スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wallabies v All Blacks   review

試合前日からワラビーズのコーチがKapa O Pangoのハカの事で
何やら文句を言っていたそうで オールブラックスがどちらのハカを
やるのか注目していましたが従来のKamateをやっていました。

そのハカが終わった後に何とワラビーズは、
ウォーミングアップをしているではありませんか!
オールブラックスは準備完了でレフリーもそうでした、
その時Richie McCawとChris Jackの顔が映り彼等が
怒っているのがはっきり解りました。

ワラビーズが地元でやる場合は、国歌の後にここ何年か前に
始まったと思うのですが、ワラビーズファンが皆で歌うという
恒例の行事があるので、それを歌ってもらう為に
意図的にそうしたのではないかと思います。(歌の名前は忘れました)

正直始めは自分も凄いムカついたのですが、良く考えると
オールブラックスは伝統だといってハカをやらしてもらうのはかなり
優遇されているなって思います(しかも敵地でも)。

それだから今回はワラビーズの地元だし歌ぐらいは歌わせて
あげないといけないなって思いましたが、
今までにやっていない事をやったので目だったのかもしれません。

ニュージーランドにはラグビーチャンネルというラグビー(ユニオン)
ばかりのチャンネルがあるのですが、それで10年位前の
スプリングボクス戦を見たらスプリングボクスの選手は
円陣を組んでハカに背を向けているほどでしたし、
それを思えばまだましなのではないかなって思いました。

ワラビーズのキックオフで始まり、上記の事で怒りを表現したのか
Richie McCawがRico Gearの前に来たボールを横取りをするかのように
体を張りワラビーズの選手とぶつかりながらも見事キャッチしたのには
凄い印象的で「この試合勝ったな!」って思いました(笑)

Stirling MortlockのPGでワラビーズが先制
しかし直ぐにオールブラックスは、連続攻撃でラックから出たボールを
Jerry Collins が良いタイミングでJoe Rokocokoへパス、
タッチライン際をディフェンスをかわしながらの見事なトライ!!
Daniel Carterのキックも決まり7-3と見事逆転。

その後Daniel CarterのPGで10-3としてリードを広げます。

前半30分にオールブラックス陣ゴール前のワラビーズボールのラインアウト
1戦目はワラビーズにモールで押されてトライを奪われているので嫌な予感がしましたが
ワラビーズが上手くモールを押していてゴール前に迫ったのですが、最後にモールが割れて
ボールをコントロールできずにオールブラックスにタンオーバーされ大チャンスを逃します。

逆にオールブラックスがゴール前まで攻め込みましたが
George Greganの気合の入ったタックルがあるなどなかなか
追加得点が奪えません。

その後ブレークダウンで反則をしたオールブラックス
Stirling Mortlockで10-6として前半が終了します。

この試合レフリーがブレイクダウンでの反則を厳しく取る試合で
前半は両チームともペナルティーがかなり多い試合になりました。


前半の途中からオールブラックスのラインアウトが
乱れ始めて不安を残して後半へ・・・


そのラインアウトの悪さに磨きをかけたオールブラックス
そこを上手く尽きたいワラビーズ、13分にラインアウトから
サインプレーでStirling Mortlockがディフェンスの裏に出て
チャンスを作りウインガーのMark Gerrardへパス

またStirling Mortlockにやられた~~って思ったが、
反対側からカバーディフェンスに返ってきていたRico Gearと
Richie McCawが追いついて見事タックルしそのままタンオーバーで
ピンチをしのいだと思ったらAli Williamsの
キックがノータッチでまだピンチは続き

Stephen Larkham からLote Tuqiriへロングパス
またやばい!!って思って見ていたら、
ノータッチキックをして責任を感じたのかAli Williamsが気合の
入ったタックルで怪物Tuqiriを倒してそのままタンオーバー!!
今度はRodney So'oialoが確実にタッチに蹴りだし
大大ピンチをしのぎます。

これは見ごたえがあった攻防でした、カバーディフェンスに入った
Rico GearとRichie McCaw特にRichieは凄かった
よくセットプレーであそこまで追いつけるなって感動しました。
もちろんRico GearがMark Gerrardにタックルに行ってスピードを
止めたからこそRichieが最終的に止める事が出来たのですが
このディフェンスは凄いです。

Rodney So'oialoも最初のタンオーバーでラックに居たのにそこから
反対側まで返りタッチキックをするという見事なフィットネス
これも凄かったです。

ピンチの後はDaniel Carterのテストマッチ初めてのDGで13-6と
リードを広げますが、ワラビーズもStirling MortlockのPGで
13-9としつこく追いかけてきます。

残り時間10分くらいからは、オールブラックスの酷いラインアウトも手伝って
ワラビーズが攻める場面が多くなりゴール前まで何度も迫りますが
Stephen Larkhamのパスが上手く通らない事がたびたびあり
チャンスを逃します。

オールブラックスの堅い守りと、ミスもあってワラビーズが
ゴールラインを越える事が出来ずにノーサイド
13-9の僅か4点差でオールブラックスの勝利!

