スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパー14 Round 2 プレビュー

既に昨日と今朝にかけて3試合が終わってますがメンバー表を載せておきます。
キックオフ時間は全てニュージーランド時間で書いてあります。

FRIDAY
Hurricanes v Reds, Wellington, 7.35pm
Hurricanes:
15,Cory Jane, 14,Hosea Gear, 13,Conrad Smith, 12,Tane Tu'ipulotu,
11,Ma'a Nonu, 10,Jimmy Gopperth, 9,Piri Weepu,
8, Rodney So'oialo (captain), 7,Chris Masoe, 6,Jerry Collins,
5,Jason Eaton,4, Craig Clarke,
3,Neemia Tialata, 2,Andrew Hore,1,John Schwalger.
Reserves:
Hikawera Elliot, Tim Fairbrother, Jeremy Thrush, Thomas Waldrom,
Alby Mathewson, Willie Ripia, Shannon Paku.

Reds:
15,Chris Latham, 14,Digby Ioane, 13,Morgan Turinui,12, Chris Siale,
11,Clinton Schifcofske, 10,Berrick Barnes, 9,Sam Cordingley,
8,John Roe (captain), 7,David Croft, 6,Hugh McMeniman,
5,James Horwill, 4,Van Humphries,
3,Rodney Blake, 2,Stephen Moore,1,Greg Holmes.
Reserves:
Sean Hardman, Dayna Edwards, Ed O'Donoghue, Leroy Houston,
Will Genia, Peter Hynes, Quade Cooper.

このハリケーンズの試合は結構面白かったです、ノヌーがブレイクしてますね~
キックオフの笛がなる直前にパプニングがありましたが無事に試合開始
選手達はちょっと(かなりかな?)イラついてましたが特にノヌーの表情が。。。

ジェイソンイートンのスッキリした頭と顔にも注目、そのイートンと今回ロックのコンビを組んだのは
同じタラナキ所属の身長2MあるCraig Clarkeですが以前クルセーダーズにも所属した事が
あるそうですが知りませんでした。結構イケメンかな?
12番にはタマティエリソンを外して(ベンチにも入れず)注目のTane Tu'ipulotuを入れてきてますが
彼は12、13どちらでも良い感じです今季ABs入りもあるかも。

先週レフリーのおかげで2つのラッキー??なトライがあったレッズは今季は復活か?
14番Digby Ioaneがボールを持つとワクワクすると同時にトライを取られないかドキドキも。。。
リザーブのQuade CooperはNZ出身。
SATURDAY
Cheetahs v Western Force, Bloemfontein, 5am
Cheetahs:
15,Hennie Daniller, 14,Eddie Fredericks, 13,JW Jonker, 12,Meyer Bosman,
11,Gavin Passens, 10,Jacques-Louis Potgieter, 9,Noel Oelschig,
8,Duane Vermuelen, 7,Juan Smith (captain), 6,Heinrich Brussow,
5,Barend Pieterse, 4,Rory Duncan,
3,Jobus Calldo, 2,Adriaan Strauss, 1,Wian du Preez.
Reserves:
Richardt Strauss, Jacobus Rous, David de Villers, Kabamba Floors,
Tobie Botes, Conrad Barnard, Hendrik Meyer.

Western Force:
15,Drew Mitchell, 14,Ryan Cross, 13,Scott Staniforth, 12,Scott Daruda,
11,Nick Cummins, 10,Matt Giteau, 9,James Stannard,
8,Richard Brown, 7,David Pocock,6, Sam Wykes,
5,Nathan Sharpe (captain), 4,Tom Hockings,
3,Troy Takiari, 2,Tai McIsaac, 1,Pek Cowan.
Reserves:
Luke Holmes, AJ Whalley, Dave Pusey, Tamaiti Horua, Scott Fava,
Lachlan MacKay, Josh Tatupu.

フォースの問題児のヘンジャックは強制記憶させられNZでもかなり話題になってる人です。
過去にも何度か問題を起こしているようですが、今回も全く反省している様子はない感じ
審議が終わって彼女と手を繋いで出てくるところを何度も見てますしラグビーをやる以前に
人間としての教育そのものを教えなければいけないと言う声が聞こえてきてます

オーストラリアでラグビーが出来ないならよそでやれば良いとか言っているらしいですが
彼自身が反省して変わらなければどこに行っても同じことの繰り返しで問題を起こすでしょう。


Bulls v Crusaders, Pretoria, 7.05am
Bulls:
15,Zane Kirchner, 14,John Mametsa, 13,JP Nel, 12,Wynand Olivier,
11,,Marius Delport, 10,Derick Hougaard, 9,Fourie du Preez (captain),
8,Pedrie Wannenburg, 7,Wikus van Heerden, 6,Deon Stegmann,
5,Wilhelm Steenkamp, 4,Danie Rossouw,
3,Rayno Gerber, 2,Derick Kuun, 1,Gurthro Steenkamp.
Reserves:
James van der Walt, Werner Kruger, Jaco Engels, Dewald Potgieter,
Heini Adams, Morne Steyn, Danwel Demas.
Crusaders:
15,Leon MacDonald, 14,Kade Poki, 13,Casey Laulala, 12,Stephen Brett,
11,Scott Hamilton, 10,Daniel Carter, 9,Andrew Ellis,
8,Mose Tuiali'i, 7,Richie McCaw (captain), 6,Kieran Read,
5,Ali Williams, 4,Brad Thorn,
3,Greg Somerville, 2,Corey Flynn, 1,Ben Franks.
Reserves:
Ti'i Paulo, Wyatt Crockett, Reuben Thorne, Nasi Manu, Kahn Fotuali'i,
Hamish Gard, Caleb Ralph.

今年のブルズはそんなに強くないだろうと開幕前から予想してましたが先週はストーマーズに
競り勝って良いスタート、,しかしハバナが怪我でしばらく欠場は、昨年のキャプテンが移籍
したと同じようにかなり痛いですね、ハーフタイムでインタビューされてましたが方を吊って
いたのでかなり酷いのかと・・・ 

クルセーダーズはハーフにエリスが戻って来て先週より良い試合ができるのは確実でしょう
試合結果は知っていますがちょっとがっかりな結果で途中で眠ってしまった自分ですが
全然後悔していません(笑) 何にがっかりしたかは見てのお楽しみに。


Chiefs v Waratahs, Hamilton, 7.35pm
CHIEFS:
15 Mils Muliaina, 14 Viliame Waqaseduadua, 13 Richard Kahui, 12 Callum Bruce,
11 Sitiveni Sivivatu, 10 Stephen Donald, 9 Brendon Leonard,
8 Sione Lauaki, 7 Tanerau Latimer, 6 Liam Messam,
5 Kevin O'Neill, 4 Jono Gibbes (captain),
3 Ben Castle, 2 Tom Willis, 1 Simms Davison.
Reserves:
16 Aled de Malmanche, 17 Ben May, 18 Toby Lynn, 19 Faifili Levave,
20 Tom Harding, 21 David Bason, 22 Lelia Masaga.

WARATAHS:
15 Lachie Turner, 14 Timana Tahu, 13 Ben Jacobs, 12 Tom Carter,
11 Lote Tuqiri, 10 Kurtley Beale, 9 Brett Sheehan;
8 Wycliff Palu, 7 Phil Waugh (captain), 6 Rocky Elsom,
5 Dan Vickerman, 4 Dean Mumm,
3 Al Baxter, 2 Adam Freier, 1 Matt Dunning.
Reserves:
16 Benn Robinson, 17 Tatafu Polota-Nau, 18 Will Caldwell,
19 Beau Robinson, 20 Luke Burgess, 21 Sam Harris, 22 Alfi Mafi.

さて今週一番の注目の試合のチーフス対ワラタス
昨年のワラタスの出来なら注目と書けなかったですが先週のワラタスを見せられると注目と
書かずにはいられないこの試合、ワラタスのバック3は怖く感じ特に15番Lachie Turnerの
スピードはかなり恐怖ですしトゥキリも全盛期と比べると見劣りしますが強さも兼ねているし
恐怖です、新人のTimana Tahuも先週の試合ではハンドリングのよさも見せてるし・・・
しかしユニオンでの経験が浅いのでキック処理に戸惑うだろうしキックで狙う事を薦めます。
リザーブではピークを過ぎた??感じもあるPhil Waughよりも良いのではと思うBeau Robinsonの
アグレッシブな動きはこれから楽しみな選手だなと先週の試合で思いました。

チーフスですが先週の試合で膝を怪我したJamie Nutbrownがしばらく駄目になり、足首を
怪我している一押しブレンダンが先発
することになりましたが先週の試合でも足首の状態が
あまり良くないと見てるのでどれくらい回復しているか気になるところです。
そおブレンダンとハーフ団のコンビを組むドナルドもまだまだ本調子ではないのでこの試合で
本来の調子に戻ってくれないと厳しい試合になる事は確実でしょう。

キーポイントは7番Tanerau Latimerが対面Phil Waugと対等に戦えるか?
ちょっと激しさが不足している感じもするので7番対決も注目です。

14番には先週の試合で怪我をしたアネシが欠場でその代わりにViliame Waqaseduaduaが
抜擢されました、コーチもマサンガとどちらを使うかかなり迷ったそうですが力的にはどちらも
変わらないですしViliame Waqaseduaduaのスピードとキレのあるステップは注目です
それにしても良いウイングが沢山いるチーフスですね、11番には先週詐欺師?orマフィア?の
ような髭を披露して不評?だったSitiveni Sivivatuが50試合記念だそうです。
注目の髭は不評(くどい)?だったようでもう剃っているので安心してください(笑)

リザーブにはウエリントンからドラフトで獲得した3列コンビFaifili Levave, Tom Harding
2人が入ってますがAir NZ Cupでも活躍してるし注目ですが出るなら7番Tanerau Latimerの
出来が悪い時と終盤にフィットネスが切れたシオネラウアキと交代でしょうか、楽しみです。

爽やかカフイの大爆発に期待とパワフルNo8対決も今から楽しみです。
10番対決もワラタスのKurtley Bealeが本来の持ち味を出しているようで先週かなり良かったので
今夜も上手い生ビールだと思わせてくれるでしょうか??
そうです生観戦に行くんです!! 両チーム,バック3がかなり良いので面白い試合に
なるのは間違いないでしょうが今日の天気は荒れ模様で展開ラグビーではなくなるか??
今のオークランドは台風並み・・・ハミルトンは大丈夫か心配ですが雨に濡れての観戦になりそう。
どうか自分の身体の調子があまり悪くならないように祈るばかりです。
かなり接戦になりそうで予想は難しい、しかしチーフスが勝ちかな(願望大です)


Brumbies v Highlanders, Canberra, 9.40pm
HIGHLANDERS:
15 James Wilson, 14 Paul Williams, 13 Niva Ta'auso, 12 Johnny Leota,
11 Fetu'u Vainikolo, 10 Daniel Bowden, 9 Jimmy Cowan;
8 Steven Setephano/Ezra Taylor, 7 Alando Soakai, 6 Adam Thomson,
5 Tom Donnelly, 4 Hayden Triggs,
3 Clint Newland, 2 Jason Macdonald (capt), 1 Jamie Mackintosh.
Reserves:
16 David Hall, 17 Chris King, 18 Isaac Ross, 19 Tim Boys/Ezra Taylor,
20 Toby Morland, 21 Mike Delany, 22 Brett Mather.

