スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパー14 ワラタスvsチーフス レビュー

これまた最後まで解らない試合でした。
2週連続ワイカトスタジアムまで観戦に行ったくらい
チーフスのファンになっているのでこの試合も熱が入りました。

試合開始直ぐにキレが戻ってきたシヴィヴァトゥのトライで
チーフスが先制して良い立ち上がりでのスタート。

しかしワラタス10番のパスダミーが見事に決まりトライを返されます。
チーフスのメッサムが次のディフェンスを早く見すぎかな・・・

前半15分くらいまでは、チーフスペースでしたが
それ以降はワラタスのペースにもっていかれた感じで
ブレイクダウンではチーフスの持ち込んだボールに直ぐに絡んで
球出しを遅らせていましたし、ワラタスのしつこさが目立ちました。

それどころかワラタスはタンオーバーも何度かして
そこからスピードのある選手によるカウンターアタックなど
鋭い攻撃も見せて冷や冷やさせられました。

結局前半は仲良く13-13でしたがチーフスはミスタックル15と多く
ラインアウトのスローイングも安定せずで思ったより苦戦しました。

シオネ・ラウアキの突進がワラタスの低いタックルに完全に
封じ込められ攻撃のリズムを作れませんでした。


後半に入ってもワラタスのしつこいディフェンスに苦しめられ
それどころかミスからボールを奪われてスピードのある
ターナーのカウンターアタックをマーティーホラーが
一度捕まえておきながらタックルを外されてしまい
最後はパスダミーで抜かれ50M以上走られてトライを取られ
コンバージョンも入り20-16と逆転されます。

しかしチーフスは直ぐにチャンスを掴み
攻守にわたり大活躍をしたメッサムが持ち前のスピードを見せ付けて
右隅に見事なトライを見せてくれ21-20と再逆転!!


物凄い試合だったので順番がどうだか忘れてしまいましたが
ワラタスのカウンターアタックで怪物トゥキリが一気に
チーフスゴール前に迫りますが同じくフィジアンのマサンガが
追いついて後ろからタックルをしますがボールは生きていて
そこでワラタス6番エルムソンがパスミスをしてくれて
決定的なトライの大チャンスを逃しました。

このエルムソンは、一試合を通じてチャンスでのミスは数え切れず・・・。

終盤にワラタスにPGを決められ逆転されますが
その後にチーフスは猛烈に攻めてトライチャンスの場面が・・・
何とそこで天候の悪さからか(少し雨が降っていたくらいですが)
スカイの映像が写らなくなると言うアクシデント!!
何でこんな時に~~~~~!!!!
(流石ニュージーランドって感じですが・・・)

慌ててラジオをつけたら「トライ!!」と言っているぞ!
自分は「よっしゃ~~!!」と叫んでいたら
ラジオからは、ダミーハーフがどうとか・・・

ダミーハーフ?? え!これってもしかしてリーグラグビー?
良く聞いているとやっぱりリーグの放送だ
おい違うじゃんかと残念に思っていたら、スカイが写って
タネ・トゥイプロトゥがタッチダウンした場面のリプレイで写っており
やっぱり「よっしゃ~~」と改めて喜びました。
これで26-23と逆転でコンバージョンを決めて5点差にしたいね~
それをドナルドがきっちり決めてくれて28-23

残り3分で劇的な逆転でもう時間もないし勝ちかなって思っていたら
ワラタスのキックオフでチーフスがキープ出来ず
何と空中戦に強い怪物トゥキリが見事キャッチしてボールをキープ!
おいおい、なにもこんなにチーフス戦だけ頑張らなくてもトゥキリ君

そこからワラタスは展開して途中出場のフッカーが猛烈な突進
それを一押しブレンダンがタックルに入りボールを落とします。
ノッコンをした本人も悔しがっていたしこれで終わりだっと思ったら
タッチジャッジのアピールでハイタックルとなりペナルティー

タッチに蹴り出しチーフスゴール前のラインアウトで大ピンチ
もう残り時間は殆どないしトライ取られたら終わり
まじでドキドキしながら見ているとノットストレートをしてくれた!

チーフスボールのスクラムになりホッとしますが、まだ解らない。
あとはサイレンがなるまで時間稼ぎだと思っていたら
そのとうりにやってくれてサイレンがなったところで
ボールを出してドナルドがタッチに走りこみ笛がなり試合終了!

