スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日は決戦@オークランド オールブラックスvスプリングボクス プレビュー

いよいよ本当のテストマッチが始まります。6月の北半球との試合はウォーミングアップのような感じでしたから。
昨年の開幕戦もイーデンパークで対ワラビーズで私も見に行きましたが、コリージェーンがウルフの怪我で急遽14番に抜擢されて活躍した記憶があります。今年の開幕戦もイーデンパークで始まり、昨年のチャンピオンでワールドカップ保持チームでもあるスプリングボクスとの試合で、ニュージーランドではかなり盛り上がっております。この初戦が今年のトライネーションズの優勝を左右すると言っても良いかも知れません。今年はスプリングボクスはNZで2試合でここを1勝1敗で乗り切れば、3戦目は地元で95,000人の観客が入るところでやれるアドバンテージ。

イーデンパークでボクスとやるのは2001年以来と久しぶりの試合になります。私が初めてボクスの試合を見たのがこの2001年の試合で大雨の中の観戦で、ピタ・アラティニがトライをした時にはしゃいだ記憶があります、ジャックが良いパフォーマンスをしてその後ABsに定着したのかな?

イーデンパークでの両チームの対戦は以下に載せたように最初の2回はボクスに敗れていますが、それ以降はオールブラックスが負けていません、一番惜しかったのが1994年の引き分け。ABsはイーデンパークでは、64テストで52勝,10負け2引き分けで勝率は81.3%

1921 - South Africa 9 New Zealand 5
1937 - South Africa 17 New Zealand 6
1956 - New Zealand 11 South Africa 5
1965 - New Zealand 20 South Africa 3
1981 - New Zealand 25 South Africa 22
1994 - 18-18 draw
1997 - New Zealand 55 South Africa 35
2001 - New Zealand 26 South Africa 15

一番最後にABsがイーデンパークで負けたのを見ると、ボクスと引き分けた年と同じ1994年にフランスに負けたのが最後でその後は負けなし。ちなみにヘンリーヘッドコーチがイーデンパークで(最後に?一回きり?)負けたのは1998年のスーパー12決勝のクルセーダーズ戦だと言う事だそうですが、ヘンリー氏にとって相性が良い場所ですし、記者の質問に対してプレッシャーでも良いプレッシャーだとインタビューで言っていた。

メンバーは下に載せてありますが、ABsは試合不足や調子の良さなど関係なく経験のある選手を並べてきてたところからヘンリー氏の慎重さが伺えます。 ドネリーは少しクラブラグビーに出た後に先日ハミルトンで行われたウエールズ戦で60分くらい出場しただけ。ノヌーは6週間怪我で試合に出ていなくて2週間前にクラブラグビーに後半の途中まで出たくらいでいきなり先発にしてきていますが本人はナーバスになっているようです。同じくムリアイナもウエールズ戦で復帰しただけで試合不足なのは確かで、この3人がレベルの高い試合で試合不足が影響しないか心配かも。

ドネリー、ムリアイナはウエールズ戦でまずますの動きを出来たので良いですが、ノヌーは高いレベルでやってない状態ですからノヌー自身の試合の入り方が重要になってくるかと。序盤で乗れないとその試合をしっかり戦うのは難しいのでは?ノヌーの出来がかなり試合を左右する気がします。
ボクスのキック攻撃に対抗してカウンターアタックの得意な好調ダグを見たかった気持もありますが、やっぱり大一番の試合では経験のあるムリアイナを使って来ました。ムリアイナがどこまで復活しているか注目です。今週の出来しだいでは来週ダグもあり得るかも。

