スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オールブラックス3人デビュー&サニービルウイリアムズNZと契約間近

今年最初のオールブラックスのテストマッチのメンバーが既に発表(火曜日)になっていますが前回私が書いたメンバーとほぼ同じでした。そのメンバー発表のあった日はヘッドコーチのヘンリー氏の64歳の誕生日でABsの女性ドクター(写真左)からほっぺにキスをしてもらい嬉しそうにしていました。そのシーンがたまたまカメラがとらえていてニュースで流れて結構話題になりました。しかも結構抱きついてしていたので余計にかな、目の前にはアシスタントのハンセン氏もいました。
ABsDr
新人のダグ、スタンリー、そして2008年の年末遠征でメンバーに入っていましたがその時はキャップ対象にならないマンスター戦しか出ていないベンフランクスの3人が先発でデビューにプラスしてベンチにも新人のサムホワイトロック、ヴィト、クルーデンの3人が入っていると言う思い切ったメンバー構成になっています。
怪我人が多いのでここまで変わりましたが、来年はラグビーワールドカップですし新しいメンバーを試すのは今年しか出来ないので怪我人が出た事はマイナス面ですが、若手の成長のためにはプラスなのでどれくらいやれるか興味深いです。

ハリケーンズでは15番をやっているジェーンはコーチの要望でウイングにまわされていますが、本人は「フルバックのバックアップになるくらいならウイングで先発で出たい」とはっきり言っているし「ボスはヘンリーだから」と笑顔で答えていました。私がジェーンを初めて見たときはウイングでセブンス出身だけあってスペースの使い方やランニングスキルが素晴らしい選手だなと思ったのと、とにかくオフロードのスキルが素晴らしかったのが印象的でした。彼はウイングでもフルバックでも一流の選手ですし、ABsでは昨年はウイングで活躍していたし楽しみです。昔の記事を見たら(こちら2006年の年末メンバーにコリージェーンを選んで欲しいと書いていました。

15番でテストデビューするダグは落ち着きがあり新人離れしているなとオークランドでのトレーニングキャンプで感じたし心配いらないでしょう。彼の攻撃的なカウンターアタックが目立てば面白い。

12番で先発のスタンリーはまったく心配していません、25歳ですしプレイも落ち着きがありミスが少なく頼りになる選手なのでノヌーの代役をしっかりこなすでしょう。安定感と確実なディフェンスでこのままレギュラーを取って欲しいかも。 一方リハビリ中のノヌーはトレーニングに参加しだしてトライネーションズまでに復帰できそうな感じ。

プロップはフランクス兄弟(写真)でクルセーダーズでレギュラーだった二人だし兄弟で力を合わせてこのまま二人ともレギュラーを取るか?1番はウッドコックが今年はいまいちなのでベンフランクスは3番はまだまだですが1番なら結構いいのでウッドコックもうかうかしていられません。 2008年にABsに選ばれてそのまま定着できなかったBフランクスは昨年怪我に泣かされていただけに今回は弟と一緒にスコッドに入れてしかも先発で一緒に出れるので嬉しいでしょう。何かと話題になっているフランクス兄弟です。
ABs
6番をトンプソンとカイノのどちらにするのかなと思っていましたが、カイノが先発でトンプソンはヴィトがベンチに入ったのでちょっと残念です。カイノはディフェンスは素晴らしいですが、攻撃ではいまいち迫力がなくトンプソンの方が走力とブレイクダウンでの仕事ぶりが素晴らしいのでトンプソンを使って欲しかった。このポジションは色々ローテーションして使っていくでしょうね。ヴィトはNo8もやれるし後半の途中で出番がありデビューするでしょう。

サムホワイトロックが先発でなかったのは残念ですが、26名のスコッドに名前が入っていなかったのに、ボリッチをベンチにしてホワイトロックを先発で使うのもおかしな話なので仕方がないか。出番は必ずあると思います。
それにしても未だに思うのが、ドネリームリアイナ、カフイを怪我しているのに入れているのか? 今週末にクラブラグビーで調整するそうですが、スコッド外からホワイトロック、レンジャー、ベンスミスの補強メンバーをトレーニングの初日から呼んでいるなら、始めから入れておいて怪我人は最初の発表で含めなければいいのに・・・ホワイトロックとかもスコッドの発表で正式に名前を呼ばれたかったでしょうに。 

