スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

All Blacks-SpringboksB プレビュー&ボックス怪我人21人が猛練習& ABsグッズ

C
先日焼いた最近のマイブームのレモンパウンドケーキ。今回は砂糖はブラウンシュガーで試しました。レモンパウンドにすっかりはまっています。2個分同時に焼いているので一個はお世話になっている人にプレゼントしました。

まずは先週末のフィジーとのテストマッチのレビュー。

この試合を最後に今後ダニーデンで行われる試合はNPCのオタゴ、スーパーラグビーのハイランダーズ
そして目前に迫ったラグビーワールドカップもCarisbrookではなく新しく建設されたドームで行われる事になります。そう言えば昨年既にオールブラックスの最後のCarisbrookと言う事でセレモニーをやったのに・・・

クライストチャーチへのチャリティーマッチだったが残念ながら観客は3分の2もいかなかった。
私の予想は60点差でオールブラックスが勝つとプレビューでも書きましたが、得点は丁度60点だったが後半健闘したフィジーに2トライを奪われてしまったのはちょっといただけなかったか。

今シーズン初めての試合だと言う事でコンビネーションはまだまだで細かいミスが目立った。
もちろん良い場面も沢山あり初戦としてはまずまずかなと言う感じでしょうが、ラインアウトとリスタートのキックオフの悪さがかなり出ていたのがとても気になった。確かにフィジーが良い所に蹴っていたのだが、キープしたのを思い出すのが難しいくらいの酷いキックオフだった。
これが競った試合だったら一気に地域とボールを同時に奪われてピンチになる。トライネーションズそしてW杯のトーナメントでは勝てないだろう。
キャッチする人とリフティングする人のタイミングと言うかコンビネーションが初戦だからと言う言い訳は出来ないくらいの酷さだったし、キックオフやラインアウトは基本なので毎回しっかりやらないといけないでしょう。

一番安心したと言うか、やっぱり11番は彼だなと強く感じたのは、シヴィヴァトゥーの復活。
トライを取る事が仕事のように思われているウイングだけど、シヴィヴァトゥーはトライを演出する能力がある、前半左中間にホアのライになった場面で、まずシヴィヴァトゥーがブラインドサイドからライン参加でビックゲイン、そしてラックになってオープンに展開する時に、今さっきまで仕事をしていたシヴィヴァトゥーが直ぐにBKラインに戻ってトライに関わるプレイをしている仕事量の多さが素晴らしかった。

彼の良い所は、スピードとキレのあるステップは言うまでもないが、強さもある上にディフェンスとの間合いがあまりなくても相手を抜く技術を持っているのが他の選手とは一味違う所。 そしてプラスして今書いたようにウイングの位置でボールを貰うだけでなくBKラインの間に入ってセンターのような仕事をしたりも出来るし、仕事量が多い事が特にこの前の試合で印象だった。これは今回ABsに選ばれな方ジョーロコもどこにでも現れる選手で凄い仕事量でディフェンスも良いと言う事で長年選ばれていたのでしょう。

今コーチ陣が彼より買っているHギアはボールを持ってトライを取る能力はパワーもあるしスピードもあるので良い物を持っているのだが、彼の場合はディフェンスとの間合いがなかったり、スペースがなかったら他に技術がないので良い仕事が出来ない。と言う事で私はシヴィヴァトゥーの方を断然買っています。

他の選手では後半から途中出場のBスミスが良い仕事をしてトライをアシストするなど少ない時間帯でも良いところを何度か見せたのが印象的だった。見たかった選手なので活躍してくれて嬉しかった。
同じく途中出場のハーフバックのウィップーも上手いキックでトライチャンスを作るなど、球出しの店舗もまずまずだったし、先発のカウワンの出来がキックも含めて全然良くなかったので今週は先発で使って欲しいと思ったかも。多分そうなると思うけどカウワンの出来が悪過ぎです。

後半フィジーに2トライされましたが、一個はコンラッドスミスのミスタックルから始まった。もともとディフェンスが良い選手だと思うけど、昨年もワラビーズ戦でビールに2度も抜かれたりと、ここ最近タックルミスが目立つようになってきているのが気になるかも。

スレイドは派手さは無いけど安定感はあるので私はダンカーターのバックアップには合格点かなと個人的に思います。もっと試合をこなして高いレベルでも試してワールドカップに備えて欲しいです。

久々のABs復帰のアリウイリアムズは、試合前のインタビューでも言っていたように、緊張しているのがプレイにも表れていて、何度もパスミスをしたりと自分で自分にイライラしていた感じだったか。
でも良くここまで立ち直れたし、経験のある選手だしこれから試合を重ねればもっと上がっていくと思います。

最後に新人のJホエアタは途中で足を痛めたようで、それでコーチ陣が後半苦戦してた事もあり交代させたようですが、あの試合だけでの判断は出来ないかなって感じです。今週もBソーンを休ませるようですし、アリとホエアタの出番はあるので楽しみです。

その他の休養選手はKリード、Oフランクス、ブルーズのメアラムの名前が挙がっていて、もう十分休んだと思うけど、スプリングボックスが21人の主力を怪我と偽って??休ませているので、スーパラグビーで沢山試合をこなしプレイオフまで行ったクルセーダーズ、ブルーズの選手は強制で休養させられるようです。リード、ソーンは途中で怪我で数試合休んでいるのにね。

この試合でMノヌーがオレンジのスパイクを履いていた事について、ラジオを聞いているとかなり騒がしくなっています。ABsの伝統は黒と白なのでブラック&ホワイトブーツにすべきだと言う意見が司会者を含めてかなり居るようです。

スポンサーのアディダスは今流行り?のカラーブーツを選手にも履いてもらいたいしある意味仕方のない事だとは思うのですが、黒や白があるし伝統があるしそうすべきかなと言う事も言えるかなと思います。でもここまで騒がしくなるとはちょっとびっくりです。
そう言えば日本でプレイしている時にもサポーターの色とかスパッツ?の色とかでそれは駄目だとか今はどうか知りませんがあったのが厄介でした。

さて今週はいよいよトライネーションズの初戦で相手は21人の主力が怪我で遠征に来れなくて、Bチームで乗り込んできたスプリングボックスBとの対戦でいまいち盛り上がりに欠けています。

その21人の怪我の件でウエリントンの空港にボックスが着いたらニュージーランドの取材陣がボックスのコーチにここぞとばかりに質問攻め。もちろん内容は21人の怪我人の事で彼らは今はどうしている?

顔が引きつっていて、答えるのも母国語が英語でないのでただでさえぎこちないのが、痛い質問でさらにぎこちなくなって辛そうでした。でも怪我人はトレーニングをしていないと言いきっていました。

しかし次の日には、サウスアフリカで取材をしている記者が、怪我人出練習も出来ないとされている21人の選手が集まってトレーニングキャンプをしていて、ハバナがバリバリ走っていて絶好調とか、マットフィールドも調子が良さそうとか言うのを、NZのラジオで電話で話しているときに興奮してそれを伝えていました。

この事実をしったNZの記者はますます過熱して、さらに突っ込んでコーチやキャプテンのJスミットに質問。さらにはサウスアフリカに居るCEOに記者会見が行われて、この事実を突っ込まれて質問しているのをテレビで見ました。
そしたらそのCEOは逆切れして
「21人は怪我している、ドクターは今はNZだからはっきりは解らないが、怪我人と言う事は事実だ、それで何を想像しているのか?」

ニュージーランドの記者もそこまでしつこく聞く事もないかと思うけど、どうしてコーチは21人を怪我人で来れないと嘘をついたのか?2007年のJホワイト氏ははっきりと選手を休ませると言って、BかCチームを遠征に連れて行くことをした。そしてW杯を見事優勝した。
今のコーチはそれを真似したと思われるのが嫌なのか知らないけど、嘘をついてまで怪我をして来れないと言う事をして、今回のようにバリバリ激しい練習をしている21人のAチームの選手の事実が知られればもっと問題になるでしょう。まったくあのコーチには毎回呆れます。第一21人のしかもAチームの選手だけがそろって酷い怪我をするのがあり得ません。

ボックスがBチームだからABsもクルセーダーズやブルーズの選手で沢山試合をこなした選手をこの試合でも休ませる事にしていますが、ABsも主力の一部を休ませるのでW杯の年のトライネーションズはあまり意味のないものと言うか、レベルの低い試合になっているますね。 これはメディアでもかなり言われていて、W杯の年はトライネーションズはやらない方が良いのでは?と言う意見も出ています。

メンバーはボクスは当初の発表(以下)から急遽変更がありました。10番Mステインが15番に入り15番に入る予定のランビーが10番に入る事になりましたモネステインのディフェンスが悪いのでこれは良い変更かなって思います。ランビーは初のABsとの対戦で興奮気味とか。

その他のBKもセンターコンビは良い選手ですし12番は小柄だけど何気に強いしラインブレイクも出来るしノヌーのディフェンスが試されるかな。13番ジェイコブスもつい数年前まではレギュラーでしたし。11番ボボ(そう聞こえるかな)は決定力あるし、今は調子のいまいちなハバナより良いかなって思います。

FWも3列も悪くないし何気に良いメンバーのボックスでABsも余裕を見せている事は出来ないでしょう。

一方のABsは先週のメンバーからはあまり変更は無く、新人のホエアタがベンチでSホワイトロックが先発、カイノが6番に入り、トンプソンはNo8でABsでは初めてのポジションですが、走力あるし攻撃的なNo8で楽しみ。それにリードのバックアップ候補にはメッサムよりはフィジカルで良い物を持つトンプソンの方が良いと思うし。
リッチーマコウがNo8でトンプソンが7番と今週始めは言われていたけど、それはなくて試合中にリッチーがNo8に入ったりして交代するらしいです。 トンプソンの7番はテストレベルではまだ活躍したところを見ていないしW杯まで何度も試して欲しいです。

BKは10番に大御所ダンカーターがスレイドをベンチにして先発。ウイングには先週でABs当確?となるアピールをしたシヴィヴァトゥーが22人にも入らずジェーンが14番に入り最後の生き残りのチャンスを与えられました。ジェーンのここ数年のABsでは安定して活躍して実績を残しているので、ここでアピールできれば生き残りにも可能か?

しかしシヴィヴァトゥーが入ると、ザックが落ちて、もう一人30人のスコッドから落とさない限りジェーンは残れませんね。来週復帰予定の私の買っていないHギアがシヴィヴァトゥーとポジションがダブるので彼が落ちればジェーンもチャンスありか。

ザックは2試合連続でチャンスを与えられて初のトライネーションズ戦になります。昨年はトライネーションズ直前でスコッドから落とされていおるだけに、この試合ではもうアピールして生き残りにアピールしたいところ。

試合はFW戦で激しくなるのは恒例ですが、先週フィジー戦で雑だったブレイクダウンはカイノが入ったしリッチーも徐々に調子を上げているでしょうしあまり心配していません。

問題はキックオフとラインアウトがどれくらい修正されるかが一番の注目でW杯を勝つにも必ずしっかりしたいところなので、きっちりとやってくれる事を願っています。
スクラムは1番クロケットは大分安定してきているしあまり心配していませんが、3番で試されているBフランクスが1番は良いけど3番ではまだまだなのでボックス相手にどれくらい出来るか注目したいです。アフォアもそろそろいっぱい使って欲しいですが。

予想は上記に書いたキックオフとラインアウト次第で大分変わってくるかと思いますが。それらが良ければ30点差以上で、そうでなければ10点差くらいでメディアや国民にかなり言われる事になるかと。いずれにしろ負ける事は無いでしょうし、負けたらえらい事ですね。


先日NZラグビーユニオンと契約を一年間だけですが延長(スーパーラグビーのチームはまだ未定)したSBW(サニービルウイリアムズ)はベンチで初めてNZでABsの試合になりそう。来週のワラビーズ戦は12番で先発?
9番はウィップーの先発が見たかったですね。来週はエリスがベンチか先発か?Hギアが11番か?
トエアヴァ(今週末)ウッドコック(来週の頭)にNPCで復帰でサウスアフリカ遠征でABs復帰になりそう。

そう言えば今日は新しいABsジャージのお披露目です。

New Zealand:
1. Wyatt Crockett, 2. Andrew Hore, 3. Ben Franks, 4. Sam Whitelock, 5. Ali Williams,
6. Jerome Kaino, 7. Richie McCaw, 8. Adam Thomson, 9. Jimmy Cowan, 10. Daniel Carter,
11. Zac Guildford, 12. Ma'a Nonu, 13. Conrad Smith, 14. Cory Jane, 15. Mils Muliaina
Reserves:
16. Corey Flynn, 17. John Afoa, 18. Jarrad Hoeata, 19. Liam Messam,
20. Piri Weepu, 21. Colin Slade, 22. Sonny Bill Williams.

South Africa:
1.Dean Greyling, 2.John Smit (captain), 3.Werner Kruger, 4.Gerhard Mostert, 5.Alistair Hargreaves,
6.Deon Stegmann, 7.Jean Deysel, 8.Danie Rossouw, 9.Ruan Pienaar, 10.Morne Steyn, 11.Lwazi Mvovo,
12.Juan de Jongh, 13.Adi Jacobs, 14.Bjorn Basson, 15.Patrick Lambie.
Reserves:
16.Chiliboy Ralepelle, 17.CJ van der Linde, 18.Ryan Kankowski, 19.Ashley Johnson,
20.Charl McLeod, 21.Wynand Olivier, 22.Odwa Ndungane.

REFEREE: Alain Rolland

AB
最後に今回はオールブラックスのグッズです。自分で買う事があまりないABsのグッズは、プレゼントでいただいたり、Fly Buysと提携の店(ガソリンスタンド、スーパー、酒屋、等)で買うとポイントがたまり商品を選べてそれで選んだABsの縫いぐるみで胸のボタンを押すとハカのサウンドが流れます。
縫いぐるみの下のクッションはプレゼントで大分前に頂いたもの。私へのプレゼントはラグビー関係で選ぶのに苦労しないとか言われたりします(笑)
まだまだいっぱいあるABsのグッズをちょくちょく紹介していく予定です。


にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ 
←ランキングに参加中、クリック宜しくお願いします。
スポンサーサイト
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

毎日忙しいITM-Cup & ラグビーワールドカップ・グッズ

月曜日以外は全て何らかの試合がある今年のNPCで選手たちも大忙し。いや実況解説そしてレフリーの方たちもかなり大変だと思いますが、7日間で3試合とあり得ない日程を組ませるラグビー協会は何を考えているのか??

Ruund4の結果から。
26 July
BOP 36-8 Waikato
唯一の全勝チームのベイオブプレンティーはチーフスの支配下チーム同士のワイカトと対戦。

来年のチーフスのセレクションマッチでもあるのでより選手は気合が入っていた感じだった。
先週末の試合で肩を怪我したドナルドがこの試合で欠場したのがワイカトにはかなり痛かった気がする。BKラインでラインブレイクを何度もされるしドナルドの存在が大きい事が解った。 

そのラインブレイクはマイクデレイニーが抜けたポジションを任されている10番ワエンガ。前がしっかり見えていて、パスが出来ないと解ると自ら突破を仕掛けて何度もブレイクしトライチャンスを何度も作り勝利に大貢献。

後半からは今年ブルーズで活躍したルークブレイド、そしてNZ-U20で大活躍したSケーンを3列に入れて、ラティマを含む3人のオープンサイドフランカーが3人並ぶという珍しい事も。若手の成長でキャップ保持者のラティーマーのポジションが無くなるのも時間の問題かも。今年は日程が厳しいのでローテーションで使っているのでまだラティーマーの出番はありそうだが。 

今年のBOPはメンバーも良いけど、ブレイクダウンでの激しさが半端でなくFWがしかり前に出て、決定力のあるBKに展開しトライと言うパターンだ。マサガも好調でディフェンスも上達して来た。15番はセブンス代表のトビー・アーノルドでセブンスのスキルを活かしたスペースの使い方やランニングでこの日も2トライで目立っていた。来年のチーフス入りが濃厚な選手。

27 July
Wellington 37-28 Canterbury
立ち上がりから激しい点の取り合いで最後まで面白くて目が離せない試合だった。
特に目立ったのがVビトで、もろに尻を出していた事だけでなく、ランでも豪快に前に出た後にこれまた豪快なオフロードパスでチャンスを作るなど大活躍で解説のJマーシャル氏も何度も叫んでいたくらい。 

カンタベリーにはようやくデビューを飾った昨年のNZ-U20代表のブレインダール。相変わらず落ち着いたプレイぶりで、初めての試合にしては合格かなって感じでしょうか。まだまだ実力はある選手だと思うのでこれから試合を重ねればもっと良くなるでしょう。ゴールキックは途中から蹴っていてかなり良かったかな。ヘッドギアーを被っているし長身だしラーカムに似ているなと思った。パスも長いパスを出せるしプレイも一見やる気が無いように見える(淡々とやるので)けど度胸のある選手かなと勝手に思ったかも。

先日まで10番を務めていたTテイラーはお父さんが元オールブラックスの方ですが、彼のセンスもなかなか良くスピードあるしランのキレも良いし来年はクルセーダーズで経験出来れば将来が楽しみかも。

しかしウエリントンがここまでカンタベリーを攻撃で滅多打ちにするとは予想外でした。それくらいウエリントンの攻撃は良かったのですが。カンタベリーは今季ハイランダーズで活躍したナシマヌの突破力が毎試合凄いなと思う。

Northland 16-23 Taranaki
ホームのノースランドは、タラナキの10,12番に何度もラインブレイクされトライを奪われる事になったのが敗因か。
そのラインブレイクをしたのは今年のNZ-U20の15番バーレット(タラナキでは10番)と昨年までハイランダーズで今年はハリケーンズのJハイワードの2人で何度もブレイク。 ハイワードはここ数年タラナキBKの中心選手で3,4年前にはノヌーを対面に2回ほど指一本触れさせずラインブレイクをした選手で私も注目していましたが、スーパーラグビーでは特にハイランダーズであまりつかてもらえず伸び悩んでいましたが、試合をこなせばもっと成長する選手だと思います。
Round5の組み合わせ
28 Jul
North Harbour v Hawke's Bay
29 Jul
Southland v Counties Man  Invercargill  6:05 pm(ランフリーシールド)
Waikato v Tasman Hamilton 8:05 pm
30 Jul
Canterbury v Manawatu  Christchurch 2:35 pm
Northland v Otago  Whangarei  4:35 pm
31 Jul
Taranaki v Auckland  NPlymouth 2:35 pm
BOP v Wellington Mt Maunganui4:35 pm

今日金曜日は通常1試合ですが、明日はオールブラックスのテストマッチがあるので3試合から2試合に減らされた為、金曜日が2試合となりました。その一試合目は先週カンタベリーからアプセット勝利をしてランフリーシールドを奪い返したサウスランドがホームでの試合なのでランフリーシールドをかけた試合になり、カウンティーズの挑戦を受ける事になります。

そのカウンティーズは昨年もサウスランドにシールドチャレンジを挑み勝てそうだったけど、ロースコアーの試合で僅差で敗れてシールド奪取ならず。実はそのカウンティーズは過去の一度もシールドを獲得した事がないのです。これまでに何度か惜しいチャンスがあったそうですが獲得までにはいかず、今年は昨年以上にチャンスがあるのではないかと思っています。

その試合のメンバーは以下です。サウスランドはハイランダーズの選手が多くFWは殆どレギュラークラスの選手で、BKもロビンソン、りん等ちらほらいますし、良いメンバーですが今年は昨年のような勢いがないかなっと思っています。でもカンタベリーに勝ってしまいましたからね。 

カウンティーズも今年も勢いがありますし、スーパーラグビー経験者も増えたし、10番にはサモア代表のラヴェアも急遽加入している。タナウマガが怪我で今季は出れないのが痛いし、チーフスのナナイウイリアムズも怪我なのか全然出て来ないのが痛いですが、良い選手が結構いるので白熱した試合になりそう。

Southland:
1. Jamie Mackintosh (capt), 2. Jason Rutledge, 3. Chris King, 4. Josh Bekhuis, 5 Joe Tuineau,
6. John Hardie, 7. Tim Boys
, 8. Elliot Dixon, 9. Scott Cowan, 10. James Wilson, 11. Tim Cornforth,
12. Matt Saunders, 13. Kendrick Lynn, 14. Glen Horton, 15. Robbie Robinson.
Reserves:
16. David Hall, 17. Nick Barrett, 18. Ben Nally, 19. Kaleni Taituli, 20. Sonny Rangitohereri,
21. Scott Eade, 22. James Lew or Tony Koonwaiyou, 23. Michael Peterson.