BRUMBIES:
15 Julian Huxley, 14 Mark Gerrard, 13 Tyrone Smith, 12 Anthony Faingaa,
11 Francis Fainifo, 10 Christian Lealiifano, 9 Joshua Holmes;
8 Stephen Hoiles, 7 George Smith, 6 Mitchell Chapman,
5 Mark Chisholm, 4 Alister Campbell,
3 Guy Shepherdson, 2 Huia Edmonds, 1 Nic Henderson.
Reserves:
16 Saia Fainga'a, 17 Salesi Ma'afu, 18 Peter Kimlin, 19 Julian Salvi,
20 Patrick Phibbs , 21 Peter Playford, 22 Afusipa Taumoepeau.

先週アンラッキーな判定をされて粘っていたものの負けてしまったハイランダーズは
今季調子がいまいちそうなブランビーズ相手に勝てるでしょうか?
ウイングの(アン)ラッキームリポラが先週の試合で手を骨折して15番から14番にPaul Williams
15番にはJames Wilsonが入ります、細身ですが長身でAir NZ Cupではサウスランドに所属し
結構良い動きをしていたのでこのレベルでどれくらいやれるか注目です。

先週トライをしたAdam Thomsonを6番に入れHayden Triggsは本来のロックへ戻ります。

一押しの10番Daniel Bowdenがこの試合でブレイクするか注目です。
彼を調子に乗せるとかなり怖いのでブランビーズはそれをさせないようにしなくては。。。

ハイランダーズが10点差以内で勝つかな。
SUNDAY
Sharks v Stormers, Durban, 4am
Sharks:
15,Francois Steyn, 14,Odwa Ndungane, 13,Waylon Murray, 12,Brad Barritt,
11,JP Pietersen, 10,Frederic Michalak, 9,Ruan Pienaar,
8,Ryan Kankowski, 7,AJ Venter, 6,Jacques Botes,
5,Johann Muller, 4,Johan Ackermann,
3,BJ Botha, 2,Bismarck du Plessis, 1,Tendai Mtwarira.
Reserves:
Craig Burden, Jannie du Plessis, Albert van den Ber, Keegan Daniel,
Rory Kockott, Adrian Jacobs, Stefan Terblanche.

Stormers:
15,Conrad Jantjes, 14,Tonderai Chavhanga, 13,Gcobani Bobo, 12,Jean de Villiers (captain),
11,Sireli Naqelevuki, 10,Peter Grant, 9,Ricky Januarie,
8,Luke Watson, 7,Francois Louw, 6,Schalk Burger,
5,Andries Bekker, 4,Adriaan Fondse,
3,Brian Mujati, 2,Tiaan Liebenberg, 1,JD Moller.
Reserves:
Schalk Brits, Brok Harris, Francois van der Merwe, Ross Skeate,
Bolla Conradie, Gio Aplon, Dylan des Fountain.

犬猿の仲?のこの両チームのこの試合は激しくなる事間違いなし。
ストーマーズがちょっとテンポが良くないような気がするのでシャークスが10点差以上で勝ち?

Lions v Blues, Johannesburg, 6.05am
Lions:
15,Louis Ludik, 14,Dusty Noble, 13,Jaco Pretorius, 12,Doppies la Grange,
11,Ryno Benjamin, 10,Louis Strydom, 9,Jano Vermaak,
8,Willem Alberts, 7,Franco van der Merwe, 6,Cobus Grobbelaar (captain),
5,Gerhard Mostert, 4,Anton van Zyl,
3,Ross Geldenhuys, 2,Willie Wepener, 1,Heinke van der Merwe.
Reserves:
Gavin Williamson, Gert-Andries van der Merwe, Altenstadt Hulme,
Joe van Niekerk, Chris Jonck, Earl Rose, Jaco van Schalkwyk.

BLUES:
15 Isa Nacewa, 14 Anthony Tuitavake, 13 Isaia Toeava, 12 Benson Stanley,
11 Joe Rokocoko, 10, Nick Evans, 9 Danny Lee,
8 Nick Williams, 7 Justin Collins, 6 Jerome Kaino,
5 Troy Flavell (c), 4 Kurtis Haiu,
3 John Afoa, 2 Keven Mealamu, 1 Tony Woodcock.
Reserves:
16 Tom McCartney, 17 Nick White, 18 Bryn Evans, 19 Onosa'i Tololima-Auva'a,
20 Taniela Moa, 21 Ben Atiga, 22 Rudi Wulf

ブルーズが勝つでしょうがこの試合も7番にJustin Collinsを入れてますが彼が鍵でしょうか
ロックのリザーブにホックスベイからドラフトで獲得したBryn Evansが入ってますが注目です。
スポンサーサイト
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : オールブラックス ニュージーランド スーパー14

セクシー!?に変身したジェイソンイートン

先週ワラタスに完敗したハリケーンズ、ハンドリングエラーがあんなにあっては
タレントが揃っているとはいえ勝つのは難しいかと・・・でもノートライは・・・

おまけにフリーキック(多分)はモーションを起こしたらプレッシャーにいけることから
この試合でしなやかな動きとセンスのよさを見せた10番Kurtley Bealeのキックに
プレッシャーをかけに行ったケーンズのコリージェーンの顔にキックしたボールがまともに
顔に当たり
そのまま倒れました・・・しかし直ぐ起き上がってそのままプレイに戻った。

本人曰く何が起こったか解らなかったそうで、レンガが飛んできた感じと例えてたかな?
ノートライで負けて雰囲気が良くないかと思っても、試合後にはやっぱりチームメイトから
かなりからかわれたそうです、あの場面をTVで何度見せられたことか20回以上かも?

話題を作ったケーンズのもう1つの話題は、開幕戦のみ例の髭と長髪を切らずに登場した
ジェイソンイートンの散髪式(髭も)が予約していた水曜日に予定どうり行われて沢山の
ファンに見守られながら式が行われ無事に$5,000で落札され癌のチャリティーへ。J

昨年のスーパー14で怪我をして以来約一年間髪の毛も髭も切っていなかったそうで
なれ親しんだ毛ともお別れで本心は寂しかったのではないでしょうか。
本人は「痩せた感じがする」と言っていましたが実際は小さい顔してますよね?
見学していたファンの女性は「セクシー!!」と髭など剃ったイートンに惚れた??
TV3のスポーツニュースの中で実際にカットをしているところは(こちら)をどうぞ。

あの長髪からいきなり坊主か・・・ 自分も気合を入れて坊主にするかな??

ブルーズ対チーフスの生観戦から帰って来てワラタス対ハリケーンズの試合を見てて
ビールが上手いなぁ~~っと、まだ夏のニュージーランドの夜に思いました。
失礼しました。。。


関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : ジェーソンイートン スーパー14 ニュージーランド

スーパー14,ブルーズ好発進

スーパー14が始まりかなり盛り上がってるニュージーランド
ブルーズの開幕戦はイーデンパークで犬猿の仲?のチーフスとの対戦で注目されていました。
自分はオークランドに住んでいるしオークランドのクラブチームで・・・となればブルーズ
応援しないわけにはいけませんが、2006年のAir NZ Cupから目を付け出したワイカト戦士の
ブレンダンレナードとリチャードカフイの2人がチーフスに居るという事で昨年もスーパー14
2試合ワイカトスタジアムまで遠征に行って見ているくらいなので今では両方のファン。

その自分の一押しのブレンダンレナードが怪我をした事は先日の記事でも書きましたが
良くてもベンチ入りで回復次第ではベンチ入りも出来ないかもという事でそれも当日決まると
の事でスタジアムでブレンダンを見たときには着替えていたのでベンチ入りするんだなと
安心したというか当日決まるということは状態的には良くないんだなと思って心配もした。

試合前に少し雨が降ったもののその後は天気が良くてラッキーでした。
l
ブレンダンの怪我もあり9番の先発は実績のあるJamie Nutbrownが勤める事になりましたが
前半直ぐに膝を痛めてしまい万全でないブレンダンが早々と登場する事になりました。

前半ブルーズが押していて直ぐにベテランのDanny Leeが先制トライをして良い立ち上がりを
見せましたがその後は有利に進めるもミスが目立ったのとチーフスの懸命なディフェンスが
光ったと言った方が良いでしょうか、特にこれまた一押しリチャードカフイがジョーロコの
カウンターアタックを激しいタックルで見事に止めスタジアムを沸かしてましたし自分の
見てるところから近かった事もありかなりしびれてしまいました、でもあれは逆ヘッドでの
タックルだったので首の怪我をしたり脳震盪の恐れがある危険なタックルの入り方でした。

前日のクルセーダーズのように有利に試合を進めていても点数が取れず逆にチーフス
ワンチャンスでトライを取られそのほかはペナルティーが多かったブルーズがドナルドに
PGを決められて前半は11-8でチーフスがリードで折り返します。

後半に入ったらブルーズがセットピースで圧倒してそこからチーフスのディフェンスを
崩していき得意の速い展開でトライ取りチーフスを突き放しにかかります。

自分が一番見ていた選手はブレンダン、一押しの選手だからという訳ではなく
彼の今の怪我の状況がどれくらいか確かめたかったのもあったので注意してみていると
いつものブレンダンとは程遠い動きで怪我をしている足首の状態があまり良くないなと
直ぐ解りました、まずかなりセーブしている動き、でもここぞというときにはしっかり走りますが
いつもの出足ではない(トップスピードに持っていくのが若干遅い)し走っていて止る時に
足首が痛いので直ぐに止まれない、これは足首の酷い捻挫をした自分の経験でもそうですが
走ってしまえば痛くても走れますが、止まる時など踏ん張る時にかなり痛みが出ます。

でもブレンダンはブルーズのディフェンスをなかなか崩せないので自ら突破に踏み切ったり
していましたが本来のスピードには程遠かったような気がします、それだけ酷いのでしょうが。

それの何気に痛そうにしている歩き方を何度か見た、ポジション的にも常にボールの近い
ところに行ってボールを供給しなければいけないので見ていて痛々しくてこれ以上酷くなったら先発のJamie Nutbrownの膝の具合も良くないだろうし(実際8週間は駄目)ブレンダンも
無理して駄目になるとハーフが居なくなり次の試合からはスーパー14スコッド外の選手を
入れる事になるのでチーフスの戦力がかなり落ちます。

ブレンダンの足の状態はこの試合をやったことによって良くなってないだろうし心配ですね。

試合は後半突き放したブルーズがボーナスポイントとなる4トライを稼ぎ出し32-14で勝利で
地元のお客さんは盛り上がってました、23,000人くらいの観客でまあまあだったかな。
金曜日の開幕戦のクルセーダーズの試合は半分改装工事でスタンドがないのに
かなり空席が目立ったという事はかなり少なかったでしょうね。
一昔前は30,000人くらいは入っていた感じですが昨年ヘンリーがやった22人のプロテクトや
新ルールによる客離れ(←↓スポーツトークバックラジオでは見ないという人が多かった)や
大物選手の海外移籍、そしてヘンリーを再びオールブラックスのヘッドコーチにした
ラグビー協会の考えとヘンリー継続が嫌でファンが減った事も大いに考えれれます。

今年のオールブラックスの試合もチケットがあまるのでしょうか?
いやワラビーズ戦はディーンズ氏が相手のコーチなので面白がって完売するかな。

ブルーズの試合で目立ってたのは、ジョーロコのキレが凄かったのが一番印象的で
ブルーズは先日のプレシーズンマッチでハイランダーズに42-21で負けたのが良い薬に
なってたのかな? 前半はともかく後半は素晴らしかったです。
チーフスはカフイの気合溢れるタックルとラインブレイクは見事でした。
c
それにしてもチアガールは良かったな~~ 後ろのおじさんたちは双眼鏡で見てました(笑)

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中、クリック宜しくお願いします。
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : スーパー14 ブルーズ チーフス Rugby オールブラックス ニュージーランド ラグビー NewZealand AllBlacks Super14

いまいちだった新ルールの開幕戦

昨日開幕した2008年のスーパー14
新ルールで行われるので色んな意味で注目せれているでしょう
IRBはいつものごとくスーパー14を実験台で使ってくる、現在6ネーションズが行われている
北半球は旧ルールでやっているが、そこに新ルールが採用されている南半球のレフリーを
使って笛を拭かせているのが気になるのは自分だけでしょうか?

