スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパー14 Week7 プレビュー(続き)

Highlanders v Bulls at Palmerston North, 5.30pm
試合会場を見て何かおかしいと思いませんか? そうです、パーマストンノースはAir NZ Cupではマナワツの本拠地なのでハリケーンズの地区です。
それがハイランダーズのホームゲームとして行われます、これが結構話題になっているNZですが面白い企画ですね。
実際マナワツ出身(今年からオタゴに移籍してますが)の選手はレオタとトリッグスがいますし、パーマストンノースからそんなに遠くないホックスベイ(ここもケーンズの地区)出身の選手が沢山いるハイランダーズなのでホックスベイからも沢山のファンが来るかも知れません。
(ホックスベイ青文字、マナワツ出身、緑文字)
マナワツ出身のトリッグスを先発に戻しているのも興味深いが、同じく地元出身のレオタはボーデンが12番に入るようになってからベンチに下げられた。

プロップにはバイスキャプテンのマッキントッシュが復帰したのは心強いか、しかしそれまで代りをして良いスクラムを組んでいたクリスキングがベンチに下げるのはもったいない気がします。。。
大型FWどのブルズにパワーで負けなければハイランダーズにも勝機が見えてくるでしょう、まずはセットピースで互角に戦えるかが鍵か。スクラムは良いとしてもラインアウトがちょっと心配なハイランダーズですが、フッカーのフォールのスローイングも大分安定してきてる気がします。

先週大活躍したNo8のナオプはそのまま先発で起用されてますが、今日の対面は絶好調のスピースなのでこのNo8対決も見ものですね、ハイランダーズはスピースに走らせる展開を避けたいところ。
鍵は6,7番のディフェンスでしょうが、ソアカイ、トンプソン共に好調で特にトンプソンは攻撃面でも良い動きでの活躍は素晴らしい。

BKはホックスベイ出身の10番ベックイストが先発で使われだして持ち前のキック力を活かして、地域を取るキックは良かったと思う。判断力も良いものを持っているし、開幕から好調のボーデンを12番に下げてコンビを組ませているがボーデンのランプレイの持ち味を出すには12番でより発揮されるかもしれないが、私の今季の最も注目している選手のハイワード(タラナキ出身で10、12番)がベンチにも入れてもらえないのは残念。

ウイングにはキレのあるランニングをする14番ベンスミスがスペースのあるところでボールを渡したいところ。決定力のあるヴァイニコロはベンチだがサウスアフリカチームはキック攻撃が多い上に上手いキックをするのでキック処理が宜しくないヴァイニコロは先発で起用するのは控えた気がします。

15番のダグは開幕こそ緊張からか持ち味の積極性のあるプレイが見られませんでしたが、試合を重ねるごとに持ち味が出てきてキレのあるランニングを見せてるし、飛距離のあるキックで地域を取るなど安定感も出てきてる気がします。この試合ではキックが多いでしょうしかなり忙しくなりそう。

先週切り札ハバナとキャプテンのマットフィールド(今週も両者欠場)を欠きながらハリケーンズに勝利したブルズの強さは本物か。
唯一全勝のブルズをハイランダーズが黒星をつけれるか??  私は可能だと思う。
予想は今回もかなり願望が入っていますが5点差でハイランダーズ

HIGHLANDERS:
15 Israel Dagg, 14 Ben Smith, 13 Jason Shoemark, 12 Daniel Bowden, 11 Kendrick Lynn,
10 Matthew Berquist, 9 Jimmy Cowan (captain);
8 George Naoupu, 7 Alando Soakai, 6 Adam Thomson, 5 Tom Donnelly, 4 Hayden Triggs,
3 Clint Newland, 2 David Hall, 1 Jamie Mackintosh.
Reserves:
16 Jason Rutledge, 17 Chris King, 18 Josh Bekhuis, 19 Steven Setephano,
20 Sean Romans, 21 Johnny Leota, 22 Fetu'u Vainikolo.


