スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Super Rugby2011 Week1レビュー&Week2組み合わせと初戦のプレビュー

Hurricanes 9-14 Highlanders
毎年のことながら開幕戦でレフリングがまだつかめないと言うのも影響したとも言える反則数の多さとミスの多さで面白みに欠ける試合だった。レフリーがブレイクダウンで厳しく笛を吹きすぎた感じもした試合だった。
レフリーと選手間での解釈の違いででブレイクダウンで反則を取られる場面が多かったのだろうけど、両チームに警告をしたのにもかかわらずノヌーは斜め横から入りボールに絡んでしまいシンビン・・・その後のショルダーチャージも酷いものだった。カウワンがもしあの芝居をしていなくてもあれはシンビンでしょう。これがワールドカップでなくてよかった。せっかくここ数年はラフプレイが減ってプレイにも安定感が出てきたと思ったのに非常に残念。

この試合はハイランダーズが怪我でドネリー、スレイドの2人のオールブラックスを欠いていながら激しいディフェンスで勝利をものにした。 ラインアウトからカウワンが抜けて(日本に行きそうな感じの選手7番ソアカイがオブストラクション気味だったが)そこに素早くサポートに来た新人のソポアガがボールをもらってこの試合唯一のトライをあげた。しかしこのソポアガはプレイは合格だったと思うがGKが不調で簡単なのも外すなど、彼が決めていればもっと楽に勝てる試合だっただろう。

一方のハリケーンズは、9,14番以外はキャップ保持者のBKをそろえていながら、しかも外の選手は決定力のある選手にもかかわらず良いボールがまわらないどころか殆どボールを触れていないのではトライを取るのは難しいだろう。
BKを活かすも殺すもFWにかかっていたがハイランダーズのひた向きなプレイに押されて、最後も逆転できるかもしれない所まで行きながら、ハンドリングエラーで結局ハイランダーズがサプライズの勝利で開幕戦を征した。
最後クルーデンは蹴ったらいかんだろうと思ったのは私だけではないでしょう、転がり方がラッキーでもう少しでとなったが蹴ったら50%になるのであそこは継続させるべきだったと私は思う。GKはまあま良くなったが、地域を取るキックの飛距離がいまいち伸びず特に左足のキックは全然距離が出ない。あれではABsの10番は控えでも任せれない。やっぱりスレイの復活が待たれる。

勝ったハイランダーズはドネリーの代わりに出場した昨年チーフスでNZマオリにも選ばれたホエアタがフランカーもやれる事もあり走力抜群でタックルも強さを見せて勝利に貢献した。彼のタックルでピンチを何度か救った気がする。このままの調子で行けばロックとフランカーがやれるのでABsから声がかかるかも知れない。
その他では、今年からキャプテンの1番マッキントッシュが昨年のNPCでもボールを持ったプレイは素晴らしかったがこの試合でも目立っていた。昨年まではやや重い印象でしたが今年のスーパーラグビーまでに体を絞ってかなりフィットしているのが解り、彼もホエアタと同じくこのままいくとABs入り(再選)するかも知れない。
昨年NPCで膝を怪我したトンプソンも持ち前の走力と激しさを活かしてかなり目立ていたのでABs復帰もあるかも。

Rebels 0-43 Waratahs
途中でソファーで眠ってしまったこの試合ですが、寝る直前までは10‐0くらいだったのに、起きたら終了間際で40点くらい入っていてびっくりしました。 あれだけ前半健闘していたのに(と言っても何度も寝たり起きたりで覚えていませんが)後半はBKにタレントを揃えるワラターズがやりたい放題でトライを荒稼ぎし大差でしかも完封。
あのBKは殆どワラビーズですからちょっとどころか今年はさらに恐怖を感じるチームですね。

Blues 24-22 Crusaders
やっぱり見に行けば良かったと後悔した凄い試合だったライバル同士の対決。後悔したと言っても体調が体調で行たらやばくなっているので自宅観戦で正解でしょう。
プレビューでも書いたように前売りで25,000売れていて+当日券そしてなんと試合の前日金曜日にはでルークマカリスターとハイウの二人がブリトマートの駅(オークランドの中心街にある列車の駅で試合のチケットを持っていれば無料でイーデンパークの目の前にある駅までの列車に乗れる)で1,000枚の無料チケットを配っていたのでさらに入場者は増えて合計32,700人入ってここ数年観客が減った事を思えばかなりの大入りとも言えます。


