
スクラムはめくられるしラインアウトは3本も取られるし
全くクルセーダーズらしいところが出せずに試合が終わりました。


トライはありませんでしたがブルズの強さを感じた試合でした。
これでファイナルは一番調子が良く強いサウスアフリカ決戦です。
サウスアフリカ勢おめでとうございます。

Bulls 27
Derick Hougaard 8 pen, dg.

Crusaders 12
Daniel Carter 4 pen.

HT: 15-9

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

スーパー14セミファイナル1(シャークスvsブルーズ)レビュー

試合開始直後ブルーズが凄い勢いでモールを押して(走ってた)いたので
今日はいけるか?と思ったくらいブルーズの立ち上がりは凄かった。
13番に入ったトゥイタヴァキの良いランニングなどでブルーズが
押し気味か?と思っていましたがシャークスは徐々に調子を上げてきて
ブルーズが次々に犯す反則から確実にPGを決めていきました。

前半の途中からはシャークスがスクラムでプレッシャーをかけるなど
BKもスキルが高くしかも強いしシャークスペース

36分のシャークスのトライは最後のパスが前またはノッコンに
見えましたがレフリーはそのまま流したのはアンラッキーかも。

ブルーズの課題のGKを含むキック攻撃はやっぱり上手くいかず
敵陣22Mに入りながらも10番イサが不用意なキックで
攻守に大活躍したシャークスNo8カウンコウスキーに
カウンターでビックゲインされるなどチャンスを生かせません。


シャークスのノッコンからトエアヴァが力強いランニングで
ビックゲインをして最後はヌシフォラコーチがお気に入りの
11番ウルフのトライ
で3点差にして、その後もまたトエアヴァが
ビックゲインをして最後はこれまたヌシフォラがお気に入りの
10番イサがごっさんトライをして18-14と逆転
しましたが
このプレイでキープレイヤーのトエアヴァが足首を痛め退場!
嫌な感じでしたがこれでイサが12番に下がり10番には大ベテランの
ホルウェルが入るのでキックを含めたゲームメイクが出来るので
あえて良い風に考えていましたが甘かったですね(笑)

シャークスはブルーズの反則でPGを確実に決め20-18とあっさり逆転
残り10分を切ったところではモールをジワジワ押してゴール前まで行き
最後はブッチーが抜けトライ27-18で試合をほぼ決めました。


まだ僅かな可能性を信じていましたがシャークス陣22Mで
ブルーズのラインアウトは確実にノットストレート!!
こんな大事な時にオールブラックでもある人が・・・

最後はミスからおまけのトライをシャークスにプレゼントして
シャークスがホームでファイナルを決めました。

シャークスFWは素晴らしかった! 
スクラムも優勢だったしラインアウトも完璧に近くセットプレイの
安定感はブルーズを完全に上回りブレイクダウンも良かった。
特にNo8カンコスキーはスピードもあるしディフェンスも凄かった。
GKを含むキッキングゲームも上手く逆転された後も落ち着いて
PGで得点を重ねていき大人の試合運びでした。


ブルーズも気持ちの面でも負けてなくて良かったのですが
逆転された後に自分達がキープしていたボールを取られて
得点を取られた場面が2回ほどあったのが痛かったですね。
1つ目は逆転にされたPGに行くまでの所でボールをキープしていたのに
ラックからボールがこぼれてそれをハーフがさばけずボールを取られ
ノーボールタックルで反則を取られタッチキックで地域を戻された。
そしてラインアウトでオフサイドの反則でPGを決められ逆転。
2つ目は15番ピシが得意のカウンターアタックから何度か良いゲインを
見せていたのですが捕まりそこでタンオーバーされて
ブッチージェームスのトライに繋がったと言う事ですし
ボールをキープしていながらミスで得点されるという事で
そこら辺のプレイの精度がシャークスに勝てなかった事が
試合にも勝てなかった原因でしょう。

(ピシはボールのキープ力が今後の課題)

