スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内容悪いながらも最終戦勝利(トライネーションズ、レビュー)&ABs怪我人復帰情報

C
僅か1点差となった最終戦は、後半の途中まではワラビーズが有利でしたが、60分以降はオールブラックスが有利に進め逆転勝ちで今年のトライネーションズを6戦全勝でABsが優勝!昨年Boksに3連敗があっただけに選手達も嬉しいでしょうね。今年のオールブラックスのテストマッチでウエールズ戦(ハミルトン)に続いて内容が良くなかった試合でしたが勝ってしまうところが今年のABsの凄いところ。

正直な感想はあまり面白くなかった試合、大会優勝とブレディスローカップ保持が既に決まっているので消化試合と言う事で選手達のモチベーションが低く感じ、特に前半のABsのパフォーマンスがいまいちでした。

クルーデンタックルは予想よりはしっかりできていたと思うが、ディフェンスと共に課題のキッキングゲームが相変わらず良くなかった。左足では全然蹴れないと言っても良いくらいの飛距離にカウンターしてくださいと言わんばかりの位置に落とすキックはこのレベルでやるにはもっと上達してもらわないといけません。それにキックオフとドロップアウトが長過ぎたりと良いところに蹴れてない。
初めての先発でしかも相手がワラビーズだったので、この試合だけで彼を評価するのはちょっと可愛そうな気もするし、まだ21歳と言う事でこれから経験を積んで成長して欲しいです。私は2015年のワールドカップでと前から思っていますが、ヘンリー氏はどうするのでしょうか?

クルーデンに続いて私がプレビューで名前を挙げていたヴィトは、スクラムからワラビーズのNo8にかなり走られてオコーナーがトライを取った場面のディフェンスミスはちょっといただけなかった。
それにブレイクダウンの激しさはまだまだこのレベルに達していない事が解った。しかし持ち味のボールを持ったプレイはまあまあ良かったのがあるし(もっとインパクトを見せてほしいけど)、彼もまだ若いしこれからでしょう。

私はヴィトが前半の特にブレイクダウンで良い仕事を出来ていないので、後半頭からカイノを入れてたてなおして欲しかったが、ヘンリー氏は余裕をもってヴィトにチャンスを与えていました。しかし点数から言ってちょっとやばくなってきた時にカイノが入ってがらりと変わりブレイクダウンで有利になれるようになったので、点差が一時期13点差くらいあったけど負ける気がしなかった。

カイノが入ってFWで有利になり始めた後に今度はクルーデンと代わってスレイドが入って流れがABsに来た。スレイドは左足でも蹴れるしディフェンスも強いし安心して見れた、カイノが入ってFWに勢いが出てきたのでスレイドもクルーデンよりやりやすかったかも知れませんが・・・

後半だったかな3連続取られた(うち一つはノットストレート)ラインアウトを投げたのは、前半10分くらいで退いたメアラムに代わって入ったフリンにはちょっとがっかりしたかも。

そのラインアウトに関係していたロックのドネリーが今回はいまいちだったのに対して、やっとトライネーションズの出場機会に恵まれたボリッチがラインアウトを含めて結構良かった気がします。アフォアも後半の途中から入り、前半そんなに有利になれなかったスクラムを有利にしていたと思うし、試合内容は良くなかったが明るい材料もあった。

ワラビーズは何とか勝ったBoksの試合では「控えの選手起用である程度成功した感じに思えた」とプレビューでも書いたけど、この試合でも後半フィットネスが落ちてくる頃に控え選手を使ってくるかと思いきや・・・残り時間僅かなところで使うくらいではなかったでしょうか?前週のようにバーンズをもっと早く出しても良かったかなと思いました。それにギタウのゴールキックが前半から調子が良くなかったのに早めに前週素晴らしい逆転PGを決めたビールに代えるべきだった。どうしてそこまでギタウに拘るのか?1点差で負けでしたからギタウがあと一本でも決めていれば・・・
Piri Weepu
一方のABsはウィップーが3PG,2Conでパーフェクトで大違いで、ウィップーが一本でも外していたら・・・そのウィップーはインタビューで前日GKの練習は全然だったとか言う事を話していて、アシスタントコーチのスミス氏にある言葉を頂いて気楽に蹴れるようになったとか。カーターが居なくてもウィップーが安定したGKをしてくれるので心強いです。