Crusaders v Stormers at Christchurch, 7.35pm
この試合も白熱しそうです、現在下位に居るストーマズですが試合を見てるとそれが信じられないくらい。
2週間前のライオンズ戦では、復帰したバーガーが本来の激しさを取り戻した感じがしてるのでクルセーダーズも苦しみそう。代表に定着した208cmのベッカーは走力もありハンドリングスキルも良いものを持っているのでラインアウト以外でも大活。
BKも良い選手がそろっておりFW戦で有利になればストーマーズ圧勝もあるのでは?と思ってしまいます。

一方のクルセーダーズは怪我人が多く出て4試合勝ち星なしで来ていましたが、ワラターズ相手に敵地で苦戦しながらも勝利したのは大きいか。
特にディフェンスが良かった印象的だった、自陣奥深くからブレットが抜けて走力のあるアイザック・ロスがビックゲインし数人で繋いだトライは素晴らしかった、オージーのコメンテーターもこれぞクルセーダーズと大興奮していたのが印象的だったがクルセーダーズらしい試合だったかも。

今週はようやくケイシー・ラウララが怪我から復帰したのが明るい材料か、開幕から絶好調でトライを取りまくっていたラウララが13番に入れば特に攻撃では前に出る事が出来るので得点チャンスも増えそう、コンビを組むベイトマンは膝の故障で出場が微妙だがこの二人のセンターコンビは見もので、ストーマーズのセンターコンビも良いので面白い対決になりそう。

相変わらずゴールキックに不安が残るクルセーダーズですが、先週トライを防いだナイスタックルをしたコリンスレイドが依然として10番ではなくウイングで使われているのが興味深いところですが、ディフェンスとキックオプションを使えるしウイングでも能力の高さを見せているのが素晴らしいなと思いました、ゴールキックもスレイドが調子を上げていると思うのですが・・・

ブレットは絶好調時と比べるとまだまだですが、大分調子を出してきている感じですしスレイドをウイングに置いておくのも納得できるかな????
ケイド・ポキが怪我から復帰してベンチ入りしていますが、彼が調子を上げてきたらスレイドを10番に戻すのか注目です。

ロックのアイザックロスは持ち前の走力を活かして攻撃に絡むことが多くラインアウトも良いですしレギュラーを取った感じですね、私は今季のオールブラックスの候補にロスを挙げていますがどうでしょう?(ロックの一押しはケーンズのトラッシュですが)
注目はジョージ・ホワイトロックは怪我で7番にナシマヌを入れてきてるのですが、本来はNo8の選手ですからどうでしょう????
相変わらず良い動きを見せているキャプテン代理のリードはこの試合でも良い仕事をしてくれるでしょう。

予想はFW戦でどれだけ有利になれるかに掛かっていると思いますが、クルセーダーズはかなり苦戦しそうな気がします。
ラウララが復帰していきなり活躍できるかも鍵でしょうが・・・ 7点差でストーマーズ

CRUSADERS:
15 Leon MacDonald, 14 Adam Whitelock, 13 Casey Laulala, 12 Tim Bateman/Ryan Crotty,
11 Colin Slade, 10 Stephen Brett, 9 Andy Ellis;
8 Thomas Waldrom, 7 Nasi Manu, 6 Kieran Read (captain), 5 Isaac Ross, 4 Brad Thorn,
3 Bronson Murray, 2 Jason Macdonald, 1 Wyatt Crockett.
Reserves:
16 Dan Perrin, 17 Owen Franks, 18 Michael Paterson, 19 Jonathan Poff,
20 Kahn Fotuali'i, 21 Crotty/Hamish Gard, 22 Kade Poki.

