スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラグビー、バスケットボール、ウエディング、あなたはどれを?

C
ちょっと更新に間があきました。例のチャリティーバザー後から当然のように反動が来てしまいかなり調子を悪くしていました。それでもやらなければいけない事はやったりして余計に調子が悪くなり、天気もこれから冬にかけては不安定な天気が続くので後遺症を持っている私には辛い時期で余計に心身ともに辛くなっています。
でもお客さんようにスフレ・チーズケーキは焼きました。とろける舌触りでかなり良い出来で思わず吠えました(笑)

さて私の暗い話はこれくらいにしておいて。今週ニュージーランドで話題になっている事をタイトルに書きましたが、同じ時間帯に行われると言う事で、ラグビー(好調のハイランダーズ対ブルーズ、バスケット(オーストラリアの大会で唯一NZのチームが参加していて初めて優勝できるかかなり注目されている)そしてイギリスでは例のロイヤルウエディングもかなりの話題で「あなたはどれを見るの?」と言う質問が盛んに言われています。

私はバスケもウエディングも興味なしですのでこの話題で盛り上がるのがあり得ないと思えるくらいです。女性の方はウエディングに興味があると思うのでラグビー好きな人でも迷ってしまうでしょうか?確かに婚約者の女性はかなり綺麗でニュースで取り上げられるとしっかり見ますが(笑)日本でも生中継でウエディングの放送があるのか解りませんが、まずハイランダーズ対ブルーズの試合が生放送であるのでしょうか???

私が更新していない間にハイランダーズは途中勢いをなくした感じでしたが、盛り返してきて先週はクルセーダーズを破っているのでより面白くなりました。クルセーダーズは、ダンカーター、リッチーマコウその他主力を休ませたりベンチスタートにしたりしましたが、ハイランダーズも絶好調トンプソン、ソアカイの素晴らし3列コンビとBKではカウワン、ポキ、トリビーにプラスしてスレイドが今度は反対側の顎を骨折してスーパーラグビーは絶望と主力の多くを怪我で欠いていたのにも関わらず勝ってしまったの事は凄い評価できるかと思います。

しかしトニーブラウンが36歳とは思えないですね。素晴らしいとしか言いようがありません。スピードは年齢のせいで落ちたでしょうが、フィジカルでは日本でプレイして体重も落としているし心配していましたがタックルもブレイクダウンもしっかり入れるし頼もしい存在です。 なんとあのオーウェン・フランクスと頭をぶつけ合っても無事だったブラウンが凄い。今季はOフランクスと顔面をぶつけて無事だった人はいなくて、皆血だらけになり即退場となっているのに36歳ブラウンは逆にOフランクスが頭を押さえて痛がっていたではありませんか。

スレイドが怪我でワールドカップ危うしとなっているので先日の活躍でブラウンの名前がかなり話題になり、先週の試合後から取材攻めで色んな所で出ていました確かにブラウンのような経験はお金では買えないし時間もないので魅力的でしょう。そしてまだまだフットしているし、GKもディフェンスもゲームメイクも申し分ないので話題になって当然でしょう。しかし予選プールではOKでもトーナメントに入りセミファイナル、ファイナルと言うレベルではどうでしょうか?もし選ぶならトライネーションズのタイトなゲームで数試合試さないと行けないでしょう。
スレイドも何とかトライネーションズには間に合うかもしれないけど、W杯に入れるならトライネーションズでしっかり使わないといけないでしょう。スレイドの場合は時間がないし顎を2回も骨折してリスクもあるでしょうしかなりの賭けになりますね。 こうなるとルークマカリスターかブラウンかと言ったところでしょうか?
ブレット(GKが)デレイニーはちょっとがっかりのパフォーマンスですから・・・それとも昨年の香港から干されているドナルドの事をヘンリー氏は考えているでしょうか????
先週のハイランダーズ対クルセーダーズの試合では、アシスタントコーチのワインスミス氏がビデオカメラで数名の選手を追っていましたからね、たぶんトニーブラウンとベンスミスかな?

W杯は30人選ぶ事になり、一旦登録し大会が始まったら交代が効かないので慎重に選ばなくてはいけませんからね。
ハイランダーズでは、Bスミス、AトンプソンがABs復帰でしょうか。 そしてロック、フランカー(6番)で大活躍でクルセとの試合でも激しいタックル連発で勝利に貢献したタラナキからドラフトで入ったホヤタが選ばれると思います。彼はロックでもフランカーでもどちらでも素晴らしいですしリザーブに入れたい選手ですね。
Bスミスも本職はウイングかフルバックですが、昨年あたりから12,13もやり先週もクルセ相手に12番で出場して難なくこなして勝利に貢献していますし、ABsではリザーブに入れたい選手ですかなり良いセンスを持っているしミスが少ない選手ですので見ていて安心できます。

とにかく今日のハイランダーズ対ブルーズの試合が色んな意味で楽しみです。
まずはカーターのバックアップを見つけなくてはいけないし、Tブラウン対ブレット、後半はTブラウン対ルークと面白い対決になります。ブレットは先週見事にGKを外しまくり余裕の試合を途中まで接戦にしてくれましたし、ランとパスは良いけどGKとタックルが悪いのでカーターのバックアップはやらせれません。と言う事でブレットは日本行き決定でトヨタに6月から合流となるでしょう。
後半からルークがブラウンに立ち向かいますが、これが非常に楽しみ。ブラウンが経験の差を見せつけて目立てばブラウンが10年ぶりにブラックジャージを着る可能性が高くなるのではないでしょうか? ルークもかなり調子をあげてきているしABsに復帰して欲しいですが。。。