リードとの連携プレイで素晴らしいトライを取ったリッチーマコウですが、あれはラッキーでした・・・
まずワラビーズのディフェンスが取らしてくれた。ダグはオープン側にいてブラインドサイドはオコーナーだけで、あの場面でマコウを見るのはオコーナーしか居ないのに、なぜか最初にボールを持ったリードにプレシャーをかけに行ってマコウがフリーになり簡単にトライを取らしてくれました。
ラッキーだったのは、オコーナーのディフェンスだけでなく、マコウがスクラムからボールが出る前にスクラムから離れてリードからボールを貰ったので本当ならペナルティーでした。
リプレイで見るとそれがはっきり分かりますが、No8リードがボールを持つほんの少し前にマコウがスクラムから離れてと一瞬にしてやってのけたプレイだったので、レフリーもタッチジャッジも気が付けませんでした。ある意味ラッキーですが、試合後にワラビーズのコーチのディーンズ氏は、レフリーが反則を取らなかった事を言っていながらも「クレバーなプレイ」と言っていたように凄い良い連携プレイでした。

こう書くとワラビーズはアンラッキーだったと思うかも知れませんが、ワラビーズもラッキーな場面がありました。前半ダグがライン際を走り抜けて、中央にいたムリアイナにキックパスをしてムリアイナがトライをしそうな所で、ターナーのナイスタックルでラックが出来たところで、サポートに来たジェーンがボールを拾おうとした時に、オコーナーはオフサイドの位置から入りペナルティーを取られた場面
あのトライになりそうな場面でオフサイドの位置から入った事もかなり悪質ですが、ボールを拾おうとしたジェーンにノーボールタックルをしているので、あのプレイがなければトライだった可能性が高いし、ペナルティートライになってもおかしくなかったでしょう。これはラッキーだったと思います。

もう一つはラッキーだったかどうかと言うとニュージーランドのスカイのラグビー番組で言われていた事で、Aクーパーのトライになる前に、ワラビーズのパスがレフリーに当たりそうになり、レフリーが邪魔になったと言う事で笛を口まで持っていったので、選手たちは一瞬動きが止まりったようになりました。そしてその後ゲニアがAクーパーに長いパスをしてトライとなりました。 
私が思うにレフリーは邪魔になったからパスが乱れてしまったので笛を吹くつもりだったが、攻撃側のワラビーズがまだボールを確保していたので、所謂アドバンテージを見るような感じにしたのかなと解釈しました。

今回もだらだらと書いてしまましたが、コメントでも書かれていたメアラムですが、丁度1週間くらい前に書いた記事でメアラムが脹脛を痛めているのが心配と書きましたが、その影響で僅か10分でベンチに退いてフリンが入りましたが、メアラムとの差がかなりあるなと感じました、年末遠征とW杯は3人フッカーで行くので第3のフッカーは誰にするのか? チーフスのデ・マルマンチはスローイング以外はかなり良いのですが・・・

カーター居なくてメアラムが直に退場と主力を欠いたのに+良い内容でなくても勝ったのには評価できるか。
びっくりしたのはコンラッドスミスがミスタックルを2回もした事、しかも同じ人に(ビール)2回も・・・ビールはもともとキレのあるランニングしますけど、2回もタックル外されたのはちょっと・・・
ターナーは久しぶりでも凄い良かったですね、トライにならなかったのは僅かに足が先に出てアンラッキーだったけど、ムリアイナのトライセービングタックルは凄かった
これでワラビーズはイオアネ、ホーンとかの怪我人BKが戻ってきたらポジションどうするんでしょうか?FWの怪我人も続々戻ってくるしかなり怖いですね。

New Zealand 23 (Kieran Read, Richie McCaw tries; Piri Weepu 3pens, 2cons)
Australia 22 (Adam Ashley-Cooper, James O'Connor tries; Matt Giteau 3pens, Kurtley Beale pens).


