スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オールブラックス、ワラビーズメンバー発表(トライネーションズ)

オールブラックスワラビーズ共にメンバーの発表がありました。

Australia:
15.Julian Huxley,14.Adam Ashley-Cooper,13.Stirling Mortlock(captain),
12.Matt Giteau,11.Lote Tuqiri,10.Stephen Larkham,9.George Gregan,
8.Wycliff Palu, 7.George Smith, 6.Rocky Elsom,
5.Dan Vickerman, 4.Nathan Sharpe,
3.Guy Shepherdson, 2.Stephen Moore, 1.Matt Dunning.
Reserves:
Adam Freier, Al Baxter, Mark Chisholm, Stephen Hoiles,
Phil Waugh, Scott Staniforth, Mark Gerrard.

スプリングボクスが主力を休ませる為に残りの2試合Bチームで
遠征してくる事が事が決まりかなり怒っているワラビーズですが
前回のスプリングボクス戦から1人だけ変えてきています。
自分のお気に入りのPhil Waughが入ってないのが残念
ABs戦は彼が居ないと盛り上がりにかける気がするし。


All Blacks:
15.Leon MacDonald, 14.Rico Gear,13.Mils Muliaina,12.Luke McAlister,
11.Joe Rokocoko, 10.Daniel Carter, 9.Byron Kelleher,
8.Rodney So'oialo, 7.Richie McCaw (captain), 6.Jerry Collins,
5.Troy Flavell, 4.Chris Jack,
3.Carl Hayman, 2.Anton Oliver, 1.Tony Woodcock.
Reserves:
Keven Mealamu, Neemia Tialata, Ross Filipo, Chris Masoe,
Piri Weepu, Aaron Mauger, Nick Evans.

オールブラックスはボクス戦から4人先発を変えてきてます。(赤字)
ジャックが育児休暇を終えて帰って来てフラベルとコンビ!
グレックローリンソンはオークランドに帰らされ
ロスフィリポは評価されてまたもやリザーブ入り。

今回メイジャーと代わって12番はルーク
トエアヴァの肩の怪我はあまり良くないようで今回は欠場
代わりに誰が入るか注目してましたがムリアイナが13番に入りますが
RWCでも彼がセンターに入ることを考えているのでしょうか??
もしそうでないなら違う人を使うべきですね。
ムリアイナがセンターなのでFBは調子を上げてきたマクドナルド

シヴィヴァトゥは鼻を骨折したそうでかなり痛いらしく
今回は休養ですが出ずっぱりだったから丁度良かった。
TVで見たら元気そうでしたから、たぶん亀裂骨折くらいでしょう
その代わりにダグか、リコかどっちかなと思ったらリコでした。
ダグも育児休暇から帰ってきましたがリコに先を越されましたね・・・
と言うことは今回はリコ指揮のハカかな?

エヴァンスがリザーブに入ってるのは頼もしいですね!!

ちょっとびっくりなのが今回2番はメララムだと思ってましたが
先週に続きオリバーが先発
でマスコミも世間もびっくり??

それよりびっくりしたのは(自分が)ハーフバックは・・・
なんと、なんと、なんと、またもやケラハー!!

ボクス戦でウィプーが入ってからテンポが良くなったのは
言うまでも無い気がするのですが・・・

パスの速さが違うし綺麗、ケラハーはお世辞でも上手いとは言えない。
ヘンリーは相当ケラハーを勝っているのですね
ウィプーや一押しブレンダンにもRWC前にタイトな試合を経験させるべき
ケラハーは強いけど一番大事なボール捌きが出来てないし
パスもあんな程度ではRWCのセミファイナル、ファイナルでは
チームが機能しなくなるのは確実な気がします。


もっとハーフの事で書きたいですがプレビューで色々また書きます。

ワラビーズの青色で書いてある選手の事はレビューの時に・・・。

<にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ>←ブログランキングに参加中


スポンサーサイト
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : Rugby オールブラックス ラグビー ニュージーランド NewZealand AllBlacks スプリングボクス ワラビーズ

日本代表健闘!(パシフィックネーションズ)

日本vsジュニアオールブラックス
かなりびっくりです、先日80点とか書いてしまい失礼いたしました。
前半は本当に大健闘だったと思います。
グレン・マーシュのブレイクダウンでの仕事は凄まじかった
母国との対戦なのでかなり燃えていたのが解るし
他の外国人選手も同じように燃えていたし
絶対に負けたくないという気持ちが見ていて解り
それが日本人選手にも良い風に伝わり前半の健闘に繋がった。

トライが取れなかったのは、モチベーションが低かっただろう
ジュニアの選手もそれだけはさせないと言うプライドだったと思う。


色んな所で「ディフェンスは良くなってるけどアタックが・・・」
と言う文字を目にするがディフェンスで点を取られなければ負けない。
そういう考えでは駄目なのだろうか?
あのディフェンスはかなり良かったと評価したい。
「アタックを良くしなきゃ点が入らないから勝てない」
と言われそうですし、どこかで聞いた覚えがある言葉の
「攻撃は最大の防御」こんな事も言われるかもしれませんが
それを言えるのは、いくら点を取られてもそれ以上に点が取れる
攻撃力があるチームなら言えますが、ジュニアと同等ののレベル相手に
攻撃力で勝るチームに日本が出来るだろうか?

パワースキル共に劣るのに攻撃力で勝てる事が出来るだろうか?

攻撃力がある格上チームに対して攻撃でで対抗しようとしても
相手より点数を取る事は出来ないと思う。
だったらディフェンスで守り粘り相手のミスから得点を挙げる
この作戦の方が良いと思うのですが・・・
ディフェンスが良ければ相手が反則も増えてPGのチャンスも増える
そこでペナルティーキックで地道に得点を重ねる。
守りきり相手のミス、反則を誘い得点をするそれが理想だと思います。

この試合でディフェンスが出来る事が解った
でも後半はフィットネスが落ちてきて相手に振り回された
80分守りきれるフィットネスを2ヶ月で持っていく
ゴールキックの良い選手をセレクトする。

偉そうな事を書いてしまいましたが自分の意見はこんな感じです。
色々言われている10番の選手もこの試合では低いタックルで
でかい相手を止めていたし、この大会で使われ続けたおかげで
成長した選手じゃないでしょうか?
小野をあまり使わないのはどうしてか解りませんが
折角ニュージーランドから呼んだのに出場機会を充分に
与えられなかったのが気になるところです。

渡辺はクラシックオールブラックス戦でもそうでしたが
この大会でもNZの実況、解説者が評価している選手でした。
外国人相手に物怖じせず向かって行ける彼はRWCに必要ですね。


ジュニアはラウアキは本気を出さなくても余裕でオフロードパスを
連発してました、早くABsに上がって欲しい。

トゥイタヴァキはスピードボールスキル共に最高!
ABsでもやれると思うのですが呼ばれない。
彼は13番の選手なのでABsの問題のポジションだから
試してみる価値ありですし彼のスキルなら問題ないと思います。
ビックアイランダーが好きなヘンリーは彼を好まないのかな??

日本の健闘もありましたがレフリングがどうかなと・・・
ジュニアの選手は前半に首をかしげる場面が多くイライラして
自分達のペースでやれませんでしたね。
ブレットは10番なのにイライラしてたのでムキになって
当りに行ったりと司令塔が冷静でないと試合になりません。
まだまだ色んな意味で彼は若いのでもっと経験が必要ですね(笑)


確かにレフリングがおかしいかなと自分も思いました
シンビンになったトゥイアリイのプレイは逆に日本がペナルティー
その他特に前半に笛の吹き方にかなりばらつきもあったし
どこの国のレフリーだったのでしょうか?
あとメンバーもかなり代わっていたしコンビネーションが・・・
後半になりやっと本来の動きが少しずつ出切る様になり
スキルの違いを見せつけて一気に突き放してましたが
前半にイライラしてたのも解るけどムキになって冷静さを失って
先週のサモアの選手と同じ展開で苦戦していたのが残念でした。

逆に日本は相手が舐めて掛かって来た時がチャンスで
この2試合のように、こんなはずじゃないと相手をムキにさせて
相手のペースを乱す事で格上相手にも戦えると言うのが解ったので
それも収穫だったのでは?と思います。
あとは最後までそれを継続できるフィットネスがあれば最高です。
ちょっと希望が見え出したかな?と言う感じですが時間が・・・

Junior All Blacks 51
Stephen Donald 2, Wyatt Crockett, Tane Tuipulotu, Stephen Brett,
Anthony Tuitavake, Ma'a Nonu, Rudi Wulf tries;
Stephen Brett pen, 2 con, Stephen Donald 2 con)
Japan 3
Eiji Ando pen.
Halftime: 10-3

その他の試合ですが
サモアは大ベテランリマが復帰してそれが良かったのか
日本戦とは大違いの動きで大差でトンガに勝ってます。
リマのタックルはまだまだ激しさが凄すぎです!

フィジーがなんとオーストラリアA相手に引き分け!!
ちょっとオージーまずいんじゃないの??
あんなにセットピースで有利になっていてトライが取れないのは・・・
BKはフィージーの方がスピードでも上回っていた感じだし
11番のセブンスの選手が初キャップ?で快速を飛ばして
トライ(2つかな?)をしてましたがかなり早いです。
フィジーが最後のほうにターンオーバーされてなかったら
勝ってたのに惜しかったです。
フィジーは日本にとってかなり強敵になるのでは?

アイランダーは集中する時はもの凄い力を発揮するので
オーストラリアに勝てそうだと思った時のフィジーの選手の
動きはいつになく凄さを感じました、コンタクトも強かったし
アイランダーパワー恐るべし、でも切れる時は一気に落下する
はっきりしてるところがアイランダーですかね(笑)
調子に乗らせない事が大事です。

明日は週末のオールブラックスvsワラビーズの両チームのメンバー発表
シヴィヴァトゥ、トエアヴァ(肩)の怪我で外れそう
ムリアイナかリコがセンター??12番はルークか?
ダグがウイングに入るか?リコか? 
色んな意味で楽しみなメンバー発表です。

<にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ>←ブログランキングに参加中
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : Rugby オールブラックス ラグビー ニュージーランド NewZealand AllBlacks

オールブラックス逆転勝利!!

オールブラックストライネーションズ初戦のスプリングボクス
ボクス戦2連敗(昨年のトライネーションズ最終戦は負け)は
避けたいところで今回のハカKapa O Pangoで気合も充分!