Queensland Reds v Chiefs at Brisbane, 10.05pm
NZの週刊ラグビーマガジンが最も注目するカードに選んだこの試合、私もかなり注目しています。(隠れチーフスファンだから)
先週のブルーズ戦は本当に素晴らしかったチーフス、ELVsではこのような試合展開を望んでいたでしょう。しかしELVsで実際はキックが多くなった感じでルールを変える必要があるのか疑問視されるところですが・・・

ブルーズと因縁の対決と言う感じなのでチーフスは燃えていた、特にオークランド出身のラウアキはブルーズに呼んでもらえずチーフスでドラフトで取られてそのままワイカトに移籍して今ではチーフスに欠かせない選手となりました。
ブルーズ戦でも闘志むき出しにして激しい突進をし何度もゲインしてチャンスを作っていましたが、レッズ戦でもラウアキ等の突進でFWが前に出てブレイクダウンでも有利になり早い展開でボールが出せればチーフスには良いBKが揃っているので再びトライが量産できるでしょう。

ラティマも調子が良いですが、リンクプレイヤーとして素晴らしい動きをするリロを7番に入れればもっと攻撃でテンポを早くできるかと思います。特にラウアキがいればFWが前に出れるのでリロの動きがより活かせるでしょう、リロはラウアキが欠場している時に7番で使われていただけなので・・・

あとスクラムは大分改善しましたが、マックゴーガンを3番に入れていた時が一番安定していたので彼をベンチに下げているのはちょっと疑問です。彼はボールを持ったプレイも良かったですし・・・  
2番にはエリオットが久しぶりに先発で起用されていますがアピールできるでしょうか?

BKは両チームとも良いですがレッズはワラビーズのピーターハインズが欠場は痛いですね。

注目はドナルド、クーパーの10番対決で両者ともロングパス(ちょっとタイプの違う)が得意でクーパーは緩やかな感じでの伸びるパスドナルドは先週ようやく持ち味を出して速くて遠くまで投げれるパスを多く使い決定力のあるウイングにボールを渡そうと意識していたのでチャンスが多く作れていましたが、それまでは不用意なキックが多くて良いBKを活かしきれていなかった気がします。
先週のようなゲームメイクをすればドナルドに今季はABsの10番を任せても良いかなって思えますが・・・今週はどうでしょうか?

ブレンダン・レナード、カフイは文句なしに活躍しますから心配していません。
今季はマサンガが強さも出てきてハンドオフで相手をかわしまくっているのが印象的で、ABsに近づいてきたかなって感じですがハイボールの処理とディフェンスが改善されれば声がかかるかも知れません。

予想はチーフスが有利かなって思っていますが、レッズのホームですからね・・・10点差以上でチーフス
CHIEFS:
15 Mils Muliaina (captain), 14 Lelia Masaga, 13 Richard Kahui, 12 Callum Bruce, 11 Sitiveni Sivivatu,
10 Stephen Donald, 9 Brendon Leonard,
8 Sione Lauaki, 7 Tanerau Latimer, 6 Liam Messam, 5 Kevin O'Neill, 4 Craig Clarke,
3 Ben May, 2 Hikawera Elliot, 1 Sona Taumalolo.
Reserves:
16 Aled de Malmanche, 17 James McGougan, 18 Toby Lynn, 19 Serge Lilo,
20 Toby Morland, 21 Mike Delany, 22 Dwayne Sweeney.

Sharks v ACT Brumbies at Durban,
何年か前にこの両チームの決勝がありましたね、その年は確かNZチームが一つもセミファイナルに残っていませんでした。

レッズに負けわしたものの、私が思うに一番安定感があるチームだと思っているシャークス。
サウスアフリカの持ち味の上手いキックを使った攻撃はNZチームにもう少し見習ってほしいとさえ思ってしまう時があります。それくらいキックのスキルが素晴らしいと言いたいのであって、本心はキック蹴りでは??と言いたくなる時も・・・

シャークスの15番タルブランチの安定感は素晴らしくいつも感心させられます、ああ言う選手がFBに居ると凄い安心です。
そのシャークスはディフェンスが素晴らしく、ターンオーバーから一気にトライをとると言うのが今季沢山見られてそれが試合を決めたりする事もよくある気がします、チャンスできっちりトライを取れるチームかなと。

