スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザックまたもやハットトリック!Round11レビュー&Round12プレビュー

Round 11は、珍しく大差がついた試合が多い週でした。
Hawke's Bay 54v8 Counties-Manukau, Napier, 前半カウンティーズの健闘で13-8で折り返したのは意外でしたが、後半はホックスベイがしっかり修正して合計7トライの猛攻で圧勝。
この試合でもザック・ギルフォードが大活躍で今季二度目のハットトリックを達成しオールブラックス入りを大きくアピール。15番ダグとのコンビは抜群でこの二人で取ったトライが今季は多い気がしますがこの試合でもそれがありました。ザックの3トライ目はディフェンスが沢山いるところでステップで抜き去り中央にトライで、今乗りに乗っている選手です。

BKはザックとダグが乗り乗りですが、FWは、今季クルセーダーズに移籍して活躍していたトーマス・ウォールドロムが毎試合素晴らしい突破力を見せ前に出て、その後はオフロードでボールをつないで毎試合沢山のチャンスを作っています。この試合では2トライを取っていますが、出来ればオールブラックスで見てみたい。トーマスは体に似合わず良く走るし、ハンドリングスキルも素晴らしい選手です。

Canterbury 50v26 Manawatu(Ranfurly Shield), Christchurch, ランフリーシールドのかかったこの試合は、ここ数試合12番で出ていたクルーデンが10番に戻って試合開始早々クルーデンがラインブレイクをしてチャンスを作り14番がトライと良い立ち上がりをしました。
しかしカンタベリーは、前半20分で4トライを取りボーナスポイントを獲得と前半(5トライ)で試合を決めた。後半に入っても攻撃の手を緩めないカンタベリーは、3トライを追加して8トライの猛攻で昨年開幕戦でマナワツに敗れた借りを大差で返しました。
大差で敗れましたが、マナワツも4トライをしてボーナスポイントを獲得とトライの多い試合で面白かったです。クルーデンは、2回ラインブレイクをしていましたが、後半途中で怪我をしているところが痛んでいたようで、コーチに強引に変えられて悔しそうにしていたのが印象的でした、ちょっとコンタクトプレイが弱いのがこの試合ででましたね。

カンタベリーは、先発にソーン、リードとABsでレギュラーの二人が出場、リードは前半で2トライを取りましたが、その時に怪我をしたのか、リッチーマコウと直ぐに交代しました。リッチーはずーと6番をやっていました。後半に入ってカーターが出場してトライを挙げて嬉しそうな顔をして何やら訳の分からないリアクションをしていました。これはこの週にカウワンもトライをした時にやっていたのでABsの中でトライをした時に、何かしらパフォーマンスをやる約束を一部の選手でやっている気がします。カーターもソーンも元気でした。

年末遠征にリッチーのバックアップとしてラティマではなく呼ばれそうなジョージホワイトロック、そのジョージの一番下の弟のサムですが、ロックでほぼ毎試合出場していてラインアウトも良いですし、この試合ではスピードもあるところ見せて50Mを走り切るトライをするなど走れるロックで将来楽しみです。

Taranaki 0v10 Auckland, New Plymouth,
とにかく酷い天候で選手たちが可愛そうでした。前半風下のオークランドで苦戦するかと思われましたが、したたかなラグビーをして逆にトライをとり前半を7-0で折り返しました。ハーフタイムの笛が鳴ると凄いスピードで選手たちはロッカールームに行くぐらい雨と風が凄かったと言えます。
こんな天気なのでパスもキックもまともにできないので、FW戦となりBKは余計に寒そうにしていました、ジョーロコのジャージは凄いきれいだったな・・・
後半は、風下のタラナキが自陣22Mに釘ずけになり、ボールを得て陣地を取ろうと蹴るとインゴールに戻されるのでどうする事もできなかった感じでした。結局終盤に1PGを追加したオークランドが10-0で勝ちセミファイナルの可能性を残しました。選手の皆さんお疲れ様でした。