逆にシャークスは相手のミスを確実について得点してたし
先日のストーマース戦でもそうだったように最後まで集中力が切れずに
特にディフェンスの面が凄いなと感じました。


最後には点差が開きましたがレベルの高い試合だったと思います。

ブルーズは2つのトライに絡んだトエアヴァの退場が大きく
やはりキッキングゲームが出来ないのが敗因でもあると思います。
突破力のあるニックウイリアムズをあえて先発に使っているのに
細かいパスで繋ぎ役をやらせるなど突破役を見ることなく
交代させられていましたがそれなら始めから使う意味が解りません。

ダニエルブライドは相変わらずボールに絡んで良い仕事をしてましたし
シーズン通して非常に良くブルーズがここまで来れたと思うし
今シーズンのブルーズの最優秀選手だと自分は言いたいです。


折角開幕ダッシュで良かったブルーズはABが帰って来ておかしくなり
それが最後まで響き結局セミファイナルで敗退で残念でした。

Sharks 34
Johann Muller, Butch James, Waylon Murray tries;
Percy Montgomery 4 pen, 2 con; Butch James dg.

Blues 18
Rudi Wulf, Isa Nacewa tries;
Isa Nacewa 2 pen con.
Ht: 14-6.

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中

関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

スーパー14 セミファイナル プレビュー

Sharks v Blues, Durban, Sunday, 1am(NZ Time)
Referee: Stuart Dickinson (Aus).

いよいよですね、ブルーズのメンバーに納得がいかないのは
前回書いているので今回はあえて書きませんが
キックで陣地を取る事が期待できないとなると
展開ラグビーでいくしかないのでミスは許されない試合です


シャークスは先週の試合を見てもセットプレイが安定していて
マイボールラインアウトは100%近く取るでしょう。
そのセットプレイからこれまた調子の良いBKがキックも出来るし
ブルーズのBKよりも総合的には上ですね。
11番ウイングはキックチェイスに行く時のスピードが凄く
前回のブルーズ戦ではチャージしてトライもしていますし
この選手は早いだけでなく強いので要注意!
ブルーズが不用意なキックをするとDGを決められる事もあるなど
GKもロングキックが出来るスタインがいるし敵陣だけじゃなく
中間の地域での反則も出来ないでしょう。


こうみるとシャークスのホームゲームだし遠いのでキウイサポーターも
駆けつけれないだろうから圧倒的にシャークス有利ですね。
まずFWが有利にならないと話にならないのでNo8に抜擢された
ニックウイリアムズの頑張りに期待したいところ
チーフスのシオネラウアキのように暴れまくればフランカー陣は
良い仕事をするのでスピードのあるBKも生きるので
勝機も出てくると思うのでFWが有利になる事が最低条件。


一番心配なラインアウトが取られるようならかなり厳しいでしょう。

予想は、キッキングゲームが出来ないブルーズが敵地で
絶好調のシャークスに勝つのは厳しいと思うので
10点差以上でシャークスの勝ち


Bulls v Crusaders, Pretoria, Sunday, 3.30am(NZ time)
Referee: Matt Goddard (Aus).

終盤になるほど調子を上げてきたブルズがホームでセミファイナル
昨年のチャンピオンのクルセーダーズはセミファイナルでの勝率は
かなり良いとの事ですが場所が場所だけにそれは関係ないかも。


ブルズもシャークスと同じくセットプレイが安定しており
FWは言うまでもなく物凄い迫力でNo8の選手は元BKの選手ですし
スピードが半端でない上に強さもあるし彼が自由に動くと
非常に厄介で先週のチーフス戦のような展開もあるかも。

そうなると今年セットプレイが安定していないクルセーダーズが
劣勢になる事が目に見えるのでブルズの勝利は固いか?


