スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デイヴィットヒルが決めた!スーパー14Round8レビュー&Round9プレビュー

まずは先週のRound8のレビューから
ハリケーンズvクルセーダーズの試合は何と言って良いのか・・・
結果的に26-26の今季初めての引き分けとなり最後のビデオレフリーと良い、その他でもレフリーやタッチジャッジの見過ごしなのでトライに絡む場面があったので引き分けで良かったのかなとも思えますが皆さんはどう思いましたか?

前半の途中まではクルセーダーズのペースで大差がつくのかと思われた試合でしたが、ケーンズが前半の途中から盛り返してきて面白くなったので見ごたえのある試合となりました。コリージェーンの安定感と素晴らしいオフロードパスでトラッシュに繋いだトライは良かったです、このジェーンからトラッシュへのオフロードパスはこの試合で何度か見られて目立っていました。
その他はヴィトのランニングスキルだけでなくハンドリングスキルの高さも素晴らしいオフロードパスを見れば解って頂けたと思いますが素晴らしいかったです。もうソーイアロよりヴィトの方が上を行っている気がするしソーイアロの元気がないのがちょっと寂しい気がします、昨シーズンのスーパー14から全く元気がありませんね。

最後のビデオレフに関しては、レフリーのカプラン氏はトライだと思うけど念のためビデオレフに確認と言う感じした。この時もそうでしたがトライじゃない理由を教えてくれとか、レフリーの質問がややこしい場合が時々あったりするのがちょっと気になります。私が思うにビデオレフにしたら判定は完全にビデオレフリーに任せて、レフリーの質問は「トライorノートライ」のみにして欲しいかなって思います。
この場面で結局ボールをつけた確認は出来ていなかったと思いますが、カプラン氏の質問はトライでない理由を教えてくれだった為、その理由もビデオレフが言うには見当たらないと言う感じだったので結局カプラン氏がビデオレフに頼む前に思っていたトライだと言う判断にしてトライと判定されました。それなら最初からトライにしておけば?って感じもしないでも・・・じゃないとみている選手もそうですがファンもイライラしてしまうでしょう、しかもホーム側にとって嫌な判定だたし。

他のレフリングでは一番問題になっている前半のザックギルフォードのトライ。
このトライはエリスのクイックスローから始まったトライで、そのクイックスローが本当は認められないのにタッチジャッジが見過ごした為、そのままプレイオンとなり最終的にトライとなってしまったので余計に問題となっています。
この場面はケーンズのコンラッドスミスがボールを持ってクイックスローを試みようとしたがクルセーダーズボールだと解りボールを離した、そしてそのボールをエリスがクイックスローしただけに思えたかも知れません。
しかしコンラッドスミスがボールを触る前にボールボーイかリザーブの選手か分かりませんが、第3者(フィールドに居る選手以外)の人がボールに触ったのでルール上クイックスローは認められないと言う事で問題になっています。

もう一つは前半のノヌーのトライでノヌーがボールをもらう前だったか忘れましたがケーンズの選手がダンカーターともう一人の選手のディフェンスを障害しているオブストラクションの反則だったのにレフリーが取らなかった。

これでトライに絡んだのが1対1でお相子と言いたいところですが最後のトライがあるので何とも言えません・・・
でも最後にカーターがコンバージョンを外してくれたので同点となり逆に良かったのかも知れません。
しかしこの日のカーターは酷かったですね、ゴールキックは外しまくるし、変なキックもするしカーターもやっぱり人間だったと言う事が良く分かりました。未だにショッピングセンターやバス停に彼女と下着姿で映っている大きな広告がありますがいつまで貼られるのかな?結婚はもうすぐか??


フォースファンのかた御免なさい、前回の記事でフォースの初勝利はお預けと書きましたが外れました。
鉄壁のディフェンスをもつストーマーズ相手に最初に素晴らしいトライを取りその後も頑張って接戦に持ち込み、残り時間がないところでデイヴィットヒルがサヨナラDGを決めて今季初勝利を挙げてキャプテンのインタビューより先にヒルのヒーローインタビューが始りました。
前にヒルはもうこのレベルでは・・・とか書いた記憶がありますがだんだん慣れてきた気がします。ベスト4に入れそうなストーマーズに勝ってくれて感謝しています。最終スコアーは16-15


