スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルーズ ゲームオーバー!? 

昨日の大一番決戦のクルセーダーズvsブルーズは観客の入りも良く好カードに相応しい雰囲気だった。

特にこういう試合は立ち上がりがものすごく大事だと思う、先週のチーフス戦でクルセーダーズはスティーヴンブレットのキックミスで嫌な立ち上がりで流れを最後まで掴めなかったのも敗因の1つだろう。

この試合はどうだったかと言うと・・・ブレットが先週のキックミスのトラウマがあるのか、ダイレクトタッチに間違いなく出ない真ん中へのキックをしてきたのには少し笑えたが(風上だったのもあり慎重にしたのか??)それをブルーズの選手がボールをキープできないどころか前に落として嫌な立ち上がりだ。

2連敗の後先週はByeで試合間が開き緊張したのか、それとも先週完敗したクルセーダーズが建て直しを計って気合満々の気迫に押されたか? いづれにしろ両チーム建て直しをしなければいけない大事な試合。

キックオフのノックオンでブルーズは嫌な感じの立ち上がり、相手のミスから逆にクルセーダーズは最初から攻めまくり殆どブールズ陣で試合を進めて戦線にトライもあけなく取る、本気になったクルセーダーズにあっさりトライを取られたのを見て、この試合ブルーズに勝ち目がないと、このトライで8割くらい感じた。

その後もクルセーダーズが攻め続けるも、先週のハンドリングエラーがまだまだありトライチャンスを何個か潰していたのがブルーズに取っては救いだった。
そしてブルーズが反撃に出てスクラムでも優勢になり敵陣に攻め込むことが出来た、しかし敵陣22Mに入っての大チャンスでサインプレイか知らないけどキック攻撃を選択して相手にボールを簡単に渡し2度のトライチャンスを簡単に潰しクルセーダーズのミスに仲良く付き合う形でがっかりした。

敵陣深くに入りスクラムも安定しているのにどうしてその有利さを活かさないのか?新ルールでBKラインが下がってるのを利用してシーズン序盤に頻繁に見せていたようなのをどうして使わないのか?疑問が残る攻撃ばかりでTVの前でイライラしてきた(笑) 

逆にクルセーダーズはスクラムで新ルールを活かして確実にゲインしてトライを追加していった。
取れるところでトライを取らないと、競った試合では勝ち目が無いのに・・・クルセーダーズもハンドリングエラーでトライを取りそこねていたが、それでも前半に6番キランリードの素晴らしいプレイから生まれたトライを含む2トライ?した。
一方のブルーズはカイノの突破からハイパントの処理をさせたらウイングの中で(いやBKの中でかな)は一番上手いんじゃないかと思うくらいのルディウルフのトライ1トライを返したのが救いだったが、両チームのトライには6番の選手が絡んでいたのが印象的だった。
特にクルセーダーズのキランリードはオールブラックス当確だと思うし下手したらレギュラー獲得??もあるのではと思わせるくらい毎試合素晴らしいプレイを連発してる。

後半ブルーズはトライを先に取り良い流れになった感じにも見えた、特に13番に入ったトゥイタヴァキのラインブレイクは素晴らしく誰も全然触れないくらいのキレのよさと一気の加速は絶対にABsに入れるべき人だと改めて思った。
そのトゥイタヴァキが今季殆どベンチにさえも入れてもらえなかった弾丸ランナーのディビットスミスのタックルでまともに倒されながらの素晴らしいオフロード技術からのパスをもらって一気にゴール前まで行ったランニングはトライこそならなかったもののシビレまくった、前半もそういうランニングをしたし彼のランニングスキルは素晴らし過ぎる!!