クルーデンをベンチに入れていますが点差がついたら出番があるでしょう,それとカーターが怪我しないとは言い切れない。
そこで気になったのが、もしカーターが前半の早い段階で怪我して退場することになったらどうするか? クルーデンはGKが上手くないのでクルーデンは入れれない??そうなるとキッカーとして買われてスコッドに入れたような感じのウィップーを10番に入れるか? それが出来なかったらカーター→クルーデンにするとカウワン→ウィップーとなり早々とカウワンをベンチに下げなくてはいけない。 ゴールキックが蹴れない10番は厳しいなっと思っていたからクルーデンはスコッドに入れるのは難しいかなと思っていました。ましてや他にもキッカーで良い選手がいないし。 それかクルーデンを10番に入れて15番ダグがキッカーと言う事もあるけど、ダグもまだまだ安定感がないGKなのでちょっと心配です。そうなったらウィップーを10番に入れて後半でクルーデンといろいろ考えてしまいます。カーターの後継者が育ってないのが痛い。
カーターが前半の早い段階で怪我することも頭に入れているとは思うがコーチがどうするか注目。もちろん大事なカーターに怪我をしてもらっては困るのでそうならない事を祈ります。 

アイルランドはニュージーランド相手に一度も勝ったことがなく(1回引き分け)今回ABsは怪我人が多くて経験の少ないメンバーが多いので最大のチャンスと思っているようですが、そのアイルランドも怪我人や病人その他…大勢いるようで初勝利は厳しそう。 キャプテンのオドリスコールはノヌーの居ないところがチャンスかなとスタンリーを標的にしているようです。 あとダグがデビューでキックで狙っていくかもしれませんのでキック処理でもたついたらチャンスがあるかも、アイルランドは10番オガーラのキッキングゲームが鍵でしょう。しかしなぜオガーラなのか??どう考えてもセクストンの方が良いのに理解が出来ません。

先日バーバリアンズに負けているアイルランドですが良いフォームアップマッチとなっているだろうし、前半はそこそこ接戦になるかも。若手がそこそこやればABsは負けることはないでしょう、デビューで緊張して良いパフォーマンスができなければ苦戦するかな。 

アイルランドがNZ来るときはここ最近は雨ばかりで2008年、2006年(下の写真ですが寒かったのでぶれてしまいすいません)はむちゃくちゃ降りました。今週はどうなるでしょうか? 出来れば雨が降らないで展開ラグビーが見たいです。
2006
レフリーは2007年W杯準々決勝の対フランス戦を担当したバーンズ氏でかなり話題になっております。今年のスーパー14はブレイクダウンのルールの解釈を新しくして(ニュールールではない)やっていて、北半球はそうでないルールでやっていて、今回のテストマッチは新しいルールの解釈でやるのかな??ヘンリー氏がバーンズ氏とミーティングしたそうですが、果たしてどちらのレフリングでやるのか? 
レフリングが影響するかは過去ELVでスーパー14だけ試させて北半球は一切やらなかった時にテストマッチではELVを採用せず北半球のチームと対戦しても問題なくABsが勝ちましたし逆にフィットネスで差がついた感じでした。
今回はELV程の影響はないと思いますが、もし新しい解釈のルールでやったらアイルランドはかなり不利でしょう、それは今季のスーパー14の序盤に選手たちがかなり戸惑っていたのがあるのでアイルランドの選手はかなり戸惑うでしょう。 新しくないやり方で試合をしてもABsにとって不利になるとは思えません、逆に新しい解釈でやったため、立ってプレイすることを意識しているし反則が少なくなったと思うし良い方向に行っていると思います。それは今季のスーパー14を見てても選手が意識して倒れこみの反則が減ったと思うし今季のスーパー14の試みは良かったと思っています。レフリーによってばらつきがあったのがちょっと選手を戸惑わせたけど、総合的に見たら良かったと思います。
ABs