その借り出された南半球のレフリーはスーパー14のレフリーも同じ時期にやるとの事で
ただでさえ新ルールに馴染めてないレフリーが旧ルール、新ルールと混ぜて吹かせるのは
考え物だしこれでは試合に影響が出てくるのは目に見えてくる。

しかも新ルールでスーパー14をやった後に北半球が遠征してくるその試合は旧ルールで
そしてその後のトライネーションズは新ルールで行うという事はおかしくないでしょうか?

完全に南半球は実験台で北半球が遠征してくる6月頃のテストマッチは南半球のチームには
不利になると思わないのか?IRBさん。 W杯が終わった時点で北半球も新ルールで試合を
やるべきだと思う、国によって始める時期が違うのはどうかと・・・ 

そんな実験台で行われているスーパー14の開幕戦はクルセーダーズブランビーズ
ライバルチームの好カードで新ルールを披露するのに申し分ないかと思って期待してたが・・・

試合前に物凄い雨が降ったんだと思うけど新ルールの特徴でもあるボールが良く動く展開
ラグビーの面白さを半減するくらいグラウンドに水を多く含んでいたのが残念だった。

試合はクルセーダーズが7割以上も地域を支配,ボール支配率も6割を超えていたのに
雨の影響もありハンドリングエラーが多くスッキリしない試合内容で前半はつまらなかった。
自分が気にしていたクルセーダーズの9番の出来が初めての大舞台で硬くなったのかも
知れないけどプレイに余裕がなくてクルセーダーズの特徴を上手く出せなくしていた。
14番のルーキーもゴール前でボールを落とすなどルーキーには厳しいデビューとなった。

怪我明けのエリスを投入したらテンポある球出しが出来るようになり、そこからトライを
重ねる事が出来たがディーンズ氏は良くあそこまであの9番を我慢して使ったなと感心した。
ほろ苦いデビューとなった9番だけどディーンズ氏のおかげで良い経験になったと思う。

最終的には4トライのボーナスポイントを獲得したクルセーダーズだが自分が思うに
スッキリしない内容だった気がするし面白みに掛けた試合だったかなと。。。
試合後のリッチーのインタビューではボーナスポイントを取ったのでハッピーとは言っていたが
歯切れが悪かった喋りに納得してない感じがしたのは自分だけでは無い気がする。
しかも最後に「ジェイドスタジアム」と言ってしまって「AMIスタジアムね」とアナウンサーに
突っ込まれて「あ、あ、A.・M・IIスタジアム。。。」と焦って訂正してたのが可愛かったですが。
スポンサーだから名前を間違ったら焦ってしまったのだろう。

安心したのはダンカーターの出来が思ったより良かった事と100試合記念のこの試合で
大活躍したマクドナルドのプレイには100試合おめでとうと共に拍手をしたくなった。
アンチ・クルセーダーズだけど今回は拍手をして見ました。

でもなんだかスッキリしない試合を見たなと思ったのは、その直ぐ後にオーストラリアで
行われたレッズ対ハイランダーズの試合がむちゃくちゃ面白かったから余計に持ってしまった。
それを後押しするのは実況と解説の盛り上げ方が最高に面白いので面白みが倍増する。
今年のレッズはメンバーを見てもそうだけど面白ラグビーをするので注目です。
でもあのサウスアフリカのレフリーのビデオレフリーに頼む時のあの言葉、そして判定は??

色々呟かせてもりましたが、今から大一番のブルーズ vs チーフス の生観戦に行ってきます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中、クリック宜しくお願いします。
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : Rugby ニュージーランド ラグビー NewZealand クルセーダーズ チーフス ブルーズ スーパー14 ブランビーズ

スーパー14、Round 1 プレビュー2

16日(土曜日)のプレビューです。

SHARKS vs FORCE
昨年優勝を決まったと選手は思って気を抜いたところを最後にひっくり返されたシャークス
W杯スコッドのベテラン選手の海外移籍など戦力は下がったかに思われたが才能のある
若いBK陣とフランスから大物を獲得するなど相変わらず戦力は充実している感じがする。

自分の注目選手は昨年も大活躍したNo8カンコスキー,ちょっと線は細いがスピードが魅力で
新ルールでは更に活躍する予感がする。ハーフ団も良いしその他のBKは若くて活きが良い
だけでなく昨年の決勝の悔しさで学んだ事とW杯で優勝して学んだ事が生かされるだろう。

ピナール、スタイン、JP,そして怪我で開幕戦出場が危ぶまれたミシャラクも間に合うようだし
開幕で強いシャークスがみれるのではないかと期待している、キャプテンはヨハンムラー
だった気がしますが昨年ボクスでも経験しているし問題ないかな? 
スタインは昨年よりワンランクアップしてるか見物です。
ベスト4に入る可能性は充分あるチームだと思います。

フォースはシーズンオフでも選手がメディアを騒がしくしてくれたが開幕直前にチームメイトを
殴る等昨年の健闘が台無しになるような事件が多くメディア嫌いなジョンミッチェルが迷惑
してるに違いない。今年の状態がどれくらいか良く解りませんが昨年22-12で勝ったが
今年はシャークスに勝つのは難しいと思います。

注目はギタウと書くのは当たり前すぎて面白くないし,まだ注目を浴びてない人に目を向けた
がる自分の答えとは違う気がするけどNZチーム以外はそんなに詳しくないのであえて書か
せてもらいました。ギタウはサイズはないけどセンスの良さと気の強さが大好きです。

2005年に代表デビューしたミッチェルがオールブラックス戦で活躍したのを見た時の勢いに
なってくれれば今年もそこそこやるかもと期待をしています,そのBKを活かせるFWかどうか?
今週の一押しカード BLUES V CHIEFS
この試合の前日の今日はブラックキャップ対イングランドのクリケットのテストマッチをやって
いるイーデンパーク、そして明日はブルーズ対チーフスのスーパー14を開催と無茶な日程を
組んでいるエーデンパーク
に対してスポーツトークバックラジオでコメンテーターは発狂!? 
のんびりしたNZ人が明日までにラグビーの用意が出来るか?気になるところです。

もちろん選手たちも前日にクリケットの試合をやっているとなるとピッチが滑りやすくなるので
気になるようです。何でこんなむちゃくちゃな日程なのか確か4試合くらいイングランドとテスト
マッチ(クリケット)が組まれててるけどイーデンパークで2試合やるのは良いけどどうして上手
く調整しなかったのか・・・クリケットでピッチが滑りやすい上に明日は雨が降りそうだしもっと
滑るだろうから選手が怪我しない事を祈ってます。

さてラグビーの話ですが,ブルーズの先発メンバーは自分が予想と少し?違ってましたね(笑)
まずコーチ陣もトエアヴァを12か13どっちで使うか迷っていたそうですが
(自分は12トエアヴァ、13トゥイタヴァキがベストかな)
トエアヴァを昨年メインでやらせていた13番で12番にルーキーのBenson Stanleyを抜擢!!
Benson Stanley
昨年のAir NZ Cupではメンバー事情でウイングを任される事が多かったですが12,13番もやる
ユーティリティープレイヤーで記事でも何度か書いた事のある彼の突き刺さる弾丸タックルは
海外移籍したサムトゥイトゥポーにも負けないくらいの激しさです。
タックルだけでなくしなやかなパス等センスの良さも持ち合わせているので良い選手なのは
間違いありませんが
トゥイタヴァキを13に入れてトエアヴァが12がベストかな?と
見ている自分の考えがあったのでこの起用は少しびっくり。
でも彼なら新人らしからぬ落ち着きぶりのあるプレイで活躍してくれるでしょう。要注目です!

そのトゥイタヴァキをウイングに入れたのでウイングは今年は指定席のジョーロコが入るので
残る豪華なウイングの2人(ウルフ、デイビットスミス)のうちどちらかがベンチにも入れなくなる・・・
今回はウルフがベンチに入りボールを持ったら観客を沸すディビットスミスは22人にも入れず。

予想どうりエヴァンスが10番に入たのでイサが15番を付ける事に(自分は逆でも面白いかと)
ハーフバックはホックスベイから取った元オールブラックスのDanny Leeが足首の骨折から
復活で先発!元NZ-U21のモアはまだまだ経験が浅いのでベンチスタートで後半フットネスが
落ちた時に力強い突進をされれば止めるのは容易ではないので投入時期にも注目です。

(自分はトレーニングスコッドのクリス・スマイリーがかなり良かったと思ったので残念)

大物BK2人も移籍したのにこれでもあまるくらいのBK陣の層の厚さは凄いです!!
センスあるベンアティガもなかなかレギュラーになれないし昨年の準レギュラーのジョージピシも
このままいくとずーとベンチにも入れないのでは?と思うほどBK陣は豊富です。
デイビットスミスはウイングしかやれないのでベンチ入り出来ない事も多くなるかも
でも才能は素晴らしいのでウルフとローテーションか、トゥイタヴァキが13番に入ったら
ウイングに空きが出るのでその時に直ぐ呼ばれるでしょう。こんなに豊富だとコーチも大変だ。

FWではNo8にはニックウイリアムズを起用ですがちょっとびっくりかも。。。
膝の怪我から回復したので選ばれたのでしょうが新ルールにフィットできるかな?
カイノはNo8でも良いですが6番の方が活きるでしょう,7番は自分の買ってるダニエルブライドが
肩の手術から回復していなくて5週間程は出れないそうですが痛いですね・・・

その代わりにOnosa'i Tololima-Auva'a,かと思いきやベテランのジャスティンコリンズを起用
これも結構びっくりした、33か34歳ですがまだまだフィットネスはトップクラスらしく仕事人ぶり
は相変わらずで若手の手本になります、開幕でベテランの力を必要と見たのでしょう。
新ルールでより重要になってきた7番のポジションなので注目です。

ロックは怪我で開幕は無理かもと言われていたフラヴェルがキャプテンでもあるし強行?出場
そのパートナーにはこれまた驚きましたが昨年スコッド漏れしたハイウが抜擢されました。
Air NZ Cupでの優勝に貢献したハイウですがスーパー14レベルかどうかは疑問視される
ところですが新ルールで活きるタイプのフィットネスを持ち合わせているし上背はそんなに
ありませんがジャンプ力はバスケットをやっていたたのが活きてラインアウトも確実です。
2年ぶりのスーパー14で昨年外れた悔しさを晴らす事が出来るシーズンになるか?