新しいルールの解釈の影響からか、昨年Boksの得意のハイパント攻撃からABsとワラビーズが展開ラグビーを試みて沢山のトライを取った今年のトライネーションズのトライ数が52で昨年の倍くらいになったとかですが、これは見ている方はトライが増えて面白くなったかも知れません。確かにそう言う言い方もありますが、私は今年のトライネーションズはABs以外のディフェンスが良くなくて(Boks対ワラビーズ)ちょっと締まりがないかなと思ったのが正直な意見です。 と言いながらも最終戦のABsのミスタックルも結構あって珍しいなと思いました。
ABsの怪我人情報
カーターもリハビリを開始してるとかで先週ラグビーチャンネルのゲストで出て元気そうでした。結局キャンセルにならなくなった香港の試合で復帰できそうな感じです。今はオークランドに居てブルーズのフィジオと一緒にリハビリしているそうです。
ブルーズと言うと今季スーパー14で腰の慢性痛でしばらく苦しんでいたトエアヴァが手術したと言うのを以前書いたと思いますが、そのトエアヴァもオークランドのトレーニングに復帰し2週間後には試合に復帰できそうな感じ。

その他のABsも続々と復帰情報が入ってきています。ワイカトのスティーヴン・ドナルドが今週からベンチスタートですが復帰でITM-Cupに出場、チームメイトのシヴィヴァトゥーもITM-Cupの終盤に復帰見込で年末遠征に向けて特にシヴィヴァトゥーの復帰には注目です。

先日も話題にした復帰戦で再び肩を怪我したカフイは、今日手術をしたと言う事はしばらくは駄目だと言う事ですが、今日の手術の結果でどうなるか、おそらく年末遠征は無理でしょう。レンジャー、サニービルそしてITM-Cup絶好調のフルーエンがセンターで居るのでカフイの怪我も本来なら凄い痛いですがそれほどでもなく思えてしまいます。

あと1ヶ月で年末遠征の30人のメンバー発表がありますが、上記に挙げた選手たちがどうなるのか注目です。シヴィヴァトゥーは確実でしょうが。

その年末遠征に向けてトライネーションズで戦ったABsの9名がITM-Cupを完全に休養させられます。
マコウ、リード、サム・ホワイトロック、カイノ、ムリアイナ、ジェーン、コンラッド・スミス、ノヌー、ウィップーですが、大ベテランで試合に出まくっていたソーンが入らずに、先発は少しだけで先週もベンチにも入っていない、ホワイトロックを休養選手に入れているのには??です。ウィップーも試合に出した方が太らない為にも良いかと・・・ 

明日はITM-Cupの話題を書く予定です。
F
最初の写真は今日は羊ではなく同じ公園にいる牛達です。親子でかなり顔が似てますね。
最後の写真は今日の晩御飯の一つのグラタンですがもちろん私の手作りです。 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

こんばんは。
グラタンおいしそ!

スレイドは、これから注目してみたいプレーヤー。2番手ということで、緊張も少なかったんでしょうが、フィールドに入ってきた時から、声を出していましたよね。好感が持てました。

そういえばフッカーのアンドリューホーアの怪我はまだ治らないのでしょうか?アーリーウィリアムスは?彼好きだったのに。

ラグオさんは来年のワールドカップのチケットは買ったんですか?もちろん見に行くのでしょうね。

>前半10分くらいで退いたメアラムに代わって入ったフリンにはちょっとがっかりしたかも。
>メアラムとの差がかなりあるなと感じました、年末遠征とW杯は3人フッカーで行くので第3のフッカーは誰にするのか? チーフスのデ・マルマンチはスローイング以外はかなり良いのですが・・・

