スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

確定?しているオールブラックスの新顔


今日はスーパー14のファイナル、そして明日の朝10時(NZ Time)にオールブラックスのメンバー発表があり、ラグビーチャンネルで発表の生放送もあり、自分が選ばれる訳ではないのに何故かドキドキする(笑)

昨年の発表では、私が一押しのブレンダンレナードが見事選ばれた。(こちらこちら

以前の記事でも書きましたが(こちら)オールブラックスのトレーニングスコット25名が発表され、先日3日間のトレーニングを行いました。今日のファイナルに残っているクルセーダーズのメンバーはチームでのトレーニングがあるので入ってませんが、その他のチームはここに残って居ないと、明日の発表には入らないということになり、ここに選ばれなかったクリスマソエ、ウィップー、ニックエヴァンス等選ばれてもおかしくない(ウィップーは?だが)選手に対して、ヘッドコーチのヘンリー氏は直接電話なりで話すのではなく、ボイスメッセージでスコッド落ちしたことを伝えた事が落とされた選手がメディアに話した事により、かなり話題になっているニュージーランド。

確かに今まで長い期間一緒(W杯も含む)に戦ってきた選手に対して、選考から漏れた事を話すのは難しい事(ヘンリーの言い訳として挙がっていた)だと思いますが、気まずいのは解るけどそういう大事な事を含めてやるのが、コーチとしての仕事でもあると思う、落とされた選手側のがっかり度は相当なものだったみたいで、メディアでも騒がしくなってます。

この知らせにかなりご立腹だったマソエは直ぐに海外移籍に行く可能性が高くなりましたが、まだ様子を見ている感じでしょうか。ウィップーは今年一杯はNZでやる予定ですが来期はリーグに移籍かな?
エヴァンスに関しては、既に長期で移籍発表しているしいくら今年までの契約とは言え将来を考えると、個人的な意見ですが選ぶべきではないと思っていましたが、メディアでも選ばれるだろうと言われていたし、ボイスメッセージで聞かされたのにはがっかりでしょう、ラジオのインタビューでもそのがっかり度はかなりのものに感じました。これでエヴァンスは前にも言っていたように、場合によっては契約を早く解除できる事を契約のオプションに入れていたので、Air NZ Cupでのプレイはせず直ぐに移籍先のチームに合流する事になりました。

エヴァンスを落とした理由として、他の選手の方が(ドナルド、ブレットの事かな)良かったと言っているヘンリーが言ってましたが、それはちょっと違うのでは?と言いたくなりますが、それに加えてワインスミスが移籍するので・・・とも付け加えていたのが正直な意見でしょう。

そこで選ばれている事が確定のような感じの新顔の選手の名前が上がっているなど、既にセレクターの中ではファイナルを控えて決定している感じが話し振りを見て思いました。
ABs-T
(小さい写真ですが右からドナルド、コンラッドスミス、トゥイタヴァキ、一番左がウルフかな)
その中で近年かなり良いパフォーマンスでいながら、なかなか選ばれなかった、ブルーズのユーティリティープレイヤーのアントニートゥイタヴァキをウイングは勿論センターで使うことも充分あると、もう選びますと言わんばかりのBKコーチのワインスミスの発言。
そのスミス氏はノヌーをここ近年ではあまり無かった誉めようが印象的で選ばれるのは確実かも。
(下の写真は右からジョンアフォア、オークランドのアシスタントコーチ、ダニエルブライド、ノヌー、BKコーチのワインスミスかな?)
ABs-T
その他は誰だったかな・・・? いずれにしろ明日が楽しみです。

ちょっと頑張ってトレーニングを観に行ってきましたが、BKでは、ムリアイナ、ブレンダンレナード、カフイ、FWでは、トニーウッドコック、ニーミアティアラタ、ロドニーソーイアロと怪我人が多いのが気になりましたが、怪我をしてもこのトレーニングに入っている選手は確実に今回は選ばれなくても年末スコッドに入るのかなと思ってます。(もちろん大物は確定でしょうが)
ABs-T-s
怪我人の中で私の一押しブレンダンレナードの膝の具合はかなり悪そうで、見学組みに入っていましたが普通に歩くのもかなり痛そうで、来週から始まるアイルランド、イングランドとの3戦には、カウワンが選ばれると予想してますが、その後状態がよければブレンダンかなと思います。
ABs-T
(写真は、左の黄色いジャージからでオークランド出身で今季ハイランダーズのメンバーには選ばれてないダニエルボーデン、下を向いて顔が見えませんがアダムトンソン、青がポールウイリアムズ、子供にサインをしている黒色のシャージがケビンオニールと新顔組み)
ムリアイナの膝と足首の状態もシャークスの試合を見て酷そうに感じたので、復帰はトライネーションズからかなと見てますが、そうなると個人的に今季の注目選手のポールウイリアムスが最初だけ入るかも?
ABs-T
(写真で黒いのに座っているので、黄色いジャージがトムドネリー、ケビンオニールに少し隠れているのがカウワン、その隣の青がカイノ)後ろにムリアイナ、ラウアキ、ティアラタ)
ソーイアロの怪我も気になるところで、もし彼が間に合わないなら、カイノがNo8に入ったり、今季の注目株でもあるセブンス出身のアダムトンソンの走力とスキルの高さは新ルールにはかなり面白かなと思います。

新ルールの導入によりパワー系より、すばやく動けるしなやかさとスキルそれに走力が求められるので、カイノ、トンソン、ダニエルブライドをマソエ(スーパー14では良かったと思うけど)、コリンズを選ばなかった理由かと思ってます。

トレーニングはまだ確定のABsでないので各チームのウエアーを着てやっていましたが、来週からはABsのギアが支給されそれを着てやるでしょう。特に新人は各チームで固まっているのが印象的で、ベテラン組みはそうでも無かったです。 比較的リラックスして基本的なトレーニングをやってましたね。

それでは、今回も頑張りました(笑)
スポンサーサイト
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

スーパー14 ファイナル プレビュー

いよいよファイナルです!! その前に先週のセミファイナルのレビューを少し?書きます。

まずクルセーダーズvsハリケーンズですが、新人ザックギルフォードの力のあるキックから自分で追いかけて、余裕をぶっこいていたダンカーターもびっくりしていた見事なチャージで先制トライで最高な立ち上がり。
これで試合は面白くなる予感と思っていた直後のキックオフ、ソーイアロの欠場で今季初のNo8に入ったクリスマソエがボールを確保できず・・・おそらくマソエを狙って蹴っただろうと思われますが、トライを取って勢いに乗りたかっただけにかなり痛いミスに見えたのは私だけではないでしょう。

このキックオフが全てと言っても良いくらい、その後クルセーダーズに特に地域、そしてボール支配率でもかなりクルセーダーズが有利に戦う事になった気がします、負けられない試合で折角の先制点を簡単にひっくり返されては・・・ましてや前週ハイランダーズに完敗しているクルセーダーズはモチベーションが高かっただろうし、ケーンズのミスががクルセーダーズを乗せてしまった。

その後もマソエが狙われていたような気もするしNo8はキックに備えて下がる事があるので、昨年代表でNo8を久しぶりにやってあまり良くなかったマソエには荷が重すぎたかもしれません、プレビューでソーイアロの穴は仕事率の多さと書きましたが、キック処理の事を忘れていました。ソーイアロの欠場はキック攻撃がリーグ戦より多くなるプレーオフではかなり痛かった。

マソエだけではなくクルセーダーズのキックに対してケーンズはボールをしっかりキープ出来なかった、それだけクルセーダーズがしっかりとキックチェイスをしてプレッシャーに行っていましたが、逆にケーンズが蹴った時はキックも平凡だったけど、しっかりとプレッシャーに行ってない気がした、格上相手にこれでは勝ち目がないでしょう。

それにプラスしてタックルは全体的に身体をぶつけず手で行ってFWがBKに弾かれる事が何度もありマクドナルドに2トライを取られた他に、小さいウイングのポキにもFW2人が手でタックルに行き弾かれて大きくゲインされてたし、ディフェンスが全然出来ていなかった。

完全に試合をコントロールしたクルセーダーズはノヌーの突進も大一番に抜擢された12番のティムベイトマンを含めFWでも下にタックルに行って確実に止めていたのは凄かった。
ケーンズは最後のほうにコンラッドスミスがブレイクしたりして見せ場を作ったけど後の祭り、最後のジェリーコリンズのコンバージョンは予想通りNZ去りますのサインで週末は騒がした。
しかし途中出場のスティーヴンブレットはキックチャージーをされてトライされるしオールブラックス入りが確実と言われていて、ディフェンスで駄目だしされるしトライもプレゼントするわで選ばれないかも。


第2試合はワラタスvsシャークスでしたが、長期出場停止処分をくらっていたタイオネをいきなり先発で使っていたのにはメンバー発表の時にびっくりしたが、実戦不足を丸出し・・・練習ではプレッシャーが実戦とは違うので上手くやれるように見えたのか、ワラタスの3列にパワーで負けないようにタイオネを抜擢したのか知りませんが、リーグ戦終盤にようやく良い感じになり最後の2試合はかなりの勢いだったのは言うまでも無い。

その勢いのまま同じメンバーでやるのが良いと思うのですが、何故か調子の良かったベテランAJフェンターを先発だけでなくベンチからも外していたのが言葉にならなかったし、確か今年で最後のフェンターのモチベーションはかなり高かったと思うので、前週の試合を見てもそうですがこの試合でもやってくれたかと。タイオネのミスは多かったけど、いきなり使われた彼にも気の毒??だったし、彼のミスに見えながら他の人がミスに関わっていたりもしてたし、やっぱり気の毒だった。

試合はワラタスに勢いがあった(勢いを与えたとも言うのかな?)し、シャークスは得意のはずのラインアウトもアウェーでサインを言う時に邪魔をされてしっかり聞き取れてなかった気がするし、ラインアウトがかなり取られていたのが勝敗にかなり関わっていた気がします。もちろんヴィッカーマンが凄かったのもありますが、あんなに酷いシャークスのラインアウトは初めて見たかも。

シャークスは普段どうりスクラムからNo8カンコウスキーを走らせるべきだっったかと・・・この試合では裏をかいてやったのか知りませんが、おとり役??でハーフへのパスをインターセプトされてトライされてるし慣れない事をやったまでに・・・チーフス戦で見せた超攻撃型のラグビーまでとは言いませんが、攻撃も出来ることを証明したし、なにより最大の強みであるカンコウスキーのスピードを活かさないと勿体無い。

それにしてもワラタスのディフェンスは良いですね~~あとはキャプテンのフィルウォーが熱いです!!大きな声で言えませんが(何度か言ってますね)大ファンなので、活躍すると思わずウォーと言ってしまいます(すいません)。

気付きましたか?しゃれじゃなくて、トゥキリのトライのきっかけにもなった、ラインアウトからシャークスがオーバスローしたのかな、それをフィルウォーが素晴らしい反応でボールを蹴ってチャンスを掴んだシーンでハムストリングを痛めたのを? あの時着地でピッリと痛かったんだと思いますが、妙な跳ね方をしたので多分ハムストリングを怪我したなと解りました(笑)でもその後も出てたので大丈夫かなと心配していたら、後半少し余裕が出てきたときに交代していてやっぱり痛めたなと、それが解った自分にウォーと思いました。(すいません×2)

ワラタスのディフェンスの出足が良いのに、シャークスは結構フラットでボールを貰うシーンがあったように思いましたが、あれではハンドリングエラーが増えてしまうのでは?と思っていました。どちらにしろワラタスが勝っていたかもしれませんが、シャークスがしっかりしたラグビーをしていれば、ワラタスの10番ビールの毎回入らないゴールキックがあるので(この試合は記録的だったとか??)チャンスはあったとかと思われるだけに残念な試合でした。

個人的にミスが少なく点差も少ない良いラグビーが見たいので、このセミファイナルはちょっとがっかりもしたかもしれません、でもクルセーダーズは流石です、思い切りブレットを外したり、そしてしっかりチームを立て直してくるロビーディーンズ氏は流石です。ブルーズのヌシフォラ氏は途中から国へ帰ることばかりで、日本に移籍するキャプテンのフラヴェルと同じくモチベーションを見事に下げてくれましたから・・・

レビューを少し?と書いていて、いつものように沢山書いてしまいました(笑)
やっぱりラグビーが大好きなんでしょうかね? どう思いますか?


さて本題のファイナルのプレビューは本題ですが短めに(笑) まずは両チームのメンバーから。
Crusaders;
15.Leon MacDonald, 14.Kade Poki, 13.Casey Laulala, 12.Tim Bateman,
11.Scott Hamilton, 10.Daniel Carter, 9.Andy Ellis,
8.Mose Tuiali'i, 7.Richie McCaw (captain), 6.Kieran Read, 5.Ali Williams, 4.Brad Thorn,
3.Greg Somerville, 2.Ti'i Paulo, 1.Wyatt Crockett.
Reserves:
Steve Fualau, Ben Franks, Reuben Thorne, Nasi Manu,
Kahn Fotua li'i, Stephen Brett, Sean Maitland.