一方のボクスは、ボタの脹脛痛があってメンバー発表を2日送らせて木曜日に発表しましロックはブルズコンビでボタも先発メンバーに入り、スーパー14で大活躍したアプロンをウイングで使わず6月のテストマッチでもウイングで試していたJean de Villiersを14番に入れるなど、こちらも経験のある選手を並べてきています。Jean de Villiersは北半球でスローなラグビーをしてきたので12番ではまだ使うのは怖いのか?6月あまり使われなかったオリフィエがここ数年素晴らしいので12番で使いたかったのかどっちだろう?私はオリフィエの12番の能力はかなり買っています。

昨年オープンサイドフランカーで大活躍したブルソー、世界一のハーフバックのデゥプレアー、フッカーのデュプレッシ―等の怪我人+ジュアンスミスも欠場+フランソワステインも辞退するなどレギュラー陣がかなり抜けている状態でもかなりの強力メンバー。しかも控えもスーパー14で素晴らしい活躍をしたベッカー、ロッソウ、アプロン、ピナール等のレギュラーでも行けるメンバーが居るのは心強い。Bジェームスをまだ代表に入れているのはちょっと理解し難いが経験を買って入れているのでしょう。

一方のABsのベンチは、Bフランクスはスクラムに不安があるし、メッサムはスピードとスキルは素晴らしいがパワーで対抗できるか? カウワンが怪我したらウィップーの今の出来ではスローな感じで心配。 一番心配なのはカーターが怪我したときの控えのクルーデンが特にコンタクトでやられそうですしこのレベルにはまだまだだと思うので心配。

試合は、間違いなくボクスはキック攻撃を中心で仕掛けて、特に昨年酷かったジョーロコを狙ってくるでしょう。モネステインのハイパントの落とす位置の正確さとウイングのキックチェイスでプレッシャーをかけてきて地域を取ったうえにボールも取ってしまうという昨年と同じ展開になればABsに勝ち目はないでしょう。とにかくキック処理が課題でムリアイナ、ジョーロコが鍵でしょう、ジェーンのスキルは素晴らしいので心配していません。ジョーロコはこの試合でキック処理が駄目だったらこれ以降チャンスが無いと思って良いかも知れないのでプレッシャーになっているでしょう。

ハイパントの処理が悪いだけでなく、ABsはキックオフのボールをキープするのも良くないのでこれもしっかりしないと自陣に釘付けにされてしまうでしょう。6月のテストマッチは相手があまり競れるところに蹴ってこなかったので参考になりませんでしたが、ウエールズもアイルランドももっとキックの精度を上げてこれば対抗できると思います。それだけABs(NZのスーパー14のチームもかな)はキックオフがここ数年酷いです。マオリは今回かなり良かったのでしかりした試合ができてアイルランド、イングランドと代表チームに勝てたと言っても良いでしょう。

キック攻撃と同じでやられまくったラインアウトもボクスが有利なのは間違いないでしょうが、今年はメアラムのスローイングが安定してきてミスがかなり減ったのが明るい材料でボクス相手にどこまでやれるか?あとはボクスがラインアウトからモールを押してくるのを対応できるか?

ボクスはラン、パス、キックと全て素晴らしいハーフのデゥプレアーが居ないのがかなり痛いが、ジャニアリーも経験のある選手で2年前のダニーデンでボクスの初勝利の立役者のジャニアリーが個人技で取った逆転トライが物語るように意外性のあるここ一番で素晴らしい力を出す選手ですので要注意。6月のテストマッチでも良い動きをしていました。

スクラムもロックにボタが入れてきているしABsと対等に戦えるか?それともABsがやや有利か?