あのノットストレートはちょっと気の毒に思いましたが、それにしても確かにメアラムとの差はすごく感じました。メアラムがすごい、というのもあるけれど、他のポジションは結構人材豊富な感じなのに何故かフッカーの層は薄い気がします(上でアンドリューホアの名前が挙がってましたが、彼は今いずこに?)。

>アフォアも後半の途中から入り、前半そんなに有利になれなかったスクラムを有利にしていたと思うし、試合内容は良くなかったが明るい材料もあった。

‥アフォアが出てたの、最後になるまで気がつかなかった(素人にはスクラムって難しいですぅ←言い訳)

>1点差で負けでしたからギタウがあと一本でも決めていれば・・・
>ウィップーが一本でも外していたら・・・

まさしく。まあ、Weepuは気楽に蹴れたのが良かったって事ですよね。

>リプレイで見るとそれがはっきり分かりますが、No8リードがボールを持つほんの少し前にマコウがスクラムから離れてと一瞬にしてやってのけたプレイだったので、レフリーもタッチジャッジも気が付けませんでした。ある意味ラッキーですが、試合後にワラビーズのコーチのディーンズ氏は、レフリーが反則を取らなかった事を言っていながらも「クレバーなプレイ」と言っていたように凄い良い連携プレイでした。

ああ、そうなんですね。私は、フォワードパスっぽいなあ(カメラのアングルがあるのでよくわかりませんが)とは思ったのですが。でも、ペナルティ(と紙一重)とは言え、プレー自体は確かにクレバーというか、絶妙なタイミングでしたね。

>あのトライになりそうな場面でオフサイドの位置から入った事もかなり悪質ですが、ボールを拾おうとしたジェーンにノーボールタックルをしているので、あのプレイがなければトライだった可能性が高いし、ペナルティートライになってもおかしくなかったでしょう。

‥そうなんです。しかし、今回実は「Go! Wallabies!」で見ていたので(なんでやー)、無意識に、気にしない気にしない、を決め込んでた。常日頃、「公正」に見ているつもりでいましたが、全く、全然、完璧に「ではない」自分に気がつかせられました(笑)

>ターナーは久しぶりでも凄い良かったですね、

はい、溌剌としていて良かったですねー。

>カフイの怪我も本来なら凄い痛いですがそれほどでもなく思えてしまいます。

カフイのファンとしては少し淋しいですが、ホントにそうですね。BKは層が厚いわー。カフイ、フッカー狙えば‥(??)。

>あと1ヶ月で年末遠征の30人のメンバー発表がありますが、上記に挙げた選手たちがどうなるのか注目です。シヴィヴァトゥーは確実でしょうが。

Zacの出る幕は無いのでしょうかねえ(;_;)。

>大ベテランで試合に出まくっていたソーンが入らずに、先発は少しだけで先週もベンチにも入っていない、ホワイトロックを休養選手に入れているのには??です。

?????(←同意、の意)

>ウィップーも試合に出した方が太らない為にも良いかと・・・ 

耳が痛い(笑)。

>最初の写真は今日は羊ではなく同じ公園にいる牛達です。親子でかなり顔が似てますね。

私には、親子でなくても似ている、としか見えませんが‥やっぱり毎日見ていると区別がつくのかな。

>最後の写真は今日の晩御飯の一つのグラタンですがもちろん私の手作りです。

いまや「動物+食べ物で必ず登場する」という感じになっておりますが(^_^;) ‥それにしても美味しそう。3食(+午後のお茶)付きでホームステイに行きますのでよろしく。

Kiwiの友達(ボーイフレンドじゃありませんよ)が、Kainoのことを絶賛しており、今や世界一のブラインドサイドフランカーとも言える!!と言っていました。
ABに選ばれる前に一緒に写真に写っておいて、お得な気分♪
でもよくみたら、一緒に写ってくれたカイノの『超作り笑い』っぷりが気になる今日この頃です。