フッカーの控えには先日の記事Tom McCartneyが入ってスーパー14デビューとなるか?
注目は大物は省いて12番スタンリー、4番ハイウ、14番トゥイタヴァキ(早くABsに呼で欲しい)

BLUES:  (赤文字はABsキャップ保持者)
15 Isa Nacewa, 14 Anthony Tuitavake, 13 Isaia Toeava, 12 Benson Stanley,
11 Joe Rokocoko, 10 Nick Evans, 9 ;Danny Lee
8 Nick Williams, 7 Justin Collins, 6 Jerome Kaino, 5 Troy Flavell (capt),
4 Kurtis Haiu, 3 John Afoa, 2 Keven Mealamu, 1 Tony Woodcock.
Reserves:
16 Tom McCartney, 17 Nick White, 18 Anthony Boric,
19 Onosa'i Tololima-Auva'a, 20 Taniela Moa, 21 Ben Atiga, 22 Rudi Wulf.

チーフスですが、殆ど自分の予想と同じではないでしょうか?しかし一押しのブレンダンが
火曜日に足首を怪我
して明日の試合は良くてもベンチでそれも明日まで解りません)

代わりに先発で入るJamie Nutbrown'06JrABsですし良い選手なので心配は要らないか。
ブルーズと同じくBKに良い選手が揃ってて,バック3のカウンターアタックは相手にとっては
恐怖なのでブルーズは不用意に蹴らないほうが良いでしょう
。カフイの肩は実はまだ100%で
ないらしいですがそれが心配。それに10.ドナルドがハリケーンズのプレシーズンマッチで見た
ときに怪我明けのせいもあったがいまいちだったので明日の試合でどれだけ復活しているかが
鍵になるかと思います。
メンバー見てるだけでわくわわくする。

FWは3列に超パワフルのシオネラウアキがNo8でがつがつ行きますよ~~ 
それに今年ABs入りするだろうメッサムがスピードに乗って走らせたら怖いです。
注目はマティーホラーの後釜に開幕戦で抜擢されたTanerau Latimerが2006年クルセーダーズに
居た時のように活躍してくれれば問題ありませんが重要なポジションなだけに心配です。

ロックはキャプテンのギベスは今年は怪我なくやって欲しい、そのパートナーはクルセーダーズに
飼い殺しされてたKevin O’Neillが2Mの高さを生かして大暴れしてくれる事を期待。
Kevin O’Neill
一列は2番のトムウィルスと対面メアラムの対決は見物、プロップ陣はサイズはブルーズに
負けるものの新ルールに適した走力を持っていると思うのでボールを持って走る姿が増えるか。

注目は2006年から注目していた13番カフイとブレンダン(まだベンチに入れるか解りません)
ラウアキは注目しなくても嫌でも目立つのであえてあげませんが代わりに6番メッサム。
Sosene Anesi
昨年首を怪我でシーズンを某にふった14番アネシの復活にも注目!
あとはクルセーダーズから来たKevin O’Neillにも個人的に注目してます。

控えも良い選手も注目する選手が両チーム多いです。

今年のチーフスはブルーズと同じくベスト4に入ると見てるのでこの開幕戦は相当激しい
試合になるでしょう。 チーフスが勝つかな。

CHIEFS  (赤文字はABsキャップ保持者)
15. Mils Muliaina 14. Sosene Anesi 13. Richard Kahui 12. Callum Bruce
11. Sitiveni Sivivatu 10. Stephen Donald 9. Jamie Nutbrown
8. Sione Lauaki 7. Tanerau Latimer 6. Liam Messam 5. Kevin O’Neill
4. Jono Gibbes (c) 3. Ben Castle 2. Tom Willis 1. Simms Davison
Reserves:
16. Aled de Malmanche 17. Ben May 18. Kristian Ormsby 19. Hayden Hopgood
20. Brendon Leonard/David Bason 21. Dwayne Sweeney 22. Lelia Masaga
ブルーズ対チーフスの直ぐ後に行われる今週の一押しカード2 WARATAHS V HURRICANES
ホームのワラタスのメンバーを見ると特にFWが良いじゃないですか。。。 
祖父がNZ代表だった4番Dean Mumm 以外は皆キャップ保持者です。
そのマムも実力のある選手ですし3列はお互いに良い選手が揃ってますが
ケーンズの方が上手か、フィルウォーの復活に期待です。

BKはNZでも注目されているリーグからの移籍の14番Timana Tahuがどれくらいやれるかが見物です。
反対側のウイングも元リーグのトゥキリでし少し前のもう少し細かった時の方が良かった気がしますが
パワフルなランニングは相手に恐怖なので彼の復活無しでは2年ぶりのベスト4入りはないでしょう。
個人的には、クルセーダーズ戦で大活躍したKurtley Bealeが才能を開花するか注目したいです。
あとFBのターナーの昨年のカウンターアタックでトライを取ったシーンは忘れられないので注目したいです。
フィルウォーは個人的に大好きな選手なので必ず復活して欲しい、全盛期のいっちゃった
目がラグビー中毒っぽくて大好きです。


Waratahs
15 Lachie Turner 14 Timana Tahu 13 Ben Jacobs 12 Tom Carter
11 Lote Tuqiri 10 Kurtley Beale 9 Brett Sheehan
8 Wycliff Palu 7 Phil Waugh [c] 6 Rocky Elsom 5 Dan Vickerman 4 Dean Mumm
3 Al Baxter 2 Adam Freier 1 Matt Dunning
Reserves:
Tatafu Polota-Nau, Benn Robinson ,Will Caldwell ,Beau Robinson ,
Luke Burgess ,Sam Harris ,Alfi Mafi

ハリケーンズは自分の願望が多く含まれたメンバー予想がかなり外れてますね(笑)
まず残念なお知らせですが19歳の新人Zacが練習中のアクシデントで手を骨折で6週間程
駄目だそうですが注目されていてプレシーズンマッチでは活躍していただけに残念です。


ウイングはイケメンのパクをベンチにしてワラタスの注目選手Timana Tahuのパワーに負け
ない為かホセギアを起用。このメンバー表でいくとノヌーが対面になりますがホセギアが
対面になるという事でTVでインタビューを受けてました。

センターはプレシーズンマッチでも軽快な動きをしていたコンラッドスミスが先発でYさんは
喜んでいるでしょう(おめでとう)タマティエリソンとコンラッドスミスのコンビにも注目。
しかしその前に10番ゴッパーズの出来が鍵でしょう。
身体が全然絞れてないと駄目だししていたウィプーがあれからどれくらい絞ったか注目です。

3列は説明不要,以前の記事でも写真で載せたようにジェリーの髪形が変わって若返りました。
一列はティアラタが肘と足首を手術していたらしくその影響もありベンチスタートです。
ロックは4番にルーキーのJeremy Thrushが入りましたが走力があるので注目です。
Jason Eaton
その相方は髭を残して開幕戦を戦うと思われるので一番の注目でしょうか!!
ケーンズが勝ちかな。

HURRICANES:
15 Cory Jane, 14 Hosea Gear, 13 Conrad Smith, 12 Tamati Ellison,
11 Ma'a Nonu, 10 Jimmy Gopperth, 9 Piri Weepu,
8 Rodney So'oialo (c), 7 Chris Masoe, 6 Jerry Collins, 5 Jason Eaton,
4 Jeremy Thrush, 3 Tim Fairbrother, 2 Andrew Hore, 1 John Schwalger.
Reserves:
16 Hikawera Elliot, 17 Neemia Tialata, 18 Craig Clarke, 19 Thomas Waldrom,
20 Alby Mathewson, 21 Willie Ripia, 22 Shannon Paku.
ではクルセーダーズの試合が始まるのでこの辺で。
選手交代も鍵になるのでコーチの采配にも注目です。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中、クリック宜しくお願いします。
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

2008年スーパー14開幕直前プレビュー

いよいよ明日からですね!!ワクワクしてきました!!
オープニングゲームはCRUSADERS vs BRUMBIESの好カードです。
昨年はキャンベラで15-6でブランビーズが勝ってますがディフェンスが良かった記憶が・・・

先日クルセーダーズのメンバー予想をしましたが(こちら)やっぱりダンカーターは10番でした。
ブレットを10番でダン12番が見たかったので残念、エリスは間に合ったようですがベンチスタート
ディーンズ氏は先発のKahn Fotuali'i,に自身を持っているようですが経験がないだけに
吉と出るか凶とでるか見物です。同じタズマン所属のKade Poki(07'NZ-U19)を抜擢!
昨年のU19は世界大会で優勝しているので他のチームにもスコッド入りしてるので注目。

メディアが注目していたGeorge Whitelockはベンチにも入ってません。

対するブランビースのメンバーは良く解りませんがモートロックがシーズン序盤は欠場とか?
思うのですがモートロックはスーパー14で怪我ばかりしてあまり出てるの見てない気が・・・
大物のハーブ団が抜けてますが、確かハーフを他のチームから獲得してるので良いですが
ラーカムの後釜は誰になるのでしょう? 好カードだけどブランビーズの戦力が落ちている
気がするのでクルセーダーズが勝ちかな? 良い試合を期待してます。

CRUSADERS
15-Leon MacDonald, 14-Kade Poki, 13-Casey Laulala, 12-Stephen Brett,
11-Scott Hamilton, 10 Daniel Carter. 9-Kahn Fotuali'i,
8-Mose Tuiali'I, 7-Richie McCaw (captain), 6-Kieran Read,
5-Ali Williams, 4-Brad Thorn, 3-Greg Somerville, 2-Corey Flynn, 1-Ben Franks.
Reserves:
16-Ti'I Paulo, 17 Wyatt Crockett, 18-Michael Paterson, 19-Nasi Manu,
20-Andrew Ellis, 21-Tim Bateman, 22-Sean Maitland.
金曜日は上記のズ試合の後にブリスベンでREDS vs HIGHLANDERS

レッズのメンバーですが思わぬ移籍者が来てBKが良くなったのでは?
しかもワールドカップで10番バーンズが成長してるだろうしBKをしっかり見させてもらいます。
某雑誌を見たらレッズのキャップ保持者(赤文字はこんなに沢山いるんですね~

3番Rodney Blakeが体重8kgも増やし(増えた?)たそうですが新ルールでフィットネスが
重要になるのは言うまでもないのにどうしてしまったんだろうと心配しております。

それにしても7番の選手の顔は昨年も思いましたがかなり怖いです
見ている雑誌の写真でもそうですがこれだけ怖いとそれだけでも相手が怖がりそう
と言っていますがオークランドのクラブチームでやってるとアイランダーの怪物が一杯居るから
試合中はそう思わないけど外から見てると良くこんな人とやってるなと感心する。