WARATAHS:
15.Sam Norton-Knight, 14.Lachie Turner, 13.Rob Horne, 12.Tom Carter,
11.Lote Tuqiri, 10.Kurtley Beale, 9.Luke Burgess,
8.Wycliff Palu, 7.Phil Waugh (captain), 6.Rocky Elsom,
5.Dan Vickerman, 4.Dean Mumm,

3.Al Baxter, 2.Tatafu Polota-Nau, 1.Benn Robinson.
Reserves:
Adam Freier, Matt Dunning, Will Caldwell, Beau Robinson,
Brett Sheehan, Matt Carraro, Timana Tahu.

両チームフッカーに怪我人が出てワラタスはAdam Freierが何とか大丈夫なのか先発ではありませんがベンチ入りはしてますね、一方のクルセーダーズの方はトライをするといつもやる、あまり格好良くない「チキンダンス」(ちなみに今日はチキンを丸ごとボイルして特性の手作りタレで美味しく頂きました、料理は得意?です(笑)をするコリーフリンがセミファイナルで毬栗頭のごついウイングにタックル行ったときに腕をへし折られファイナルは欠場となりました。(HG要らん事をして)その代わりにリザーブフッカーのティーパウロが先発しますが、昨年より身体も大きくなりパワーアップして代役を任せても安心できそうです(何気に注目かも)

両チームともに選手から1人ずつの変更です、ワラタスはリザーブに入る予定で今季でウエールズに移籍してしまうディヴィットライアンズが結局駄目になり残念です。もう1人大事な大事なキャプテンのフィルウォーが先週痛めたハムストリングに痛みが出たようで今日の練習は・・・とニュージーランドで騒がしくニュースになってましたが、彼が居ないとかなりきついので心配です。

クルセーダーズは今季で去る大物選手2人と超大物コーチが約一名去るので、チームのモチベーションがファイナルなので高いのは当たり前ですが、それ以上の何かを感じる雰囲気をかもし出しているのが、ディーンズ氏やルーベンソーンのインタビューには長年カンタベリーに関わってきた思い入れを感じずにはいられません。 かなり良い雰囲気だと思います。残念ながらラルフはスタンドで観戦ですが、こればかりは仕方がありません、ラルフお疲れ様でした、日本でも活躍してください。

注目選手やキーになるのでは?と思う選手は太字や色文字で書いてあります。
あえて言うなら、クルセーダーズは、①ワラタスの12番トムカーターがサイズもあってかなり良いので先週同様に対面のティムベイトマンがしっかり対応できるか?
②2番ティパウロのラインアウトのスローイングはどうか?→③ラインアウトがしっかり確保できるか?  ④パワフルな相手が対面だといつもいまいちな印象があるNo8モセトゥイアリイがどうか? 
⑤今季ABs6番に期待がかかるキランリードがこの試合でも良い仕事をするか? 
⑥ラウララがしっかり組織で動いてディフェンスできるか? ⑦リッチーに反則が多くないか?(笑) 

ワラタスで言うなら
①フィルウォーの怪我の具合は?→ブレイクダウンが互角に戦えるか?
②パールーが先週のようなディフェンスが出来るか? & 先週いまいちに見えた攻撃は、いつものようにパワフル全快でいけるか?
③クルセーダーズのラインアウトを奪えるか? ④2番のラインアウトのスローイングはどうか?
⑤スクラムは押されずに組めるか? ⑥10番ビールのディフェンスとゴールキックはどうか?
⑦13番の18歳がラウララをしっかり止めれるか? ⑧キック攻撃で15番がしっかり対応できるか?
⑨9、11番が目立つ事があると面白いかも? & ダニングもかな?
⑩噂されている事で、接戦時にダニングのドロップゴールは入るか?

これくらいでしょうか?両チームともチームを去る人が多くモチベーションの高い試合になりそうで、激しい試合を期待しています。ワラタスのコーチのマッケンジー氏は勝てば一度解雇を言い渡されたのを取り消されるとか??(なんのこっちゃ)、解雇なら来年はディーンズ氏の跡を継ぎクルセーダーズのコーチへの噂がNZでもお隣の豪州でも言われています。

個人的にクルセーダーズは好きではありませんが、ニュースを見ててディーンズ氏がどれほど愛されているかとか、あの地味なルーベンソーンがインタビューで話す姿を見ると(ディーンズ氏のインタビューも)クルセーダーズに勝って欲しいなと思います。
予想は15点差くらいで
Crusaders
が勝ち。

そして月曜日にはディーンズ氏はワラビーズのメンバーを発表だそうですが、何も考えてないそうです(笑)

それでは、明日は良い試合を楽しみましょう。
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : クルセーダーズ ワラタス Rugby ニュージーランド ラグビー AllBlacks NewZealand Super14 スーパー14

オールブラックス26人予想

前回の記事でも書いたトレーニングスコッドの選手が集まりニュースで新顔組と復帰組の選手をニュースで話題にしていましたが、ブルーズのカイノとチーフスのカフイの笑顔が印象的でした。


トレーニングスコッドにクルセーダーズの入りそうな選手(カッコしてある人)を私が個人的に勝手に加え、そこから26名(太字がそうです)に絞ってみました。

PR
ジョンアフォア,トニーウッドコック,(グレックサマヴィル(ワイアットクロケット)ニーミアティアラタ,ジョンシュワルガー,
HO
アンドリューホア,ケヴィンメララム(コリーフリン)←セミファイナルで骨折で3ヶ月はアウト
LO
(アリウイリアムズ),(ブラッドソーン),ケヴィンオニールトムドネリー,アントニーボリック,
6番
キランリード),ジェロームカイノ,アダムトンソン,
7番
(リッチーマコウ),ダニエルブライド
8番
ロドニーソーイアロ,シオネラウアキ
9番
(アンディーエリス),ブレンダンレナードジミーカウワン
10番
ダンカーター),スティーヴンドナルド,(スティーヴンブレット
12,13番
マアノヌー,コンラッドスミスリチャードカフイ,(ケイシーラウララ),
11,14番
シティヴィニシヴィヴァトゥー,アントニートゥイタヴァキ,ポールウイリアムズルディウルフ,(スコットハミルトン)
15番
ミルスムリアイナ,(レオンマクドナルド), 

スコッドに入ってもおかしくないだろうと思われる選手が青文字
私が今回個人的に入れたいと思う選手で一押しは赤文字のポールウイリアムズですが、ムリアイナ、マクドナルドの大物選手が居るし厳しいかなと・・・もしムリアイナが13番で使う見込みなら入れる可能性もあるかな??でもまだ早いと言われそうですね。。。

下線が引いてあるグレックサマヴィル、ダンカーターの移籍が予想される選手が現在どのようになっているかはっきりしてない(してるけど公表されていないだけかも?)と言うことで、仮に移籍するとなればエヴァンスの例と同じで選ばれないかと思うので、そうなると青文字のティアラタとブレットかな?

少し前まで評価が高かったスティーヴンブレットはディフェンスに難があり先日もメンバーを外されているし、テストレベルでディフェンスが出来ないと致命傷なので選ばれない方に予想しました。
今回トレーニングスコッドに入っているドナルドの事をヘンリー氏は「次のステップはテストマッチで・・・」と言っている事から早くて6月からのテストシリーズでもしかしたら年末からかも知れません。ディフェンスが良いですし大物が抜けて手薄な12番との声も多いです。

クルセーダーズで今季大活躍しているケイシーラウララも普通なら選ばれるでしょうが、2年前も選ばれて期待を裏切っているし、ヘンリー氏はもう選ばない気がします・・・将来性を見てカフイを入れてみましたが今季も怪我が多くて何度か離脱してたので、その怪我がネックで年末の遠征でカフイを入れて今回はラウララかもしれません。


あと迷うのは手薄になったロックの3人目の選手、ヘンリー氏が3人のノンキャップ選手をトレーニングスコッドに呼んでいるのが印象的。

ちなみに一番左側の選手が個人的に予想(スーパー14の活躍ぶりを見て)している先発メンバー(2つのポジションのところは二人目まで)

気になるブルーズのジョーロコですが、思ったより早めに復帰が出来そうで、もしかしたらトライネーションズの途中から入ってくるかもしれません、でもウイングは良い選手が多いので焦らなくても良いです(笑)

今朝のヘンリー氏の話では、ジェリーコリンズは今回の件があるないに関わらず、26人には考えて無かったそうです、それは他の選手の方がジェリーより上回っていたと判断(ブルーズ戦とセミファイナルの試合を見ても)ジェリーと2週間前に話してそれを伝えジェリーも認めていたとの事です。



続きを読む

関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : Rugby ラグビー AllBlacks NewZealand Super14 スーパー14 オールブラックス

オールブラックスのトレーニング開始

いつもスポーツトークラジオを聞いていますが、朝一の時間帯では選手やコーチが電話で登場して、かなり突っ込んだ話をコメンテーターと話す事が多く、今朝はオールブラックスのヘッドコーチのグラハムヘンリー氏が登場して、かなりオープンに話をしていたのが印象的だった。

そこで3日間行われるトレーニングキャンプのメンバーを公表、今までのメンバーに入れなかった大物どころが何人かいて、ブルーズでは、イサイアトエアヴァと移籍を決意したニックエヴァンス、ハリケーンズではクリスマソエ、ピリウィップー、ジェイソンイートン、そして昨日ニュージーランドラグビー界から引退を表明したジェリーコリンズの名前は入ってませんでした。(クルセーダーズの選手はキャンプに含まれてません)

新顔
ブルーズアントニートゥイタヴァキ、アントニーボリック、ルディウルフ
チーフスリチャードカフイ、スティーヴンドナルド、ケヴィンオニール
ハイランダーズポールウイリアムズアダムトンソン、トムドネリー

トレーニングメンバー
PR 
ジョンアフォア、トニーウッドコック、ニーミアティアラタ、ジョンシュワルガー
HO
アンドリューホア、ケヴィンメララム
LO
アントニーボリック、ケヴィンオニール、トムドネリー
FL
ジェロームカイノ(6,8)ダニエルブライド(7)、アダムトンソン(6)
No8
ロドニーソーイアロ、シオネラウアキ(6,8)

Halfback
ブレンダンレナード、ジミーカウワン
10番
スティーヴンドナルド
Wing
シティヴィニシヴィヴァトゥー、ルディウルフ、アントニートゥイタヴァキ(11,13,14)
12,13番
コンラッドスミス、リチャードカフイ、マアノヌー(11~14)
FB
ミルスムリアイナ(13)ポールウイリアムズ(11,14)

上記のメンバーからクルセーダーズの選手も入れて選考されファイナルが終わった次の日の朝に26名が発表されます。

クルセーダーズの中で新顔でABsに入れそうなのは、キランリードくらいかな?
不祥事を起こしたカウワンが呼ばれウィップーが呼ばれず、ウィプーは来年ラグビーリーグ行き決定か?
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : Rugby オールブラックス ニュージーランド ラグビー AllBlacks NewZealand Super14 スーパー14

ジェリーコリンズ引退!?