そう簡単にスクラムは修正できるとは思えないので
ベンチに入っているクロケットの投入時期が鍵になるかも。
ラインアウトは先週から復帰のクリスジャックがどこまで調子を
上げてくるか
だけどブルズのプレッシャーは強そう。

復帰のダンのゲームメイクとBKのラインブレイクで
少ないチャンスを物にしないと勝ち目はないでしょう。

ABではいまいちの13番ラウララの突破力が目立てば面白くなりそう。
経験のあるBK陣を活かすも殺すもFW次第ですがリッチーの調子が
絶好調には程遠い気がして不安も多いかもしれませんが
そのリッチー、ジャク、ソーン、そしてNo8のトゥイアリイが
本来の出来であれば充分勝機あり、まずはセットプレイを互角に
出来るかが全てでしょうが厳しい試合になるのは間違いありません。


予想はクルセーダーズの調子いまいちなのでブルズが10点差以内で勝利

オージーのレフリーが今回はミスをしなければNZ勢の勝利もあり(笑)
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中
関連記事

クラシックオールブラックス(第一戦)レビュー

水曜日の試合を今見ましたが結構楽しませてもらいました。
懐かしい顔ぶれのクラシックオールブラックスの選手達が
そろってフィールドに立って居るのは良いものですね。
オフロードのスキルなど流石だなと思わせるプレイも良かったです。

試合前に会場のサポーター席が長い間写されていていましたが
日本での放送とニュージーランドでの放送は一緒なのかな?
試合が終わったら直ぐに放送も終わってしまったので
その後のインタビューやフィールドでの両チームの様子を見たかったです。

日本もわりと善戦してましたがミスが多すぎですね
そのミスも単純なパスミスでその後の処理も悪く相手にボールを取られ
そこから一気に攻められ大きくゲインされたりトライを取られる等
ミスをした後のカバーがしっかりしていないのが気になりました


同じようにクラシックの方もパスミス等ありましたが
その後の処理がしっかりしているので、ボールをキープして
そこから立て直して攻撃が出来ているのでそこら辺が違いますね。

決して良いフィットネスで調整してきてないにも関わらず
クラシックがまだ余裕をもって戦い勝てるのも解ります。

ロンクリブはかなりフィットしていますがABは無理にしても
まだNZでもやっていける選手だと思います。
相変わらずグラバーキックが上手いのも懐かしい~って感じでした。

マーティンズも思ったより元気でしたし東芝のマクラウド
日本選手権の決勝でも実際に見たときのイメージどうりに
スキルの高い良い選手だなっと思いました。

マーシャルの開始2分のトライは余裕のトライでしたが
それ以降マーシャルはあまり本気でやったように見えませんでした。
彼はまだNZでもNo1のハーフだと思うしスピードは衰えてませんね。


途中出場では凄い懐かしいバネシが相変わらずボールへの
働きかけが物凄く良くプレッシャーを掛け続けていましたね。

ジェフウィルソンが走れていたのがびっくりでしたね
しっかり走りこんできていたのか本気でトレーニングをすれば
まだやれそうな気がします、ラッシュもやっぱり元気でしたね。

頂けないのが遠藤のトライの時にまずロムーの弱いところの
背後へパントを蹴られた時の処理が悪かったのと
カルロスのタックルミスはちょっと残念でした(笑)

日本の良かったところはブレイクダウンでしつこく何度か
タンオーバーもしていましたしそこら辺が改善されている感じでした。

タックルも以前よりは良くなった気がします。
解説者も日本の事を誉めて「良い出来だったのでは?」と言ってました。

悪いところは最初に書いたのとセットプレーに安定感がない
特にラインアウトは酷すぎであれでは競った試合で勝てないですね。

相手に取られるだけでなく、取ったとしてもハーフへのタップ等が
良いところに渡せれなくてハーフがもたついてボール出しが
かなり遅くなりよりプレッシャーを掛けらているのが気になりました。

画面では確認できませんでしたがあれはタップに対して
ハーフの処理の仕方が悪いのかタップする人がとんでもないところに
投げていてハーフがもたついてしまうのかどっちでしょう?
どっちもって言っても良いのかもしれませんが・・・