初めてのキャプテンをするボクスのマットフィールドが写り
いつもより緊張した感じに見えた。

前半ABs課題のラインアウトは2連続で割られると言う事で
不安を抱えての出だしとなるなどブレイクダウンでも押され気味

ダンカーターのゴールキックが安定しないし
前半終了間際にはラインアウトからモールを押されてトライ
11-6でスプリングボクスのリードで前半を終える。
サウスアフリカのディフェンスのプレッシャーが良かったのもあるが
ラックでの見えにくいところでの反則が多かったような・・・
それで球出しがスムーズでなかった気がするしハーフの問題もか?
地域は五分だったけどボール支配率はボクスが優勢で
しかもハンドリングエラーは9個もあればトライは取れない。
ちなみにボクスはハンドリングエラーは無し。
前半は勢いで負けてるのとミスが多すぎた。

後半に入り常に落ち着いているアーロンメイジャーがDGを決めて
11-9
としますがそのメイジャーがタックルで倒されながらも
オフロードパスで繋ごうとしたらブッチにインターセプトされ
真ん中にゴール真下にトライをプレゼントで18-9

ディフェンスのプレッシャーがから取ったボクスのトライ
まだボクスペースかと思いたくなるトライだった。

前半ボクスに再三の注意をしながらイエローカードを出さなかった
レフリーはとうとうイエローカードをだしダンのPGで18-12

しかし22M内でキックをキャッチしながらなぜか22Mの外側まで
走りそこからキックをしてダイレクトタッチにしたフラベルは
キウイサポーターにまで怒鳴られる始末。
そしてその後直ぐに昨年のソーイアロの反則を再現するような
メアラムのラックサイドから入るオフサイドでペナルティー
PG決められ21-12と再度離され負けパターンか??

しかしそこでオールブラックスは切れるどころか落ち着いていた。
後半に入ってからラインアウトの劣勢を避けるのとボクスの作戦?の
スローな試合ペースを崩す為にタッチに蹴り出されたボールは
殆どクイックスローで入れて試合のスピードを上げていた
それが残り20分から機能しだしてボール出しのテンポが良くなり
オールブラックス得意の早い連続攻撃が出来るようになった。

そしてカウンターアタックからこの日のMVPソーイアロが
40Mくらいゲインして一気に敵陣へそこへハリケーンズの相棒
ジェリーコリンズがしっかりサポート
してテンポの速い連続攻撃で
一気にゴール前まで行き最後はキャプテンのリッチーマコウが
力強く低い最高のボディーコントロールでトライ!

キックも決まり21-19と僅か2点差に迫る。


その後直ぐにジョーロコのカウンターアタックからグラバーキック
それがボクスの選手に当るがラッキーな事に誰も居ないスペースに
ボールが転がりそこへ途中出場のマクドナルドが走りキャッチして
相手ディフェンスを2人引き付けてジョーロコへパス
そのまま独走して逆転トライ!ゴールも決まり26-21

最後は危なげなくこのまま逃げ切り初戦を飾った。
後半はオールブラックスがボール試合率もかなり上回り
地域は前半より更に有利になっていた。
これは点を離されても、相手の乱暴な行為にも合わせず冷静に戦って
ABsラグビーの持ち味である速いテンポの試合を心がけそれが最後に
ボクスのスタミナを奪い連続トライをして逆転と言う
最後は強いオールブラックスを見せてくれた。


今年のオールブラックスは一味違うかなと思わせてくれる試合だった。
もちろん課題はまだあるけど試合を重ねるたびに良くなると思う。
試合後のヘンリーの嬉しそうな表情のインタビューが印象的だった。


All Blacks 26
Richie McCaw, Joe Rokocoko tries;
Daniel Carter 3 pen, 2 con; Aaron Mauger dropped goal
South Africa 21
Schalk Burger, Butch James tries;
Percy Montgomery 2 pen, con; Ruan Pienaar pen.
Halftime: 6-11.

次回は今週のパシフィックネーションズカップの波乱と
この試合の感想の続きです。

<にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ>←ブログランキングに参加中
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : Rugby オールブラックス ラグビー ニュージーランド NewZealand AllBlacks スプリングボクス ハカ サウスアフリカ トライ

スプリングボクスvsオールブラックス プレビュー

今週末のニュージーランドは色んなスポーツが同時に行われ
何を優先に見るのか迷う週末だと世間では言われています。
まず今夜は、ネットボールのグランドファイナルリーグラグビー
これが同じような時間帯にやっていましたが自分はリーグラグビー
あまり好きじゃないし綺麗な人が結構居るネットボールを見ました(笑)
最後まで解らない試合でしたが1つのミスで勝負が決まってしまい
改めて大事なところでのミスの怖さを見ました。

明日はオールブラックスvsスプリングボクスの大一番
同じ時間帯にアメリカンズカップのDay1と言う事でキウイ達は
この選択をかなり迷っているが自分はもちろんラグビーです。

オールブラックスのトライネーションズ初戦となるボクス戦
現在IRBランキング1位とワラビーズに勝って2位に上がったボクス
世界で一番熱い試合が行われるので今から楽しみだ。
フランス2戦とカナダ戦の3試合もウォームアップ程度の試合でしたが
ようやく本当の試合が見れると言うことです。

両チームとも怪我人が多く出ていますが、若手の成長でそれを
カバーできるチームになっていると思います(特にABs)
キャプテンのジョンスミットが先週の試合でハムストリングを痛め
この試合では欠場は良いリーダなので痛いですね。

ボクスが一旦発表したメンバーから更に怪我人が出て変更があります。
先週の試合で膝の怪我をして出場が微妙だったフランカーのスミス
若手のNo8スピースが欠場
となり3列の2人が抜けますが
スミス→ダニーロッソウ、スピース→ボビースキンスタット
経験豊富な選手が入るので問題ないかと思います。
ボビーがこういう試合では燃えるのでちょっと怖いです。

両チームのメンバー
Springboks:
15.Percy Montgomery, 14.Ashwin Willemse, 13.Jaque Fourie,
12.Jean de Villiers, 11.JP Pietersen,
10.Butch James, 9.Ruan Pienaar,
8.Bobby Skinstad, 7.Danie Rossouw, 6.Schalk Burger,
5.Victor Matfield(C) , 4.Bakkies Botha,
3.BJ Botha, Gary Botha, Os du Randt.
Reserves:
Bismark du Plessis, CJ van der Linde, Johann Muller,
Michael Claassens,Wynand Olivier,Francois Steyn.One to be added.

All Blacks:
15.Mils Muliaina,14.Joe Rokocoko,13.Isaia Toeava,12.Aaron Mauger,
11.Sitiveni Sivivatu, 10.Daniel Carter, 9.Byron Kelleher,
8.Rodney So'oialo, 7.Richie McCaw (Captain), 6.Jerry Collins,
5.Greg Rawlinson, 4.Troy Flavell,
3.Carl Hayman, 2.Anton Oliver, 1.Tony Woodcock.
Replacements:
16.Keven Mealamu,17.Neemia Tialata,18.Ross Filipo,19.Chris Masoe,
20.Piri Weepu, 21.Luke McAlister, 22.Leon MacDonald.

オールブラックス赤文字で書いた選手が鍵になるかと思います。
プロップ、3列、ウイングはこの3試合を見て心配要りませんから。
まず一番心配なラインアウトは1~3番手までのロックが怪我等で
欠けていて4、5番手のブルーズコンビのロックの選手が出場で
特にフラベルは身長で不利なのでどうなるか?? 
ブルーズコンビだからスクラムでオリバーを選んだのは良いですが
フッカーもブルーズのメララムにした方が良かったかな?
ローリンソンは心配してませんが投げるオリバー次第ですね。

浅いラインを多く使うABsのBKラインは早いパス廻しが出来るか?? 
ラッシュディフェンスで来るボクスなのでケラハーのパスが鍵ですが

お世辞でも良いパスをする人ではないので不安ですし
ダンカーターが怪我等もありコンディショニングプログラム後に
試合数をこなしていなくて本調子になっていないし
カナダ戦ではコンビネーションにも課題を残しているので
この試合はそこにも注目して見たいです。
もしダンがいまいちならメイジャーが上手い事リードしてくれないと
まだ経験の浅い13番トエアヴァに余計にプレッシャーになるので

メイジャーが鍵になるかもしれませんね。
トエアヴァは大一番で戦える心臓にしないとRWCでは任せれません。

スーパー14では怪我から復帰していきなり活躍した
フルバックのムリアイナですがカナダ戦で久しぶりに試合に出ましたが
まだ本来の調子ではいと思うのでこの試合でどうなるか?
彼の活躍も勝利には欠かせないので期待したいです。

ABsはFWが走れて強くしかもパスのスキルも非常に高いので
BKがフラットラインで複雑なサインプレイをやらなくても
シンプルに
戦えばどこにも負けないと思う。
ジュニアオールブラックスがオーストラリアAに50-0で勝ったのも
ラインブレイクは殆どなかったけど連続攻撃でトライを沢山取った。

FWが接点で強いしBKのようなパスも出来るスキルがあるので
シンプルにやってボールをリサイクルして崩してトライをすると言う
攻撃をやられるのが相手にとっても凄く嫌だろうし

そのシンプルでやるのが一番の作戦だと思います。


BKコーチがフラットラインが好きだとか聞いた記憶があるので
自分が何を言っても仕方がありませんがボクスに負かされて
そこで目が覚めてもらうのもRWCで勝つには必要かもしれません。


ロックで劣勢になるだろうラインアウトはラインアウトの良い
ソーイアロが後ろで飛ぶのが多くなるかもしれないですね。
それが機能すればそんなに問題ないかな??

ボクスのラインアウトは先週のワラビーズ戦を見ていて思いましたが
キャプテンのスミットが退場してから代わりに入った
ブルズのボタのスローイングが良くなかったせいか
自慢のラインアウトがワラビーズのこれまた良いロックに割られる
事が多かった気がするので、ラインアウトが良くなかったら
後はオールブラックスに優勢になるものが見当たらないので
オールブラックスの勝ちは固いかと思います。
 


あ、昔からDGの得意な南アだし先週の試合でも距離,角度がある
難しい所からも決めるスタインが居るので接戦になれば
スタインの確実なDGは脅威ですね!!
ディフェンスが出来ないのでDGをさせないように突き放さないと。

サウスアフリカでの試合で厳しいだろうし、かなり勢いに乗っていて
監督も自信満々なボクスだから白熱した試合になるのは確かでしょう。

上記に書いたように普通にやればオールブラックスが勝ちでしょうが
まだまだ本調子でない感じなので・・・予想は難しいです。

勢いはボクスだけど先週の試合を見てそんなに怖くないかなと。。。
オールブラックスが10点差以内で勝ちかな

トエアヴァ緊張しすぎないでのびのびやってください。

ボクスのキャプテンはRWC後にフランス2部リーグのお金持ちクラブ
Toulonと契約したロックのVictor Matfield
初めてキャプテンを務めることになったのでこれも注目。
これでToulonは、オリバー、マーティンズ、グレーガン、
そして以前の記事でも書いたようにGMでタナウマガと
沢山の大物選手をお金で獲得しています。


覚えてますか?ダーバンでボクスとオールブラックスの試合といえば・・・
©Getty Images - Ross Land
©Getty Images - Ross Land

2002年の試合で観客がレフリーにタックルした事件
直ぐにリッチーがその観客にタックルに行ったのは流石!

