スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

W杯チャンピオンの負け惜しみ(トライネーションズ1戦目レビュー)

昨年のワールドカップのチャンピオンのスプリングボクスに快勝と言っても良いのではないでしょうか?
前半こそ競ったものの予想通りスクラムが優勢になったのと、ダンカーターの素晴らしいキックで地域を上手く取り一試合を通じて試合をコントロールしていて、特に後半はかなり安心して見ることが出来ました。

試合前の国歌斉唱でソーイアロが涙ぐんでいたのが印象的でした、キャプテンを任された事でプレッシャーに感じるどころか、任命された時から「新たな挑戦でワクワクしている」とコメントし頼もしいキャプテンが登場したと言いたくなりました。プレイでも相変わらず激しいプレイで仕事量も多くリッチーマコウが居なくてもなんら違和感も感じなかったとリッチーファンに怒られそうですが、言わせて貰います。

そのリッチーは試合前に長わりと間テレビの前に出ててフラストレーションがたまっていると言っていましたが、そうなるのも無理はありませんがしばらくは我慢です。

試合の中でちょっと”ドキッ!!”とした場面は前半のブレットソーンの危険なタックル、ボクスのキャプテンのスミットが地面に倒れているソーンの頭を上から地面に叩きつけるような事をしたので(レフリーは2番、2番と何度も注意してましたね)ソーンは激怒しカチ上げタックルをお見舞いしてしまった・・・私もあの場面ならかなりスミットにかなり怒っていた思います(笑)しかしソーンは仕返しとして危険なプレイをしてしまった事は余分でした、掴んでカチ上げずにそのまま倒せば問題は無かったでしょう。レフリーが試合後にビデオで確認したらイエローを出すべきだったと言っているようにイエローでもおかしくなかったでしょう、もしイエローならもう少し流れが変わっっていたかも知れません。

ボクスのチャンスは試合を見てて思い当たるのはハバナが取ったトライの時だけであとは記憶にありません、それくらいオールブラックスが1試合で数字でも現れてましたが、地域を上手く取っていたと言う事でしょう、本当にダンカーターの地域を稼ぐキックは素晴らしかった、逆にボクスのジェームスはたま~~に良いキックかな?と言うのはありましたがダンとは比べ物になりませんでした、この差がかなり大きかったように思います。私なら早い時点でスタインを10番に入れるか始めからスタインを使います。
そのスタインの60MくらいのDGは僅かにショートでしたが接戦だとあのDGがあるのでかなり恐怖です。スタイン絡みでもう1つ、ハカが終わって彼が写ってましたが「間近でハカ見ちゃったよ」と言わんばかりの嬉しそうな笑顔が可愛かったですね(笑)試合中も何度かカメラが捕らえていましたがカメラマンがタイプだったのでしょうか?スタインのファンの女性には試合では負けましたが満足だったのでは?

話がそれました・・・良いことばかりではありません、前半かなり良かったラインアウトは後半はかなり崩れ取られだした、有利に組んでいたスクラムなのにマイボールの球出しでNo8カイノとハーフバックのエリスの所での球出しが安定しないことがかなり沢山あったのが気になります、コンビネーションの問題と言えばそうかも知れませんが、トライネーションズ前のアイルランド戦でカイノがNo8をやってるしその時は問題なかった記憶があります、エリスはランプレイは結構良かった気がしますが、全体的に球捌き等のハンドリングがよくなかった印象があります。
クルセーダーズでやっているとFWが良いので比較的楽にボールを捌けていたかも知れません、ようやく骨のある相手(ボクス)とやるので試合前から注目と言うか心配がありましたが、今までとは違っていただけにちょっともたついてしまったのか?それともこのレベルでやるにはエリスには厳しいのか?2戦目をじっくり見させてもらいます。