先日のスーパー14セミファイナルでクルセーダーズに負けたハリケーンズ
最後ジェリーがコンバージョンを蹴ったのにはやっぱり理由がありました。

試合後のインタビューでゲームキャプテンのアンドリューホアはジェリーが蹴ったコンバージョンについての質問には答えを濁してました、ジェリーがしつこいメディアに対して月曜日に・・・と言っていて、先ほどジェリーコリンズはニュージーランドラグビーからリタイヤする事を発表。

引退とい言ってもNZラグビー界から引退であり、本人が以前から望んでいたヨーロッパでのプレイは、まだ行き先は決まってないものの、この先多くのチームがオファーに来るでしょうし、噂されているBathかToulonでほぼ話が決まっているかもしれません。

ジェリーがNZラグビーから引退するのは、モチベーションの問題でしょうか、昨年のワールドカップで負けてからジェリーに限らず多くの選手が思っていることだと思います。

ダンカーターも今週のファイナルが終わったらおそらく移籍の発表があるでしょう、チームメイトのグレックサマヴィルも先日のラジオでヨーロッパへの移籍に対して笑ってごまかしていたし、試合後に発表でしょう。

ウエリントンで移籍選手はジェリーの他に先日書いたように、シャノンパク(フランス)、実力がありながらもオールブラックスの3列に囲まれて出場機会が少なくかなりご立腹だったNo8のトーマスウォルドムもチームを去るようです、あとはマアノヌーもABsに選ばれなかったらヨーロッパへ移籍する予定とノヌーの他にもブルーズの3列ダニエルブライド、ジェロームカイノがノヌーと同じ事を言っています。

今年も沢山の移籍者が出そうです、これもヘンリーが再任したのも影響があるかと思ってます。
j
Jerry Collins
Province: 47 games for Wellington
Super 14: 85 games for Hurricanes
Tests: 48 (3 as captain)

ジェリーは今後ウエリントンのクラブラグビーに少し出て、自身が申し出たバーバリアンズのメンバーに入りイングランドとアイルランドとの試合に出場する予定だそうです。

今週はセミのレビューとファイナルのプレビューそしてその後発表されるオールブラックスの26人の予想などを記事にしていきたいですが、出来るかどうか??  何とかやってみます。


関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

オールブラックス、トライアル第2弾 プレビュー

私のシーズン前の予想は、かなり願望も入れてNZチームでセミファイナル(クルセ、ケーンズ、ブルーズ、チーフス)←結構惜しかった?かも、チーフス失速したからな、ブルーズは取りこぼしがあったからな。。。

その中でチーム分析のところで、シャークスも充分ベスト4に入る力があると書きましたが、蓋を開けるとシャークスは負けないものの、昨年の勢いはないし、強さも感じなかったので
ベスト4入りはないなと途中で思って
いて、本当になくなりそうだなと思ってたら最後の2試合で爆発。

今日はセミファイナルのプレビューを自分勝手に書かせて貰います。

先週末のイーデンパークの試合は観客も久々3万を超えて38,000人くらい入ってたし、試合内容もセミファイナルが掛かっていただけにかなり白熱してました。
確か昨年からスーパー14の笛を吹くことになった、ニュージーランドレフリーBryce Lawrenceの判定がシーズン通して疑問視されていて、それがこの試合でも少なからず影響していた気がします。

Bryce Lawrenceがセミファイナルのワラタスvsシャークスも吹くそうですが、シャークスがブランビーズ戦で2人シンビンにされるなど納得がいかない判定があったことから、セミファイナルでBryce Lawrenceが担当でかなり不満のようです、その嫌がられている本人はレフリースタイルを変える事はしないと強くインタビューで語っていましたが、大一番のセミファイナルで選手をカードの力で縛り付けるような事は避けて欲しいと思います。
kai
ブルーズは何とか勝たせてもらいましたが、その中で印象に残ってるのは誰だろう? 
カイノ(写真)が力強さを見せてたかな・・・ イサナセワもノヌーのトライをギリギリでセーブして大きな仕事をした。 シーズン後半ようやく頼りにされていたロックのアントニーボリックがラインアウトも素晴らしかったし、ウィップーをぶっ飛ばしてのトライは良かった、もう一皮向ければ将来も見えてくるかも?? 
フラベルは日本に移籍を決めだした時期から(開幕前からかも)オーバーウエイト気味で気が抜けたプレイをするようになった感じもしたけど、最終戦では気合が入っていたようですね、試合後のインタビューではかなり興奮してたし、少し目が潤んでいた気がします。そういえばこの試合は、まだテレビでしっかりと見てなかった・・・
b-h
ハリケーンズは、復帰試合のジェリーコリンズがいきなり激しいプレイをして休み明けとは思えない動きでした、3列皆よく働いてますね。ちょっと気になるのがスクラムかも。。。
BKはウィップーがシーズン後半に調子を上げてきてたし、カイノのトライをインゴールに入ってから足をボールの下に入れてタッチダウンさせなかったのは素晴らしかった。
でも彼はやっぱりラグビーリーグの方へ行く気がしますね、ノヌーも今年オールブラックスに選ばれなかったら一緒に行くでしょうか? この2人はリーグからかなり誘われてるしウィップーの兄弟(ビリ)もリーグでやってるからか、ウィップーはかなり行く気満々か? 今季で契約が切れるので(ノヌーもかな??)注目です。

そのノヌーもかなり気合が入ってました、試合終了後にカイノが握手を求めてきても、いつものようにしっかりとハグをしなくて手をポンと叩いただけで、負けたのが相当悔しかったのが表情に凄く出ていたのが印象的でした,今週は爆発して欲しい。 
HG
ザックは毎試合かなり安定感のある動きをして怪我でかなり出遅れてもしっかりとレギュラー獲得してるのが凄いです。前回も書きましたが来年はブルーズからディビットスミスが加入してウイングが溢れそうですが、イケメンのシャノンパクがフランスに移籍を決めたのでホセアギア(写真)もホット一息でしょうか?(笑)ザックはレギュラーですからね。

土曜日のクルセーダーズvsハリケーンズのメンバー発表があったので以下をご覧ください。

CRUSADERS:
15 Leon MacDonald, 14 Kade Poki, 13 Casey Laulala, 12 Tim Bateman,
11 Scott Hamilton,10 Daniel Carter, 9 Andrew Ellis,
8 Mose Tuiali'i, 7 Richard McCaw (captain), 6 Kieran Read,
5 Ali Williams, 4 Brad Thorn,
3 Greg Somerville, 2 Corey Flynn, 1 Wyatt Crockett.
Reserves:
16 Ti'i Paulo, 17 Ben Franks, 18 Reuben Thorne, 19 Nasi Manu,
20 Kahn Fotuali'i, 21 Stephen Brett, 22 Sean Maitland.

先週ハイランダーズにまさかの敗戦をしたクルセーダーズですが、シーズンを通して若手をちょっと使いすぎているような・・・負けてなかったけど圧倒的な強さは感じられませんでしたが終盤に来て経験の無さが出てるかな??という気も・・・
前回も書きましたがクルセに勝つなら接戦ではなくしっかりと点差を保って試合する・・・これが当てはまるのもチーフス戦と同様にハイランダーズ戦も同じ事が言える内容かなと思いました。

ハイランダーズにまで負けてしまい、流石のディーンズ氏も焦ったのかメンバーを5人(先発メンバーの下線の選手)も変えてきてようやくベストメンバー??というところでしょうか。

シーズン途中で肩を脱臼したブレットのディフェンスが、ダンカーターの怪我で早めに復帰したのが影響してる気もしましたが、パワフルではNo1のノヌーを対面にディーンズ氏は本職のベイトマンを入れてきているのが面白いなと思いました。
今年のABsの12番の有力候補のブレットからすると今年からワラビーズのコーチになるディーンズ氏に認められずにプライドを傷つけられたか? これまた先発に復帰したラウララとのセンターコンビが鍵を握りそう。

ウイングには1ヵ月間放置されてきたスコットハミルトンをようやく戻していきなり先発メンバーに入れてきました。ハミルトンはその間クラブラグビーでかなりトライを取ったそうですが、ABsに復帰しても良いくらいの選手なのでこの大一番にベンチにも入れてもらえなかった悔しさがあるので、大一番では爆発の予感。

ハミルトンが入った代わりに大ベテランのラルフがベンチからも追い出されてしまいましたが、まだ荒削りの新人ウイングのうち1人(自分は先発のポキを下げるかな)を出した方が良かった気もします。 14番ポキのキック処理がかなり心配ですね。

FWはプロップに経験のある昨年のJrABsのクロケットを入れ、今季ABs入り間違いなしと睨んでいるリードを先発(6番)に戻して来ましたがルーベンソーンではもう力不足を感じてるので良い選択でしょう、ジェリーとは違ったタイプですがかなり面白い対面対決になりそうです。


HURRICANES:
15 Cory Jane,14 Hosea Gear, 13 Conrad Smith, 12 Ma'a Nonu,
11 Zac Guildford, 10 Willie Ripia, 9 Piri Weepu,
8 Rodney So'oialo (or Chris Masoe), 7 Masoe (or Scott Waldrom), 6 Jerry Collins,
5 Jason Eaton, 4 Jeremy Thrush,
3 Tim Fairbrother, 2 Andrew Hore, 1 John Schwalger.
Reserves:
16 Hikawera Elliot, 17 Neemia Tialata, 18 Craig Clarke, 19 Scott Waldrom (or Thomas Waldrom),
20 Alby Mathewson, 21 Jimmy Gopperth, 22 Tamati Ellison.

ケーンズは謹慎処分だったティアラタが復帰ですが先発に入れてませんが、ティアラタが入ってもクルセーダーズのスクラムは有利だと見てます。
もう1人は先週のブルーズ戦で風邪をこじらせたのかメンバーを外されていたコリージェーンが15番に復帰ですが、今季は昨年のような活躍がない気もするので大一番では活躍して欲しいです。

BKで不安なのは先週2トライをしている14番のホセアギアのキック処理でしょうか、負けたら終わりのセミファイナルではキックが多くなるだろうしダンカーターが狙ってくることは間違いないでしょうから、パクを入れるかと思っていましが、今季のギアへの待遇は良さそうです。

注目はクルセーダーズの新センターコンビに対するケーンズのキャップ保持者の組むパワフル+技もあるセンターコンビ対決はかなり見ごたえがありそう。
ノヌーは抜擢されたベイトマンをパワーで振り切れるか?先週も書きましたがあまりパワーに頼りすぎずにランとパワーを上手く織り交ぜれば何度かラインブレイクも出来る気がします。
クルセーダーズがノヌーに気を取られ過ぎると今季好調のコンラッドスミスのマークが手薄になるし、ケーンズのBKは一気にトライを取る可能性もあるかと見てます。

10番には本当にレギュラーを取ってしまったリピアのセンスのあるキッキングゲームが大一番でどれくらい通用するか注目してみたいと思います。
ウィップーは強気のリードは良いですが、ノヌー同様あまり熱くならないようにしないとゲームが台無しになるので要注意! 
控えのハーフバックは個人的にウィップーより買っているので、後半スタミナが切れかけた頃に投入して、スピードを生かしたランニングでクルセーダーズディフェンスを切り裂いて欲しいです。

FWは何と言っても3列が凄く魅力ですが、ブルーズ戦で肋骨を痛めてまだ出場出来るか決まっていないキャプテンのソーイアロが出れるかどうかが試合前の気になるところです。
仮に出れなくても8番にはマソエが入り7番にはジェリーが不在の時に大活躍していたスコットウォルドムが居るので、そんなに戦力ダウンは無いと見てますが、ソーイアロは口数は少ないですがキャプテンですし仕事量がマソエと比べるとかなり多いのでそこがマイナス要因でしょうか、7番に関してはウォルドムがベストでしょうが・・・

スポーツトークバックラジオではウォルドムが7番でと言う声がかなり多くて評論家以上にウォルドムを評価しているのが興味深いです、でもそれだけ凄い選手だと思います。

ジェリーコリンズが今日になにやら言っていましたが、これはご愛嬌というやつでしょうか、ジェリーが大暴れしてくれないとこの試合は盛り上がりませんから、リッチーファンには申し訳ありませんが、リッチーをぶっ飛ばして欲しいです(笑)

何気に注目しているのが新人のジェレミートラッシュですが、シーズン前のチーム分析でも書いたと思いますが、走力がありボールを持ったら一気に走りきれる走力があるのでトライを見せて欲しい、イートンも怪我から見事復帰して開幕から全部出てると思うのでこの試合で大暴れに期待。キックオフが昔から良くない気がするのでそれが気になるところか。


先週のオールブラックスのトライアルマッチ第一弾(ブルーズvsケーンズ)に続いて明日は第2弾、一番白熱しそうなポジションは昨年のW杯のスコッドを横取りされたウィップーが対面エリスを負かす所を見てみたいのは私だけではないでしょう。 
スミスvsラウララ、ジェリーvsリード、ソーイアロ(orマソエ)vsトゥイアリイ、マソエ(orウォルドム)vsリッチーマコウ、ホアvsフリン・・・書いていたら殆どのポジションになるのでこれくらいで。。。

とにかく楽しみな一戦ですが、まずはセットピースでケーンズが対等に戦えるか(特にスクラム)が問題でしょうか、その次にむちゃくちゃ白熱しそうなブレイクダウンは一番の見所か、そのあとで上記に書いたような事が面白くなると思います。

ホームでセミファイナルを迎えたNZチームは過去に一度も負けたことが無いそうですが、明日は初めてクルセーダーズが負けると予想します。

セミファイナルに残った4チームの力は対等な気がするので、どこが勝ってもおかしくないでしょう。調子が良くないクルセがしっかり立て直してくるかが注目ですが、今回は立て直せない気がしてます。

この大一番の試合なのに1万枚くらいチケットが残っていると言うラグビー王国と言えない数字でがっかり!スポーツトークバックラジオではクライストチャーチの人が天候が悪いのを気にして買わないとか言ってましたが、クルセファンなら雨でも雪(との予報もあり)でもチャーチに居たら応援い行くべきでしょう!!
決勝まで残るからその時で良いやと余裕をぶっこいてるとケーンズに負けて後悔するでしょう、いやケーンズが勝つので後悔決定です(笑)

ウエリントンやオークランドでセミファイナルがあったら完売かな?2003年の時にセミファイナルのチケット買うのに並んで大変だったよ、しかも1時間もしないうちに売り切れたのに、今ではオールブラックスのチケットも余る位だから仕方ないのかな?でも1万枚は酷すぎですよね? そう思うと先週のブルーズvsケーンズは良く入ったな。

ワラタスもかなり調子が良く、キャプテンのフィルウォーは試合を重ねるごとに調子を上げてきて今では毎試合目が逝っちゃってる程調子を取り戻している感じで、明日の100試合目の試合でも活躍するでしょう。

No8のパールーは私が思う一番恐ろしいNo8でシャークスのスピード抜群No8のカウンコウスキーとの対決が今から楽しみです。

ワラタスBKの9~12番がかなり調子が良くシャークスは手を焼くでしょう、4、9、10、12、14番は今季ワラビーズ入りかな?