面白い試合だったブルーズvブルズ、イースターと言う事でか分かりませんがいつもとちょっと違いました。
B
まずブルズと言う事でどれだけブルズに乗っていられるかで一番長く乗っていられた人に商品が渡されていました。
それにチアガールも全員ブロンドのかつらで登場、今回のチアガールも最高で男性陣は私も含めて大喜び(笑)
C
敵のマスコットをブルーズのマスコットが攻撃し下に突き落として、その後は子供たちに袋叩きにするという毎回お決まりのパターンで会場は多少盛り上がります。毎年思いますがブルーズのマスコットは何とかならないでしょうか。。。
B
試合はトニーウッドコックの代わりに入ったファウムイナがスクラムでペナルティーを取られてPGで先制されて今日はスクラムでかなり苦労するのでやられるかなって思っていました。その後スピースの技ありのトライで突き放しにかかられますがこの日のブルーズは違いました。
まずモールにしっかり対応して押される前に逆に押してプレッシャーをかけてモールで攻撃させなかったのが一番良かった。上記に書いたスクラムもその後修正されてアフォアが怪我で退いた後も代わりのマイラウが頑張っていたしまずますだったのが良かった。しかもその二人がスクラム以外でも頑張って勝利に貢献したのは2人のABsが怪我で欠いてもやれる事を見せてくれた。

BKは相変わらずエキサイティングで頼もしいです、今季はケーンズから移籍したマテゥーソンの加入が一番大きいかなって思います。彼のパスワークと持ち味のスピードで忙しく動き回ってBKを上手くリードしています。
ブレットはGKは良くなってこの試合でも貴重なGKを決めてくれていましたが、時々見せる不用意なショートパントでピンチを招いたりとディフェンスも相変わらず弱いしちょっと不安です。スタンリーがむちゃくちゃ良いのでルークマカリスターが10番をやれると一番良いのですが、ルークの10番もあまり良いとは思えないので・・・
ジョーロコは大分戻ってきてるしウルフは人に強くなりハイボールの処理も抜群に良いのでABs復帰か?

それにしてもカイノの激しいディフェンスは凄いの一言で見ていてしびれました。 32-17でブルーズ勝利!! ブルズはイーデンパークで初勝利お預け。


チーフス27‐21ハイランダーズも接戦で面白かった。
マッキントッシュを怪我で欠いたハイランダーズですが、前回の記事で話題にあげた代わりのクリスキングが素晴らしいスクラムを組んでチーフスはスクラムを押されまくりでした。
チーフスはデレニーとドナルドの10、12番が機能していたのが印象的で今後も楽しみになってきました。ドナルドは10番を希望しているようですがABs残留を目指すなら12番でアピールしたほうがいいでしょうし、この試合でアピールできたのは大きいと思います。そのドナルドに簡単に弾き飛ばされたロビーロビンソンのディフェンスはいただけなかった、まだまだこのレベルでの激しさには厳しいのか?


ワラターズ40-17チーターズでしたが体がしんどくて後にハイライトで見たくらいですがチーターズはだんだん元気がなくなってきて今年も期待できなくなりました。序盤はブルソーや最近欠場しているキャプテンが居てシャークスやケーンズに勝ったりと台風の目かなって思っていましたが・・・
この試合でワラターズのバクスターがスーパーラグビー100試合目となる記念の試合で何とスーパーラグビー初トライを挙げました!オージーのコメンテーターも大興奮で面白かったです。


シャークス30-28レッズも面白い試合でした。
前半はクーパーの個人技のトライなのでレッズが14-9とリードしましたが後半はシャークスが盛り返して一気に逆転、しかし最後にレッズが必至の攻撃でボーナスポイントとなる4トライをあげて2点差で負けはしたもののボーナスポイント2を獲得。
しかしクーパーのトリッキーなステップは捕まえるのが難しいでしょうね、イオアネのスピードとステップも同様に嫌な存在でレッズのBKは相手にとっては厄介です。

Round8を終わっての順位表

 ポイント勝利数Bポイント試合数
Waratahs28P648
Bulls28P647
Crusaders25P547
Stormers24P547
Brumbies21P517
Reds21P457
Chiefs21P457
Blues20P447
Hurricanes18P348
Sharks16P348
Highlanders11P238
Cheetahs9P217
W Force5P117
Lions3P037

ブルズに土がついたのでワラターズが首位にたちましたが試合数が一つ多いですからブルズの方が上と言う感じでしょうか。ライオンズは未だに勝ち星がありません。ブランビーズは5勝していますがBポイントが僅かに1とこのへんが4位以内に入れていない原因でしょう。それにそんなに強い印象の試合は見ていない気がします。