色々なところで「勝てた試合」と書かれているようですが
スキルの違いがあり過ぎですし日本が勝てる見込みは
なかったように感じました
がどうでしょう?
クラシックの選手には余裕があったようにも思えますし
次回(今日ですね)はもっと核の違いを見せつけて
日本の選手に俺達はまだまだだと思わせて欲しいです。
でも気温が高くなると暑さに慣れていない選手なのできついかな(笑)

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中
関連記事

クラシックオールブラックス2戦目メンバー

水曜日の試合のニュージーランド初回放送は明日の朝に
ラグビーチャンネルであるのでまだ見ていませんが
あまり点差が開かなかったみたいですね。

NZでも大きくはありませんでしたが朝のニュースの中で
この試合の結果だけですが言われていましたし
スポーツラジオでも話題になり、クラシックに善戦したからか
JKがコーチになったことで日本が良くなった等言っていたと思います。

クラシックの方は暑さと年齢的なものでばてたのかな?
あと寄せ集めだからコンビネーションがいまいちだったとか。

明日の試合はあまり手を抜かずにやって欲しいですね。
2戦目だしコンビネーションも合ってくるだろうし
現役でやってる選手は核の違いを見せてあげてください。
村上さんのブログで以下の先発予想メンバーが書いてあったので
お借りしてここで書かせてもらってます。

JAPANXV
1杉浦, 2松原, 3山村, 4熊谷, 5佐藤, 6渡邉, 7浅野, 8箕内,
9矢富, 10安藤, 11小野澤, 12ロビンス, 13今村, 14北川智規, 15有賀,
16猪口, 17相馬, 18北川勇次, 19大野, 20大東,
21霜村, 22オト,24マキリ,25廣瀬

Classic All Blacks
1マクドネル、2セクストン、3トモソン、4ジョセフ、5メイリング、
6ロバートソン、7バニシ、8クリブ、
9ロビンソン、10マーテンズ、11ロムー、12ブラウン、13マクラウド、
14ウィルソン、15スペンサー、
16ポ・チン、17スレーター、18ウィリス、19ハーディング、
20マーシャル,21アラティニ,22ラッシュ,23リークルマン,24ランビー

昨年のパシフィックネーションズではやっぱり外国人選手しか
目だっていなかった感じでしたね。
この試合でオトがリザーブに入っていますが彼はウイングでも
物凄く仕事量の多い選手で凄いなと感心しました。
明日はコンタクトプレーでも通用しそうですし楽しみですね。

クラシックの方はそんなにメンバーが変わっていませんが
水曜日に試合したばかりで大丈夫なんでしょうか?
ジョセフは年齢と結構体重が増えていると思うので走れるのかな?
ロムーは昨年のNZ復帰試合1戦目のクラブラグビー
足首を捻挫してから走れなくなってるしAir NZ Cupでも
全然走れて居ませんでしたから出ても少ししか出ないのでは?
エリックラッシュは化物だからまだ走るだろうけど(笑)
ハーフで先発のロビンソンはFWのような突進ですから
なかなか止めれないと思います。
それにかなり熱い人なので怒らせると厄介です(笑)


明日の試合の放送はNZでは火曜日が初の放送となります。
日本の選手で注目選手を教えていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中
関連記事

Keyword : ニュージーランド オールブラックス

スーパー14セミファイナル メンバー発表(NZチーム)

ブルーズのメンバーです。

ルークが先週の怪我で出れないことは前にも書きましたが
その代わりに入るのはサム・トゥイトゥポーではなく
トエアヴァを12番にあげてスピードがあり力強いランをする
トゥイタヴァキが13番
に入り面白いですが
結局地域を取るキックが出来る選手は居ないですね。

プレッシャーはかなりきついだろうしイサの10番だと
ますます有効なキックは望めないしホルウェルを使って欲しかった。
この時期に変えずらいのもあるしイサを気に入っているし・・・
しつこいですが、あんなに良い選手を使わないのは勿体無い。