Counties-Manukau:
1. Simon Lemalu, 2. Mark Price, 3. Jeremiah Fatialofa, 4. Ronald Raaymakers, 5. Jamie Chipman (capt),
6. Taiasina Tuifua, 7. DJ Forbes, 8. Fritz Lee, 9. Samisoni Fisilau, 10. Tasesa Lavea,
11. Bundee Aki, 12. Reynold Lee-Lo, 13. Siale Piutau, 14. Ahsee Tuala, 15. Sherwin Stowers.
Reserves:
16. Grant Henson, 17. Matt Talaese, 18. Adam Cathcart, 19. Mark Selwyn, 20. David Bason,
21. James Semple, 22. Tyrone Lefau, 23. Ihipa Thompson.


RW
最後にもうすぐそこまで迫っているラグビーワールドカップのグッズを紹介。
既に昨年に購入していますが、ここ最近は店でもかなり少なくなっていますね。他にもあると思いますがとりあえずこれだけ。
次回はオールブラックスのグッズを紹介かも?


にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中、クリック宜しくお願いします。
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

サウスランド、アプセット勝利でランフリーシールド奪取&スタンリーがウエスタンフォースへ

Round3のレビュー。奇数のラウンドは全てのチームが試合をするのでトータルで7試合。
金曜日はABsの試合があったので、NPCは無しで土曜日に一試合まわったのでNPCは4試合あり一番最初は12:30からで最後は7:30PMからでその後トライネーションズの開幕戦のワラビーズ対スプリングボクスBの試合を見ると言う事で、一日5試合を見る超多忙なスケジュールで大変でした(笑)と言っても体調の事もあるし横になりながら見ていてうとうとしてしまいあまり見れてない試合が多かった(爆)

まずは結果からで、詳細はとても全部は書けないし、見ているようで見ていない試合が多かったし省略ありです。

Thu 21 Jul
Waikato 23-30 Taranaki
Sat 23 Jul
Manawatu 30-22 Northland
Bay of Plenty 38-17 North Harbour
Canterbury 19-22 Southland
Wellington 17-21 Auckland
Sun 24 Jul
Hawke's Bay 27-13 Otago
Tasman 23-32 Counties Manukau



あまり見れてない週末のNPCですが、さすがにランフィリーシールドが懸かったカンタベリー対サウスランドはしっかり見ました。 昨年カンタベリーにシールドを奪われたサウスランドは取り返せる事が出来るか?と言う事でしたが
今年のサウスランドは無理だろうと思っていたら・・・前半はカンタベリーが内容でかなり有利に進めながら多くの得点を取る事が出来なかった。でも内容から行ってサウスランドが勝てる事は思えず後半に入ったらカンタベりーが突き放すだろうと思っていたら。サウスランドが地域、ボール支配率ともに圧倒して、最後はDGで逆転してカンタベリーをやぶるアプセット勝利でランフリーシールドを奪取しました。

AMIスタジアムが地震の影響で使えないのでラグビーパークでの試合で、地元カンタベリーファンが多いかと思いきや、サウスランドのサポーターの方が多かった印象でどっちのホームか解らないくらいだった。しかしサウスランドは後半賢く攻めてじわじわと追い上げてDGで試合を決めると言う見事な戦いぶり。キーポイントは、カンタベリーの後半唯一のチャンスだった時にトライが取れず、そこでDGを狙って外れてサウスランドはピンチをしのいで一気に逆転までこぎつけれた。 あそこは逆にDGを狙わずに攻めた方がサウスランドは嫌だっただろうなって思った。サウスランドおめでとう。

シールドの戦の後はウエリントン対オークランドでウエリントンが内容で上回っていたのになぜかオークランドが勝ってしまったと言う感じで良く解らない試合だった。あの風と雨の中での試合は昨年のイーデンパークでの試合を思い出す。もっと良い条件で試合をやらせてあげたいですね。

Round3で全勝はプレミアのベイオブプレンティーのみ。
Round4の組み合わせ。前週のRound2で試合をしていないチームの6チームが火、水のどちらかに試合をして、週末にもう一試合こなす事になります。

Tuesday July 26
Bay of Plenty v Waikato
Wednesday July 27
Wellington v Canterbury
Northland v Taranaki
火曜日の今日は一試合で見るのも楽かな(笑)月曜日以外は全部ある今年のITM-Cupを見るのは本当に大忙し。

N
最後にオークランドのBスタンリーの弟のWスタンリー(2009年日本で行われたU20の大会に出場した)が来年のスーパーラグビーはウエスタンフォースと契約。兄弟でオーストラリア生まれ、兄はABsで他の国では代表になれませんが弟のWスタンリーは直ぐに代表の資格がもらえます。本人はインターナショナルでの試合がしたいと言う事と出場機会を求めてオーストラリアに行く事を決めました。
兄に負けないようなラグビーセンスで将来性のある選手だけに勿体ないなって思います。写真は昨年のNPC

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中、クリック宜しくお願いします。
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

ホエアタ、デビュー All Blacks vs Fiji プレビュー

2011年初めてのテストマッチが今夜ダニーデンで行われます。
この試合はクライストチャーチの地震のチャリティーマッチになっていますが、金曜日で寒い夜のダニーデンでの試合で今日の昼に割と大きい地震がクライストチャーチであったようですが、依然としてチャーチの方は落ち着けない感じでお気の毒です。

チケットはまだ13,000しか売れていなくて、半分は空席がある寂しいテストマッチになりそうです。
先週末にオールブラックスの数名がクライストチャーチでこの試合の無料チケットを配っていましたが金曜日の夜にクライストチャーチからダニーデンに移動して観るのは無理ではないかと。。。

昔はノースハーバースタジアムでパシフィック系のチームとABsの開幕戦が金曜日の夜に行われて、毎回見に行っていました。ダニーデンだとパシフィック系がオークランドと比べるとかなり少ないし、それも影響しているかと思います。
あとは相手が日本に負けたフィジーで大差の試合を高いお金を払って寒い中観に行くと言う事はしないとか、ワールドカップに向けて皆が節約しているのもあるでしょうね。実際に私も今年はスーパーラグビーは全然行ってないし(体調もあるけど)節約していると言っても良いので、景気の事もあるし皆さんも出費を控えているかと思います。

先日ワラビーズがサモアに負けたことから、パシフィック選手権でサモアに勝っているフィジー相手なので結構メディアが冗談ぽく騒いでいます。メンバーは先日のワラビーズのように半分はレギュラーでない人をだして、特にスーパーラグビーファイナルまで行ったクルセーダーズ、セミファイナルまでいたブルーズで試合に出ずっぱりだった選手はこの試合はベンチにも入っていないです。

と言う事でサモアと同じようにフィジカルなフィジー相手にワラビーズのようにやられないかと言う声もない事はないですがサモアのアプセット勝利でABsは気を引き締めて行くでしょうし、前半はちょっと苦戦しても後半突き放して大差で勝つでしょう。フィジーのメンバーがどれくらいなのか解りませんが、日本戦で2枚のレッドと3枚のイエローで数人出場停止で影響が出ているでしょうしサモアのようにベストで組めないのがちょっと気になります。前回の対戦は2005年で私も見に行きましたが91-0でウォームアップになりませんし。

ABsはロックのホエアタ一人がデビューでコンビを組むのは2,3年ぶりの代表復帰のアリウイリアムズでロックの二人は注目です。

1番クロケットは、Tウッドコックの怪我がまだまだ完治しないので、そのカバーでスコッドに入っていますが、
この試合とトライネーションズでアピールすれば、W杯ぶっつけ本番になりそうなウッドコックを押しのけてW杯のスコッドに喰い込めるかも。
3列は6,8番がレギュラーではありませんが、この二人は4年前のCマソエのように6~8番の全てをカバーする形にするでしょうし特にマコウのバックアップになる選手ですし注目したいです。この試合の途中からとトライネーションズでも7番で試すでしょうね。

BKはこの試合の一番の注目選手のCスレイドが2キャプ目で初の先発メンバーで10番に入った事。
ダンカーターのバックアップはリッチーのバックアップより深刻ですし、今年スレイドは2度の顎の骨折でスーパーラグビーは殆ど試合に出ていないし、いよいよと言った感じでしょうか。
先週私も見に行ったNPCではカンタベリーで後半の途中まで出場して、そこそこ良かったし今はゲームをこなす事が大事でコンタクトプレイをして早くフィジカル面でも慣れてもらわないといけませんしね。

センターコンビはハリケーンズでも怪我や出場停止であまり出ていない2人だし、ケーンズのチームメイトのホア(ハイランダーズに行きますね)と共に試合を沢山こなしてフィットして欲しいです。
ウイングは私が思うに多分落とされる事になると思う、ザックギルフォードはこの試合とトライネーションズで猛烈にアピールしないとウイングは激戦区だし、起爆剤としてスコッドから落として怪我人のバックアップにされた、シヴィヴァトゥーとCジェーンが居るので・・・

そのジェーンは先週指を脱臼して今週は欠場、11番に入るシヴィヴァトゥーは先週のNPCで膝を怪我して退場したので駄目かと思ったけど先発メンバーに入っているのでちょっとびっくり。 14番にはカフイが入る予定だったのに先日書いたように、1週前にタウランガでセブンスのコーチのトレーニングセッションでハムストリングを痛めて一か月くらいは駄目との事で彼は怪我が多すぎて・・・良い選手ですがここまで怪我が多いと超一流になれる素材はあるけどなれないでしょうね。

30人のスコッドでバック3で選ばれている選手で怪我してないのは15番に入るムリアイナだけでダグ、カフイ、Hギア、トエアヴァのウイング候補は皆怪我ですね。 怪我人のカバーのジェーンもそしてシヴィも怪我気味だし・・・

予想はABsが60点差で勝利

ハイランダーズのホームなので、ホエアタ、トンプソン、カーワンが先発でベンチにはBスミスが入っていますね。Bスミスが見たいです。


New Zealand:
1. Wyatt Crockett, 2. Andrew Hore, 3. Ben Franks, 4. Jarrad Hoeata, 5. Ali Williams, 6. Adam Thomson,
7. Richie McCaw (c), 8. Liam Messam
, 9. Jimmy Cowan, 10. Colin Slade, 11. Sitiveni Sivivatu,
12. Ma'a Nonu, 13. Conrad Smith, 14. Zac Guildford, 15. Mils Muliaina
Reserves:
16. Corey Flynn, 17. John Afoa, 18. Sam Whitelock, 19. Jerome Kaino,
20. Piri Weepu, 21. Dan Carter, 22. Ben Smith
Fiji:
1.Campese Ma'afu, 2.Sunia Koto, 3.Deacon Manu (captain), 4.Sekonaia Kalou, 5.Rupeni Nasiga,
6.Dominiko Waqaniburotu, 7.Akapusi Qera, 8.Sakiusa Matadigo, 9.Nemia Serelevu,10.Seremaia Baikeinuku,
11.Naipolioni Nalaga, 12.Ravai Fatiaki, 13.Albert Vulivuli, 14.Timoci Naqusa, 15.Iliesa Keresoni.
Reserves:
16.Viliame Veikoso, 17.Setefano Somoca, 18.Josefa Domolailai, 19.Malakai Ravulo,
20.Vitori Buatava, 21.Taniela Rawaqa, 22.Vereniki Goneva.
REFEREE: S Dickinson

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中、クリック宜しくお願いします。
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

オタゴ35年ぶりにEdenParkで勝利!ITM-Cup Round2レビュー

日曜日にRound1が終わったばかりなのに、火、水曜日にはRound2がありました。
実は火曜日の2試合は体調がかなり悪く、テレビはつけていたもののしっかり見れてなかったです。
19th July
North Harbour 39-15 Tasman
前半BKのスピードある攻撃で2トライを奪いホームのハーバーの連敗かと思ったら、後半ハーバーが爆発したようです。今季ブルーズの一員だったパワフルNo8ルアマヌがパワーで2トライ等後半は圧倒してタズマンを破った。

ハーバーの15番は日本でもプレイしていた(どこでしょうか?)Wウォーカー、そしてタズマンには昨年までホンダでプレイしていたAグッドマンも元気でした。
タズマンの18番は新人オールブラックスのJホヤタの兄弟ポジションも同じ。

North Harbour:
1. Mike Reid, 2. Mike Mayhew, 3. Ben Afeaki, 4. Chris Smith, 5. James King, 6. Solomon King,
7. Brent Wilson, 8. Matt Luamanu, 9. Chris Smylie (capt), 10. Ben Botica, 11. David Raikuna,
12. Brendon Watt, 13. Rudi Wulf, 14. Ken Pisi, 15. Willie Walker.
Reserves:
16. Manu Leiataua, 17. Taione Vea, 18. Irwin Finau, 19. Sam Hayes-Stevenson,
20. Luke Hamilton, 21. Nafi Tuitavake, 22. Codey Rei, 23. James Afoa.
Tasman:
1. Sam Prattley, 2. Quentin MacDonald, 3. Fai Mika, 4. Pablo Heuete, 5. Joe Wheeler, 6.Jonathon Poff,
7. Shane Christie, 8. Mark Bright, 9. Steve Alfeld, 10. James Marshall, 11. Mitchell Scott,
12. Andrew Goodman (capt), 13. Kieron Fonotia, 14. Lucky Mulipola, 15. Robbie Malneek.
Reserves:
16. Francis Smith, 17. Craig Moore, 18. Riki Hoeata, 19. Liam Squire,
20. Shawn Begg, 21. James Proctor, 22. Willie McGoon, 23. James Hadfield.


Hawke's Bay 29-18 Southland
初戦で負けたチーム同士の対戦。ホックスベイのホームのネイピアで行われたこの試合には、日曜日にワラビーズを破ったサモアのメンバーのフォトアリイがベンチに入るなど、その他サモアで出場した選手もベンチ入りした。

既に書いたように調子が悪く全然見れていません。。。前半ホックスベイが有利に進めていた事は覚えています。

Hawke's Bay:
1. Sona Taumalolo, 2. Hikawera Elliot, 3. Jody Allen, 4. Brodie Retallick, 5. Ashton Johnson,
6. Trent Boswell-Wakefield, 7. Karl Lowe, 8. Mike Coman (c),9. Chris Eaton, 10. Daniel Kirkpatrick,
11.Tu Umaga-Marshall, 12. Andrew Horrell, 13. Star Timu, 14. Sinoti Sinoti, 15. Richard Buckman.
Reserves:
16. Danny Logan, 17. Hikairo Forbes, 18. Maselino Paulino or Kane Thompson, 19. Adam Bradey,
20. Kahn Fotuali'i, 21. McLeod or Tua Saseve, 22. Gillies Kaka, 23. Anthony Perenise.
Southland:
1. Michael Peterson, 2. David Hall, 3. Nick Barrett, 4. Ben Nally, 5 Joe Tuineau,
6. John Hardie, 7. Tim Boys, 8. Elliot Dixon, 9. Scott Cowan, 10. James Wilson, 11. Glen Horton,
12. Matt Saunders (c), 13. James Lew, 14. Tim Cornforth, 15. Robbie Robinson.
Reserves:
16. Jason Rutledge, 17. Jamie Mackintosh, 18. Josh Bekhuis, 19. Kaleni Taituli,
20. Sonny Rangitohereri, 21. Kendrick Lynn, 22. Scott Eade, 23. Chris King.