後半いまいちだったラインアウトは、この日全てにおいて素晴らしかったアリウイリアムズをジャンパーとして使いすぎているような気もしましたが(本人がサインを出している)ラインアウトの良いソーイアロが7番に入っているので頻繁にジャンパーに使えなかったのもあるかもしれません、カイノやトンプソンのオプションもあるし2戦目で修正できるか? アリのキックはまじで素晴らしかった、前半のダイレクトタッチになったキックのフォームはまるでカーターかと見間違えるほど(言い過ぎかな?)でしたよね?
アリは高校時代はサッカー等色んなスポーツで優秀な選手でラグビー本格的に始めたのは高校の最後の年くらいのようです。アリに限らずラグビー選手の多くは過去にクリケットで州代表レベルが結構いました、ダンカーターその他一杯いたような気がします。


不祥事を起こしてプレイで信頼を返すと意気込んでいたカイノは力強い突進を見せるなどNo8らしくなってきた気がします、持ち前のスピードのあるランニングも魅力でこれからもっと活躍すればレギュラー確定でしょうか?レフリーのミス(アシスタントレフリーだったかな)で2つ目のトライはオフサイドと判断されてしまいましたが、レフリーが試合後に確認したらオフサイドで無いと言ってABsのアシスタントコーチにお詫びを入れたそうです、あのトライはカイノ自身が取った一つ目のトライの直ぐ後にノヌーのビックゲインでチャンスを作りダンカーターの絶妙なキックでカイノが抑えた良いトライでしたが幻に。

上記に名前が出たノヌーはようやくABsの核になれる存在になってきたかと思わせる今期の活躍ぶりには嬉しく思ってます、試合中もスーパー14のようにいらいらせず、かなり大人になった気がしますし、おそらく選ばれたときにコーチから「思えは良い選手だ、気性が激しいのを改善すれば物凄い選手になるぞ」とでも言われたのでは?と思ってます、昔から使い続ければ必ず凄い選手になると思っていただけに今季は毎試合使われてるし、プレイに落ち着きもあるし代表定着でしょうか。ルークマカリスターが帰ってきてもポジションを譲らないと言う気持ちを持ってやって欲しいです(持っているでしょうが)。

そのノヌーの相棒のコンラッドスミスも新人カフイがイングランド戦で素晴らしい活躍でのデビューに刺激されて、この試合では激しいタックルを何度かするなどディフェンス面でも良い所を見せ、もちろんアタックでも持ち前のしなやかさを出して良い動きをしていたように思います。トライを取られた時に画面に映ったスミスが印象的でした。一年遅いですがようやく本調子に戻ったと言うところでしょうか、でもカフイを買っている私としてはカフイが見れないのは寂しいものです。

その他では新人のウルフの堅実なプレイがかなり良かったと思ってます、キックチェイスも毎回しっかり行きプレッシャーをかけてました、その他の選手もまじめにチェイスしているので前で潰す事が出来てるし見ていて気持ちが良かったです、ウルフはキックができる、ハイボールキャッチをを含むキック処理が良いなどキックに関しては他のウイングを上まわり先発に抜擢されるのに有利になってます、その他ブレイクダウンにもしっかり入って良い仕事をしてますし全体的に見てもかなりの仕事量で頼もしいです。

もう一人のウイングのシヴィヴァトゥーもウルフに負けないくらい良い仕事振りと激しいタックルもしてたし,最近のシヴィヴァトゥーはディフェンス面でも良くなってます,キックも上手いとは言えませんが段々良くなっている気がします。

あまり良い評価がされていない途中出場のシオネラウアキは終盤に持ち前の激しい突進をしてかなりゲインしてましたが、彼の一番の仕事はああいう突破力を生かすことだと思うので、もっと積極的に激しさをアピールして欲しいです。

最後にW杯のチャンピオンのボクスが恥ずかしい負け惜しみを先日のイングランドと同じでしておりました。それは全く同じでABsが優勢になったスクラムで1番のトニーウッドコックがインチキをしているとボクスのヘッドコーチが聞き辛い英語で話しておられました。

