スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボクスに3連敗&ドネリーABsデビュー

AB
後半20分からオールブラックスの反撃が始まり最後の最後までもつれた凄い試合でした。(もっと早くからエンジンをかけれなかったのかと言いたくなりますが・・・
AB
ハミルトンにあるワイカトスタジアムは通常25,000人収容ですが、臨時席を設けて31,000人収容されいつも以上にあついワイカトスタジアムでした。スプリングボクス戦を生観戦するのは2001年のイーデンパーク以来で2回目になります。
AB
試合前のセレモニーは2007年に行われたテストマッチ対カナダ戦の時と同じように沢山の花火があがり観客も大喜び、花火の締めとしてフィールド内で火薬が大爆発して燃え上がり観客席にいた私の顔は火傷するかと思ったくらいの迫力満点のセレモニーに思わず興奮しました。
AB
スプリングボクスが入場するとともに沢山居たスプリングボクスファンの大歓声続いてオールブラックスが入場するとさらに盛り上がりスタジアムの熱気は最高潮に達した。
AB
サウスアフリカの国家は元ABsのピタ・アラティニの奥さん(確かサウスアフリカの人)が歌っていましたが、ピタが現役の時にボクスと対戦する時はどっちを応援していたのか気になります。そういえば2001年の私が観戦したボクス戦の時はピタがトライしてました。
AB
ウィップー、そして時々指揮していたメアラムも怪我で居ないと言う事でキャプテンのリッチーマコウが先週に続いてハカの指揮をしましたがこれで3回目かな?

キックオフ早々ボクスがオブストラクションを取られてカーターのPGでABsが先制、しかしその後から後半20分までは完全なボクスペースと言うより、ABsのミスがこの試合でも連発してサウスアフリカで行われた過去2戦と同じような展開でABsファンは私も含めて勝てるとは持っていなかったでしょう。
特にラインアウトはマイボールの殆どを取られるかノットストレート又はオーバースローと相変わらず酷いものでした。プレビューでも書いたようにラインアウトは期待していないなかったですが、有利になると思われていたスクラムまで劣勢となりセットピースで有利に立てないとなるとますます勝ち目はないと思えてきました。
AB
前半の失点は不用意なオフサイド(シヴィヴァトゥー)からF.ステインのびっくり60MのPG。
ラインアウトのミスからボールを取られハイパントをジョーロコがキープできずその後のこぼれ球の処理はボクスが取りFWでゴール前に行かれて最後はデゥプレアーのトライ。
ドナルドのパイパントが真上に上がりその後ペナルィーを取られてF.ステインの50Mを超えるPG。
スピースのノックオンで笛が鳴った後にハバナにショルダーチャージをしたキラン・リードがペナルティーを取られてPGを決められるなど不用意な反則やミスからの失点が殆ど。
ジョーロコのパイパントが取れなかったのはデゥプレアーのキックが上手いのと彼のプレッシャーが素晴らしかったので仕方がないとは言えその後のカバーがしっかりされていないのが・・・

ハーフタイムの時にピタ・アラティニの奥さんを含めた女性3人が歌を歌って盛り上げようとしていましたが、いつもなら観客も歌いだす筈の観客がABsの出来が悪く勝ち目がないと思ったのか乗りは非常に悪かったのが印象的でした。
前半で9-22と13点差でしかもノートライと4トライのボーナスポイントはとても無理だし勝ち目がない内容で観客が静まるのも解る気がします。

後半に入っても相変わらずミスが続き展開を試みるもハンドリングエラーが多く全然攻めれません。ノヌーは良いゲインはするもののコンタクトをした時にボールを落とす事が多くチャンスを潰していましたが4回ほどあったのが痛かったか。

カーター、ドナルド、ノヌーのBKラインのコンビネーションが機能していなかったのでトエアヴァを50分過ぎに投入しましたが、私が思うに前半で全然機能していなかったので遅くても後半頭から流れを変えるために交代すべきだったかと思いました。

