スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパー14 Week1 レビュー(注目カード3試合)

遅くなりましたが、Week1のレビューをちょっとだけ。
まずは開幕戦で日本では放送が無かったハイランダーズvsブランビーズで観客は僅か4000人と寂しいですね。

いよいよ始まったスーパー14、開幕戦となるこの試合は多くの人がブランビーズの勝利に賭けをする。
その予想が当たるかのように、開始早々からブランビーズがラインブレイクを・・・ハイランダーズ大丈夫か?
しかしトライには結びつかず逆にハイランダーズが6分12番のレオタのラインブレイクから取ったトライ、
FKから速攻をかけて取ったトライでわずか10分程で12-0とハイランダーズがリード。

その後直ぐキャプテンのカウワンが負傷交代でいやな雰囲気になるが、それを吹き飛ばすかのように
10番ダニエルボーデンの個人技で中央付近からトライを奪い19-0とさらにリードを突き放す。
ディフェンスもよく今年のハイランダーズは一味違うか?と思わせてくれる勢いだった。

点差を離されても落ち着いていたブランビーズはゴール前のスクラムでモートロックがブルドーザーのように突進して簡単にトライを返し、コンバージョンも決まり19-7。

ハイランダーズはカウワンの怪我後、ゲームキャプテンになったマッキントッシュが負傷しベンチに退きリーダーを2人も失った。
前半終了後にブランビーズは貴重なPGを加えて19-10と徐々に点差をつめてハーフタイム

前半のスタッツはブランビーズが75%も地域を取っていながら僅か1トライに終わっている。

後半開始早々、またもやモートロックがブルドーザーのように突進して取ったトライで19-15とリードは僅か4点、このモートロックのトライは凄い!の一言、なんとFW3人を引きずる豪快なトライだった。

レフリーのミスもあり逆にハイランダーズがペナルティーを取られPGを決めたブランビーズが19-18と僅か1点に迫った。

後半はまるで前半のハイランダーズの3連続トライを見るかのように簡単にブランビーズが3トライを奪い19-30とブランビーズがあさり逆転

昨年までならここで終わっていただろうハイランダーズは、ここから反撃に出てゴール前でFWが気合の入った2トライを取り31-30と逆転

残り時間は僅かなところでブランビーズはDGを狙い見事きめ逆転、FWをじりじり前に出しDGを確実に狙えるところまでもっていったのには素晴らしかった。

その後ハイランダーズもDGを狙う体制に持ってここうとしたが、ブランビーズにあっさりタンオーバーされ試合終了、ハイランダーズがキャプテン、バイスキャプテンの2人を失うアクシデントがありながらの健闘といえるでしょう。

開幕から大接戦で非常にエキサイトして試合を見る事が出来た。やっぱりスーパー14はむちゃくちゃ面白い。

Highlanders 31 (Jason Shoemark, Fetu'u Vainikolo, Daniel Bowden, Chris King,
Jason Rutledge tries, Bowden 3 con),
Brumbies 33 (Stirling Mortlock 2, Adam Ashley-Cooper, Mark Gerrard tries,
Gerrard 2 con, 2 pen, Christian Lealiifano drop goal)

気になるのはヴァイニコロのキック処理のまずさがあり、試合中に何度も狙われた。
注目カードの一試合目クルセーダーズvsチーフス 観客は14,000人

第一印象は、ブレンダンレナードはいきなり凄かった!! プレシーズンマッチでもいきなり凄かったらしいが、この試合でも8ヶ月のブランクを感じさせないスピードで狭いラックサイドを何度もブレイク、思わず何度も叫んでしまった。実況も解説もレナードの動に驚かされていたのが凄く伝わってきた。

試合内容は、まだ一試合目という事もありお互いにミスが多かった気がする、しかし見ごたえは充分にあった試合だった。
クルセーダーズは一試合通じて地域でかなり有利に(特に前半)なりチャンスも多かった、チーフスは少ないチャンスでミスもあった。
両チーム同じようにミスをしているならチャンスが多かったクルセーダーズがより得点を出来る事になるので、それが得点にそのまま表れましたね。

しかしクルセーダーズはかなりハンドリングエラーが多かったので,最後まで競った試合になったのでしょう。

私のキーポイントと思ったシーンが二つあります。
前半36分、クルセーダーズ陣ゴール前でフリーキックを得たチーフスはレナードが速攻を仕掛けタッチに押し出されたシーン。
レナードを止めに行ったマクドナルドは、明らかにノット10Mなのにレフリーは取らなかった・・・
結局アドバンテージーも見ていないのでクルセーダーズボールのラインアウトでチャンスを潰した。
チャンスを潰しただけでなく、その後直ぐにマサンガのカウンターからパスミス、こぼれ球をベイトマンが拾って独走トライをされた。

もう1つは、チーフスが敵陣ゴール前のマイボールスクラムの大チャンスでスクラムを崩したと反則を取られてチャンスを潰した場面。
前半の時と同じくゴール前での大チャンスで得点が出来なかった、スクラムをどちらが崩した判断をするのは難しいだろうが、これまたレフリーの判断に泣かされた場面だった。 この二つのうち一つでもトライを取れていたら勝敗は・・・?