シャークスはステインが復帰のようですが、良い選手なのは認めますが、まだまだ荒い印象があり冒険家なのか負けたら終わりの試合ではリスクの方が心配です、昨年の決勝のような事がないと良いですが・・・

10番に入ったピナールがかなり切れてるのでワラタスは手を焼くでしょうか、終盤に入りようやく調子を出したシャークスは2試合で12トライ?と勢いづいているので、この勢いはまだ続く気がするので、シャークスが勝つかなと予想してます。

先週のチーフス戦はボーナスポイントを取らないとセミファイナルに残れない状況だったので、展開ラグビーをしてくれました。明日はキック主体となると思いますが、もしリードされてもチーフス戦を見てると面白いラグビーが出来るチームなんだなと関心すると共にびっくりするくらいの攻めを見てしまったので明日は負けていても一気に逆転できる力と勢いがあるのでシャークスと見てます。


NSW WARATAHS:
15 Sam Norton-Knight, 14 Lachie Turner, 13 Rob Horne, 12 Tom Carter,
11 Lote Tuqiri, 10 Kurtley Beale, 9 Luke Burgess;
8 Wycliff Palu, 7 Phil Waugh (c), 6 Rocky Elsom,

5 Dan Vickerman, 4 Dean Mumm,
3 Al Baxter, 2 Adam Freier, 1 Benn Robinson.
Reserves:
16 Al Manning, 17 Matt Dunning, 18 Will Caldwell, 19 David Lyons, ←練習で怪我との情報です。
20 Brett Sheehan, 21 Matt Carraro, 22 Timana Tahu.

Sharks :
15. Stefan Terblanche 14. Odwa Ndungane 13. Adrian Jacobs 12. Francois Steyn
11. JP Pietersen 10. Ruan Pienaar 9. Rory Kockott
8. Ryan Kankowski 7. AJ Venter 6. Jacques Botes
5. Johann Muller ( Capt ) 4. Steven Sykes
3. Jannie du Plessis 2. Bismarck du Plessis 1. Tendai Mtawarira
Replacements
16. Craig Burden 17. Deon Carstens 18. Albert van den Berg 19. Jean Deysel
20. Epi Taione 21. Bradley Barritt 22. Waylon Murray

いづれにしてもセミファイナルは凄い試合になるでしょうね。ということで私の予想はケーンズvsシャークスのファイナル

今週はスーパー14セミファイナル、ハイネケンカップ決勝、ロンドンでセブンス、クラシックオールブラックスがプレミアシップ決勝行きを決めたレスターとの試合があるなど、かなり忙しい週末になりそうです。

最後におまけです。男性限定です(笑)

続きを読む

関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : Rugby オールブラックス ニュージーランド ラグビー AllBlacks NewZealand Super14 スーパー14

ルークマカリスター帰国!!

タイトルで何を想像しましたか?

ルークが思ったよりも早くニュージーランドラグビーに帰って来るかと思われたかも知れませんが、本当にルークは帰国しました。と言うのも先週末にはイングランドプレミアシップはセミファイナルに入り(ラグビーチャンネルで見てましたが良い試合でした)ルークのチームは良い位置に居たので残るかと思っていましたが、惜しくもベスト4入りはならず少し早くシーズンが終わったので今は一時帰国中なのです。c

そこで父親のチャールズ氏(写真)がヘッドコーチをしているマウントアルバート高校(昨年度のオークランドチャンピオンで全国大会ではギズボーン高校に決勝で敗れた)に顔を出して生徒と一緒に汗を流し、その後のインタビューも含めてニュースで放送されました。

そこでルークはイングランドではスーパー14と変わらないスキルの中でラグビーが出来た、しかし試合のスピードがスーパー14とはかなり違う、来月のテストマッチでNZに来るイングランド代表はスピードに対応できるとは思えないと語っており、’ちょっと怖い気もする’とまで言ってました。

ここからは良い話で、ルークがいつスーパー14に復帰するかの話題ですが、来年には帰って期待事を明かしており’今後8ヶ月後にどうなるかNZラグビーユニオンとは話をしていない’そうです。
え!? 8ヶ月後と言えばスーパー14の始まる直前ではありませんか・・・という事は来年復帰もあり?

でもプレミアシップのシーズンは今セミファイナルをやっているくらいなので5月下旬まであるので、来年スーパー14に復帰は無い気もします・・・ そちらにしろ来年には戻って来たいと言うことで一時帰国中に動きがあるでかも知れません。

ルークが早くNZに戻って来たい理由ですが、ブルーズ、オールブラックスが恋しい・・・
そして一番の理由は娘(Astyn)と離れて逢えないのが辛いそうです。
lu
(昨年ハミルトンで行われたカナダ戦)

何故か偶然にもよくルークに出くわしますが大抵娘さんを連れていて良いパパをしています、ニュースではラグビーボールを持った娘がルークに向かって走ってきてそれをルークが低い姿勢(当たり前か)でタックルしている場面が写されていて親子で楽しそうにしてました。

ルークは娘が居なかったら、果たしてNZラグビー界に復帰する気はあっただろうか?

関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : ルークマカリスター Rugby オールブラックス ニュージーランド ラグビー AllBlacks NewZealand Super14 スーパー14

スーパー14 明日の大大一番決戦 プレビュー

いよいよ今週末は最終ランドの14週目、セミファイナルを確実にしているのはクルセーダーズのみで、残りの3つの枠を5、6チームで争う形になると言う大混戦でリーグ戦が盛り上がるのは良いことである。
以下が現在最終ラウンド前の順位表(ポイントが同場合は、ポイントの右に掛かれている得失点差で決まる)
1 Crusaders 52P +205
2 Hurricanes 40P +10845~44p(勝)/43~42p(ドロー+BPor負けて2BP付)/負41~40pvs Blues
3 Waratahs  39P +6244~43p(勝)/42~41p(ドロー+BPor負けて2BP付)/負40~39pvs Reds
4 Stormers  37P +49 【42~41p(勝)/40~39p(ドロー+BPor負けて2BP付)/(負)38~37pvs Lions
5 Sharks    37P +40 【42~41p(勝ち)/40~39p(ドロー+BPor負けて2BP付)/(負)38~37p】 vs Chiefs
6 Blues    36P +8541~40p(勝)/39~38p(ドロー+BPor負けて2BP付)/(負)37~36p】 vs Hurricanes
7 Chiefs    34P +21 【39~38p(勝)/37~36p(ドロー+BPor負けて2BP付)/(負)35~34p】 vs Sharks

2位のハリケーンズは勝てばセミファイナル確定、引き分けでもOK、ホームセミをやるには勝たないと厳しいか??もし負けてもボーナスポイントを取れば最終ポイントが41、もし4トライ以上で7点差以内ならボーナスポイントがもう1つついて42でこれまた固いか。

そのストーマーズは先日チーフスに勝ったライオンズで敵地での試合ですがストーマーズが勝って4ポイントは固そうなので(下手すると5ポイントもあるか)41ポイント(42ポイント)でしょうか。

3位のワラタスは敵地でレッズですが先週クルセーダーズに勝ってもおかしくない試合でしたが、レッズが最後に慌ててしまったようで、試合巧者のクルセーダーズに見事逆転されました。チーフスがフォースに最後に逆転された試合とかなりダブります。両チームに言える事はリードしていて追い上げられると価値に慣れていないせいか焦ってしまい冷静にプレイできていない気がします。

そのワラタスは厳しい試合になるのではないでしょうか?レッズは退団する選手が結構居るので最後に何かやってくれそうな気がします、まだまだやれる7番クロフトが大暴れしてくれるでしょう、怪我から復帰のサムコーディーングリーも上手いし、BKは調子が良さそうだから勝てなくは無いでしょう。100試合目前のクリスレイサムは復帰試合の最初のタックルで怪我をして99試合でスーパーラグビーを終えることになるので可愛そうですね。 レイサムの分まで(おまけにチーフスとブルーズの為にも)レッズの選手やってください。

チーフスはフォース、ライオンズとまさかの2連敗でがっかりです、それまではかなり調子が良かったのに・・・10番ドナルドは、あんなに調子の波があるのは痛いです、オールブラックスにはまじできついかも・・・安定感が大事だからね代表は、シャークス戦で復活してくれよ。

その前にチーフスは怪我人が出まくってるから厳しいかな、シオネラウアキ、シヴィヴァトゥー、トムウィルス、ドナルド等は当日にならないと解らないとか?? 怪我のカフイとレッヅカードのベンメイ等は帰国、代わりに一押しブレンダンレナードが怪我が良くなって??合流、あとBK、FW1人つかな数人合流です。

さて本題に入りますが、明日の一発目からブルーズvsハリケーンズの大一番でいわゆる準々決勝と言ってもおかしくない、現在2位のケーンズが有利なのは確かだけど先週ボーナスポイントを取って勝っていればかなり有利になっていただろうに惜しかった。

ブルーズはケーンズに勝ってマックスの5ポイントを取って41ポイントにしてストーマーズが勝ってもボーナスポイント無しだったら、得失点差でブルーズが36点上回ってるので有利だからせみファイナル行きも夢ではない。でも、もしそれでケーンズがいけなくなるのは困るからブルーズがボーナスポイントの4トライ以上取って勝ち、ケーンズは負けるけど4トライ以上とって7点差以内に持ち込めば2ポイント追加で42ポイントで得失点差のアドバンテージがあるのでいけるかと。

試合はとにかく激しい試合になるでしょう、ケーンズはジェリーコリンズが怪我から復帰でいきなり先発ですが、絶好調のスコットウォルドロムをベンチに下げてまで使うのはちょっとびっくりしましたが、実績を買っていきなり先発にしたのでしょうか、ジェリーの出来がかなり左右されそうな予感。

このケーンズのオールブラックスがずらりと並ぶ3列にブルーズの3列が対抗できるか出来ないかで試合も大体解るでしょう、7番ダニエルブライドがブレイクダウンでマソエにパワー負けしないか注目、6番カイノもそろそろ大爆発してもらわないと困りますしABs復帰できるかもこの試合の出来で決まるかも。

一列も3列と同じで両チームキャップ保持者がずらりと並んでますし、ABsのセレクションと言っても良いでしょう!!特にケーンズのアンドリューホアはケヴィンメアラムからレギュラーを取れるかもこの試合にかかってると言っても良いですし2番対決は一番注目か!!個人的な意見ではホアが今年は上ですね。

BK対決もかなり面白そうで、個人的にはウイング対決の来年からケーンズ入りするブルーズのディヴィットスミスvsザックギルフォードの将来のABs有力候補の対面対決が楽しみです。

あとは13番トゥイタヴァキvsコンラッドスミスも興味深い、トゥイタヴァキがアピールできればABs入りも見えてくるか?でもここ4年間ヘンリーは選んでないからな・・・・ 

最後に12番対決もかなり楽しみ、ブルーズの新人らしくないベンソンスタンリーvsマアノヌーのハードタックルどうしの対決です、ノヌーはパワーでねじ伏せようとしたらスタンリーに倒されますよ、彼の必殺のタックルは素晴らしいですからね、ノヌーはランプレイも出来るので上手く組み合わせて行けれるようになればABsの12番も着れるのではないかと思ってます。昨年末のバーバリアンズvsスプリングボクスの試合で12番を着たノヌーは素晴らしかったから、あのプレイが出来ればレギュラーでしょう。

ブルーズはスクラムは良いとしてラインアウトと上手くキック攻撃が出来るかが鍵かなと思ってます、イサとエヴァンスが目立たないと4トライを取って勝つのは厳しいでしょう、ディヴィットスミスとトゥイタヴァキのトライが見たいです。

ケーンズは上背が無くキック処理に課題のあるブルーズのウインガー、ディヴィットスミスを狙うのも手かと思ってますが、ミスキックをしたらスミスの脚力で一気にトライを取られるので要注意ですけどね。

予想は願望かなりありで、ブルーズがボーナスポイントの4トライとって(ケーンズも)7点差以内で勝利  

チケットも既に30,000くらいは売れてるようですし明日は4万行くかな??楽しみです。
寒くなりましたが最終戦生観戦行ってきます(調子がかなり悪くなったら断念しますが・・・)

FRIDAY
Blues v Hurricanes, Auckland, 7.35pm

BLUES:
15 Nick Evans, 14 David Smith, 13 Anthony Tuitavake, 12 Benson Stanley, 11 Rudi Wulf,
10 Isa Nacewa, 9 Taniela Moa; 8 Nick Williams, 7 Daniel Braid, 6 Jerome Kaino,
5 Troy Flavell (c), 4 Anthony Boric, 3 John Afoa, 2 Keven Mealamu, 1 Tony Woodcock.
Reserves:
16 Nick White, 17 Bronson Murray, 18 Kurtis Haiu, 19 Justin Collins,
20 Danny Lee, 21 Isaia Toeava, 22 Ben Atiga.