20th July
Counties Manukau 32-25 Manawatu
昨日と時間がずれていて、それを知らなくてご飯を作っていたら見るのが遅くなった。。。
前半は五分で開幕戦を勝利したマナワツがセブンスのスター選手のカマのセブンス仕込みのランなどでディフェンスを混乱させトライチャンスを作るなど、マナワツに勢いがあるかなと思ったけど、後半はホームのカウンティーズがトライを加算して勝利。

Counties-Manukau:
1. Simon Lemalu, 2. Mark Price, 3. Matt Talaese, 4. Chris McLaren, 5. Jamie Chipman (c),
6. Adam Cathcart, 7. DJ Forbes, 8. Fritz Lee, 9. Samisoni Fisilau, 10. James Semple, 11. Bundee Aki,
12. Reynold Lee-Lo, 13. Siale Piutau, 14. Tyrone Lefau, 15. Sherwin Stowers.
Reserves:
16. Grant Henson, 17. Ihipa Thompson, 18. Ronald Raaymakers, 19. Sikeli Nabou,
20. August Pulu, 21. Niva Ta'auso or Tasesa Lavea, 22. Ahsee Tuala, 23. Maka Tatafu.
Manawatu:
1. Grant Polson or Peni Kaufusi, 2. Rob Foreman, 3. Ma'afu Fia,4. Fraser Stone,5. Michael Fitzgerald,
6. Nick Crosswell (capt), 7. Doug Tietjens, 8. James Oliver,
9. Aaron Smith, 10. Aaron Cruden, 11. Junior Tomasi Cama,12. Johnny Leota,
13. Lewis Marshall, 14. Asaeli Tikoirotuma, 15. Craig Clare or Nehe Milne-Skudder.
Reserves:
16. Bryn Templeman, 17. Kaufusi or Jared Brock, 18. Reece Robinson, 19. Hamish Gosling,
20. Karl Bryson, 21. Daniel Kelly, 22. Clare or Frank Bryant, 23. David Te Moana.

Auckland 25-32 Otago
開幕戦で圧勝したオタゴ(昨年14チーム中最下位)と開幕戦でカンタベリーに点差以上にやられたオークランド(昨年はセミファイナルまで行った)プレミアシップ対その下のチャンピオンシップの試合(上位と下位は格チーム4試合やる)でホームのオークランドが有利の予想があったが。。。

前半はオールブラックスに選ばれなかったジョーロコが個人技を見せつけてディフェンスを切り裂いて2トライでオークランドが有利に進めていた。しかしオタゴは15番ディクソンの正確なGKでしつこく食らいつく展開。

後半に入りオークランドのトライチャンスでオタゴのプロップが反則をしてイエローカード。人数で有利になるオークランドが有利に進めるかと思いきや・・・シンビンの間にオタゴが2トライで逆転。そして15人に戻ったとたんにまたもやオタゴがトライ。

オークランドは最後に7点差まで追い上げるがオタゴの気迫のあるディフェンスに同点にもさせてもらえず、2試合連続でオークランドは7点差で負け。 オタゴは何と35年ぶりにイーデンパークで勝利。

昨年最下位のオタゴが今年は開幕2連勝。先週に続いて大ベテランのトニーブラウンの素晴らしいゲームメイクと3番ミューズの強いスクラム、そしてABs落ちしたTドネリーがラインアウトで活躍しフィールドプレイもなかなか良かったし、ベテラン勢が活躍。
その他ではサウスアフリカからきてオタゴのキャプテンを務める7番ジュベアが開幕戦同様に気迫あふれるプレイで活躍するだけでなくチームを引っ張っているのが今日も印象的だった。初めてのイーデンパークの試合でオタゴの35年ぶりの勝利を呼んだこのキャプテンはもしかしたら来年ハイランダーズと契約もあるのでは?

セブンス代表のポポアリイはキレのあるステップとスピードで何度もディフェンスを突破してトライも奪い大活躍で今年のNPCを盛り上げてくれる一人になりそう。ナナイウイリアムズバリのステップで見ていてワクワクする。

敗れたオークランドは、開幕戦に続いてタックルが悪く後半はやられまくりだった。先週もだったがダニエルブレイドがタックルミスをして突破されるなど彼のABs入りは無いと見て良いだろう。

Auckland:
1. Tevita Mailau, 2. Ash Dixon, 3. Angus Ta'avao, 4. Richard Haddon, 5.Josh Townsend, 6.Sean Polwart, 7. Daniel Braid (capt), 8. Chris Lowery, 9. Toby Morland, 10. Gareth Anscombe,
11.Viliame Waqaseduadua, 12. Winston Stanley, 13. Teddy Stanaway,14.Joe Rokocoko,15. Hadleigh Parkes.
Reserves:
16. Tom McCartney, 17. Pauliasi Manu, 18. Nathan Hughes, 19. Onosai'i Auva'a,
20. Auvasa Faleali'i, 21. Piers Francis, 22. George Moala, 23. Charlie Faumuina.
Otago:
1. Halani Aulika, 2. Liam Coltman, 3. Kees Meeuws, 4. Daniel Ramsay, 5. Tom Donnelly,
6. Regan Tamihere, 7. Eben Joubert (capt), 8. Gareth Evans, 9. Sean Romans, 10. Tony Brown,
11. Buxton Popoali'i, 12. Sam Giddens, 13. Ben Atiga, 14. Joe Hill, 15. Glenn Dickson.
Reserves:
16. Peter Mirrielees, 17. James McGougan, 18. Rob Verbakel, 19. TJ Ioane,
20. Johnny Legg, 21. Jayden Spence, 22. Hayden Parker, 23. Scott Manson.
隔週で7,8日で3試合をこなさなくてはいけないので、格チームとも昨日今日はローテーションしているところが多かった印象だ。しかしベテランのブラウン、ミューズは試合に出ていました(オタゴは中5日で、オークランドは中2日で違いましたが)
明日の木曜日から週末にかけてはRound 3が行われます。
今日(水曜)に行ったオークランドは土曜日に試合が(日曜日→水曜日→土曜日)と中二日での試合が続きます)
他のチームも似た感じですが、リカバリーが大変ですね。

Thursday July 21
Waikato v Taranaki
Saturday July 23
Canterbury v Southland (ランフリーシールドで昨年カンタベリーがサウスランドから奪いました)
Manawatu v Northland
Bay of Plenty v North Harbour
Wellington v Auckland

Sunday July 24
Hawke's Bay v Otago
Tasman v Counties Manukau
C
最後に久しぶりに?ケーキの写真。今回はサツマイモのパウンドケーキです。初めて作りましたが結構美味しいです。
潰したサツマイモの粒を少し残すのがポイントかも。その方がサツマイモの食感が味わえますしね。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中、クリック宜しくお願いします。
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

ITM-Cup Round 1 レビュー&ドナルドの謎&サモア勝った!

NPC

Otago 46-29 North Harbour
昨年14チーム中最下位だったオタゴは、ルークマカリスター騒動で開幕前からごたごたしているノースハーバー相手に試合開始から猛烈に攻めて前半で試合を決めた。
大ベテランのトニーブラウンの安定感抜群のプレイで上手くゲームを作り、トライチャンスも何度も作るなど大活躍。おまけにはニュージーランドではあまり蹴れる人が(正確に蹴れると言う意味で)殆ど居ないDGも決めるなど素晴らしかった。

ブラウンに負けじと元オールブラックスのKミューズもオタゴのスクラムを有利にするスクラムテクニックを見せるなど大ベテランの2人がまだまだやれる事を見せてくれて何だか嬉しかった。

しかしハーバーはディフェンスが酷くて抜かれまくっていたのがこの結果になってしまった。
大差で敗れながらも4トライを取ってボーナスポイントを獲得できたのが良かったが、ディフェンスの悪さには言葉にならなかった。トゥローンから帰って来た元ABsのウルフがパワフルなランとスピードを見せて50M走りきったトライを見れたのは収穫か。
Southland 9-19 Waikato
前半で2回の乱闘で4人のシンビンを出して荒れた前半。
チーフスのメンバーが沢山居るワイカトはABsに声が掛らなかったSドナルドが1トライ、1コンバージョン、4PGで19点全てを彼一人で奪う大活躍でNPCレベルではずば抜けている所を今年も見せつけてくれそう。しかしドナルドのゴール前からの突破でのトライはかなりの確率で取れている印象があります。特にクルーデンが対面で2回以上はやっていますね。

ウエールズから帰ってきた元ABsのマーティーホラーも元気にプレイ。

Southland:
1. Jamie Mackintosh (capt), 2. Jason Rutledge, 3. Chris King, 4. Josh Bekhuis, 5. Ben Nally,
6. Alex Taylor, 7. John Hardie, 8. Elliot Dixon, 9. Scott Cowan, 10. Scott Eade, 11. Glen Horton,
12. Matt Saunders, 13. Kendrick Lynn, 14. Mark Wells, 15. Robbie Robinson.
Reserves:
16. David Hall, 17. Nick Barrett, 18. Joe Tuineau, 19. Kaleni Taituli,
20. Sonny Rangitohereri, 21. James Lew, 22. Tim Cornforth, 23. Michael Peterson.
Waikato:
1. Ben May, 2. Aled de Malmanche, 3. Nathan White (capt), 4. Toby Lynn, 5. Romana Graham,
6. Matt Vant Leven, 7. Marty Holah, 8. Alex Bradley, 9. Tawera Kerr-Barlow, 10. Stephen Donald,
11. Declan O'Donnell, 12. Jackson Willison, 13. Save Tokula, 14. Sitiveni Sivivatu, 15. Trent Renata.
Reserves:
16. Marcel Cummings-Toone, 17. Toby Smith, 18. Chris Middleton, 19. Zack Hohneck,
20. Brendon Leonard, 21. Tim Mikkelson, 22. Rena Schuster, 23. Ted Tauroa.

Manawatu 32-23 Hawke's Bay
今年が125周年マナワツはスーパーラグビーの終盤から自信をつけてきたクルーデンがBKを引っ張っていたのが印象的だった。そのマナワツは4トライのBPで追いすがるホックスベイ逆転を許さず125周年記念に花を添えた。

Manawatu:
1. Grant Polson (capt), 2. Rob Foreman, 3. Ma'afu Fia, 4. Michael Fitzgerald, 5. Fraser Stone,
6. Nick Crosswell, 7. Callum Gibbins, 8. Hamish Gosling, 9. Aaron Smith, 10. Aaron Cruden,
11.Junior Tomasi Cama, 12.Frank Bryant, 13.Johnny Leota, 14. Asaeli Tikoirotuma, 15. Nehe Milne-Skudder.
Reserves:
16. Bryn Templeman, 17. Peni Kaufusi, 18. Jared Brock, 19. Reece Robinson,
20. James Oliver, 21. Karl Bryson, 22. Daniel Kelly, 23. Lewis Marshall or Casey Stone.
Hawke's Bay:
1. Hikairo Forbes, 2. Hikawera Elliot, 3. Jody Allen, 4. Brodie Retallick, 5. Bryn Evans,
6. Hugh Reed, 7. Karl Lowe, 8. Mike Coman (capt), 9. Chris Eaton, 10. Andrew Horrell,
11. Tu Umaga-Marshall, 12. Ryan McLeod, 13. Star Timu, 14. Sinoti Sinoti, 15. Mark Jackman.
Reserves:
16. Danny Logan, 17. Ashton Johnson, 18. Ben Tameifuna, 19. Adam Bradey,
20. Isaac Paewai, 21. Daniel Kirkpatrick, 22. Richard Buckman, 23. Sona Taumalolo.
Northland 19-9 Tasman
レンジャー、ペイン、モンローとブルーズのBK陣を揃えるホームのノースランドは、彼らがチャンスを作ってトライを奪うなどタズマンをノートライに抑えて初戦を勝利で飾りました。
フランスから帰って来た元ブルーズのBウイリアムズが空中戦での活躍が期待できるのが頼もしいか。

Northland:
1. Matt Wallis, 2. Ross Wright, 3. Scott Vessey, 4. Bryce Williams, 5. Marty Veale, 6. Dan Faleafa,
7. Joel McKenty, 8. Cameron Eyre, 9. Rhyan Caine, 10. Ash Moeke, 11. Bryce Heem, 12. Aaron Bancroft,
13. Rene Ranger, 14. Lachie Munro, 15. Jared Payne (capt).
Reserves:
16. Tim Dow, 17. Justin Davies, 18. Mark Burman, 19. Cam Goodhue,
20. Dan Pryor, 21. Wanye Ngaluafe, 22. Jack McPhee, 23. Jamie Corsi.
Tasman:
1. Sam Prattley, 2. Francis Smith, 3. Fai Mika, 4. Riki Hoeata, 5. Joe Wheeler, 6. Jonathon Poff,
7. Shane Christie, 8. Mark Bright, 9. Steve Alfeld, 10. James Marshall, 11. Willie McGoon,
12. Andrew Goodman (capt), 13. Kieron Fonotia, 14. Lucky Mulipola ,15. Robbie Malneek.
Reserves:
16. Quentin MacDonald, 17. Craig Moore, 18. Pablo Heuete, 19. Liam Squire,
20. Shawn Begg, 21. James Proctor, 22. Scott or Jack Umaga, 23. James Hadfield.
Taranaki 5-23 Wellington
海外移籍者を多く抱えるウエリントンで戦力が落ちこの試合も苦戦すると思えたが、スーパーラグビーでの鬱憤を晴らすかのような動きでホームのタラナキを1トライに抑えて18点差をつけてウエリントンが快勝。 
ハリケーンズでホアより買われた2番コールズの走力を活かした突破力に最後は素晴らしいオフロードでトライをアシストするなど、来季のケーンズの2番が活躍した試合だった。

ホームのタラナキもケーンズ、チーフス、ハイランダーズとスーパーラグビー経験者が多くいたが、ウエリントンに押される場面が多かったのが意外だったかも。

10番対決は今年のNZ-U20のメンバーの二人。ウエリントンは今季ハイランダーズで活躍したソポアガ、タラナキは今季ケーンズで少し出場しU20では15番で活躍したバーレット
バーレットはGKがいまいちだったか。彼は10でも15でもどちらでも行けるセンスを持ち合わせているが、地域を取るキックが上手いので10番で見たいかも。ランセンスもあるし勿論15でのカウンターアタックも面白いが・・・

ウィップーはまだまだキレていないので試合数をもっとこなさないといけないでしょう。タックルミスがあったのが気になるところ。
Cジェーンは指の脱臼で骨が外に出たのかな?結構縫ったみたいですが、得意のトゥイッター中毒ぶりは相変わらずで、その指でも欠かしていないようです。W杯はABsになるとトゥイッター禁止だから、それが嫌でABs自体もあるか?何気に注目。

ウエリントン12番Mホッブスは数年ぶりに復帰ですが、背骨に長いボルトを入れる手術をアメリカでしてリハビリを得て久しぶりに復帰。過去にはブルーズ、数年前はハイランダーズで活躍していたが、怪我に泣かされていただけに今後の彼に注目したい。センスある選手ですし。

Taranaki:
1. Carl Carmichael, 2. Andrew Hore, 3. Michael Bent, 4. Jason Eaton, 5. Craig Clarke (capt),
6. Chris Walker, 7. Scott Waldrom, 8. Samuela Vunisa, 9. Tyson Keats, 10. Beauden Barrett,
11. Andre Taylor, 12. Jayden Hayward, 13. Isaia Tuifua, 14. Waisake Naholo, 15. Kurt Baker.
Reserves:
16. Laurence Corlett, 17. Sione Lea, 18. Blade Thomson, 19. Ben Souness,
20. Brett Goodin, 21. Jack Cameron, 22. Frazer Climo, 23. Kevin Curtis.
Wellington:
1. Neemia Tialata, 2. Dane Coles, 3. Whetu Henry, 4. Jeremy Thrush (capt), 5. Mark Reddish,
6. Brad Shields, 7. Scott Fuglistaller, 8. Victor Vito, 9. Piri Weepu, 10. Lima Sopoaga,
11. Julian Savea, 12. Michael Hobbs, 13. Alipate Leiua, 14. Jason Woodward, 15. Cory Jane.
Reserves:
16. Motu Matu'u, 17. Reg Goodes, 18. Api Naikatini, 19. Faifili Levave,
20. TJ Perenara, 21. Steve Honey, 22. Apoua Stewart, 23. Arden David-Perrot.
Auckland 33-40 Canterbury
私も観戦に行ったこの試合。実は今年初のラグビー観戦(スーパーラグビーは一試合も行ってない・・・)で久しぶりのEden Parkにちょっと感激でワールドカップに向けて、一時的?に増築されたスタンドが完成している等、ワールドカップが直ぐそこまで来たなと言う実感できてワクワクして来た。
NPC
日曜の昼の試合と言う事でNPCにしては観客が入ったのでは?と思いました。それに好カードですしね。

序盤は今年のNZ-U20の10番アンシュカムが正確なGKで次々とPGを決めるなど、オークランドが押し気味で試合を進めた。今季ハイランダーズで活躍したNo8ナシ・マヌの猛烈の突進を体を張って止めに行ったBスタンリーが脳震騰を起こして退場、Bスタンリーは今季ブルーズでも脳震騰を起こしているし、2回目だし今回も酷かったので残り試合の出場はあまり多くないでしょう。

そのBスタンリーが退場してからカンタベリーのペースになっていった気がするが、FWはマヌの突進で再三チャンスを作りBKはクルセーダーズであまり出番がなかったライアンクロッティーが素晴らしいランでディフェンスを簡単にかわして裏に出てトライチャンスを何度も作るなど自らもトライをして大活躍。

その他では、11番Pオズボーンが体格を活かしたパワフルさでオークランドのディフェンスを破壊していく感じで何度もラインブレイクで大活躍。たしか1、2年前くらいのNZ-U20のフランカーのBオコーナーの良い仕事ぶりも印象的だった。

カンタベリーはタックルの悪いオークランドのディフェンスから4トライを奪いBP付きでの勝利。
ホームのオークランドは終盤に粘りで2トライを奪って何とか7点差以内のBPを取ったが救いだが、キャプテンのDブレイドが何度もタックルミスをしていたのが気になる。
明るい材料は今年のU20ロックのSルアトゥアがこのレベルで十分やれる事を見せてくれて、昨年のU20ロックのモリに続いて期待のロックが今年も出てきた。
NPC
注目のダンカーターのバックアップのCスレイドは良い感じだったし、カーターのバックアップを任せるのには不安は無いと思う。彼が後半途中で退いてからオークランドに追い上げを許していたしスレイドの存在は大きかった。
NPC
カンタベリーは元ABsのルーベンソーンが前半の早い段階でロックで途中出場、オークランドも元ABsのジェーロコが前半途中から出場。この二人がフィールドに入る時は結構盛り上がった。

Auckland:
1. Pauliasi Manu, 2. Tom McCartney, 3. Charlie Faumuina, 4. Steve Luatua, 5. Josh Townsend,
6. Onosai’i Auva’a, 7. Daniel Braid (capt), 8. Chris Lowery, 9. Alby Mathewson, 10. Gareth Anscombe,
11. Charles Piutau, 12. Benson Stanley, 13. Hadleigh Parkes, 14. Francis Saili, 15. Brent Ward.
Reserves:
16. Ash Dixon, 17. Angus Ta’avao, 18. Richard Haddon or Nathan Hughes, 19. Sean Polwart,
20. Auvasa Faleali’i, 21. Piers Francis, 22. Joe Rokocoko, 23. Tevita Mailau.
Canterbury:
1. Joe Moody, 2. Paul Ngauamo, 3. Andrew Olorenshaw, 4. Luke Katene, 5. Luke Romano,
6. Ash Parker (capt), 7. Brendon O’Connor, 8. Nasi Manu, 9. Willi Heinz, 10. Colin Slade,
11. Patrick Osborne, 12. Tom Taylor, 13. Ryan Crotty, 14. Telusa Veainu, 15. Johnny McNicholl.
Reserves:
16. Steve Fualau, 17. Paea Fa’anunu, 18. Reuben Thorne, 19. Luke Whitelock,
20. Mark Swanepoel, 21. Kolio Hifo, 22. Robbie Fruean, 23. Sam Cottam.