もう1つあって負け惜しみでは無いと思いますが、例のソーンの危険なタックルに対する処分が1試合と軽すぎると言うことをかなり言っておられます。確かに余計な事をしたソーンですが始めに手を出したキャプテンのスミットが怪我で帰国が決まり帰り間際にはいたのが、この処分に対して「同じ事をリッチーマコウがやられたらどうなる?」とか何やら言っておられました。
ヘッドコーチとキャプテンがそろって文句ばかり言っています、まずスクラムですがスクラムコーチがIRBのレフリー協会?のボスに毎週コンタクトを取って確認しているそうで、この件もクリアーになってます(ボスはキウイなんですが)。そして元ABsのプロップの人だけでなく元ボクスの人もインチキではないと見方にまで否定されている状態です。

次にソーンの処分、余分なタックルでしたがしっかり見ればむちゃくちゃ危険なタックルではないと思います、叩きつけていないし頭から落としてないので一試合が最高だと思ってます。イエローカードが出なかったので今回1試合の出場停止がついたと思ってます。

この2人がここまで文句を並べるのも、ニュージーランドスプリングボクスは過去10年間勝ってない、前回勝ったのが1998年のウエリントンでスタジアムは違いますが同じウエリントン(メンバーで関わっているのはモンゴメリーのみ)で10年ぶりに倒せるのでは?と盛り上がっていたし、それが達成できずに相当悔しかったのでしょう。
次の試合が最後の挑戦になるので(3戦目は南アフリカで行われる)プレッシャーに弱い(W杯には勝てないので)ABsに負け惜しみではありますがプレッシャー作戦の小細工を使っているとしか思えません。

ソーンの処分をそこまで言うなら、10番ブッチージェームスの危険なタックルをダンカーターやコンラッドスミス(ノーボールタックルの時)等にしていた事を持ち出したくなります、ダンをつぶせば機能しなくなるのは目に見えているので、ボクスはダンを狙うのは解ります、始めはレフリーがレイトタックルを取ってくれましたが(これはOKに思えましたが)本当にハイタックル等をした時には取ってくれてませんでした、そこでジェームスは得意のショルダータックルのようなのを何度か試みていた気がします。ボールキャリアがその前にたまたま体制が低くなり頭の上を通り空振りしたような感じになりましたが、飛び込んで首のところ辺りを狙っているかのように見え、もしヒットすれば怪我もしかねません。

いづれにしろ世界チャンピオンが負け惜しみは見っとも無い気がします。
その前にABsの早い攻撃に後半は着いていけてないので負けたと気付くべきです(解っているでしょうが)。その早い攻撃に最後まで対応できないのが、体重だけを増やしてパワーで対抗しようとする(ボクスより特にイングランドですが)のが良いかどうかを考えるべきかと思います。フランスのクラブに移籍したキャプテンのスミットはかなりふっくらして走れてないですし、まずは体を絞らないといけないでしょう。 ヨーロッパの遅いテンポのラグビーでは新ルールに一番あっていて早いラグビーが得意なオールブラックスに対抗するのはかなり難しいことだと思います。

同じくヨーロッパに移籍していたロックのマットフィールドは試合後の記者会見で「フランスの2部リーグでやってきてレベルの高いテストマッチをしてブランクを感じたか?」と言うような事を聞かれていて「あと2,3誌試合は必要かもしれない」と話していたのが印象的でした。

昨日2戦目のメンバーが発表されましたので載せておきます。
All Blacks:
15 Mils Muliaina, 14 Sitiveni Sivivatu, 13 Conrad Smith, 12 Ma'a Nonu,
11 Rudi Wulf, 10 Dan Carter, 9 Andy Ellis;
8 Jerome Kaino, 7 Rodney So'oialo (c), 6 Adam Thomson,
5 Ali Williams, 4 Anthony Boric, 3 John Afoa, 2 Andrew Hore, 1 Tony Woodcock.
Reserves:
16 Keven Mealamu, 17 Neemia Tialata, 18 Kevin O'Neill, 19 Sione Lauaki,
20 Jimmy Cowan, 21 Stephen Donald, 22 Leon MacDonald.

