スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパー14セミファイナル プレビュー

いよいよ今夜がセミファイナル、最後の最後まで順位が解らなかった。

まず苦戦しながらも最後は相手のミスキックにも助けられてチーフスが10-7(ブランビーズ)で逃げ切りこの時点で45P首位になりました。

次はライオンズ対ワラターズの試合で予想に反してワラターズが4トライをあっさり取って試合有利に進めましたが、点の取り合いになると今年のライオンズはしぶとく、終盤に猛烈に追い上げ終了間際に逆転のトライか?
と思ったら、レフリーがフォワードパスの判定で観客はブーイング、リプレイで見てもOKかなって言えるくらいでしたが、上から見れば少しだけ前でした、南アのレフリーだったので地元贔屓で取らなくても許されたのではないでしょうか。
結局その判定がワラターズを救ってこの時点でワラターズは41Pでチーフス、ブルズに次いで3位になりました。

私も見に行った試合でもあるブルーズ対クルセーダーズ、観客は21000人とブルーズの消化試合だったけど結構入ったなって思いました。クルセーダーズファンが結構いましたが、可能性があるので応援しない訳にはいけないと言うことでしょうか。
C
かなり固い試合でトライを取りに行くと言うよりクルセはPGを積極的に狙って来ていたのにはちょっと意外でした。(ボーナスポイントを取って勝たないと、後の試合の結果によっては4位になれない可能性もあったので)
TMOの判定でクルセはトライを取ってもらえず、逆に同じパターンでブルーズはトライを認められたりと
逆転を許してしまったクルセーダーズでしたが、終盤に敵陣深くまで攻め最後はブレットが蹴るかと思ったDGでしたがずーと待っていたのは数試合貴重なGKを決めている大ベテランのマクドナルド、そして見事に決めました。
マクドナルドの近くにブレットが立っていたのですが、なんだかブレットの立場がありませんね。。。寂しそうに見えたのは気のせい??
このブルーズに勝利した時点で(1位チーフス45P、2位ブルズ42P、3位クルセ41P,4位ワラターズ41P)
B
試合後子供たちにサインを書きながら、エリスとゴッパーズが真剣にクルセは4位確定かどうかの話を長く話していました。(ゴッパーズ―4位以内決まり? エリス―いやケーンズが勝ってシャークスがボーナスポイントを取って勝ったら・・・)まじ真剣に言ってました。
I
両親ともラグビーの代表でABs入に入ると思われるアイザックロスむちゃくちゃ良い男でした、ドキッとしましたね(笑)写真ボケましたね・・・左に少しだけ写っているのは、元ABs、ブルーズのパワフルハーフバックのオフィサ・ジュニア・トヌウです。家族で観に来られていました。


次にレッズ対ハリケーンズの試合はあっさり4トライを取って余裕の勝利かと思われたケーンズでしたがレッズも意地を見せて以外にもつれましたがケーンズが5P獲得しての勝利で44Pとなりこの時点で2位に食い込んできました。

そして最後にボーナスポイントを取って勝てばの条件でまだ可能性が残されているシャークスと負けても4位以内は確定しているブルズの南ア同士の見ごたえのある試合が待っていました。

シャークスが80分でボーナスポイントとなる4トライ目を決め、急いでコンバージョンをDGで決めて27-26の一点差に迫りロスタイムはどれくらい見るのかなって思ってたら、レフリーが笛を吹いてブルズが一位通過を決めました。

もしシャークスがこのあと逆転してかっていたら、4トライも取ってるしポイントでクルセーダーズと並び得失点差ではシャークスが上回りクルセーダーズは4位に食い込めなかったと言う事になっていただけにクルセはブルズに感謝ですね~

そのシャークスは、トライチャンスでトライを取り損ねたりしたのが痛かったですね、でも素晴らしい繋ぎで取ったトライもあり最高に見ごたえのある試合でした。シャークスはシーズン終盤に疲れが見えだしていましたし、怪我人が出たのも痛かったか。

