スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週もテストマッチが盛りだくさん。

以前の記事でライオンズが勝つなら初戦しかないと書きましたが、その初戦を最後はかなり追い上げましたが勝つことが出来なかったライオンズ、センターコンビはラインブレイクをするなど明るい材料を見せてくれましたが、スクラムは酷かったですね。

かなり追い上げたと言っても、ボクスが60分くらいだったと思いますが、力の差があると見て選手を早めに代えたことがライオンズの追い上げを食らう羽目にはりました、それにスクラムでやられまくった3番を代えてからスクラムも安定しだしたのが追い上げれるきっかけになりました。
一度ベンチに退いたスミットが一列に怪我人が出たのでフィールドに戻りボクスが持ち直した感じもしないでも、ちょっと選手交代に関しては早すぎましたね。

点数差は少なかったですが、力の差は結構ある感じがします。

第一テストの数日後にEmerging Springboksと13-13の引き分けの試合は残り一分でEmerging Springboksがトライをして角度のあるコンバージョンを決めて同点で試合終了。Emerging Springboksはまるで勝ったかのように喜んでいました。

スーパー14で活躍した選手が何人かいた若手中心のメンバーだったEmerging Springboksですがノンキャップで構成されているチームだったのに引き分けに終わるとは・・・
途中ウエリントンで行われたオールブラックスvsフランスのような悪天の中でヒョウが降ったりもしましたが、第一テストでスクラムで散々だったビッカリーが途中で起用されその崩れたスクラムの反則がEmerging Springboks側が悪いとされていましたが、この判定がライオンズに取られていたらライオンズが負けていましたね。それに最後にコンバージョンを決めた選手が途中のPGの時に蹴らずにローズが外していましたし、後半はEmerging Springboksが完全に押していました、ベンチにいる選手を始めから使っていたら勝っていた試合だと思います。

2戦目のメンバーは以下ですが、令の番はベンチにも入れてもらえません、ウエールズの一列で固めたのが興味深いですが、セットプレイは先週よりは安定するでしょうか。ライオンズの両センターしかチャンスを掴むことしか出来ない感じなので、FWが頑張ってBKに良いボールを渡せばそこそこ面白い試合になるかも。

ボクスは1戦目の反省を活かしてリザーブ選手を早めに投入するのは控えるでしょう、そうすれば負けることはないと思います、1戦目で勝てなかったライオンズに勝ち目はないとみています。
心配していた10番ピナールも素晴らしいキッキングゲームを見せてくれたし、15番のステインもすごいキック力だし地域を簡単に挽回できるのは強みですね、ラインアウトも素晴らしいしもちろんスクラムも良いし今のボクスに死角はないと言う感じでしょうか、おまけに層も厚いし。。。

South Africa
15-Francois Steyn, 14-JP Pietersen, 13-Adrian Jacobs, 12-Jean de Villiers,
11-Bryan Habana, 10-Ruan Pienaar, 9-Fourie du Preez,
8-Pierre Spies, 7-Juan Smith, 6-Schalk Burger, 5-Victor Matfield, 4-Bakkies Botha,
3-John Smit, 2-Bismarck du Plessis, 1-Tendai Mtawarira.
Replacements:
16-Chiliboy Ralepelle, 17-Deon Carstens, 18-Andries Bekker, 19-Danie Rossouw,
20-Heinrich Brussow, 21-Jaque Fourie, 22-Morne Steyn.

British & Irish Lions
15. Rob Kearney (Leinster / Ireland),14. Tommy Bowe (Ospreys / Ireland)
13. Brian O'Driscoll (Leinster / Ireland) ,12. Jamie Roberts (Cardiff Blues / Wales)
11. Luke Fitzgerald (Leinster / Ireland) ,10. Stephen Jones (Scarlets / Wales)
9. Mike Phillips (Ospreys / Wales) ,8. Jamie Heaslip (Leinster / Ireland)
7. David Wallace (Munster / Ireland) ,6. Tom Croft (Leicester Tigers / England)
5. Paul O'Connell (Munster / Ireland) – Captain ,4. Simon Shaw (London Wasps / England)
3. Adam Jones (Ospreys / Wales) ,2. Matthew Rees (Scarlets / Wales)
1. Gethin Jenkins (Cardiff Blues/Wales)
Replacements:
16. Ross Ford (Edinburgh / Scotland) ,17. Andrew Sheridan (Sale Sharks /England)
18. Alun Wyn Jones (Ospreys / Wales) ,19. Martyn Williams (Cardiff Blues/Wales)
20. Harry Ellis (Leicester Tigers/England) ,21. Ronan O'Gara (Munster/Ireland)
22. Shane Williams (Ospreys / Wales)
その他のテストマッチではワラビーズvsフランスがむちゃくちゃ面白そうです、ワラビーズは格下イタリアに2戦目はメンバーをかなり落としても余裕で勝利していたし、1戦目はヤングスターのオコーナーが上手さだけでなく強さも見せつけた試合でもありましたが、あの天性のフットワークは素晴らしいに尽きます、これから経験を積めばもっとすごい選手になると思うと恐ろしくなります。