ブレイクダウンはかなり激しいものになりそうで見ごたえがありそうで。ブルソーが居なくても今年はストーマーズのフランソワ・ローが昨年のブルソーのような感じで良い仕事をして6月のテストマッチでも活躍してたし、初めてABsと戦う事になりますがやってくれそうな感じで不気味かも。今年の新しいブレイクダウンの解釈になってから、前にも書いたと思いますがサウスアフリカの選手が立ってプレイできるようになったと思うし反則が減った気がするのでABsはかなり手こずりそう。

ここまで行くとボクスが勝ちそうなことばかり書いていますね(笑)不安材料が多いですが、まずはキック攻撃に対抗できるかが一番鍵だと思うのでこれがしっかりできれば、勝てると思っています。もちろんラインアウトとモール対策もですがハイボール処理が一番かと。
始めに書いた怪我人の試合不足のノヌーがこのレベルでどれくらい動けるかが心配ですし、メンタル的に上手く乗れる事が出来るか? ノヌーのパフォーマンスが良くないなら早めにカフイと代えた方が良いかも知れませんね。ノヌーは良い時と悪い時の差が激しいので・・・ それにジョーロコのキック処理もミスが続くようなら早めにカフイに代えたいけど、ノヌーとジョーロコが一緒に調子が悪かったらどうしようもないのでそれだけは避けて欲しい。

カフイ、Sホワイトロックは後半相手が疲れた時に出てくると面白そう。控えでこの二人は使いがいがありますがあとの選手は出来れば使わないに越したことはないかと・・・だから怪我人が出て欲しくない。
メッサムは終盤に投入させればスピードがあるので面白いかも。FWが有利ならメッサムがかなり生きるので楽しみ。

スピースに走らせる場面を作らせる展開になったら面白いがそれは負け試合になるので勘弁して欲しい(笑)

ボクスは73年間イーデンパークで勝っていないのでそろそろ勝ちたいところ,ABsは昨年3連敗してるので連敗を止めたい。予想は、キック処理がそれなりに上手くいくと信じてABsが5点差で勝利。 


All Blacks vs Springboks Eden Park, Auckland, Saturday July 10, 19:35 NZT.

NEW ZEALAND:
15 Mils Muliaina, 14 Cory Jane, 13 Conrad Smith, 12 Ma'a Nonu, 11 Joe Rokocoko,
10 Dan Carter, 9 Jimmy Cowan; 8 Kieran Read, 7 Richie McCaw, 6 Jerome Kaino,
5 Tom Donnelly, 4 Brad Thorn, 3 Owen Franks, 2 Keven Mealamu, 1 Tony Woodcock.
Reserves:
16 Corey Flynn, 17 Ben Franks, 18 Sam Whitelock, 19 Liam Messam,
20 Piri Weepu, 21 Aaron Cruden, 22 Richard Kahui.

SOUTH AFRICA:
15 Zane Kirchner, 14 Jean de Villiers, 13 Jaque Fourie, 12 Wynand Olivier, 11 Bryan Habana,
10 Morne Steyn, 9 Ricky Januarie; 8 Pierre Spies, 7 Francois Louw, 6 Schalk Burger,
5 Victor Matfield, 4 Bakkies Botha, 3 Jannie du Plessis, 2 John Smit (captain), 1 Gurthro Steenkamp.
Reserves:
16 Chiliboy Ralepelle, 17 BJ Botha, 18 Andries Bekker, 19 Danie Rossouw,
20 Ruan Pienaar, 21 Butch James, 22 Gio Aplon.
今日はランフィリーシールドチャレンジがあり昨年久しぶりにランフィリーシールドを獲得したサウスランドがオースオタゴのチャレンジを受けます。毎年NPC(昨年までのAir NZ Cupで今年はメインスポンサーが変わりITM-Cup)のシーズンの前に下部リーグの2チームのチャレンジを受けると言う事になっています。

サウスランドはほぼベントメンバーでスーパー14経験者が沢山います。ロビンソンはベンチですね。

Southland:
15 Glen Horton, 14 Mark Wells, 13 Pehi Te Whare, 12 Seminar Manu, 11 James Paterson,
10 James Wilson, 9 Scott Cowan, 8 Hua Tamariki, 7 Tim Boys/Dion Bates, 6 John Hardie,
5 Josh Bekhuis, 4 Joe Tuineau, 3 Chris King, 2 Jason Rutledge, 1 Jamie Mackintosh (captain).
Reserves:
Brayden Mitchell, Nic Barrett, Alex Ryan/Dion Bates, Elliot Dixon,
Nick Annear, Robbie Robinson/John Dodd, Tony Koonwaiyou/Nick McGrath
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ラグオ