HURRICANES:
15 Cory Jane, 14 Hosea Gear, 13 Conrad Smith, 12 Ma'a Nonu, 11 Zac Guildford,
10 Willie Ripia, 9 Piri Weepu; 8 Rodney So'oialo, 7 Chris Masoe, 6 Jerry Collins,
5 Jason Eaton, 4 Jeremy Thrush, 3 Tim Fairbrother, 2 Andrew Hore, 1 John Schwalger.
Reserves:
16 Hikawera Elliot, 17 Jacob Ellison, 18 Craig Clarke, 19 Scott Waldrom,
20 Alby Mathewson, 21 Jimmy Gopperth, 22 Tamati Ellison.


※ブルーズの青文字は移籍又は退団予定選手(太字は確定)
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : Rugby ニュージーランド オールブラックス ラグビー AllBlacks NewZealand Super14

2人のオールブラックスのこれから先の居場所

まず一人目はトロイフラヴェルですが、既に日本で移籍が決まっていると噂されてますが、今日ニュージーランドでフラヴェルがミツビシに移籍することを表明して本人もインタビューで話していました。
オールブラックス、NZマオリでプレイする事はないと断言していたところから、スーパー14後からチームに合流することになるんでしょうか。 尚トヨタのアストン?もミツビシに行く事を小耳にしましたが、日本では発表になっているんでしょうか? 

2人目は昨年ワールドカップにも出場したアントンオリヴァーがお金持ちクラブのトゥローンを去りオックスフォードで学問に励むそうです。 元ワラビーズのジョーロフもケンブリッジかオックスフォードに最近行ってますよね?

最後におまけはトゥローンに所属の元ABsのアンドリューマーティンズはチームが一部に上がったら、今居る2部リーグでやるために移籍するとかだそうです。一方焦らしまくっているダンカーターの移籍がトゥローンと半年で$NZ1.4millionという事が言われていますが本人はまだ隠しているようです、トゥローンが一部入りしなかった場合は契約が白紙になるので、それが決まるまでは黙っているのでしょうか。

トゥローンが一部に上がらなかったら二人は動かない、上がれば2人とも動くか・・・
彼女といつも一緒に居たい人らしいので、それがダンにとって一番重要なら誰になんと言われようと行けば良いと思います。自分的には考えれない事ですが(笑)
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : Rugby オールブラックス ニュージーランド ラグビー AllBlacks NewZealand Super14 ラグビーワールドカップ スーパー14 ワラビーズ

ジミーカウワン逮捕・・・ティアラタの処分・・・デイビットスミスの移籍

不祥事がらみが2つありましたね、一つ目は土曜日ブルーズに大敗したハイランダーズの元オールブラックスでもあるジミーカウワンが暴れたのか知りませんが、警察に連衡され近いうちに裁判となりました。

最終戦でもあるクルセーダーズの試合にセレクトされる事は無いとの報道もありますが、本人は出たいでしょうね、木曜日のメンバー発表ではっきりしますがクルセーダーズ戦に出場できる可能性は低そうです。今季ハイランダーズはウイングのラッキームリポラが不祥事を起こしていてこれで2件目の不祥事です。

カウワンのニュースを聞いたABsのヘンリーヘッドコーチがカウワンをセレクトするかどうかも少なからず影響してくる気がします、昨年のW杯のメンバーの発表目前のワラビーズ戦の週にリコギア、フラベル、フィリポ等が朝方までホテルに帰ってこなかった事で選ばれていませんし、規律を守れない人は選ばれにくいかと。

続いて先週金曜日にプロレスラーも顔負けの危険なタックルで審議に掛けられていたハリケーンズのティアラタは1試合の出場停止が決まり今週の大事なブルーズ戦には出れなくなりました。
あの時よくレフリーはイエローを出さなかったなと思ってましたが、やっぱり後から問題になりましたね。プロレス観戦??も程ほどにして欲しいです(笑)


最後にちょっとびっくりしたディビットスミスの移籍ですが、昨年ドラフトでハリケーンズに入り10試合以上出場(多分)していてほぼレギュラーだったスミス。今季は地元ブルーズが獲得しましたが、ウイングにはABsのジョーロコゾコを筆頭にトゥイタヴァキ、ウルフと言った有望選手が多いせいもあり、最初の最初の7試合程はベンチにも入れず出場チャンスを与えられませんでした。

昨年の実績もあるし自信のあるスミスはかなりフラストレーションが溜まっていただろうから、昨年ケーンズでプレイを楽しんだウエリントンと2009,2010年の2年間の契約を結びました。これにより来年からはケーンズの一員になる事は間違いないですが、ケーンズのウイングといえば今年でもかなり溢れているのに・・・マアノヌー(ウイングと12番をを掛け持ち)、シャノンパク、ホセアギア、そして新人で怪我から復帰後素晴らしい動きを見せてくれているザックギルフォードとブルーズのウイングより満員御礼気味ですが、決定的にレギュラーを取っている選手が居ないのでディビットスミスが加わってレギュラー獲得となるでしょうか?
ウエリントン側はスミスの契約をとても歓迎しています。

自分の中ではザックギルフォードが確定、もう1つの枠にデイビットスミスかな。

この3件が今日のスポーツニュースを賑わせてました、ラジオではアップデートの旅にこのニュース。。。
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : Rugby オールブラックス ニュージーランド ラグビー AllBlacks NewZealand Super14 スーパー14

いよいよ残り2試合 スーパー14 Round 13 プレビュー

レビューもまともにしないまま金曜日が来てしまいました、というか日本では放送がかなり遅いようなのでちょっと気を遣って居るかもしれません。。。

FRIDAY
Hurricanes v Force at Westpac Stadium, Wellington

さていきなり金曜日はハリケーンズvsフォースの面白そうな試合ですが、先週のチーフス戦での激闘でかなり怪我人が出てるし、自力から言ってホームのケーンズの方が有利でしょう。
しかしフォースは粘り強いし若手というか17歳とかまだ子供ジャンって言う選手(オコーナー)が出てきてしかも先週の試合では素晴らしいランニングスキルを見せてくれて次回のW杯に出てきてもおかしくないでしょう。この試合では対面がノヌーなので身体がまだ出来上がってないだけにパワーでねじ伏せられるかも。

その怪我人の影響でもう1人10代の選手が14番かな?に出るという事ですが、その他のメンバーを見てもかなり若いメンバーで勢いがついたら厄介になりそうなのでケーンズも気を抜けません。

そのケーンズは、移籍話で騒がしい怪我で欠場しているジェリーコリンズが居なくても6番にマソエが入り7番にはスペシャリスト、オープンサイドフランカーのスコットウォルドムが入りかなり良い感じになっている気がします、マソエの7番が悪いとかではなくてマソエは7番タイプではないと思うので、このスコットウォルドムがスペシャリストらしく良い仕事をしてチームを勢いに乗せてるかと。

そしてマソエが6番により生き生きしているような気もします、ジェリーが帰って来ても7番はスコットウォルドムが良いかなと思ってます、だからジェリーは完全になってから復帰で良いかと思います。

BKは先週の試合でも大活躍したリピアがゴッパーズから完全にレギュラーを取った感じです、ゴールキックも良いですし、特にショートパント又はグラバーキックでトライを生み出していて先週も新人ザックギルフォードの先制トライ、マアノヌーのトライもリピアのショートパントからですから、しかしちょっと蹴り過ぎるかな~と言う感じもあるのが気になるところですが、あれだけ成功してるのでやってしまうのかな??

今週のメンバーを見るとセミファイナルを睨んで今のベストメンバーをセレクトでしょうか、先週の試合はかなりメンバーを変えていた気がするので・・・しかしBKのリザーブも先発で出てもおかしくないメンバーです(今回ベンチに入れないタネトゥイプロトゥもです)、FWのリザーブもですね。
体重オーバだったウィップーもシーズン途中から絞れてきたのか調子も上がってきてるし良い感じですね。

予想はケーンズが10点差以上で勝つかな。
Hurricanes:
1.Tim Fairbrother, 2.Andrew Hore, 3.Neemia Tialata, 4.Jeremy Thrush, 5.Jason Eaton,
6.Chris Masoe, 7.Scott Waldrom, 8.Rodney So'oialo (capt),
9.Piri Weepu, 10.Willie Ripia, 11.Zac Guildford,
12.Ma'a Nonu, 13.Conrad Smith, 14.Hosea Gear, 15.Cory Jane.
Res:
16.Hikawera Elliot, 17.John Schwalger, 18.Craig Clarke, 19.Thomas Waldrom,
20.Alby Mathewson, 21.Jimmy Gopperth, 22.Shannon Paku.

Force:
1.Gareth Hardy, 2.Tai McIsaac, 3.Troy Takiari, 4.David Pusey, 5.Nathan Sharpe (capt),
6.Matt Hodgson, 7.David Pocock, 8.Richard Brown, 9.James Stannard, 10.Matt Giteau, 11.Drew Mitchell,
12.James O'Connor, 13.Josh Tatupu, 14.Dane Haylett-Petty, 15.Cameron Shepherd.
Res:
16.Luke Holmes, 17.Kieran Longbottom, 18.Sitaleki Timani, 19.Sam Wykes,
20.Chris O'Young, 21.Scott Daruda, 22.Haig Sare.
SATURDAY
Bulls v Brumbies at Loftus Versfeld, Pretoria
まだブランビーズにも可能性が残っているとオージーの番組では言っていますが、フォースと同じでベスト4は殆ど不可能でしょうから、消化試合と言っても良いでしょうか?
ブルズがかなり遅いですがようやく調子を上げてきて感じかな?予想は五分と書いておきます(笑)


Highlanders v Blues at Carisbrook, Dunedin

毎年移籍者が絶えないハイランダーズは昨日も書いたようにキャプテンのニュービーが今季でイングランドへ、そのニュービーはスーパー14のラストホームゲームとなるのでサプライズを起こしたいところ。

ブルーズはヘッドコーチのヌシフォラ氏が本国オーストラリアに帰ると決めたとたんに、今まであまり笑わなかったのにいつもニコニコしているのが気になるところです、気持ちはもう来期か?
そのヌシフォラ氏は毎試合メンバーを変え今週は先週いじった12番の所を前に戻して新人のベンソンスタンリーが戻りトエアヴァは再びベンチへ、トニーウッドコックとキャプテンのトロイフラヴェルは怪我で欠場が噂されてましたがギリギリで間に合い先発メンバーに入ってます。

この試合をボーナスポイントに勝って来週の最終戦でホームに帰り準々決勝とも言われている(ケーンズは確定では?)ケーンズとの一戦に持ち込みたいところ、寒くなったニュージーランドでダニーデンの寒さはブルーズにとって厳しいか?

予想は以外にハイランダーズが健闘してもつれる可能性も?? 10点差以内でブルーズかな

ハイランダーズの15番ポールウイリアムズがかなり良いですね、長年リハビリから復帰し、今年ようやく才能が開花した感じでしょうか、でももっともっと伸びる気がします、将来オールブラックスもありかなと勝手に思ってます。

Highlanders:
1.Jamie Mackintosh, 2.Jason MacDonald, 3.Clint Newland, 4.Hoani MacDonald, 5.Tom Donnelly,
6.Adam Thomson, 7.Alando Soakai, 8.Craig Newby (capt),
9.Jimmy Cowan, 10.Mike Delany, 11.Fetu'u Vainikolo,
12.Johnny Leota, 13.Aaron Bancroft, 14.Glen Horton, 15.Paul Williams.
Res:
16.David Hall, 17.Chris King, 18.Isaac Ross, 19.Steven Setephano,
20.Toby Morland, 21.Daniel Bowden, 22.Niva Ta'auso.

Blues:
1.Tony Woodcock, 2.Keven Mealamu, 3.John Afoa, 4.Anthony Boric, 5.Troy Flavell (capt ),
6.Jerome Kaino, 7.Daniel Braid, 8.Nick Williams, 9.Taniela Moa, 10.Isa Nacewa,
11.Rudi Wulf, 12.Benson Stanley, 13.Anthony Tuitavake, 14.David Smith, 15.Nick Evans.
Res:
16.Nick White, 17.Bronson Murray ,18.Kurtis Haiu, 19.Justin Collins,
20.Danny Lee, 21.Isaia Toeava, 22.Ben Atiga.


Reds v Crusaders at Suncorp Stadium, Brisbane

レッズは今季で移籍する選手が結構居ますね、太字(その他ではロドニーブレイク、まだ居るような・・・)レイサムは怪我から復帰したのでかなり心強くクルセーダーズも手を焼きそう。

BKは若い選手が生きが良く将来楽しみですね、10番のクーパーはワラビーズ入りも近いのでは?トゥリヌイも調子良いし面白い試合になりそう,気になるのはどうしてイオアネをベンチにしてるのか?彼は先発でしょう!