オールブラックスvsイタリアはいまいち盛り上がりに欠けていますね、チャーチの人は観戦に行かないし寂しい観客数になりそうです。
ここ数週間話題の中心になっている「ABsが試合前の国家を歌わない」という事ですが、歌うべきと言う人もいれば、その逆やその他色々な意見が挙がっています。
私個人的には、選手が歌いたければ歌えばいいし、人によって試合前の気持ちの高め方は違うので強制するべきではないと思っています。
しかしフランス、イタリア、オーストラリア、サウスアフリカ等他の国は歌っている国もあり見ていて気持ちが良いと思うのもありますが、やっぱり個人に任せるべきでしょう。
NZ国民の中には、歌がかっこ悪いとか(くらいとかの意見も)いろいろ言っている人もいますが、私は凄いいい歌だと思うし、テストマッチではスタジアムでマオリバージョンも、英語バージョンも歌っています。
ABsは国家は歌わないけど(歌っている人もいますが)ハカはしっかりやっているので、それも可笑しいとかの声も挙がっていると思います。歌わないならハカもやるなとか・・・ハカは試合に勝った時だけやるとか(セブンスがトーナメントに勝ったら表彰式の後にやっています)

皆さんは国家についてどう思いますか? 日本もあまりというか殆ど歌ってませんよね?でも今日のトンガ戦では歌っている選手が多かった気がします。私が思うにもう少し明るい感じだったら歌いやすいかなって思っています(昔、日米野球で女性の歌手がかっこよく歌っていたのが印象に残っています)。

ちなみに今夜のABsは国家でメディアや国民がぶつぶつ言っているので、ヘンリー氏やムリアイナがメディアの前で「選手たちに歌おうと話し合う」と言っていたので皆が歌うと思います。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

国家

NZ国歌はいつもマオリ語の次に英語で歌われる点がとても好きです。
W杯の時に、イタリアだったかな?ヨーロッパの陽気な国の代表達が、
とっても誇り高そうに、とっても嬉しそうに
音程を外していようと気にせず大合唱していたのがとても好印象でした。

君が代は大合唱に合わないですよね、ちょっと盛り上がりに欠ける…。

ひつじさん>
マオリ語も良いですよね、ひつじさんはバーで見る時に歌ってますか?(笑)

イタリアとかヨーロッパの人たちは凄く大きな声で歌ってみていて気持ちが良いですね。

確かに君が代は合わないですね、逆に盛り下がるかも。。。こんなこと書いたらいけませんね。。。
プロフィール

ラグオ

Author:ラグオ
ラグビーが大好きでラグビー王国ニュージーランドへ。現地のクラブでプレーしニュージーランドラグビーに虜に。それ以来ラグビーシーズンに合わせて日本とNZを何度も行き来して今ではNZに永住。NZラグビー最高です!だからここに来たしこれからも。
趣味は料理、ベイキング、写真など・・・致命傷の怪我でラグビーがやれなくなってからベイキングを始め今では一番の趣味かも。試食したい方はどうぞ(笑)
近い将来再びグラウンドに立てるまでリハビリがてらブログを書いています。心身共に調子が良くないので時々弱気な発言があるかと思いますが許してください。
ラグビー大好きなら大満足出来るそんなラグビー王国から呟いています。ラグビーについて色々語りましょう。

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリー
ブログランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ
↑ランキングに参加中
↓クリックお願い致します


ラグビー ブログランキングへ
RSSフィード
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

オールブラックス ニュージーランド Rugby ラグビー AllBlacks NewZealand Super14 ラグビーワールドカップ スーパー14 ワラビーズ スプリングボクス ブルーズ クルセーダーズ スーパーラグビー Zealand New NZ チーフス ジュニアオールブラックス Blacks All Springboks カンタベリー オークランド ウエールズ ハカ Air Cup アイルランド イングランド ホックスベイ カナダ ジェリーコリンズ フランス サモア Wallabies AirNZCup ダンカーター スコットランド ウエリントン ダグハウレット タナウマガ ハリケーンズ 日本 ストーマーズ ハイランダーズ セブンス ABs Auckland ワイカト タラナキ トップリーグ ハイネケンカップ ブルズ トンガ Australia イタリア Canterbury トライネーションズ Nations SouthAfrica ワラタス SBW ボクシング マオリ サウスアフリカ マンスター ノヌー モセトゥイアリイ Pacific ANZC ブランビーズ ロビーディーンズ スパーラグビー ベッカム キウイ ルークマカリスター AirNewZealandCup シャークス ラグビーチャンネル マフィン ジュニア イーデンパーク ランフリーシールド Premiership England シオネラウアキ オーストラリア ダニーデン トライ ワールドカップ エアニュージーランドカップ ブリディズローカップ ジョニーウィルキンソン トニーブラウン ラグビートニーブラウン ハミルトン スクラム ジャスティンマーシャル オールブラッククス 日本代表 クリスジャック ネットボール 箕内 クリスジャク リコギア リコ・ギア パシフィックネーションズ apan フィジー シオネラウア キースロビンソン リッチーマコウ アリウイリアムズ 海外ラグビー スパー14 Blues ニックエヴァンス サニックス Wellington グレックサマヴィル NZマオリ ダン・カーター サウスランド Waikato W杯 Scotland Ranfurly PACIFIC Shield Six Tonga Supre14 ウェールズ アルゼンチン ロールケーキ デザート サニービルウイリアムズ コスプレ ホワイトロック ドナルド カフイ チョコレート 癒し チータース ライオンズ フォース レッズ バレンタインデー ケーキ ベイキング Otago NorthHarbour シックスネーションズ ジェイソンイートン Super14 ジェーソンイートン クライストチャーチ クラシックオールブラックス Newzealand ABs ジョナロムー シドニー サッカー 派閥 ルーベンソーン ヤマハ アーロンメイジャー ヘンリー 日本代表J AB JonahLomu Jonah Japan Jrオールブラックス Junior Lomu KapaOPango ISLANDERS Guinness Argentina AllBlacksスーパー14 BLUES Bluse France Fiji 妊娠 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。