ケイシーラウララは、2トライをして目立ちましたが、それ以上にボールを持った時の前に出る力が素晴らしかった。センターコンビを組んでいるベイトマンも良い仕事をしていたし、このセンターコンビは最高。
新人スレイドは、ゴールキックや、地域を取るキックに正確さが無かったですが、最初のラウララのトライに繋がったグラバーキックはお見事。
充分このレベルでもやっていけることを証明しましたでしょう、試合を重ねるともっと良くなると思いますよ。

クルセーダーズのタックルミスが20個と多かったのにはビックリしたが、それだけチーフスの特にBKが危険だと言うことでしょう。

Crusaders 19 (Casey Laulala 2, Tim Bateman tries; Colin Slade 2 con)
Chiefs 13 (Richard Kahui, Lelia Masaga tries; Stephen Donald pen).
Halftime: 14-5.
注目カード二試合目 ハリケーンズvsワラタス 観客13,877人

正直ハリケーンズには、がっかりした内容だった。地域は7割近くも取っていて、ボール試合率でも有利になっていたのに・・・
確かにワラタスのディフェンスもかなり良かったが、チャンスでノヌーが不用意にボールを蹴ってチャンスを潰しただけでなく
ボールを取られて70M独走されてトライをされるなど、もったいないプレイが多かった気がします。

ケーンズの両プロップがオールブラックスなのにスクラムはワラタス有利、と言ってもワラタスは一列はワラビーズですが・・・
ブレイクダウンもワラタスが優勢でディフェンスも良かった、ケーンズはちょっと激しさとラックにかける人数も足りなかったか。。。

ケーンズは前半と比べると後半は良くなったが、早くて強いトラッシュを投入してから前に出れるようになった気がする。
終了間際にギアが取ったトライのアシストをしたトラッシュの突進とオフロードは素晴らしかった、あれはトラッシュのトライですね。
劣勢の試合ではああいう突破できるFWがいないと厳しい、BKのインパクトプレイヤーのディヴィットスミスは、
最後のほうに投入されたけど彼のように個人で突破できる選手を劣勢の時には使った方が良いと思う。

試合には負けたケーンズだが、先発出場したロックのエヴァンス(昨年はブルーズ)のラインアウトは収穫か。
2番の新人コールズもスピードを生かしてトライを取ったしあの走力は魅力だ、しかし大事なところでラインアウトのスローイングが・・・

気になったのが、アタックの時のノヌーのラインが深すぎないかと。

ワラタスは13番のホーンが素晴らしかった、まだ10代とは思えない落ち着きぶりにはビックリ。
先制トライのアシストをした彼のラインブレイクと、彼自身のトライも実に素晴らしかった。既に大物だが将来楽しみ。

10番対決はケーンズの新人カークパトリックもまあまあ良かったけど、ワラタスのビールが昨年より凄い成長しているのにはビックリした。
おまけにゴールキックも上手くなってるし、今年のビール正確さも増していやなプレイヤーになりましたね。

ワラタスはケーンズBKの弱いところを良く研究して(ノヌーの周辺とか)上手くラインブレイクしていたと思います。
ディフェンスも粘り強いし今年のワラタスは先日私が予想したようにベスト4に入るのではないでしょうか?

ハリケーンズは痛い黒星スタートですね。

Hurricanes 22: (Daniel Kirkpatrick, Dan Coles, Hosea Gear tries, Kirkpatrick
2 con, pen)
Waratahs 26: (Sam Norton Knight, Lote Tuqiri, Lachlan Turner, Rob Horne
tries; Kurtley Beale 3 con.)
HT: 5-19
注目カード3、シャークスvsストーマーズは凄い試合だった。観客47,000人凄いです。

前半はストーマーズのディフェンスが凄すぎてシャークスは得点できませんでしたね。
後半に入ってシャークスは前半3本のPGを外したピナールからココットにキッカーを代えてペースをつかみ出したような感じもしないでも。
それに前半猛烈なディフェンスを見せていたストーマーズが後半は疲れが出たのか徐々にディフェンスが良くなくなった気がします、
関係あるかどうか解りませんが、キャプテンのデヴィリアスがタンカーで運ばれて退場したのが後半の頭ですからね・・・