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : Rugby オールブラックス ラグビー ニュージーランド NewZealand AllBlacks スプリングボクス

ジュニアオールブラックス日本戦メンバー発表

パシフィックネーションズの最終戦
日本代表vsジュニアオールブラックスのジュニアのメンバーです。
太字の選手がキャプ保持者で13人も居ますね!

青文字のルディウルフの怪我が完治して初めて試合にでますが
ブルーズではジョーロコを抑えてレギュラーとして
活躍していましたし久しぶりの試合でどれだけ動けるか。

フロントローを全部変えてきて3人ともクルセルダーズですね。

BKを見てもそうですがタネトゥイプロトゥを初めて?先発
入れてきているしFBでここまで全部先発だったコリージェーンが
外れている
しこれまであまり出場機会がなかった選手に
出場機会を与えていると言う感じでしょうか。
それでも凄い選手ばかりなので日本代表は覚悟しないといけませんね。

まだオールブラックスの可能性がある選手が何人か居ますが
一番有力のパワフルNo8シオネラウアキがこの試合で復帰2戦目で
オールブラックス入りも掛かってるし大暴れしそう!!
もう1人先週の試合でも良いランニングとパスをしていた
こちらもパワフルなマーアノヌーも大暴れしそうです。

いや二人とも大暴れして欲しい!!

赤文字で書いてある選手が今年好調で特に注目して欲しい選手です。
特に3列の選手がかなり良いですしキャプテンのダニエルブライド
ブルーズでも大活躍をしていましたしABsに選ばれても良いくらい。
BKもチーフスのドナルドもかなり良いですがクルセーダーズ
ブレットもセンスが良いしこの試合でも良いプレイを期待です。
12番のタネトゥイプロトゥも地味な選手ですがスキルが高い
良い選手ですので他の豪華なBKと共に活躍して欲しいです。

控えも充実しているジュニアオールブラックスが120点くらいとって
圧勝と言いたいところですが、寒いところから熱い東京に行って
体調管理も厳しそうですし、優勝が決まっているし
そしてあまり点差が開くとまずいと思って手を抜く可能性が
あるとも言えるので80点くらいかなと予想してます。

出来れば真剣にやって欲しいのが本音ですが当日はどうなるか??

Junior All Blacks
15.Scott Hamilton,14.Rudi Wulf,13.Ma'a Nonu,12.Tane Tuipulotu,
11.Anthony Tuitavake, 10.Stephen Brett, 9.Jimmy Cowan,
8.Sione Lauaki, 7.Daniel Braid (captain), 6.Jerome Kaino,
5.Tom Donnelly, 4.Hoani MacDonald,
3.Campbell Johnstone, 2.Corey Flynn, 1.Wyatt Crockett
Reserves:
Derren Witcombe, John Afoa, Kieran Read, Mose Tuiali'i,
Andrew Ellis, Stephen Donald, Sam Tuitupou

ハカはやはりリコオールブラックスに上がって居ないし
指揮をする選手が居なそうなので先週同様無しの気がします。


次回はスプリングボクスvsオールブラックスのプレビュー予定

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中


関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : Rugby オールブラックス ニュージーランド ラグビー NewZealand AllBlacks ジュニアオールブラックス 日本代表 ブルーズ クルセーダーズ

今更先日のカナダ戦のレビュー

前回の記事で少し写真を載せましたがレビューを
ワイカトスタジアムでテストマッチを見るのは4年前の
ウエールズ戦でダンカーターのデビュー戦です。
覚えていますか?ジェリーのタックルで相手のNo8がダウンして
タナが駆け寄りマウスガードを取り助けた試合です。
s
かなり寒いハミルトンでしたが試合前のセレモニーが凝っていて
試合前からかなり盛り上がったワイカトスタジアムでした。
ha
チーフスvsシャークスの試合でもあがっていましたが
この試合でも花火が打ち上げられお客さんも大満足!

この日の国歌はニュージーランドアイドルの審査員の
フランキーが歌っていて何気に盛り上がったかも??
(どうでも良い話ですね・・・)
ハカの指揮はリコが居たのでやるかと思いきやメイジャーでしたが
良い感じでハカが行われていましたし先日のフランス戦より
近くだったし自分も大満足でした。
haka--2
試合開始直ぐにシヴィヴァトゥーの個人技でトライを取り
その後もルークも2人のディフェンダーを引きずってのトライと
簡単に2トライを取ってしまったので、レベルが違いすぎるな~
100点は行くとその時点で思ったし選手たちもそう思ったでしょうね。

そこからカナダの健闘が目立ちタンオーバーを何度か許したり
ABsのコンビネーションが良くなくてダンカーターのパスが
インターセプトされてトライを取られカナダに勢いを与えました。
ラインが浅いのでミスをしたら一気にもって行かれるし
このインターセプトのトライは前回のRWCのセミファイナルの
場面とそっくりだったので、ますます不安に!!
この時のサインプレイもカナダにドリフトディフェンスで見られて
いたし全然コンビネーションがなってないなと・・・
それ以外でもそう思ったのが何度かあった気がします。
フランスの2戦目のエヴァンス、ルーク、トエアヴァの
コンビの方がしっかりあってるじゃないかと言いたくなりました(笑)

後半から段々良くなって点差を開いてトライを沢山取りましたが
一試合を通じてカナダの健闘が目立った試合だったと言う印象です。
カナダのラインアウトは高くて結構良いのでRWCで対戦する
日本は要注意だと思います、それにFWがラックで激しいですね。

後半途中でリッチーが入り流れが良くなったのもあるし
リッチーが調子を上げてきているので安心しました。

ジェリーも良かったけど、マソエがまだ本調子でないですね。
初キャップのロスフィリポは良くやっていたと思います
試合前にかなり緊張していたのが印象的でした。
もう1人の初キャップのジョンシュワルガーはスクラムもよかったし
良い突進もしてたしいきなりトライも取って最高なデビュー


試合中に残念な事がありました、スタジアムでウエーブがあるのは
良いのですが、キウイ達はジュースやビールのペットボトルを
ウエーブの時に上に投げるのです
、始めは面白いなと思いますが
それが何度も周ってくると正直迷惑です!試合が見たいのに!!
何度も何度もウエーブが来てペットボトルが飛んでくるのは・・・
それならまだ良いですが(本当は嫌ですが)
なんと面白がってまだ中身が入っているペットボトルを投げる!!!
そうすればどうなるかは子供でも解るのに・・・

b
キウイ達は迷惑だと思うどころか、げらげらと笑いエスカレートさせ
試合なんてそっちのけでペットボトルを投げ続けてました。
そのうちグラウンドの中にも沢山のボトルが入るようになり
係りの人がそれを必死に片付けているのにまだ続けているのです。
本当に大迷惑ですし選手も迷惑そうで可愛そうでした。

ここまでの酷さは始めて経験しました。

なかなかウエーブがおさまらないので放送がはいり止まりましたが
そこまで言わないと解らないのかなとショックでした。
写真はそのボトルが飛んでいる瞬間ですが
これは上手く撮れてないだけで本当は物凄い量です。
あえて元の画像で写真をアップしました(笑)
(他の画像はサムネイルでアップ)
投げるなら札束を投げるようにして欲しい(笑)

良い子の皆さんは、決してマネをしないようにしてください!

グラウンドには顎の手術をしたアリの姿もありましたし
順調に回復する事を祈ってます。
昨日書こうと思っていて忘れていた事ですが
そのアリが顎があんな状態なのでスープの食事と言うことで
スープレシピを募集している
ので料理の得意な女性の皆さん
(男性でも構いません)アリを助けてやってください。
レシピを送るとサイン入りのIVECO SERIES(フランス,カナダ戦)の
ラグビーボールがもらえるかも知れませんし送ってみてください。

詳しくはアリがスープの事を言っている動画付きのサイトを
見てください。ここをクリックしてください

All Blacks 64
Dan Carter 3 tries, Sitiveni Sivivatu, Luke McAlister,
John Schwalger, Andrew Hore, Chris Masoe, Doug Howlett,
Rico Gear tries,
Carter 7 conversions,

Canada 13
Mike Pyke try,
James Pritchard 1 conversion, 2 penalties,
HT:26-13

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中



関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : Rugby オールブラックス ラグビー ニュージーランド NewZealand カナダ ABs AllBlacks

オールブラックスメンバー発表!(スプリングボクス戦)

Haka
(先日のカナダ戦のハカの写真)

トライネーションズ初戦の対スプリングボクスのメンバーです。
AllBlacks:
15.Mils Muliaina,14.Joe Rokocoko,13.Isaia Toeava,12.Aaron Mauger,
11.Sitiveni Sivivatu, 10.Daniel Carter, 9.Byron Kelleher,
8.Rodney So'oialo, 7.Richie McCaw (capt), 6.Jerry Collins,
5.Greg Rawlinson, 4.Troy Flavell,
3.Carl Hayman, 2.Anton Oliver, 1.Tony Woodcock.
Replacements:
16.Keven Mealamu,17.Neemia Tialata,18.Ross Filipo,19.Chris Masoe,
20.Piri Weepu, 21.Luke McAlister, 22.Leon MacDonald.

2番にオリバーを入れてきたのは意外でしたが
スクラムが良いと言われているオリバーにしたのでしょうか。


一気に人材不足になったロックはブルーズのレギュラーコンビ
固めてきていますがフラベルのラインアウトが大丈夫でしょうか??

良い人材が2人も居て悩むであろう12番にはメイジャーが入り
ルークはリザーブ
に入って10,12,13のカバーでしょうか?

注目のセンターにはトエアヴァが抜擢されています。

そしてフルバックにはムリアイナですが試合数を重ねて
RWCには本調子に戻ってもらいたいです。

好調ニックエヴァンスがリザーブにも入ってません
マクドナルドが調子を上げてきてるのでリザーブに入ってますが
自分はフルバックもこなせるエヴァンスをリザーブに入れたいです。
Fili

ロックのリザーブにはABsデビューしたカナダ戦でも
良い動きを見せていたロスフィリポが入ってます。

(上記の写真はカナダ戦でラインアウトを競り合うフィリポ)

先日のカナダ戦の写真も沢山あるし観戦レビュー書かないといけませんね。。。

ボクスのキャプテンが先日の怪我で1ヶ月は駄目だそうで
今週の試合はもちろん欠場でボクスにとって痛いですね。


にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中


関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : Rugby オールブラックス ラグビー ニュージーランド NewZealand AllBlacks スプリングボクス スクラム ハカ

ジュニアオールブラックス圧勝!パシフィックネーションズ

大一番の試合で凄く楽しみにしていましたがこんな結果とは・・・
ワイカトスタジアムでのオールブラックスの生観戦に行くので
このジュニアの試合は見れないので結果を耳に入れないように
していたけどワイカトスタジアムに着いたらビックスクリーンに
ジュニアの試合がやってて「おい!後で見るのに・・・」
少しむかつきながら点数を良く見たら50-0?どう言う事??