しかし先週素晴らしい活躍をしたスタンリーをまたもやベンチに下げてルークを12に入れブレットは10のままと言うのはちょっと・・・確かにルークのベストポジションは12だけど、スタンリーの安定感は他の選手にはないものだし先週その素晴らしさを見せつけたのに・・・今日の試合でルークが後半から10でスタンリーと組んでチームが勢いに乗れば来週からこの10,12で行くでしょうしヘンリー氏もそれをして欲しいと思っているはず。

レンジャー、トエアヴァが絶好調でABs復帰を目指すハイランダーズのBスミスとともにこの3人(特にトエアヴァ対Bスミスはユーティリティーで貴重だから)の今夜の出来がセレクターの気持ちを掴むと思うし非常に楽しみです。

Highlanders:
1. Jamie Mackintosh (capt), 2. Jason Rutledge, 3. Chris King, 4. Jarrad Hoeata, 5. Josh Bekhuis,
6. Adam Thomson, 7. Alando Soakai, 8. Nasi Manu, 9. Jimmy Cowan, 10. Tony Brown, 11. Siale Piutau,
12. Ben Smith, 13. Kendrick Lynn, 14. Kade Poki, 15. Robbie Robinson.
Replacements:
16. Mahonri Schwalger, 17. David Te Moana, 18. Tom Donnelly, 19. Nick Crosswell,
20. Aaron Smith, 21. Matt Saunders, 22. James Paterson.

Blues:
1. Tevita Mailau, 2. Keven Mealamu (capt), 3. John Afoa, 4. Anthony Boric, 5. Ali Williams,
6. Jerome Kaino, 7. Luke Braid, 8. Peter Saili, 9. Alby Mathewson, 10. Stephen Brett,
11. Rene Ranger, 12. Luke McAlister, 13. Jared Payne, 14. Joe Rokocoko, 15. Isaia Toeava.
Replacements:
16. Tom McCartney, 17. Pauliasi Manu, 18. James King, 19. Chris Lowrey,
20. Toby Morland, 21. Benson Stanley, 22. Lachie Munro.

トンプソン対カイノの6番対決、カウワン対マテゥーソンの9番対決も非常に楽しみ。
先週クルセのFWにプレッシャーを受けながらも素晴らしい球出しとランで勝利に貢献したハイランダーズのAスミス(ハーフバック)のプレイも注目。来年はABs入りかな?昨年NZマオリで活躍してました。
ブルーズはTウッドコックが怪我で欠場。ロックのハイウはあばら骨に癌が見つかって選手生命も・・・骨のスペシャリストにあって手術してその後が解るそうですがまだ26歳で若いのに。。。 その代わりにトレーニンググループからJキングがリザーブ入りですが、走力のある選手で将来性のある選手だと思います、怪我で昨年はチャンスを逃しましたので今年はどうか?

クルセからは、Rフルーエンが絶好調ですがCスミス、カフイがいるし、まだまだ荒削りなフルーエンは今回も見送りかなって感じです、カフイが良い感じなので経験と安定感を買って怪我さえしなければカフイとCスミスで13番は決まりでしょう、カフイはウイングでも良いプレイをするし私は14番でABsに出るのが良いかなって思っています。もちろん13番を一番やらせたいですがCスミスが居るので彼に今回こそは任せたいです。
ザックギルフォードも怪我から復帰していきなり活躍して毎試合目立っていますね。彼のキックチェイスの早さはぴか一です。あれだけプレッシャーをかけられると相手は何も出来ませんね。ダグもトエアヴァとBスミスの活躍でちょっと目立てていませんからそろそろ爆発しないといけないかも。


クルセは今週は相性の良くないフォースとしかもアウェー(もと相性が悪い)ですが、エリス、ソーンが選手の試合で怪我でエリスは手術Dカーターはまだまだハムストリングがおもわしくなく欠場。リッチーマコウはNo8で復帰ですが、昨日の練習中にまたまた違和感があったそうですが、フォース戦は出るような事を言っていましたがどうでしょうか? 
カーターのハムストリングの怪我と言えば2007年のW杯でフランスに負けた時もハムストリングではなかったかな?カーフだったかな? とにかくカーターには無理はさせたくないので(カーターのバックアップが決まっていないのがあるし)リッチーよりカーターが心配です。リッチーはチームメイトのトッドが7番で素晴らしい活躍しているし、チーフスのSウォールドロムが良い感じですし、この二人がいるのでバックアップに関してはちょっと安心出来るかも。

びっくりがロックに怪我人が沢山出ている(Sホワイトロックと先日ソーンがカーフの怪我)クルセのコーチブラッカッター氏はRソーンに声をかけて今週はベンチ入りです。36歳ブラウン、37歳タナウマガ、Rソーンは34歳?30代中盤ですがまだまだやりますね。
Rソーンは今季からカンタベリーのクラブラグビーのプレイングコーチとして活躍して試合にも出ているしフィットしているでしょうし、まだまだ良い感じだそうです。なんとそのクラブのコーチの相方はAメイジャーと言う豪華な顔ぶれで選手たちは知的な良いコーチに恵まれていますね。
Aメイジャーが昨年怪我で引退したのが凄い残念で今でもそれは思います、私の中でベストな12番はAメイジャーですから。あのセンスとゲーム感の良さは素晴らしいものがあるしルークマカリスターが代表で10番で成長できた(2006年)のもメイジャーが居たからですし、
でもそのルークに最終的にメイジャーは2007年に12番のポジションを奪われてしまいましたが・・・