逆に後半凄いディフェンスを見せたのがシャークスでピンチでもトライを取られなかったのは素晴らしかった。
もっと凄かったのが、自陣ゴール前からNo8カウンコスキーがサイドを突いて前に出て、そこから連続攻撃で
一気にトライを取ったシーンは本当に素晴らしいの一言に尽きる。
私が予想したように今年のシャークスはベスト4に入りますよ。

両チームハンドリングエラーが多かったけど、積極的にプレイして起こったもので見ていて楽しかった試合でした。
この対戦カードは毎回激しくて、今回は展開も凄く見られたし最高でした。

Sharks 20 (John Smit, Stefan Terblanche tries; Rory Kockott 2 conversion;
Kockott 2 penalties),
Stormers 15 (Gcobani Bobo, Peter Grant tries; Grant conversion, Grant
penalty). HT: 0-10.

Week2のプレビューは明日アップする予定です。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ラグオ

Author:ラグオ
ラグビーが大好きでラグビー王国ニュージーランドへ。現地のクラブでプレーしニュージーランドラグビーに虜に。それ以来ラグビーシーズンに合わせて日本とNZを何度も行き来して今ではNZに永住。NZラグビー最高です!だからここに来たしこれからも。
趣味は料理、ベイキング、写真など・・・致命傷の怪我でラグビーがやれなくなってからベイキングを始め今では一番の趣味かも。試食したい方はどうぞ(笑)
近い将来再びグラウンドに立てるまでリハビリがてらブログを書いています。心身共に調子が良くないので時々弱気な発言があるかと思いますが許してください。
ラグビー大好きなら大満足出来るそんなラグビー王国から呟いています。ラグビーについて色々語りましょう。

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリー
ブログランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ
↑ランキングに参加中
↓クリックお願い致します


ラグビー ブログランキングへ
RSSフィード
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

オールブラックス ニュージーランド Rugby ラグビー AllBlacks NewZealand Super14 ラグビーワールドカップ スーパー14 ワラビーズ スプリングボクス ブルーズ クルセーダーズ スーパーラグビー Zealand New NZ チーフス ジュニアオールブラックス Blacks All Springboks カンタベリー オークランド ウエールズ ハカ Air Cup アイルランド イングランド ホックスベイ カナダ ジェリーコリンズ フランス サモア Wallabies AirNZCup ダンカーター スコットランド ウエリントン ダグハウレット タナウマガ ハリケーンズ 日本 ストーマーズ ハイランダーズ セブンス ABs Auckland ワイカト タラナキ トップリーグ ハイネケンカップ ブルズ トンガ Australia イタリア Canterbury トライネーションズ Nations SouthAfrica ワラタス SBW ボクシング マオリ サウスアフリカ マンスター ノヌー モセトゥイアリイ Pacific ANZC ブランビーズ ロビーディーンズ スパーラグビー ベッカム キウイ ルークマカリスター AirNewZealandCup シャークス ラグビーチャンネル マフィン ジュニア イーデンパーク ランフリーシールド Premiership England シオネラウアキ オーストラリア ダニーデン トライ ワールドカップ エアニュージーランドカップ ブリディズローカップ ジョニーウィルキンソン トニーブラウン ラグビートニーブラウン ハミルトン スクラム ジャスティンマーシャル オールブラッククス 日本代表 クリスジャック ネットボール 箕内 クリスジャク リコギア リコ・ギア パシフィックネーションズ apan フィジー シオネラウア キースロビンソン リッチーマコウ アリウイリアムズ 海外ラグビー スパー14 Blues ニックエヴァンス サニックス Wellington グレックサマヴィル NZマオリ ダン・カーター サウスランド Waikato W杯 Scotland Ranfurly PACIFIC Shield Six Tonga Supre14 ウェールズ アルゼンチン ロールケーキ デザート サニービルウイリアムズ コスプレ ホワイトロック ドナルド カフイ チョコレート 癒し チータース ライオンズ フォース レッズ バレンタインデー ケーキ ベイキング Otago NorthHarbour シックスネーションズ ジェイソンイートン Super14 ジェーソンイートン クライストチャーチ クラシックオールブラックス Newzealand ABs ジョナロムー シドニー サッカー 派閥 ルーベンソーン ヤマハ アーロンメイジャー ヘンリー 日本代表J AB JonahLomu Jonah Japan Jrオールブラックス Junior Lomu KapaOPango ISLANDERS Guinness Argentina AllBlacksスーパー14 BLUES Bluse France Fiji 妊娠 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。