クルセーダーズはかなりメンバーを落としてきてる気が・・・ちょっと舐めすぎでは?と言ってもメンバー見てると結構良いですね。
W杯直後はNZでやる、その後ヨーロッパでやりたい、と言いながら移籍するかはっきりせず優柔不断なダンカーターはメディアからも一般人からも早く決めるべきと言う言葉が多くなってます。この試合から復帰でベンチ入り。後半の途中から出てくるがセミファイナルには万全に出来るようにちょっと急いだ感じもしないでも。

予想はレッズが奮闘して10点差以内でクルセが勝利

Reds:
1.Ben Coutts, 2.Stephen Moore, 3.Dayna Edwards, 4.Van Humphries, 5.James Horwill (capt),
6.Poutasi Luafutu, 7.David Croft, 8.Leroy Houston, 9.Ben Lucas, 10.Quade Cooper,
11.Peter Hynes,12.Berrick Barnes,13.Morgan Turinui,14.Clinton Schifcofske,15.Chris Latham.
Res:
16.Sean Hardman, 17.Ben Daley, 18.Ed O'Donoghue, 19.Scott Higginbotham,
20.Digby Ioane, 21.Brando Va'aulu, 22.Charlie Fetoai.

Crusaders:
1.Wyatt Crockett, 2.Ti'i Paulo, 3.Greg Somerville, 4.Brad Thorn, 5.Ross Filipo,
6.Kieran Read, 7.Richie McCaw, 8.Mose Tuiali'i, 9.Kahn Fotuali'i, 10.Stephen Brett,
11.Sean Maitland, 12.Tim Bateman, 13.Casey Laulala, 14.Kade Poki, 15.Leon MacDonald.
Res:
16.Corey Flynn, 17.Ben Franks, 18.Ali Williams, 19.George Whitelock,
20.Andrew Ellis, 21.Daniel Carter, 22.Caleb Ralph.

Sharks v Cheetahs at ABSA Stadium, Durban
チータースに頑張って欲しいです、シャークスが最終戦のチーフスとの準々決勝ばりのカードにするには落とせない試合。 予想はシャークスが10点はつけて勝つかな。

SUNDAY
Lions v Chiefs at Ellis Park, Johannesburg

先週の試合はハラハラドキドキでした、前半はフォースが素晴らしすぎてチーフスは何も出来ませんでした、おまけにドナルドはゴールキックを正面も含んで沢山外すなど、後半はチャンスでここ数週大成功しているチップキックを大きく蹴り過ぎてチャンスを潰すなど良いところなし、あれを見るとオールブラックスには選びにくいような、がっかりするプレイでした。

試合終盤の激しい攻防でトライかと思ったら12番ブルースがタックルされてインゴールノッコン、そのままアドバンテージーで始め何が起こったのか解らなかった・・・そのブルースは貴重な逆転DGを決めて、残り時間2分でフォースのキックオフで自陣22Mでボールをキープしていたチーフスは、時間が来るまでボールをキープし続ける為にFWでサイドをついて時間を稼げば良いものを、ハーフバックのナットブラウンは直ぐに蹴ってしまう・・・・・・・・・しかもそれがタッチに出てればまだ良かったものの、ノータッチでカウンターをくらって、それで連続攻撃からオフサイドの反則でPGの逆転負け。。。

あの試合勝ってればセミファイナル決まりだっただろうし悔しかった・・・クルセーダーズ戦で見せたチーフスの動きをフォースはこの試合の特に前半で見せた、ブレイクダウンは素晴らしかったし、攻撃でも特にBKの前に出るスピードは怖かった。 

先週のレビューになってしまいましたが、このライオンズ戦は負けるわけには行かないし、チーフスは負けないでしょう、一押しブレンダンレナードは膝の怪我で欠場で来週もまだ解らないし、カフイも先週怪我して今週は欠場、嬉しいニュースはキャプテンのジョノギブスが復帰でベンチ入りかな。

チーフスはフォース戦の前の週までにやってきた、しっかりした試合をしないと来週はやられるから、この試合で修正したいところ、いやしっかりした試合を見せて安心させて欲しい。

予想はチーフスが4トライのボーナスポイントを含む15点差以上で勝ち
Chiefs:
1.Ben May, 2.Tom Willis, 3.Ben Castle, 4.Toby Lynn, 5.Kevin O'Neill,
6.Liam Messam, 7.Tanerau Latimer, 8.Sione Lauaki, 9.Jamie Nutbrown, 10.Stephen Donald,
11.Sitiveni Sivivatu, 12.Callum Bruce, 13.Dwayne Sweeney, 14.Lelia Masaga, 15.Mils Muliaina (capt).
Res:
16.Aled de Malmanche, 17.Simon Lemalu, 18.Jono Gibbes, 19.Faifili Levave,
20.David Bason, 21.Viliame Waqaseduadua, 22.Sosene Anesi.


Stormers v NSW Waratahs at Newlands Stadium, Cape Town

今週大一番の試合ですね、バーガーが居なくて厳しそうなストーマーズですが、かなり安定してますね、フッカーのブリッツはサイズは無いもののコンタクトも強く何より走力が半端じゃない、トライする場面を何度も見た気がする、代表入りして欲しい、控えのフッカーも良い。

10番ピーターグラントは今季のボクスの司令塔になるかと、キャプテンで12番デェヴィリアスも毎試合素晴らしい、11番の超大型ウイングは倒れないし化物か? 15番のスキンヘッドの彼もかなり良いし、今年の代表はストーマーズがかなり締めるのでは? 昨年代表が多かったシャークスBKは今季はいまいちですね、ステインは良いけど。

ワラタスは先週の敗戦が痛かった、でも自力はあるしストーマーズ相手でもかなり良い試合をするかと。トゥキリのFBはどうか疑問ですけど・・・ 

予想は7点差くらいでストーマーズかな??

関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : スーパー14 Rugby オールブラックス ニュージーランド ラグビー AllBlacks NewZealand Super14

後を絶たないキャップ保持者の移籍発表 & ニュージーランドの将来は暗い?

毎日オールブラックスのキャップホルダーの移籍話が出てる中、今週はニックエヴァンス→Harlequins(2年半)、カレブラルフ→サニックス(2年契約)、そしてその他何人か話が出てる中、今日も移籍発表がありました。

ハイランダーズのキャプテン、クレイグ・ニュービーがイングランドのクラブLeicesterと契約、今年一杯で契約が切れるニュービーのテストキャップは3キャップデビューは自分も観戦に行った2004年のイングランド戦、最後のテストマッチはこれまた自分も観戦に行ったアイルランド戦だと思います、そのアイルランド戦では終了間際の2,3分のみの出場でアピールなど出来ないまま、ヘッドコーチのヘンリー氏に駄目だしされる様で可愛そうな扱いに同情すると共に本人も2,3分では・・・とかなりご立腹でした。

後を絶たないオールブラックスの海外移籍はこれからも続くでしょう、これが現在ニュージーランドの悩みであると共に、ラグビー人気低下も大きな悩みになってるのは観客数の減少とテレビの視聴率の低下が示しているのは言うまでもありません。特に移籍に関しては資金の少ない南半球全体に言える事で時代の流れなんでしょう。

これで本当に2011年のラグビーワールドカップの開催は成功するのでしょうか?未だに準決勝と決勝が開催される予定のイーデンパークの改装の問題を抱えているのもかなり気になります。ドクターやナースがただでさえ不足しているNZの医療関係でドクターがストライキを起こすなど、一番大事な医療関係者にまともな給料を払えないのに、イーデンパークに投資が出来るのか??

オールブラックス等のの有望選手がお金の良い海外に移籍するのと同じで、ドクターもお金の良い海外に行ってしまう傾向のNZの現状です。その有望選手を国内にとどめる為に出された案の1つとして税金の免除がありますが、その前に命に関わるドクター等の医療関係者を大切にするのが先でしょう。

この先ニュージーランドと言う国自体大丈夫なのかも、日本同様大きな問題ではないでしょうか?

明るい内容は怪我をして長期離脱していたダンカーターが今週のレッズ戦でベンチですが復帰くらいかな。
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : Rugby オールブラックス ニュージーランド ラグビー AllBlacks NewZealand Super14 ラグビーワールドカップ スーパー14

ジェリーコリンズの移籍は真剣 & モセトゥイアリイは日本へ?

現在怪我でスーパー14を欠場中のオールブラックスジェリーコリンズの契約は来年まで、しかしワールドカップ後にジェリーの口からヨーロッパでのプレイを望む言葉が聞かれるようになり、次はジェリーか?と騒がしくなっているところで、ヨーロッパのメディアがジェリーコリンズの移籍の準備が出来ていて、NZラグビーユニオンに今年のスーパー14後にヨーロッパに行けるように早期のリリースを要請した」と報道した。

これに対して協会は聞いてないとなり、ジェリーはメディアから質問攻め
ジェリーは「どこからこの情報が来てるのか解らない」と答えていましたが、完全否定をしている訳ではなさそうにも見えたし、オプションを考慮していると答えているところから、報道の全てが嘘では無い気がします。

昨年ルークマカリスターの移籍話が持ち上がった時も、今現在所属しているSaleが金額も含めてルークの移籍を報道していて、その時本人は否定してましたが後日移籍の発表をしていたので、今回のジェリーの件もそうかなと思ってます。

問題は来年まである契約を早期リリース(18ヶ月短縮)させてもらえるかです。
自分は次回のW杯でジェリーを使う事を考えているなら、早期リリースをさせるべきかと、仮に契約通り来年までNZでプレイして2010年にジェリーに移籍されたら・・・帰ってくるのは先日エヴァンスの契約と同じで2011年の6月末までとか、早くてもスーパー14開幕前になるでしょうから、W杯の準備も含めると早期リリースして、その分早めに帰って来てもらうほうが良いかと思います。

いづれにしてもスーパー14がもう直ぐ終わるし動きがあるだろうし色んな意味で注目です。


もう1人、いや2人かな、クルセーダーズのある2人の選手が海外移籍を考えている、と言うのを前にも少し書きましたが、オールブラックスでもあるグレックサマヴィルモセトゥイアリイがウエールズのLlanelli から声が掛かっていて、もしかしたらこのまま話が付いたりするかも知れません(2人とも同じチーム)

しかしオーストラリアから同じポジションの選手(ディヴィット・ライアンズ)の加入が決まったそうで、モセがどうなるかは? でも本人はABsのコーチから干されているので移籍の決意は固そうで、「ヨーロッパもしくは日本も・・・」と言うように日本も視野に入れているようで、それが実現すると移籍先がどこになるか?

ちなみにサマヴィル、モセトゥイアリイ共に今年で契約が切れます、やっぱり移籍は固いかな??
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : グレックサマヴィル モセトゥイアリイ ジェリーコリンズ Rugby オールブラックス ニュージーランド ラグビー AllBlacks Super14 スーパー14

エヴァンスの次はクルセーダーズの・・・が日本へ移籍!!

昨日はニックエヴァンスがHarlequinsと2年半のサインをして騒がしくなって、ダンカーター(ダンに修行??しに行ってこいという声が結構多い)はどうなる?ともっと騒がしくなってるニュージーランド

今度は2003年のワールドカップに出場しているオールブラックスカレブラルフがサニックスと2年契約を結んだと言うニュースをラジオで耳にした。今季新人がレギュラーとして活躍しているクルセーダーズだし、ラルフも30歳でそろそろ身を引く時だろうし、お金を多くもらえNZよりコンタクトが劣る日本の移籍はうなずけます。

スーパーラグビーのトライ数でダグハウレットの記録(59トライ)にあと1つで追いつけるそうですが、残り試合で追いつけるでしょうか?ダグのファンでもあるので追い越して欲しくないような気も・・・(笑)

All Blacks 14テスト、9トライ、   
Super Rugby 通算133試合+α(クルセーダーズ124試合、ブルーズ6試合、チーフス3試合)

サニックスに合流するのはスーパー14後だそうです、サニックスってトップリーグでしたよね?