と言う事で最終順位は1位ブルズ46P、2位チーフス45P、3位ケーンズ44P、4位クルセーダーズ41P・・・5位ワラターズ41P(得失点差でクルセに4点足らず)
ちなみに1位のブルズは10勝でチーフス、ケーンズは9勝、5位のワラターズも9勝、しかし4位のクルセは8勝ですがワラターズより順位が上ですからいかにボーナスポイントが大事かと言う事になります、ワラターズはBPがわずか5とリーグで下から2番目、クルセーダーズのBPは7
一番多いのはブルーズで12Pとむちゃくちゃ多いですね、ブルーズは勝ち数は多くなくても最後の方まで4位以内に食い込めそうだったのもBPが多かったから。
NZで話題なのはBPが必要かどうかというのがあがっています。


さて今夜はセミファイナル第1試合のチーフスvsハリケーンズ@ハミルトンで2週間前にやったばかりのカードです。その試合ではドナルドが全得点を稼ぎだし16-8とチーフスが勝利(ドナルドは先週のブランビーズ戦でもトライを含む全得点)、しかしその時のメンバーからカフイが居ないのはかなり痛いです。(先週の試合もふくらはぎの怪我でで出ていません)

それにプラスしてプロップのベンメイも膝の怪我でセミファイナルを欠場、プラス先週復帰したばっかりのブレンダンレナードもハムストリングを痛めて1ヶ月くらいは駄目のようで欠場と3人の主力を怪我で欠くのは2週間前とは条件が違います。

ベンメイの代わりには3番マッグーガンが入り1番はタウマロロで十分やっていけそうですが、カフイの存在感のカバーはいくら好調のスイニーと言えども荷が重すぎます、それなりにはやってくれるでしょうが、ここ一番でのプレイはカフイは格別です。スイニーは今週インタビュー攻撃でした。
先週のブランビーズ戦でもなかなか攻めれなかったのもカフイが居なかったのもあるでしょうし、ディフェンスでもそうです、ああ言う競った試合ではカフイのような選手が抜けた穴は大きいと良く解ります。

ケーンズの12、13番がオールブラックスのセンターコンビですし、カフイの居ないチーフスのセンターコンビは対抗できるかが鍵でしょうか。

ブレンダンレナードが居ると居ないとでも相手に与えるプレッシャーも大分違うと思います、しかし2週前はモーランドが良くやっていましたし今夜もモーランドの活躍に期待しましょう、劣勢になったらブレンダンのように前に出れる選手がいると心強いです、ディフェンスも良いですしね。

気になるのは、先週のブランビーズ戦で私が警戒していたブレイクダウンでかなりタンオーバーされた事が点数を加算できなかった要因でしょうか。
ブレイクダウンで一人目がまず遅くジョージスミスに絡まれまくっていました、キープしたとしてもラックに入る人数が少ないせいかボールの出が悪くリズムが掴めていなかった気がします、今週もそのブレイクダウンで劣勢だとかなり厳しいでしょう。

安定しだしたと思っていたチーフスのセットピースがまた少し・・・スクラムはキャップ保持者が並ぶケーンズの一列相手ですからしっかり組まないとやられますね。
でもそのケーンズもレッズ相手に結構苦戦?していた感じもしないでも。

ケーンズはここ数試合6番で起用されだしたヴィクターヴィトがダイナミックなランニングを見せてトライをアシストしたりと活躍するようになってきたのが大きいですね、ようやく15人制にも馴染んで来たのかなって感じですが今夜はどうでしょうか。

心配なのは練習中に肘を怪我したジェレミートラッシュですがかれの走力に突破力もこの試合には欠かせないでしょう。もし駄目ならラインアウトの良いエヴァンスが先発になるでしょうか。

2週間前と同じように激しい試合になるのは間違いないでしょうが、メンバー的に見ても怪我人を多く出したチーフスが不利でしょうか。それにケーンズはシーズンに2回も(プレシーズンも負けてるから3回になりますね)負ける事は出来ないですね。