Author:ラグオ
ラグビーが大好きでラグビー王国ニュージーランドへ。現地のクラブでプレーしニュージーランドラグビーに虜に。それ以来ラグビーシーズンに合わせて日本とNZを何度も行き来して今ではNZに永住。NZラグビー最高です!だからここに来たしこれからも。
趣味は料理、ベイキング、写真など・・・致命傷の怪我でラグビーがやれなくなってからベイキングを始め今では一番の趣味かも。試食したい方はどうぞ(笑)
近い将来再びグラウンドに立てるまでリハビリがてらブログを書いています。心身共に調子が良くないので時々弱気な発言があるかと思いますが許してください。
ラグビー大好きなら大満足出来るそんなラグビー王国から呟いています。ラグビーについて色々語りましょう。

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリー
ブログランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ
↑ランキングに参加中
↓クリックお願い致します


ラグビー ブログランキングへ
RSSフィード
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

オールブラックス ニュージーランド Rugby ラグビー AllBlacks NewZealand Super14 ラグビーワールドカップ スーパー14 ワラビーズ スプリングボクス ブルーズ クルセーダーズ スーパーラグビー Zealand New NZ チーフス ジュニアオールブラックス Blacks All Springboks カンタベリー オークランド ウエールズ ハカ Air Cup アイルランド イングランド ホックスベイ カナダ ジェリーコリンズ フランス サモア Wallabies AirNZCup ダンカーター スコットランド ウエリントン ダグハウレット タナウマガ ハリケーンズ 日本 ストーマーズ ハイランダーズ セブンス ABs Auckland ワイカト タラナキ トップリーグ ハイネケンカップ ブルズ トンガ Australia イタリア Canterbury トライネーションズ Nations SouthAfrica ワラタス SBW ボクシング マオリ サウスアフリカ マンスター ノヌー モセトゥイアリイ Pacific ANZC ブランビーズ ロビーディーンズ スパーラグビー ベッカム キウイ ルークマカリスター AirNewZealandCup シャークス ラグビーチャンネル マフィン ジュニア イーデンパーク ランフリーシールド Premiership England シオネラウアキ オーストラリア ダニーデン トライ ワールドカップ エアニュージーランドカップ ブリディズローカップ ジョニーウィルキンソン トニーブラウン ラグビートニーブラウン ハミルトン スクラム ジャスティンマーシャル オールブラッククス 日本代表 クリスジャック ネットボール 箕内 クリスジャク リコギア リコ・ギア パシフィックネーションズ apan フィジー シオネラウア キースロビンソン リッチーマコウ アリウイリアムズ 海外ラグビー スパー14 Blues ニックエヴァンス サニックス Wellington グレックサマヴィル NZマオリ ダン・カーター サウスランド Waikato W杯 Scotland Ranfurly PACIFIC Shield Six Tonga Supre14 ウェールズ アルゼンチン ロールケーキ デザート サニービルウイリアムズ コスプレ ホワイトロック ドナルド カフイ チョコレート 癒し チータース ライオンズ フォース レッズ バレンタインデー ケーキ ベイキング Otago NorthHarbour シックスネーションズ ジェイソンイートン Super14 ジェーソンイートン クライストチャーチ クラシックオールブラックス Newzealand ABs ジョナロムー シドニー サッカー 派閥 ルーベンソーン ヤマハ アーロンメイジャー ヘンリー 日本代表J AB JonahLomu Jonah Japan Jrオールブラックス Junior Lomu KapaOPango ISLANDERS Guinness Argentina AllBlacksスーパー14 BLUES Bluse France Fiji 妊娠 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。