交代は1試合出場停止処分のソーン→アントニーボリッチ、プロップのグレックサマヴィルがメンバー落ちしてアイルランド戦での怪我から復帰したジョンアフォアが3番で先発。アフォアをベンチからでなくいきなり先発には驚きました。サマヴィルが今季でヨーロッパに移籍するので代表落ちしたエヴァンスと同じで後釜を成長させるためにアフォアを起用ではないかと見てますが、サマヴィルのスクラムが良かっただけにちょっと心配かも。それにソーンがロックから押してスクラムを助けていたのもあるだろうからスクラムはやっぱり心配です。

ボリッチが先発にまわったのでロックのリザーブにはチーフスで活躍したケヴィンオニールが初めてオールブラックスのメンバーに入りました。

ロックはボリッチを入れる事になるのは仕方がありませんが、ボクスに対抗できるパワフルさを持っているソーンが抜けたので、3列にパワフルなシオネラウアキか経験のあるクリスマソエを入れてくるかと思ってましたが、後半崩れたラインアウトを重視してか3列は全員ラインアウトでも期待できて走れる3列のままでした。
ちょっとパワフル面で厳しいかもしれませんし、それによる体力が奪われるのも心配ですが、後半はパワフルなラウアキ、ラインアウトのスローイングではかなり不安のメアラムのメンバー交代のタイミングも重要でしょう。

スプリングボクスのメンバー発表は明日の木曜日です。
10番をジェームスのままかスタインにするか注目ですが、司令塔ダンを潰すのにまずはジェームスを使ってくるかな?その他も交代があるか見ものですがスタインは12、13番にでも入れていたほうがキックの計算が出来るので良いかと思います、12番Jean de Villiersは13番はスーパー14ではやってないのかな?そして13番Adrian Jacobsはインパクトプレイヤーで使ってこられたほうが怖いのでスタインが12番で13番Jean de Villiersというのが良いかなと思いますが、または逆でスタインが13(スタインは12番の方が良いと思う)、15番はキック処理が良かったのでそのまま、No8にカウンコスキーを入れるべきでしょう、あのスピードは脅威ですし新ルールにはかなり有利だと思います。

長くなりましたがこのへんで。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : スプリングボクス Rugby オールブラックス ニュージーランド ラグビー AllBlacks NewZealand Super14 ラグビーワールドカップ

コメントの投稿

Secret

ラグオさん、こんにちは。
ここ数試合、ノヌーが12番のスターティングメンバーになり、また試合でも活躍していると聞き、うれしく思っています。
このままABsに定着することを祈るばかりです。
ちなみに恥ずかしい質問なんですが、ルークマカリスターって欧州リーグに移籍したのですか?
それともNZにいるけど、怪我をしてスコッド入りしなかったのですか?

いちはらさん
ノヌー良いですよ。このまま先発は確保でしょう。
ルークが戻ってきたら熾烈なポジション争いになりそうです。ルークの件を知らないのはまだ私のブログをしっかり見てないって事ですね(笑)
以下のアドレスがルークに関する記事です。
http://nzrugger.blog72.fc2.com/blog-entry-252.html
その他ルークに関しては右上の検索で ルークまたはルークマカリスターと入れて検索してください、ルークだけだと他にも違う選手が出てくる可能性もあります。

失礼しました

ラグオさん、勉強不足ですみませんでした。
2年契約と言う事は3年後には戻って来る可能性があると言うことですね。
それまで「プレー」と「性格」を向上させ、ポジションを守ってほしいものです。

ラグオさん、こんにちわ
トライネイションはしびれますね。マコウのいないABsに一抹の不安を感じていましたが、杞憂でした。ソーイアロ頼もしい。
 しかし、NZは冬なのですから当然なのでしょうが、ものすごく寒そうですね。あれだけ状況の悪い中でもハンドリングエラーは少ない。しかも新ルールで格段に運動量が増えているのに。比べたら駄目ですけど、PNCでの雨のJAPAN―フィジー戦を思い出してしまいました。
 ボクスはモンゴメリー、ピーターセンがスタメンですね。僕もカンコウスキーが見たいです。第2戦も楽しみです。