話がそれてすいません、プレシーズンマッチでブルーズと接戦でしたし,昨年が酷かったので
今年はかなり気合が入っているかと思われるので各チーム舐めて掛かれません。


対するハイランダーズのキャップ保持者はカウワン1人です。。。
昨日既にメンバーを書いたし注目選手も書いていますが,やっぱり気になるのは一列がごっそり抜けた
スクラムです,これが安定しないと新ルールでより不利になるのでこの一列には頑張ってもらいたいです。

キャプテンのニュービーが怪我で何週か不在で代理のJason Macdonaldのリーダーシップにも注目です。

しつこいですが10番Daniel Bowden注目です。
予想はレッズが接戦をものにしそうかな。

REDS:
15 Chris Latham, 14 Digby Ioane, 13 Morgan Turinui, 12 Chris Siale,
11 Clinton Schifcofske, 10 Berrick Barnes, 9 Sam Cordingley;
8 John Roe (capt), 7 David Croft, 6 Hugh McMeniman, 5 James Horwill,
4 Van Humphries, 3 Rodney Blake, 2 Stephen Moore, 1 Greg Holmes.
Reserves:
16 Sean Hardman, 17 Dayna Edwards, 18 Ed O'Donoghue, 19 Leroy Houston,
20 Will Genia, 21 Andrew Walker, 22 Peter Hynes.
HIGHLANDERS:
15 Paul Williams, 14 Lucky Mulipola, 13 Niva Ta'auso, 12 Johnny Leota,
11 Fetu'u Vainikolo, 10 Daniel Bowden, 9 Jimmy Cowan;
8 Steven Setephano, 7 Alando Soakai, 6 Hayden Triggs, 5 Tom Donnelly,
4 Isaac Ross, 3 Clint Newland, 2 Jason Macdonald (capt), 1 Jamie Mackintosh.
Reserves
16 David Hall, 17 Chris King, 18 Adam Thomson, 19 Tim Boys,
20 Toby Morland, 21 Mike Delany, 22 Brett Mather.
まずは明日のレビューのみですが弾丸タックルを見せるルーキーが先発に抜擢されたブルーズ
チーフス、今年は爆発するだろう?ワラタス対 注目のイートンの髭が開幕戦のみ見れることになりそうな
ハリケーンズ
の2試合の大一番がある土曜日の試合のプレビューは明日書こうかと。

昨年国内選手権で新ルールを採用していたオーストラリアのチームがシーズン序盤は
慣れているぶんだけに有利かと思われます,プラスしてレフリーも慣れるまで大変でしょうし
シーズン序盤はかなりばたばたして落ち着かないでしょう。 

何試合か見た感想はFKが多くなるぶんラインアウトがかなり減る事になります、スクラムも
かなり減るかと思われますがスクラムからの攻撃のチャンスが新ルールで大きくなったので
FKを得てもスクラムが選択できるのでラインアウトより減る事はない
と思われます。

それでは明日から思い切り楽しみましょう!!

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中、クリック宜しくお願いします。
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : Rugby オールブラックス ニュージーランド ラグビー スーパー14

スーパー14チーム分析、最終回(ハイランダーズ編)

いよいよNZチーム分析最終回で締めはハイランダーズ
今年のスコッドはこちらを見てください。

昨年のメンバーから居なくなった選手リスト(赤文字はABsキャップ保持者)
Clarke Dermody, Carl Hayman. Anton Oliver,
Nick Evans
(Blues),James Ryan
(怪我),
Vili Waqaseduadua, Callum Bruce】(Chifs),
Josh Blackie, Filipo Levi】(日本),
Matt Saunders, Glen Horton, Craig Clare, Greg Zampach,
Jason Kawau, Charlie Hore, Hale T-Pole, Kane Thompson,

新加入リスト;
James Wilson, Paul Williams, Fetu'u Vainikolo, Brett Mather, Johnny Leota,
Niva Ta'auso, Mike Delany, Daniel Bowden, Stephen Setephano,
Adam Thompson, Isaac Ross, Hayden Triggs, Clint Newland.

今年は大物オールブラックスを含んだキャップ保持者が沢山抜けていて
一列はごっそり抜けています、昨年怪我でシーズンを某に振ったジェームスライアンの
回復が間に合わないのでスコッドから外されてますし、某ラグビー番組の中でライアンは
もうラグビーをしないのでは?といわれる位ですし今はウエリントンで働いているようです。

キャップ保持者だけでなくレギュラー組みがスコッドから外されて他のチームに行く等多くの
選手が抜けているのが気になるところですし、2年連続で大幅にメンバーが変わってます。

こちら)の記事でも書きましたがこれだけ抜ければ今までのように地元の選手だけでやっていくのは
厳しいのでコーチ変わった勢いでかなりの選手を他の地区からドラフトで獲得してきました。

メンバー予想をする前に対レッズ戦のメンバー発表がありました。
HIGHLANDERS:
15 Paul Williams, 14 Lucky Mulipola, 13 Niva Ta'auso, 12 Johnny Leota,
11 Fetu’u Vainikolo,
10 Daniel Bowden, 9 Jimmy Cowan;;
8 Steven Setephano, 7 Alando Soakai, 6 Hayden Triggs,
5 Tom Donnelly, 4 Isaac Ross,
3 Clint Newland, 2 Jason Macdonald (capt), 1 Jamie Mackintosh.
Reserves
16 David Hall, 17 Chris King, 18 Adam Thomson, 19 Tim Boys,
20 Toby Morland, 21 Mike Delany, 22 Brett Mather.

かなり新加入した選手を先発で使ってきてますね~~
注目はハーフバックコンビでジミーカウワンはABsで言うまでもありませんが新加入の
10,Daniel BowdenはAir NZ Cupではノースランドでプレイしてスピードのあるランプレイは
相手に恐怖だと思うし何しろ強気なプレイが最高です、将来は大物になると見てます。


BKの11~14番に下線が引いてありますが特にパワフルさが買われてスコッド入りでしょう。
コーチの好みにもよりますが昨年はパワフルさと言うよりセンスの方が重視されてたかな??
この下線の選手のパワフルさは相手に恐怖(特にセンター陣)ですので注目してみてください。
15,Paul Williamsはカンタベリーからドラフトで加入、スピードがあるしそこそこやるかと。。。

FWはロックを先発で3人使ってきてますがマナワツ出身で昨年ハリケーンズでプレイした
Hayden Triggsが何と6番で出場!これでラインアウトはかなり有利になるし走力があり
ハンドリングスキルも素晴らしいものがあるのでかなり活躍するかと思います。
昨年は飼い殺しにされた感じで勿体無かったですが今年はフル出場?注目です!!
もちろん4,5番のロック陣もかなり良い選手ですしIsaac Rossはクルセーダーズには
闘志むき出しにしてやるのではないでしょうか?

3番Clint Newlandはティアラタをパンチで一発KOした話題の選手で
あの右ストレートは見事でしたがハリケーンズとやる時には色んな意味で楽しみです。
もう1人のプロップ1番Jamie Mackintoshも2011年のW杯に期待の掛かる選手
この2人のプロップはサイズにも恵まれて大物ABsの1列が抜けた穴を埋めてくれるでしょう。

大物移籍がかなり多かったので戦力もそれなりにダウンするだろうと思っていましたが
ドラフトをうまく使ってかなり良い補強が出来てるし金曜日のメンバーを見てると・・・
なかなか良いんじゃない??と言いたくなるほどバランスも良いし弱いとは思えない。

新加入の選手が多いし経験からいくとちょっと不安になりますが若いメンバーだけに
勢いに乗らせたらかなり怖いチームになる恐れがあると見てます。
注目選手は太字の選手ですが沢山居るので特に注目は3,6,10番

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中、クリック宜しくお願いします。
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : ハイランダーズ Rugby オールブラックス ニュージーランド ラグビー AllBlacks Super14 スーパー14

スーパー14チーム分析・第4弾(クルセーダーズ編)

あと2チームを残すのみとなりました(まだやってるのか?と言われそうですが(笑)
第4弾はクルセーダーズ編ですが,皆さんもご存知?のように私はアンチ・クルセーダーズ
何度か書いてきてますが,強いのが日本の野球で言う巨人(今はそうでもないですか?)
みたいな感じがしてブルーズやNPCで言うとオークランドがいつもやられているので
どうしても好きになれないのでしょう。
過去の実績を見ても一番成功しているチームなのは言うまでもないしアンチと言う位なので
その強さを認めてるのでクルセーダーズファンの方はどうか気分を悪くしないでください。
(過去や現在に至ってもクルセーダーズファンの方が遊びに来てくれているので心配で・・・)

正直南島のチームの事はあまり詳しくありませんので、過去の3チームの記事とは違って
自分勝手が少ないかもしれませんが,こだわっているところはあるのでそこら辺は自分勝手に。

今年のスコッドはこちらをクリック
沢山の大物選手が去っていってます。以下は去って行った選手(赤文字はABsキャップ保持者)
海外組み>;
Kevin Senio,Rico Gear, Aaron Mauger,Chris Jack,
Johnny Leo'o,Rua Tipoki, Brent Ward, Tusi Pisi, Jake Paringatai,
怪我-Peter Nixon
国内組み;
【Kevin O'Neill, Ben May】チーフス,【Issac Ross, Jonathan Poff, Paul Williams】ハイランダーズ

加入選手(赤文字はABsキャップ保持者)(青文字は昨年のNZ-U19)
Brad Thorn, Ali Williams.
Kade Poki, Sean Maitland, Nasi Manu, Hamish Gard, Kahn Fotuali'i,
George Whitelock07NPCオタゴで10試合、NZ-U21キャプテン),

トレーニング・グループ選手
Steve Alfeld(Canterbury halfback), Steve Fualau(Canterbury hooker),
Vince Mellars(Canterbury midfielder),Ben Nowell(Canterbury midfielder),
Afeleke Pelenise(Tasman wing), Jonathan Poff (Tasman flanker) ,
Sakaria Taulafo(Tasman prop)

こちらでも書いていますがリッチーの控えでチームに貢献していたJohnny Leo'oの移籍が
かなり痛い
かと思いますが、その穴は07NPCオタゴで10試合、NZ-U21キャプテンの
George Whitelockがオタゴからカンタベリーに移籍してクルセーダーズ
支配下に来てスコッド入りしてるのでリッチーが怪我しても一先ずは安心かもしれません。
この選手はNZの中では結構評価されているようですが自分は記憶が・・・
オタゴだからあまり見てなかったのもありますが注目して見たいです。

去る人の国内組みをみると充分戦力になっているのに飼い殺しをしていた感じもします
そういう選手は他のチームからドラフトで取られているので活躍して見返してやりましょう!

あまり詳しくないチームですがメンバー予想をしてみました。(赤文字はABsキャップ保持者)
1,3.Campbell Johnstone,Greg Somerville, Re;Wyatt Crockett
2.Corey Flynn
4,5.Brad Thorn,Ali Williams
6.Kieran Read
7.Richie McCaw
8.Mose Tuiali'i ,   Re;George Whitelock(3列)
9.Kahn Fotuali'i, Re;Andy Ellis or Steve Alfeld
10.Stephen Brett,
12.Daniel Carter, Re;Tim Bateman
13.Casey Laulala
11,14.Caleb Ralph,Scott Hamilton,
15.Leon MacDonald

大物が一杯移籍したのにまだまだ沢山オールブラックスが居ますね~~

おかしいな?と思われる予想かと思いますが、結構怪我人が出ているようで今年で
最後になるロビーディーンズ氏も焦ってるのではないでしょうか?