そのトエアヴァを投入した直後にカーターのパスがまさかのインターセプトをされスタジアム全体が悲鳴に変わり12-29と52分でこの差はきつい・・・・・・・その追い打ちをかけるかのように、何でもないパスをリッチーがノックオンした時にはスタジアムに巨大な溜息が・・・リッチーまで・・・とファンもあきらめた感じに思えました。

しかしその後からABsが目を覚ましたのか(ちょっとと言うか遅すぎますが・・・)トエアヴァがラインブレイクをして最後はシヴィヴァトゥーが抑えて19-29。その後もチャンスは続くがミスがありトライが取れない。
ボクス陣22Mでペナルティーを得たABsはPGを狙わずにスクラムを選択するが逆にプレッシャーを受けてペナルティーを取られて得点チャンスを逃した。その後の得たペナルティーでは4トライを諦めて??劣勢になった後もありスクラムにせずPGを狙って22-29と7点差。

この試合でセットピースだけでなくブレイクダウンでも劣勢だった気がしますが、ターンオーバーをされてキックをされムリアイナが拾うが的に囲まれてペナルティーを取られてPGを決められたのはかなり痛かった。。。22-32

しかし残り時間僅かで連続攻撃からカーターがコーナーにキックパスでリッチーが抑え速攻でコンバージョンを蹴って見事成功29-32と僅か3点差。
直後のキックオフをしっかりキープして残り時間がないのでボールを展開したいところで、観客もびっくりしていましたがカーターはキック・・・運良くジョーロコが取れ一気に敵陣へいき繋いでラック、ラインが余っていたところでさあトライチャンスと思ったらまたもやカーターがキックパスを
試みて今度は大きすぎてタッチに出て試合終了
とスタジアムは溜息に変わりボクスファンは大喜び。(おめでとうボクス!)

この日のカーターの出来はGKは良かったですが、その他ではいまいちな出来だった気がします。
2005年のトライネーションズ初戦??の敵地サウスアフリカで負けた時の出来が悪かったカーターの次に良くなかった試合だったと思いました。
キックオフのダイレクトタッチもあった(2回と言いたいけど2回目のはロスがかろうじて触って助かった)。
後半カーター自身が抜けてトライチャンスでロスにパスミスをしてトライを逃したり、信じられないインターセプトもされるしカーターらしくないミスが結構あった。
インターセプトはカーターがやったので酷くは言われていませんがドナルドがやったら2003年のW杯準決勝でスペンサーが言われたようにドナルドもぼろくそ言われていたでしょうね・・・でもドナルドの出来も良くなかったですね。。。

その他で気になったのは、プレイが素晴らしいだけでなく状況判断の上手いカーターですがこの日はそれがいまいちだったかも・・・
まず前半の最後に敵陣ゴール前のチャンスでグラバーキック、確かにこの日のボクスのディフェンスも良くなかなかトライを取らしてくれないのは解るし、ボクスのラッシュディフェンスで裏が開くと思ったので蹴ったのでしょうが、意思の疎通やコミニケーション不足か解りませんが誰もキックを追っていなかった。しかも相手の方が反応が早かったのではないかな??これでチャンスを潰した。

リッチーのトライの後のキックオフをキープした後に時間がないのに蹴ったのはラッキーでジョーロコの胸にボールが入ったけどあれが取られていたら試合は終わっていたし蹴るべきではないかと思いました。
最後のキックパスも人数があまっていたのに蹴ってしまったのは勿体なかった・・・これも外側の声がなかったのかあってもあえて蹴ったのか解りませんがカーターはあの時点でベストのチョイスだと思ったらしいです。

しかしボクスは強いです、前回のワラビーズ戦で特にスクラムでもろさを見せたし疲れも見えたかなって思っていたからいけるかと期待しましたが、やっぱりキック攻撃で来ると強さを発揮しました、ハバナのキックチェイスは毎回素晴らしかった、トライも取れるウイングだけどその他の仕事ぶりが素晴らしいです。