セミファイナルの4チームに残れそうなのは8位のブルーズくらいまででしょうか?それかシャークスあたりまでぎりぎり可能性があるか?残り試合をどことやるかを見てみると、シャークスとケーンズはやっぱり厳しいか。
1位のワラターズも強いチームと残っているのでベスト4に残るのも大変かも知れません。クルセーダーズ、ブルズは確実かな~~~?と言う事は言えるでしょうがあと二つは難しいですね。組み合わせから行くとブルーズが比較的下位のチームとあたるのでもしかしたら残れるかも・・・先日ワラターズにミスから逆転負けしたのが痛すぎます。チーフスもブランビーズにそうでしたが・・・
今週の組み合わせです。
09/04
Chiefs v Bulls Hamilton 7:35 pm
Chiefs
1.Sona Taumalolo 2. Hika Elliot 3. Ben Afeaki 4. Craig Clarke 5. Culum Retallick
6. Liam Messam (captain) 7. Tanerau Latimer 8. Sione Lauaki
9. Brendon Leonard 10. Mike Delany 11. Dwayne Sweeney 12. Stephen Donald
13. Richard Kahui 14. Lelia Masaga 15. Tim Nanai-Williams
Reserves:
16. Vern Kamo, 17. Toby Smith, 18. Jarrad Hoeata, 19.Colin Bourke
20. Junior Poluleuligaga, 21. Callum Bruce, 22. Jackson Willison.

Bulls
1 G Steenkamp, 2 G Botha, 3 W Kruger, 4 D Rossouw, 5 V Matfield, 6 D Stegmann, 7 D Potgieter, 8 P Spies
9 F du Preez; 10 M Steyn, 11 F Hougaard; 12 W Olivier,13 S Dippenaar,14 G van der Heever,15 Z Kirchner;
Replacements:
B Maku, B Roux, F van der Merwe, P Wannenburg, H Adams, JL Potgieter, J van der Westhuyzen.
怪我人が多く出ているチーフスはキャプテンのムリアイナが先週の試合で親指の付け根を骨折してすぐに手術し今季のスーパー14は絶望となりました。このブルズとの大一番でムリアイナの代役はナナイ・ウイリアムズと言う20歳の新人を思い切って起用してきました。彼は今季ウイングで途中出場していますがフルバックが一番お気に入りのポジションで切れのあるランニングが持ち味のウイリアムズのカウンターアタックが鍵を握るかも。

先週10デレニー,12ドナルドのコンビが良かったので今週もそのままにしてきましたが、ブルースが12番に入りデレニーを15番に下げるのかなって思っていましたが、先週の出来が良かっただけに今週もこの二人に期待です。
デレニーは持ち前の上手いゲームメイクで特に地域をうまく取るキックはドナルドよりかなり良いので見ていて安心です。サイズのあるドナルドの突破と強いタックルで対面のオリフィエとの対決が楽しみです。

個人的に一番注目するのは世界一のハーフ、デゥプレアーとここ数年怪我に泣かされているブレンダンレナードの対決でしょうか。チーフスにはパワフルなラウアキが居るのでレナードの持ち味でもあるサイドアタックと併用すれば相手はディフェンスがしにくいでしょうから8スピース,9デゥプレアーvs8ラウアキ,9レナードの対決が見物です。チーフスは先週ハイランダーズにスクラムでかなりやられているのでこれを修正できないとこの二人がセットプレイで役に立てないのでブルズのこの二人のやりたい方だいになってしまいます。

ステインのキック攻撃をチーフスのバック3(特に新人のウイリアムズ)がしっかり処理できてカウンターアタックで前に出れる展開だと面白くなりそう。それが出来なければ昨年の決勝のようになりかねません。まずはセットプレイとこのキック処理でしょうか。

地元ハミルトンでブルズから勝利を挙げれるか?それともブルズかハミルトンで初勝利か?
予想はブルズが先週の負けがあるので物凄い勢いでくるでしょうからチーフス厳しいか!いや願望一杯でチーフスBKが大爆発して3点差で勝利(そんな上手いこと行くかな??????
10/04
Highlanders v W Force Queenstown 2:30 pm


Highlanders:
1.Chris King, 2.Jason Rutledge, 3.Clint Newland, 4.Josh Bekhuis, 5.Hayden Triggs,
6. Adam Thomson, 7. Alando Soakai, 8. Steven Setephano,
9.Jimmy Cowan (captain), 10. Matt Berquist, 11. Fetu'u Vainikolo, 12. Jason Shoemark,
13.Kendrick Lynn, 14.Ben Smith, 15.Israel Dagg.
Reserves:
16.Jason MacDonald, 17.Bronson Murray, 18.Joe Tuineau, 19.Tim Boys,
20.Sean Romans, 21. Robbie Robinson, 22. Jayden Hayward.