しかしワラターズのミッチェル足首の骨折プラス脱臼は酷かったですね、ウィップーの時も酷かったですがミッチェルの方が外れ方が酷い気がしました。本人は変な方向に曲がった足首を見てパニックになってしきりに足首を指さして助けを求めていましたね。あれはびっくりしますよね。
私も企業時代に人差し指があり得ない方向に曲がってちょっと焦りました(笑)でも先輩がまず気持ちを落ち着かせてって言ってくれたので、パニックになりませんでしたが、あり得ない方向にかなり曲がっていたのでびっくりした記憶があります。それ以降は、人が大けがをしたりパニックになった時にはまず手などを握ってあげて大丈夫だと言い聞かせて落ち着かせる事をするようになりました。それをすると痛みがかなり抑えれるので、痛みとメンタル面は凄い繋がりがあるのは確かですからね。
F
最後は久しぶりに作った筑前にですが、ちょっと味が薄かったかな~~でも後から調整で良い感じになって良かった。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中、クリック宜しくお願いします。
スポンサーサイト
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

移籍情報&東日本大震災・チャリティーバザー

またまた大物の日本行きが発表されています。ダンカーターのバックアップとしても名前が挙がっているチーフスのマイクデレイニーがパナソニック(旧サンヨー)に加入しトニーブラウンの抜ける穴埋めでしょうか。パナソニックが三洋を買い取ったんですか??
もう一人も辛うじてカーターのバックアップに名前をあげてもらっている、ブルーズのスティーブン・ブレットがトヨタに加入
とまだまだニュージーランドでも活躍できる選手が日本へ移籍が多くなっています。

しかし先日の地震そして津波の被害を見てムリアイナが日本行きを決めかけていたが、家族の事もあるしまだまだ迷っているとの事で、前にも書きましたが私はムリアイナは日本にはいかないのではないかなと思います。

6月位が日本の登録の締め切りだと記憶していますが、もしかしたらもう少し増えるかもしれませんね。

そう言えば書き忘れていましたが、シヴィヴァトゥーがワールドカップ後もNZ協会と契約を延長したと昨年あたりに言っていたのに、先日フランスのクラブ、クレモントと契約して本人も満足している感じです。その満足と言うのは、大親友のシオネラウアキが居るので、フランスで寂しがっているラウアキがシヴィ俺の所に来いよとでも言ったのでしょうか?それで解ったシオネと返事したシヴィが大親友のチームへ行く事を決めたかと(笑)
フィジアンとトンガンが大親友だんなてちょっと不思議と言うか・・・サモアとトンガ程の因縁は無いかも知れませんが、前に凄い中が良いと言うのをシヴィから聞いてテレビでも凄い仲良さそうなところを見たし納得でした。
この二人には共通点があるので色々相談と言うか対策会議をして仲良くなったとか?

ワールドカップの年は大物の移籍がかなり多くなると思うので今後も一杯ニュースが飛び込んで来るでしょう。
先週末にオークランドの色々なところで東日本大震災のチャリティーバザーに私の趣味で得意??のベイキングで色々なスイーツを作って寄与してきました。
C
日本人の主婦を中心とした方々が立ち上がっている二つの団体がバザーの協力をお願いしていたので、前から何かしら日本の為に募金以外にもしたいと強く思っていたところで、割と近くでバザーが行われると言う事で体調は相変わらず良くないですが、人の為に何かをするというのが好きな私は、母国が大変な事になっているしより何かをしない訳にはいかんと気合を入れて2か所で行われる為2か所に渡せる分のベイキングをやりまくりました。
前日から自宅のオーブンをフル活動させ、当日はスタッフの方たちへの差し入れとして前日から下ごしらえした赤飯を炊いたり、スポンジケーキのデコレーションと2日間大忙しでした。前日はナースとのミーティングも午前中あり買い物にも行きふらふらでしたが何とかやりました。
C
バザー当日に品物を持っていきましたが、スタッフの皆さんが忙しそうで声をかけるのに大変だったくらいです。それくらい寄与した物が多かった事と売れ行きも好調だったと言う事です。私が作ったのは、チョコチップ、ブルーベリー、レモンの3種類のマフィン(写真上)と23CMで初めて作ったスポンジといつもの20CMのスポンジ。

2か所に寄与しましたが、一か所目はベイクのみのバザーで、そこには23CMサイズのスポンジに日の丸のデコレーションをしました。なんと私の日の丸スポンジがテーブルに置かれて僅か20秒くらいでキウイの年配の方が他の品に目もくれず(多分)私のスポンジケーキを買うと言ってくれて、近くにいた私は「買ってくれてありがとう」と言ったら私がつくた事を耳にしたその方は「こちらこそありがとう」と優しく言ってくれました。(写真の右の方が財布を取り出して私の作ったスポンジケーキを買ってくれました)
C
初めて私の作ったベイクの品を販売すると言う事で凄い緊張でしたが速攻でスポンジを買って頂いて感激でした。
実は2か所目(ベイクだけでなく色々な物のセールをやっていました)にも持って言ったスポンジにも同じように日の丸のデコレーションをしたのですが、現地について車から品を取りだそうと見たら、真ん中の赤は残っていましたが廻りの白いアイシングが溶けてしまったので凄い悔しかったです。良い天気で気温も高くなっていたので溶けたのかな??残念。
C
(ピンボケしているけどアップで取った日の丸スポンジケーキ)