それにF.ステインのGKは凄すぎです、これで彼はフランスに行ってしまうのがもったいない、まだ22歳くらいだし。12番ディヴィリアもこれでアイルランドのマンスターに移籍するし、13番フリーもヨーロッパに行くんじゃなかったかな?この3人はチームの中心選手でもあるし2011年のワールドカップの為にも海外でプレイしながらも代表に呼ぶのか気になるところ。
AB
ジョン・スミットのリーダーシップは本当に素晴らしい、リッチーもあれくらいになって欲しいですが、リーダーシップは生まれ持った才能でしょうからリッチーにスミットのレベルを要求するのはいけませんね。それに今のリッチーはブルソーより出来が良くないですね、ピークは過ぎたのか?2006年が一番良かった。ムリアイナも今年はフランス戦から見てるとパフォーマンスがいまいちな感じです、彼もピークを過ぎたのか?
AB

ワラビーズも2011年に向けて若手を積極的に選んでいるし、ABsもロビーロビンソンがANZCでも昨年に続いて(昨年以上に)活躍しているしキックも蹴れる10番、15番だけでなくBKならどこでもやれるセンスがあるし2年後の為に年末遠征で選ぶべきでしょう。トエアヴァもW杯の2年前の2005年に選ばれているし。

しかしラインアウトは何とかしなければいけません、アリウイリアムズの存在が大きい事が今回痛いほど解りました、でもほかの選手がもっとしっかりすべきでしょう。
スローイングもいつもベンチに居るスローイングが良くないマルマンチを使ってもホアの今年のスローイングを見ていると変わりないと言うかホアの方が酷いか??それならマルマンチを試しても良かったと思うし、彼の突破力は素晴らしいものを持っている(だからABsに選ばれたのもある)ので出して欲しかった。

アリウイリアムズ、カフイ、コンラッドスミス、マカリスター等の主力の怪我でここまで戦えたので良しとすべきか???????しかしニュージーランドのファンはかなり怒っていますね、やっぱりコーチがかなり叩かれてます。
試合前日のイアンジョーンズがハンセン(FWコーチ)との話していて、ハンセンは敵ボールのラインアウトを競ると言ったが、ヘンリーは反対したと言う会話が印象的でしたが、結局相手ボールは競っていましたし後半は何個か取っていたのが収穫か、その前にマイボールラインアウトをしっかり取って欲しい!!

この試合に負けた事によって今まで私がABsの試合を20試合くらい生観戦して一度も負けていなかった法則が破られたので残念でなりません。
ボクスに3連敗したのは1949年以来だそうですから60年ぶりです。

今日週末のワラビーズ戦のメンバー発表が一日遅れで発表になりました。これについても色々言われています。
ようやくトムドネリーがデビューです、海外移籍も考えていたようですがここまで我慢して良かったととても嬉しそうな表情が印象的でした。ラインアウトはかなり期待できるかと思うので楽しみ。
まだまだ書きたい事が沢山ありますが今日はこの辺で、プレビューはまた後ほど。

ALL BLACKS:
15 Mils Muliaina, 14 Cory Jane, 13 Isaia Toeava, 12 Ma'a Nonu, 11 Josevata Rokocoko,
10 Dan Carter, 9 Jimmy Cowan,
8 Kieran Read, 7 Richie McCaw (captain),6 Adam Thomson, 3 Tom Donnelly,4 Brad Thorn,
3 Neemia Tialata, 2 Andrew Hore, 1 Tony Woodcock.
Reserves:
16 Aled de Malmanche, 17 John Afoa, 18 Jason Eaton, 19 Rodney So'oialo,
20 Brendon Leonard, 21 Stephen Donald, 22 Hosea Gear.