Otago 29v35 Waikato, Dunedin,
最後までもつれた試合でトライも多く面白かったです。オタゴの15番ベンスミスが何度も素晴らしいカウンターアタックでビックゲインしてチャンスを作ってスタジアムを沸かせました。
スミスの活躍もありオタゴが逆転する場面もあり盛り上がりましたが、ワイカトはABs勢が居ると本当に勢いが違います、それにキャプテンのメッサムが毎試合素晴らしいランニングスキルとトライをアシストするBK顔負けのパスを見せてくれて目立っています。メッサムの才能はABsで使わないのはもったいないので、今週の日曜日はメッサムの名前があるかな??
ワイカト13番のジャクソンウイルソンのセンスの良さも毎試合見ていて気持ちがいいです。 ワイカトもセミファイナルの可能性あります。

Southland 41v0 Tasman, Invercargill,
前週サウスランドがいまいちだったので好調タズマンが勝つと思っていただけに意外な結果でした、しかも大差ですから。ロビンソンがこの試合でもセンスのあるプレイをしてチャンスを何度も作り大活躍、絶対に遠征メンバーに呼んで欲しいです。これでサウスランドは4位でセミファイナルの可能性を残しました。

North Harbour 28v7 Bay of Plenty, North Shore,
サウスランドに続きこの試合も意外な結果でした。元ABsのトゥイガマラの甥っ子のナル・トゥイガマラ(今年のNZ-U20)が9番で初先発し2トライの大活躍。体格も良く既にコンタクトプレイは問題なしで、球さばきも悪くないですしキックもできるし将来楽しみな選手。
怪我から復帰したルークマカリスターも元気なプレイを見せて安心しました。
今季ノースハーバーで一番活きのいい選手は、ロックのジェームス・キング、ラインアウトも良いですし、ボールを持ったプレイはスピードがあるので相手には脅威でしょう、来年ブルーズ入りすると思います。この日もスピードを生かしたトライを決めてアピール。ベイオブはセミの可能性はなくなったか。

Northland 7v41 Wellington, Whangarei,
昨年引退をしたデイヴィット・ハウエルが今季途中から復帰したのにはびっくりしましたが、一時期所属していたウエリントン相手にノースランドの選手として100ゲーム達成試合でした。復帰した時期もウエリントン戦で100試合になるようにしていたのでは?と思うのですが(笑)
そのハウエルの100試合を勝利で飾ろうと、ノースランドがキャプテンのペインのトライで先制してホームのノースランドのサポーターは大盛り上がり。しかし前半の最後に13番でしばらく使われていたレンジャーが痛んで退場してからウエリントンがやりたい放題でトライを取りまくり大差がつきました。

コリージェーンのフィールディングの良さは惚れ惚れするほど素晴らしかったです。
怪我から復帰したコンラッド・スミスは、頂けないキックでトライを取られたりしましたが、その後は流石のプレイを連発して安心させてくれました。
もう一人怪我から復帰したタマティエリソンも良いプレイを見せてくれていたし、トエアヴァが抜けたユーティリティーの穴を埋める役割で日曜日はABsで名前が呼ばれるでしょうか?

6位のオークランドまでセミファイナルの可能性があるでしょう、以下の今週の組み合わせの所に順位とポイントを載せてあります。Round11で負けたタラナキ、ベイオブ、タズマンはセミファイナルの可能性がないと言っていいでしょう。

Round 12
Thursday, Oct 15:
Hawke's Bay(2位,35p) v Canterbury(1位,42p), Napier, 7.35
Friday, Oct 16:
Manawatu(12位,18p) v Bay of Plenty(8位,26p), Palmerston North, 7.35;
Southland(4位,33p) v Taranaki(9位,24p), Invercargill, 7.35
Saturday, Oct 17:
Wellington(3位,34p) v North Harbour(10位,20p), Wellington, 2.35;
Otago(11位,19p) v Tasman(7位,28p), Dunedin, 5.30;
Waikato(5位,31p) v Northland(13位,16p), Hamilton, 7.35
Sunday, Oct 18:
Auckland(6位,30p) v Counties-Manukau(14位,11p), Auckland, 2.35