間違いかと思ったけど何度見ても同じ点数でした(笑)

オーストラリアA何してるの?って感じでしたが
ジュニアが先週のトンが戦で気の緩みからかかなり苦戦したので
今週は気持ちを入れ替えたのもあるだろうし、ABsに怪我人等が
多く出て今回も3人上がっていると言う事もあるし
この大一番で良いプレイをすればチャンスがあるかもと
モチベーションが高くなったのでしょうか。

この試合をオールブラックス観戦の次の日(昨日)に見ましたが
リコが抜けたせいか?ハカは無しでしたので日本でも無いかも。
得点そのままの試合内容でオーストラリアAは何も出来なかったです。
試合開始直ぐにオーストラリアAがジュニア陣ゴール前まで
攻め込んでいましたが、そこでジョンアフォアがタンオーバーして
少し走り10番ドナルドにパスをして何とそこから90M独走トライ!

ディフェンスは居たのですが3人もタックルを外しましたが
ディフェンスが悪すぎでしたね、おかげでドナルドは疲れた(笑)

そこからはジュニアがやりたい放題でした。
BKだけでなくFWもパスのスキルも高く見事な展開ラグビー
トライ、トライ、トライの山でしたね~~


手術後2回の練習しか行ってないシオネラウアキがいきなり先発でも
持ち前の強さで前に出てオフロードスキルで再三チャンスを作り

このレベルでは物足りないのが充分に解りました。
トゥイタヴァキもタッチライン沿いをディフェンスに
押し出されずに走りきる見事なトライを決めるなど
ディフェンスでも良いところを見せてましたし
彼もラウアキ同様にオールブラックスでやらせてあげたいです。


前半は38点でしたが後半は12点とオーストラリアAも
少しは抵抗できたようですがここまで開くとは心配ですね。
ジュニアのパワーとスキルが圧倒した試合でした。

カナダ戦でいまいちな試合だったABsよりジュニアの方が強いか??
なんて思うほどジュニアは強いのでABsと戦わせたい。


上記に出てきた名前の他で良かった選手はカイノも良かったかな
と言うか皆良かったですが・・・

マーティーホラーがオージーに何か言われてムカついてその選手の
頭にボールをぶつけてペナルティーと取られていたのは笑えた。

Junior All Blacks 50
Stephen Donald, Tom Donnelly, Sione Lauaki, Scott Hamilton,
Anthony Tuitavake, Ma'a Nonu, Daniel Braid tries;
Donald pen 6 con,
Australia A 0
Halftime: 38-0

日本代表は頑張ってましたね、外国人選手の活躍が目立ってましたが
相手を慌てさせる事も出来たしディフェンスはかなり良かったですね。
グレン・マーシュが入るだけであんなに変わるとは・・・
遠藤がコンタクトでっサモアに負けてませんでしたね!

サモアはまともに行き過ぎましたね、力でねじ伏せれると思ったら
意外にもタックルが良くてしかも低いタックルで倒されて
むきになってその後もまともに行って最後までもつれた。
最後まで切れずにしつこいディフェンスが良かったですね。

サモアは終盤になりしっかり地域を取って行くようにして
前に出てリズムを作ろうとしてから逆転のトライになったと思う。
終盤になりサモアが日本をしっかりした相手と見てか
力任せにせずにいつものようにやってきたらあっさり逆転
サモアに勝てたかも?と言う見方もあるかもしれないけど
実力差はまだあると思う、でも彼らが慌てたのは確かかも。
格下と見すぎてかなり甘く見ていたから余計に慌てて
冷静さを失った感じでしたね。

サモア陣22M以内で同点に追いつけるチャンスのラインアウトで
オーバースロー(フッカーをそこで変えてましたね)
ペナルティーを得てノータッチキック等大事な所でのミスが
まだまだ多いのが気になる試合でした。

もう一度リプレイを良く見たいと思います。

いまいちの試合のオールブラックスvsカナダのレビュー
観戦記でもありますが載せようか迷ってます。
試合前のセレモニーがかなり凝っていて良かったですが
試合はまじでいまいちでしたね(特に前半)
ダンカーターの調子がまだまだ本調子でないのが気になります。
あれでは前回のRWCセミファイナルの二の舞


リコギアがRWC後にイングランドのクラブに移籍が決まりました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中

関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : Rugby オールブラックス ラグビー ニュージーランド NewZealand ジュニアオールブラックス サモア カナダ

今日はオールブラックス生観戦

ハミルトンまでカナダとのテストマッチ観戦に行ってきますが
凄い天気で雨の心配はないのですがかなり寒いようです。
ここオークランドも昨晩からかなり冷え込んでいるし
今もかなり冷えてるので夜はもっと寒くなりそう。。。
風邪引かないように厚着して行って来ます。

試合は控えの選手も多いですがアピールするのに必死で
100点ゲームもあるかと思ってます。

寒いといっていますが今日の大一番のジュニアオールブラックス
試合はもっと寒いダニーデンなので大変そうです。

移動中にこの試合があると思うので見るのは明日になるけど
凄い楽しみですね、ラウアキが手術後どれくらい動けるか??
そして来週の日本戦ではバリバリになってるかも。

その日本代表は強敵サモアとの試合ですね。
メンバーを見てるとサモアはかなり強よそう!!
以前も記事にしましたが11番のツイランギはかなり強いので要注意!
ABsのソーイアロの兄弟(ハーフ)は控えになってますね。
9番に入っている選手もノースハーバーの選手で良い選手ですし
昨年はブルーズでも試合に出ていました。
控えも含めてかなり良い選手が揃っていてかなり点を取られそう。

格上相手でも最後まであきらめない姿勢で戦って欲しいです
昨年のサモア戦のタックルは凄い良かった記憶があるので
今日もディフェンスが多い試合になると思うけど
良いタックルを見せて会場を沸かせてください。

それではワイカトスタジアムまで行って来ます!!
まじで寒い。。。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中

関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : Rugby ラグビー ニュージーランド NewZealand ダニーデン ハミルトン サモア カナダ ジュニアオールブラックス

開幕間近!トライネーションズ

いよいよ始まりますね!!
開幕戦はスプリングボクスvsワラビーズ

まずは両チームのメンバー
Springboks:
15.Percy Montgomery,14.Ashwin Willemse,13.Jaque Fourie,
12.Jean de Villiers,11.JP Pietersen, 10.Butch James, 9.Ruan Pienaar;
8.Pierre Spies, 7.Juan Smith, 6.Schalk Burger,
5.Victor Matfield, 4.Bakkies Botha,
3.BJ Botha, 2.John Smit (capt), 1.Gurthro Steenkamp.
Re:
16.Gary Botha,17.CJ van der Linde,18.Johann Muller,19.Danie Rossouw,
20.Michael Claassens, 21.Wynand Olivier, 22.Francois Steyn.

Wallabies;
15-Julian Huxley,14-Drew Mitchell,13-Stirling Mortlock (c),
12-Matt Giteau,11-Lote Tuqiri,10-Stephen Larkham,9-George Gregan;
8-Wycliff Palu, 7-George Smith, 6-Rocky Elsom,
5-Dan Vickerman, 4-Nathan Sharpe;
3-Guy Shepherdson, 2-Stephen Moore, 1-Matt Dunning.
Re:
16-Adam Freier,17-Al Baxter,18-Mark Chisholm,19-Stephen Hoiles,
20-Phil Waugh, 21-Adam Ashley-Cooper, 22-Mark Gerrard.

ボクスは怪我人が何人か出ているようですね。
ハバナはイングランド戦で膝を怪我してたんですね知らなかった
少し時間が掛かりそうでトライネーションズは出ないので
盛り上がりに欠ける感じがします。


10番のプレトリアススーパー14の終盤くらいからの怪我でしょうか
彼もトライネーションズは出ないようですがW杯は来るでしょうね。

先週のサモア戦でハーフのジャニュアリーも怪我をしたので
ワラビーズ戦はシャークスのピナールが抜擢されましたが
彼の柔らかい動きはセンスの良さを感じさせるし
走らせるとスピードもあるしステップも切れるので要注意ですね。

FWは文句なしに凄いですがNo8のスピースは早くてしかも強いので
恐ろしい選手ですが、個人技で突破する時は良いのですが
チームプレイとしてはまだまだかな??と思います。

スーパー14決勝そして先日のイングランド戦でサインプレイの時だと
思うのですがそれぞれインターセプトをされるパスをして
いずれもトライをされているので競った試合では致命傷ですね。

スーパー14決勝ではラッキーな事に勝ったので良かったですが・・・
経験のある選手がいるのでW杯でスピースが8番を着れるかな??
経験を積めばもっと凄い選手になるのは間違いないでしょう。

首の大怪我から見事に復帰したバーガーはスーパー14終盤になって
やっと激しさが戻ってきたので怖い人が帰ってきた
なと
ちょっとオースブラックスにとっても怖い存在ですね。

自分と同じ怪我した選手だけに敵チームですが頑張って欲しいです。

10番はジェームスが入っていますが19歳のスタインの方が
何をしてくるか解らないので相手にとっては怖い
気がするのですが。
彼の距離も出るDGは接戦になればかなり強みですね。



ワラビーズですがギタウを12番に入れてきましたね!!
これでグレーガンがハーフに入りラーカム様とのコンビで
その外にはギタウと言う一番怖い人が入るのでBK恐ろしい!