そう言えば、フランス3部でプレイしているはずのジョナロムーが今週ウエリントンで行われるテストマッチではなくてボディービルの大会に出るとかでニュースでやっていました。
2年前は141KGあったらしいですが今は117KGとかなり絞っていますし若く見えました。

あとフランス絡みではバイロンケラハーが飲酒運転の上に事故って相手と喧嘩までする始末で逮捕されてます、おまけに肩を怪我してしばらくはプレイできません。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ラグオ

Author:ラグオ
ラグビーが大好きでラグビー王国ニュージーランドへ。現地のクラブでプレーしニュージーランドラグビーに虜に。それ以来ラグビーシーズンに合わせて日本とNZを何度も行き来して今ではNZに永住。NZラグビー最高です!だからここに来たしこれからも。
趣味は料理、ベイキング、写真など・・・致命傷の怪我でラグビーがやれなくなってからベイキングを始め今では一番の趣味かも。試食したい方はどうぞ(笑)
近い将来再びグラウンドに立てるまでリハビリがてらブログを書いています。心身共に調子が良くないので時々弱気な発言があるかと思いますが許してください。
ラグビー大好きなら大満足出来るそんなラグビー王国から呟いています。ラグビーについて色々語りましょう。

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリー
ブログランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ
↑ランキングに参加中
↓クリックお願い致します


ラグビー ブログランキングへ
RSSフィード
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

オールブラックス ニュージーランド Rugby ラグビー AllBlacks NewZealand Super14 ラグビーワールドカップ スーパー14 ワラビーズ スプリングボクス ブルーズ クルセーダーズ スーパーラグビー Zealand New NZ チーフス ジュニアオールブラックス Blacks All Springboks カンタベリー オークランド ウエールズ ハカ Air Cup アイルランド イングランド ホックスベイ カナダ ジェリーコリンズ フランス サモア Wallabies AirNZCup ダンカーター スコットランド ウエリントン ダグハウレット タナウマガ ハリケーンズ 日本 ストーマーズ ハイランダーズ セブンス ABs Auckland ワイカト タラナキ トップリーグ ハイネケンカップ ブルズ トンガ Australia イタリア Canterbury トライネーションズ Nations SouthAfrica ワラタス SBW ボクシング マオリ サウスアフリカ マンスター ノヌー モセトゥイアリイ Pacific ANZC ブランビーズ ロビーディーンズ スパーラグビー ベッカム キウイ ルークマカリスター AirNewZealandCup シャークス ラグビーチャンネル マフィン ジュニア イーデンパーク ランフリーシールド Premiership England シオネラウアキ オーストラリア ダニーデン トライ ワールドカップ エアニュージーランドカップ ブリディズローカップ ジョニーウィルキンソン トニーブラウン ラグビートニーブラウン ハミルトン スクラム ジャスティンマーシャル オールブラッククス 日本代表 クリスジャック ネットボール 箕内 クリスジャク リコギア リコ・ギア パシフィックネーションズ apan フィジー シオネラウア キースロビンソン リッチーマコウ アリウイリアムズ 海外ラグビー スパー14 Blues ニックエヴァンス サニックス Wellington グレックサマヴィル NZマオリ ダン・カーター サウスランド Waikato W杯 Scotland Ranfurly PACIFIC Shield Six Tonga Supre14 ウェールズ アルゼンチン ロールケーキ デザート サニービルウイリアムズ コスプレ ホワイトロック ドナルド カフイ チョコレート 癒し チータース ライオンズ フォース レッズ バレンタインデー ケーキ ベイキング Otago NorthHarbour シックスネーションズ ジェイソンイートン Super14 ジェーソンイートン クライストチャーチ クラシックオールブラックス Newzealand ABs ジョナロムー シドニー サッカー 派閥 ルーベンソーン ヤマハ アーロンメイジャー ヘンリー 日本代表J AB JonahLomu Jonah Japan Jrオールブラックス Junior Lomu KapaOPango ISLANDERS Guinness Argentina AllBlacksスーパー14 BLUES Bluse France Fiji 妊娠 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。