ケヴィンシニオが居なくなってあまり頑張らなくてもレギュラー確定のABsハーフバックの
エリスはプレシーズンマッチ初戦で痛めた足首の回復が思ったより早くなるとの事ですが
開幕戦はよくてもベンチ
だそうでシニオの移籍が痛いですね・・・
前にも書いてますがシニオが居なくなるとエリスは怪我できないという心配が開幕から影響が
出てきてます。今年加入したタズマンのKahn Fotuali'iは悪くはないですがスーパー14では
まだ荷が思いと思うし、長いシーズンをエリス1人で乗り切るのは厳しいでしょう。
そのKahn Fotuali'iも足首を痛めて練習を休んでるとかです・・・
しかし開幕戦は9番を付けれるくらいらしいですが大丈夫でしょうか?
新ルールだと自分がエリスより買っていたシニオがもっと活躍できると思ってたのに残念。

大黒柱のクリスジャックが居なくなりロスフィリポに掛かる期待が大きかったのに手術が
必要となり4週間は欠場決定でロック陣は新加入組みの2人
が入る事になるでしょう。

アリのボールスキルとブレッドソーンの超パワフルな突進とボールを持った時の2人は相手に
恐怖でしょう。リーグに戻って3年間プレイしていたブレッドソーンはよりからだが締まっている
だろうし、ハリケーンズとのプレシーズンマッチでソーイアロを吹き飛ばしているのを見ましたが
ソーイアロもタジタジなら本当に凄そうでクリスジャックが居なくてもロックは安心ですね。


最新の怪我では開幕戦に出ればスーパーラグビー通算100試合になるマクドナルド
ブルーズと喧嘩別れした新加入のアリウィリアムズの2人とも膝を痛め
ているそうですが
マクドナルドは何とか出場するとかですがアリの具合はどうでしょう??アリが居ないと厳しい。

あ、忘れてました今年で最後の大ベテランのルーベンソーンが古傷のフクラハギの回復が
思わしくないようで開幕欠場
と主力の怪我が多いのが気になりますしルーベンソーンは
シーズンの大半を昨年活躍したKieran Read にポジションを譲る事になるのでは??

FWは相変わらず良い選手ばかりですね、ソーンが出れなくても昨年もKieran Readが居るし
オタゴから移籍のGeorge Whitelockが3列のリザーブで、No8のモセトゥイアリイは毎年
凄い活躍で今年も活躍するでしょうが気性の荒い面を改善すればABs復活もありかな。


BKはハーフバックの事はもう書いたので一番気になる12番の穴は誰が埋めるか?
メイジャーかアイルランドで活躍してるティポキが昨年は居たので良かったですが
自分が思うにオールブラックスデビュー当時と次の年もダンカーターは12番を勤めていて
結構良かったしダンがやれば良いかと思ってます、それにスティーブンブレットは12番より
10番の方が良いと思う
、それなら12番ではダンが上手ならそうしたほうが良いのではと
勝手にダンを12番に書かせてもらいました。

ダンなら12番でも際立ったプレイをするでしょう,本音を言うとABsの悩みの1つ12番の穴も
ダンなら任せれるかと。先日ラグビー雑誌を読んでいたらブルーズのニックエヴァンスが
「自分が10番でダンが12番だと最高なコンビだと思う」とか書いてあった気がしますが
確かにそれも言えるかも知れないなと・・・でもチーフスのドナルドの10番も良いよ!!
※ディーンズ氏はダンを10番でしょうが・・・

先日のワラタスとのプレシーズンマッチは前半はよかったらしいですが後半はワラタスの
ビールの一人舞台で逆転されたようすがニュースで見ましたが,ダンは結構良かったらしいです。
ダンは今年しっかりやらないとエヴァンスかドナルドにABsでのポジション取られますよ。

明日発表になる予定の金曜日の開幕戦 vs ブランビーズのメンバーは自分の予想が当るか?

追記.
以前の記事でチーフスではドナルド,カフイ。ケーンズではウィプー,ゴッパーズの写真を追加しました。

先日のSan Diego Sevensでまたもやニュージーランドが優勝してます。
Cup quarter-finals:
New Zealand 28 Fiji 5,       Kenya 17 England 7,
South Africa 24 Argentina 0,   Samoa 24 Scotland 14
Semifinals:
New Zealand 50 Kenya 10,   South Africa 22 Samoa 12
Final:
New Zealand 27 South Africa 12

ワールドシリーズ順位表:
New Zealand 80, South Africa 48, Fiji 44, Samoa 38, Argentina 26, Kenya 24,
England 18, Scotland 16, Australia 14, Tonga 12
ニュージーランドが断トツで首位を走ってます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中、クリック宜しくお願いします。
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : Rugby オールブラックス ニュージーランド ラグビー AllBlacks Super14 スーパー14 クルセーダーズ

スーパー14チーム分析第3弾(ハリケーンズ編)

開幕まであと一週間を切っているのにチーム分析が終わってません。。。
というより更新していないだけですがいけませんね。

今回は北島チームの最後でハリケーンズ
まずはチームを去っていった選手のリスト(赤文字がABsキャップ保持者);
Tana Umaga(引退),Serge Lilo(怪我), David Smith(ブルーズ),
Hayden Triggs(ハイランダーズ),Chris Smylie(ブルーズトレーニングスコッド)
海外組みはLome Fa'atau, Paul Tito, Brad Mika, 【Nili Latu, Luke Andrews】(日本),
Tone Kopelani(ハリケーンズトレーニングスコッド)
Mahonri Schwalger, Tony Penn. Blair Stewart,
新戦力選手リスト
Zac Guildford, Willie Ripia, Scott Waldrom, Michael Johnson,
Jeremy Thrush, Craig Clarke, Hika Elliott, Jacob Ellison.
トレーニングスコッド
First five-eighth Matt Berquist, Taranaki halfback Brett Goodin,
Wellington hooker Tone Kopelani, Wellington lock/loose forward Api Naikataini,
Hawke's Bay loose forward George Naoupu, Wellington prop Anthony Perenise,
Hawke's Bay midfielder Jason Shoemark.

超大物どころでは昨年で現役も引退したタナウマガだけでその他海外移籍した選手は多い
ものの他のチームがABsが何人か移籍した事を思うと戦力ダウンはないに等しいかも。
zac
新戦力で注目は青文字の選手かと勝手に思っています。
まずは昨年のNZ-Under19、Air NZ Cupではトライを沢山取り若干19歳でスコッド入りした
Zac Guildfordが熾烈なウイングのレギュラー争いに食い込めるか?
プレシーズンマッチでかなり使われてるしコーチの期待度も高いかも。
甘いマスクで女性にも人気が出るのではないかと見ていますし先日のTaupoでの
試合での印象は若いけど落ち着きがあり向こうから喋りかけてくるほど良い奴でした。
Jeremy Thrush
Jeremy Thrush, Craig Clarkeの2人はともにロックでジェイソンイートンの相棒になれるか?
Jeremy Thrush(06'NZ-Under21)走力がありAir NZ Cupでもそうでしたがトライの取れるロック
Craig Clarkeはジェイソンイートンと同じタラナキ出身で2Mの長身と新人ロックに注目。

Hika Elliott(06'NZ-Under21)同じポジションのアンドリューホアに似て突破は魅力か?
髪の毛の一部分を一時期のウィプーのように金髪にしているのが特徴。
Jacob Ellison
Jacob EllisonはTamatiの弟ですがABsのプロップの一角を崩すのはちょっと厳しい??
写真でも解るようにマラソンのそう兄弟のように右側に首が傾いているのが特徴。

先発メンバーはかなり悩みます・・・
1.3.John Schwalger, Neemia Tialata Re;(Jacob Ellison )
2.Andrew Hore Re;(Hikawera Elliott)
4.Jason Eaton
5.Bernie Upton /Jeremy Thrush/Craig Clarke
6.Jerry Collins
7.Chris Masoe
8.Rodney So'oialo Re;(Thomas Waldrom)
9.Alby Mathewson/Piri Weepu
10.Jimmy Gopperth /Tamati Ellison / Willie Ripia('06,NZ-U21)
12.Tamati Ellison,/Ma'a Nonu
13.Tane Tu'ipulotu/Conrad Smith,/ Ma'a Nonu
11.14.Shannon Paku/Ma'a Nonu,/Hosea Gear,/Zac Guildford
15.Cory Jane

マアノヌーをどこに入れる? ウイングに良い人材が豊富で選ぶのが大変。
ジェイソンイートンとコンビを組むロックは?身体を絞れてないウィプーを使うべきか?
ジミーゴッパーズ、コンラッドスミスは今年はしっかりやってくれるか?
贅沢な悩みも含め色々と難しいです。


昨年までの実績とプレシーズンマッチを実際に見て勝手に希望を書かせてもらいました。
1.John Schwalger, 2.Andrew Hore, 3.Neemia Tialata
4.Jason Eaton,
5.Bernie Upton
6.Jerry Collins 7.Chris Masoe 8.Rodney So'oialo
9.Alby Mathewson, 10.Jimmy Gopperth,
12.Tamati Ellison, 13.Tane Tu'ipulotu,
11.Shannon Paku,14.Ma'a Nonu,
15.Cory Jane

太字は確定だろうと見てますおそらくコーチは自分の希望とは違うでしょう。
Piri
まずウィプーを使ってくるでしょうが自分はあの太りすぎの身体では使えないかと・・・
先日のプレマッチではAlby Mathewsonが怪我のためか出場していなかったですが
2006年のNZ-U21のメンバーにブレンダンを押さえて入ってる実力者で、パスも上手く
何よりスピードが魅力で新ルールにはもってこいかと思ってるのであえて先発で。
ウィプーを先発でガツガツ行かせて相手が疲れた後半に投入しても面白いでしょう。

ノヌーは12~14番までやれますが12番はユーティリティープレイヤーのTamati Ellisonが
一番合うポジションでセンスの良さはチームの攻撃を際立てるかと思います。

ノヌーも年末のバーバリアンズで12番で出場した時はかなり良かったのでやっぱり迷うな(笑)

13番はコーチの本命はコンラッドでしょうし、彼が本調子なら彼で決まりですが・・・
昨年のような事があるしセンスの良さではコンラッドにも匹敵するTane Tu'ipulotuはサイズも
魅力で捨てがたい、自分は彼をかなり買ってるので、ノヌーは13はディフェンス面でちょっと。

ウイングは一番難しいですが、チームに応じて使うのも面白いかと思ってます。
自分の意見ではイケメンのシャノンパクは入れたいです、相方はホセギアはサイズでは
かなり魅力がありますがキックがどうだったかな??と・・・新人ザックはあのコーチなら
結構出場機会を与えてくれるかも知れないのでスピードとキレを見せ付けたいところか。
したがって本当は12番で使いたいけどタマティーが居るのでノヌーはウイングで。

15番は安定感抜群のコリージェーンは今年もかなり注目です!!ABs入り確実かな?
イートンの相棒は実績のあるBernie Uptonを始めは使ってくるかと思ってます。
Jimmy Gopperth
※Jimmy Gopperthは昨年のようにもたついているとウィプーが昨年のように10番に
入り込んできたり、新人のWillie Ripiaにポジションを取られるかも??