スタッフの方々が本当に凄く頑張られていて感動しました。それにこうやって立ち上がってくれて、日本の為にバザーを開いてくださったおかげで私もベイキングで協力する事が出来たし主催者の皆さんにお疲れさまでした、そしてありがとうございました。 ニュージーランドの色んな所で行われているイベントで被災者の方々に気持ちが届いて少しでも元気になってもらえる事が出来たらいいなと思っています。NZからも応援しています。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中、クリック宜しくお願いします。


関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

スーパーラグビーWeek6レビュー&Week7プレビュー&移籍情報

追加・・・
タイプミスでなんだか変な文で書いていたようで、突っ込みが入りましたので直しています。Kさんありがとうございます。私もかなり笑わしてもらいました(自分で書いておいて)。他にも自分で見つけたのがありますが、食べ物の所のミスは自分でも何を書こうとしたのか解らなかったので適当に直しておきました。 まあ調子が悪いと言う事で間違っているんだなと思っていただくとありがたいです(笑) また変なミスがあったらこっそりメールで教えてください。これからも沢山ミスがあると思うので。


前回の記事で何人かの方からメールをいただきました。ありがとうございます。
さて今日はちょっと元気を出して久しぶりのレビューを書きたいと思います。
6週目のレビュー

レベルズ42-25ハリケーンズ
前半途中までケーンズが調子をあげてきたヴィトのトライなので17対0でリードし前週レッズに53-3と大負けしたレベルズに圧勝か?と思われましたが、なんと前半終了には20-20の同点にされて折り返します。
後半はホームのレベルズがいけいけになり合計6トライを取られて17点差を見事にひっくり返されて17点差をつけられてだらしないケーンズで終わりました。しかし本当にだらしない。。。オールブラックスを沢山抱えていながらのこの試合・・・センターコンビはABsのレギュラーコンビだし、フロントローもキャップ保持者でロックもトラッシュ、イートンと良い選手をそろえているのに。。。やる気があるのかと思うようなハンドリングエラーが多く気が抜けているとしか言えないのでは・・・。

負けるとやっぱり色々言われるのがプロの世界で、トゥイッター中毒が数人いるケーンズにトゥイッターをやり過ぎている事をあげそれに対してジェーンがあれこれと言い訳をしておりました。
この話題はラグビーチャンネルで毎週水曜日でやるある番組でも話題に取り上げられて、元ABsのイアン・ジョーンズ氏はトゥイッターに対してチームがこんな状況の中で試合に向かう移動中のバスの中でやられたら凄いうっとうしいと言うようなきつい言い方で批判していましたが、私もこの意見には賛成します。 おそらくケーンズのチーム内でもそう思っている人はいると思います。 私も試合前はかなり集中して、前の晩からかなり試合に集中する方ですし、もし同じような選手がいたら凄い嫌ですね。 あとファンもシーズン中の特に試合に近い日とかでは絡むのを控えてあげるのもファンではないかなと思うのです。 


レッズ41-8チーターズ
前週ワラターズにアプセット勝利で海外での試合で初勝利をしたチーターズが好調レッズにどこまでやれるか楽しみにしていましたこの試合。しかし蓋をあけるとホームのレッズが乗り乗りでトライの山で圧勝。
快速ウイングのデーヴィスがレッズ初?のハットトリック達成と完全に思った場面でそれを意識しすぎたのか、なんでもないパスをノックオンしハットトリックならず。 圧巻だったプレイは、自陣ゴール前でチーターズがノックオンでレッズにアドバンテージ、そこでボールを持ったQクーパーがインゴールでイオアネにキックパスをし、イオアネが対面を抜いて独走しあわやトライかと言うプレイは見ていて面白かったです。
レッズは完全に乗っているので相手にとっては嫌な存在ですね。


チーフス13‐16ブルーズ
楽しみにしていた因縁の対決のこの試合。大雨の中でもケーンズのように酷いハンドリングではなかったのが試合を引き締めました。 試合開始早々にチーフスはレンジャーがパスを雨でボールが滑り教科書のようなノックオンでチーフスがそれをキックし一気にインゴールへボールが行き最後はメッサムがボールを押されてチーフス先制。その後もチーフスが押していて、ゴール前のチャンスでは突破力のあるタマロロがトライし10-0とリードを広げます。
力の入ったのは前半終了間際まで続いたチーフスのゴール前でのスクラム。 ゴール正面でペナルティーを得たブルーズは当然狙うかと思ったが点差が7点あった事から(それでも狙えと思いますが)優勢気味だったスクラムを選択し何度も組み直しがありました。ブルーズは押しきれずにサイドを突いてトライを狙いますが、そこで出来たラックでチーフスがめくりターンオーバー。これでピンチをしのいだと思ったが、終了間際にペネルティーを犯したチーフスはGK好調のルークマカリスターにPGを決められて10-6でチーフスリードで折り返します。
後半もがっぷりよつでどちらが勝ってもおかしくない試合でしたが、ブルーズは好調のペインがトライしトライ数では1-2と負けているのにルークのGKの好調のおかげで16-13と接戦を制した。


ブランビーズ22-29ワラターズ
この試合も最後まで解らない試合で見ごたえがありました。12-12でがっぷりよつで前半を終え後半はワラターズがリードしこのままいくか?と思ったら残り時間が少ないところでホームのブランビーズが昨年のブランビーズのトライ王のプロップのアレクサンダーがタックルを完全に受けながらも上手いボディーコントロールでインゴールにボールを抑えて逆転で試合が決まったか?
しかし先週ホームのサポータにまでブーイングされた酷い試合をしたワラターズが終了間際にトライを奪い逆転勝利で先週の痛い負けから立ち直れる貴重な勝利でした。