前半中盤まで互角の展開で6-6、最初のトライは22分、セットピースで優勢なクルセーダーズがラインアウトから上手いサインプレイで外にボール(9→10→9→15)をつないでダグが見事なグラバーキックをコーナーに蹴りそれをマイトランドが拾ってそのままトライ。6-11
しかしその後すぐにブルーズもチャンスをつかんでタレントぞろいのBKで突破を試みて敵陣22M入りブレットがグラバーキック、微妙な判定でカイノが最終的につけたように思えたが、その前にジョンアフォアがノックオンでノートライで同点ならず。
前日のハリケーンズ対ハイランダーズ反則が多くラフプレイもあり・・・一方この試合は反則、ミスも少なくボールのリサイクルも早くレベルの高い試合。そう思うとケーンズ、ハイランダーズのチームは本当に同じレベルのチームなのかと疑いたくなるような試合内容だった。 
その後PGで3点追加で6-14前半終了間際にフルーエンがビックゲインし早い球出しからダグをディフェンスを数人引きつけて内側にパス、パスは繋がらないがそのボールをキックしてインゴールでエリスが押さえてトライを取って6-19でクルセーダーズ強しと印象づけた所で前半終了。スクラムと特にラインアウトのセットピースがクルセーダーズが優勢で試合は決まったかと思った。

前半ブルーズはゴール前のディフェンスはフルーエンを警戒してトエアヴァが13番の位置に入り、ペインをフルバックにするなど、試合中にその時の場面で色々代えていたのは良かったと思う。ペインもディフェンスは悪くないがフルーエンを止める事が出来るのはトエアヴァのパワーの方が確実だろうから。。。 昔アンドリューマーティンズがディフェンスの時にキックに備えてFBの位置に入って、タックルの強いマクドナルドが10番の位置に入るとかもやってた気がする。

後半の出だしから追い上げモードに入りたいブルーズだったが開始早々ブレット正面PG外す・・・その直後ブルーズは初めてのビックゲインをペインがしグラバーキックで22M内のラインアウトからボールで・・・ノックオン。でこれは負けるパターンだと思っていたら。。。
49分エリスのボックスキックをブレットが上手く反応してキャッチしカウンターアタックでレンジャーにロングパス。前半ミスや反則で目立てなかったレンジャーが初めてスペースのある所でボールを貰いライン際を走りマイトランドとGホワイトロックをパワーでかわし最後はディフェンスを二人引き付けて、むちゃくちゃ素晴らしいサポートについたスタンリーにボールが渡りトライで11-19で凄いトライだった。ブレットは元チームメイトのやる事を予測し素早く聞くに反応したナイスプレイだった。

その後マテゥーソンのキックに対してタッチジャッジがレンジャーがオフサイドとアピールしてペナルティーだがリプレイではオフサイドではない。 カーターPG決まり11-2253分

後半もブルーズのマイボールラインアウトが取られるのはロングばっかり投げていたからだと何度もテレビの前でつぶやいていたが、その後はショートが多くなり取れるようになりこれで行けるかも??のモードに。

56分PGブレット14-22 、59分フルーエンのノックオンからブルーズ連続攻撃で敵陣22M、FWでピック&ゴーを徹底して最後はウッドコックがトライ!ナイストライ! 19-22 メアラムがボールに絡みまくり凄い運動量だ。ブレットC外すがここから乗った。
直ぐ後のキックオフから、レンジャーがまたもやビックゲインでチャンスだったが、最後はボールをこぼす。63分
 