Tamati Ellison
今日のおまけは↑です。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中、クリック宜しくお願いします。
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : Rugby オールブラックス ニュージーランド ラグビー AllBlacks Super14

シックスネーションズ1週目レビュー

今週のシックスネーションズが始まる前に先週のレビューを簡単に
まず始めのアイルランド対イタリアアイルランドが有利に進めるもミスが多くトライが取れる
場面でしっかり取れなかった
ので点数を見るとそんなに差が開かないのでイタリア健闘と
一瞬思ってしまうような試合だけどアイルランドがちょっとだらしなかったと思ったかも。

ワールドカップから復活を期待していたのにちょっと残念な試合内容では6月のABsとの
試合も勝つ見込みは殆どないだろうなという感じでしょうか?残りの試合で上昇を期待。

次は注目していたイングランド対ウエールズ、このスタジアムでやる時はいつもあんなに
豪華なセレモニーのようにやるのだろうか? フィールド一杯にイングランドの国旗を作り
赤い布を引いていたのは大変だろうが国歌が終わるとすばやく片付けられていたのには
何か秘策があるのかと思わせるほど早く片付けられていたのにはびっくりした。
イングランドの人はNZ人のようにのんびりそしていい加減に仕事をしないのかな?

試合内容は前半かなり有利に進めたイングランドだったがアイルランドの試合と同じく
取りこぼしが多く
点差は思ったよりつかなかった、ウエールズが我慢して
PGで何とか射程距離の位置に
ついていったのを誉めるべきか?しかし前半を見る限りでは
イングランドが有利なのは際立っていた気がする、ブレイクダウンでも何度もタンオーバーを
していた、それでもトライを重ねれなかったのはどうして?と思いたくなるほど。

後半は逆にウエールズが少しずつ盛り返して有利に進められながらもしっかりとゲームを
コントロールしていた感じかな、10番フックのPGが抜群に良く15番のトライを引き出した
ランプレイは凄い良かったしあのトライは興奮させてもらいもしかしたら?とワクワクが増した。


ウイルキンソンの変なパスでピンチでその後トライを奪われた記憶があるが彼にしたら
珍しいプレイだった気がする。 結局イングランドが負けてウエールズが20年ぶりに
このグラウンドで勝った
らしいが試合後のイングランドの選手やコーチの顔は・・・
イングランドが取りこぼして点差を話せれなかったのと対してウエールズは少ないチャンスで
しっかりトライを取っていたしゴールキックをきっちり決めたのが勝利に繋がった試合だった。
これも新監督のNZランダーのガットランドが想定していた試合だっただろう。

前半イングランドの11番がカウンターで物凄いランプレイにはびっくりしたが
15分で怪我で退場したのは残念だったがその選手に代り早くも注目のトンガ系NZランダーの
Vainikoloが登場でユニオンに転向してまだ半年?くらいでテストマッチデビューとなった。


ハイボールを相手の選手と競り合って相手が吹っ飛び難なくキャッチし倒れながらも
オフロードパスをしてトライをアシストしたプレイは圧巻だった、
ワラビーズのトゥキリも
リーグ出身で体が大きくハイボールのキャッチを得意として2003年のW杯決勝でトライを
したがあのプレイも凄かったがVainikoloのプレイもトゥキリのプレイを思わせてくれた。

このVainikoloは攻撃だけでなくディフェンスも結構良いと思う、タックルも強いし以前も
書いたように後ろに下がるのもすばやいし大きいのにプレイに柔軟性があると思う。
ボールを貰う機会が少なく見せ場は少なかったがそれでもインパクトを充分に与えた
気がするのは自分だけだろうか? もっとボールを渡して欲しかったのが正直なところです


後半イングランドの15番がキックを取り余裕のあるところで簡単に蹴っていたが外側に
スピードランナーが居るのにどうして簡単に蹴るのか?(両ウイングは直ぐに下がっていた)
あそこでVainikoloに渡して強さとスピードを使わないのは勿体無い、ボールキープ力もあるし
オフロードのスキルも素晴らしいのに・・・ 後半チャンスをつかめなくなったイングランドの
攻撃の基点はカウンターからがチャンスだったと思うので15番がキックしかしないのは・・・

アイルランドも同じく取りこぼしが多かったが相手がイタリアだったので負けはしなかったが
イングランドは取りこぼしで最終的には逆転されて負けてしまいショックは大きいだろう。

フランス対スコットランドはあまり興味もなかったので少ししか見てないがフランスが良かった
らしいですがスコットランドくらいならもっと点差を離しても良いかなと思うのは厳しい意見?
どうしてもスコットランドのラグビーは面白く感じられないし試合前から予想がついていた。
その点ウールズはキウイがコーチという事もありNZでも注目されているし期待に答えて
やってくれたので嬉しい、本当の勝負はこれからだアイルランド,フランスに勝ったら本物だ。
フランスに勝つのは難しいと思うけどアイルランドには勝って欲しいなと思う。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中、クリック宜しくお願いします。
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : Rugby ニュージーランド ラグビー ラグビーワールドカップ シックスネーションズ ウエールズ

スーパー14プレシーズンマッチ観戦記(Chiefs vs Hurricanes in Taupo)

ニュージーランドの2月6日はWaitangi Dayで祝日です。
最近まで夜も暑くて寝苦しかったですが、ちょっと涼しくなり秋の訪れを感じます。

先週末の観光地Taupoでのスーパー14のプレシーズンマッチハリケーンズ対チーフスの
観戦記を写真付きでお伝えしようと思います(写真はまだ少しか載せていません)

自然に囲まれた景色の良いところにグラウンドがあり早めに現地に行ってグラウンドを見ると
この試合には出場しないメッサムが上半身裸でフィットネストレーニングをしていました。
ジャージ姿だと凄い筋肉質には見えないのですが、脱いだら凄い身体をしていました(笑)
Messam
この写真のタンクトップでも解るようにかなりごついです、自分も結構ごつさには自信??が
あるのですが完全にメッサムに圧倒された、まあ背の高さが結構違うので負けて当たり前と
言い訳しておきます(笑)自分もそうですがメッサムも着やせするタイプですね。

徐々にお客さんも増えてきてスクールホリデーが終わりに近づいている事もあり親子連れで
来ている方がかなり居て子供たちは選手たちに釘付けになって居るのが可愛かったです。
ハリケーンズの選手で一番最初に来たのは上のほうだけの金髪を辞めて黒髪にしさらに
坊主にしてかなり若返った(若いころはこの髪型だったと思う)ジェリーコリンズが登場。

子供たちにジェリーと声を掛けられ自分も一緒にジェリーと声を掛けると得意のニヤリと
した顔で少し恥かしそうに
選手専用の入り口から出てきてグラウンドへ。。。
Jerry
ジェリーに続いてゾクゾクとケーンズの選手がグラウンドへ向かって出てきましたが
その時に髭が凄い人が出てきたので「イートンまだ髭剃ってないじゃん!!」と思いながらも
ライオンも顔負けの髭を生で見れて嬉しかったですし、おそらくこの日の晩に約束通りに
剃っただろうから見納めを生で見れたのはある意味貴重だったかなと勝手に思ってます。
写真はイートンとルンルンで引き上げるトーマスとイートンの恋人のような2ショット
Ea to-
試合内容はあまり詳しく覚えてませんがが前半は14-14で後半に入ったらチーフスがトライを
立て続けに奪いケーンズを突き放しに掛かましたが、かなりメンバーを変えたチーフスが
終盤ようやく円陣の掛かったハリケーンズに連続トライを奪われて逆転されました(40点台)
新ルール効果でかなりトライの多い試合でお客さんも満足だったのではないでしょうか。
Stephen Donald
チーフスは司令塔のドナルドが怪我から復帰したばかりと言うのもあってか動きがいまいち
ディフェンスでもカウンターから抜け出した選手に一対一でタックルを外されていましたし
仕上がりはもう少し先になるだろうなという感じがしました。 

今年12番に入るだろうと思われるハイランダーズから移籍のCallum Bruceが良い仕上がり
でレギュラーを取ったかな??と思わせるような安定感のあるプレイでした。
Richard Kahui
一番注目していた選手は2006年Air NZ Cupで大活躍で2007年はオールブラックスかと
期待していたが怪我でシーズンを某にふったリチャードカフイがこの試合でキレキレで
3トライのハットトリック
を見せて完全復活したかなとうれしく思ってます。

ちょっと前より細くなったかなと思いましたが、おそら新ルールになってそれに対応できる体
作りでかなりフットネストレーニングをして身体をしぼったなという感じで楽しみです。
今年のオールブラックスの13番は彼が着る事になると見てますので要注目です。
凄く爽やかでかなり好青年で好感を持てる人でもあり子供たちにも大人気でした。

その他は途中から12、13番に入ったDwayne Sweeneyが何度もラインブレイクを見せてトライに
かかわるプレイをしてレギュラー争いに食い込めるかなという感じで頼もしいです。

昨年スーパー14での経験が自信となったようでそれがプレイにも出ていた感じです。
Blendon
昨年一気にオールブラックス入りしてW杯にまで行った自分の一押しのブレンダンレナード
まあまあの仕上がり
かなという感じですが新ルールに慣れればスピードがある選手なので
かなり活躍すると思います、一度ベンチに引っ込みましたが終盤にウイングで出てました。
凄い好青年だなと改めて思わせてくれるファンに対する対応の良さはカフイに続いて
ブレンダンもかなり良かったです,ラウアキの顔は怖いですが(笑)チーフスの選手は優しいかな。

今回はこれ位ですが思ったことや写真は後ほど増やしていく予定です。
ハリケーンズの詳細は今後のチーム分析で書いていこうかと思ってます。
Con
おまけにコンです。。。
その他のリクエストはしばしお待ちください。 不服などはメールで受け付けます(笑)

スーパー14の分析等が皆さんのお役に立てれば幸いです。
しかしジェリーの写真は清原に似てませんか? ずーと腹を押さえて引き上げてますが
昼ごはん食べ過ぎたのか気になるところです。

PS.昨年までチーフスにいた元ABsスティーブンバイツ選手は東芝に行くようです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中、クリック宜しくお願いします。
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : Rugby オールブラックス ニュージーランド ラグビー AllBlacks ラグビーワールドカップ Super14

ニュージーランド、セブンスチーム3連勝

2007-08 IRB World Sevensの始まりのDubai大会で優勝,次のSouth Africaでも優勝
2連勝で年越しをし今年最初の大会は地元ウエリントンでの開催だけに絶対に負けられない。

今年は最大のライバルのフィジーの主力が居なくなりNZの地元優勝の可能性が高くなったが
昨年度の優勝国サモアが今年も好調を維持している感じだった、そのサモアとは同じPoolで
その時は勝ちはしたもの、ちょっと流れが変わればやられるのでは?と言う感じもした。
7s
そのサモアは準々決勝、準決勝は同じパシフィックのチームと対戦していずれも接戦
準決勝の対戦相手トンガがサウスアフリカに14-10で勝ち準決勝進出はサプライズもので
トンガがロスタイムで逆転トライか?と思わせたがサモアが辛うじてタッチに押し出し決勝へ。
一方のNZの準々決勝,準決勝は組み合わせに恵まれて余裕の決勝進出だった。
7s
決勝はNZがセットピースが安定せずそこからボールを奪われてトライをされたりする事が多く
かなり苦戦というかリードされてしまい見ていてイライラする展開でこれではやばいと思った。
しかし今年のNZはリードされていても落ち着いていてまずはカンタベリーのYates が同点トライ
そして残り時間僅かでサモアにボールを奪われたと思ったが幸いにもレフリーがペナルティーを
取ってくれてそこからオープンに展開し今大会前からかなり騒がれていた若手有望選手の
Victor Vitoにボールが渡りタックルを弾き飛ばしてサヨナラトライで見事地元優勝!