Force:
1. Pekahou Cowan, 2.Ben Whittaker, 3.Tim Fairbrother, 4.Tom Hockings, 5.Nathan Sharpe (captain),
6. Matt Hodgson, 7.David Pocock, 8.Richard Brown,
9. Chris O'Young, 10.David Hill, 11.Mark Bartholomeusz, 12.Ryan Cross, 13.Mitch Inman,
14.Cameron Shepherd, 15.James O'Connor.
Reserves:
16.Nathan Charles, 17. Matt Dunning, 18.Ben McCalman, 19. Sam Wykes,
20.Justin Turner, 21. Sam Harris 22. Dane Haylett-Petty.
REFEREE: Marius Jonker

先週ようやく今季初勝利を挙げたフォースは、キャメロン・シェパードがこの試合から復帰で主力の怪我人が完全戻ってきたと言って良いでしょうか?ブルズにも後半の途中までリードしていたしディフェンスの良いストーマーズに勝ってるし2連勝で波に乗れそうな予感。先週のヒーロー、デイヴィットヒルも調子を上げてきているし彼のゲームにも注目。

ハイランダーズは良い試合はしているものの惜しくも敗れる試合が多くストレスがたまっているでしょう(毎年同じ)。先週ディフェンスで良くなかったロビーロビンソンがベンチに下げられましたが彼は我慢して使って欲しいです。
BKが弱い感じがするのが試合でも出ているのでちょっと得点不足は仕方ないかなって感じがします、センターに一人強い選手が居たら大分違ったでしょうがいまさら言っても仕方がありません。スピードのある選手が多いので早い展開に持ち込みたいところか。それを生かすも殺すもFWに掛かっているがスクラムは怪我人が出てもクリスキングがしっかりしているし心配いりません。そのスクラムの強みを残しあいで活かしたいところ。

予想は初勝利に加えて怪我人が復帰で勢いづきそうなフォースが僅差で勝利。
素晴らしく綺麗な景色をバックにしたクインズタウンで行われるのが良いですね。


Blues v Stormers Auckland 5:30 pm
Blues:
1. Charlie Faumuina, 2.Keven Mealamu (captain), 3.John Afoa, 4.Kurtis Haiu, 5.Anthony Boric,
6.Jerome Kaino, 7.Serge Lilo, 8.Viliame Ma'afu,
9.Alby Mathewson, 10.Stephen Brett, 11.Rudi Wulf, 12.Benson Stanley, 13.Rene Ranger,
14.Joe Rokocoko, 15.Isaia Toeava.
Reserves:
16.Tom McCartney, 17.Tevita Mailau, 18.Filo Paulo, 19.Peter Saili,
20.Chris Smylie, 21.Luke McAlister, 22. Paul Williams.
Stormers:
1.JD Moller, 2.Tiaan Liebenberg, 3.Brok Harris, 4.Adriaan Fondse, 5.Andries Bekker,
6.Schalk Burger (captain), 7.Francois Louw, 8.Duane Vermeulen,
9.Dewaldt Duvenhage, 10.Peter Grant, 11.Bryan Habana, 12.Juan de Jongh, 13.Jaque Fourie,
14. Sireli Naqelevuki, 15. Gio Aplon.
Reserves:
16.Deon Fourie, 17.Eusebio Guinazu, 18. Anton Van Zyl, 19.Pieter Louw,
20.Ricky Januarie, 21.Willem de Waal, 22. Tim Whitehead.
REFEREE: Stuart Dickinson

ブルーズは先週ブルズに勝ったメンバーから代えてきません(アフォアがまだ微妙とか)ルークマカリスターは今の調子とスタンリーのパフォーマンスが良いので先発にはまだまだ先でしょう。
一番注目は絶好調のレンジャーvsジャック・フリーのパワフル13番対決、その他にもジョーロコvsハバナ、ウルフvs
ナンゲレヴキ、対面ではありませんがカイノとバーガーの激しいタックル合戦など見どころ満載。