この試合のバットボーイであるクルセーダーズのコリーフリンのシンビンで流れがブルーズに行くかと思ったが、クルセーダーズボールのスクラムに凄まじいプレッシャーを掛けてボールがこぼれてチャンスかと思ったら、逆に一気に走られて新人大型ウイングにタッチラインを走られオフロードパスをリザーブフッカーの手に入りトライされたのは痛すぎるほど痛かった。。。
でもあの新人マイトランドがボールをパスする前にタッチラインを2度も踏んでいたのにアシスタントレフリーは見逃したのはこの試合のキートライだっただけに悔しい判定だ。

これで終わりかと思ったけど終盤にディビットスミスがコーナーギリギリに素晴らしいボディーコントロールでボールを押さえて見事なトライを見せ試合はまだ決まらずに済んだ。こんな良い選手をベンチにも入れて無かったなんて(他も良いので入れれないのもあるけど)勿体無い。

そして残り時間僅かでクルセーダーズ陣10Mのところでペナルティーを得たブルーズはフラヴェルキャプテンを中心に円陣を組んで次のラインアウトに向けて作戦を立てていたその時に事件が・・・
何とニックエヴァンスが欲張りすぎて?ボールを飛ばしすぎ直接デッドボールラインを超える信じられないキックミスをしてしまった。最後の円陣を組んで行った作戦タイムは無駄に終わり、その後少ししてから激しい決戦に幕を閉じた。

しかし最後までブルーズは乗れなかった・・・ 

しかしミスは本当に怖い、エヴァンスのミスが無くても、この日も酷いラインアウトのブルーズがボールをキープ出来ないかもしれない、タッチを踏んだのを見逃さなかったとしてもブルーズのラインアウトは酷いからトライを取られたかもしれない。そういうのが無かったらクルセーダーズが強かったと認めれるが、上記のような事があったのでクルセーダーズが勝ったけどまだまだ本調子ではない事が言える試合だったと思う。

この日のバットボーイのコリーフリンは2トライをして、決してかっこよくないチキンダンスを毎回見せるが、彼のサポートプレイは素晴らしい。
リッチーマコウもまだまだ絶好調とまで行かないがこの試合でのブレイクダウンでの仕事は良かったと思う。
No8モセトゥイアリイが早くに退場して代わりを務めた19歳の新人ナシマヌが難なく仕事をこなすあたりがクルセーダーズの強さだろう。その他の新人もしっかり仕事してるし選手を育てるのが凄い上手いなと思う。同じく多くのタレントを抱えているブルーズとは一味違うチームだな~と改めて感じた。

でも悔しいですね勝てない試合ではなかったので、これでブルーズはシーズンゲームオバーかな?
ボーナスポイント1をゲットしたのが救いだけど、自力で残れる事はなさそうではないでしょうか。
ハイランダーズに上位チームチーム叩きを頑張ってもらわないといけないかな
今日の大一番ワラタスvsシャークスは見ごたえがある試合だがワラタスが勢いに乗ってるのでワラタスが勝ちかな? 
12番トムカーター9番が新たに代表に入りそうな気がしますが注目です,9番の特にランニングスキルは◎
ベスト4生き残りを掛けて厳しくなってきているハリケーンズは敵地ですがチータースだから何とかなるかな??でもチータースの攻撃は要注意ですね。

開幕直前に手を骨折してレギュラーの座を逃したケーンズ史上最年少でスコッド入りした新人ウインガーのザックギルフォードは先週途中出場ながらスーパー14デビューでしっかりアピールして今週は先発をゲットと既に先輩選手を追い越してしまっている感じもするか??
彼は華のある選手だと昨年のAir NZ Cupを見てても感じたし今年のプレシーズンマッチで実際に話しても大物になりそうな雰囲気を持っている選手でした、この試合ではザックに注目です。

しかし先週のケーンズの試合は・・・相変わらず子供のマアノヌーはトニーブラウンに余分なレイトチャージをして試合を壊してしまってる、あのプレイの前にトニーブラウンにタックルで仰向けに倒されてむかついたのか知らないけど、それをラフプレイで返すのは子供と言わず何と言えば良いのか・・・
あれだけ良いものを持っているのに(何度も書いてますね)不必要なラフプレイがなくならないと、大物選手に届く存在ながら届く事は無いでしょう。
トニーブラウンがノヌーに何やら遠くからにやけながら言っているのが笑えましたが、トニーブラウンも子供かなと少し思いました。