両チームの選手も攻守入り乱れてかなりしんどい試合だったでしょう
見ていた自分もハラハラドキドキしてかなり体力消耗しました(笑


でも勝ってくれたので本当に良かった。
特に目立ったのは6番メッサムで物凄い運動量で
ディフェンスでも激しいタックルをするし
攻撃でも自らのトライは快速ターナーとのスピード勝負で勝ってだし
最後のトゥイプロトゥのトライでも良いパスをしてたし
この先もっと経験を積めば物凄い選手になりそうな予感です。

(今でもかなり良い選手なのは言うまでもありませんが)

後は最後にトライした途中出場のトゥイプロトゥも
ハリケーンズ時代も地味ですが堅実な渋いプレイをしていましたが
この日も堅実ねプレーで勝利に貢献していました。

ワラタスの印象は、とにかくひた向きなディフェンスで
シオネラウアキには1人は下に入り二人目は上にいき
前にも行かせずオフロードパスもさせずでおまけに
タンオーバーを2つくらい彼から取ってました。

あとは見た目は動きが鈍そうなフッカーのフライヤーは
何気に良い仕事をする選手だなって思いました。

ディフェンスでもしつこいし最後の方はフラフラでしたね。
前半のライン際でトゥキリにパスする時のターンする動き等
器用な面も見せていましたし面白い選手ですね。

試合内容ではワラタス、試合ではチーフスが勝ちと言う所でしょうか。
途中書きましたがエルムソンの多々なるミスのおかげで
チーフスが勝てたのかもと思ったりもします。


しかしワラタスのカウンターアタックは恐ろしさを感じました
いや、ただチーフスのミスタックルが多かっただけかもしれません(笑)
Waratahs 23
Sam Norton-Knight, Lachlan Turner tries;
Peter Hewat 3 pen, 2 con.
Chiefs 28
Sitiveni Sivivatu, Liam Messam Tane Tu'ipulotu tries;
Stephen Donald 3 pen, 2 con.
Ht: 13-13.
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

ラグオさん

最後まで、ワラタスが負けると思いながら見てました。。
ワラタスは、攻めるも守るも、行き当たりばったりなので・・。
ここぞという時にトライを仕留めきるチーフスは、流石ですねー。
ところで、メッサムとエルサムを交換して下さい・・。
もう、我慢の限界ですわぁ。。

あと、チーフスの10番は良い選手ですね。
ミスマッチを見逃さないですし、テンポの作り方も上手いですし。。

ひろどんさん>
「最後まで、ワラタスが負けると思いながら見てました。。
ワラタスは、攻めるも守るも、行き当たりばったりなので・・。」

行き当たりばったりでもカウンターは恐ろしく感じましたよ。

「ここぞという時にトライを仕留めきるチーフスは、流石ですねー。」
前までのチーフスだったら最後のトライは取れたかな??
良く見ると最後のメッサムのパスは少し前でしたね。
でもこのレベルだと流れを大事にするというか、あれくらいではとらないことが多いですね、日本のレフリーなら間違いなく取っていたのでは?と思います。

「ところで、メッサムとエルサムを交換して下さい・・。
もう、我慢の限界ですわぁ。。」

それは出来ませんよ、メッサムはWCにも連れて行きたいくらいですから
来年のABsには呼ばれるはずです。
エルサムはまだ代表に呼ばれるのでしょうか??

チーフスの10番ドナルドは昨年のAir NZ Cupでかなり成長しましたね
周りも見えるしGKも正確になりました。

ラグオさん

>日本のレフリーなら間違いなく取っていたのでは?

物理的に、「前に向かって投げてる」選手は、ほとんど居ませんよね??
投げたのは後ろでも、単にボールの軌道が前に向かっただけで・・。
ノックオン・オフサイドと同じように、「前に居た選手に投げた」時だけ、取れば良い気がします。。


>エルサムはまだ代表に呼ばれるのでしょうか??