リッチーマコウやダンカーター等その他の大物も30歳を越えたら日本でプレイする事があるかもしれないですね、日本だと海外遠征が無いので家族と一緒に居られるし、体力的にもきつくないしヨーロッパの後(又はスーパーラグビーを30過ぎて引退後)は日本という傾向が増える気がします。


今年移籍が決まったキャップ保持者は、トムウィルス(チーフス)、ニックエヴァンス(ブルーズ)・・・
これだけでしたか??  続いて、ダンカーター・・・?
その前に噂されている超大物ジェリーコリンズがイングランドのクラブBathと契約する方が先になったりして??ダンとジェリーは残るのか?行くのか?今後も目が離せないニュージーラグビーです。
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : ジェリーコリンズ サニックス ニックエヴァンス オールブラックス Rugby ニュージーランド ラグビー NewZealand AllBlacks スーパー14

超大物選手の帰国決意

毎月曜日の夜はラグビーチャンネルでサウスアフリカのラグビー番組の放送がある、その中で先日レッドカードを貰って退場させられた元オールブラックスのタナウマガがコーチのトゥローンに移籍したヴィクターマットフィールドが今年のカリーカップからサウスアフリカに戻ってくるそうです。

少し前に色んなチームからの巨額オファー(Northampton,Toulon,Montpellier, Toulouse)がありヨーロッパに残るか国に帰るか決断をしなくてはいけないと、ニュースになっていた記憶がありますが、来年ライオンズがサウスアフリカに遠征してくる事もあり国に帰る決断をしたのでしょう。
彼の相棒のボタは調停中?ですが、ボタと一緒にコンビを組む事も強く望んでいるようですね、それに彼はブルズが大好きのようです。

離れてみて自分自身が今までやっていた所が凄く良く思えることが解る事もあるだろうし、彼は巨額なオファー蹴って給料がかなり減るけど、自分の国に戻って大好きな仲間とプレイする事を選んだのでカッコいい。

ニュージーランドの選手も昨年からかなりオールブラックスの選手達が移籍しましたが、離れてみてどう思ったでしょうね、観客が熱心が多い中でハイネケンカップの白熱した試合をして移籍してよかったと思っている選手が居るかも知れません、給料が増えてお金の無いNZから出て良かったと思ってる選手が居るかもしれません・・・人の価値観はその人自身しか解りません、オールブラックスでレギュラーでも「もっとお金が沢山欲しい、ハイネケンカップに出たい、家族や彼女と一緒に居る時間を多くしたい」等の色んな理由からヨーロッパでやりたいと思ってる選手も居るでしょう。

自分が思うに行きたい人は行けば良い、人々がお金に負けたと言っても行けば良い、新天地で新たに経験する事が多いだろうし頑張って欲しい、オールブラックスが弱くなるから行って欲しくないなんて全然思わない、新たなスター選手が発掘されるので楽しみだ、NZには沢山の有望選手がいるのでこれからが楽しみだ。

ニックエヴァンスの次はダンカーターの発表だろうけど、かなりじらしてちょっとイライラする(笑)
そんな彼に特別の条件を与えた協会にはちょっとがっかりかも、彼だけにするのは不公平だし、他の選手のモチベーションにも影響してこないかなと・・・エヴァンスは先週まだ悩んでいたようだけど、協会がダンに対して特別にして移籍を決定付けさてないか?? これ以上ダンに振り回されるな協会もファンも。
だから好きなだけヨーロッパに行ってプレイしてください、そして活躍もしてください。

ちょっと熱く?なってしまったかな(笑)
週末のスーパー14は面白い試合が多かった気がする。

日本では、まだ放送されてない試合があると思うので、ちょっとだけプレビューを・・・
白熱する試合はチーターズvsハイランダーズ、フォースvsチーフス、ブルズvsワラタスかな。
特に後ろ2つの試合は最後まで解らない試合、その2つの中でもチーフス戦は本当に最後の最後まで解らない試合で、心臓に悪い試合です(笑)フォースが前半素晴らしいラグビーでチーフスを圧倒した感じで、追い上げるチーフス・・・両チームゴールキックが安定せずチーフスのドナルドは正面を2回ほど外す。。。最後に笑うのはどちらか?DVDに永久保存(大げさかな?)する事をお薦めします。
フォースの17歳の12番はかなり良いですから要注目選手です、将来は大物になるでしょうね。

ワラタスも17歳?のセンターが活躍してるしワラビーズの将来は明るいのでは?ディーンズ氏が上手い選手起用で次回のW杯はワラビーズが優勝しそうな予感も、怖い怖い存在になりそうです。

ハリケーンズは新人ウインガー、ザックギルフォードが素晴らしいスキルをみせセンスの良さをこの試合でも披露、もうレギュラーを確定と言っても良いくらい彼は良い選手だと思います。
もしかしたら年末の遠征でABs入りもあるかも知れませんね、その前の6月のテストシリーズはちょっと入れさせてもらえないかな?入れても良いかなと思ってるけど、ヘンリー氏どうですか?

関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

ニックエヴァンス移籍確定!!

オールブラックスのニックエヴァンスがイングランドのクラブHarlequinsとの契約にサインしました。今季のAir NZ Cup後に移籍となりますが、気になる移籍期間ですが何と2011年の6月30日までという事で、自国で行われるワールドカップの少し前に帰って来ないと言うことで今後エヴァンスがABsに選ばれる事は無いかも??

もう1人お騒がせしているABsの10番ダンカーターのインタビューがありますが、怪我の状態の件のみで今後の移籍については話さないようで結構じらしますね。。。
(今週の試合に出場するかもしれません)
行き先は高額なオファーが来ているフランスの2チームのうちのどちらかになるかと思いますが、ニュージーランドラグビー協会はダンに対して(ダンだけ??)短期で移籍して(1月~6月とかかな?)6月のABsシーズンに戻ってこればABsでプレイできるように認めているようで、それがあってかまる一年とかの契約にするかどうか、代理人を通じて交渉しているのではないかと察してます。

来年ダンカーターがABsに居る居ないに関係なしに、ABsの10番を育てる上でチーフスのドナルド、クルセーダーズのブレットを今年選ぶべきでしょう。海外に目を向けてる選手の決断を待っているより、今NZに居る有望選手を育てる事が大事。



関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

ブルーズ Still alive?

昨日のクルセーダーズvsシャークスはかなり寒そうでしたね・・・
自分の予想が大体当たってました(笑)シャークスはやっぱりNo8カウンコウスキーですね!!スクラムから単独でサイドをつきスピードとパワーで簡単にトライを取り盛り上げてくれました。
しかしリッチーマコウは簡単に抜かれすぎましたその後のブレットも・・・肩の怪我のところが怖いのか逃げ腰のタックルのような感じもしないでも・・・チーフスのドナルドの身体を張ったディフェンスを見習って欲しいです、先週ブルーズはそのブレットを狙ってFWが縦をつけば良いのに全然やってなかったのでは?

シャークスが追い上げて負けてもボーナスポイント1が付きそうでしたが最後にクロケットがトライをしてくれてシャークスにポイントを与えず助かりました、これでシャークスはかなり厳しくなった感じですね。

続いてレッズvsブルーズですがブルーズが特にキックミスが多かったり、その他でも何かミスが合ったような・・・もしかしたら負けるのでは??と思ったりもしましたが、何とか最後はボーナスポイントをゲットできる4トライ目をハーフバックのモアが取ってベスト4に僅かな可能性を残す事が出来たかな?
カイノが激しい突進を見せてトライを奪うなど活躍してました、クルセーダーズの6番リードに負けてられないという感じでしょうが、今はリードが一歩リードかな。
注目していたトエアヴァ、トゥイタヴァキのセンターコンビは殆ど目立た無かった気が・・・逆に途中出場のベンソンスタンリーが上手さを見せてモアのトライをアシストしてたし来週はどんなメンバーになるのでしょうか?

さて今週の残りの試合は以下でセミファイナルの可能性があるのは、NZ勢でハリケーンズと現在3位のチーフス、オージー勢で現在2位のワラタスとブランビーズが28Pで何とか可能性があるかな??何ア勢でストーマーズ。

May 3
Hurricanes v Lions Wellington 7.35 pm
ライオンズ相手なのでケーンズの圧勝でしょうか、でも先週ブランビーズに最後の最後まで解らなかった試合をしてるし侮れないかも(自陣で無理して仕掛けてタンオーバーされトライをされてサヨナラ負け)
ブランビーズがブルーズに勝ったと思えばライオンズと五分?ブルーズもブランビーズも強いのか弱いのか良く解りません・・・

ケーンズは、先週活躍した新人ウインガーのザックギルフォードがこの試合でも先発!もう1人ジミーゴッパーズを押しのけて先週10番で先発したワイカトマンのウィリーリピアはザックのトライをアシストするなど、その他でも良いゲームメイクを見せて活躍、そして今週も先発をゲットで一気にレギュラー定着か?この2人をこの試合でも注目したいです。

Hurricanes:
15. Cory Jane, 14.Shannon Paku, 13.Tane Tu'ipulotu, 12.Ma'a Nonu,
11.Zac Guildford, 10.Willie Ripia, 9.Piri Weepu,
8.Rodney So'oialo (captain), 7.Scott Waldrom, 6.Chris Masoe,
5.Jason Eaton, 4.Jeremy Thrush, 3.Tim Fairbrother, 2.Andrew Hore, 1.John Schwalger.
Reserves:
Hikawera Elliot, Jacob Ellison, Craig Clarke, Thomas Waldrom,
Alby Mathewson, Jimmy Gopperth, Conrad Smith.
※ジェリーコリンズとティアラタは怪我

Force v Chiefs Perth 9.40 pm
昨年ワイカトスタジアムで行われたこのカード(観戦記はこちら)両チーム合計得点が合計100点の点の取り合いでかなり面白かったです、2006年Air NZ Cupから自分が注目していた一押しの選手ブレンダンレナードが途中出場で持ち味のスピードを見せ付けてハットトリックをする大活躍をした試合、この試合と次のシャークス戦と活躍し一般的にも注目されるようになり一気にオールブラックスにまでなってW杯まで行ける事になったきっかけの試合でもありました。

あれから1年今度は敵地パースでの一戦でフォースも昨年の借りを返したいところですし、ヘッドコーチのミッチェル氏はワイカトで活躍した選手だけに何かと話題のこの試合です。

フォースは何といっても10番ギタウが怖いです・・・彼にやりたい事をやられたらかなり厳しいのでFWで圧倒して欲しいです、チーフスの3列は絶好調ですし先週のラウアキのトライは凄かった!強いだけでなく一回倒されてボールを置いて立ち上がり直ぐ拾って次のディフェンスを引きずながらのトライは技あり。

一押しハーフバック、ブレンダンレナードは怪我の為遠征に参加しないそうですが、先週先発のナットブラウンはクルセーダーズでも活躍した事もあるなど実績のある選手で、先週の試合でもかなり良い動きでしたので安心でしょう、しかし彼が怪我した場合には控えはケーンズ戦で先発したDavid Basonなのでかなり心配です。

今のチーフスの状態なら負けることは無いかと前向きな意見で書かせてもらいますが、先週の後半のディフェンスはレッズが良い攻撃をしていたとしてもちょっと心配なので競った試合になるかも?
まずはFWの頑張りに期待です、先週一列とは思えないランニングスキルを見せキャンピージーもびっくり??のステップまで疲労したベンメイはこの試合でも大暴れか?スカイで見たスポーツ番組ではベンメイは元No8だったそうで、あの走力はうなずけます。

予想はチーフスが10点差くらいで勝利(ボーナスポイントをゲットして)
Force:
15.Cameron Shepherd, 14.Scott Staniforth, 13.Ryan Cross, 12.James O'Connor,
11.Drew Mitchell, 10.Matt Giteau, 9.James Stannard,
8.Richard Brown, 7.David Pocock, 6.Scott Fava, 5.Nathan Sharpe (captain), 4.Sam Wykes,
3.Troy Takiari, 2.Tai McIsaac, 1.Pek Cowan. a
Reserves:
Luke Holmes, Keiran Longbottom, David Pusey, Matt Hodgson,
Chris O'Young, Scott Daruda, Dane Haylett-Petty.

Chiefs:
15,Mils Muliaina (captain), 14.Lelia Masaga, 13.Richard Kahui, 12.Callum Bruce,
11.Sitiveni Sivivatu, 10.Stephen Donald, 9.Jamie Nutbrown,
8.Sione Lauaki, 7.Tanerau Latimer, 6.Liam Messam,
5.Kevin O'Neill, 4.Toby Lynn, 3.Ben May, 2.Tom Willis, 1.Simms Davison.
Reserves:
Aled de Malmanche, Ben Castle, Jay Williams, Faifili Levave,
David Bason, Dwayne Sweeney, Sosene Anesi.