ストーマーズ51-16フォース
すいませんハイライトしか見ていません。。。 ここまで負けなしのストーマーズはトライがあまりとれなかったですがこの試合では13番Jフリー、2番Dフリーの二人のフリーが2トライと合計6トライの猛攻でフォースを寄せ付けずディフェンス+GKでの勝利だけだったストーマーズが初めて爆発した試合だった。しかし神戸でもプレイしたPグラントはモネステインよりGKが調子が良いですね。 モネステインはディフェンスが良くないしボックスの10番レギュラー争いはランビーも含めて白熱しそうです。しかしABsには羨ましい限りです。


ブルズ30‐23ライオンズ
この試合もハイライトのみしか見ていません。再放送もあるのですがそれも見ていないのが今年の私の状態です。。。 今年は国同士の対決はホーム&アウェーで行われますが、この試合は前回は開幕戦で対決していてその時はライオンズがサプライズ勝利かと言うところまで行った記憶がありますが最後に逆転で4点差でした。
今回はホームのブルズが途中まで圧勝か?と思わせる短かいでしたが後半に今年のライオンズは違うよと言うところを見せて最後は7点差まで迫り前回の試合に続いて7点差以内の敗戦でボーナスポイントを取っています。


最後は大成功だったロンドンの試合のクルセーダーズ対シャークスでニュージーランド国内ではここ最近ではまずあり得ない観客数の35,000を超える観衆で、ヨーロッパに住むキウイやサウスアフリカ人が沢山集まりました。
試合も北半球ではありえない早い展開でボールが良く動く試合でなおかつ激しさもあると言う現地の実況もかなりびっくりの様子が伺えましたが、SBW(サニービルウイリアムズ)が素晴らしいプレイを連発してくれたのでより盛り上がりました。彼は試合を重ねるごとに上手くなっていますね。オフロードの正確さはボクシングもこなすだけあってボディーバランスが素晴らしく軸がぶれないのでどんなところでもオフロードを出せ、しかも正確にという事が出来ますから、相手は何も出来ない状態です。

フルーエンとのセンターコンビは先日のラグビー番組でアンケートの結果、現ABsノヌー、スミスのセンターコンボを上回る支持(最終の結果は来週の火曜日)をされていましたがこれには私も納得しなければいけない程の素晴らしいセンターコンビです。
彼らだけではなく、カーターの内側に両ウイングが走りこんで簡単にゲインラインを越えてトライチャンスに結びつけるのが素晴らしいです。14番マイトランドもいつでもABsに呼んでも良いくらいですし、怪我から復帰の11番ザックギルフォードも素晴らしいランを何度も見せつけてキレが戻った感じで両ウイングで3トライ(マイトランド2)、そしてフルバックのダグもトライ、おまけはSBWの素晴らしいオフロードをもらったカーターもトライでトライのすべてはBKでした。

そのBKを活かしているのは勿論FWですが、これまた素晴らしいので言う事なし。スクラム良しラインアウトもまずます、ブレイクダウンも良し、おまけにはザックがラインを突破したのにホーローしたのがプロップのクロケットでザックからパスをもらって素早くマイトランドにパスするなどプロップでさえもリンクプレイに絡め、FWもBKのようなスキルがあるのがクルセーダーズの強さでしょう。クロケットは大型(身長が高い)プロップで良く走るし、このまま活躍すればABs復帰もあり得るかもしれません。彼ならではのリンクプレイで見ていて思わず拍手しました。

心配なのは途中退場したリード、Sホワイトロック、カーターですが、Sホワイトロックの足首の捻挫が酷いようで2,3週はまず駄目だろうとの事でベテランのジャックの活躍が期待されます。
前半34-18で完全にクルセーダーズのペースでしたが、リードが後半頭からベンチに下がってからはちょっとシャークスに勢いをつけた感じでした。それでもしっかり勝てるのがクルセーダーズです。

負けたシャークスはリーダーとしては文句なしでボックスでもキャプテンのJスミットがベンチに下がってからはスクラムも良くなったし、私はスミットを先発で使わない事がシャークスそして特にスプリングボックスが今年のW杯で優勝したいなら思い切って外すべきだと強く思います。
ボックスに至ってはマットフィールドと言うリーダーとしても良い選手がいるのでスミットを外せると思います。
リーダーシップは前回のW杯でリッチーマコウが良くなかったのが良い例で凄く大事ですが、まずはプレイが良い事が前提でその選手を使う事が一番ですから、ましてや彼は特にプロップでは全然駄目なのは明らかです。 シャークスはともかくボックスはスミットをどうするか非常に注目です。彼が外れれば怖いボックスが戻ってきそうな予感。
クルセーダーズ44-28シャークス

Week 7
今週は(も)面白い試合が多くて楽しみです、調子で見れないと言う事もありますが。。。

Highlanders v Brumbies Invercargill
先週Byeだったハイランダーズはリフレッシュしてホームで暴れて欲しいです。やっとスレイドが戻ってきてこれで10番が固まりそうですが、彼のパフォーマンス次第でまた開幕戦から3連勝で勢いがあったハイランダーズが戻ってこれば面白くなりそうです。 スレイドが戻ってきたのでトニーブラウンが外されるかと思いきや、ロビーロビンソンが2週前にバーで暴れたそうでそれが原因で元日本代表でもあった(元ABsでもある)ジョセフ氏がロビンソンをベンチにも入れませんでした。厳しいですね~~ スレイド見たさにABsセレクターはスレイドを見にインバカーゴ入りでしょうね。ポキも復帰で勝てるでしょう。彼がいなかった時は勝っていなかったですね。
Highlanders
1 Jamie Mackintosh (c) 2 Jason Rutledge 3 Chris King 4 Jarrad Hoeata 5 Tom Donnelly
6 Adam Thomson 7 Alando Soakai 8 Nasi Manu 9 Jimmy Cowan 10 Colin Slade 11 Siale Piutau
12 Shaun Treeby 13 Kendrick Lynn 14 Kade Poki 15 Ben Smith
Replacements
16 Mahonri Schwalger 17 Halani Aulika 18 Josh Bekhuis 19 Nick Crosswell,
20 Aaron Smith 21 Tony Brown 22 James Paterson