それにあれだけ大きな身体をしているティアラタはゴール前でウイングに吹っ飛ばされてトライを逃しただけでなくボールさえも生かせなかったプレイはがっかりでした、相手は確かに大きな選手ですがプロップがウイングにタックルされて吹っ飛ぶのは・・・昨年のパンチでKOされたのもこれでうなずけるかも。
幸い??な事にタッチジャッジがショルダータックルと判断してペナルティーを貰ったが、あれは普通のタックルで問題はないでしょう、完全な当たり負けです。もう1人ゴール前で大きな身体をしながら簡単にタッチに出された人が居ますが書きません。

今回もフッカーのアンドリューホアが持ち前の突破力(マソエと同じでコンタクトした後も強いのが魅力)を活かして活躍してくれるでしょう、昨年のハットトリックは素晴らしかった。高い確率でABs2番をゲットだと思います。



あとはチーフスに期待ですね!! Go Chiefs!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : Rugby オールブラックス ニュージーランド ラグビー NewZealand AllBlacks Super14 スーパー14

コメントの投稿

Secret

初歩的質問です・・・。

ラグオさん、はじめまして。
私は知人の影響で昨年からラグビーファンになったK,Kと言います。ラグオさんのブログも知人から聞いて閲覧させて頂いてました。
まだラグビー初心者のくだらない質問にお答え頂ければ嬉しいです。記事とは全く関係の無い事なのですが・・・
NZのプロラグビーは具体的にどの様なシステムなんでしょうか?スーパー14も各州代表もプロなんですよね??両方の試合に出てる選手などはプロ契約を2重にしてるって事ですか?その辺りを詳しく教えて頂ければと思います。
又、近年、NZのスター選手が国外に流出してる様ですが、NZ国内のプロと欧州のプロとではプロラグビーのシステムが違うのですか??又、報酬(年俸)なども全然違うんですか?スーパー14のプロ選手と欧州のプロ選手・・・トップレベルでどれ位のサラリー差があるのでしょうか??

初投稿でいきなりこんな質問でスイマセン・・・。

初めまして,ラグオさん
傷の具合が芳しくないようですね。早く良くなるといいですね。

所でブルーズは出だしでつまづき,ミスの連発でチャンスを潰し
それでも,終盤までクルセーダーズといい所までいくと言うのは
自力があるのでしょうかね。
ブルーズの選手が比較的イージーミスが多いのは監督の指導力の問題なんでしょうかね。特に練習時の?
練習の時はプレッシャーが少ないので気持ちが緩んでいてもある程度のプレーは出来ると思うのですが,その緩みが本番で出ているように思えてなりませんが(V_V;
実際どうなんでしょうか,練習での集中力とか真剣度は。
クルセーダーズとの違いはそこらあたりから始まっているような気もしますが…
お体の調子が良くなるようでしたら教えて下さい。
では,では
PS:プレビュー楽しみしています。注目選手のピックアップは試合観戦の楽しみを倍増させてもらっています。m(_._)m

KKさん
始めまして。最近ラグビーファンになったようですが、ラグビーに興味を盛ってくれて嬉しく思います。
今後記事に出来たら書こうかと思ってますので少しお待ちください。しかしヨーロッパの報酬の詳しい事は解りかねます。



971さん(名前が無かったので番号で書いてます)
始めまして。
怪我のお気遣いありがとうございます、良くなることは見込めないのが辛いところです。
ブルーズはもちろん自力はあるでしょうね、ミスが無ければ勝ってもおかしくない試合でしたから。

ミスに関しては気持ちの面も少なからず関わってくるかと思いますが、コーチの指導力の問題だとは私は思いません。
このレベルの選手は練習でも真剣でしょう、負けたら後がない試合だと言うこともあったし真剣度は更に増すかと思います。
クルセーダーズもここ最近はミスが多くなってるし決して調子が良いとは言えません。
個人的に思うことはニックエヴァンスの自信の無さを最近の試合では感じていてそれがプレイに出てる気がしないでも・・・
シーズン初めは自身に満ち溢れているように見えたのに、彼はダンカーターを超える事は出来ないなと強く思いました。