スクラムで心配されたブルーズは先週代わりのファムイナがしっかりやってくれたし今週も安心できるか??ラインアウトもブルズ戦ではまずまずだったしセットプレイでしっかりやれればBKが良いので勝てるかなって思います。
もちろんブレイクダウンで有利にならないといけませんが、それも先週しっかりやれていたので大丈夫だと思います、カイノを中心にコンタクトで激しくブルズに対抗し負けませんでしたから今週も見せてくれるでしょう。
心配なのはブレッドでしょうか、不用意なショートパントを辞めてタックルは見方でなくて敵にしっかり(先週はチャンスでスタンリーにタックルに行ってスタンリーが前に出れなかった)やってくれればブルーズは勝てると信じています。
ブルーズのNo8マアフが使われ続けてこのレベルでもやれる感じがしてきました。もともと走力があるしトンガのセブンス代表でしたしスポーツもゴルフやテニスその他色々素晴しく上手いそうで器用な選手です。彼が目立つようだと面白くなりそう。

気になるのはレフリーが私のあまり好きでないオージーのデッキンソン氏でスクラムで反則を多く取られるかです。
特に自陣での反則だとPGを決められるのでレフリーの判断が鍵か。ブルーズはこの試合に勝て何とか踏みとどまれば後の試合は最終戦のチーフスくらいが嫌な相手でしょうか(シャークスもあるけど)、逆にストーマーズはチーフス、レッズ、クルセーダーズ、シャークス、ブルズと強豪が続くのでこれを勝たないとかなり厳しくなるります。予想はブルーズ

Crusaders v Waratahs Christchurch 7:35 pm
Crusaders:
1. Wyatt Crockett, 2.Ti'i Paulo, 3.Owen Franks, 4. Brad Thorn, 5. Chris Jack,
6.Richie McCaw (captain), 7. George Whitelock, 8.Kieran Read, 9. Kahn Fotuali'i, 10. Daniel Carter,
11.Zac Guildford, 12.Ryan Crotty, 13. Robbie Fruean, 14.Sean Maitland, 15. Colin Slade.
Reserves:
16.Dan Perrin, 17. Ben Franks, 18. Sam Whitelock, 19. Thomas Waldrom,
20. Willi Heinz, 21. Adam Whitelock, 22. Jared Payne.
Waratahs:
1.Benn Robinson, 2.Tatafu Polota-Nau, 3.Al Baxter, 4.Dean Mumm, 5.Kane Douglas, 6. Ben Mowen,
7.Phil Waugh or Chris Alcock, 8.Wycliff Palu, 9.Luke Burgess, 10.Daniel Halangahu, 11.Drew Mitchell,
12.Berrick Barnes, 13.Rob Horne, 14.Lachlan Turner, 15.Kurtley Beale.
Reserves:
16.Damien Fitzpatrick, 17.Sekope Kepu, 18. Will Caldwell, 19. Dave Dennis,
20.Josh Holmes, 21. Tom Carter, 22.Sosene Anesi.
REFEREE: Craig Joubert

この試合は今週の一番注目されている試合でしょうか、私はチーフス対ブルズとブルーズ対ストーマーズの方が興味がありますが。このカードと言えば2002年に14トライ90点以上取ってクルセーダーズが圧勝した試合が毎回話題になりますが、あのような試合にはならないと思いますし今年は結構接戦になるでしょう。一応ワラターズが首位ですし。

この試合で注目対決はダン対決でしょうか、ワラターズの10番はハランガフが入るようになってかなり良くなりました、ランプレイで突破してトライを何個か取ったりと相手にとっては嫌な存在です。一方のクルセのダンは先週は違う人を見ているかのようなプレイでしたが今週はしっかり修正してくるでしょう、そういう事もあってクルセが勝つと思います。

ワラターズは怪我で欠場していたフィルウォーは試合に出れるようですのでクルセにとっては嫌ですね。パワフルNo8パルーも居るしロックも良く走るし、BKもクルセに負けないくらい良いですし、15番に定着してきたビールの調子が良いのでクルセも簡単には勝たせてもらえないでしょう。

クルセはクリスジャックが帰国してきてから初めて先発で選ばれているのがニュージーランドでかなり注目されています、そのジャックとコンビを組むのが豆の木ではなくてソーンでスーパーラグビー1のおじさんコンビとなります。ジャックは来年のワールドカップのスコッドに入れるかの大事な年ですし、若手がかなり伸びてきているクルセのロック陣に負けないようにアピールできるか注目です。 
昨年パワーがないと駄目だしされたアイザックロスは今週もベンチにも入れてもらえず、筋トレ司令で筋トレにあげんだ成果を見せることができません。新人のサムホワイトロックがかなり良いだけにロスかジャックがメンバーから漏れる事になるので凄い選手層の厚いクルセです。