先日のフィジーとの練習試合を見る限りでは両ウイングの
調子が良くなってる印象を受けたのでこの試合でもやるかも??
11番トゥキリでしたが常に14番の位置に居た記憶が
右左をかえてこの試合でもやるかもしれませんね。

フルバックのハクスリーがボクス相手にどこまでやれるかが
凄く興味のあるところですね、あのキックは魅力的だな。


FWで注目してみるのはレギュラー定着か?と思わせるNo8パールー
昨年から彼を使えと再三言っていてここに来て使われだしました。
見た目とは裏腹に走れて起用のパールーの動きに注目です。
彼のオフロードパスのスキルは素晴らしい物があるので
強さで前に出てオフロードパスをしてと良い仕事をする選手です。
もっと使い続ければ良い選手に成長すると思います。

ワラビーズは上記に出した名前の選手が活きるかどうかも
セットピース(特にスクラム)にかかってますが・・・
スクラムで全然駄目なら結構差がつくかも知れないですね。
大ベテランジェレミーポールはどうしたのかな?
彼は絶対に必要な選手でしょう。

大ファンのフィルウォーが先発ではないですね・・・
自分は意外にもワラビーズが健闘する気がするのですが。

予想は10点差以内でボクス

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : Rugby オールブラックス ラグビー ニュージーランド NewZealand AllBlacks スプリングボクス ワラビーズ スーパー14 トライネーションズ

ジュニアオールブラックス、メンバー発表(対オーストラリアA)

大一番のこの試合は同じ日に行われるオールブラックスvsカナダより
かなり興味があります
、メンバー見てるだけでかなり興奮!
Junior All Blacks;
15.Cory Jane,14. Scott Hamilton,13.Ma'a Nonu,12.Sam Tuitupou,
11.Anthony Tuitavake, 10.Stephen Donald, 9.Andrew Ellis,
8.Sione Lauaki, 7.Marty Holah (captain), 6.Jerome Kaino,
5.Tom Donnelly, 4.Hoani MacDonald,
3.John Afoa, 2.Derren Witcombe, 1.Clarke Dermody.
Reserves:
Corey Flynn, Campbell Johnstone, Mose Tuiali'i, Daniel Braid,
Jimmy Cowan, Stephen Brett, Tane Tu'ipulotu.

赤字がまだABsに可能性があるかな??と言う選手。
あれ?シオネラウアキがいきなり先発ですね!!
来週の日本戦のウォーミングアップでしょうか?(笑)
ここで大暴れしてトライネーションズ途中からABs入りして欲しい。

青字はABsにお呼びが掛かったのにアピールする機会もくれないのに
名前だけ移動させられていてやっとまともに試合をさせてもらえる
ノヌーですがかなりふて腐れていると思うのでこの試合でも
イライラして得意の?ラフプレーが出なければ良いのですが。

対するオーストラリアAもかなり強力なメンバーで
ワラビーズから何人か下してきてるので本気ですね。
逆にジュニアはABsで怪我人が多く出てるし出産ラッシュで
育児休暇をとるパパたちの穴埋めなどで大分抜けて
少し手薄になりかけていますがメンバーはまだまだ強力
リザーブを見てもかなり良いですし勝ちますね。

しかもホームのとっても寒く最近は雪も降ってたしやばいです。
オージー達にはかなりきつい遠征となりそうですね。

会場は寒さと熱気で大変だ!

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中


関連記事

スミス欠場、ルークがセンター

今朝早々とスミスがフィットネステストで駄目となり
ルークがオールブラックスでは初めての13番
での出場となりました。

ブルーズで何年か前に少しやってたけどそんなに・・・
でも今はあの時より数段成長してるしメイジャーとのコンビだし
ある意味面白い試みだと思います。
スミスがこんなにもたついているしルークが手薄な13番で
使える目処が立てばBKの不安も解消するかもしれない。


しかし前回も書いたけど今更・・・遅くないか?と言う感想です。
心配なのは99年のW杯でバック3にカレン、ジェフウイルソン、タナ、
ロムー
と全員使いたいと言う事でカレンを13番にして
セミファイナルでフランスに負けたと言う苦い想い出がある。。。

確かに良い選手を一遍に使いたいのは解るけど自分のポジション
じゃない所をプレッシャーのある試合ではどうだろう?
もっと前から試みているなら良いのだけどちょっと不安かな。
トエアヴァが13番でレギュラーだろうし彼に頑張ってもらいましょう。

ちなみに昨年から今年に掛けて13番は6人目・・・スミス、ノヌー、
ラウララ、トエアヴァ、ムリアイナ、そしてルーク


ルークが先発となるのでリコギアがリザーブ入り確定です。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : Rugby オールブラックス ラグビー ニュージーランド NewZealand ブルーズ

ジャック2試合欠場!カナダ戦メンバー発表

All Blacks:
15.Mils Muliaina,14.Doug Howlett,13.Conrad Smith / Luke McAlister,
12.Aaron Mauger,11.Sitiveni Sivivatu,10.Dan Carter,9.Byron Kelleher,
8 Jerry Collins, 7 Chris Masoe, 6 Reuben Thorne (c),
5 Ross Filipo, 4 Troy Flavell,
3 Neemia Tialata, 2 Andrew Hore, 1 John Schwalger.
Reserves:
16-Keven Mealamu,17-Carl Hayman,18-Rodney So'oialo,19-Richie McCaw,
20-Piri Weepu,21-Luke McAlister / Rico Gear, 22-Leon MacDonald.

怪我人などが出てるしこの3試合で全員使うと言っていたように
前回のフランス戦からかなりメンバーが変わっています。
ロスフィリポ、ジョンシュワルガーのウエリントンコンビが
先発に入っているので初キャップとなります。

ロスフィリポは今年クルセーダーズでかなりトライを取って
攻撃の方も期待が出来ますし機動力が魅力です。
シュワルガーは左右両方組めるプロップで将来期待されています
この体で結構走るのでカナダ戦でそれも見れるかも。
良く見たら一列はハリケーンズのメンバーだ。

ムリアイナがハムストリングの怪我がようやく回復して先発
今年初めてのテストマッチですがチーフスで怪我から復帰した時も
いきなり見事な活躍でしたのでこの試合でも心配ないでしょう。

コンラドスミストライネーションズも外れるとかの報道でしたが
急に?怪我が回復したのか先発メンバーに入って居るのがびっくり。
明日はっきり解るとか言っていたような気がしますし
それで駄目ならルークがセンターに入る事になるそうですが
これも何で今頃にルークがセンターに入るの??って感じです。

BKコーチがメイジャーの大ファンで12番は決定?と言う事だと
思いますが、ルークの成長があるのでルークも使いたいと思ったのか
ここに来てルークを13番で使おうかと思ってるのかな?
面白い試みだけど今更そうしようとしているのが・・・

ノヌーがジュニアオールブラックスから呼ばれていたのは
センターの怪我人の為だったのに今回ルークに13番の控えだし
ノヌーはもう使わないと言っているような感じがします。

またジュニアに戻されて今週のオーストラリアAの試合に合流する
そうですが、良いように使われてオールブラックスの試合では
少しの時間だけで中途半端な使われ方でしたし可哀想かなと・・・

そしてマソエがNo8の控えと言っていてジェリーをNo8に
これも今更またなんでかな?と考えさせられるかも。。。
コリンズは前回のW杯でNo8だったしそんなに心配はしなくて良いかな。

クリスジャックが今週と来週のボクス戦を欠場する事が決まりました。

ルークがセンターで先発した場合リコギアの名前がリザーブあります。
そうですリコギアはオールブラックスに入りました。
これはダグがジャックと同じく南アフリカ遠征に参加できないので
リコがそのカバーをすると言う事で上がってきました。
と言うことは来週日本との試合リコは来日しないと言う事ですね。

どうしてジャックもダグも??
2人とももう直ぐ初めてのパパとなるそうでそれで欠場となります。
キウイらしい家族を大事にすると言う事ですが日本では珍しい事かな?
今年は出産ラッシュ?? リコスーパー14のチーフス戦で
急遽欠場したのも確かそうでしたし、コリーフリン少し前に生まれて
今週からようやくジュニアオールブラックスに合流ですし。

ジュニアオールブラックスと言えば・・・
今週からパワフルなシオネラウアキが復帰です!!
来週は来日で日本の選手は覚悟してください、ノヌーも居ますよ!


にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : Rugby オールブラックス ラグビー ニュージーランド NewZealand AllBlacks スーパー14 ジュニアオールブラックス トライネーションズ シオネラウアキ

今週末はカナダ戦

今週の土曜日にワイカトスタジアムで行われるAB-Canada
カナダですがレギュラー選手何人かがフランスの国内リーグの
決勝に出場
するのでオールブラックス戦に参加出来ないそうです。

またフランス国内の試合に良い選手を取られていますね・・・
かなり格下のカナダなのにますます・・・
それにカナダもW杯に向けて調整したいだろうに。

オールブラックスは怪我人が多いですが復帰選手も出てくるとか。
ムリアイナもようやく出てきそうですしダンも復帰かな。
でもリッチーがフランスの1戦目に痛めた腰の問題で欠場かな?

ロックはアリとロビンソンの代わりに上がった二人に出場機会を
与えると思うのでそうなればロスフィリポ初キャップですね。


いよいよ今週末からトライネーションズが始まりますね!
これでオールブラックスもまともなチームとやれそうです。
開幕戦はスプリングボクスvsワラビーズ 
サウスアフリカで行われる時は放送が深夜1時なので嫌です(笑)
日本だと22時なので丁度良い時間ですね。
ボクスのコーチ、ジェイクホワイトが何やら問題にされてますね
まだはっきりと調べがついていないみたいですが
こんな時期にタイミングが悪いのではないでしょうか?

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : Rugby ラグビー オールブラックス AllBlacks ニュージーランド NewZealand ワラビーズ サウスアフリカ スプリングボクス カナダ

ジュニアオールブラックスちょっと苦戦

先週日本に負けているトンガなので気を抜いていたのか?
それともトンガが先週の負けが悔しくて新たに気を引き締めたか?
トンガのメンバーは日本戦から結構変わっている感じがしました。

前半はなんと10-13でトンガにリードされます!
びっくりでしたがトンガの気迫がありそして攻めも良かったと思います。
日本戦で途中から出てきた活きの良い選手がFBで先発で
彼が2トライするなど大活躍でした。

しかし後半に入るとジュニアオールブラックスが29点を取り
トンガを0点に押さえ39-13で勝ちました
がこの試合で新たに
気を引き締め治して今週末ダニーデンで行われるオーストラリアAとの
大一番に挑むでしょう。

そのオーストラリアAは日本に圧勝してますが
予想していたよりも日本が健闘していましたね。
特に前半はかなり頑張っていたと思いますが、
メンバーの選び方に疑問ですね。
いくら2チームで戦えるチームを作りたいからといっても、
強い相手にベストメンバーで行くのでは?
と言うかまだセレクション段階なんでしょうかね、
佐々木がキャプテンでインタビューされていたと言っても
聞かれたことにただ「はい、そうです」の一言でインタビューに
なってませんでしたね(通訳をつけていましたが)

そのオーストラリアAの後にワラビーズ対フィジーがありましたが
フィジーのセットピースがぼろぼろで特にラインアウトは酷かったし
ハンドリングエラーと反則が多すぎで見ていて面白くない試合でした。
ディフェンスはそこそこ頑張っていましたが
日本はあれくらいのチームには勝って欲しいです。