こればっかりは、監督の好みなので・・。
3Nでは、ライン・アウト要員でエルサムを入れる可能性が、高い気がします。

ただ、私が監督ならW杯では、体調万全ならばウォーさんとクロフト、パールーの3列で、予選グループは組ませます・・。
ただ、W杯でABsとやる準決勝では(すみません。勝手に決めてます・・。)、パールーを外して、スミスを入れます。。

ひろどんさん>

[物理的に、「前に向かって投げてる」選手は、ほとんど居ませんよね??]いやそこそこいますよ、明らかに前に投げている場合でも取らない事があります。(もちろん酷いのは取りますが)
メッサムのも投げたのは少し前だと思いますよ、ディフェンスが直ぐ近くまで
来ていたので止まった状態に近い感じで、貰う方は勢い良く走っていましたし。
でもあのプレイは良いプレイだったしトライを認めるべきでしょうが。。。
スカイの番組でメッサムのパスの事を取り上げていたので
自分も「そうだな・・・少し前かな」って、その番組で取り上げなければ気付いていないですけどね。
画面のふちの方でワラタスの選手がアピールしていたように見えましたが
受け入れられなかったですね。

「ノックオン・オフサイドと同じように、「前に居た選手に投げた」時だけ、取れば良い気がします。。」
流れを大事にして見て居る人を飽きさせないようにするには、ひろどんさんの
上記の意見も良いと思いますが、海外の選手はパスはあまり上手くなくても
スペースに投げるのがとても上手いので、今でさえ怪しい又は実際にフォワードパスの物が多いのがもっと酷くなってしまう気がします(特にロングパス)

「こればっかりは、監督の好みなので・・。
3Nでは、ライン・アウト要員でエルサムを入れる可能性が、高い気がします。」

今の監督の時に初めて呼ばれましたっけ?確かにラインアウトは重要ですからね
ロックは、シャープと怪我で全然出ていないですがセレクション無しで直で呼ばれる
噂があるヴィッケルマンで決まりですか?


「ただ、私が監督ならW杯では、体調万全ならばウォーさんとクロフト、パールーの3列で、予選グループは組ませます・・。」ただ、W杯でABsとやる準決勝では(すみません。勝手に決めてます・・。)、パールーを外して、スミスを入れます。。

ブランビーズのタワケは駄目ですかね? クロフトはレッズのスキンヘッドの人ですか? パールーは自分的には結構怖いですね。
ABsとやるときはラインアウトはロックだけでいけると見て
機動力とブレイクダウンで勝てるようにウォーさんとスミスを入れるということですか?
それも確かに怖いですね。 ABsはWCでは弱いですから今が調子良くても本番では怖いです。

ラグオさん

>でもあのプレイは良いプレイだったしトライを認めるべきでしょうが。。。

そもそも、あそこまで攻められた方が悪いのですから、トライで良いような気がします。。


>今の監督の時に初めて呼ばれましたっけ?

エディーの時からです。当時は、No8でしたが・・。


>ロックは、シャープと・・・ヴィッケルマンで決まりですか?

まず確定でしょうねー。
あの2人を除くと、他はどんぐりの背くらべですから。。


>ブランビーズのタワケは駄目ですかね?

彼は、試合を決めた後半に、スミスとセットで投入かなぁと・・。


>クロフトはレッズのスキンヘッドの人ですか? 

そうです。ボールを横に動かす事が多いウェールズやフィージーには、クロフトとウォーさんの運動量あるFLを起用した方が良いかと思いまして。。
タワケは、攻めるも守るも、縦には強い気がするので、FWが小さい日本や不器用系・突進型のカナダ戦で起用した方が良いかなぁと・・。


>ABsとやるときはラインアウトはロックだけでいけると見て・・

いやいや・・。
普通に試合したら、普通に負けるだけなので、意外性の高いスミスに賭けるしかないのかなぁと。。

ワラビーズのラインアウトが強ければ、ロックだけでも良いのでしょうけども、ワラビーズ自体ラインアウトが弱いので、前W杯と同じくラインアウトを少なくする戦術にしないと、完敗する可能性が高いかと思います・・。
それ以前に、スクラムを粉砕されて、簡単に勝負が決まってしまう不安もあり・・。

ひろどんさんは、相手チームのことも凄い良く知っていて
それに対するメンバー構成を考えられていて凄い研究熱心ですね。
自分は強い選手が好きなのでどうしてもタワケとかを選びたくなりますね
彼はあの体でも結構走りますし(スタミナは解りませんが)
反則が多めなのが少し気になるところですが・・・
日本はタワケが突進してきたら外人選手しか止めれないでしょうね。