Counties Manukau 13-20 Bay of Plenty
途中まで13-13で内容も互角だったこの試合を決めたのは、カウンティーズの攻撃をしのいで逆襲し
最後はセブンス代表で活躍するToby Arnoldがスペースを上手く使ったランでトライを取って試合を決めた。

ホームのカウンティーズは昨年大活躍した大ベテランのTウマガが怪我で今季絶望なのと、開幕戦は怪我なのか知らないがチーフスのナナイ・ウイリアムズがベンチにも入っていないのが痛かったか。

BOPは数年前まで日本でプレイしていたLアンドリューが昨年に続いて今年もレギュラーで活躍しそう。
9番はウエールズから帰って来たJナットブラウンの復帰は心強いか、彼の加入で元ブルーズで今季チーフスでプレイしたモアが今年もベンチ。
12番は元ワラビーズで大活躍した後、日本のクボタでプレイしたTケフの弟のスティーヴ・ケフ(彼も元ワラビーズ)が今季からBOPに加入し期待される。

Counties-Manukau:
1. Ihipa Thompson, 2. Grant Henson,3. Jeremiah Fatialofa,4. Ronald Raaymakers,5. Jamie Chipman (capt),
6. DJ Forbes, 7. Mark Selwyn, 8. Fritz Lee, 9. August Pulu, 10. James Semple, 11. Sherwin Stowers,
12. Niva Ta'auso, 13. Siale Piutau, 14. Tyrone Lefau, 15. Ahsee Tuala.
Reserves:
16. Mark Price, 17. Maka Tatafu, 18. Sileki Nabou, 19. Adam Cathcart,
20. David Bason, 21. Reynold Lee-Lo, 22. Bundee Aki, 23. Matt Talaese.
Bay of Plenty:
1. Tristan Moran, 2. Daniel Perrin, 3. Josh Hohneck, 4. Luke Andrews, 5. Culum Retallick,
6. Tanerau Latimer, 7. Sam Cane, 8. Colin Bourke (capt), 9. Jamie Nutbrown, 10. Daniel Waenga,
11. Jason Hona, 12. Steve Kefu, 13. Phil Burleigh, 14. Lelia Masaga, 15. Toby Arnold.
Reserves:
16. John Pareanga, 17. Bronson Murray, 18. Pingi Tala'apitanga, 19. Leon Power,
20. Carl Axtens, 21. Taniela Moa, 22. Chris Noakes, 23. Lance MacDonald.
昨日Round1が終わったばかりなのに、もう明日からRound2で選手は大変。もちろんコメンテーターやレフリー、タッチジャッジも。タズマン、ホックスベイ、オークランドとカウンティーズは中2日。このように中2,3日での試合が隔週で交代であります。

Tuesday July 19
North Harbour v Tasman
Hawke's Bay v Southland
Wednesday July 20
Counties Manukau v Manawatu
Auckland v Otago
昨日書いたドナルドのブルーズ入りの報道は・・・
誰が流したのか知りませんが、ブルーズ側は交渉していないらしくどこからその話が来たのかってなっています。
イングランドでワークビザが下りなかったドナルド、実は来季までチーフスと契約が残っているそうです。しかしチーフスはクルーデンの獲得したので、お偉いさんに来季からのコーチのレニー氏も他でやる事になると、不必要宣言をしているし、ブルーズも凄く欲しいと言うコメントをしているようには思えないし・・・

一体ドナルドはどこに行けばいいのですか? なんか可哀想になってきました。スーパーラグビーレベルでもかなり良い選手ですし、来季のブルーズの10番候補は今季のNZ-U20のアンシュカムでしょうが、もう一人しっかりとして選手が必要だし、アンシュカムもスーパーラグビーレベルでやれるかは解らないし、ドナルドを取っておくのは昨日も書いたように良い事だと思います。

近いうちにエージェントが動き出すでしょが、ニュージーランドでもかなり騒がしくなって、ドナルドは日本か?ブルーズか?とか色々言われています。昨年の香港でのあのプレイが相当コーチ陣の頭にあるようですが、あのDカーターや他の選手でも試合を左右する出来の悪さも過去にあるのに、ドナルドのような事は言われていなかった。
最後に滅多にないアプセットが昨日起きました。 サモア 32-23 ワラビーズ
主力の一部を休ませるなどベストでないワラビーズですが、10人くらいはレギュラークラスで1.5本目くらいで負けてはいかんでしょう。たとえ2本目でも負けてはいけないでしょうが。

内容は最初からサモアペースでフィジカルで完全にワラビーズを抑え込んで、タックルは凄いのを連発で見ていてむちゃくちゃ面白かった。課題のセットピースもスクラム、ラインアウトとともにかなり良かったし、今までのサモアとは全然違った印象です。 

パシフィック選手権は本気モードでなくメンバーも落としたりしていたけど、昨日のワラビーズ戦に照準を合わせていたそうで、なめてかかったきたワラビーズに快勝と言う感じでしょうか。

ワラビーズは前半PGを狙えると事で狙わずにタッチに蹴ってトライを取りに行っていたのが何度もあった事態がかなりなめているなと思っていました。 しかし前半17-0にされてからはそうではなくなった感じ。

前半サモアにシンビンが出てそれで辛うじてトライを取れたけどそれがなければもっと点差が付いていた。
サモアの恐るべきタックルの連発を見ていたら1991年にW杯でウエールズに勝った時の突き刺さるタックルを連発した試合を思い出す。今ではショルダーチャージを取られそうなタックルだが、本当に凄いタックルを連発してし合記憶がある。

サモアはディフェンスをしっかり出来ていたし、前より無駄な反則が減った気がするし、昨日のようなラグビーをやれば死のPoolと呼ばれているが再びウエールズを破ってトーナメントに出れるのでは?と期待できそう。
確かハミルトンでウエールズ対サモアがあると思うけど、観に行きたくなった。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中、クリック宜しくお願いします。
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

クルーデン→チーフス&ドナルドは、何と・・・&イングランドのジャージ騒動・・・

今週の真ん中あたりからクルーデンがチーフスに移籍する話がほぼ決定と言う話が出てきて、メディアがその関係者にインタビューするなど騒がしくなっていた。 しかしクルーデンはまだサインしていない、しかしハリケーンズのチームメイトにはチーフスに移籍する事を伝えたとの情報が入っていたとの事。

そして後日クルーデンが登場してラジオでもインタビューを受けていて正式にチーフス入りを発表した。昨年までのNZ-U20のヘッドコーチ&現マナワツのコーチのレニー氏がチーフスのヘッドコーチになる事が一番大きかったとの事で、レニー氏のゲームプランがクルーデンには合っているらしく悩んだ末ハミルトンにパートナーを連れて行く事を決めたとの事。

その翌日来年チーフスのヘッドコーチになるレニー氏がラジオでインタビューを受けていてクルーデンの加入にとても喜んでいた。そしてドナルドのは要るのか?と言うような質問では戸惑いながら(気を遣って?)Noと言っていた。
AB
そのドナルドが先日イングランドのチームのバースに移籍すると発表したのですが、何とそのドナルドが来季はブルーズでプレイする事が正式に決まりました。 
今朝ラジオを聞いていてそのニュースでかなりびっくりしましたが、イングランドでのワークビザが取れなかったようです。 親族にイングランド生まれとかイングランドのパスポートを持っている人が居ないのと、過去数年オールブラックスでの先発メンバーでの出場があまりない事からとか、良く解らない理由でだったそうですが、そうなるとキャップ保持者でない人とか、親族で全くイングランドに関係していない人も他にも居るかと思うのですが・・・

まあそれは良いとして10ドナルド、12ノヌーの突破力のある選手で面白そう。

しかし今年のNZ-U20で素晴らしい活躍をした10番アッシュカムが出れなくなるのかなと思うとちょっと勿体ないですが、10番を出来る人が二人いるのは良い事だし、アンシュカムにとっても、良い見本??となるベテランの選手が居るのは良い事でしょうし、長くなったスーパーラグビーシーズンだからチャンスはあるでしょうからね。

色々騒がしかったニュージーランドですが、もっとも(多分)騒がしかったのは、イングランドがラグビーワールドカップでの、セカンドジャージをオールブラックスの真似?をして真っ黒すると言う事が報道された時は、かなり批判する声が色んな所で言われているし、私の聞いているスポーツトークバックラジオではかなりの方がこの件について言っていました。 私もちょっとむかついたと言うか、2007年のフランスがABsを意識して青いジャージを黒っぽくして準々決勝ではABsがあのグレーのジャージを着る事になり見事に敗れたし・・・
AB 2007
今日のITM-Cupはオークランド対カンタベリーの好カードです。
先日のスーパーラグビーのファイナルで全然走れずに駄目駄目だったリッチーマコウは試合をこなして調子を上げなければいけないのに、この試合ではカンタベリーで出場しないので、これも色々言われております。10番はABsのカーターの控えのスレイドが出て来週のテストマッチに向けて町営もあるこの試合に出場するのにリッチーは怪我から復帰してたった2試合しか出ていないのにまた休みですか・・・
Getty Images
(Photo Getty Images)
4年前のようにならないようにして欲しいのに・・・リッチーはもっと試合にでてフィットネスと調子を上げていかないと。リッチーが着てるのが例のグレーのジャージですね。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中、クリック宜しくお願いします。
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

明日開幕ITM-Cup&お騒がせルークマカリスター

いよいよ今年のNPC(ITM-Cup)が明日から始まります。私はある意味スーパーラグビーより楽しみにしているNPCで、将来性のある選手を見つけるのが楽しみです。

地元ニュージーランドでラグビーワールドカップが開催されるため、スタジアムを早く空けないといけないので日程が超過酷で8日間で3試合となるくらい(オークランドの最初の3試合で言っています)で平日の試合もかなり増えて(昨年までは木曜~日曜日)偶数のRoundは6~8チームが火,水曜に試合をしなければいけないと言う日程で週に2試合やるチームも隔週交代かな?で出てきます。

昨年のシステムから今年は変わって、昨年の上位7チームはPremiership(赤文字)に入り、下位7チームはChampionship(青文字)に分けられました。しかしPremiershipのチームとChampionshipが対戦する事が何度かあり、4チームと戦う事になっていると思います。

開幕戦はトニーブラウンが所属するオタゴ対ノースハーバー
ホームのオタゴは他の地区からの移籍で2003年のW杯でただ一つのキャップを得ている元オークランドのBアティンガやウエリントンで昨年のNZマオリのRamsay、今年のセブンスで活躍していたポポアリイ等の良い選手を獲得しています。

Tブラウンがオタゴに復帰して現役最後(本当か?)で低迷オタゴを救えるか?オールブラックスのスコッド入りが出来なかったTドネリーもNPCでの活躍次第ではW杯のメンバーに入れるかもしれないし、2年前にABsの酷いラインアウトを救ったドネリーの挽回に注目。プラスしてKミューズも今年もまだまだ現役です!

ノースハーバーは、シーズン直前に嫌なニュースが・・・(この記事の最後に書きます)
Premiershipを目指すハーバーはセブンス代表のソロモン・キングがベイオブプレンティーから移籍して来たのは大きいのでは。
昨年ウエリントンから移籍してパワーを活かして大活躍した8番Mルアマヌ、9番Cスマイリー、ロックのJキングのブルーズのメンバーに、先日のABsのトレーニングスコッドに入ったチーフスのBアフェアキが居るし13番には元ABsのRウルフがハーバーに帰ってきたしNPCの出来次第で逆転W杯メンバー入りもあったりして??と頼もしい人がハーバーに帰ってきました。 あとはNECのAトゥイタヴァキの弟ナフィ・トゥイタヴァキも居る。

開幕戦は盛り上がりそう~~

Otago:
1. Halani Aulika, 2. Jason MacDonald, 3. Kees Meeuws, 4. Daniel Ramsay, 5. Tom Donnelly,
6. Regan Tamihere, 7. Eben Joubert (capt), 8. Gareth Evans, 9. Sean Romans, 10. Tony Brown,
11. Buxton Popoali'i, 12. Sam Giddens, 13. Ben Atiga, 14. Joe Hill, 15. Glenn Dickson.
Reserves:
16. Liam Coltman, 17. James McGougan, 18. Rob Verbakel, 19. TJ Ioane,
20. Johnny Legg, 21. Jayden Spence, 22. Matt Faddes, 23. Scott Manson.

North Harbour:
1. Mike Reid, 2. James Parsons, 3. Ben Afeaki, 4. Chris Smith, 5. James King, 6. Solomon King,
7. Brent Wilson, 8. Matt Luamanu, 9. Chris Smylie (capt), 10. Ben Botica, 11. Nafi Tuitavake,
12. Brendon Watt, 13. Rudi Wulf, 14. David Raikuna, 15. Codey Rei.
Reserves:
16. Mike Mayhew, 17. Taione Vea, 18. James Afoa, 19. Irwin Finau, 20. Scott Uren,
21. Luke Hamilton, 22. Willie Walker, 23. Ken Pisi.

REFEREE: Glen Jackson
Round 1の組み合わせ。
いきなりオークランド対カンタベリーの大一番がある。サウスランド対ワイカト、タラナキ対ウエリントンの好カードもあるしその他でも接戦になりそうな試合が多いし面白い開幕週になりそう。
ワイカトには元ABsのマーティーホラーがウエールズから帰ってきて35歳?で復帰で今年はお年寄りが多くなるNPCかな。ついでにJマーシャルも復帰してくれれば最高!!

各チームの注目選手の紹介はおいおいしていくつもりです。
Premiershipのチーム(赤文字),Championshipのチーム(青文字)
Thursday July 14
Otago v North Harbour
Friday July 15
Southland v Waikato
Saturday July 16
Manawatu v Hawke's Bay
Northland v Tasman
Taranaki v Wellington
Sunday July 17
Auckland v Canterbury
Counties Manukau v Bay of Plenty

Round 2
Tuesday July 19
North Harbour v Tasman
Hawke's Bay v Southland
Wednesday July 20
Counties Manukau v Manawatu
Auckland v Otago

Round 3
Thursday July 21
Waikato v Taranaki
Saturday July 23
Canterbury v Southland
Manawatu v Northland
Bay of Plenty v North Harbour
Wellington v Auckland
Sunday July 24
Hawke's Bay v Otago
Tasman v Counties Manukau

Round 4
Tuesday July 26
Bay of Plenty v Waikato
Wednesday July 27
Wellington v Canterbury
Northland v Taranaki

トライネーションンズのスコッドに入れなかった、Lマカリスターがハーバーの練習に無断で休んで大騒ぎになっています。オークランドの高校でここ最近一番強いマウントアルバート高(昨年の高校チャンピオン)のコーチをしているルークの父親のチャーリー・マカリスター氏が昨日のラジオで色々言い訳と言うか色々言っていましたが、息子さんの体が悪くて病院に付き添っていたらしいですが、それでも練習に参加できない事を電話で連絡するなりするのは当然の事なのに、チャーリー氏はそれには一切触れずルークの子供が体が悪いので休んだと言う普通の事で簡単に済ませていたので、親があれだから子のルークも連絡しないはなと思った。

プロのラグビー選手だからと言って、仕事ですから休む時は連絡を入れるべきでしょう。
子供さんの体の病気で来れないのは仕方がありません、連絡すれば事が大きくならなかったでしょう。
チャーリー氏は逆に記者が(名前を大きな声で思いっきり言って)失礼だとか、練習を休んだ連絡をしなかった事はどうでも良いらしくその事ばかりに触れているのが理解できなかった。

問題のルークは一向に姿を現さないどころか、父親にばかり話させてチームとの今後についてのミーティングにも参加せずで、ニュージーランドラグビーユニオンとの今年一杯契約で既にお金は貰っているのに・・・
父はルークはまだハーバーでプレイしたがっていると言っていたが、今朝になりルークが協会に契約の解除を早める事を要請しているとかで全然表に出てこないのに、そういう事はそこかでやっていると言う我儘ぶりで呆れたものです。ラジオやテレビのニュースでもかなりの話題になっています。

父親はにブルーズで10番での出場機会(Dカーターのバックアップになる為)がないので不満だったとか言いだしているし、世間でも言われている事は、オールブラックスに選ばれなかったので、拗ねてしまい国内でやる気が無くなってフランスに早く行きたくなったんでしょう。NPCでアピールすれば怪我人が出ればABsのチャンスがあるとか思わないのかな?なんだかがっかりです。

昔も似たような事がありましたね。(こちら
前回のW杯の直前でABsから落とされたリコギアがNPCタズマンで契約していたのに、スーパーラグビーで家族から長い事離れていたので 家族の近い所に居たいと言って家のあるカンタベリーでやりたいとだだをこねて、そうしないと試合に出ない感じもあったし、結局Rギアは我儘を通してもらってカンタベリーにレンタル移籍。当時のタズマンのヘッドコーチは現クルセのTブラッカッター氏。心が広いです。

当時の記事にも書きましたが、もしそのままW杯のメンバーに入っていたならば家族ともっと離れるのに、スーパーラグビーで家族から長い事離れていたので家族の近い所に居たいと言ってABsを辞退したのか?
ルークはABsに選ばれていたとしたら子供さんの病気で練習に参加できない事を連絡しなのか?

