スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クルセ快勝予想!Super Rugby 決勝プレビュー

いよいよ決勝です。ニュージーランド国内では、この決勝と並んで翌日発表になるトライネーションズのスコッドについても話題になって、誰が入る誰はアンラッキーだのかなり盛り上がっています。

昨日の記事で私の予想した30人のメンバーはちょっと解りにくかったので見やすく??変えました。あとWTB,FBの所を4人と書いていましたが、5人の間違いだったので(実際には5人選んでいましたが)訂正しています。

この決勝でアピールすればスコッド入りが微妙な選手はもしかしたら入れるか?と言う事もあるでしょうし、クルセーダーズの両ウイングのザック・ギルフォードとマイトランドは勝負強さを見せれば昨年信頼を掴んだ感じのHギア(私はあまり買っていませんが)を押しのけてどちらかがスコッド入りも十分あり得るでしょう。

その前にセレクターがジェーンをどれだけまだ信頼しているか(今年のスーパーラグビーのパフォーマンスは抜きにして)でこの二人がHGを押しのけたとしても入れるかですが。トエアヴァの怪我の具合もあるしスコッド入りしなくても余分にメンバーを呼ぶと思うのでどちらかは入る気がします。
長い前置きはこれくらいにして、本題のスーパーラグビーの決勝です。

Reds v CrusadersSuncorp Stadium Brisbane, Saturday July 9

前回の対戦はRound15(こちら)で大接戦の末、最後リッチーマコウが本当なら反則でない所をレフリーの解釈ではまだラックだったと言う事で、反則を取られてサヨナラPGでレッズが一点差で勝利したあの試合です。

このプレイの他にもレッズのフラットラインで突破を試みる時のフォワードパスが何度かあり、トライにつながったプレイは確実にFWパスだった事もあり色々言われた試合だった。
その試合でレフリーはオージーでタッチジャッジもオージーだった気がするが、昨年からニュートラルレフリーで経費を抑えてホームチームの国のレフリーが担当する事が多くなったは私的には気になっていたが、こういう接戦でレフリーのミスジャッチがあってホームチームが勝つとやっっぱり問題になり後味がよろしくないので出来れば違う国のレフリーがやるべきかなって思う。

しかしこの決勝のレフリーはなんと・・・ニュージーランドのレフリー。。。
ある意味可哀想な感じもします。レッズサポーターからのヤジはかなりあるしプレッシャーは物凄いでしょう。
このローレンス氏は数年前にサウスアフリカでクルセかケーンズだったかな、吹いたときにサポーターのプレッシャーに負けて?かなりNZチームに厳しく吹いていた記憶がありますから。今夜のレフリングには注目です。

レフリーの事がかなり話題になっているNZですが、主役は選手達ですからレフリーは脇役で。

先週のセミファイナルを見ると前回の記事でも書いたようにクルセが結構点差をつけて勝つかなって思います。

クルセは完成されたチームですし、とにかくFWの安定感がありセットピースは抜群なので負けにくいチームでしょう。ここ数週の安定感を見ると余計にです。
特にレッズはスクラムがあまり良くないので先週ストーマーズに圧勝したクルセのスクラムはレッズにはかなりマイナス材料になります。ラインアウトは互角になるにしても、セットピースの安定が試合を有利に進めれると言うのが基本ですから、なお完成されて賢いラグビーをするクルセが優勢なのは確かかと。

BKを見てもクルセは文句なしですね、幾ら15番ダグが抜けているにしても新人のTマーシャルが落ち着いたプレイだし、カウンターアタックも良いししっかりダグの穴を埋めています。
心配されたエリスの怪我も思ったより早く治り先発で出場になりますが、私はフォトアリイでも問題ないかと思いますね。対面が強いゲニアだけに同じくフィジカルでも強いフォトアリイの方が良いかなって思うし、でもエリスの安定感とゲームを見れる所は決勝では大事ですからね。

レッズのBKと比べると総合的に見てクルセのBKの方が1枚も2枚も上でしょう、ハーフ団コンビはレッズの派手さでより目立っていますがクルセは10番に何といってもDカーターがいるし、安定感ではQクーパーを上回るしディフェンスも良いしランプレイも出来るキックは言うまでもない(GKは時々調子悪いが)。

センター陣でいくと、SBW(サニービルウイリアムズ)、フルーエンはレッズと比べると圧倒的に攻撃力があるしいくらレッズの13番Aファインガがキャップ保持者でも彼はテストマッチで強豪国に通用する選手では全然ないと思うしクルセのセンターコンビには太刀打ちできないでしょう。

唯一レッズが上回れると言うのが両ウイングで、スーパーラグビーチームでも最も危険なウイングと言えそうなイオアネそして先週ハットトリックをしたデイビーのスピードスターが揃っているのでクルセも警戒しなくてはいけません。

一方のクルセの良ウイングもW杯の年でなければオールブラックスに絶対に入れたい2人ですし、レッズのウイングコンビとの対戦はかなり面白そうで注目したいです。

決勝の見どころをこれ以上書くまでもないかなと思うのですが少しだけ(本当に少し?)