司令塔のピナールが怪我で欠場した先週のフォース戦でもステインがしっかり穴を埋めていたし層が厚いチームですね。13番ジェイコブスが絶好調でチャンスを作っているのが印象的でピーターセンも好調。
FWパックも素晴らしい、セットピースはもちろんの事、皆が良い仕事をしている、何気に気になっているのが7番(ダニエルかな?)は体は大きくないが良く走りリンクプレイヤーとして良い仕事をしているかなと思っています。

ブランビーズはライオンズにまさかの敗戦ですが、今季のブランビーズは良いのか悪いのか良く解りません。私が思うに10番リアリイファノが昨年から使われ続けていますが、彼がもっとしっかりBKを引っ張ってくれれば良いBKがもっと活きるのになっていつも感じていますが、来年はギタウが復帰するのでリアリイファノは今季が勝負でしょうか。

予想は10点差でシャークス


Lions v Hurricanes at Johannesburg,
ブランビーズから大?金星のライオンズは今季は負け試合でもなかなか良い試合をしている印象です。特に両ウイングに決定力があるのは心強いか、展開ラグビーも出来る今季のライオンズは何気に恐怖かも。

一方のパリケーンズはあれだけ良い選手をそろえながら、なかなか良い勝ち方が出来てませんね・・・
良かったのはクルセーダーズとの試合くらいで後はピリッとしない印象。
先週のブルズ戦はレフリーがカードを出しまくり見ていて面白みに欠けましたが、反則する選手も悪いけどレフリーがもっと選手をコントロールしなくてはいけないかなって思った(カードで脅すのではなく、プレイの中で声をかけて反則を防ぐ)。

相手のシンビンやレッドカードで人数で有利になりながら得点できないのは・・・
逆にトライを奪われたり人数の有利は関係ない試合だった気がします。

この試合でフルバックのコリー・ジェーンが怪我から復帰ですがタマティ・エリソンが絶好調なので15番はそのままエリソンです。
先週危険なタックルをされて目がやばくなっていたコンラッド・スミスは先発に入っていますが大丈夫でしょうか?

ノヌーは今季は激しさが足りない気がしますね、2試合ほどかなり良い時がありましたが、先週の試合では強さが活かしきれてませんでした。

NZで話題になっているのがウィップーが10番で好調の時はABsの10番もいけるのでは?と言われていましたが、劣勢の試合とかになると本職ではないポジションなのでゲームメイクとかがまだまだでしょうか。私はリピアを10番に持って来て9番はウィップーか私の買っているマテゥーソンを競わせればと考えています。リピアの正確なGKとゲームメイクは結構いいと思っているのですが・・・

FWは7番ウォールドロムが怪我でいつも6番に入っていた良い動きをしているカール・ロウが本職の7番にはいり良い仕事をしてくれる気がします。6番にはロウにレギュラーを奪われた感じのレヴァヴェが入りますが、能力のある選手だけに面白いバックローの組み合わせになります。

せっかく怪我から復帰したホアが先週の試合で目を怪我して今週は欠場は痛いか・・・
開幕から2番で先発しているコールズはボールを持ったら走力とハンドリングスキルを活かしていますが
ラインアウトのスローイングは本当に良くないのでこの試合ではスローイングが鍵でしょうか。


予想は正直ケーンズがかなり苦戦すると思います。ライオンズは結構やりますから。
ケーンズのラインアウトがぼろぼろならライオンズの勝利もあるかと思います。
3点差でケーンズ

Hurricanes :
15 Tamati Ellison, 14 Zac Guildford, 13 Conrad Smith, 12 Ma'a Nonu, 11 Hosea Gear,
10 Piri Weepu, 9 Alby Mathewson,
8 Rodney So'oialo (captain), 7 Karl Lowe, 6 Faifili Levave, 5 Jason Eaton, 4 Jeremy Thrush,
3 Tim Fairbrother, 2 Dane Coles, 1 John Schwalger.
Reserves:
16 Ged Robinson, 17 Jacob Ellison, 18 Bryn Evans, 19 Api Naikatini,
20 Willie Ripia, 21 Jason Kawau, 22 Cory Jane
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ラグオ