ABsだったらする、NPCレベルのチームならしないとか、貰える金額はは違ってもお金を貰っている以上は最低でも参加できない時は連絡すべきでしょう。
数年前から数人の選手がABsに選ばれなかった時に、契約を早期解約を要請して契約を途中解除して海外に行ったりしているし、何のための契約なのかなって思っていましたが、スポーツ選手の特にラグビーはそう言う契約にかんしてかなり甘いなと言う感じが気になります。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中、クリック宜しくお願いします。
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

レッズ粘り勝ちでスーパーラグビー初優勝!

Getty Images
(Photo:Getty Images )
52,000人を超える観客の前でテストマッチのような緊張感のある試合だった。
前半30分まで得点が入らなくても、両チームのディフェンスが良かったので試合は見ごたえがあった。

前半地域で7割近く取っていたクルセーダーズがトライを取れなかったのも考えものだが、レッズのディフェンスが良かった。その堅いディフェンスの前に10番Dカーターの技ありのグラバーキックで自らボールを取ってトライ。上手いと言えば上手いが相手の足に当たってカーターが取りやすい所に来たのでラッキーとも言えるか??

このカーターのトライとコンバージョンで7点を取ったクルセが2PGのレッズを1点差でリードして前半を終えた。

ハーフタイムのインタビューは選手ではエリスの表情は決して明るくない、そしてコーチのTブラッカッターに関してはちょっと怒っているようで、あれだけ地域を取りながらも攻めきれず、ちょっとしたミスもあったしその怒りも納得できる。

後半に入ったらレッズは少しずつ疲れてくるだろうと私は予想していたのですが、前半と変わらずブレイクダウンは激しいしディフェンスもしかりしてと、全然フィットネスが切れる事がなかった。

逆にクルセの方が足が止まりだし、ブレイクダウンもレッズの激しさに受けるような感じになってきた。
フィットネスがレッズより先に切れ出した時にクルセ陣22M内でポイントが出来てそこでタッチに蹴りだすと思われたが、ハーフバックのエリスは、レッズ得意のカウンター攻撃をしてくださいと言えるような中途半端なキックをしてゲニア→イオアネとボールがつながり一番危険なランナーのイオアネにスペースを与えてしまい一気にゴールラインまで行って簡単にトライでパフォーマンスまでやれる始末。

エリスのキックは故意にタッチに出さなかったと思うが、それにしては中途半端なキックだったしあそこはタッチに出すべきでしょう。
この場面でキックチェイスで1番ゲニアに追い付きそうだったDカーターは最後は止まってゲニアの動きを見てパスを出されたが、あそこまで近くまでチェイスしたのだから飛び込んでタックルに行ってパスを簡単に出させないようにプレッシャーをかけるべきだったのではと思った。
チェイスしたそのままのスピードで行ってタックルしたのなら、仮にパスを出されたにしろパスは乱れていた可能性、またはパスが出来なかったと思う。

この日のカーターは最初のPGも難しくないのに外したり、地域を取るキックも変な所にボールが当たって違う方向に蹴ってしまったなど、その他のプレイでもいまいちBKをリード出来ていなかった気がするので、本来のカーターならもう少しやれたのでは?と思うので残念だった。

スクラムであれだけ圧倒し地域も有利に進めながら(特に前半そして後半の途中まで)トライが取れなかった原因の一つにはラインアウトがかなり酷かったのが痛かった。2番Cフリンのスローイングは4回くらいノットストレートを取られるはオーバースローもあるはで散々で殆どが相手ボールになってしまったのでは、勢いに乗りたくてもなかなか難しかったでしょう。

これがワールドカップのトーナメントに入ってフリンが怪我人が出たので試合に出る事になってノットストレート連発するかと思うと、先日30人の中に3番手のフッカーとして選んでいいのかと思うくらいだった。

あとは既に書いたようにレッズが先にフィットネスが切れるかと思ったら、逆にクルセが切れてそれでブレイクダウンもプレッシャーを受けるようになりボールを取られたり、ボールを持った選手が孤立してサポートプレイヤーが遅れターンオーバーやノットリリースを取られるなど、だんだんレッズのペースになってしまったのが後半の展開だった。

復帰2戦目のリッチーマコウはもっと走れるかなと思ったけど、既に前半で一杯一杯な感じで、後半に入っては足が止まりボールを持ってコンタクトしてもノックオンは多かったし、ゲニアのトライの時もラックサイドに立っていたリッチーは足が動かずゲニアに触れる事も出来ず簡単に内側を突破されてしまったし、その後も追いかけるフィットネスが残っていなくてと言う感じだったので後半の早い段階でMトッドに代えるべきだったかなと思いました。
それに代えられたのは6番Gホワイトロックだったしリッチーを代えるべきだったかなと。

あとはフルーエンを最後に代えたけど、トライが必要な場面でどうしてラインブレイクが出来るパワーを持った選手を代えたのかも疑問だった。
後半SBW(サニービルウイリアムズ)のナイスパスを貰ったフルーエンが抜けてマイトランドにつながればトライの場面でパスが少しそれてマイトランドはボールが取れずノックオンだったのがかなり痛かった。取れない事もないパスだったかな???

Bソーンのトライに見えた場面ですが、良く見るとボールがサモの足か手の上にあって付けれていないので、ビデオレフは正解でしょう。あれがトライかそうでないかでも流れが変わっていただろうし。
しかしラックからボールが出る時にQクーパーが完全にオフサイドの位置に立っていて、そこからBソーンにタックルに行っているし、あれで他のディフェンスが寄れる時間も作れる事になりましたね。

と色々書きましたが、一番言える事はレッズが素晴らしかった。フィットネスも最後まで切れず、ブレイクダウンでもプレッシャーも良い、それだけでなくその後、相手に出ると見たら直ぐにラックを捨てて次のディフェンスに備えると言うのが徹底されていて、前週のブルーズ戦と同じような展開をクルセにも出来た事が大きかった。

クルセはブルーズよりは考えて攻撃していたように見えたが、レッズのディフェンスの上手さで攻めてがなくなり攻め疲れでミスが出てそこからトライを取られると言う前週のブルーズと同じような展開にされてしまった。
クルセならもっとやってくれると思ったが、ハンドリングエラーが多かったりと、フットネスも先に切れとクルセらしくないラグビーをしてしまった印象が強く残った試合だった。レッズがそれだけ良い出来だったと言う事でしょう。
 
レッズ18-13クルセーダーズ

1996年から正式に始まったスーパーラグビー(当時はスーパー12)でレッズは初優勝!おめでとうレッズ! 

しかし優勝になれていないので、今年から18キロになった大きなトロフィーを貰ったは言いがキャプテンのスピーチが出来なかったですね。
トロフィーをもらったら皆が駆け込んできて大騒ぎになって、司会の方がスピーチを頼んだが盛り上がっていてそれどころではなくキャプテンが数回「あ~」「あ~」と言ってスピーチをしようと試みたが時遅し、スピーチ無しだったのが何だか笑えましたね。

そのれもあって皆がステージの下で盛り上がっているのに、キャプテンは一人ステージの上でどうしようかなって感じでした。司会者が先にスピーチをさせてからトロフィーを渡す順番にすれば慣れていないく手もスピーチは出来たでしょうね。
F
レッズが勝ったのでカレーを作りました(意味不明)って言ってもあまり赤いろではありませんが、ルーから作って、トマト缶で煮込んチキンのダシが効いています。毎回ルーから作るのですが、毎回調味料とかの量が若干自我うのか味も毎回違います。美味しく頂きました。

今年から1チーム増えて15チームでなり、方式も変えて同じ国のチームとはホーム&アウェーで2試合行いと試合数が増えました。しかし海外の数チームとは対戦しない事になり、組み合わせに不公平が出ている感じもあったのは事実だし、どうせなら全チームとやらないといけないなと思いました。 あとはニュージーランドのチームが他の国よりレベルが高いので2試合ずつやるとなると大変だなと。

一番感じたのは、どうしてW杯の年にわざわざシーズンを長くするような方式にしたのかが理解できませんでした。タフなシーズンで選手は疲れるし、怪我人も多く出たのもシーズンを長くした事が関係しているでしょうし、W杯後の来年からにすれば良いのになと始まる前から強く思っていました。

あとは、観客が入らなくなったのは、チーム数が増えるにつれてそうなっている気がします。チームが増えるぶん選手が散らばる事もあるし、レベルの高い試合が以前より少なくなったし、強いチームと弱いチームの差が出てきて大差の試合が出たりしているのも事実で興味が沸かなくなる要因かと。

それに試合数が多すぎて人々はラグビーを見飽きるような感じになっている事もある気がします。実際に私もそうなってきているし、スーパーラグビーは全試合は見ていません。特にサウスアフリカでの試合は時差があるしリプレイでも見ようと思わなくなりました。まあ私の体調の影響でもありますが。。。

私はチームを減らして12チームに戻して、もっと質の高い試合が見たいです。今でも質は高いけど、既に書いたように弱いチームと強いチームとの差があるので、ミスマッチが多くなっているのを無くせばもっと魅力のある大会になると思うのです。 

今は世の中の経済の事や、SKYで見れる事もあり、そしてNZでは冬は雨が多いので余計にテレビで見た方がとなるでしょうが・・・昔は雨でも結構入っていたし、雨でなければ今みたいに半分も埋まらないスタジアムとなる事は無かったです。 

チームが増えすぎた影響は色んな意味で結構あると思います。皆さんはどう思われますか?

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中、クリック宜しくお願いします。
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

新人一人All Blacksスコッド30人+4人発表

AB
(写真は息子?がどこからか貰ってきて全然興味がないのでくれた、CMでDカーターが脇に塗り塗りしている商品のカレンダーで非売品か?)

日曜日の午後4時にノースハーバーにあるクラブチームのクラブハウスでオールブラックスの30人のトライネーションズのスコッドの発表がありました。 怪我人(下線)4人が居るので、それらのバックアップとして4人+されています。

メンバーは以下です。赤文字は新人青文字は復帰、一番下には怪我人の名前とそのポジションのバックアップメンバー4人

Forwards:
PR(4):Tony Woodcock (Auckland),Owen Franks (Canterbury),Ben Franks (Tasman),John Afoa (Auckland),
HO(3):Keven Mealamu (Auckland),Andrew Hore (Taranaki), Corey Flynn (Canterbury),
LO(4):Sam Whitelock (Canterbury),Brad Thorn (Canterbury),Ali Williams (Auckland), Jarrad Hoeata (Taranaki),
FL.No8(5):Jerome Kaino (Auckland), Richie McCaw (captain, Canterbury), Kieran Read (Canterbury),
Liam Messam (Waikato),Adam Thomson (Otago),

Backs:
9(3):Jimmy Cowan (Southland), Piri Weepu (Wellington), Andy Ellis (Canterbury),
10(2):Daniel Carter (Canterbury), Colin Slade (Canterbury),
12(2):Ma'a Nonu (Wellington), Sonny Bill Williams (Canterbury),
13(2):Conrad Smith (Wellington), Richard Kahui(13,14) (Waikato),
WTB,FB(5):Hosea Gear (Wellington), Zac Guildford (Hawke's Bay),Mils Muliaina (Waikato),
Israel Dagg (Hawke's Bay), Isaia Toeava(U) (Auckland).

Injury cover for Woodcock, Toeava, Gear and Dagg :
Wyatt Crockett (Canterbury), Cory Jane (Wellington), Sitiveni Sivivatu (Waikato), Ben Smith(U) (Otago).

新人はNPCタラナキでスーパーラグビーは今年からハイランダーズで昨年チーフスでは出場機会に恵まれなかったホエアタ(前にホヤタと書いていましたが、マオリなのでそのまま読めばいいのでホエアタ、でもホヤタに聞こえますね)ただ一人となりました。彼は昨年のニュージーランド・マオリでアイルランド、イングランドを破った時のメンバーでその時のコーチをしていた現ハイランダーズのコーチのJジョセフ氏がハイランダーズに引っ張ってきて、開幕から大活躍で昨年までのABsで活躍していたTドネリーを押しのけてレギュラーとして出場。

フィジカルなプレイが持ち味の強いタックルとブレイクダウンでハイランダーズの開幕ダッシュの原動力となりました。走力もかなりあり6番又はNo8をこなせる選手で、前にも書きましたがBソーンタイプで将来が期待されます。まだまだ荒いプレイが多く反則が多いのが気になりますが、経験を積めば凄い選手になれるかも。

メンバーに選ばれた時の連絡は携帯にあったそうですが、その時はパートナーとカンフーパンダの映画を見ていて残り5分くらいの所で電話が鳴って、本当はすごく喜びたかったけどまだ映画の最中だったので静かにしていたとの事。その連絡で最後の場面は覚えていないとの事で、数年前にBスミスが初めてABsに選ばれた時のエピソード(パートナーとスコッド発表をラグビーチャンネルで見てて「俺の名前?」って感じでびっくりした)に似て面白い。

復帰組では何といってもアリ・ウイリアムズが2,3年アキレス腱の怪我で3度手術してと長年苦しんでいただけに本人もかなり嬉しいと言うか、インタビューでもかなり感情がこもった話し方だったのが印象的でした。経験のある選手で2007年の前回のワールドカップでの酷い経験もあるし、そういう意味で貴重な選手の復帰と言えるでしょう。トライネーションズでどれくらいやれるかでSホワイトロックを抜いてレギュラーになれるか、それまたスコッドから落とされるかどうかでしょうね。

フッカー(2番)のポジションは3番手が誰になるかで注目されていましたが、経験を買われてクルセーダーズのCフリンが昨年末の遠征で良い働きをしたエリオットを抑えて入りましたが、先日のスーパーラグビー決勝でのラインアウトのスローイングの悪さが何度かあって試合を優勢に進めれなかったのがあるのに、ある意味テストマッチのような試合だった事から、大事な試合で使う事に関して疑問が残る内容だったので色々言われていますし不安になりますね。
AB
(Photo 2009年のエリス)
バックスでは、これまた3番手候補が注目されていたハーフバック(9番)には今シーズンのスーパーラグビーで好調でしかも貴重なDGを決めるなどABsヘッドのGヘンリー氏も絶賛していたエリスがファイナルではいまいちだったけど選ばれて、シーズン終盤に失速したマテゥーソンを抑えてスコッド入り。

一番の注目だったのが10番ダン・カーターのバックアップは誰に?と言うので、私の予想通りに今季顎の骨折を2回して殆ど試合に出ていないCスレイドがクルーデンを押しのけて入りました。 
しかし彼は昨年年末遠征でクルーデンと共にスコッドから落とされてからは、殆ど試合に出ていないのにそれでも選んだ事に対しての質問には全然プレイに関係ない、ハイランダーズでのリーダーシップグループとかを話に出したWスミス氏の発言で結局話をそらすばかりだったのが・・・

一方昨年落とされたクルーデンは今季試合に出て成長したのをアピールできたけど、スレイドは昨年落とされてから成長したのを試合でアピールした訳ではないのでその辺が私と同じでメディアも突っ込んでいたのが印象的でした。

でもスレイドが一番の適任者だと思うので、コーチが話を濁したのも適当に流します(笑)

BKのその他の復帰組は再三の方の怪我に悩まされているカフイが過去の実績を買われての選出でしょうが怪我さえなければ彼は素晴らしい選手ですし、13番でもウイングでもテストマッチではハイレベルなので選ぶべきでしょう。
AB
(Photo 2009年カフイで後ろにはフランスに行ってNZを離れた事を後悔している人が)
カフイは昨日のタウランガでセブンスコーチにスキルセッションをウィップー等と受けていてハムストリングを痛めたそうで、これがどれくらい悪いのかが気になります。
ZG
(Photo 2008年Zac)
もう一人は昨年ハミルトンで行われたウエールズの試合で良い動きをしていたにも関わらず、その後のトライネーションズのスコッドから落とされたザック・ギルフォードも今季クルセーダーズでのキックチェイス等の仕事ぶりやディフェンス、そしてトライを取る活躍ぶりでスコッドに復帰した。

怪我でまだまだ出れない選手のうちのTウッドコックとダグが入っている事。もちろんこの二人はABsには欠かせない戦力だと思うのですが、いつ復帰か解らない(おそらくトライネーションズの最後の方)のにこの時点で選んだのがびっくりしたかも。

この中には昨年一皮むけてフィジカルでも強くなったAボリッチの名前が入っていない。これはアリの復帰と、ホエアタが出てきたので完全に外されたのかと。8月の最後の方に復帰してもW杯近いしNPCでアピールしてもスコッド復帰は厳しそう。
そうなると上記に書いたアリ、ホエアタがトライネーションズでのパフォーマンスが良ければボリッチのW杯は絶望的で逆に彼らのパフォーマンスが悪ければ復帰の可能性もありと言う事で、自力での復帰がないと言う事かな。
HG
(Photo 2008年ギア)
サプライズの落選だったウイングのシヴィヴァトゥーはHギアが昨年の遠征でアピールしてコーチに焼きついた印象が強いと見てる。予想の所で書いたが、11番しかできないのでシヴィかギアのどちらかしか要らないのでシヴィは落とされたか。でもギアはハリケーンズでそんな良いとは思えなかったし、怪我であまり出ていない。

既にABsで実績と安定感を見せているCジェーンもシヴィと同じく落とされているがシヴィと共に怪我人のバックアップで入っているが、これは私が思うにあえて30人から落としてこの二人に目を覚ましてもらうための薬とみている。