ブルーズが後半途中からスクラムOKラインアウトも徐々に良くなってきた。 

69分、9番マテゥーソンがゲインでグラバーキック、ブレイクダウンでペナルティーを得てアドバンテージ、BKラインが3,4人余った所でまわせばトライと言う大チャンスでブレットはパスではなくコーナーにキックを・・・結局トライは取れず。 ノーアドバンテージでPGを狙わずタッチキック、ラインアウトからドライビングモールからメアラムがナイス判断でエリスしかいないブラインドサイドへ突進して素晴らしい姿勢でエリスを吹っ飛ばしてトライ! 24-22とうとう逆転 73分 
途中出場のPRファモエナがウマガマーシャルをスペースの無い所でステップでかわして完全に振り切ったのには驚いた!観客も解説者も大歓声!プロップがウイングをステップで振り切るのですから凄いです。

マテゥーソンは両足攣って運ばれた時の姿が笑っちゃいけないけど笑えた。解説者も笑ってたけど。 
ブルーズいけいけでグラウンドをめえ一杯使ってナイスハスまわしでつないでいたのは素晴らしかった。
クルセ最後の意地の攻めをしたがブレイクダウンで横から入りPでタッチに蹴りだして終了でブルーズが激戦を制した。

カイノ後半ディフェンスにアタックにアグレッシブだった。、レンジャーのインパクトが後半かなり大きかった、メアラムは凄い運動量、ボリッチも◎ ブレットは良くも悪くも???  No8ローリーも○
クルセーダーズの新人で私が一番注目している選手の7番トッドも合格ではないでしょうか?これから先が楽しみでリッチーが帰ってくるまでにはかなり成長しているだろう。その後は6番か?それともリッチーが6番ん。
前半はクルセ、後半の途中からブルーズが行け行けで良くブルーズが後半立て直した。素晴らしい勝利。クルセは特に後半のミスタックルが多いのが逆転を許してしまった原因でしょう。

アリ60分怪我せずやれた事でOKでしょう、これかあどんどん上げてこれば。 
カーター、ブレットとともにGKは不調、最初の2本はお互い良かったが。。。
トエアヴァ、ボリッチ、スタンリーのタックルは刺さっていましたね、ボリッチは昨年末からかなり成長してる。



Brumbies 28-20 Chiefs
キャンベラでまだ一度も勝った事がないチーフスは今年こそ勝てるとプレビューでも勝てる予想をしていましたが・・・触れたくない試合です(笑)チーフスはどうしていつもシーズン序盤はあんな情けない試合をするのか?

ラーカムがアタックコーチでウォーターボーイをしていた。昨季で引退したハリソンもスタッフに加わり

試合開始からブランビーズのペースで進にスクラムは押されるわラインアウトもデ・マルマンチのスローイングが相変わらずでマイボールでも敵ボールになる始末。セットピースがしっかりしないと有利に進めないのでボール支配率は67%で圧倒的にブランビーズ
ブランビーズの新人12番Robbie Colemanがナナイ・ウイリアムスのような凄いフットワークで簡単に裏に抜けて最後はムリアイナも鋭いステップで抜き去りトライを取ったが、流石セブンスで中心選手だっただけの切れ味でシーズン通して活躍できる選手になりそう。
前半ミスタックルが15もあったチーフスのディフェンス(ミスタックル15)はコンビネーションもいまいちであっさりトライを取られるなど良いところなし。

チーフスは少ないボール支配率でもナナイ・ウイリアムスの個人技でチャンスを作るなどトライになりそうな場面は何度かノックオンまたはフォワードパスで前半だけで合計3、4つのトライチャンスをミスで逃がしトライは一つも取れず。ブランビーズのしつこいディフェンスもありましたが。


しかし後半チーフスは盛り返してナナイ・ウイリアムスからナイスパスを貰ったシヴィヴァトゥーがトライ。その後は途中出場のハーフバックが持ち前のスピードを見せつけて自ら蹴ったグラバーキックを抑えて21-15となり面白くなったが、ブランビーズはギタウを中心に地域を取る上手いキックをしチーフスは自陣で戦うリスクが多くなった。
ムリアイナがキック処理敵にに囲まれながらも上手くボールをキープしてピンチを救ったと思ったらラックで誰もボールをキープしておらずこぼれ球を拾われその後途中出場のマアフがトライで28-15とこれで試合は決まった感じ。