いきなり初戦が1位と2位の対決でホックスベイのホームで行われますが、ネイピアのスタジアムのチケットは完売となりました。
CANTERBURY:
15 Colin Slade, 14 Sean Maitland, 13 Casey Laulala, 12 Tim Bateman, 11 James Paterson,
10 Dan Carter, 9 Andy Ellis;
8 Richie McCaw, 7 George Whitelock (capt), 6 Michael Paterson, 5 Brad Thorn, 4 Isaac Ross,
3 Owen Franks, 2 Corey Flynn, 1 Wyatt Crockett.
Reserves:
16 Ti'i Paulo, 17 Peter Borlase, 18 Ash Parker, 19 Nasi Manu,
20 Tyson Keats, 21 Ryan Crotty, 22 Chris Small.
しかしカンタベリーのメンバーは反則でしょう~~クルセーダーズのメンバーですね・・・リッチーはリードが怪我したのでNo8で出場ですがリッチーのNo8もかなり良いです、6番のパターソンも将来性抜群ですし、この3列は素晴らしい。

ザックとマイトランドの絶好調同士が対面で対決するのが一番の注目でしょう、どちらも素晴らしいパフォーマンスを見せているだけにABsのセレクターも注目してるでしょう。これでアピールすればABs入りもあるでしょうから楽しみです。
カンタベリーがメンバー的にみると勝つと思いますが、ホックスベイはホームで負けていないので有利でしょうから得意の終盤の強さで勝ってほしいです。これで負けてもホックスベイは、最終ラウンドの相手がノースランドで大丈夫かと思いますが敵地で厳しくなるので勝っておきたい。それにホームセミもかかっているし。

タズマンに勝ったサウスランドは、今週もタラナキで手ごわいですが、ホームで戦える有利さがあるし、先週のような試合をすれば勝てるでしょう。
今週でABs達は終わりなので来週のファイナルラウンドのカンタベリーにはABsが居ないのでこれで負けてもチャンスがあるかも。でも勝って確実にしたい。

ウエリントンは、ホームで調子の上がってきたハーバーですが、ルークマカリスターの怪我があったし、メンバーがむちゃくちゃ良いので負ける事はないでしょう。
しいて言うとFW特にロックに怪我人が多いのが気になるところ、何しろプロップのジェイコブエリソンが2試合ロックをしましたから。
二ヵ月間怪我で試合をしていないウィップーがABs発表の直前にようやく復帰するようで、メディアは騒がしくなっておりますがしっかり動けるでしょうか???

5位のワイカトは、残り2試合をホームでやれるのが大きい、残る可能性が高いかも知れません。今週もノースランド相手にボーナスポイントを取りたい。

6位のオークランドは、カウンティーズとなのでボーナスポイントを取りこぼさずに勝ちたいところ。最終戦が敵地でワイカトとなので5P必ずですね。
先週カウンティーズの7番が怪我をしたので、浅野選手はベンチ入りできるかと思いますがどうでしょうか?

セミファイナルに残りそうなのは、カンタベリーだけ確定で、ホックスベイ、ウエリントンも行くでしょう、残りはサウスランド、ワイカト、オークランで一枠を争うか?サウスランドが先週の大勝で4位に食い込んできたので最終ラウンドまで解りません。 無茶苦茶面白い今年のANZC最高!!

先日サモア付近で起きた津波の被害が大きかったサモアを支援するために、日曜日に行われるオークランドVカウンティーズの前座でチャリティーマッチをします。オールブラックスで活躍した人を始めとして、クリケットやリーグラグビーの過去のスター選手達やサモア系の元プレイヤー達が試合をするので面白そうです。
元ABsは、Jeff Wilson, Craig Dowd, Eric Rush, Ron Cribb, Josh Kronfeld, Ben Atiga,
Charles Riechelmann, Craig Innes, Pat Lam, Shane Howarth, Christian Cullen,
Adrian Cashmore, Ant Strachan ,Bunce
と沢山の大物選手が出ます。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

Kees

この前Youtube見てたらKees MeeuwsがNZに帰ってきててビックリしました。 将来を考えて帰ってきたとか。 コンストラクション関係の仕事がしたいとか何とか。カーリーカップも大詰めANZカップも大詰め、楽しくなってきました。
そしていつも詳細なゲームプレビュー/レビュー&AB情報ありがとうございます。