プレビュー楽しみにしてくれてありがとうございます、記事は個人的な意見で勝手に色々書かせてもらってるので
時折お気に触る方が見えたりする事があるみたいですが、私は好きな選手、一押しの選手だけでなくラグビーを見て
感想を書いている次第です。 1人の選手だけでなくラグビーを見るにあたって楽しみが倍増してもらえるなら、これからも書いていきたいと思います。
今後とも宜しくお願いします、そしていつまでもラグビー好きでいてください。
プロフィール

ラグオ

Author:ラグオ
ラグビーが大好きでラグビー王国ニュージーランドへ。現地のクラブでプレーしニュージーランドラグビーに虜に。それ以来ラグビーシーズンに合わせて日本とNZを何度も行き来して今ではNZに永住。NZラグビー最高です!だからここに来たしこれからも。
趣味は料理、ベイキング、写真など・・・致命傷の怪我でラグビーがやれなくなってからベイキングを始め今では一番の趣味かも。試食したい方はどうぞ(笑)
近い将来再びグラウンドに立てるまでリハビリがてらブログを書いています。心身共に調子が良くないので時々弱気な発言があるかと思いますが許してください。
ラグビー大好きなら大満足出来るそんなラグビー王国から呟いています。ラグビーについて色々語りましょう。

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリー
ブログランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ
↑ランキングに参加中
↓クリックお願い致します


ラグビー ブログランキングへ
RSSフィード
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

オールブラックス ニュージーランド Rugby ラグビー AllBlacks NewZealand Super14 ラグビーワールドカップ スーパー14 ワラビーズ スプリングボクス ブルーズ クルセーダーズ スーパーラグビー Zealand New NZ チーフス ジュニアオールブラックス Blacks All Springboks カンタベリー オークランド ウエールズ ハカ Air Cup アイルランド イングランド ホックスベイ カナダ ジェリーコリンズ フランス サモア Wallabies AirNZCup ダンカーター スコットランド ウエリントン ダグハウレット タナウマガ ハリケーンズ 日本 ストーマーズ ハイランダーズ セブンス ABs Auckland ワイカト タラナキ トップリーグ ハイネケンカップ ブルズ トンガ Australia イタリア Canterbury トライネーションズ Nations SouthAfrica ワラタス SBW ボクシング マオリ サウスアフリカ マンスター ノヌー モセトゥイアリイ Pacific ANZC ブランビーズ ロビーディーンズ スパーラグビー ベッカム キウイ ルークマカリスター AirNewZealandCup シャークス ラグビーチャンネル マフィン ジュニア イーデンパーク ランフリーシールド Premiership England シオネラウアキ オーストラリア ダニーデン トライ ワールドカップ エアニュージーランドカップ ブリディズローカップ ジョニーウィルキンソン トニーブラウン ラグビートニーブラウン ハミルトン スクラム ジャスティンマーシャル オールブラッククス 日本代表 クリスジャック ネットボール 箕内 クリスジャク リコギア リコ・ギア パシフィックネーションズ apan フィジー シオネラウア キースロビンソン リッチーマコウ アリウイリアムズ 海外ラグビー スパー14 Blues ニックエヴァンス サニックス Wellington グレックサマヴィル NZマオリ ダン・カーター サウスランド Waikato W杯 Scotland Ranfurly PACIFIC Shield Six Tonga Supre14 ウェールズ アルゼンチン ロールケーキ デザート サニービルウイリアムズ コスプレ ホワイトロック ドナルド カフイ チョコレート 癒し チータース ライオンズ フォース レッズ バレンタインデー ケーキ ベイキング Otago NorthHarbour シックスネーションズ ジェイソンイートン Super14 ジェーソンイートン クライストチャーチ クラシックオールブラックス Newzealand ABs ジョナロムー シドニー サッカー 派閥 ルーベンソーン ヤマハ アーロンメイジャー ヘンリー 日本代表J AB JonahLomu Jonah Japan Jrオールブラックス Junior Lomu KapaOPango ISLANDERS Guinness Argentina AllBlacksスーパー14 BLUES Bluse France Fiji 妊娠 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。