最後まで目が話せない試合でしたが敵地での試合で勝てて良かったって思います。

これでBledisloe Cupは今年もニュージーランドが守りました。

流石Joe Rokocoko大舞台にはやってくれます、
これで11番のレギュラーは決まりです。

スクラムはオールブラックスが優勢でしたが、
ラインアウトは圧倒的にワラビーズでした。

前回の記事でも書きましたが、オールブラックスの特に内側の
ディフェンスはかなり強いのに、ワラビーズが内側ばかり攻撃して
外のスペースで勝負が少なすぎたのではないかと思います。

あと前半のモールからのトライチャンスでターンオーバーされたのが
痛かったですね。

それにしてもオールブラックスのラインアウトはどうにかしなくてはいけません
来年のワールドカップまでに間に合うのかが心配です。
      
20060802201243.jpg

写真は6月17日のアイルランド戦の写真です。
満足そうなリッチーの顔が印象的です。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ラグビー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

そうですね、ハカのあとにウオーミングアップのようなこと
を行っていてちょっとビックリしました。
でもリッチーとアーロンのディフェンスすごかったですね。
ジェリーの様子が少し心配ですが何かNZでニュースがありますか?
スミスもすごかったですが。。
ツキリが思う通りに出来ない事にいらだっていたのか、悲しそうでした。
でもツキリは、いい選手ですよね。
ABSのラインアウトなんとかなるかな?でもメアラムが好きなので。。。メアラムがんばれ!
リッチーは、ヘッドギアーかぶらなくなりましたね。脳震盪大丈夫せしょうか?試合後は、試合後のボクサーのように顔が腫れてますので。。そうするとあんなに顔が腫れるのか疑問です。

ジェリーのことはジョージスミスの髪を引っ張っていたことが話題になっています、
第一線目の例の事件があってから彼はマスコミの前に出てこなくなりました。

ツキリの見せ場が一回だけでしたし
その一回がアリに止められて足を痛めたような感じで最後の方に変えられたのでしょうね。

ラインアウトは、専門のコーチを雇うとか・・・

そうですねリッチーはキャップかぶらなくなりましたねいつも最後は取るので始めから取っているのかもしれません。
インタビューの時に毎回鼻血を拭きながら時には舐めながら喋っているのが印象的です。
プロフィール

ラグオ

Author:ラグオ
ラグビーが大好きでラグビー王国ニュージーランドへ。現地のクラブでプレーしニュージーランドラグビーに虜に。それ以来ラグビーシーズンに合わせて日本とNZを何度も行き来して今ではNZに永住。NZラグビー最高です!だからここに来たしこれからも。
趣味は料理、ベイキング、写真など・・・致命傷の怪我でラグビーがやれなくなってからベイキングを始め今では一番の趣味かも。試食したい方はどうぞ(笑)
近い将来再びグラウンドに立てるまでリハビリがてらブログを書いています。心身共に調子が良くないので時々弱気な発言があるかと思いますが許してください。
ラグビー大好きなら大満足出来るそんなラグビー王国から呟いています。ラグビーについて色々語りましょう。

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリー
ブログランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ
↑ランキングに参加中
↓クリックお願い致します


ラグビー ブログランキングへ
RSSフィード
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

オールブラックス ニュージーランド Rugby ラグビー AllBlacks NewZealand Super14 ラグビーワールドカップ スーパー14 ワラビーズ スプリングボクス ブルーズ クルセーダーズ スーパーラグビー Zealand New NZ チーフス ジュニアオールブラックス Blacks All Springboks カンタベリー オークランド ウエールズ ハカ Air Cup アイルランド イングランド ホックスベイ カナダ ジェリーコリンズ フランス サモア Wallabies AirNZCup ダンカーター スコットランド ウエリントン ダグハウレット タナウマガ ハリケーンズ 日本 ストーマーズ ハイランダーズ セブンス ABs Auckland ワイカト タラナキ トップリーグ ハイネケンカップ ブルズ トンガ Australia イタリア Canterbury トライネーションズ Nations SouthAfrica ワラタス SBW ボクシング マオリ サウスアフリカ マンスター ノヌー モセトゥイアリイ Pacific ANZC ブランビーズ ロビーディーンズ スパーラグビー ベッカム キウイ ルークマカリスター AirNewZealandCup シャークス ラグビーチャンネル マフィン ジュニア イーデンパーク ランフリーシールド Premiership England シオネラウアキ オーストラリア ダニーデン トライ ワールドカップ エアニュージーランドカップ ブリディズローカップ ジョニーウィルキンソン トニーブラウン ラグビートニーブラウン ハミルトン スクラム ジャスティンマーシャル オールブラッククス 日本代表 クリスジャック ネットボール 箕内 クリスジャク リコギア リコ・ギア パシフィックネーションズ apan フィジー シオネラウア キースロビンソン リッチーマコウ アリウイリアムズ 海外ラグビー スパー14 Blues ニックエヴァンス サニックス Wellington グレックサマヴィル NZマオリ ダン・カーター サウスランド Waikato W杯 Scotland Ranfurly PACIFIC Shield Six Tonga Supre14 ウェールズ アルゼンチン ロールケーキ デザート サニービルウイリアムズ コスプレ ホワイトロック ドナルド カフイ チョコレート 癒し チータース ライオンズ フォース レッズ バレンタインデー ケーキ ベイキング Otago NorthHarbour シックスネーションズ ジェイソンイートン Super14 ジェーソンイートン クライストチャーチ クラシックオールブラックス Newzealand ABs ジョナロムー シドニー サッカー 派閥 ルーベンソーン ヤマハ アーロンメイジャー ヘンリー 日本代表J AB JonahLomu Jonah Japan Jrオールブラックス Junior Lomu KapaOPango ISLANDERS Guinness Argentina AllBlacksスーパー14 BLUES Bluse France Fiji 妊娠 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。