両チーム怪我人が沢山出たのでその点ではお相子として、そうなると実力的にABsが有利でしょう。
ラインアウトは心配ですが、デビューする若手がそこそこやればABsが10点差以上つけて勝つでしょう。

13番対決、両ウイング対決が楽しみです。
ABs
All Blacks:
15 Israel Dagg, 14 Cory Jane, 13 Conrad Smith, 12 Benson Stanley, 11 Joe Rokocoko,
10 Dan Carter, 9 Jimmy Cowan; 8 Kieran Read, 7 Richie McCaw (captain), 6 Jerome Kaino,
5 Anthony Boric, 4 Brad Thorn, 3 Owen Franks, 2 Keven Mealamu, 1 Ben Franks.
Reserves:
16 Aled de Malmanche, 17 Neemia Tialata, 18 Sam Whitelock, 19 Victor Vito,
20 Piri Weepu, 21 Aaron Cruden, 22 Zac Guildford.

Ireland:
15 Rob Kearney, 14 Tommy Bowe, 13 Brian O'Driscoll (captain), 12 Gordon D'Arcy, 11 Andrew Trimble,
10 Ronan O'Gara, 9 Tomas O'Leary, 8 Jamie Heaslip, 7 David Wallace, 6 John Muldoon,
5 Mick O'Driscoll, 4 Donncha O'Callaghan, 3 John Hayes, 2 Sean Cronin, 1 Cian Healy.
Replacements:
16 John Fogarty, 17 Tony Buckley, 18 Dan Tuohy, 19 Shane Jennings,
20 Eoin Reddan, 21 Jonathan Sexton, 22 Geordan Murphy.

サニービルウイリアムズは今オーストラリアに居ますが、そこである番組に出演した時に、今後どこでやるのかの問いに対してNZでプレイしてABsになりW杯に行きたいと発表。それがユニオンンの番組でなくラグビーリーグの番組でした(元オーストラリアのリーグの大物選手だった)まず発表はNZでやるならNZでしろよなって感じで、これが彼らしいと言えばそうですが、結構話題になています。
正式に発表するのは、彼のもう一つのプロ?で活動しているボクシングの試合がもう直ぐあるのでその後だとか。この試合はチャリティーで行われるそうです。今日のラジオでそのニュースを耳にしましたが、オージーのコメンテーターが言うにはまだ所属チームは決めていないとか・・・でもおそらくカウンティーズと契約する事が濃厚じゃないでしょうか。家族がオークランドでパートナーの家族もそうらしいですし、接触しているところで近いチームはカウンティーズかノースハーバーで、タナウマガもカウンティーズと契約したしその影響でカウンティーズでしょう。
前も書きましたがカンタベリーでしっかり躾もしてもらって欲しいです。
正式発表が待ち遠しいですが、ITM-Cup(昨年までのAir NZ Cup)で活躍しないとABsには選ばれないので必死にやるでしょう。素材は素晴らしいですから凄いプレイヤーになるかも知れません。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

剛さん>
始めまして。ヨーロッパからありがとうございます。サニービルウイリアムズで検索して私の所に来たと知りちょっと驚いています。
今年もボクスに対抗できるのかどうかは、アイルランド戦を見る限りではちょっと厳しいかなと思いました。
スーパー14とテストマッチは全然違うので別と考えた方が良いと個人的に思います。
確かにワラビーズは我慢して若手を使ってきたかいがあり徐々に良くなっている気がします。

イベントでフランス人を見直した書き込みがありましたが、確かに彼の言う通りだと思います。自分自身を信じてしっかりトレーニングする事でしょう。いくら凄い相手でも気持ちだけは負けないようにしないといけないかと、特にラグビーはやるかやられるかの世界と言っても良いスポーツですから。
ギャップの違いに驚かれたようですが、日本人と違ってスイッチのオンとオフの切り替えがしっかりできるところがNZでラグビーをしていても感じますし、それが出来るので強いのかと。日本は昔からの伝統で長い時間を悪く言うとだらだらやっていてメリハリがないと言う感じでスイッチの切り替えが上手く出来ないのかと。