復帰したトゥキリが相方ウイングのミッチェルと共に
良くやっていたのではないかと思いました。
 
あと12番も結構良かったし、ハクスリーは地域を取るキックも良いし
ライン参加のタイミングに走るコースが良く再三チャンスを作って
自らトライも上げていましたし良い感じですね。

GKがいまいちなのがなければ最高の選手ですね。

序盤はコンビネーションが悪くラーカムまで変なパスを投げるなどどうしたのかな?と
思っていましたが徐々にラーカムのパスも安定してきて
コンビネーションも合ってきましたが最初のミスがなければ
もっと沢山のトライを取れたと思います。

大差で負けたフィジーのコーチ(元ワラビーズ)がワラビーズより
ジュニアオールブラックスの方がフィジカルが上回ってるとの事です。


サモアは主力メンバーを休ませたスプリングボクス相手でしたが
敵いませんでした。
ボクスは控えのメンバーでも能力の高い選手多く層の厚さが出てきたので
ワールドカップを戦い抜くのに充分な戦力と言っても良いかもしれません。


サモアは試合開始に勢いを感じたのと点差をつけられても切れる事なく
最後までしぶとく喰らいつくような姿勢が良かったかなと思いました

後半は健闘して20分くらいはボクスを無得点に抑えていましたが
ボクスの攻撃が凄くその後2トライを取られて試合を決められました。
しかしその後にサモアは1トライを返してたし粘り強さがありますね。

日本はサモアの強いセンター陣と決定力のある両ウイングには要注意!
特に11番はロムー2世と言われている程で、この大会ではフリーで貰う
機会がないのであれですが、イングランドのリーグ戦でで見た時は
かなり力強かったので走らせたらとにかく厄介な人です。

FWも勿論強力で3番の選手はNZのタラナキの選手ですが
昨年より体が締まっていてより走れるようになりボクス戦でも
力強い突進でビックゲインを何度か見せていました。
ラインアウトはリコーに行くフィリポレヴィの相方の方が強いですね。



こぼれ話ですが
オールブラックスのロック陣の怪我が相次ぎ急遽2人追加で呼ばれた
ロスフィリポはもう28歳でワールドカップに出るチャンスが
今回が最後だと思うからからサモア代表になろうかどうか
かなり悩んでいたらしいですがそれを辞退してJrABsに入りました。
そしたら今回オールブラックスに呼ばれてることになったので、
もしサモア代表になる事を決めていたら今回オールブラックスには
当然呼ばれていないので、凄く悩んだ末に選んだ道が
夢を叶える事になったと言う話です。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

オールブラックス良い感じだった。けど・・・。

先週がいまいちの試合だったので今週はスッキリですね。
試合前のアップで先発予定のロビンソンが古傷の脹脛を痛めて
急遽クリスジャックが先発でフラベルがリザーブに入りました。

久しぶりに従来のハカを見ましたがこっちもかなり良いなと
新しいのも良いですがちょっとテンポが・・・
昨年新しいのを生で見た時はかなり感動しましたが(笑)

試合内容は先週の修正が出来た感じだったし
スクラムも圧勝で見ていて安心できる試合でした。
序盤はキックが目立ったので「またキックの試合かよ!」と
先週の試合をイメージしていましたが途中からはしっかり
展開もしてくれてしかもスキルの高いラグビーでフランスを圧倒!

最初のトライをしたオリバーは低い姿勢で良いトライを取るなど
まだまだ元気
なところを見せてくれてました。
自分があまりかっていないケラハーも持ち味の強さを活かした
トライ
でアピールしていましたね~
その時のスクラムが最高に良かったので取れたトライですね。 

心配していたジェリーコリンズは強烈なタックルで見た目もプレイも
化物のNo8を仰向けに倒した
しトライもしたし安心ですね。


しかしその化物がまたもややってくれました!!
先週の試合でキックオフのキャッチ、ラインアウト、
ボールを持っては激しい突進をして絶好調になっていた
アリウイリアムズの顎を折りました!
確かにアリのタックルが高かったので肘辺りがアリの顎に
当ってそのまま吹っ飛んでしまいました。
でもアリの顎が折れてるのに奴の腕は平気なのか?
フランスの中で1人気を吐いていたのが彼ですが
もしこのシリーズで彼が居なければつまらなかっただろうから
ある意味感謝ですがW杯で彼に仕返しをしなければいけません。


先日の記事でまた「ジョーロコが良い動きをしますよ」
予想したようにこの試合でも大活躍でしたし完全復活ですね。
2トライをしたのは勿論良いのですが、それ以外でも良い仕事してます。
一つ目のトライもしっかりキックチェイスをしてプレッシャーを
掛けている
からインターセプトをできトライになりました。
Joe
MARTIN HUNTER/Sunday Star-Times↑久々のこのシャチホコ?トライ

二つ目のトライは最後は個人技で抜きましたがその前に
何度かプレイに絡んで
その後直ぐのトライでしたし
仕事量がかなり多いウイング
です、その時のトライでは
従兄弟のシヴィヴァトゥーも何度もプレイに絡んでチャンスを作って
いましたしこの両ウイングの仕事量には感心させられます。 

しかも決定力も抜群なので最高なウイングです。
熱くなってしまいました。。。

あと目立ったのがルーク!ラインブレイクは最高でしたね~~
オフロードパスのスキルも高いし
メイジャーと良い勝負ですね。
ゴールキックがいまいちなのがありましたけど。

ニックエヴァンスのランニング、パス等センスの良さが光って
見ていて安心出来るしダンが居なくても良いのでは?と言うくらい
本当に良い選手です、エヴァンスの方が見ていて面白いですし。

トエアヴァは持ち味の強さを見せてトライをしていましたが
やっぱりまだまだハンドリングエラーが多いですね・・・

W杯ではミスが命取りにもなりかねませんので不安ですね。
ミスを怖がりすぎている、良い選手なのは誰もが認めてると思うので
もっと自信を持ってやって欲しいなと思います。


自分の一押しのブレンダンが後半10分位から早くも登場してました!
新人オールブラックとは思えないほど落ち着いた球捌き
この落ち着き振りをトエアヴァに分けてやりたいです(笑)
持ち味のスピードも見れて裏に抜けダグにオフロードパスをしてたし
徐々に彼の持ち味のスピードあるプレイも発揮できそうで
今後のABsでのブレンダンが楽しみになってきました。

良いところばかりが出た試合でしたがフランス戦の得点の新記録
おまけに得失点差も新記録(対ABsだけでなく他のチームも含む)
そしてABsのホーム連勝記録も23連勝に伸ばしました。
(ウエリントンで2003年のイングランド戦に負けた後)

点差が開きすぎてミスマッチに思えますが
オールブラックスの内容が良く良いトライが多くあったので
面白い試合が見れました、先週生で面白い試合が見たかった。

All Blacks 61
Tries:
Anton Oliver, Byron Kelleher, Joe Rokocoko(2), Leon MacDonald,
Isaiah Toeava, Jerry Collins, Keven Mealamu, Nick Evans.
Cons: Luke McAlister (5). Pens: McAlister (2).
France 10
Tries: Julien Laharrague. Cons: Benjamin Boyet. Pens: Boyet.

気になるロビンソンとアリの怪我の具合ですが
両選手ともトライネーションズも無理
そうで残念です。
アリはW杯に間に合うかどうかはまだ解らないらしいです。
ロック陣の怪我がこれで4人も出てしまいちょっと不安ですが
代わりのフラベルがこの試合でも良い動きをしてましたし
怪我人が出たのは残念ですがこういう選手がいるのが心強いです。


この2人の代わりにジュニアオールブラックスから
グレッグローリンソンとロスフィリポの2人が呼ばれました。

ローリンソンはブルーズでもかなり活躍してますし
ラインアウトは最高なのでしっかり穴を埋めてくれるでしょう。

ラグビーと言うスポーツはいつも怪我との背中合わせ
やるかやられるかの世界で本気になれるスポーツだから大好きです。
今回の怪我などを見ると本当に気の毒です
でもきっと彼らはまた元気にグラウンドに戻って来るでしょう
きっとW杯の前までに元気な姿を見せてくれますよ。

自分もいつかはグラウンドに戻れるようにしたい。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中


関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : Rugby ラグビー オールブラックス AllBlacks NewZealand ABs ジュニアオールブラックス ハカ NZ

明日もラグビー観戦で忙しい

オールブラックスの前にジュニアが登場
相手は日本に負けたトンガですが先週の負けがありますから
気を引き締めなおして来るかもしれませんが圧勝は確実でしょう。

ジュニアオールブラックスのメンバー
15. Cory Jane, 14. Scott Hamilton, 13. Casey Laulala,
12. Sam Tuitupou, 11. Anthony Tuitavake,
10. Stephen Brett, 9. Jimmy Cowan,
8. Mose Tuiali'i, 7. Marty Holah (captain), 6. Kieran Read,
5. Tom Donnelly, 4. Ross Filipo,
3. John Afoa, 2. Derren Witcombe, 1. Clarke Dermody
Reserves:
16.Tone Kopelani,17.Wyatt Crockett,18.Jerome Kaino,19.Daniel Braid,
20. Andrew Ellis, 21. Stephen Donald, 22. Tane Tu'ipulotu

12番にサムトゥイトゥポーが入るのでブレットが初めて10番に入り
ドナルドがリザーブにまわります。

ドナルドとブレットのコンビが好きだったので残念かも。。。
それならサムの突進を見て楽しむことにしましょう。
いや、しっかり展開ラグビーも今まで通り見せてもらいます。

そして夜はオールブラックスvsフランス 第二戦

ダンの代わりに入ったニックエヴァンスの動きに注目です。
彼のランニングスキルを見ていると気持ちが良いので
明日はギャップをついて裏に出て外に繋ぐプレイが多いかも。
でもフランスは先週より体調も良いだろうし
コンビネーションを含めて上向きにきてるでしょう。

オールブラックスも先週より良くなっていないといけない
先週はミスが多すぎたから今回は修正して欲しい。
出来ればキックを少なくしてくれた方が良いんですけど・・・
ジョーロコが調子を取り戻し先週はかなり良かったから
明日の試合も良い動きすると思いますよ。

先発に入ったオリバー、ロビンソン、ジェリーコリンズ、
ソーイアロ、ケラハー、ルーク
に注目しなくてはいけませんが
ソーイアロは先週も途中から出て良い感じだったし安心かな。
ジェリーがどこまで動けるかが気になります
あとルークはいきなりでも活躍するかと思います。
ケラハーは何も言いません(笑)ブレンダンに早く代わってください。

そのケラハーの移籍先がフランスのToulouseに決まりました。
お金持ちの2部リーグのToulonとスペルが似てるな。
ルークはどこか決めてないけど今度はリコギアも人気あるから
今後の彼らに注目ですし、その他まだ移籍もあるのでは??