Waratahs v Chiefs Sydney
金曜日は2試合連続で好カードでチーフスはシドニーでワラターズとでデレニーがここで活躍すればカーターのバックアップをスレイドとの一騎打ちになるか? 対面になる予定だったバーンズは得意の脳震盪(今季2度目)でしばらくは出来ないのでは・・・ヘッドキャップ被っててもなるしかなり癖になっているんでしょうね。私も脳震とうは癖になっていた時期があったので。。。
タナ・ウマガは今週はお休みでベンチスタートで九電に入るスイニーが12番ですがスイニーも良い選手ですので活躍して欲しい。1番はベンメイがまたもや怪我で代わりには昨年のNPCで大活躍したトビースミスが入り先週も途中出場で良かったのでこの試合でも活躍しそう。
3列がとにかく走力のある選手で高速ラグビーが出来ると思うのでBKにタレントを揃えているチーフスが勝てるのではないでしょうか?ワラターズも怪我からワラビーズの選手が戻ってきて強力なフロントローになっているし手ごわいでしょうが、まだパルーが本調子ではないと思うし、フィル・ウォーも怪我が癒えていないと思うしチーフスが有利でしょう。 

Waratahs:
15. Lachie Turner, 14. Atieli Pakalani, 13. Ryan Cross, 12. Tom Carter, 11. Drew Mitchell,
10. Kurtley Beale, 9. Luke Burgess, 8. Wycliff Palu, 7. Phil Waugh (c), 6. Ben Mowen,
5. Pat O'Connor, 4. Dean Mumm, 3. Sekope Kepu, 2. Tatafu Polota-Nau, 1. Benn Robinson.
Reserves:
16. Damien Fitzpatrick, 17. Paddy Ryan, 18. Sitaleki Timani, 19. Dave Dennis,
20. Pat McCutcheon, 21. Brendan McKibbin, 22. Daniel Halangahu.
Chiefs:
1. Toby Smith, 2. Hika Elliot, 3. Nathan White, 4. Craig Clarke, 5. Isaac Ross, 6. Scott Waldrom,
7. Tanerau Latimer, 8. Liam Messam (c), 9. Brendon Leonard, 10. Mike Delany, 11. Sitiveni Sivivatu,
12. Dwayne Sweeney, 13. Richard Kahui, 14. Lelia Masaga, 15. Tim Nanai-Williams.
Reserves:
16. Aled de Malmanche, 17. Sona Taumalolo, 18. Culum Retallick, 19. Fritz Lee
20. Tawera Kerr-Barlow, 21. Tana Umaga, 22. Save Tokula.


Blues v Cheetahs Whangarei
ブルーズはファンガレイでチーターズとですがカイノが怪我で欠場となっていますが、ラム氏得意の格下相手に万バー落としのような気もするのは私だけでしょうか?? 代わりは開幕戦からNo8で活躍していたのに何故かここ2試合はベンチにも入れてもらえなかったロウリーが6番に入ります。ダニエルブレイドもまだ怪我で出れません、弟のルークが頑張っているのでこのまま成長してレギュラーか?兄より体が大きいし将来性も兄より上だと思っていましたが、ちょっと伸び悩んでいます。試合経験を積んでマットトッドと争えるようになれば。。。
FWのベンチにはロックのJキングはトレーニングスコッドからですが、期待の新人モリがプレシーズンで怪我をして今季絶望でチャンスがまわってきましたが、キングは走れるロックで私は将来性のある選手だと思います。
もう一人のルアマヌは以前も書いたようにパワフルな選手で昨年のNPCより体を絞れているので非常に楽しみです。彼に仕事量が増えれば面白い選手になるでしょうし今シーズンのルアマヌに注目したい。

チーターズはせっかく怪我から復帰したブロッソーが先週途中退場して今週はメンバーに入っていないのが気になりますが、彼がいると居ないとでは全然違うでしょうしブルーズがこの試合では圧勝でしょうか。
Blues:
1. Tony Woodcock, 2. Keven Mealamu (capt), 3. John Afoa, 4. Kurtis Haiu, 5. Anthony Boric,
6. Chris Lowrey, 7. Luke Braid, 8. Peter Saili, 9. Alby Mathewson, 10. Stephen Brett,
11. Joe Rokocoko, 12. Luke McAlister, 13. Jared Payne, 14. Rene Ranger, 15. Isaia Toeava.
Replacements:
16. Tom McCartney, 17. Tevita Mailau, 18. James King, 19. Matt Luamanu, 20. Chris Smylie,
21. Lachie Munro, 22. Benson Stanley.
Cheetahs:
1. Coenie Oosthuizen, 2. Ryno Barnes, 3. WP Nel, 4. Francois Uys, 5. Wilhelm Steenkamp (capt),
6. Kabamba Floors, 7. Philip van der Walt, 8.Davon Raubenheimer, 9. Sarel Pretorius, 10.Sias Ebersohn,
11. Wilmaure Louw, 12. Corne Uys, 13. Robert Ebersohn, 14. Philip Burger, 15. Riaan Viljoen.
Replacements:
16. Skipper Badenhorst, 17. Lourens Adriaanse, 18. Izak van der Westhuizen, 19. Ashley Johnson,
20. Tewis de Bruyn, 21. Naas Olivier, 22. Barry Geel.