しかもまたまたFBはピシです、この数試合でピシが良かったかな??
経験のない選手でフルバックなのにキックが出来ない選手は
この大事なセミファイナルでも使うとは・・・
ピシよりベンアティガの方が良いと思うけど。

ニック・ウイリアムズは今週もNo8で先発!
パワフルFWに対抗するために起用でしょうか。
終盤でようやく使われ続けてるしライオンズ戦で見せた
物凄い突進で前に出てくれればスピードのあるBKが生きますからね。

もちろん行動がいただけなかったアリ・ウイリアムズは強制帰国ですし
ベンチにも入ってません
、ファイナルは出たいとか言っていますが
反省しているとは思えないのでチーム側がどうするのでしょう
その前に強敵シャークスにリベンジしないと話しになりませんけど。
アリは今週クラブラグビーに合流するらしいです。

アリの強制帰国で代わりに南アに飛んだアントニー・ボリックは
結局リザーブにも入れてませんのでロックの控えは・・・?
アンガス・マクドナルドがやるという事ですね。

これまたオールブラックのジョー・ロコもベンチに入ってません。

BLUES
15 George Pisi,14 Doug Howlett,13 Anthony Tuitavake,
12 Isaia Toeava,11 Rudi Wulf,10 Isa Nacewa,9 Steve Devine,
8 Nick Williams, 7 Daniel Braid, 6 Jerome Kaino,
5 Troy Flavell (c), 4 Greg Rawlinson,
3 John Afoa, 2 Derren Witcombe, 1 Tony Woodcock.
Res:16 Keven Mealamu,17 Nick White,18 Angus Macdonald,
19 Justin Collins,20 Taniela Moa,21David Holwell,22 Ben Atiga.

クルセーダーズもブルズ戦のメンバーが発表になりました。
先日も書きましたがダンの復帰は大きいですね。
先週子供が生まれたので急遽先発から外れていたリコ・ギアも
この試合で先発復帰
でこれまた大きな人が帰ってきました。

喧嘩をして相手に怪我をさせてしまったラルフは先発に
入っていますが大丈夫なのでしょうか?
ニュースではティポキ、ラルフの事はかなり騒がれているのに。

ハーフにはスピードのあるシニオが復帰で
昨年活躍したクロケットは怪我から復帰でベンチ入りしています。


CRUSADERS
15 Leon MacDonald,14 Rico Gear,13 Casey Laulala,12 Aaron Mauger,
11 Caleb Ralph, 10 Daniel Carter, 9 Kevin Senio;
8 Mose Tuiali'i, 7 Richie McCaw (c), 6 Reuben Thorne,
5 Chris Jack, 4 Ross Filipo,
3 Campbell Johnstone, 2 Corey Flynn, 1 Ben Franks.
Res:16 Ti'i Paulo,17 Wyatt Crockett,18 Michael Paterson,
19 Kieran Read,20 Andy Ellis,21 Stephen Brett,22 Johnny Leo'o.

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中
関連記事

ダン・カーター出場か?

怪我で先日の試合を欠場していたダン・カーター
どうやら今週のブルズとのセミファイナルに出場しそうです。
あまり無理して欲しくないのが本音ですが大事な試合だし
彼がグランドに居るだけで相手は怖いでしょうね。

ボクスのハーフのディプレアの出場はまだ微妙らしいです。

クルセーダーズの良いニュースが聞けたと思ったら・・・
先週末にクルセーダーズの選手3人(ティポキ、ラルフ等)が
喧嘩をして相手の鼻の骨を折るなどの暴行があったようで
被害者が今日のニュースに出て顔の傷等を見せていました。

今週はアリの事でかなり騒がしかったのですが増えましたね。
そのアリですが記者会見を開いていましたが
フォース戦の前日に夜遅くまで酒を飲んでいたのも認めてあり
ある番組では「自分の誕生日だった」とか言い訳?をしていました。

自分の行為に後悔してないらしいし反省をしているのかは??
でも自分が成長していく為の試練だと言っていたと思います。
そして出来ることならファイナルに出たい
週末はソファーに座って試合を見てるからと言ってました。