結局コンラドスミスは来週のカナダ戦も駄目のようで
トライネーションズでもメンバーから外れる
事になりそうです。
これでノヌーがオールブラックスに定着ですね。

スミスが居ないとなるとオールブラックスではいまいちな
トエアヴァの成長に期待するしかないですね。
彼には沢山のチャンスをこれまでに与えてきてるので
そろそろ落ち着いて試合をして本来の彼のプレイをしてください。


NZはかなり寒いです、鍋物が美味しい時期になってきました。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中



関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : Rugby オールブラックス ニュージーランド ラグビー NewZealand AllBlacks ジュニアオールブラックス トンガ

ダンカーター欠場!エヴァンスがNo10

今日も別メニューのダンカーターは土曜日の試合は欠場となりました
昨日も書きましたがここで無理する事はないし
控えにはニックエヴァンスが居るので問題ありません。
第1戦でも後半から出て良い動きをしてましたし
こんな人が控えに居る事自体もったいないですね。

13番で先発予定だったコンラドスミスですが痛めていた
ハムストリングの怪我が再発しメンバーから外れ

2人抜けたところにはダグハウレットとノヌーが入ります。
10番、13番の人が抜けたのにウイングを2人入れてますね・・・
ノヌーは11~14番までやれるので12、13のカバーでしょうか。
これでまたもやノヌーに思わぬチャンスが巡ってきたか?
先週のような使われ方だとクラブラグビーの方が沢山出れますね(笑)

それにしてもスミスには困ったものです。
これでトライネーションズとW杯に行けるとなったら
選ばれても可笑しくないような選手たちが怒りそう。

15 Leon MacDonald,14 Joe Rokocoko,13 Isaia Toeava,12 Luke McAlister,
11 Sitiveni Sivivatu, 10 Nick Evans, 9 Byron Kelleher;
8 Rodney So'oialo, 7 Richie McCaw (c), 6 Jerry Collins,
5 Ali Williams, 4 Keith Robinson,
3 Carl Hayman, 2 Anton Oliver, 1 Tony Woodcock.
Reserves:
16 Keven Mealamu,17 Neemia Tialata,18 Chris Jack,19 Chris Masoe,
20 Brendon Leonard, 21 Ma'a Nonu, 22 Doug Howlett.

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : オールブラックス Rugby ニュージーランド ラグビー NewZealand AllBlacks

ダン・カーター欠場か??

フランスとの試合で足首を怪我したダンカーター
今週末の試合に出れるかどうかは半々だそうです


今日もリッチーと共にダンもチーム練習とは別メニュー
ジェリーコリンズは今日からフルでチーム練習に
参加しているようで出場は確実なようです。
リッチーもまだ腰が痛むようですが何とか間に合いそうかな??

ダンは明日のトレーニングでの状態ではっきりするでしょうが
気持ちは解りますが試合の時も無理して続ける事はないのに
ここで無理すれば余計に悪くなる事もあるし
大事な選手ですのでここは無理はしないほうが・・・


またもやキャップ保持者の海外流出です。
2005年のオールブラックスカンタベリーのハーフバック
Kevin SenioフランスのCastresと2年契約
そこには元チームメイトのCameron McIntyre
オールブラックスのプロップCarl Hoeftも居ます。

今年はシニオが一歩リードした感じですが来年のクルセーダーズの
レギュラーはエリスで決まりですが2番手は誰だろう?

シニオの次は色んなチームからオファーがきている
ルークの行き先がどこになるかが注目です。
それともこのままNZに残るのかな??

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへランキングに参加中
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : Rugby ラグビー オールブラックス AllBlacks ニュージーランド NewZealand フランス カンタベリー

オールブラックスvsフランス第2戦目のメンバー発表

6人入れ替えになりました(赤字) 
1戦目に怪我したリッチーはOKだそうで
ダンは試合に出たいと熱望?しているので出場になります。
トエアヴァは今回もチャンスを与えられてます。

ハムストリングの怪我から回復したコンラド・スミスが
リザーブ入りしたのでノヌーはメンバーから外れ

週末のクラブラグビーで調整と言う事になります。

来週かなダニーデンで行われる対オーストラリアAの試合で
ジュニアオールブラックスに戻る予定
だそうです。
と言うことはノヌーも来日すると言う事になるのかな?

気になるムリアイナはまだ状態が良くないようです。

今回も一押しブレンダンがリザーブ入りです!!

15.Leon MacDonald, 14.Joe Rokocoko, 13.Isaia Toeava,
12.Luke McAlister, 11.Sitiveni Sivivatu,
10.Dan Carter, 9.Byron Kelleher,
8.Rodney So'oialo, 7.Richie McCaw (capt), 6.Jerry Collins,
5.Ali Williams, 4.Keith Robinson,
3.Carl Hayman, 2.Anton Oliver, 1.Tony Woodcock.
Reserves:
Keven Mealamu, Neemia Tialata, Chris Jack, Chris Masoe,
Brendon Leonard, Nick Evans, Conrad Smith.

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中

関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : オールブラックス AllBlacks Rugby ラグビー ニュージーランド NewZealand ジュニアオールブラックス オーストラリア ダニーデン

Jrオールブラックス快勝!その他は接戦(Pacific Nations)

パシフィックネーションズ2試合テレビで観戦した後に
イーデンパークでオールブラックスの生観戦
次の日は夜遅くやっていたテストマッチ等の観戦と言う
ラグビー観戦の週末で大変でした(笑)

ジュニアオールブラックスは1戦目に続いて快勝!!
非常に安定感がある試合運びで見ていて安心できるし
トライの取り方も良い感じですしキックの多いオールブラックスとは
違って展開ラグビーで見ていて面白いです。


FBのコリージェーンは相変わらず安定感抜群!
キック処理、タックル、ランプレイと全ての面でスキルが高く
いつも安心して見ていられます。


11番トゥイタヴァキはディフェンスが余っていない状態でも
ボールを貰う前に相手をずらして最後は2対1を作りトライをアシスト
するなどレベルの高いプレイを見せていたしこのレベルより
上でやらしたい選手の1人
ですがなかなか声が掛かりません。

No8トゥイアリイの好調は続いていてフィジーのディフェンスを
ものともせずに突進しチャンスを何度も作っていました。
このレベルでは物足りないのは確実でしょう。

Junior All Blacks 57
Casey Laulala, Andrew Ellis, Cory Jane, Rico Gear,
Mose Tuiali'i, penalty, Scott Hamilton, Tane Tu'ipulotu tries;
Stephen Donald 4 con, pen; Stephen Brett 3 con
Fiji 8
Gabiriele Lovobalavu try; Vitori Buatava pen
HT: 29-3
次は日本代表の試合ですが内容はどうであれ勝ちましたし
この勝利は選手たちにとって大きかったと思います。

パシフィックネーションズのレフリーが経験が浅い人たちが多いのか
レフリーのレベルの低さが目立ってる感じです。
この試合のレフリーはフィジー戦でも吹いた人だと思うのですが
彼のレフリングには首をかしげる場面が多いなと感じました。
それが日本代表に味方したのもあるのでトンガ側はイライラでしたね。

気になるのは、展開できる場面でも簡単にキックを蹴る事
あれは戦術で決め事としてやっているのでしょうか?
トライになった場面でも廻すと思ってました・・・
結果的にトライとなりましたがこれからもキックが増えそうですね。

あとはノータッチキックがある事でこれがトライに繋がったので
そんなに叩かれなくても良い事になったかと思いますが
切るところはしっかり切っておかないと。。。

終盤2トライを返されたのも簡単に行かれ過ぎだと思うし
最後は相手がミスを連発したから勝てたけど
このBKで展開された時のディフェンスが今後の課題と思います。

NZに来てから多くのアイランダーと一緒にプレイしているので
最後はトンガ側に声援を送ってしまったかも(笑)

ラッキーもあり勝ちましたが最後まで集中力が切れなかった事は
評価できると思うし今後の自信になったのではないでしょうか?

初勝利おめでとうございます!
最後はオーストラリアA対サモアですが最後まで解らない試合でした。
序盤から後半の途中まではオーストラリアAがセットピースで有利で
モールでトライをするなどFWで圧倒
していました。

サモアは熱くなりシンビンの選手が増えて一時は13人でプレイ
後半の途中からそのイライラがビックタックルに変わり
何回か物凄いタックルを見せてくれて面白かったです。
ハイタックルでないのもペナルティーを取られていましたし
レフリングがオーストラリア側に有利な気がしました。
サモア側もレフリングにはイライラしていましたね。

残り20分からサモアが2トライを奪うなど猛烈に追い上げてましたが
いずれもコンバージョンが決まらなかったのが痛かった。

でも点差は5点とFWも選手交代が良かったのか巻き返して
充分逆転できる感じでしたが大事な場面でのラインアウトが
ノットストレートで大きなチャンスを逃し
逆転に繋がらず
逆にミスからトライを奪われ試合はオーストラリアAが勝ち

サモアが途中熱くなってシンビンを含むペナルティーが多くなり
そのセルフコントロールがよければ勝機もあったかなと・・・
ラインアウトが良ければまじで勝ってたかもしれません。

後半サモアの追い上げにオーストラリアも圧倒されてましたし
前半とは全然違うのがびっくりしました。

注目のトゥイランギ?兄弟のウイングの方がイングランドから
帰ってきて爆発すると思いきや見せ場はあまりなく
逆にイライラしてラフプレイが目立っていたような・・・

イングランドのクラブでは恐ろしいくらいの突進をして
ディフェンスをなぎ倒していただけに調子を取り戻すと
手に負える選手ではないですし日本は要注意ですね。


オールブラックのソーイアロの兄弟がサモアのハーフですが
坊主でいまいち似ているのかが良く解りません(笑)


オーストラリアAは先週に続いてウイングのGKが良かったのと
ハーフのサム・コーディングリーが良い感じ
でしたし
代表に戻ればワラビーズも2番手ハーフが決まり
ギタウが12番に固定されて良い感じになるのでは?
その前にあのコーチがギタウが正ハーフと言えば話は違いますが。。。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : オールブラックス ジュニアオールブラックス Rugby ラグビー ニュージーランド NewZealand AllBlacks Pacific Nations

オールブラックスvsフランス第1戦(レビュー)

更新が遅くなりました、なんだかあまり書く気になれてないかも・・・
日本でも直ぐに放送があったようですので手短?に書こうかな。

日中は雨が降ったり止んだりとオークランド独特の天候でしたが
試合前には雨も止んで昨年のアイルランド戦のように
震えて試合を見るということでなくて良かったです。
寒いと言うより少し暖かかったかも知れません
前日までかなり寒かったので余計にそう感じたのかもしれませんが
後日結構寒くなって冬の訪れを感じます。