キー卵リード、今回はおパンツ見せてましたね。
私は興奮したりはしてないですよ、ラグオさん。

相変わらず動物写真が本当に素敵ですね。
牛は茶色い方が可愛いですね。
私もラグオ家に3食+おやつコースでホームステイしに行きたいです。
おでんが食べたいです。
必要があれば、ラム持参か搾乳してきますよ。
でもラムは可愛いので観賞用ですけどね…。
あ、ラム=lambです。ram(♂羊)じゃないですよ。

Totperさん>こんにちは。グラタンおいしそうですか~ありがとうございます、おいしいですよ(笑)
スレイドは自分のプレイに自信を持っているのでそれが良いパフォーマンスに繋がっているかと。オージーの14番の可愛い子より注目してあげてください(笑)
ホアはまだまだみたいですね、復帰の話を聞かないので。でも年末遠征には間に合うとか前に言っていた気がします。アリは2回も同じ怪我しているしアキレス腱だから来年復帰してもW杯は無理だとみています。まず来年のスーパーラグビーで復帰できるかが問題ですね。
W杯のチケットは大分前に確保してあります、手元に届くのはまだ先ですが・・・
totperさんはインバカーゴかダニーデンで開催される試合に行くのですか?


rlbun さん>
流石に良く見てますね。あのノットストレートはちょっと厳しかったかも知れませんね。
フッカーは確かに人材不足です、サウスランド(今季ハイランダーズ)の選手が年齢は32くらいかな?その選手が代表見経験ですがかなり良いのでメアラム、ホア(怪我でリハビリ)に続いて3人目で呼んで欲しいです。

アフォアの事は見てなかったんですか~~タイプではないのかな(笑)あの体で良く走りますよ。
リッチーのトライはクレバーと言えばそうですが、トライ後のリプレイで直ぐに早いと解ったし、けっこうNZでも言われているます。でもオージーも記事で書いたようにラッキーな場面もあったしOKでしょう。ああ言うレフリーの判断も含めてラグビーです。(あまりにも酷いのはどうかと思いますが)

「Go! Wallabies!」で見てたんですね、浮気性ですね(笑)私は良い試合が見たいのでいつも公平に見ています。ABsにあまりにも有利に吹かれたりするといくら自分の住んでいる国でも良い気はしません。あとタックルミスなど含めてミスが少ない試合が見たいですね、今年はタックルミスが多い試合でした(ワラビーズ対Boks)

私もカフイのプレイが凄く好きだったのでとても残ねです。彼の才能ならけがなしなら13番でレギュラーで世界一の13番となれたでしょう。12番でもウイングでも良い選手ですし。
ザックはちょっと厳しくなってきましたね、でもヘンリー氏がセブンスで学んで来てほしかったとかで代表を落としたとか。ウイングは良い選手が一杯いるので、、、

>いまや「動物+食べ物で必ず登場する」という感じになっておりますが(^_^;) ‥それにしても美味しそう。3食(+午後のお茶)付きでホームステイに行きますのでよろしく。

最近毎回動物載せているので・・・食べ物ももっと載せても良いかなって思いますがラグビーブログなのにと言われるかな(笑)美味しそうでなくて美味しんです(笑) 3食付きですか~~それは大変だ・・・ホームステイですか部屋がないので私と共同部屋でも良いですか?(笑)


ひつじさん>
ボーイフレンドじゃないとか言うのがあやしいですよ(笑)今年のカイノは素晴らしいです、特に前回の試合はカイノが入ってがらりと変わったので絶賛されてもおかしくありませんから。世界一かはBoksのブラインドサイドフランカーがいるので判断が難しいですね・・・
カイノとのツーショットの笑顔は作り笑いではないと思いますよ、今度カイノに見せてあげてください、スクールホリデーはオークランド来ますか? 