チーフスは先週キック処理で何度ももたついた(ここ数試合酷いですが・・・)No8ラウアキとウイングのマサンガのキック処理が良い事とこの二人が爆発してくれれば勝機が見えてくるかも知れません・・・その前にセットピースとブレイクダウンですが・・・

そのラウアキ、ある日本のチームから猛烈なオファーが来ていて契約が決まりそうだったとかでもオールブラックスにまだなりたいので、契約はしていないようですが、もうすぐ発表になりメンバーから外れたら日本行きもあるかも知れませんね。

ケーンズは2週前からゴールキックが調子が悪くなった今回も10番に入っているリピアのGKが鍵になりそうです。もちろんチーフスのドナルドのGKもですが、ドナルドが今週も活躍するか?

普通にやればケーンズが10点差くらいつけて勝利と予想ですが、チーフスも怪我人の代わりの選手が活躍してくれれば・・・ チーフス勝ってくれ~~~~ 
2番Aled de Malmancheのスローイン頼むぞ~~彼はベンチプレス200KGとNZで一番力持ち 私は150KGですから50KGも上でびっくり!!

CHIEFS:
15 Mils Muliaina (capt), 14 Lelia Masaga, 13 Dwayne Sweeney, 12 Callum Bruce,
11 Sitiveni Sivivatu, 10 Stephen Donald, 9 Toby Morland;
8 Sione Lauaki, 7 Tanerau Latimer, 6 Liam Messam, 5 Kevin O'Neill, 4 Craig Clarke,
3 James McGougan, 2 Aled de Malmanche, 1 Sona Taumalolo.
Reserves:
16 Hika Elliot, 17 Joe Savage, 18 Toby Lynn, 19 Serge Lilo,
20 Brett Goodin, 21 Mike Delany, 22 Sosene Anesi.

HURRICANES:
15 Cory Jane, 14 Tamati Ellison, 13 Conrad Smith, 12 Ma'a Nonu, 11 David Smith,
10 Willie Ripia, 9 Piri Weepu;
8 Rodney So'oialo (capt), 7 Scott Waldrom, 6 Victor Vito, 5 Jason Eaton, 4 Jeremy Thrush,
3 Neemia Tialata, 2 Andrew Hore, 1 John Schwalger.
Reserves:
16 Ged Robinson, 17 Jacob Ellison, 18 Bryn Evans, 19 Karl Lowe,
20 Alby Mathewson, 21 Jason Kawau, 22 Zac Guilford.

Referee: Stu Dickinson (Aus).
第2試合はブルズvsクルセーダーズと1位で通過したブルズで地元でやれると言っても、クルセとやるのは嫌でしょうね。先週は2枚のイエローカードをもらいながらも安定感のある内容でシャークスに勝ったブルズの強さは本物です。

10番のモルネステインのゴールキック、DGだけでなく地域を取るキックや正確に落とすハイパントは素晴らしいの一言、ここ数試合はそれが際立って勝利に貢献してリーグ1位で通過する事が出来たと言っても良いと思います。彼は今年ボクスの10番でしょうね。

それに加えて12番オリフィエも絶好調ですし、13番のネルも素晴らしい活躍がありFWだけでなくBKも素晴らしいです。しかし先週の試合でネルは危険なタックルで3試合出場停止になりったのは痛手か、それにオリフィエも先週退場してるし一応先発に入っていますが、万全かどうかわからないのでBKが少し手薄になっていると思われます。
追加(オリフィエは欠場となりました)

この少し手薄になったのがクルセにとっては少しラッキーか?? しかも先週欠場のソーンも復帰ですし。そのソーンが居なかったブルーズ戦はFWが迫力不足だった感じがしてなりませんが復帰でスクラムも安定するでしょうし・・・もう一人ベンフランクスがリザーブですが怪我から戻って来たのも大きいです。

敵地だしメンバー的に見てもクルセ劣勢は変わりませんが、復帰してきた選手もいるしなんと言ってもスーパーラグビーの歴史で一番成功しているチームで勝ち方を知っているだけにトーナメントに入って更に力を出してくると思うし、今季いちばんディフェンスが良いチームなので点を取らせなければ勝てるので、不利な予想でも勝てない事はないと思います。