さて試合ですがチケットが余ってると再三言われていた割には
4万を超えていましたしふちの方に空席があったくらいで
結構一杯になったなと言う感想です。

今年初めてのテストマッチと言う事で華やかな?セレモニーが
行われていて子供たちが沢山借り出されていました。
下の画像の左の方の席にこのブログにコメントをくださる
J子さんDaさん達が居るはずですよね??
2Jun-1
今回は横の試合が見やすいように昔良く見ていた席での観戦で
ハカは昨年よりかなり遠めになっていました。
2Junhaka
今回のハカKapa O Pangoイーデンパークでは昨年のワラビーズ戦以来2回目
その試合の記事は→http://nzrugger.blog72.fc2.com/blog-entry-45.html
前置きが長すぎですいません、初戦という事もありますし
意外にもフランスのディフェンスが良かったのもあり
スッキリ良いトライというのがあまり見られなかった気がしますし
キックを蹴り過ぎでつまらない内容に感じてしまいました。

注目していたマソエはフランスの見た目が化物のようなNo8に
死角から入る激しいタックルでまともに倒されていましたね。
スクラムが優勢にもかかわらず球出しのところで相手に絡まれるなど
ウィプーとの連携も上手く言っていない感じでしたし
突破力でも物足りない印象で控えのNo8には不安ですね。

しかしフランスNo8の物凄いタックルは相手チームでも拍手でした。

ソーンも物足りなさを感じたしハンドリングエラーも何回かあるし
フラベルの方が良いと思います。

トエアヴァは試合前から緊張しすぎている感じがしましたし
相変わらずノッコンが多くオールブラックジャージを着ると
ビビッテしまうのかスーパー14のような動きが出来てない気がします。

最後にノッコンした時も「やばい!!」と言う感じで
ミスしたことばかり気にして、その後のボールの処理を忘れて
余計にピンチになっているしミスする事を恐れすぎて
彼の本来のプレイが出来ていないように思えるのです


あとオールブラックスのBKが浅いラインなので
トエアヴァの良さが生かせないと思うのですが・・・

Fr-t
フランスの唯一のトライ後の写真。
このトライの時もそうですがレフリーがタッチジャッチに
どうだったと確認して「トライ」とジャッジが言っているのに
ビデオレフに持ち込みそれも何度もかくにんしてるし
それ以外にもビデオレフが多くてタッチジャッジの意見は
無駄に終わってるしそのへんがイライラさせるところでした。

それにオージーのレフリーがミスジャッジが多かったし
その辺はオールブラックスに有利になっていたのが気になります。

今年のスーパー14でもオージーのレフリーの人たちの
レフリングに対しての不満が多かった気がしますし
実際に大事な場面でのミスジャッジで勝敗が決まったのもありました。

一押しのブレンダンも後半途中から出場してテストデビュー!!
無難に球捌きもしていましたしパスはケラハーよりかなり上手いし
ブラックジャージで初めてのテストマッチを楽しんでいたようです。
トライチャンスもありましたがパスが後ろ気味なのもあったし
惜しくもノッコンでデビュー戦初トライを逃してしまいました。
試合後のインタビューではジャージをしっかりと握り締めたまま
話をしていましたしその嬉しそうな顔を見て自分も嬉しかったです。
Ble
試合後にグランドをゆっくり歩いていたオールブラックス
20番がブレンダンで試合直後に夢を叶えた余韻を味わっていたのかな。

アリ・ウイリアムズとジョー・ロコがスーパー14で試合に出る機会が
あまりなかったので、この試合ではその鬱憤を晴らすかのように
特にアリが良い突破を見せるなど爆発してましたね。
ジョー・ロコはブラインドからライン参加でゲインをして
トライこそ無かったですがトライチャンスを何度も作っていましたし
非常に良い動きをしていたと思います。


All Blacks 42
Aaron Mauger 2, Sitiveni Sivivatu 2, Rodney So'oialo tries;
Dan Carter pen, con; Piri Weepu pen, con; Nick Evans pen, 2 con.

France 11
Jean-Francois Coux try; Benjamin Boyet 2 pen.
Ht: 20-3.

気になるダン・カーターとリッチーですがそんなに酷くないようで
一安心ですが今週の試合に出るかは?です。
それにジェリー・コリンズの怪我の状態も?だそうです。

全然手短ではなかったですね(笑)

この週末は書くことが沢山あり過ぎですね。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中




関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : オールブラックス Rugby ラグビー ニュージーランド NewZealand AllBlacks ハカ KapaOPango イーデンパーク オークランド

さあいよいよオールブラックスシーズン開幕!

All Blacks v France at 7:35pm at Eden Park,Auckland
さあいよいよ明日ですね~
しかしフランス代表メンバーがCチームなのでチケットがあまってます
しかも明日の天気予報は良くない・・・昨年のアイルランド戦を
大雨の中で震えながら観戦したのを思い出します。
と言うことで明日もカッパを持ってその他寒さ対策で観戦してきます。

せめて試合くらいは白熱して欲しいですがそれも無理かな?
でも意外にベテランと経験の浅い若手が上手くかみ合ったりして。

初戦ですからコンビネーションがどうでしょうかね・・・
ジェリーの代わりに入ったルーベンソーンは今年大活躍した
フラベルが猛烈にプレッシャーを掛けているので
明日の試合で良いところを見せれないと生き残りはきついかも。
ソーンとマソエにABではいまいちなトエアヴァを注目してみてみます。


後は一押しブレンダンが出てくれれば良いのですが
後半の途中から出番があるでしょう。


All Blacks:
15.Leon MacDonald, 14.Joe Rokocoko, 13.Isaia Toeava, 12.Aaron Mauger,
11. Sitiveni Sivivatu, 10. Daniel Carter, 9. Piri Weepu,
8. Chris Masoe, 7. Richie McCaw (capt), 6. Reuben Thorne,
5. Ali Williams, 4. Chris Jack,
3. Carl Hayman, 2. Keven Mealamu, 1. Tony Woodcock
Res:
16. Andrew Hore, 17. Neemia Tialata, 18. Troy Flavell,
19.Rodney So'oialo,20.Brendon Leonard,21.Nick Evans,22.Ma'a Nonu

France:
15.Thomas Castaignede,14.Jean-Francois Coux,13.Arnaud Mignardi,
12. Jean Phillipe Grandclaude, 11. Benjamin Thiery,
10. Benjamin Boyet, 9. Nicolas Durand;
8. Sebastien Chabal, 7. Olivier Magne, 6. Gregory Le Corvec,
5. Julien Pierre, 4. Pascal Pape (capt),
3. Nicolas Mas, 2. Sebastien Bruno, 1. Christian Califano
Res:
16. Raphael Ibanez, 17. Franck Montanella, 18. Olivier Olibeau,
19. Damien Chouly, 20. Michael Forest, 21. Nicolas Laharrague,
22. Ludovic Valbon

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : Rugby オールブラックス ニュージーランド ラグビー NewZealand AllBlacks

プロフィール

ラグオ

Author:ラグオ
ラグビーが大好きでラグビー王国ニュージーランドへ。現地のクラブでプレーしニュージーランドラグビーに虜に。それ以来ラグビーシーズンに合わせて日本とNZを何度も行き来して今ではNZに永住。NZラグビー最高です!だからここに来たしこれからも。
趣味は料理、ベイキング、写真など・・・致命傷の怪我でラグビーがやれなくなってからベイキングを始め今では一番の趣味かも。試食したい方はどうぞ(笑)
近い将来再びグラウンドに立てるまでリハビリがてらブログを書いています。心身共に調子が良くないので時々弱気な発言があるかと思いますが許してください。
ラグビー大好きなら大満足出来るそんなラグビー王国から呟いています。ラグビーについて色々語りましょう。

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリー
ブログランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ
↑ランキングに参加中
↓クリックお願い致します


ラグビー ブログランキングへ
RSSフィード
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

オールブラックス ニュージーランド Rugby ラグビー AllBlacks NewZealand Super14 ラグビーワールドカップ スーパー14 ワラビーズ スプリングボクス ブルーズ クルセーダーズ スーパーラグビー Zealand New NZ チーフス ジュニアオールブラックス Blacks All Springboks カンタベリー オークランド ウエールズ ハカ Air Cup アイルランド イングランド ホックスベイ カナダ ジェリーコリンズ フランス サモア Wallabies AirNZCup ダンカーター スコットランド ウエリントン ダグハウレット タナウマガ ハリケーンズ 日本 ストーマーズ ハイランダーズ セブンス ABs Auckland ワイカト タラナキ トップリーグ ハイネケンカップ ブルズ トンガ Australia イタリア Canterbury トライネーションズ Nations SouthAfrica ワラタス SBW ボクシング マオリ サウスアフリカ マンスター ノヌー モセトゥイアリイ Pacific ANZC ブランビーズ ロビーディーンズ スパーラグビー ベッカム キウイ ルークマカリスター AirNewZealandCup シャークス ラグビーチャンネル マフィン ジュニア イーデンパーク ランフリーシールド Premiership England シオネラウアキ オーストラリア ダニーデン トライ ワールドカップ エアニュージーランドカップ ブリディズローカップ ジョニーウィルキンソン トニーブラウン ラグビートニーブラウン ハミルトン スクラム ジャスティンマーシャル オールブラッククス 日本代表 クリスジャック ネットボール 箕内 クリスジャク リコギア リコ・ギア パシフィックネーションズ apan フィジー シオネラウア キースロビンソン リッチーマコウ アリウイリアムズ 海外ラグビー スパー14 Blues ニックエヴァンス サニックス Wellington グレックサマヴィル NZマオリ ダン・カーター サウスランド Waikato W杯 Scotland Ranfurly PACIFIC Shield Six Tonga Supre14 ウェールズ アルゼンチン ロールケーキ デザート サニービルウイリアムズ コスプレ ホワイトロック ドナルド カフイ チョコレート 癒し チータース ライオンズ フォース レッズ バレンタインデー ケーキ ベイキング Otago NorthHarbour シックスネーションズ ジェイソンイートン Super14 ジェーソンイートン クライストチャーチ クラシックオールブラックス Newzealand ABs ジョナロムー シドニー サッカー 派閥 ルーベンソーン ヤマハ アーロンメイジャー ヘンリー 日本代表J AB JonahLomu Jonah Japan Jrオールブラックス Junior Lomu KapaOPango ISLANDERS Guinness Argentina AllBlacksスーパー14 BLUES Bluse France Fiji 妊娠 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。