Hurricanes v Bulls Napier
ハリケーンズはそろそろしっかりした試合をして欲しいですが、今週はネイピアで昨年のチャンピオンのブルズと対戦です。今週の大一番かなと思うこの試合ですが、やっとギアが肩の怪我から一カ月ぶりに戻ってきたのが大きいか。でも好調のテイラーを外すのも勿体ない気も・・・サヴェアも良いし仕方がないか。
オープンサイドフランカーにリロを入れてきて疲れ知らずのラムをブラインドサイドに持ってきて走り勝つようにしようとしているのかな?二人のオープンサイドを揃えて高速ラグビーが出来ればでブルズに勝てるかも。 
ブルズのリザーブのヤコはNECに居たヤコですか?彼もまだまだ頑張りますね。
Hurricanes
1 John Schwalger 2 Andrew Hore (c) 3 Neemia Tialata4 Jeremy Thrush 5 Jason Eaton 6 Jack Lam
7 Serge Lilo 8 Victor Vito 9 Chris Eaton1 0 Daniel Kirkpatrick 11 Hosea Gear 12 Ma’a Nonu
13 Conrad Smith 14 Julian Savea 15 Cory Jane
Replacements
16 Dane Coles 17 Jacob Ellison 18 James Broadhurst 19 Mark Reddish
20 Tyson Keats 21 Aaron Cruden 22 Charlie Ngatai
Bulls:
1. Dean Greyling, 2. Gary Botha, 3. Werner Kruger, 4. Bakkies Botha, 5. Victor Matfield (capt),
6. Deon Stegmann, 7. Dewald Potgieter, 8. Pierre Spies, 9. Fourie du Preez, 10. Morne Steyn,
11. Bjorn Basson, 12. Wynand Olivier, 13. Jaco Pretorius, 14. Francois Hougaard, 15. Zane Kirchner.
Replacements:
16. Chiliboy Ralepelle, 17. Rossouw de Klerk, 18. Flip van der Merwe, 19. Derrick Kuun,
20. Francois Brummer, 21. Gerhard van den Heever, 22. Jaco van der Westhuyzen.


Force v Rebels Perth
これ何気に白熱しそうか?レベルズは本当に強いのか弱いのか? よく解らんチームです。

Lions v Reds Johannesburg

Sharks v Stormers Durban
ブルズのメンバーも凄いですが、シャークス、ストーマーズのメンバーも凄いですね。
私がレビューでスミットを外す事を書いていたらこの試合で外しているでシャークスのコーチは賢いです。フッカーのBデゥプレッシーは世界一のフッカーだと思いますが、確か彼も首の怪我から昨年復帰しました。しかしバーガーと言いスミットはそこまで酷くなかったかも知れませんが、皆が首の怪我で手術し再発せずに良くやれてます。NZで首を怪我して手術が必要になった選手は皆再発して引退しています。私も同じ怪我ですし凄いなと思います。
この試合は凄い試合になりそうで楽しみです。BYE
Sharks:
1. Tendai Mtawarira, 2. Bismarck du Plessis, 3. Jannie du Plessis, 4. Steven Sykes,
5. Alistair Hargreaves, 6. Keegan Daniel, 7. Willem Alberts, 8. Ryan Kankowski, 9. Charl McLeod,
10. Jacques-Louis Potgieter, 11. JP Pietersen, 12. Meyer Bosman, 13. Stefan Terblanche (capt),
14. Odwa Ndungane, 15. Louis Ludik.
Replacements:
16. John Smit, 17. Eugene van Staden, 18. Gerhard Mostert, 19. Jacques Botes,
20. Conrad Hoffman, 21. Adrian Jacobs, 22. Lwazi Mvovo.
Stormers:
1. Wicus Blaauw, 2. Deon Fourie, 3. Brok Harris, 4 Rynhardt Elstadt, 5. Andries Bekker,
6. Schalk Burger (capt), 7. Francois Louw, 8. Duane Vermeulen, 9. Dewaldt Duvenage, 10. Peter Grant,
11. Bryan Habana, 12. Jean de Villiers, 13. Jaque Fourie, 14. Danie Poolman, 15. Gio Aplon.
Replacements:
16. Ethienne Reynecke, 17. CJ van der Linde, 18. De Kock Steenkamp, 19. Nick Koster,
20. Ricky Januarie, 21. Gary van Aswegen, 22. Juan de Jongh.

Bye
Crusaders

クルセーダーズはロンドンに行った後に休みでラッキーですね。一方のシャークスはかなり強行スケジュールで可哀想です。今年は何故かByeのチームが自動的に勝ちの4ポイントがもらえるのが余計にややこしくしている気がします。どういう意味で4Pを与えることにしたのか?NZでも話題になっております。
移籍情報は、もうすでにメディアで紹介されているソーンとムリアイナが日本に行くとか、しかしムリアイナはまだチームは絞ってない事を先日ラグビーチャンネルのある番組で言っていましたが日本に行くかどうかも決めていないのではないかなと思います。 来週中にははっきりするでしょうか。

元チーフスで昨年からワラターズ入りしているアネシは今季は出場機会もなくベンチすら入れてもらえず、しまいにはオークランドから今季ワラターズ入りしたパカラニは先発でも出たりベンチ入りは確実で追い抜かれています。そう言う事もありアネシは日本行きが決定でNTT(関東の)と契約したようです。マークジェラードが抜けたのでその穴埋めでしょうか。