リードはいつもシマパンですね、最近はワラビーのキャプテンが尻見せるのが好きなようですよ。ひつじさんも大喜びしそうなくらい(笑)いやひつじさんなら興奮してますって。DNA採るって言って。
写真素敵ですか?ありがとうございます。牛はこのところあまり興味がなくなりましたが、近くにいると話しかけていますよ。やっぱり子羊が可愛いです。今の私には彼らの癒しの方が良いのかな?
ラムですか?基本的にチキンが好きなのでチキンでお願いします。女性が良いのでramは結構ですって何の話してますの。 バケツ被ってマナワツ応援してください。

見どころいっぱいでした!

ラグオさん

(アップしそこなっており、遅ればせながら書かせて頂きます。)
Christchurchでの地震の影響はいかがでしょうか?NZで生活している方々の生活が平穏な状態に戻っていることをお祈りします。

Johannesburgでは、サッカーW杯に続き、Soweto(旧黒人居留区)でABとSBの試合が開催され、交流が断絶されていた地域の発展にラグビーも貢献していけたらいいなと思いました。

今季のトライネーションズは、まずは結果オーライと言ったところでしょうか。Richie McCawはプレーでもリーダーシップにおいても素晴らしい働きをしていたと思います。ボールを持った時の保持力・推進力が向上していて、K.Mealum共々、SB戦(特に第3戦のような圧力の中)でもちゃんと組み立てできるなというのが大きいと思います。相手チームのキープレーヤー(ジャッカルにきてるPocockへの的確なスイープ、ラックからの球出し時にGeniaやMatfieldに圧力をかけてのターンオーバーなどなど)の良いところを出させないようにするところなどは印象的でした。また、レフェリーとのコミュニケーションについては、ジャッジには素直に従い、内容については適宜確認し、ABへの心証を良くしていた功績も大きいと思います。そんなRichieをスピードでタックルを入れさせない場面もあったSpiesやHabana(2戦目以降ですね)、またテクニックでかわしていたGiteauは決定的な仕事をでき、やはり要注意です。

そして、Dan CarterはEden Parkの初戦から高さ、コースに変化をつけたキックでリスタートや陣地取りを効果的に行い、ラン、パスと併せて、高いレベルの幅広い引き出しで相手に的を絞らせない良いゲームメーキングをしていたと思います。ディフェンスも強力なランナーには下半身にきっちりタックルしていたので、安定して見ていられます。この2人の心技体が高いレベルにあるところは頼もしいです。が、Danは、WellingtonとJohannesburgでのプレースキックが散々でしたね。Wallabies相手の時は比較的ましなので、SB相手だとフィールドプレーでの強いプレッシャーが影響を与えるのでしょうか、けがのせいだけならいいのですが。また、Wales、Wallabies、SBと3チームともキックをチャージされてしまいました。各々PG、トライ、無失点(Richieのイエロー(レッド)カードと紙一重のディフェンスで救われたゴール前でのプレーでした)だったのですが、パスを受けた時点でコースがほぼない、Dan自身のけがもしくは年齢からくるagilityの衰えもあるのかもしれません。ただ、チームとしてキッカーがDanして居ていないことが相手にとって的を絞りやすいというのも大きいと思います。

ハイボールへの対応について進歩を注目していましたが、ラインアウトとキックオフ時のボール、ハイパントは改善の余地が大きいような気がします。高さがない、ハンドリングがよくない、スローイングがよくない、落下地点の予測がよくない、何が原因なのか?ラインアウトの弱さも許容範囲内に収まればいいのですが。また、K.Read、Muliainaといった中心選手がまったく目測を誤ったり、競り合いでボールをはじいて危ない局面がでたりしたのは改善点です。昨年散々だったRococoもパント処理の回数は少なかったですが、若干改善した程度ということで、決定力のある選手なので、是非、半年以内にもっと安定的なプレーをしてくれたらいいのになと思います。その点、C.JaneはSB第3戦でのM.Steynのハイパントをしっかり処理し、同点のトライととつながるボールの確保に成功したのをはじめ、SB戦では現時点では頼らざるを得ない気がします。とりわけ、F. du Preezが復帰したらさらに厳しい戦いになるので、他のバックスリーも彼から多くを学べればABはさらに強くなるかなと思います。最も、SB最終戦であわや、インターセプトかというパスを無理して投げたのは肝を冷やしましたが。I.Daggは決定力があり、ハイボールにも強く、今最も相手にとって嫌な切れのあるプレーヤーではないでしょうか。SBやワラビーズ相手だと推進力ではMuliainaを上回っているので、来年の決勝トーナメントの舞台での活躍を期待しています。
プロフィール