ロドニー

がんばってましたね。
顔からは想像できない高い声かつ、か細い声でしゃべるので、何を言ってるかよく分かりませんが、「がんばれ~!」と思ってインタビューを聞いています。
JapanSevensで来日した頃を思えばすっごい成長、もう柱ですね。
どんどん腕が黒くなっていくのが、どこまで行くの~ん???って思うけど。。
娘の名前を刻んでるんでしょうね。

今年のトライネーションズの日程って、飛び飛びですね。
間延びした感じがしませんか?
香港はトライネーションズじゃなくって、ブレディースローカップなんですね。
行こうかと策略中です。。
香港にむりやり知人を作ろうかと・・・・(ツアーならいくらくらいになるでしょうね。)

いちはらさん>
ルークは記事にも書きましたが、娘さんがNZに居るので会えないのが凄い辛いらしく戻ってくる事は間違いないかと。。。


tetuyaさん>
やっぱり北半球のラグビーより南のトライネーションズが最高です。今NZは真冬でかなり寒いですが、昨日くらいから少し暖かくなってます(その前が寒すぎだったのもありますが)
カウンコスキーやスピースををメンバーに入れないコーチの考えが良くわかりません・・・


CCさん>
ロドニーやってくれてます、マコウより頼もしい存在に思えてきてます。ロドニーのインタビューはアナウンサーが言ったことを復唱して+Boysが良くやってくれたとか、いつも同じ事を言っていると思います(笑)
トライネーションズの日程ですが3試合ずつあるので飛び飛びになっているかも知れませんが、かなり2,3週間が空くチームもあるので調整が難しいですね。オールブラックスは間が空いた週にサモアとのテストマッチを追加でタラナキと行うことになってますが、その時にあまり試合に出れない選手等を使うと思われます、サモアはヨーロッパのシーズンが始まるころだろうから、パシフィック選手権よりさらに弱くなるのに意味があるのかと思ってしまいますが。

香港でのワラビーズ戦はブレディスローカップになってますが、このカップがかかる試合は両国内で行う試合だけにして欲しかったです、観客を集めるために付け加えている目的もあるかもしれませんが・・・ 香港なら近いので行って来たらどうですか? ツアーならかなり高いでしょうね、試合のチケットだけ手に入れてあとは自分で行った方が安くつくでしょう、よくNZに来られるCCさんの方が良く知って見えると思いますが。

ロドニー 2

今朝、ロドニーにキスされる夢をみました~。そんなにロドニーのことを想っているのだろうか??(笑)
日本代表とABsが同じ宿だというので見に行ったら、Piriに招き入れられ、連れて行かれたのがロドニーがファンと記念撮影している場所で・・・みたいな、なんとも面白い夢でした。
ロドニー今日もガンバレ~ィ!!

サモア戦。私も気にしています。どんなメンバーが集まれるの?!って。日本にいる選手だってチームによってはシーズン開幕するから、せっかくのチャンスであっても「行かないで」って言われると思います。ABsも試合に出ていないメンバーで、ってことですよね。
それならA、Bマッチの方がいいんじゃない??

ブレディースローカップは、個人で買えるのは香港、マカオ、中国本土のみのようで。。。
個人でチケット買えたとしても、一人だと、味気なかったりするんですよ。2000年のシドニーを1人で観た時はABsが勝ったのに喜べず・・・って感じで苦い思い出ですぅ。

はじめまして!

瑞穂さんのブログからたどってきました。

カーター、よかったですね。今日もやってくれるでしょう。

フランソワ・スティンには要注意。ジェイコブスより手強いです。

CCさん>
そんな夢を見て興奮しましたか?(笑) サモアとやる意味はあまりない気がしますが、ABsは資金つくりの為にもやるんでしょうね、会場のタラナキはなかなか見れないABsとあって直ぐに完売したとか言っていたような、地方の人には嬉しい訪問でしょうね。

ブレディースローカップは、個人で買えないんですね。

>個人でチケット買えたとしても、一人だと、味気なかったりするんですよ。
前回のスーパー14は一人ではなかったんですか?あの盛り上がった2000年の試合を盛り上がれないのは辛いですね。