メンバーも揃ってきたし(ケイシーラウララの突破役がBKに居ないのは痛いですが)守りきって
ブレットではなくマクドナルドのGKで点を取り何とか勝利して欲しいです。

でも接戦になればブルズの10番モネステインの確実なDG(しかも距離もでる)があるのでとにかく陣地を取っていかないと厳しいでしょうか、あとキックが多いと思うのでウイングFBのキック処理も確実に。
ブルズのカウンターが怖いのでブレットの地域を取るキックをしっかりしないとやられるのでブレット次第でしょうか。

予想はこれもかなり厳しい試合になりそうです・・・ ブルズが有利でしょうが、3点差でクルセ(え?マジで?)
ニュージーランドのレフリーがチーフス対ケーンズを吹けばいいのにこの試合をNZのレフリーにしてるけどかなりプレッシャー掛かりそうですね、南アだから余計に。

BULLS:
15 Zane Kirchner,14 Akona Ndungane,13 Jaco Pretorius,12 Wynand Olivier,
11 Bryan Habana,10 Morne Steyn,9 Fourie du Preez,
8 Pierre Spies,7 Dewald Potgieter,6 Deon Stegmann,5 Victor Matfield (captain),4 Bakkies Botha,
3 Werner Kruger,2 Derick Kuun,1 Gurthro Steenkamp.
Reserves:
16 Chiliboy Ralepelle,17 Rayno Gerber,18 Danie Rossouw,19 Pedrie Wannenburg,
20 Heini Adams,21 Burton Francis,22 Gerhard van den Heever.

CRUSADERS:
15 Leon MacDonald, 14 Jared Payne, 13 Tim Bateman, 12 Ryan Crotty,
11 Adam Whitelock, 10 Stephen Brett, 9 Andy Ellis / Kahn Fotuali'i,
8 Thomas Waldrom, 7 Richie McCaw (c), 6 Kieran Read, 5 Isaac Ross, 4 Brad Thorn,
3 Owen Franks, 2 Jason Macdonald, 1 Wyatt Crockett.
Reserves:
16 Daniel Perrin, 17 Ben Franks, 18 Michael Paterson, 19 George Whitelock,
20 Fotuali'i / Tyson Keats, 21 Colin Slade, 22 Hamish Gard.

Referee: Bryce Lawrence(NZ)




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

Canes...

僕のCanesが。。。

NZの友達の話によるとRipiaの出来が。。。だったとかで友達はRipiaはBig Gameで活躍するorプレイする準備が出来てないって言ってましたがどうなんでしょう?

セミの話はラグオさんがレビューを書いてからにしましょうか。

ラウアキが日本に???
ソイアロさえ吹っ飛ばすあの力、
日本人にあんなタックルやハンドオフされたら。。。

そうですか、ラグオさんはアイザックがタイプですか。
あたしとはタイプが違うみたいで安心しました。
(今後、奪い合いになることはないでしょう)
でも、声と笑い方がちょっと可笑しくないですか?(笑)
最近、子供番組でタレントデビューして!?さらに人気がでるかな??
プライベートで見かける時はいつも子供を連れてて、
すごく良いお父さんなんだと思います。
あたしのGPが知り合いだし、
Timmyちゃんに頼んで紹介してもらいましょうか??(笑)

NOKOさん>
リピアの出来はここ数試合良くなかったですし、新しいレビューでも書きましたがセミファイナルでも良くありませんでしたね。

確かに大一番での試合に慣れていないのは少なからずあるでしょうね、でも今季リピアが10番に入ってからケーンズが良くなってきてたし、経験を積めばもっと良くなると思います。