私の中では過去のABsの実績等を含めてパフォーマンスでの評価はで「キックっ処理や安定感でザックよりジェー」「キック処理とキックが出来る、スペースがなくても抜ける技術があるのはギアよりシヴィ」という評価ですので、テストマッチ(相手によるが)はスーパーラグビーと違ってもっとキックが多くなるし、プレッシャーも違うのでそのへんでジェーンとシヴィの良さが解ると私は思います。
問題は、相手がフィジー、そしてスプリングボックスがBかCチームを連れてくるので、競った試合でないとギアやザックをの欠点を修正できない(試す事が出来ない)恐れのままW杯のスコッドに入る事が私には怖いなと思います。

今季大活躍したハイランダーズのBスミスも怪我人のバックアップに入っているのは嬉しいが残るのは厳しいか。
DB
(Photo選ばれず呆然とするDブレイドw)
気になるリッチーマコウのバックアップは、クルセで大活躍したMトッド、テストキャップを持っているDブレイドの二人はスコッドには呼ばず、トンプソン、メッサム(リードも含めてらしい)をリッチーのバックアップになる見込みでこれもかなり話題になっていますが、フィジー戦とトライネーションズでこの二人が数試合出てそれでW杯にスペシャリストの7番を入れるか決めるのでしょうが、そうなるとぶっつけ本番でW杯ですが大丈夫か?
Getty Images
(Photo Getty Images)
もうこんな所を見たくありませんからね。。。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中、クリック宜しくお願いします。
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

クルセ快勝予想!Super Rugby 決勝プレビュー

いよいよ決勝です。ニュージーランド国内では、この決勝と並んで翌日発表になるトライネーションズのスコッドについても話題になって、誰が入る誰はアンラッキーだのかなり盛り上がっています。

昨日の記事で私の予想した30人のメンバーはちょっと解りにくかったので見やすく??変えました。あとWTB,FBの所を4人と書いていましたが、5人の間違いだったので(実際には5人選んでいましたが)訂正しています。

この決勝でアピールすればスコッド入りが微妙な選手はもしかしたら入れるか?と言う事もあるでしょうし、クルセーダーズの両ウイングのザック・ギルフォードとマイトランドは勝負強さを見せれば昨年信頼を掴んだ感じのHギア(私はあまり買っていませんが)を押しのけてどちらかがスコッド入りも十分あり得るでしょう。

その前にセレクターがジェーンをどれだけまだ信頼しているか(今年のスーパーラグビーのパフォーマンスは抜きにして)でこの二人がHGを押しのけたとしても入れるかですが。トエアヴァの怪我の具合もあるしスコッド入りしなくても余分にメンバーを呼ぶと思うのでどちらかは入る気がします。
長い前置きはこれくらいにして、本題のスーパーラグビーの決勝です。

Reds v CrusadersSuncorp Stadium Brisbane, Saturday July 9

前回の対戦はRound15(こちら)で大接戦の末、最後リッチーマコウが本当なら反則でない所をレフリーの解釈ではまだラックだったと言う事で、反則を取られてサヨナラPGでレッズが一点差で勝利したあの試合です。

このプレイの他にもレッズのフラットラインで突破を試みる時のフォワードパスが何度かあり、トライにつながったプレイは確実にFWパスだった事もあり色々言われた試合だった。
その試合でレフリーはオージーでタッチジャッジもオージーだった気がするが、昨年からニュートラルレフリーで経費を抑えてホームチームの国のレフリーが担当する事が多くなったは私的には気になっていたが、こういう接戦でレフリーのミスジャッチがあってホームチームが勝つとやっっぱり問題になり後味がよろしくないので出来れば違う国のレフリーがやるべきかなって思う。

しかしこの決勝のレフリーはなんと・・・ニュージーランドのレフリー。。。
ある意味可哀想な感じもします。レッズサポーターからのヤジはかなりあるしプレッシャーは物凄いでしょう。
このローレンス氏は数年前にサウスアフリカでクルセかケーンズだったかな、吹いたときにサポーターのプレッシャーに負けて?かなりNZチームに厳しく吹いていた記憶がありますから。今夜のレフリングには注目です。

レフリーの事がかなり話題になっているNZですが、主役は選手達ですからレフリーは脇役で。

先週のセミファイナルを見ると前回の記事でも書いたようにクルセが結構点差をつけて勝つかなって思います。

クルセは完成されたチームですし、とにかくFWの安定感がありセットピースは抜群なので負けにくいチームでしょう。ここ数週の安定感を見ると余計にです。
特にレッズはスクラムがあまり良くないので先週ストーマーズに圧勝したクルセのスクラムはレッズにはかなりマイナス材料になります。ラインアウトは互角になるにしても、セットピースの安定が試合を有利に進めれると言うのが基本ですから、なお完成されて賢いラグビーをするクルセが優勢なのは確かかと。

BKを見てもクルセは文句なしですね、幾ら15番ダグが抜けているにしても新人のTマーシャルが落ち着いたプレイだし、カウンターアタックも良いししっかりダグの穴を埋めています。
心配されたエリスの怪我も思ったより早く治り先発で出場になりますが、私はフォトアリイでも問題ないかと思いますね。対面が強いゲニアだけに同じくフィジカルでも強いフォトアリイの方が良いかなって思うし、でもエリスの安定感とゲームを見れる所は決勝では大事ですからね。

レッズのBKと比べると総合的に見てクルセのBKの方が1枚も2枚も上でしょう、ハーフ団コンビはレッズの派手さでより目立っていますがクルセは10番に何といってもDカーターがいるし、安定感ではQクーパーを上回るしディフェンスも良いしランプレイも出来るキックは言うまでもない(GKは時々調子悪いが)。

センター陣でいくと、SBW(サニービルウイリアムズ)、フルーエンはレッズと比べると圧倒的に攻撃力があるしいくらレッズの13番Aファインガがキャップ保持者でも彼はテストマッチで強豪国に通用する選手では全然ないと思うしクルセのセンターコンビには太刀打ちできないでしょう。

唯一レッズが上回れると言うのが両ウイングで、スーパーラグビーチームでも最も危険なウイングと言えそうなイオアネそして先週ハットトリックをしたデイビーのスピードスターが揃っているのでクルセも警戒しなくてはいけません。

一方のクルセの良ウイングもW杯の年でなければオールブラックスに絶対に入れたい2人ですし、レッズのウイングコンビとの対戦はかなり面白そうで注目したいです。

決勝の見どころをこれ以上書くまでもないかなと思うのですが少しだけ(本当に少し?)

FW戦は既に書いたようにスクラムはクルセが圧倒的に有利になるでしょう。これに対してレッズがどう耐えるか?先週もブルーズが有利になれるのがスクラムだったのに、スクラムがあまりなかったのはレッズの作戦でしょうね。それに上手く対応してたかな。ラインアウトならクルセと対抗できるので、スクラムを少なくしてラインアウトを多くする試合展開にしたい所。

そうしないとクルセがスクラムから特に先週凄かったセンターコンビが居るので、SBWの突破できる所までして抜けなかったらオフロードと、今までならオフロード対策でいけそうだったのにまずは突破を止めなければいけないのでディフェンスは対応できないい状態を先週のストーマーズ戦で見せたので更に進化したSBWをどう止めるかも注目。

レッズの強みはカウンターアタックで両ウイングやQクーパーが得意とする事だが、先週のブルーズはそれえで何度もやられてトライをとられている、レッズはこの展開に持ち込みたいがそれはクルセがキックしてくれればの話。
AB 2007
(2007年のカーター)
クルセが十分警戒しなければいけないのがこのプレイだが、カーターが先週のブルーズ(ブレット)のように相手に余裕を持たせてカンターが出来る所に蹴る事はありえないし、そのキックチェイスを追うウイング陣は特にザックが凄いキックチェイスでプレッシャーをかける良い仕事を毎回するので、カーターとザック&マイトランドがレッズのカウンターアタックを阻止するのに大事になる。
AB
あと危険なのが言うまでもなく、レッズのハーフ団でゲニアの突破とQクーパーのトリッキーなランこれはスクラムが有利なクルセにはさほど怖くない気がするし、ディフェンスのシステムもチームが完成されているのでブルーズがやられまくったようにはならないでしょう。

となるとレッズはブレイクダウンで有利にならないとストーマーズ戦のようにクルセが快勝出来るかなと思っています。レッズの7番Bロビンソンがどれだけクルセに対抗できるかがカギですが、クルセはチームが完成されているしレッズも組織でしっかり対抗できないとかなり苦戦しそう。
AB 2007
(2007年のリッチー)
私はブレイクダウンもクルセが有利になると思っています。マコウも選手フルで出たし今回はもっとキレてくれると思うし控えにはMトッドがいるし途中でバテても良いので最初から飛ばして欲しいです。前回の悔しい思いがあるので今回のマコウはやってくれるでしょう。

レッズはディフェンスの弱いQクーパーをかばうように先週のブルーズ戦はブレイクダウンに無理に入らず次のディフェンスの用意をしていたように思えたが、クルセはブルーズと違って賢いしコーチも良いので、密集に集めるように近場でピック&ゴーをやってディフェンスを内側に寄せて行くでしょう。
それにカーターの横にウイングの選手を入れたりして突破を図ったりしてQクーパーのあたりも攻めてくるでしょう。クーパーやその近くのディフェンダーがそれに対応できるかできないかでクルセの得点にも影響するでしょう。

予想はクルセが10点差以上で勝利

レッズの地元は水害、クルセの地元は地震でAMIスタジアムが使えなくなるほどで余震でかなりダメージで今後も使えるかは??ですし両チームとも自然災害で被害が出ているので、そういうのもあって余計に思い入れは強いシーズンだったでしょうね。

そう思うとここ10年くらい低迷していたレッズにも勝ってもらいたいし、96年以降プロ化になって正式に始まったスーパーラグビーの初優勝もありますからね。
クルセはやっぱりNZチームですし、地震の件でクライストチャーチの人に笑顔で居てもらいたいので、普段は憎いチームですがクルセに勝ってもらいたいです。

Go Crusaders !


Reds:
1. Ben Daley, 2. Saia Faingaa, 3. Greg Holmes, 4. Rob Simmons, 5. James Horwill,
6. Scott Higginbotham, 7. Beau Robinson, 8. Radike Samo, 9. Will Genia, 10. Quade Cooper,
11. Digby Ioane,
12. Ben Tapuai, 13. Anthony Faingaa, 14. Rod Davies, 15. Jono Lance.
Re:
16. James Hanson, 17. Guy Shepherdson, 18. Adam Wallace-Harrison, 19. Jake Schatz,
20. Liam Gill, 21. Ian Prior, 22. Will Chambers.

Crusaders:
1. Wyatt Crockett, 2. Corey Flynn, 3. Owen Franks, 4. Brad Thorn, 5. Sam Whitelock,
6. George Whitelock, 7. Richie McCaw (c), 8. Kieran Read,

9. Andy Ellis, 10. Daniel Carter, 11. Zac Guildford, 12. Sonny Bill Williams,
13. Robbie Fruean, 14. Sean Maitland, 15. Tom Marshall
Re:
16. Quentin MacDonald, 17. Ben Franks, 18. Luke Romano, 19. Matt Todd,
20. Kahn Fotuali'i, 21. Matt Berquist, 22. Ryan Crotty

REFEREE: Bryce Lawrence

クルセのABsキャップ保持者は1~12番までとリザーブのBフランクスと沢山いますし、来年からABsに入りそうな選手も居るし凄いチームだ。

次回は明日のトライネーションズのスコッド発表の記事かな。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中、クリック宜しくお願いします。
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

発表間近、All Blacksのメンバー予想 & SBWそれともノヌーはウイングで?

7月10日の日曜日に今年のオールブラックスのメンバーが発表さるのでかなりその話題で盛り上がっています。(もちろんラグビーチャンネルで発表の生中継があります)
この発表は、ワールドカップのスコッドではなく、トライネーションズの最後の対オーストラリアの試合の数日前の8月23日にブリスベンでW杯のスコッドが発表(登録締め切りだからか試合前になのかな?)される予定です。

FW16人、BK14人の30名の発表になりそうですが、怪我人が多いし毎年の事ながらスコッド入りしていなくても昨年のSホワイトロック、数年前のBエヴァンス(ロック)のようにバックアップスコッドでチームに同行する選手も居ると思われます。この二人はそれで初キャップを得ています。

予想の前に2週前にプレイオフに残れなかったチーフス、ハリケーンズ、ハイランダーズの3チームからオールブラックスのメンバーに入りそうな選手のトレーニングスコッド25名が発表されて、先週と今週の数日間ウエリントンでトレーニングがありました。メンバーは以下です。

Chiefs:
Ben Afeaki,Hikawera Elliot,Richard Kahui,Brendon Leonard,Liam Messam,Mils Muliaina,Sitiveni Sivivatu.
Hurricanes:
Aaron Cruden, Hosea Gear, Andrew Hore, Cory Jane, Maa Nonu, Conrad Smith,
Neemia Tialata, Victor Vito, Piri Weepu.
Highlanders:
Jimmy Cowan, Tom Donnelly, Jarrad Hoeata, Colin Slade, Ben Smith, Adam Thomson.

チーフスの所にドナルドが入っていないので、この時点でワールドカップも含めて(10番に怪我人が多発すれば別)ドナルドがABsスコッドに入る事は無くなりました。昨年の香港(こちら)での最後のノータッチキックの痛いミス(私はその前に時間がまだ1,2分あったしFWがサイレンが鳴るまでサイドを突くなりボールをキープするべきだと思いましたし、カーターもそれをインタビューでもドナルドをかばってでしょうがそれを言っていましたね)でABsの連勝を消してしまったし、あれで彼の全てが決まった感じでしょう。
AB

もう一人はノンキャップで昨年からチーフスで活躍している巨漢PRのBアフェアキ(2008年NZ-U20)がサイズがあるのに動けてタックルも素晴らしいし、スクラムも良くなってきている事から、今年は選ばないにしても将来を期待してトレーニングスコッドに呼んだのでしょう。彼はもともと150KGくらいあって今は130KGくらいに絞ってスーパーラグビーに通用できるようになりました、来年からはABs入りできるかもしれませんね。

ハイランダーズからは、フィジカルプレイで大活躍のホヤタが呼ばれていてかなり注目されています。
日曜日に予想されるスコッドは、Gヘンリー氏のコメントや過去の実績でこのようになるかなって思います。

下線が入ると思われる30人のメンバー」左から順にですが。。。

FW(16人)
PR(4人) クロケット、Bフランクス、Oフランクス、アフォア   Tウッドコック(怪我)、Bアフェアキ、ファムイナ
HO(3人) メアラム、ホア、(フリン/エリオット)、 ラトリッジ
LO(4人) Bソーン、Sホワイトロック、Aウイリアムズ、ホヤタ     ボリッチ(怪我)ドネリー
3列(5人) カイノ、マコウ、リード,(トンプソン/メッサム/Mトッド/Lブレイド/Dブレイド)

BK(14人)
9番(3人); カウワン、ウィップー、エリス  レナード、マテゥーソン
10番(2人); カーター、(スレイド/クルーデン)
12,13番(4人); ノヌー、SBW(サニービルウイリアムズ)、Cスミス、カフイ(WTB)、  フルーエン、マカリスター
WTB,FB(5人); シヴィヴァトゥー、ムリアイナトエアヴァ(怪我から復帰予定)、 (Hギア/ギルフォード/Bスミス/ジェーン/マイトラトランド)、ジョーロコダグ(怪我)


PRは1番のレギュラーでもあるTウッドコックが足の怪我でまだリハビリ中なので復帰はトライネーションズの途中からになりそう。その代わりに今季是好調でスクラムも良くなってきたクロケットが走れる、タックル出来るプロップとしてウッドコックが復帰してもクロケットがそのままレギュラーでもいけるのでは?と言う活躍ぶりです。テストマッチで経験を積んでW杯の戦力になれるか?
他の3人はここ数年定着している選手で、Bフランクスは1,3番両方組めるし、3番でもスクラムが良くなっているので貴重な存在でリザーブにはもってこいの選手。

HOはスペシャリストのポジションでリザーブに一人しか入れないけど、怪我人が出たらいけないので3人選ぶ事になるし長年怪我であまりテストマッチの経験がないフリンをW杯前に使いたいところ。エリオットと3番て争いになりそうだが経験の差でフリンでしょう。

LOはボリッチが怪我で6週間アウトなので代わりには昨年のNPCから絶好調で今季のスーパーラグビーでも素晴らしい活躍をしているハイランダーズのホヤタが入るのは間違いないでしょう。走力があり6番でも素晴らしい選手だし、ボリッチの怪我がなくても入れたいくらいです。
昨年の途中まで良かったドネリーですが、失速した感じがあるし今年のスーパーラグビーでも怪我もあったがあまり良い印象はないし、ホヤタの方がかなり目立っているので入らないと思います。

3列の枠は6人ですが、カイノ、マコウ、リードはレギュラーで確定ですが、残り2つの枠には沢山候補が居ます。
今季絶好調のメッサム、トンプソンは3列どこでもやれるし走力抜群で攻撃能力は素晴らしい。
この二人は7番もやるし、ヘンリー氏が7番のバックアップはスペシャリストではなくても、と言う事をほのめかしていることからこの2人がマコウが怪我した時には7番に入る事になるか??
2人とも良い選手だから外すのはもったいないですね。しかし同じようなタイプの2人なので一人で良いかなと思うし、もしかしたらどちらかが外れてマコウのバックアップに誰か一人入るかもしれませんね。

しかしマコウがW杯の早い段階で怪我した事を考えると、7番のスペシャリストを入れた方が良いかなって思ったりも。そうなると、スーパーラグビーデビューでいきなり大活躍したMトッドかブルーズで今季レギュラーで活躍したLブレイドそしてLブレイドの兄でキャップ保持者のDブレイドが怪我から復帰して来たし経験を買われて選ばれるか?
私が思うにこの中の一人はバックアップメンバーでチームに同行させると思うのですが・・・コーチ陣はトッド、Lブレイドの新人でなくW杯の年なので経験のあるDブレイドかなって思います。私ならMトッドかな。

ハーフバックはカウワン、ウィップーは確定でしょうから、残りの1枠に誰が入るか?
スーパーラグビーのシーズン序盤だと特にランプレイで超攻撃的なアタックを見せたブルーズのマテゥーソンだと思ったがシーズン途中からは彼は失速して特に終盤は全然良いところなしだったので、安定感がないので選びにくいでしょう。

そうなるとシーズンを通して安定したパフォーマンスを見せて、得意のDGも披露して大事な試合を決めたりし
今季はランプレイでも成長を見せているクルセーダーズのエリス
が有力でしょう。

10番のバックアップはウエリントンとのプレシーズンマッチでカンタベリーで10番で出場するスレイドがこの試合(今日)でアピールできればクルーデンではなくスレイドで決まりでしょう。

12,13番
ノヌー、Cスミス、SBWは確定でしょうが、あと1枠はウイングも出来るカフイが怪我がなければ前回のW杯でも入れただろうし、彼はウイングも出来るので必ず入るでしょう。 フルーエンは素晴らしい活躍ですが、今年がW杯だし他の選手が素晴らしいので来年以降に活躍してもらいましょう。

WTB,FB
ここが一番競争が激しいポジションか。シヴィヴァトゥー(又はHギア)、ムリアイナは決定でしょうが、14番は誰か? 昨年まではジェーンがほぼレギュラーだったが彼の今年のパフォーマンスは普通の人だしヘンリー氏はどうするか注目。
昨年の年末遠征で活躍してコーチの信頼を掴んだHギアはシヴィヴァトゥーとのレギュラー争いになりそうだがシヴィヴァトゥーが選ばれたら、11番しかできないHGは要らなくなります、これは逆の事も言えますね。シヴィヴァトゥーの攻撃力とここ最近のキック処理の良さが見えてるし、ギアはキック処理とキックが良くないので私ならHGを選ばずに、ギルフォード又はジェーンかマイトランドを選びますね。コーチはシヴィ、HGと両方選びそうな感じですが。。。
好調のマイトランドもザックと競わせて選びたいけど、フルーエンと同じで今年がW杯なのでいきなり選びにくいですね。それは7番のバックアップのMトッド、Lブレイドにも言えるかも。
AB
前回のW杯では最後に経験のある選手を外したりしてフランスに負けているので、そのへんは同じコーチ陣なので良く解っているだろうし、そうなると経験のある選手をW杯の年だし選ぶのかな??。

ハイランダーズで大活躍したBスミスも11~15までどこでもやるし、カウンターアタック能力は素晴らしし選びたいけど、トエアヴァが怪我から復帰するし同じユーティリティーBKのトエアヴァを選ぶでしょう。
トエアヴァが間にあわないならBスミス、もしくはCジェーンかな?ジェーンは実績から考えると選ばれても良いかなって思うけど、昨年年末ツアーではあまり使われていなかったしどうかな??