7s
Vitoは優勝を決めたトライの他に決勝でもう1つトライをしていたが,そのトライは1995年の
W杯ABs v ENGのジョナロムーが何人もなぎ倒して取ったトライと良く似ていて迫力満点で
実況,解説者もジョナ、ジョナと声をそろえて何度も言っていましたしまじで凄いトライだった。
7s
準々決勝-Samoa 19-17 Fiji 準決勝-Samoa 24-21 Tonga
準々決勝-New Zealand 40-5 Wales 準決勝-New Zealand 32-7 Australia
決勝-New Zealand  22-17 Samoa
Vito
Victor Vito 20歳,192cm,109kg,ポジションは3列で2006年にWellington Lions(6試合)
同年New Zealand Under19のキャプテン、2007年は肩の怪我でNZ Under21を逃す。 
抜群のスピードを持っているのでウイングに転向を薦められているが本人はまだFLを希望。
まだ若いしセブンスで活躍し大物選手になる例が多いNZの将来のスターは写真のVitoかも。

この週末はラグビーで忙しかった、シックスネーションズはウエールズがやってくれたし
Warren Gatlandやロビーディーンズの2人の若手名コーチを手放してでもヘンリーを選んだ
NZラグビー協会はこのサプライズをどう感じたか??
 Warren Gatland率いるウエールズが
今後も楽しみになってきた、書けたら週末のシックスネーションズの記事もそのうちに・・・
実は週末Taupoまで遠征してチーフス v ハリケーンズを観戦して来ました。
地方でのプレシーズンマッチでしたがスクールホリデー中でもあるし沢山の人が来てました。
Taupo
両チーム共好きなチームだし何と言ってもジェイソンイートンの生髭(写真)が見れたのは
最高に嬉しかった??
(笑) ファンサービスが物凄く行き届いているチーフスならではの
大サービスで試合後にはチーフスだけでなくハリケーンズのチームとも交流が出来るように
配慮をしたチーフス関係者がファンを大事にするチームだなと感心させられる日でした。
Eton
写真は大抵のメンバーが写っているはずなので誰か希望があれば言ってください(笑)
例、ハリケーンズ-ジェリー、コンラッド、ウィプーetc、チーフス-ドナルド、メッサム、etc

それでは 次回は上記の観戦記かチーム分析ハリケーンズ編です。
お楽しみじゃないかもしれないですが、お楽しみに。 
C U

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中、クリック宜しくお願いします。


関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : スーパー14 Rugby オールブラックス ニュージーランド ラグビー AllBlacks ラグビーワールドカップ Super14

ブルーズ、レッズに接戦&ノヌー明日の試合欠場

チーム分析は一休みで昨日行われたブルーズ v レッズは試合終了間際にジョージピシの
逆転トライで辛くも勝利しておりますが、昨年1年限りで消滅した(金銭面で)オーストラリアの
国内選手権で既に新ルールで経験しているオージー達を相手にまだなれてないブルーズが
何とか勝ったという感じでしょうか? それともレッズが強くなったのか??

Blues 25
(G Pisi, I Nacewa, D Smith tries; N Evans con, pen; Nacewa pen; L Munro con)
Reds 19
(D Croft, B Va'aulu tries; penalty try; B Barnes con, B Lucas con).

先日言っていたブルーズの先発メンバーの予想( 赤文字が代表キャップ保持者)
1.Tony Woodcock,
2.Keven Mealamu.
3.John Afoa.
4.Anthony Boric.
5.Troy Flavell
6.Justin Collins.(Jerome Kaino)
7.Daniel Braid (Onosa'i Tololima-Auva'a)
8.Jerome Kaino.(Nick Williams)
9.Chris Smylie.(Taniela Moa)
10.Nick Evans,
11.Rudi Wulf,
12.Isaia Toeava,  
13.Anthony Tuitavake
14.Josevata Rokocoko.
15.Isa Nacewa
Re;
Tom McCartney, Bronson Murray, Bryn Evans/Kurtis Haiu,Onosa'i Tololima-Auva'a
Taniela Moa, Benson Stanley/Ben Atiga, David Smith.

希望も含まれてますが大体こんな感じになるのではないかと思ってます。
トエアヴァを13番で使うと是非ABsに入れたいトゥイタヴァキが使えなくなるので
センターコンビを一緒に組ませればルーク、サムの2人が抜けた12番の穴も
トエアヴァが入ることで解消されますし昨年のスーパー14セミファイナルでも先発で
難なくこなしていた所かかなり活躍してたし問題ないかと思います、トゥイタヴァキ12番
トエアヴァ13番の強さとスピードを兼ねたのセンタ陣は相手に恐怖でしょう。


Benson Stanleyはユーティリティープレイヤーですサムトゥイトゥポーを思わせる
弾丸タックルをするだけでなくセンスも良いものを持っているのでセンター陣の
レギュラー争いに喰い込める事が出来るか?是非注目して欲しい選手です。


ウイングもディビットスミスかウルフか迷う、どっちを使っても活躍してくれると思いますが
先日のトライアルを見てたらウルフが良い仕上がりが良いのとハイボールの処理に少し
不安があるスミスよりそれに強いと思われるウルフを使うべきかも知れません。

でもスミスの爆発力あるランニングと必ずボールを生かすオフロードスキルも使いたい。

自分の希望では昨年のAir NZ Cupでイサが10番としてかなり活躍しているのを見てるので
これでブルーズの10番も任せれる(昨年のスーパー14の時点では任せれないかと・・・)と
思たのでエヴァンスのカウンタースキルを最大に生かすのは15番かと思うしこの二人の
ポジションはいつ逆になっても心配入らないくらいだと思います。

イサは15番をやることはスペースが多いところでもらえるので嬉しいとの事です。

心配なのは自分が一番買っている7番のDaniel Braid、昨シーズン後肩の手術をして
開幕に間に合うかは微妙
、もしその場合2006年U21のOnosa'i Tololima-Auva'aが
代役を務めることになりますが何とかやってくれるでしょう。

明日のチーフスとハリケーンズのプレシーズンマッチですがケーンズのノヌーが怪我で欠場しかし髭の凄いジェイソンイートンは順調で復帰戦になるようで楽しみです。

一方チーフスのTasesa Laveaは先日の怪我で靱帯を負傷していた事が解り今期絶望。

怪我がつき物のスポーツですが選手の皆さんが無事にシーズンを過ごせる事を祈ってます。
7s

今日から二日間に渡ってウエリントン7sです!!毎年何万もの人達がコスプレで
スタジアムに訪れ酒によって踊ったり(乱れるとも言うかな?)と楽しそ~~
今年はモラルに反するような過激なコスプレには厳しいそうです。酒は飲んでも飲まれるな。
過激なのをどうしてもごらんになりたい方は(こちらをクリック)これはOKだったのかな? 
確か昨年もこの格好の人が居た気がするけど昨年の画像かな?

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中、クリック宜しくお願いします。
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : Rugby オールブラックス ニュージーランド ラグビー NewZealand AllBlacks Super14

プロフィール

ラグオ

Author:ラグオ
ラグビーが大好きでラグビー王国ニュージーランドへ。現地のクラブでプレーしニュージーランドラグビーに虜に。それ以来ラグビーシーズンに合わせて日本とNZを何度も行き来して今ではNZに永住。NZラグビー最高です!だからここに来たしこれからも。
趣味は料理、ベイキング、写真など・・・致命傷の怪我でラグビーがやれなくなってからベイキングを始め今では一番の趣味かも。試食したい方はどうぞ(笑)
近い将来再びグラウンドに立てるまでリハビリがてらブログを書いています。心身共に調子が良くないので時々弱気な発言があるかと思いますが許してください。
ラグビー大好きなら大満足出来るそんなラグビー王国から呟いています。ラグビーについて色々語りましょう。

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリー
ブログランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ
↑ランキングに参加中
↓クリックお願い致します


ラグビー ブログランキングへ
RSSフィード
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

オールブラックス ニュージーランド Rugby ラグビー AllBlacks NewZealand Super14 ラグビーワールドカップ スーパー14 ワラビーズ スプリングボクス ブルーズ クルセーダーズ スーパーラグビー Zealand New NZ チーフス ジュニアオールブラックス Blacks All Springboks カンタベリー オークランド ウエールズ ハカ Air Cup アイルランド イングランド ホックスベイ カナダ ジェリーコリンズ フランス サモア Wallabies AirNZCup ダンカーター スコットランド ウエリントン ダグハウレット タナウマガ ハリケーンズ 日本 ストーマーズ ハイランダーズ セブンス ABs Auckland ワイカト タラナキ トップリーグ ハイネケンカップ ブルズ トンガ Australia イタリア Canterbury トライネーションズ Nations SouthAfrica ワラタス SBW ボクシング マオリ サウスアフリカ マンスター ノヌー モセトゥイアリイ Pacific ANZC ブランビーズ ロビーディーンズ スパーラグビー ベッカム キウイ ルークマカリスター AirNewZealandCup シャークス ラグビーチャンネル マフィン ジュニア イーデンパーク ランフリーシールド Premiership England シオネラウアキ オーストラリア ダニーデン トライ ワールドカップ エアニュージーランドカップ ブリディズローカップ ジョニーウィルキンソン トニーブラウン ラグビートニーブラウン ハミルトン スクラム ジャスティンマーシャル オールブラッククス 日本代表 クリスジャック ネットボール 箕内 クリスジャク リコギア リコ・ギア パシフィックネーションズ apan フィジー シオネラウア キースロビンソン リッチーマコウ アリウイリアムズ 海外ラグビー スパー14 Blues ニックエヴァンス サニックス Wellington グレックサマヴィル NZマオリ ダン・カーター サウスランド Waikato W杯 Scotland Ranfurly PACIFIC Shield Six Tonga Supre14 ウェールズ アルゼンチン ロールケーキ デザート サニービルウイリアムズ コスプレ ホワイトロック ドナルド カフイ チョコレート 癒し チータース ライオンズ フォース レッズ バレンタインデー ケーキ ベイキング Otago NorthHarbour シックスネーションズ ジェイソンイートン Super14 ジェーソンイートン クライストチャーチ クラシックオールブラックス Newzealand ABs ジョナロムー シドニー サッカー 派閥 ルーベンソーン ヤマハ アーロンメイジャー ヘンリー 日本代表J AB JonahLomu Jonah Japan Jrオールブラックス Junior Lomu KapaOPango ISLANDERS Guinness Argentina AllBlacksスーパー14 BLUES Bluse France Fiji 妊娠 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。