ゆうこさん>
ラウアキは今季ABsから漏れると思うので日本行きの話が再び持ち上がるかもしれませんが、日本に行ったら彼は怠けて太って走れなくなりそう。。。

アイザックは私が直接見た中でもかなり良い男だと思います、でも今までではシャノン・パクが一番かな?
声は可笑しいですか? 例のハスキー??が一番なんでしょうね(笑)
紹介は遠慮しておきます、紹介ならやっぱり女性の方が嬉しいな~(笑)って何の話をしてるんでしょうか。

クルセ勝ってくれないから今週はハミルトンいけなくなりました(泣)
プロフィール

ラグオ

Author:ラグオ
ラグビーが大好きでラグビー王国ニュージーランドへ。現地のクラブでプレーしニュージーランドラグビーに虜に。それ以来ラグビーシーズンに合わせて日本とNZを何度も行き来して今ではNZに永住。NZラグビー最高です!だからここに来たしこれからも。
趣味は料理、ベイキング、写真など・・・致命傷の怪我でラグビーがやれなくなってからベイキングを始め今では一番の趣味かも。試食したい方はどうぞ(笑)
近い将来再びグラウンドに立てるまでリハビリがてらブログを書いています。心身共に調子が良くないので時々弱気な発言があるかと思いますが許してください。
ラグビー大好きなら大満足出来るそんなラグビー王国から呟いています。ラグビーについて色々語りましょう。

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリー
ブログランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ
↑ランキングに参加中
↓クリックお願い致します


ラグビー ブログランキングへ
RSSフィード
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

オールブラックス ニュージーランド Rugby ラグビー AllBlacks NewZealand Super14 ラグビーワールドカップ スーパー14 ワラビーズ スプリングボクス ブルーズ クルセーダーズ スーパーラグビー Zealand New NZ チーフス ジュニアオールブラックス Blacks All Springboks カンタベリー オークランド ウエールズ ハカ Air Cup アイルランド イングランド ホックスベイ カナダ ジェリーコリンズ フランス サモア Wallabies AirNZCup ダンカーター スコットランド ウエリントン ダグハウレット タナウマガ ハリケーンズ 日本 ストーマーズ ハイランダーズ セブンス ABs Auckland ワイカト タラナキ トップリーグ ハイネケンカップ ブルズ トンガ Australia イタリア Canterbury トライネーションズ Nations SouthAfrica ワラタス SBW ボクシング マオリ サウスアフリカ マンスター ノヌー モセトゥイアリイ Pacific ANZC ブランビーズ ロビーディーンズ スパーラグビー ベッカム キウイ ルークマカリスター AirNewZealandCup シャークス ラグビーチャンネル マフィン ジュニア イーデンパーク ランフリーシールド Premiership England シオネラウアキ オーストラリア ダニーデン トライ ワールドカップ エアニュージーランドカップ ブリディズローカップ ジョニーウィルキンソン トニーブラウン ラグビートニーブラウン ハミルトン スクラム ジャスティンマーシャル オールブラッククス 日本代表 クリスジャック ネットボール 箕内 クリスジャク リコギア リコ・ギア パシフィックネーションズ apan フィジー シオネラウア キースロビンソン リッチーマコウ アリウイリアムズ 海外ラグビー スパー14 Blues ニックエヴァンス サニックス Wellington グレックサマヴィル NZマオリ ダン・カーター サウスランド Waikato W杯 Scotland Ranfurly PACIFIC Shield Six Tonga Supre14 ウェールズ アルゼンチン ロールケーキ デザート サニービルウイリアムズ コスプレ ホワイトロック ドナルド カフイ チョコレート 癒し チータース ライオンズ フォース レッズ バレンタインデー ケーキ ベイキング Otago NorthHarbour シックスネーションズ ジェイソンイートン Super14 ジェーソンイートン クライストチャーチ クラシックオールブラックス Newzealand ABs ジョナロムー シドニー サッカー 派閥 ルーベンソーン ヤマハ アーロンメイジャー ヘンリー 日本代表J AB JonahLomu Jonah Japan Jrオールブラックス Junior Lomu KapaOPango ISLANDERS Guinness Argentina AllBlacksスーパー14 BLUES Bluse France Fiji 妊娠 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。