今後の事もブルーズが大好きみたいで移籍の事は頭にないようですが
チーム側がどうするのかも今後注目です。

今頃クラシックオールブラックスの試合やってるんだろうね。
早く週末になってラグビーチャンネルで見たい。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中
関連記事
プロフィール

ラグオ

Author:ラグオ
ラグビーが大好きでラグビー王国ニュージーランドへ。現地のクラブでプレーしニュージーランドラグビーに虜に。それ以来ラグビーシーズンに合わせて日本とNZを何度も行き来して今ではNZに永住。NZラグビー最高です!だからここに来たしこれからも。
趣味は料理、ベイキング、写真など・・・致命傷の怪我でラグビーがやれなくなってからベイキングを始め今では一番の趣味かも。試食したい方はどうぞ(笑)
近い将来再びグラウンドに立てるまでリハビリがてらブログを書いています。心身共に調子が良くないので時々弱気な発言があるかと思いますが許してください。
ラグビー大好きなら大満足出来るそんなラグビー王国から呟いています。ラグビーについて色々語りましょう。

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリー
ブログランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ
↑ランキングに参加中
↓クリックお願い致します


ラグビー ブログランキングへ
RSSフィード
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

オールブラックス ニュージーランド Rugby ラグビー AllBlacks NewZealand Super14 ラグビーワールドカップ スーパー14 ワラビーズ スプリングボクス ブルーズ クルセーダーズ スーパーラグビー Zealand New NZ チーフス ジュニアオールブラックス Blacks All Springboks カンタベリー オークランド ウエールズ ハカ Air Cup アイルランド イングランド ホックスベイ カナダ ジェリーコリンズ フランス サモア Wallabies AirNZCup ダンカーター スコットランド ウエリントン ダグハウレット タナウマガ ハリケーンズ 日本 ストーマーズ ハイランダーズ セブンス ABs Auckland ワイカト タラナキ トップリーグ ハイネケンカップ ブルズ トンガ Australia イタリア Canterbury トライネーションズ Nations SouthAfrica ワラタス SBW ボクシング マオリ サウスアフリカ マンスター ノヌー モセトゥイアリイ Pacific ANZC ブランビーズ ロビーディーンズ スパーラグビー ベッカム キウイ ルークマカリスター AirNewZealandCup シャークス ラグビーチャンネル マフィン ジュニア イーデンパーク ランフリーシールド Premiership England シオネラウアキ オーストラリア ダニーデン トライ ワールドカップ エアニュージーランドカップ ブリディズローカップ ジョニーウィルキンソン トニーブラウン ラグビートニーブラウン ハミルトン スクラム ジャスティンマーシャル オールブラッククス 日本代表 クリスジャック ネットボール 箕内 クリスジャク リコギア リコ・ギア パシフィックネーションズ apan フィジー シオネラウア キースロビンソン リッチーマコウ アリウイリアムズ 海外ラグビー スパー14 Blues ニックエヴァンス サニックス Wellington グレックサマヴィル NZマオリ ダン・カーター サウスランド Waikato W杯 Scotland Ranfurly PACIFIC Shield Six Tonga Supre14 ウェールズ アルゼンチン ロールケーキ デザート サニービルウイリアムズ コスプレ ホワイトロック ドナルド カフイ チョコレート 癒し チータース ライオンズ フォース レッズ バレンタインデー ケーキ ベイキング Otago NorthHarbour シックスネーションズ ジェイソンイートン Super14 ジェーソンイートン クライストチャーチ クラシックオールブラックス Newzealand ABs ジョナロムー シドニー サッカー 派閥 ルーベンソーン ヤマハ アーロンメイジャー ヘンリー 日本代表J AB JonahLomu Jonah Japan Jrオールブラックス Junior Lomu KapaOPango ISLANDERS Guinness Argentina AllBlacksスーパー14 BLUES Bluse France Fiji 妊娠 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。