10点差位でクルセーダーズ


Brumbies v Cheetahs Canberra  9:40 pm
ブランビーズは下降気味のチーターズ相手でマックスの5Pをあげるのは確実か。今後ケーンズ、ワラターズ、レッズ、ハイランダーズ、クルセと強豪が多いだけに5Pは絶対に取らないといけません。ハクスリーが15番で初先発がまた楽しみです。

 


 

11/04
Lions v Reds Johannesburg 5:10 am
レッズがライオンズにマックスの5Pでしょうか?ライオンズは地元で初勝利しファンを喜ばせたいところ。

BYE - Sharks / Hurricanes






関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ラグオ

Author:ラグオ
ラグビーが大好きでラグビー王国ニュージーランドへ。現地のクラブでプレーしニュージーランドラグビーに虜に。それ以来ラグビーシーズンに合わせて日本とNZを何度も行き来して今ではNZに永住。NZラグビー最高です!だからここに来たしこれからも。
趣味は料理、ベイキング、写真など・・・致命傷の怪我でラグビーがやれなくなってからベイキングを始め今では一番の趣味かも。試食したい方はどうぞ(笑)
近い将来再びグラウンドに立てるまでリハビリがてらブログを書いています。心身共に調子が良くないので時々弱気な発言があるかと思いますが許してください。
ラグビー大好きなら大満足出来るそんなラグビー王国から呟いています。ラグビーについて色々語りましょう。

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリー
ブログランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ
↑ランキングに参加中
↓クリックお願い致します


ラグビー ブログランキングへ
RSSフィード
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

オールブラックス ニュージーランド Rugby ラグビー AllBlacks NewZealand Super14 ラグビーワールドカップ スーパー14 ワラビーズ スプリングボクス ブルーズ クルセーダーズ スーパーラグビー Zealand New NZ チーフス ジュニアオールブラックス Blacks All Springboks カンタベリー オークランド ウエールズ ハカ Air Cup アイルランド イングランド ホックスベイ カナダ ジェリーコリンズ フランス サモア Wallabies AirNZCup ダンカーター スコットランド ウエリントン ダグハウレット タナウマガ ハリケーンズ 日本 ストーマーズ ハイランダーズ セブンス ABs Auckland ワイカト タラナキ トップリーグ ハイネケンカップ ブルズ トンガ Australia イタリア Canterbury トライネーションズ Nations SouthAfrica ワラタス SBW ボクシング マオリ サウスアフリカ マンスター ノヌー モセトゥイアリイ Pacific ANZC ブランビーズ ロビーディーンズ スパーラグビー ベッカム キウイ ルークマカリスター AirNewZealandCup シャークス ラグビーチャンネル マフィン ジュニア イーデンパーク ランフリーシールド Premiership England シオネラウアキ オーストラリア ダニーデン トライ ワールドカップ エアニュージーランドカップ ブリディズローカップ ジョニーウィルキンソン トニーブラウン ラグビートニーブラウン ハミルトン スクラム ジャスティンマーシャル オールブラッククス 日本代表 クリスジャック ネットボール 箕内 クリスジャク リコギア リコ・ギア パシフィックネーションズ apan フィジー シオネラウア キースロビンソン リッチーマコウ アリウイリアムズ 海外ラグビー スパー14 Blues ニックエヴァンス サニックス Wellington グレックサマヴィル NZマオリ ダン・カーター サウスランド Waikato W杯 Scotland Ranfurly PACIFIC Shield Six Tonga Supre14 ウェールズ アルゼンチン ロールケーキ デザート サニービルウイリアムズ コスプレ ホワイトロック ドナルド カフイ チョコレート 癒し チータース ライオンズ フォース レッズ バレンタインデー ケーキ ベイキング Otago NorthHarbour シックスネーションズ ジェイソンイートン Super14 ジェーソンイートン クライストチャーチ クラシックオールブラックス Newzealand ABs ジョナロムー シドニー サッカー 派閥 ルーベンソーン ヤマハ アーロンメイジャー ヘンリー 日本代表J AB JonahLomu Jonah Japan Jrオールブラックス Junior Lomu KapaOPango ISLANDERS Guinness Argentina AllBlacksスーパー14 BLUES Bluse France Fiji 妊娠 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。