試合終了間際にチーフスがチャンスをいかしスイニーが上手いパスを途中出場のマサガに渡しスピードを活かしたマサガがトライで28-20でコンバージョンが入れば6点差になり負けでもボーナスポイントだがキックはタッチライン際からでドナルドが既にベンチに下がっているのでナナイ・ウイリアムズが蹴るがバーに当たって入らずボーナスポイント獲得ならず
後半もスクラムは相変わらずブランビーズ圧倒でブレイクダウンもブランビーズがアグレッシブさで上回るなどチーフスはなかなかテンポに乗れずに試合を終えた。 タナウマガとレナードは48分で同時に代えられました。タナはまだまだこのレベルでやれそうな感じで特にタックル後に直ぐ起き上がってボールを奪う上手さは相変わらずで流石でした。一緒にベンチに下がったレナードに色々話して試合を振り返っていて試合が終わるまで隣同士で何度も話しているのが映っていた。

途中出場のチーフスのハーフバックKerr-Barlowはこのレベルでもやれる事を証明したと思う。しかし取れる所で4つもトライを取り損ね、余分なトライを取られしかもボーナスポイントも逃すとは流石チーフス。 かなりがっかりした試合でした。レナードとNo8リーは爆発せず、リーは怪我で退場するし緊張からかハンドリングエラーも何度かあったしほろ苦デビュー。


Sharks 24-9 Cheetahs
前半は8-3シャークスリードで接戦でしたが、後半シャークスが格の違いを見せて余裕の勝利。
10番ランビーはオコーナーに負けないくらいのジャニーズ系で顔だけでなくプレイも年齢を感じさせない落ち着きぶりが凄いですね。数年後にさらにたくましくなってボックスの10番になるでしょう。

Lions 20-24 Bulls
ブルズ大差で勝つだろうと思っていたのであまり真剣に見なかったこの試合。前半24-5でやっぱりと思っていたら・・・ジョンミッチェルと昨年のメンバーのカルロススペンサーがコーチのライオンズがなんとなんと意地を見せて追い上げるではありませんか。ブルズ中だるみもあったでしょうが、今年のライオンズは補強もそこそこしていて、元シャークスで前回のW杯のメンバーだった13番マリーが出場機会を求めて移籍してくれたのはライオンズにとってはかなりプラス。最後は4点差まで詰め寄りもしかしたら??と思ったが何とかブルズが逃げ切りライオンズの大金星ならず。


Reds 21-20 Force
面白い試合でした。むちゃくちゃ暑そうで40度近くとか、どうしてこの時期に昼間にやるのか理解に苦しみました。
フォースが終始リードし前半12-6で折り返しましたが後半レッズがラインアウトから面白いプレイでSファインガがトライで大盛り上がりで逆転モードになったが、再び現れたトライチャンスでなんとクーパーのパスがAファインガに当たり(多分サインミス)こぼれたボールにオコーナーが絡んでそのまま独走しトライで20-14とされオコーナーのコンバージョンが入ったら8点差で勝利が確定。しかし独走で疲れたのキックは外れた。その後昨年を思わせるレッズの攻撃で逆転し僅か1点差で勝利をものにした。最後のトライは思い出せない。クーパーのGKが結構安定してきたのが勝利につながった。
BYE - Stormers


Week 2 の組み合わせ
25 Feb
Highlanders v Chiefs Dunedin 7:35 pm
ハイランダーズのホームでチーフスを迎えますが、ハイランダーズは先週の勝利の勢いをそのままキープしたいと言う事でメンバーはそのまま。しかし10番ソポアガのGKが心配なのでロビーロビンソンを15番に入れてBスミスをウイングと言う事をして欲しかったかも。

一方のチーフスは先週の情けない敗戦からメンバーを大幅に代えてきて、ロックは二人とも代わりキャップ保持者でクルセーダーズから移籍のアイザックロスが先発でNZマオリ代表のトリッグスとコンビを組むがフランカー並みの走力の二人が目立てば面白い展開になるでしょう。
リーの怪我でNo8にメッサムが入り6番に代表経験のあるSウォールドロムが入り二人のオープンサイドフランカーを並べてきました。 ロックも走れる3列も全部走れるメンバーでスピードでハイランダーズに対抗してきました。