ラグオ

Author:ラグオ
ラグビーが大好きでラグビー王国ニュージーランドへ。現地のクラブでプレーしニュージーランドラグビーに虜に。それ以来ラグビーシーズンに合わせて日本とNZを何度も行き来して今ではNZに永住。NZラグビー最高です!だからここに来たしこれからも。
趣味は料理、ベイキング、写真など・・・致命傷の怪我でラグビーがやれなくなってからベイキングを始め今では一番の趣味かも。試食したい方はどうぞ(笑)
近い将来再びグラウンドに立てるまでリハビリがてらブログを書いています。心身共に調子が良くないので時々弱気な発言があるかと思いますが許してください。
ラグビー大好きなら大満足出来るそんなラグビー王国から呟いています。ラグビーについて色々語りましょう。

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリー
ブログランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ
↑ランキングに参加中
↓クリックお願い致します


ラグビー ブログランキングへ
RSSフィード
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

オールブラックス ニュージーランド Rugby ラグビー AllBlacks NewZealand Super14 ラグビーワールドカップ スーパー14 ワラビーズ スプリングボクス ブルーズ クルセーダーズ スーパーラグビー Zealand New NZ チーフス ジュニアオールブラックス Blacks All Springboks カンタベリー オークランド ウエールズ ハカ Air Cup アイルランド イングランド ホックスベイ カナダ ジェリーコリンズ フランス サモア Wallabies AirNZCup ダンカーター スコットランド ウエリントン ダグハウレット タナウマガ ハリケーンズ 日本 ストーマーズ ハイランダーズ セブンス ABs Auckland ワイカト タラナキ トップリーグ ハイネケンカップ ブルズ トンガ Australia イタリア Canterbury トライネーションズ Nations SouthAfrica ワラタス SBW ボクシング マオリ サウスアフリカ マンスター ノヌー モセトゥイアリイ Pacific ANZC ブランビーズ ロビーディーンズ スパーラグビー ベッカム キウイ ルークマカリスター AirNewZealandCup シャークス ラグビーチャンネル マフィン ジュニア イーデンパーク ランフリーシールド Premiership England シオネラウアキ オーストラリア ダニーデン トライ ワールドカップ エアニュージーランドカップ ブリディズローカップ ジョニーウィルキンソン トニーブラウン ラグビートニーブラウン ハミルトン スクラム ジャスティンマーシャル オールブラッククス 日本代表 クリスジャック ネットボール 箕内 クリスジャク リコギア リコ・ギア パシフィックネーションズ apan フィジー シオネラウア キースロビンソン リッチーマコウ アリウイリアムズ 海外ラグビー スパー14 Blues ニックエヴァンス サニックス Wellington グレックサマヴィル NZマオリ ダン・カーター サウスランド Waikato W杯 Scotland Ranfurly PACIFIC Shield Six Tonga Supre14 ウェールズ アルゼンチン ロールケーキ デザート サニービルウイリアムズ コスプレ ホワイトロック ドナルド カフイ チョコレート 癒し チータース ライオンズ フォース レッズ バレンタインデー ケーキ ベイキング Otago NorthHarbour シックスネーションズ ジェイソンイートン Super14 ジェーソンイートン クライストチャーチ クラシックオールブラックス Newzealand ABs ジョナロムー シドニー サッカー 派閥 ルーベンソーン ヤマハ アーロンメイジャー ヘンリー 日本代表J AB JonahLomu Jonah Japan Jrオールブラックス Junior Lomu KapaOPango ISLANDERS Guinness Argentina AllBlacksスーパー14 BLUES Bluse France Fiji 妊娠 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。