もう一人はサプライズですが、今季ブルーズの13番でかなり活躍している昨年までのクルセーダーズに居たペインがジョンアフォアと同じくアイルランドのUlsterと3年契約。
コンラッドスミスタイプでウイングフルバックが本職で将来性のある選手なので凄い勿体ないなと思いますが、SBW、フルーエン、その他ウイングなどで良い選手が多いのでABsを諦めた感じですが、このまま活躍して今年ABsに呼ばれたら契約をキャンセルするのか? でもBKの席は一杯いっぱいですからそれを見越しての移籍でしょうか。今日はインタビュー攻めでした。
F
最後は久しぶり?の夕食画像です。
丸ごと一匹で買った魚を3枚におろして冷凍していたものがあったのでカタクリをつけて焼きましたがかなり美味しかった。ポテトサラダに、メインは豆腐、チンゲン菜、人参、玉ねぎ、ベーコンのオイスターソース炒めでこれがかなりいけるんですよ。にらが半分残っていたのでにらと春雨のスープで酢が好きな私は酢も入れての味付け。 ご飯の上は目玉焼きは油を使うので嫌なので、レンジでチンしてヘルシーです(笑) ご飯の手前には前の日の残りのサツマイモの煮物とかなり一杯の食事ですが、勿論今では全部は食べれませんと言うかラグビーをやれていないので食が細くなり(細くしてかな)体重もかなり落ちました。

前回はちょっと暗い内容だったので今日はご飯を作っている事を証拠にしました。
只今ホームステイしてくれる人を募集中とか調子に乗って書いてみました(笑)2or3食+時々デザートしてマフィンやケーキも付き時々和菓子も付きますよ。って本気で募集しているのかと思われそうなのこの辺で失礼します。

NZ勢が今週は全勝して欲しい。



にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中、クリック宜しくお願いします。







関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

プロフィール

ラグオ

Author:ラグオ
ラグビーが大好きでラグビー王国ニュージーランドへ。現地のクラブでプレーしニュージーランドラグビーに虜に。それ以来ラグビーシーズンに合わせて日本とNZを何度も行き来して今ではNZに永住。NZラグビー最高です!だからここに来たしこれからも。
趣味は料理、ベイキング、写真など・・・致命傷の怪我でラグビーがやれなくなってからベイキングを始め今では一番の趣味かも。試食したい方はどうぞ(笑)
近い将来再びグラウンドに立てるまでリハビリがてらブログを書いています。心身共に調子が良くないので時々弱気な発言があるかと思いますが許してください。
ラグビー大好きなら大満足出来るそんなラグビー王国から呟いています。ラグビーについて色々語りましょう。

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリー
ブログランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ
↑ランキングに参加中
↓クリックお願い致します


ラグビー ブログランキングへ
RSSフィード
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

オールブラックス ニュージーランド Rugby ラグビー AllBlacks NewZealand Super14 ラグビーワールドカップ スーパー14 ワラビーズ スプリングボクス ブルーズ クルセーダーズ スーパーラグビー Zealand New NZ チーフス ジュニアオールブラックス Blacks All Springboks カンタベリー オークランド ウエールズ ハカ Air Cup アイルランド イングランド ホックスベイ カナダ ジェリーコリンズ フランス サモア Wallabies AirNZCup ダンカーター スコットランド ウエリントン ダグハウレット タナウマガ ハリケーンズ 日本 ストーマーズ ハイランダーズ セブンス ABs Auckland ワイカト タラナキ トップリーグ ハイネケンカップ ブルズ トンガ Australia イタリア Canterbury トライネーションズ Nations SouthAfrica ワラタス SBW ボクシング マオリ サウスアフリカ マンスター ノヌー モセトゥイアリイ Pacific ANZC ブランビーズ ロビーディーンズ スパーラグビー ベッカム キウイ ルークマカリスター AirNewZealandCup シャークス ラグビーチャンネル マフィン ジュニア イーデンパーク ランフリーシールド Premiership England シオネラウアキ オーストラリア ダニーデン トライ ワールドカップ エアニュージーランドカップ ブリディズローカップ ジョニーウィルキンソン トニーブラウン ラグビートニーブラウン ハミルトン スクラム ジャスティンマーシャル オールブラッククス 日本代表 クリスジャック ネットボール 箕内 クリスジャク リコギア リコ・ギア パシフィックネーションズ apan フィジー シオネラウア キースロビンソン リッチーマコウ アリウイリアムズ 海外ラグビー スパー14 Blues ニックエヴァンス サニックス Wellington グレックサマヴィル NZマオリ ダン・カーター サウスランド Waikato W杯 Scotland Ranfurly PACIFIC Shield Six Tonga Supre14 ウェールズ アルゼンチン ロールケーキ デザート サニービルウイリアムズ コスプレ ホワイトロック ドナルド カフイ チョコレート 癒し チータース ライオンズ フォース レッズ バレンタインデー ケーキ ベイキング Otago NorthHarbour シックスネーションズ ジェイソンイートン Super14 ジェーソンイートン クライストチャーチ クラシックオールブラックス Newzealand ABs ジョナロムー シドニー サッカー 派閥 ルーベンソーン ヤマハ アーロンメイジャー ヘンリー 日本代表J AB JonahLomu Jonah Japan Jrオールブラックス Junior Lomu KapaOPango ISLANDERS Guinness Argentina AllBlacksスーパー14 BLUES Bluse France Fiji 妊娠 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。