BKもスイニーとムリアイナ以外を変えるなど大幅にいじってきました。先週良かったTawera Kerr-Barlowがレナードをベンチに追いやりましたが、彼のスピードは相手にとってかなり恐怖だと思うので注目。10番デレニーはドナルドはシーズン序盤は良くないので正解でしょう。このままデレニーがレギュラーでドナルドが12も今後あり得るかも。ウマガはベンチ入りもせずです。 しかしBKのベンチは、レナード、ドナルド、ナナイ・ウイリアムスと豪華ですね。後半疲れた事に出てこられると相手は嫌でしょうね。チーフスは層が厚い。でも先週は勝てず。。。

予想はチーフスが今週こそ爆発して走れるFWでハイランダーズがついてこれず10点差で勝利(デ・マルマンチのスローイング次第か??エリオットはまだ怪我)
でもハイランダーズのトンプソン、ナシマヌ、ホエアタが大暴れしたらチーフスも危うし。。。

Highlanders
1.Jamie Mackintosh (captain), 2.Jason Rutledge, 3.David TeMoana, 4.Jarrad Hoeata, 5.Josh Bekhuis,
6.Adam Thomson, 7.Alando Soakai, 8.Nasi Manu, 9.Jimmy Cowan, 10.Lima Sopoaga, 11.Kade Poki,
12.Shaun Treeby, 13.Kendrick Lynn, 14.James Paterson, 15.Ben Smith.
Reserves:
16.Mahonri Schwalger, 17.Bronson Murray, 18.Joe Tuineau, 19.John Hardie,
20.Aaron Smith, 21.Robbie Robinson, 22.Siale Piutau.

Chiefs
1.Toby Smith, 2.Aled de Malmanche, 3.Nathan White, 4.Hayden Triggs, 5.Isaac Ross, 6.Scott Waldrom,
7.Tanerau Latimer, 8.Liam Messam, 9.Tawera Kerr-Barlow, 10.Mike Delany, 11.Sitiveni Sivivatu,
12.Dwayne Sweeney, 13.Jackson Willison, 14. Lelia Masaga, 15.Mils Muliaina (captain).
Reserves:
16.Ben May, 17.Daniel Perrin, 18.Culum Retallick, 19.Steve Setephano,
20. Brendon Leonard, 21.Stephen Donald, 22.Tim Nanai Williams.

REFEREE:Mark Lawrence


Rebels v Brumbies Melbourne 9:40 pm

26 Feb
Cheetahs v Bulls  Bloemfontein 6:10 am

Hurricanes v Crusaders  Wellington 7:35 pmキャンセルで引き分けで両チーム2ポイント
Waratahs v Reds Sydney  9:40 pm


27 Feb
Sharks v Blues Durban 4:05 am


Stormers v Lions Cape Town 6:10 am

BYE - Force



にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中、クリック宜しくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

ニュージーランドだと、Super Rugbyは全試合放送されてるんですか?(多分、そうですよね。)
日本だと全試合は放送されていないので、スポーツバーに行くかインターネットのストリーミングで見るしか方法がありません。昨日は、Highlanders対ChiefsとRebels対Brumbiesが放送されていました。あとは今日Cheetahs対Bullsが放送予定です。それ以外のWeek2の試合は放送予定無し…。

でもこの時期はヨーロッパのSix Nationsも併せて観てるので、週末がラグビー観戦で完全に終わってしまいます。いいんだか悪いんだか…。

スイマセン、間違えました。Waratahs対Redsもこれから生放送でした、ということで晩御飯作りながらテレビ観ます。後は夜中からSix Nationsで長い一日です。

まーこ。さん>
もちろんNZは全試合放送されますよ。前にも書いたと思いますが、ラグビーチャンネルと言うものもあり24時間ラグビーの試合またはラグビーに関する番組を生、リプレイ等で放送されています。ラグビーチャンネルでは、ヨーロッパの放送もかなりありますが、私はあまり北半球のラグビーは好きでない事もあり、体調の事もありとであまり見てないです。
しかしスーパーラグビー全試合放送じゃないのはきついですね、私が昔日本で加入していた時は確か全試合でしかもNZのNPC(州代表選手権)も数試合放送していたと思います。今はサッカーに押されているのかな??