コメントを公開にしたら書いた名前はもちろん公開されますが。メールも同様に書けば公開されます。他の方は殆どメールの欄は書かれていないようです。
プロフィール

ラグオ

Author:ラグオ
ラグビーが大好きでラグビー王国ニュージーランドへ。現地のクラブでプレーしニュージーランドラグビーに虜に。それ以来ラグビーシーズンに合わせて日本とNZを何度も行き来して今ではNZに永住。NZラグビー最高です!だからここに来たしこれからも。
趣味は料理、ベイキング、写真など・・・致命傷の怪我でラグビーがやれなくなってからベイキングを始め今では一番の趣味かも。試食したい方はどうぞ(笑)
近い将来再びグラウンドに立てるまでリハビリがてらブログを書いています。心身共に調子が良くないので時々弱気な発言があるかと思いますが許してください。
ラグビー大好きなら大満足出来るそんなラグビー王国から呟いています。ラグビーについて色々語りましょう。

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリー
ブログランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ
↑ランキングに参加中
↓クリックお願い致します


ラグビー ブログランキングへ
RSSフィード
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

オールブラックス ニュージーランド Rugby ラグビー AllBlacks NewZealand Super14 ラグビーワールドカップ スーパー14 ワラビーズ スプリングボクス ブルーズ クルセーダーズ スーパーラグビー Zealand New NZ チーフス ジュニアオールブラックス Blacks All Springboks カンタベリー オークランド ウエールズ ハカ Air Cup アイルランド イングランド ホックスベイ カナダ ジェリーコリンズ フランス サモア Wallabies AirNZCup ダンカーター スコットランド ウエリントン ダグハウレット タナウマガ ハリケーンズ 日本 ストーマーズ ハイランダーズ セブンス ABs Auckland ワイカト タラナキ トップリーグ ハイネケンカップ ブルズ トンガ Australia イタリア Canterbury トライネーションズ Nations SouthAfrica ワラタス SBW ボクシング マオリ サウスアフリカ マンスター ノヌー モセトゥイアリイ Pacific ANZC ブランビーズ ロビーディーンズ スパーラグビー ベッカム キウイ ルークマカリスター AirNewZealandCup シャークス ラグビーチャンネル マフィン ジュニア イーデンパーク ランフリーシールド Premiership England シオネラウアキ オーストラリア ダニーデン トライ ワールドカップ エアニュージーランドカップ ブリディズローカップ ジョニーウィルキンソン トニーブラウン ラグビートニーブラウン ハミルトン スクラム ジャスティンマーシャル オールブラッククス 日本代表 クリスジャック ネットボール 箕内 クリスジャク リコギア リコ・ギア パシフィックネーションズ apan フィジー シオネラウア キースロビンソン リッチーマコウ アリウイリアムズ 海外ラグビー スパー14 Blues ニックエヴァンス サニックス Wellington グレックサマヴィル NZマオリ ダン・カーター サウスランド Waikato W杯 Scotland Ranfurly PACIFIC Shield Six Tonga Supre14 ウェールズ アルゼンチン ロールケーキ デザート サニービルウイリアムズ コスプレ ホワイトロック ドナルド カフイ チョコレート 癒し チータース ライオンズ フォース レッズ バレンタインデー ケーキ ベイキング Otago NorthHarbour シックスネーションズ ジェイソンイートン Super14 ジェーソンイートン クライストチャーチ クラシックオールブラックス Newzealand ABs ジョナロムー シドニー サッカー 派閥 ルーベンソーン ヤマハ アーロンメイジャー ヘンリー 日本代表J AB JonahLomu Jonah Japan Jrオールブラックス Junior Lomu KapaOPango ISLANDERS Guinness Argentina AllBlacksスーパー14 BLUES Bluse France Fiji 妊娠 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。