Re: Kees

NOKOさん>
そうです、ミューズはオタゴのプロップに怪我人が出てて、その選手が治るであろう6週目までの契約でしたが、結局最後まで居る事になっていますね、前回のANZCレビューでもミューズの事が書いてあるので見てください。
そうです、ミューズは、建築関係の仕事に就きたいみたいですね、確か今はオタゴ大学で勉強しているとか言っていた気がします。

>そしていつも詳細なゲームプレビュー/レビュー&AB情報ありがとうございます。

ありがとうと言ってもらって嬉しいです、こちらこそありがとうございます^^
プロフィール

ラグオ

Author:ラグオ
ラグビーが大好きでラグビー王国ニュージーランドへ。現地のクラブでプレーしニュージーランドラグビーに虜に。それ以来ラグビーシーズンに合わせて日本とNZを何度も行き来して今ではNZに永住。NZラグビー最高です!だからここに来たしこれからも。
趣味は料理、ベイキング、写真など・・・致命傷の怪我でラグビーがやれなくなってからベイキングを始め今では一番の趣味かも。試食したい方はどうぞ(笑)
近い将来再びグラウンドに立てるまでリハビリがてらブログを書いています。心身共に調子が良くないので時々弱気な発言があるかと思いますが許してください。
ラグビー大好きなら大満足出来るそんなラグビー王国から呟いています。ラグビーについて色々語りましょう。

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリー
ブログランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ
↑ランキングに参加中
↓クリックお願い致します


ラグビー ブログランキングへ
RSSフィード
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

オールブラックス ニュージーランド Rugby ラグビー AllBlacks NewZealand Super14 ラグビーワールドカップ スーパー14 ワラビーズ スプリングボクス ブルーズ クルセーダーズ スーパーラグビー Zealand New NZ チーフス ジュニアオールブラックス Blacks All Springboks カンタベリー オークランド ウエールズ ハカ Air Cup アイルランド イングランド ホックスベイ カナダ ジェリーコリンズ フランス サモア Wallabies AirNZCup ダンカーター スコットランド ウエリントン ダグハウレット タナウマガ ハリケーンズ 日本 ストーマーズ ハイランダーズ セブンス ABs Auckland ワイカト タラナキ トップリーグ ハイネケンカップ ブルズ トンガ Australia イタリア Canterbury トライネーションズ Nations SouthAfrica ワラタス SBW ボクシング マオリ サウスアフリカ マンスター ノヌー モセトゥイアリイ Pacific ANZC ブランビーズ ロビーディーンズ スパーラグビー ベッカム キウイ ルークマカリスター AirNewZealandCup シャークス ラグビーチャンネル マフィン ジュニア イーデンパーク ランフリーシールド Premiership England シオネラウアキ オーストラリア ダニーデン トライ ワールドカップ エアニュージーランドカップ ブリディズローカップ ジョニーウィルキンソン トニーブラウン ラグビートニーブラウン ハミルトン スクラム ジャスティンマーシャル オールブラッククス 日本代表 クリスジャック ネットボール 箕内 クリスジャク リコギア リコ・ギア パシフィックネーションズ apan フィジー シオネラウア キースロビンソン リッチーマコウ アリウイリアムズ 海外ラグビー スパー14 Blues ニックエヴァンス サニックス Wellington グレックサマヴィル NZマオリ ダン・カーター サウスランド Waikato W杯 Scotland Ranfurly PACIFIC Shield Six Tonga Supre14 ウェールズ アルゼンチン ロールケーキ デザート サニービルウイリアムズ コスプレ ホワイトロック ドナルド カフイ チョコレート 癒し チータース ライオンズ フォース レッズ バレンタインデー ケーキ ベイキング Otago NorthHarbour シックスネーションズ ジェイソンイートン Super14 ジェーソンイートン クライストチャーチ クラシックオールブラックス Newzealand ABs ジョナロムー シドニー サッカー 派閥 ルーベンソーン ヤマハ アーロンメイジャー ヘンリー 日本代表J AB JonahLomu Jonah Japan Jrオールブラックス Junior Lomu KapaOPango ISLANDERS Guinness Argentina AllBlacksスーパー14 BLUES Bluse France Fiji 妊娠 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。