じーこさん>
始めまして、訪問ありがとうございます。
カーター初戦は文句なしで2戦目もGKは良いですがちょっとボールを持って仕掛けすぎのような・・・
ジェイコブスの成長もここ最近凄いですが、私もスタインの未知の力が魅力で注目してます。
プロフィール

ラグオ

Author:ラグオ
ラグビーが大好きでラグビー王国ニュージーランドへ。現地のクラブでプレーしニュージーランドラグビーに虜に。それ以来ラグビーシーズンに合わせて日本とNZを何度も行き来して今ではNZに永住。NZラグビー最高です!だからここに来たしこれからも。
趣味は料理、ベイキング、写真など・・・致命傷の怪我でラグビーがやれなくなってからベイキングを始め今では一番の趣味かも。試食したい方はどうぞ(笑)
近い将来再びグラウンドに立てるまでリハビリがてらブログを書いています。心身共に調子が良くないので時々弱気な発言があるかと思いますが許してください。
ラグビー大好きなら大満足出来るそんなラグビー王国から呟いています。ラグビーについて色々語りましょう。

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリー
ブログランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ
↑ランキングに参加中
↓クリックお願い致します


ラグビー ブログランキングへ
RSSフィード
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

オールブラックス ニュージーランド Rugby ラグビー AllBlacks NewZealand Super14 ラグビーワールドカップ スーパー14 ワラビーズ スプリングボクス ブルーズ クルセーダーズ スーパーラグビー Zealand New NZ チーフス ジュニアオールブラックス Blacks All Springboks カンタベリー オークランド ウエールズ ハカ Air Cup アイルランド イングランド ホックスベイ カナダ ジェリーコリンズ フランス サモア Wallabies AirNZCup ダンカーター スコットランド ウエリントン ダグハウレット タナウマガ ハリケーンズ 日本 ストーマーズ ハイランダーズ セブンス ABs Auckland ワイカト タラナキ トップリーグ ハイネケンカップ ブルズ トンガ Australia イタリア Canterbury トライネーションズ Nations SouthAfrica ワラタス SBW ボクシング マオリ サウスアフリカ マンスター ノヌー モセトゥイアリイ Pacific ANZC ブランビーズ ロビーディーンズ スパーラグビー ベッカム キウイ ルークマカリスター AirNewZealandCup シャークス ラグビーチャンネル マフィン ジュニア イーデンパーク ランフリーシールド Premiership England シオネラウアキ オーストラリア ダニーデン トライ ワールドカップ エアニュージーランドカップ ブリディズローカップ ジョニーウィルキンソン トニーブラウン ラグビートニーブラウン ハミルトン スクラム ジャスティンマーシャル オールブラッククス 日本代表 クリスジャック ネットボール 箕内 クリスジャク リコギア リコ・ギア パシフィックネーションズ apan フィジー シオネラウア キースロビンソン リッチーマコウ アリウイリアムズ 海外ラグビー スパー14 Blues ニックエヴァンス サニックス Wellington グレックサマヴィル NZマオリ ダン・カーター サウスランド Waikato W杯 Scotland Ranfurly PACIFIC Shield Six Tonga Supre14 ウェールズ アルゼンチン ロールケーキ デザート サニービルウイリアムズ コスプレ ホワイトロック ドナルド カフイ チョコレート 癒し チータース ライオンズ フォース レッズ バレンタインデー ケーキ ベイキング Otago NorthHarbour シックスネーションズ ジェイソンイートン Super14 ジェーソンイートン クライストチャーチ クラシックオールブラックス Newzealand ABs ジョナロムー シドニー サッカー 派閥 ルーベンソーン ヤマハ アーロンメイジャー ヘンリー 日本代表J AB JonahLomu Jonah Japan Jrオールブラックス Junior Lomu KapaOPango ISLANDERS Guinness Argentina AllBlacksスーパー14 BLUES Bluse France Fiji 妊娠 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。