特に3列のレギュラー以外の二人とWTB,FBが誰が選ばれるか注目ですね。

W杯のスコッドに関して
怪我(青文字)で入れないTウッドコックがW杯に間に合えば、クロケットが残念ながら落ちるでしょう。

ホヤタもボリッチが復帰したら落とされるかも知れませんが、6番もやれるしセレクターがどこまで重宝するか?でもホヤタは反則も多い選手ですからそれがW杯ではネックですね。経験を積めばBソーンタイプですし面白そう。

ダグの怪我から戻れば確実にスコッド入りするでしょうから、そうなると、Hギアかシヴィヴァトゥーのどちらかが落とされますね、ギアでしょうが・・・Cジェーンは昨年までの実績で選んでもおかしくないけど、同じようにWTB,FBをやれるダグの成長があるし、トエアヴァはどこでもやれるし、ジェーンは勿体ないですが落とされるのでは?
2日前に元ABsのセレクターの方が、12番はノヌーが居るので試合に出れないかも知れないSBWをウイングで使う事を薦めていてかなり騒がしくなっていました。 その方は95年にあのジョナ・ロムーがW杯で大暴れした時のセレクターの方で、ロムーが大活躍した過去の事から、SBWをレギュラーで使わないなんて勿体ないし、ウイングでもやれると簡単に言われていました。

私が思うにSBWは12番または13番でウイングでのフィニッシャーではなくて、フィニッシャーを活かすプレイヤーなのでミッドフィルダーだと思うのでSBWは12番で逆にウイング経験がそこそこ多いノヌーが14番に入れると言うならまだ解ります。

しかしウイングにも良い選手があふれているし、カフイはABsでは14番で出場が多かったし、一杯選択度があって前回のW杯と同じであれもこれも使いたいってなって、好調のマクドナルドもムリアイナも使いたいってなって、ムリアイナを13番でマクドナルドを15番にしたり、トライスコアーのトップを走るダグハウレット、渋いプレイで信頼のあるAメイジャーもベンチにも入れないなどでしたが、今回はもっと選択度があるけど、前回の反省を活かしてノヌーもSBWも12番にこだわるか? 
最後にサウスアフリカ代表の例のうるさいコーチがトライネーションズに怪我や健康状態の関係で21人の主力選手が遠征の時に参加しないとの事を表明。これでかなり騒がしくなっています。
2007年のW杯優勝したスプリングボックスも同じように遠征には主力を連れて来ずBチームいやCチームと言われるスコッドでニュージーランドとオーストラリアに遠征してきました。それの真似をして今回も成功するようにと言う訳でしょうか。

しかし21人の主力選手が怪我とかあり得ない事を理由にして発表するのもどうでしょうか????
まああれこれ言っても仕方がないし、こちらも遠征とか、もしくはスーパーラグビーで出ずっぱりだった選手を休ませるとか、バックアップの選手に経験を積ませるために、数試合はベストで行く必要はないかもしれません。

いや絶対にカーターのバックアップは昨年のヨーロッパ遠征で連れて行っていないので経験してないし、トライネーションズで経験してもらわないと困ります。


次回はスーパーラグビーの決勝のプレビューです。 クルセが結構差をつけて勝つと思いますけどね。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中、クリック宜しくお願いします。
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

情けないブルーズと凄いクルセーダーズSuperRugbyセミファイナルレビュー

REDS 30-13 BLUES

簡単に言えばブルーズが情けない試合をした。きつい事を言うと学習能力がないのかと言いたい。
あれだけ地域とボール支配率で上回りながら、前半は下手をすると15-0で終わりそうだった。
前半終了間際にロウリーが走力を生かしてのトライで15-7にしてして得点では試合らしくなっているけど内容は酷いものだった。

しつこいですが、スタッツで大きく上回りながら、何も考えていない様な戦術なのかプレイヤーが学習能力がないのか知りませんがボールを継続しているのは良いが、何の意図もない攻め方で前に出るどころかどんどん後ろに下げられて、しまいにはボールを取られたり、プレッシャーで無理なパスをしてインターセプトで先制トライをされるなど最悪なパターン。

何を考えて攻撃しているのか?あれだけボールを支配していながら・・・

レッズはブレイクダウンで無理に絡みに行かなかった、もちろん絡める時はプレッシャーをかけるが、その見極めが非常に良かった。あえて言うならば、ブレイクダウンで人数をかけずに、次のディフェンスに備えてディフェンスラインを引いている感じだった。
それなのに、ブルーズはそのディフェンスラインが揃っているにも拘らず、ただまわすだけでディフェンスの餌食しかも、レッズは結構突っかけてディフェンスしてきているにも関わらずブルーズのアタックラインもフラットぎみでプレッシャーを受けまくりミスをする。これをしばらく続けているのにも疑問で、全く学習能力が全然ないのかコーチもそれに気付かず何も指示を出さないのか?

まずレッズがブレイクダウンで人数をかけていないのが試合開始から明らかだったので、次のディフェンスに備えていたのならばBKにまわしても効果的な攻撃は出来る見込みは少ない、となればディフェンスをもっと密集に集めれるように考えないのか?
例えば、ラック再度の近場を攻めてラックサイドに立っている選手を巻き込まないと何時まで経ってもディフェンスの数は減っていかない。それを全然やらず、しかも何も糸の無いただまわすだけでは・・・ 繰り返しになるがディフェンスの餌食になるだけ。メアラムクラスならそれが解るはずだろう。
M
レッズディフェンスが突っかけてくるシステムなら、途中でラインを深くするなりFWをBKラインに入れる等の工夫とか全然ない。たとえFWを入れたとしても、孤立しての突破で元々ディフェンスラインが多く揃えていたレッズがブレイクダウンでここぞと言う時にはしっかり絡んでボールを奪い取る又は反則を誘うと言う展開の繰り返し。
ラインを深くした時もあったが、結局ただまわすだけを繰り返しているのか理解が出来なかった。

あとはレッズが再三やってきたハイパント攻撃でブルーズは殆ど競っていない。これも意味が解らなかった。
確かにレッズは良い所に蹴っていたが、レッズの方がボールに絡みに行ってブルーズはコミニケーションの悪さで誰も競らずこれでは相手に地域とボールをいっぺんに渡してしまう事になる。

Qクーパーのランプレイは素晴らしいが、突破された後に簡単に繋がれてトライをされてしまう場面も多かったし他の選手のバックアップのディフェンスの意識やレッズのサポートプレイヤーへのマークも良くないので簡単にトライを取られたのが残念でならなかった。

折角11番にモンローを入れてもペナルティーゴールを蹴る機会もないし意味がなかっただけでなく、Qクーパーに吹っ飛ばされるタックルの弱さも披露。
今季大活躍していた、ペインもトライチャンスでノックオンをするは、中途半端なキックでピンチになるわで全く良いところなしだったし、ノースランドのチームメイトのモンローとこの二人は良いところなしだった。

これでは勝てるはずがない。点数では何度も射程距離内になるなど接戦??気味だったが、そうなっても直ぐにトライを取られるパターンでイライラする試合だった。ここまで競らせてもらった(点数上では)のもクーパーがことごとくGKを外してくれたので縺れただけで難しい所ではなかったし決めていれば点差はかなりついている試合だった。 クーパーが試合をもつれさせてくれてある意味盛り上げてくれたけど結果的にはブルーズを負かした選手だ。

情けなくて、イライラした試合だった。やっぱりブルーズはブルーズですね(笑)
ハーフタイムで修正どころか何も指示をしてない感じに思えたし、コーチも代えるべきと思う試合内容でした。

そのブルーズのコーチのパットラム氏は何と昨日の朝のラジオに出演して、リスナーの質問に答えると言う事をした。あの試合内容では、かなり批判されるのは間違いない。実際に結構きつい事もいわれたし、前日にかなりきつい事を言ったリスナーの意見をラム氏がゲストで来た時に聞かせてと言うような事もして凄い興味深く聞いていた。

そのラム氏は、ビデオ等での相手を分析してと再三言っていたが、あくまでもそれまでの試合の相手の戦法であって試合でどうなっているかによっては、その分析と違ったらそれに対応できるように指示をしるのもコーチの役目でしょう。それを分析では分析ではと何度も言うので思わず事件は現場で起きているんだと織田裕二ばりに言いたくなった。

相手チームの分析をする事は大事でしょうが、そればかりに執着していては・・・
だから一試合を通じてただまわすだけの展開でワイドにボールを動かそうと言うのをやり続けたのが理解できない。
ワイドに展開してトライが取れるのは、それまでにディフェンスを内側に集めないと外側が余らないしスペースも生まれないので、もっとFWの近場で攻めてディフェンスを集めるのが先だろう。

他にはボール支配率を高くする作戦と言っていたが、それはラム氏の作戦通りに出来た。
しかしそれが効果的な攻撃だったか? 既に書いたけどボールは支配しているがどんどん下げられて・・・
の繰り返しで効果的な攻撃など一つもなかったし、逆に攻め疲れで最後はボールを取られて逆襲ではその作戦も意味がない。

10番ブレットは相変わらずダイレクトタッチのキックミスとかこの試合でもあったし大舞台で弱い。
9番マテゥーソンは先週に続いて一体どうしたのか?普通の選手だった。シーズン序盤の活躍ぶりはどこへ行ったのか?


シーズン途中まで一敗出来ていてニュージーランド部門で一位になれるかと期待させてくれたが
トエアヴァの怪我以降はブルーズの攻撃がかなり弱くなり、終盤に僅差で負けて4,5連敗した。トエアヴァの今季の活躍ぶりから行くと、彼が居れば僅差の試合でも勝てただろうし、彼の存在がいかに大きいか解った。
STORMERS 29-10 CRUSADERS
ブルーズが情けない試合で負けたので、クルセーダーズにかなりの期待をしていました。
夜中の放送なので、体調の良くない私はライブでは観ずDVD観戦で前日の最悪な試合から気分を入れ替えました。

蓋をあけるとクルセーダーズのFWが序盤から良かったし、これはいけるって思った。
まずセットッピースが素晴らしく気になるクルセ1番のクロケット問題なく反則を取られる事がなかった。個人的な感想は、クロケットがスクラムでヒットを控えて相手がヒットするのを受け応えるような感じにしていて自らヒットして勢いで?倒れていたのを防止する様な感じが成功していたように思えます。

しかしクルセのスクラムは凄かった。セミファイナルであそこまでスクラムで差が出るとは考えにくいがラインアウトもSホワイトロックが素晴らしかったしストーマーズを上回ってセットピースは快勝。
AB
私がプレビューでクルセFWが有利ならクルセの圧勝もあると書いたが、その通りになった。
おまけにブレイクダウンもクルセが有利だしストーマーズは何もできなかった。
これでは豪華なクルセのBKがやりたい放題で、SBW(サニービルウイリアムズ)も突破を試みてディフェンスを引きずって二人引き付けてフルーエンにオフロードで繋いでトライをアシストしたプレイは圧巻だった。あれをやられたらディフェンスは何もできない、とにかく凄いの一言でボックスのセンターコンビはクルセのBKの陰に隠れて存在感が全然なかった。 

マイトランドは攻撃でアピール、ザックギルフォードはJフリーのトライをコーナーぎりぎりでタッチに出した執念のディフェンスは素晴らしかった。このクルセのウイングコンビは来年のオールブラックスのウイングコンビかな。もしかしたらどっちかがスコッドに入るかも知れないが、ウイングは競争率が高いのでどうだろう?

今季絶好調のエリスが前半の早い段階で怪我で退場した時はちょっと心配したが、代わりのフォトアリイが昨年の絶好調時のパフォーマンスのような素晴らしい出来でエリスの退場の不安は一気に消えた。
昨年ABsに入れる事になていた感じだったのに、サモア代表を選んだが本人はちょっと後悔していたりして。
F
とにかくクルセがどこの場面でもストーマーズを上回り、ホームのストーマーズのファンも大人しくなってしまった。
あれだけクルセが良いパフォーマンスを見せると、ストーマーズファンも仕方ないなって思うかな。
ブルーズの場合はレッズは良かったけど、スタッツではかなりブルーズが有利だったにもかかわらずだからファンは諦めよりはイライラの募る試合だったでしょう。


クルセは完成されたチームで、このままのチームでW杯を戦っても良いかなって思うくらいです。
実際にクルセの選手が特にFWはレギュラークラスばかりですし。BKも十分凄いですし。

ブルーズもあれくらい安心できる試合をしてもらえないかなと。。。

と言う事で決勝はブリスベンでレッズ対クルセーダーズです。
今日チケットが発売されて僅か45分で完売となりました。4,5年前のオールブラックスのチケットもこんな感じだったけど今は楽にブレディズローカップも取れるしニュージーランドのラグビーはやばいですね2003年のブルーズ対クルセのスーパーラグビー決勝もあっと言う間に完売だったのに・・・

次回はプレビューの前にオールブラックスのメンバー予想を書くつもりです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中、クリック宜しくお願いします。

関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

SuperRugbyセミファイナル ストーマーズ対クルセーダーズ プレビュー

Stormers v Crusaders Newlands, Cape Town, Saturday July 2 @ 1705 (Sunday 0305 NZT)

Round8での対戦はクルセーダーズのBKがダグ、マイトランド、Aホワイトロックと後一人怪我人が出て、フランカーのMトッドがウイングに入るなど大変な事になっていたのに20-14でクルセが勝利した凄い試合だった。

その時はリッチーマコウもDカーターも欠場した試合だったのに良く勝てたなって思えた。

今回のクルセーダーズはリッチーもカーターも居るし、マイトランドも先週の試合で復帰でいきなり良かったし、ダグはまだまだ復帰は先だがダグの代わりのTマーシャルが良いし、ほぼベストメンバーでのセミファイナルに望める。

AB
この試合で復帰戦となるリッチーマコウが今季フィットしているところを見ていないし、試合自体にもまともに出ていない気がするし、それなのにいきなり7番で先発で激しいFW戦が予想されるだけにちょっと心配。

あとは心配となると、今季絶好調の1番クロケットのスクラム、彼はスクラムが弱いとは思わないけど、レフリーに目をつけられていてスクラムを落としたと言うペナルティーを良く取られる事だ。これが接戦になた場合には自陣でこのペナルティーを取られるとPGで得点されるので試合を決める事もあるのでレフリングにも注目。
AB
クルセの心配なのはこの二つくらいか。 他では強いて言うとザックギルフォードのキック処理が何試合か前にサウスアフリカのチームとやった時に2回ほどキック処理ミスしていずれもトライになった記憶があるので、セミファイナルでキックが増えるだろうしそれでもたつくとストーマーズが有利になってしまう。

攻撃はBKはストーマーズに代表が多く居るが前回の試合でもクルセが上回っていたし若いバック3も若さを感じさせないほど落ち着いていて決定力もあるし、センターコンビは強いし、ダンカーターは言うまでもないので楽しみだ。

強いて言うとダンカーターがもっと仕掛けても良いかなって思う。外側に良い選手が居るので彼らがやってくれるので、あえてカーター自身があまりしかけていないかも知れないが、カーターがもっと仕掛けるとディフェンスも絞りにくいだろうし、この試合ではもっと仕掛けるかなって。 

そうすれば外側の選手にもスペースが生まれるし生きてくるかと。SBWはここ数試合はオフロードだけでなくサイズを活かした突進を試みているが、それで相手ディフェンスは集まるし、外側にスペースも生まれる。
カーターとSBWが仕掛ける事によってディフェンスはかなり戸惑う事が予想される。

ストーマーズはFWは強いのでここでクルセを上まらないと勝ち目はないかと思う。
BKは10番にPグラントが怪我から復帰はGKの面でかなり大きいか。センターコンビはスプリングボックスのコンビだが、前回の試合ではSBWのオフロードに全然対応できなかったし、SBWは上記にも書いたように突破もしてくるようになったし、ますます絞りにくくなっているので、ここをしかり対応できないとクルセのやりたい放題だろう。

試合の鍵はFW戦でクルセが有利だと試合は敵地でも差をつかてクルセが勝てる気がする。
最初に書いたリッチーがどれくらいやれるかで大分変わるし、クロケットのスクラムがどう取られるかでも大分変わってくるでしょう。レフリーは生憎サウスアフリカのレフリーなんですが・・・

前にも書きましたが、ストーマーズはサラセンズで大活躍したブリッツをこの試合からドラフトで入れてとちょっとせこいやり方ですが、これに対してはNZで結構騒がれています。彼のランプレイは凄いのでFLで使うにしても、スペースのあるところでボールを持たせたら厄介ですね。彼のFLでの起用が(ベンチなのでインパクトで後半からかな)吉と出るか????注目です。

予想はクルセFWが後半から有利になり10点差でクルセ。 カーターのGKの調子も今季はいまいちなので彼次第?