May 4
Bulls v Waratahs Pretoria 1.00 am
Stormers v Brumbies Cape Town 3.05 am
残り2試合はブルズとブランビーズに頑張ってもらわないと。ストーマーズはバーガーが居ないので厳しいかな??
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : Rugby オールブラックス ニュージーランド ラグビー NewZealand AllBlacks Super14 スーパー14

今夜の熱い?試合! クルセーダーズvsシャークス (プレビュー)

いよいよスーパー14も残り4試合、今週も好カードが何試合か組まれていて楽しみです。
まず先週の勝ちでほぼホームセミファイナルを確保した感じのクルセーダーズvsシャークス
開幕前に生意気にもチーム分析やプレビューこちらを書かせてもらって、そこでクルセは勿論の事「シャークスもセミファイナルに残る力を充分に持ってる」と書いていて実際に今も3位につけてます。
でも開幕当初を見てると負けないものの強さを感じる試合内容では無かったので、今年はそんなに強くないなと思っていましたが、運もあってか中々負けなかったので3位につけていますが、ここに来て連敗してるし状態を見ても相変わらず良くない気がします、おまけに先日書いたミシャラクも長期離脱ですし・・・BKはポジションが中々固定されないのが気になるところです。。。
昨年スーパー14とW杯でも活躍したウインガーのJPピーターセンはやる気を感じさせないプレイが時折見られたり昨年とは程遠い出来かと、逆にもう1人のウイングOdwa Ndunganeは昨年見てて代表に選ばれてるのが不思議で仕方がなかったのですが今季は調子が良いかなと思ってます。
しかしFBのモンゴメリーが抜けた穴は大きいですね。

FWは元気かな印象があります、今年のスプリングボクスの8番を着て欲しいライアンカウンコウスキーのスピードは見ていてワクワクします、相手には恐怖過ぎるくらいの存在でクルセーダーズは彼を止める事が出来るか?先週怪我で欠場していたキャプテンのヨハンムラーの復帰は心強いか。

クルセーダーズは先週ブルーズにスクラムでやられていただけにこの試合で修正できるか注目です。
よくこのブログの真似(NZ情報がらみ)をしていると言う噂が挙がってるJ-sportsのある方のコラムこちらによると「スクラムでブルーズを圧倒」と書かれてます・・・・・・

No8モセトゥイアリイの怪我で先週途中出場したナシマヌが対面のカウンコウスキーの対決はある意味楽しみです、この試合でアピールできると将来が見えてきそうです。確かナシマヌはNZ‐U20のメンバーにチームメイトのケイドポキと名前が挙がっていてU20の大会に出場する予定です。

BKではチーフス戦でスイニーの石頭でKOされたケイシーラウララが復帰は心強いが、ラウララの復帰で実績のあるスコットハミルトンがベンチにも入れていないのが気になるところです、両ウイングは新人で固めてますが先週のようなタフな試合でもしっかり仕事をしていたのでディーンズ氏も決断したか?
でも若手が多いメンバーだけにちょっと心配にもなりますね。

FWはセットピースで安定しないと厳しいかもしれませんね、ゴール前のモールのディフェンスにも注目。
リッチーマコウはチーフス戦では2試合開いた為か調子がいまいちでしたが,先週は大分良くなってたし今週は全開か?6番リードは現在NZで一番調子が良いブラインドサイドフランカーでしょうしこの試合でも注目です。(最大のライバルとなるケーンズのジェリーコリンズは今週は欠場)

予想はクルセーダーズが10点差くらいで勝利(ボーナスポイント付かな)
チーフスのためにもシャークスは落ちてもらわないといけないのでクルセ頼むよ!
Crusaders v Sharks at Christchurch, 7.35pm
Crusaders:
15. Leon MacDonald, 14.Kade Poki, 13.Casey Laulala, 12.Tim Bateman, 11.Sean Maitland,
10.Stephen Brett, 9.Andrew Ellis, 8.Nasi Manu, 7.Richard McCaw (captain), 6.Kieran Read,
5.Ali Williams, 4.Brad Thorn, 3.Greg Somerville, 2.Corey Flynn, 1.Ben Franks.
Reserves:
Ti'i Paulo, Wyatt Crockett, Ross Filipo, George Whitelock,
Kahn Fotuali'i, Hamish Gard, Caleb Ralph.

Sharks:
15. Stefan Terblanche, 14.Odwa Ndungane, 13.Waylon Murray, 12.Francois Steyn,
11.JP Pietersen, 10.Ruan Pienaar, 9.Rory Kockott,
8.Ryan Kankowski, 7.AJ Venter, 6.Jacques Botes,
5.Johann Muller (captain), 4.Albert van den Berg,
3.BJ Botha,2. Craig Burden, 1.Tendai Mtawarira.
Reserves:
Rudolf Badenhorst, Jannie du Plessis, Jean Deysel, Keegan Daniel,
Andries Strauss, Henno Mentz, Adrian Jacobs.
レッズvsブルーズで消化試合的にも見えますが、ブルーズもまだ可能性が無いわけでもないので頑張ってもらわないと。
ブルーズですが先週ベンチ(投入時期が遅かった気も・・・)の12.トエアヴァと先週大活躍の13.トゥイタヴァキのセンターコンビに注目!初めてスタメン落ちしたベンソンスタンリーは一年目で遠征などを含めてこのレベルで少し疲れたのかもしれませんね、シーズン前はこのセンターコンビと予想していたので今夜はこのセンター陣がやってくれるでしょう。

スクラムで圧倒して欲しいです、ラインアウトはケヴィンメララムのスローが・・・・・・・・・・
今夜も14番デイビットスミスが大暴れしてくれるでしょう。

先週メンバー表とは違ってイサを10番、エヴァンスを15番と代えてますが、どうして今頃キーポジションをいじるのか??やるなら開幕からでしょう!!!ここがヌシフォラ氏の自信の無さが出てる気がして選手に浸透しているような・・・エヴァンスが良い例です。
ヌシフォラ氏の気持ちはブルーズではなくオーストラリアに帰ってディーンズと仕事する事に傾いてるのかな?


レッズは先週も良い攻撃を見せてるし要注意ですね、特に13番のモーガントゥリヌイは絶好調、この試合11番に入ったイオアネは先週素晴らしかった!!どうして先発で使わ無かったのか不思議でした。
彼の走りを見てるといつでも抜けてきそうで相手にとっては怖い存在です、ブルーズは彼に抜かれまくると大量失点でしょう、トゥリヌイと共に要注意選手です。

FWはNo8の選手をチーフス戦を観戦した時に近くで見ましたがかなりでかくて強いです、もう少し絞ったら面白い選手になりそうですが・・・2番のモーアは先週何度もラインブレイクを見せてるのでブルーズのディフェンスも破る事があると面白い試合になるでしょう。

予想はかなり希望が入ってて、ブルーズが3点差以内で勝ちかな?? 本当はレッズかなと思ってます。。。

Queensland Reds v Blues at Brisbane, 9.40pm

Reds:
15.Clinton Schifcofske, 14.Digby Ioane, 13.Morgan Turinui, 12.Berrick Barnes, 11.Peter Hynes,
10. Quade Cooper, 9.Ben Lucas, 8.Leroy Houston, 7.David Croft, 6.Scott Higginbotham,
5.James Horwill (captain), 4.Van Humphries, 3.Dayna Edwards, 2.Stephen Moore, 1.Ben Coutts.
Reserves:
Sean Hardman, Rodney Blake, Ed O'Donoghue, Poutasi Luafutu,
Will Genia,Charlie Fetoai, Brando Va'aulu.

Blues:
15.Nick Evans, 14.David Smith, 13.Anthony Tuitavake, 12.Isaia Toeava,
11.Rudi Wulf, 10.Isa Nacewa, 9.Taniela Moa,
8.Nick Williams, 7.Daniel Braid, 6.Jerome Kaino, 5.Troy Flavell (captain), 4.Anthony Boric,
3.John Afoa, 2.Keven Mealamu,1. Tony Woodcock.
Reserves:
Nick White, Bronson Murray, Kurtis Haiu, Justin Collins,
Danny Lee, Benson Stanley, Ben Atiga.
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : Rugby オールブラックス ニュージーランド ラグビー NewZealand AllBlacks Super14 スーパー14

留まる人、去る人

今一番と言っても良い程、オールブラックスの14番になっても良いのでは?と話題になっていて各スポーツを独占した日も出るほどレリアマサンガの注目度はかなりのものである。
そしてもう1人は昨年のUnder19の優秀選手に選ばれている、ハリケーンズのフィニッシャーのザックギルフォード、噂では、ダグハウレット級の声も出る程ラグビーセンスに良いものを持っており、復帰して間もないのに良い動きを見せるなどトライまで奪っている、ラグビーセンスがありボールのもらえるところに走りこむのも上手いかな。

この2人の将来有望なのは言うまでもありませんが、ヨーロッパへの選手の流出が盛んになっている中2011年のW杯の年まで契約を延長するという良いニュースを聞かせてくれた、次のW杯に食い込めるか注目です。

去る人では、先週発表になってますが、今快進撃のチーフスのFWを上手くまとめている2番トムウィルスがウエールズのクラブNewport Gwent Dragonsに移籍が決まりまたので、先日の試合がトムには最後のワイカトススタジアムかな? リーダーシップは特に素晴らしかったので残念だ。

そしてもう1人去る人は・・・ブルーズの選手ではなくヘッドコーチのヌシフォラ氏が来年まで契約が残っているのに、オーストラリアから仕事のオファー+家族の件で・・・と言っていました。

後任はここ数年Air NZ Cupで活躍しているオークランドのヘッドコーチでもあるパットラムが有力のようで良いかと思いますが、スポーツトークラジオでは色んな意見が飛び交ってます、。

明日は週末のプレビューの予定ですがかけるか微妙です。
季節が変わり雨の多い季節がやってきて天気が安定しない為か首の怪我のところがかなり疼く。。。
薬を飲んでも効いてるのか効いていないのか良く解らない、これからもこんなんだったら・・・ 

追記
昨日書いたのを朝見直すと誤字が多く、選手の名前が書いてないなど・・・
恥かしいです、ちょっとおかしかったのでしょう、強い薬でらりってたのかな??(やばい薬で無いので
すよ)
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : Rugby オールブラックス ニュージーランド ラグビー NewZealand AllBlacks

プロフィール

ラグオ

Author:ラグオ
ラグビーが大好きでラグビー王国ニュージーランドへ。現地のクラブでプレーしニュージーランドラグビーに虜に。それ以来ラグビーシーズンに合わせて日本とNZを何度も行き来して今ではNZに永住。NZラグビー最高です!だからここに来たしこれからも。
趣味は料理、ベイキング、写真など・・・致命傷の怪我でラグビーがやれなくなってからベイキングを始め今では一番の趣味かも。試食したい方はどうぞ(笑)
近い将来再びグラウンドに立てるまでリハビリがてらブログを書いています。心身共に調子が良くないので時々弱気な発言があるかと思いますが許してください。
ラグビー大好きなら大満足出来るそんなラグビー王国から呟いています。ラグビーについて色々語りましょう。

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリー
ブログランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ
↑ランキングに参加中
↓クリックお願い致します


ラグビー ブログランキングへ
RSSフィード
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

オールブラックス ニュージーランド Rugby ラグビー AllBlacks NewZealand Super14 ラグビーワールドカップ スーパー14 ワラビーズ スプリングボクス ブルーズ クルセーダーズ スーパーラグビー Zealand New NZ チーフス ジュニアオールブラックス Blacks All Springboks カンタベリー オークランド ウエールズ ハカ Air Cup アイルランド イングランド ホックスベイ カナダ ジェリーコリンズ フランス サモア Wallabies AirNZCup ダンカーター スコットランド ウエリントン ダグハウレット タナウマガ ハリケーンズ 日本 ストーマーズ ハイランダーズ セブンス ABs Auckland ワイカト タラナキ トップリーグ ハイネケンカップ ブルズ トンガ Australia イタリア Canterbury トライネーションズ Nations SouthAfrica ワラタス SBW ボクシング マオリ サウスアフリカ マンスター ノヌー モセトゥイアリイ Pacific ANZC ブランビーズ ロビーディーンズ スパーラグビー ベッカム キウイ ルークマカリスター AirNewZealandCup シャークス ラグビーチャンネル マフィン ジュニア イーデンパーク ランフリーシールド Premiership England シオネラウアキ オーストラリア ダニーデン トライ ワールドカップ エアニュージーランドカップ ブリディズローカップ ジョニーウィルキンソン トニーブラウン ラグビートニーブラウン ハミルトン スクラム ジャスティンマーシャル オールブラッククス 日本代表 クリスジャック ネットボール 箕内 クリスジャク リコギア リコ・ギア パシフィックネーションズ apan フィジー シオネラウア キースロビンソン リッチーマコウ アリウイリアムズ 海外ラグビー スパー14 Blues ニックエヴァンス サニックス Wellington グレックサマヴィル NZマオリ ダン・カーター サウスランド Waikato W杯 Scotland Ranfurly PACIFIC Shield Six Tonga Supre14 ウェールズ アルゼンチン ロールケーキ デザート サニービルウイリアムズ コスプレ ホワイトロック ドナルド カフイ チョコレート 癒し チータース ライオンズ フォース レッズ バレンタインデー ケーキ ベイキング Otago NorthHarbour シックスネーションズ ジェイソンイートン Super14 ジェーソンイートン クライストチャーチ クラシックオールブラックス Newzealand ABs ジョナロムー シドニー サッカー 派閥 ルーベンソーン ヤマハ アーロンメイジャー ヘンリー 日本代表J AB JonahLomu Jonah Japan Jrオールブラックス Junior Lomu KapaOPango ISLANDERS Guinness Argentina AllBlacksスーパー14 BLUES Bluse France Fiji 妊娠 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。