>ワラビーズのラインアウトが強ければ、ロックだけでも良いのでしょうけども、ワラビーズ自体ラインアウトが弱いので、前W杯と同じくラインアウトを少なくする戦術にしないと、完敗する可能性が高いかと思います・・。
それ以前に、スクラムを粉砕されて、簡単に勝負が決まってしまう不安もあり・・。

ワラビーズはABと比べると全然ラインアウトも良い気がしますが
スクラムの悩みが解消されないとやっぱりきついですよね。

プロフィール

ラグオ

Author:ラグオ
ラグビーが大好きでラグビー王国ニュージーランドへ。現地のクラブでプレーしニュージーランドラグビーに虜に。それ以来ラグビーシーズンに合わせて日本とNZを何度も行き来して今ではNZに永住。NZラグビー最高です!だからここに来たしこれからも。
趣味は料理、ベイキング、写真など・・・致命傷の怪我でラグビーがやれなくなってからベイキングを始め今では一番の趣味かも。試食したい方はどうぞ(笑)
近い将来再びグラウンドに立てるまでリハビリがてらブログを書いています。心身共に調子が良くないので時々弱気な発言があるかと思いますが許してください。
ラグビー大好きなら大満足出来るそんなラグビー王国から呟いています。ラグビーについて色々語りましょう。

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリー
ブログランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ
↑ランキングに参加中
↓クリックお願い致します


ラグビー ブログランキングへ
RSSフィード
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

オールブラックス ニュージーランド Rugby ラグビー AllBlacks NewZealand Super14 ラグビーワールドカップ スーパー14 ワラビーズ スプリングボクス ブルーズ クルセーダーズ スーパーラグビー Zealand New NZ チーフス ジュニアオールブラックス Blacks All Springboks カンタベリー オークランド ウエールズ ハカ Air Cup アイルランド イングランド ホックスベイ カナダ ジェリーコリンズ フランス サモア Wallabies AirNZCup ダンカーター スコットランド ウエリントン ダグハウレット タナウマガ ハリケーンズ 日本 ストーマーズ ハイランダーズ セブンス ABs Auckland ワイカト タラナキ トップリーグ ハイネケンカップ ブルズ トンガ Australia イタリア Canterbury トライネーションズ Nations SouthAfrica ワラタス SBW ボクシング マオリ サウスアフリカ マンスター ノヌー モセトゥイアリイ Pacific ANZC ブランビーズ ロビーディーンズ スパーラグビー ベッカム キウイ ルークマカリスター AirNewZealandCup シャークス ラグビーチャンネル マフィン ジュニア イーデンパーク ランフリーシールド Premiership England シオネラウアキ オーストラリア ダニーデン トライ ワールドカップ エアニュージーランドカップ ブリディズローカップ ジョニーウィルキンソン トニーブラウン ラグビートニーブラウン ハミルトン スクラム ジャスティンマーシャル オールブラッククス 日本代表 クリスジャック ネットボール 箕内 クリスジャク リコギア リコ・ギア パシフィックネーションズ apan フィジー シオネラウア キースロビンソン リッチーマコウ アリウイリアムズ 海外ラグビー スパー14 Blues ニックエヴァンス サニックス Wellington グレックサマヴィル NZマオリ ダン・カーター サウスランド Waikato W杯 Scotland Ranfurly PACIFIC Shield Six Tonga Supre14 ウェールズ アルゼンチン ロールケーキ デザート サニービルウイリアムズ コスプレ ホワイトロック ドナルド カフイ チョコレート 癒し チータース ライオンズ フォース レッズ バレンタインデー ケーキ ベイキング Otago NorthHarbour シックスネーションズ ジェイソンイートン Super14 ジェーソンイートン クライストチャーチ クラシックオールブラックス Newzealand ABs ジョナロムー シドニー サッカー 派閥 ルーベンソーン ヤマハ アーロンメイジャー ヘンリー 日本代表J AB JonahLomu Jonah Japan Jrオールブラックス Junior Lomu KapaOPango ISLANDERS Guinness Argentina AllBlacksスーパー14 BLUES Bluse France Fiji 妊娠 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。