Author:ラグオ
ラグビーが大好きでラグビー王国ニュージーランドへ。現地のクラブでプレーしニュージーランドラグビーに虜に。それ以来ラグビーシーズンに合わせて日本とNZを何度も行き来して今ではNZに永住。NZラグビー最高です!だからここに来たしこれからも。
趣味は料理、ベイキング、写真など・・・致命傷の怪我でラグビーがやれなくなってからベイキングを始め今では一番の趣味かも。試食したい方はどうぞ(笑)
近い将来再びグラウンドに立てるまでリハビリがてらブログを書いています。心身共に調子が良くないので時々弱気な発言があるかと思いますが許してください。
ラグビー大好きなら大満足出来るそんなラグビー王国から呟いています。ラグビーについて色々語りましょう。

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリー
ブログランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ
↑ランキングに参加中
↓クリックお願い致します


ラグビー ブログランキングへ
RSSフィード
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

オールブラックス ニュージーランド Rugby ラグビー AllBlacks NewZealand Super14 ラグビーワールドカップ スーパー14 ワラビーズ スプリングボクス ブルーズ クルセーダーズ スーパーラグビー Zealand New NZ チーフス ジュニアオールブラックス Blacks All Springboks カンタベリー オークランド ウエールズ ハカ Air Cup アイルランド イングランド ホックスベイ カナダ ジェリーコリンズ フランス サモア Wallabies AirNZCup ダンカーター スコットランド ウエリントン ダグハウレット タナウマガ ハリケーンズ 日本 ストーマーズ ハイランダーズ セブンス ABs Auckland ワイカト タラナキ トップリーグ ハイネケンカップ ブルズ トンガ Australia イタリア Canterbury トライネーションズ Nations SouthAfrica ワラタス SBW ボクシング マオリ サウスアフリカ マンスター ノヌー モセトゥイアリイ Pacific ANZC ブランビーズ ロビーディーンズ スパーラグビー ベッカム キウイ ルークマカリスター AirNewZealandCup シャークス ラグビーチャンネル マフィン ジュニア イーデンパーク ランフリーシールド Premiership England シオネラウアキ オーストラリア ダニーデン トライ ワールドカップ エアニュージーランドカップ ブリディズローカップ ジョニーウィルキンソン トニーブラウン ラグビートニーブラウン ハミルトン スクラム ジャスティンマーシャル オールブラッククス 日本代表 クリスジャック ネットボール 箕内 クリスジャク リコギア リコ・ギア パシフィックネーションズ apan フィジー シオネラウア キースロビンソン リッチーマコウ アリウイリアムズ 海外ラグビー スパー14 Blues ニックエヴァンス サニックス Wellington グレックサマヴィル NZマオリ ダン・カーター サウスランド Waikato W杯 Scotland Ranfurly PACIFIC Shield Six Tonga Supre14 ウェールズ アルゼンチン ロールケーキ デザート サニービルウイリアムズ コスプレ ホワイトロック ドナルド カフイ チョコレート 癒し チータース ライオンズ フォース レッズ バレンタインデー ケーキ ベイキング Otago NorthHarbour シックスネーションズ ジェイソンイートン Super14 ジェーソンイートン クライストチャーチ クラシックオールブラックス Newzealand ABs ジョナロムー シドニー サッカー 派閥 ルーベンソーン ヤマハ アーロンメイジャー ヘンリー 日本代表J AB JonahLomu Jonah Japan Jrオールブラックス Junior Lomu KapaOPango ISLANDERS Guinness Argentina AllBlacksスーパー14 BLUES Bluse France Fiji 妊娠 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。