>ということで晩御飯作りながらテレビ観ます。後は夜中からSix Nationsで長い一日です。

まーこ。さんの手作り晩御飯ですか~~ 何を作ったのかむちゃくちゃ気になります。前にリクエストした料理の事はまーこ。さんの手作り料理の事なんですよ。。。 今度ブログに載せてくださいね。期待しています。
プロフィール

ラグオ

Author:ラグオ
ラグビーが大好きでラグビー王国ニュージーランドへ。現地のクラブでプレーしニュージーランドラグビーに虜に。それ以来ラグビーシーズンに合わせて日本とNZを何度も行き来して今ではNZに永住。NZラグビー最高です!だからここに来たしこれからも。
趣味は料理、ベイキング、写真など・・・致命傷の怪我でラグビーがやれなくなってからベイキングを始め今では一番の趣味かも。試食したい方はどうぞ(笑)
近い将来再びグラウンドに立てるまでリハビリがてらブログを書いています。心身共に調子が良くないので時々弱気な発言があるかと思いますが許してください。
ラグビー大好きなら大満足出来るそんなラグビー王国から呟いています。ラグビーについて色々語りましょう。

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリー
ブログランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ
↑ランキングに参加中
↓クリックお願い致します


ラグビー ブログランキングへ
RSSフィード
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

オールブラックス ニュージーランド Rugby ラグビー AllBlacks NewZealand Super14 ラグビーワールドカップ スーパー14 ワラビーズ スプリングボクス ブルーズ クルセーダーズ スーパーラグビー Zealand New NZ チーフス ジュニアオールブラックス Blacks All Springboks カンタベリー オークランド ウエールズ ハカ Air Cup アイルランド イングランド ホックスベイ カナダ ジェリーコリンズ フランス サモア Wallabies AirNZCup ダンカーター スコットランド ウエリントン ダグハウレット タナウマガ ハリケーンズ 日本 ストーマーズ ハイランダーズ セブンス ABs Auckland ワイカト タラナキ トップリーグ ハイネケンカップ ブルズ トンガ Australia イタリア Canterbury トライネーションズ Nations SouthAfrica ワラタス SBW ボクシング マオリ サウスアフリカ マンスター ノヌー モセトゥイアリイ Pacific ANZC ブランビーズ ロビーディーンズ スパーラグビー ベッカム キウイ ルークマカリスター AirNewZealandCup シャークス ラグビーチャンネル マフィン ジュニア イーデンパーク ランフリーシールド Premiership England シオネラウアキ オーストラリア ダニーデン トライ ワールドカップ エアニュージーランドカップ ブリディズローカップ ジョニーウィルキンソン トニーブラウン ラグビートニーブラウン ハミルトン スクラム ジャスティンマーシャル オールブラッククス 日本代表 クリスジャック ネットボール 箕内 クリスジャク リコギア リコ・ギア パシフィックネーションズ apan フィジー シオネラウア キースロビンソン リッチーマコウ アリウイリアムズ 海外ラグビー スパー14 Blues ニックエヴァンス サニックス Wellington グレックサマヴィル NZマオリ ダン・カーター サウスランド Waikato W杯 Scotland Ranfurly PACIFIC Shield Six Tonga Supre14 ウェールズ アルゼンチン ロールケーキ デザート サニービルウイリアムズ コスプレ ホワイトロック ドナルド カフイ チョコレート 癒し チータース ライオンズ フォース レッズ バレンタインデー ケーキ ベイキング Otago NorthHarbour シックスネーションズ ジェイソンイートン Super14 ジェーソンイートン クライストチャーチ クラシックオールブラックス Newzealand ABs ジョナロムー シドニー サッカー 派閥 ルーベンソーン ヤマハ アーロンメイジャー ヘンリー 日本代表J AB JonahLomu Jonah Japan Jrオールブラックス Junior Lomu KapaOPango ISLANDERS Guinness Argentina AllBlacksスーパー14 BLUES Bluse France Fiji 妊娠 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。