この試合で2番コリン・フリンがスーパーラグビー100試合達成となるそうです。

SBW(サニーぶりウイリアムズ)の移籍先はノヌーがブルーズに行く事によってチーフス入りの話が大きくなっています。しかしブルーズのお偉いさんは今季でブレット、マカリスター、ジョーロコと高額もらっている人が抜けるのでSBWを取れると取る気満々です。 これだとどこかの日本の野球のチームの、あれもこれも欲しい病と同じですね。前に書いたようにバランス良くチーフスでOKですよ。 

Stormers:
1. Wicus Blaauw, 2. Tiaan Liebenberg, 3. Brok Harris, 4 Rynhardt Elstadt, 5. Andries Bekker,
6. Schalk Burger (capt), 7. Francois Louw,
8. Nick Koster, 9. Dewaldt Duvenage, 10. Peter Grant,
11. Bryan Habana, 12. Jean de Villiers, 13. Jaque Fourie, 14. Gio Aplon, 15. Conrad Jantjies.

Replacements:
16. Deon Fourie, 17. Steven Kitshoff, 18. Anton van Zyl, 19. Schalk Brits,
20. Louis Schreuder, 21. Juan de Jongh, 22. Johann Sadie.

Crusaders:
1. Wyatt Crockett, 2. Corey Flynn, 3. Owen Franks, 4. Brad Thorn, 5. Sam Whitelock, 6. George Whitelock,
7. Richie McCaw (capt), 8. Kieran Read, 9. Andy Ellis, 10. Daniel Carter, 11. Zac Guildford,
12. Sonny Bill Williams, 13. Robbie Fruean, 14. Sean Maitland, 15. Tom Marshall.
Replacements:
16. Quentin MacDonald, 17. Ben Franks, 18. Luke Romano, 19. Matt Todd,
20. Kahn Fotuali'i, 21. Matt Berquist, 22. Ryan Crotty.

REFEREE: Craig Joubert
さあもう直ぐブルーズですね。 モンローのGKで何とか逃げ切って欲しい。ブレットのディフェンスは心配しても仕方ないので(苦笑) Lブレイドがかなり成長しているし大一番でやれるか注目。


にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中、クリック宜しくお願いします。
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

SuperRugbyセミファイナル レッズ対ブルーズ プレビュー

さあいよいよセミファイナルですが今朝のノヌーの移籍報道でそちらに注目が言ってしまった感じもする。
順にでみると結局上位4チームが残って、昨年までのセミファイナルのような感じだ。明日はRoundで1位のレッズがホームで先週の準々決勝を勝ったブルーズ(4位)と対戦。翌日(NZ時間)2位のストーマーズがホームで先週の準々決勝を勝ったクルセーダーズ(3位)と対戦。

毎週6,7試合のプレビューレビューを書くのは大変だったが(NZチームしかまともに書いてないけど)2試合だと楽(笑)プレビューを自分勝手に書かせてもらいます。

Reds v Blues Suncorp Stadium, Brisbane, Saturday July 2, 7.40pm (AEST)

Roundでの対決は37-31でレッズが勝っている。そのレッズが上位2チームに入ったので先週は休みで長いシーズンの疲れを取る良い休養が出来ただろう。そして怪我人が何人か戻ってきたのが嬉しいニュースか。

7番で活躍していたBロビンソンは元ワラターズでフィル・ウォーが居た為あまり出れな方がレッズに移籍してからは、出場機会に恵まれて活躍していただけに、彼の復帰はかなり大きいと思う。とにかく良く走って体は決して大きいとは言えないけど、アグレッシブでブレイクダウンでは良い仕事をするのでブルーズの7番Lブレイドとの対決が注目される。

Aファインガ、そして危険なランナーのウエリントン生まれのイオアネが脳震盪から復帰がBロビンソンと並んで大きな復帰でブルーズにとっては厄介な二人の復帰でかなり手こずりそう。イオアネのランはなかなか止めれないのでディフェンスの悪いブルーズBKが心配。。。

レッズFWはセットピースが良いし、BKは9.ゲニア,10.クーパーのワラビーズのコンビで一番攻撃力のあるハーフ団だから怖い。それにウイングはイオアネだけでなく14番Rod Daviesもスピードがあるし一気にトライが取れる。
AB
一方のブルーズ、一番注目されていたのがレンジャーの復帰で11番に入れるのか?それともGKを蹴るモンローをそのまま11番で使うのか?とコーチが悩んでいると少し前の記事で書きましたが、ラム氏は今日モンローを11番で使いレンジャーはベンチにと言う事を決断。これは前の記事で私が望んでいたようになったのでほっとしています。
B
(Photo-JASON OXENHAM-Fairfax Media)
しかし何度も書きますがブルーズBKのディフェンスの悪さはワラターズ戦の特に前半で披露して10番ブレット、12番ルークマカリスター(Tカーターのトライを演出?)のタックルが良くないので、この二人が狙われるのは言うまでもないでしょう。特にブレットの所はかなり狙われるでしょう。レッズはフラットラインでの攻撃でFWも入れてくるのでブレットのタックル力ではまた抜かれまくるのが浮かびます。ちなみにブレットは先週6回タックルしてタックルミスが5回と酷すぎです。

今回のレフリーのカプラン氏がレッズが今季得意としているフラットライン攻撃で時々見せるフォワードパスでラインブレイクをしているので、それをフォワードパスと取ってくれるかくれないかでも試合を左右する
と思います。前回はそのフォワードパスを取ってくれずトライにつながったし、あのフラットラインで前に投げられたらディフェンスはかなり難しいと思います。 

あとは前回も書きましたがボリッチが怪我で出れないのがかなり痛い。セットピースが良いレッズだから、スペシャリストのロックを入れたいところですが、経験が浅いので経験のあるロウリーを本職でないロックで今季2度目の先発ですが、ラインアウトはボリッチの欠場でどう影響するか?

試合の予想は、5万人近く入るのでホームのレッズが有利なのは言うまでもないし、怪我人も戻ってきているし、逆にブルーズは主力を怪我で欠いたし、ブルーズBKのディフェンスが悪いしレッズが勝ちと予想するのが一般的な見方でしょう。

しかしブルーズを贔屓目で見ると、1番Tウッドコックを欠いているけど、本来3番のファムイナが1番に入り好調でボールを持たせたら必ずゲイン出来るしスクラムも悪くない、2番メアラムは説明不要、3番アフォアは先週も好調で今季最後だし相当気合が入っているでしょう。
アリウイリアムズも完全復活と言って良いくらいだし、6.カイノ、7.Lブレイドも良いしスクラムはレッズより有りになれると予想しています。

先週いまいちだった9番マテゥーソンが今週は気を入れなおしてやってくれるでしょう(超ブルーズ贔屓ですね)そしてシーズン前半のような活躍ぶりを期待。しかし先週は本当に酷かったです、まずパスが・・・あとは球出しの時のテンポと言うか、きょろきょろし過ぎで怖いです。あれをやったらレッズのFWにプレッシャーを受けて球を出せなくなるでしょう。

あとはブレットのディフェンスの弱さをカバーできるか鍵ですね。あまりにも悪いならベンチに下げて欲しいです。先週はPからのタッチキックもノータッチキックしたりと良いところなし。 酷かったら早めにモンローを本職の10番に入れてレンジャーを投入と言う事も考えた方が良いかもしれません。

鍵はブレットとコーチの采配(ブレットの交代時期とNo8サエリもここ数試合良くないのでDブレイドを入れるとか)。そしてラインアウト。 GKはクーパーよりモンローの方がかなり良いですから、ここは強みです。15番ペインも今季でヨーロッパに移籍だし冷静な彼は選手に続いて渋いプレイでやってくれそう。

かなりの願望を入れてブルーズが2点差で勝利。

Reds:
1. Ben Daley, 2. Saia Faingaa, 3. Greg Holmes, 4. Rob Simmons, 5. James Horwill,
6. Scott Higginbotham, 7. Beau Robinson, 8. Radike Samo, 9. Will Genia, 10. Quade Cooper,
11. Digby Ioane, 12. Ben Tapuai, 13. Anthony Faingaa, 14. Rod Davies, 15. Jono Lance.
Reserves:
16. James Hanson, 17. Guy Shepherdson, 18. Adam Wallace-Harrison, 19. Jake Schatz,
20. Liam Gill, 21. Ian Prior, 22. Will Chambers.

Blues:
1.Charlie Faumuina, 2.Keven Mealamu (c), 3.John Afoa, 4.Chris Lowrey, 5.Ali Williams,
6.Jerome Kaino,7.Luke Braid, 8.Peter Saili, 9.Alby Mathewson, 10.Stephen Brett,
11.Lachie Munro, 12.Luke McAlister, 13.Benson Stanley, 14.Joe Rokocoko, 15.Jared Payne.
Reserves:
16.Tom McCartney, 17.Tevita Mailau, 18.James King , 19.Daniel Braid,
20.Chris Smylie, 21.Rene Ranger, 22.Sherwin Stowers.

REFEREE: Jonathan Kaplan

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中、クリック宜しくお願いします。

関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

まあ~♪ノヌーがブルーズへ、おまけに日本に短期移籍 & SBWは…?

ハリケーンズを今季で首になったオールブラックスの12番でもあるMノヌーが元ウエリントンのコーチだったDレニーが来季からチーフスのヘッドコーチになると言う事とで首になる直前にチーフスと接触していた。

しかしその後に、ブルーズ、ハイランダーズ、フォース、シャークスとよそのスーパーラグビーのチームが国外からも声がかかっていた。もちろんヨーロッパからも沢山声がかかっていたでしょう。

今週ウエリントンでプレイオフに残れなかったチームの中からABsのトレーニングスコットが発表になり、その練習はまだABsと言うわけではないので各チームのトレーニングギアを着てトレーニングをするのだが、ノヌーはチーフスの服を着てクルセーダーズのソックスを履いてやっていたので、チーフス入りを言っているのかなと思っていたら・・・

次の日はブルーズのトレーニングギアを着てやっていた、そして昨日からブルーズ入りが決まったかのような報道で、今日朝市でノヌーがニュージーランドラグビーユニオンと2年契約を延長でスーパーラグビーはブルーズと2年契約と発表した。 ただそれだけでなく、NZでの契約延長の条件としてワールドカップ後にサバティカルで日本に短期移籍の条件を協会がのんでノヌーは元ケーンズのチームメイトのタマティエリソンが居るリコーに短期移籍でスーパーラグビーが始まるまで日本でプレイする事が正式に決まりました。この発表で朝からかなり騒がしいNZ
AB
ノヌーは家族の事とNZでラグビーをしてABsでプレイしたいと言う事でこの条件でNZでプレイ継続を選択しました。NZRUがお金は多く払えないので日本で短期契約してお金を稼いでもらうのはある意味良い事かも知れません。
でもサバティカルと言うくらいだし、ある意味休暇ですからノヌーがやる気があるのかと言うのと、W杯が終わって直ぐに日本のシーズンが始まるでしょうし、疲れていないのかなって思っていますが、日本でのプレイならコンタクトも弱いし外国人が沢山居るので出ずっぱりではないと言う事で体にさほど負担がかからない方法で決めたんでしょう。

これからも大物選手達で特に先日4年契約を延長したDカーターやRマコウのような選手が日本に一時移籍して、短期間で高収入と体を休める意味でフィジカルで劣る日本でのプレイを選択する選手が多く出てくる事が予想されます。

トニーブラウンは36歳でも日本とNZ、以前はシャークスやストーマーズと言うように日本のシーズンが終わったらスーパーラグビーでプレイしたりと高年齢でもやっているので、まだ30前後の選手なら全然OKでしょうし、何といても短期で体にも負担がかからず高収入と言う好条件で、その上ABsでもプレイできると言う事でどんどん今回のノヌーのような条件で日本に行く選手が出てくると思います。NZはお金がないので日本で短期で稼いでもらってシーズンには帰って来てもらえればNZRUにとても良い事だと思うし。

ノヌーが来季はブルーズでルークマカリスターの穴が埋まったと言う感じでしょうが、もう一人の超大物が以前も書きましたがクライストチャーチの地震が多い事から、家族の居るオークランドへ戻りたがっているSBW(サニービルウイリアムズ)の行方が気になりますね。

ここ数日は来季からチーフスのアシスタントコーチになる現ABsのアシスタントコーチのWスミス氏の影響でSBWがブルーズ移籍の話題からチーフス入りかと騒がれていますが、SBWのホームタウンはオークランドなので、オークランドに来そうな感じもしますが・・・ 

そうなるとブルーズは12ノヌー、13SBWのコンビになるのかな? もしそれが実現すればルークマカリスターが抜けるのでブルーズと契約を延長したBスタンリーのポジションがなくなります。 それも勿体ないし、SBWはチーフスに行って貰う方が良いかなって思っています。そして12SBW,13カフイの凄いコンビも見れます。うん、バランス良くしたいのでSBWはチーフスに行ってもらえればいいかと。

SBWの発表は週明けには解りそうな感じでかなり注目です。今日はノヌーは記者会見を開いていたし、SBWもNZで契約延長プラス移籍と言う事で記者会見でしょう。問題は契約条件として、今年のボクシングのように(本人はボクシングはラグビーとかけもちは良くないようなコメントをしたそうです(笑)なんかしら条件を出しているはずなのでそれで契約交渉がこじれているかと思います。

少し前にはリーグとの掛け持ちと言うかオフシーズンに短期でと言うような感じで条件を出したようですが、それはNZRUが認めなかったので、今度はどんな契約条件をつけてくるのでしょうか?もしかしたら日本でのプレイもあるか? でも確か日本の登録は6月までじゃなかったかな?良く解りませんが・・・いずれにしろSBWの件で注目です。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中、クリック宜しくお願いします。
関連記事

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

プロフィール

ラグオ

Author:ラグオ
ラグビーが大好きでラグビー王国ニュージーランドへ。現地のクラブでプレーしニュージーランドラグビーに虜に。それ以来ラグビーシーズンに合わせて日本とNZを何度も行き来して今ではNZに永住。NZラグビー最高です!だからここに来たしこれからも。
趣味は料理、ベイキング、写真など・・・致命傷の怪我でラグビーがやれなくなってからベイキングを始め今では一番の趣味かも。試食したい方はどうぞ(笑)
近い将来再びグラウンドに立てるまでリハビリがてらブログを書いています。心身共に調子が良くないので時々弱気な発言があるかと思いますが許してください。
ラグビー大好きなら大満足出来るそんなラグビー王国から呟いています。ラグビーについて色々語りましょう。

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリー
ブログランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ
↑ランキングに参加中
↓クリックお願い致します


ラグビー ブログランキングへ
RSSフィード
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

オールブラックス ニュージーランド Rugby ラグビー AllBlacks NewZealand Super14 ラグビーワールドカップ スーパー14 ワラビーズ スプリングボクス ブルーズ クルセーダーズ スーパーラグビー Zealand New NZ チーフス ジュニアオールブラックス Blacks All Springboks カンタベリー オークランド ウエールズ ハカ Air Cup アイルランド イングランド ホックスベイ カナダ ジェリーコリンズ フランス サモア Wallabies AirNZCup ダンカーター スコットランド ウエリントン ダグハウレット タナウマガ ハリケーンズ 日本 ストーマーズ ハイランダーズ セブンス ABs Auckland ワイカト タラナキ トップリーグ ハイネケンカップ ブルズ トンガ Australia イタリア Canterbury トライネーションズ Nations SouthAfrica ワラタス SBW ボクシング マオリ サウスアフリカ マンスター ノヌー モセトゥイアリイ Pacific ANZC ブランビーズ ロビーディーンズ スパーラグビー ベッカム キウイ ルークマカリスター AirNewZealandCup シャークス ラグビーチャンネル マフィン ジュニア イーデンパーク ランフリーシールド Premiership England シオネラウアキ オーストラリア ダニーデン トライ ワールドカップ エアニュージーランドカップ ブリディズローカップ ジョニーウィルキンソン トニーブラウン ラグビートニーブラウン ハミルトン スクラム ジャスティンマーシャル オールブラッククス 日本代表 クリスジャック ネットボール 箕内 クリスジャク リコギア リコ・ギア パシフィックネーションズ apan フィジー シオネラウア キースロビンソン リッチーマコウ アリウイリアムズ 海外ラグビー スパー14 Blues ニックエヴァンス サニックス Wellington グレックサマヴィル NZマオリ ダン・カーター サウスランド Waikato W杯 Scotland Ranfurly PACIFIC Shield Six Tonga Supre14 ウェールズ アルゼンチン ロールケーキ デザート サニービルウイリアムズ コスプレ ホワイトロック ドナルド カフイ チョコレート 癒し チータース ライオンズ フォース レッズ バレンタインデー ケーキ ベイキング Otago NorthHarbour シックスネーションズ ジェイソンイートン Super14 ジェーソンイートン クライストチャーチ クラシックオールブラックス Newzealand ABs ジョナロムー シドニー サッカー 派閥 ルーベンソーン ヤマハ アーロンメイジャー ヘンリー 日本代表J AB JonahLomu Jonah Japan Jrオールブラックス Junior Lomu KapaOPango ISLANDERS Guinness Argentina AllBlacksスーパー14 BLUES Bluse France Fiji 妊娠 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。