FW戦は既に書いたようにスクラムはクルセが圧倒的に有利になるでしょう。これに対してレッズがどう耐えるか?先週もブルーズが有利になれるのがスクラムだったのに、スクラムがあまりなかったのはレッズの作戦でしょうね。それに上手く対応してたかな。ラインアウトならクルセと対抗できるので、スクラムを少なくしてラインアウトを多くする試合展開にしたい所。

そうしないとクルセがスクラムから特に先週凄かったセンターコンビが居るので、SBWの突破できる所までして抜けなかったらオフロードと、今までならオフロード対策でいけそうだったのにまずは突破を止めなければいけないのでディフェンスは対応できないい状態を先週のストーマーズ戦で見せたので更に進化したSBWをどう止めるかも注目。

レッズの強みはカウンターアタックで両ウイングやQクーパーが得意とする事だが、先週のブルーズはそれえで何度もやられてトライをとられている、レッズはこの展開に持ち込みたいがそれはクルセがキックしてくれればの話。
AB 2007
(2007年のカーター)
クルセが十分警戒しなければいけないのがこのプレイだが、カーターが先週のブルーズ(ブレット)のように相手に余裕を持たせてカンターが出来る所に蹴る事はありえないし、そのキックチェイスを追うウイング陣は特にザックが凄いキックチェイスでプレッシャーをかける良い仕事を毎回するので、カーターとザック&マイトランドがレッズのカウンターアタックを阻止するのに大事になる。
AB
あと危険なのが言うまでもなく、レッズのハーフ団でゲニアの突破とQクーパーのトリッキーなランこれはスクラムが有利なクルセにはさほど怖くない気がするし、ディフェンスのシステムもチームが完成されているのでブルーズがやられまくったようにはならないでしょう。

となるとレッズはブレイクダウンで有利にならないとストーマーズ戦のようにクルセが快勝出来るかなと思っています。レッズの7番Bロビンソンがどれだけクルセに対抗できるかがカギですが、クルセはチームが完成されているしレッズも組織でしっかり対抗できないとかなり苦戦しそう。
AB 2007
(2007年のリッチー)
私はブレイクダウンもクルセが有利になると思っています。マコウも選手フルで出たし今回はもっとキレてくれると思うし控えにはMトッドがいるし途中でバテても良いので最初から飛ばして欲しいです。前回の悔しい思いがあるので今回のマコウはやってくれるでしょう。

レッズはディフェンスの弱いQクーパーをかばうように先週のブルーズ戦はブレイクダウンに無理に入らず次のディフェンスの用意をしていたように思えたが、クルセはブルーズと違って賢いしコーチも良いので、密集に集めるように近場でピック&ゴーをやってディフェンスを内側に寄せて行くでしょう。
それにカーターの横にウイングの選手を入れたりして突破を図ったりしてQクーパーのあたりも攻めてくるでしょう。クーパーやその近くのディフェンダーがそれに対応できるかできないかでクルセの得点にも影響するでしょう。

予想はクルセが10点差以上で勝利

レッズの地元は水害、クルセの地元は地震でAMIスタジアムが使えなくなるほどで余震でかなりダメージで今後も使えるかは??ですし両チームとも自然災害で被害が出ているので、そういうのもあって余計に思い入れは強いシーズンだったでしょうね。

そう思うとここ10年くらい低迷していたレッズにも勝ってもらいたいし、96年以降プロ化になって正式に始まったスーパーラグビーの初優勝もありますからね。
クルセはやっぱりNZチームですし、地震の件でクライストチャーチの人に笑顔で居てもらいたいので、普段は憎いチームですがクルセに勝ってもらいたいです。

Go Crusaders !


Reds:
1. Ben Daley, 2. Saia Faingaa, 3. Greg Holmes, 4. Rob Simmons, 5. James Horwill,
6. Scott Higginbotham, 7. Beau Robinson, 8. Radike Samo, 9. Will Genia, 10. Quade Cooper,
11. Digby Ioane,
12. Ben Tapuai, 13. Anthony Faingaa, 14. Rod Davies, 15. Jono Lance.
Re:
16. James Hanson, 17. Guy Shepherdson, 18. Adam Wallace-Harrison, 19. Jake Schatz,
20. Liam Gill, 21. Ian Prior, 22. Will Chambers.

Crusaders:
1. Wyatt Crockett, 2. Corey Flynn, 3. Owen Franks, 4. Brad Thorn, 5. Sam Whitelock,
6. George Whitelock, 7. Richie McCaw (c), 8. Kieran Read,

9. Andy Ellis, 10. Daniel Carter, 11. Zac Guildford, 12. Sonny Bill Williams,
13. Robbie Fruean, 14. Sean Maitland, 15. Tom Marshall
Re:
16. Quentin MacDonald, 17. Ben Franks, 18. Luke Romano, 19. Matt Todd,
20. Kahn Fotuali'i, 21. Matt Berquist, 22. Ryan Crotty

REFEREE: Bryce Lawrence

クルセのABsキャップ保持者は1~12番までとリザーブのBフランクスと沢山いますし、来年からABsに入りそうな選手も居るし凄いチームだ。

次回は明日のトライネーションズのスコッド発表の記事かな。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中、クリック宜しくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

今日は、日本でもテレビ放送がありますが、3時間遅れの午後9時半(日本時間)からです。
とにかくCrusadersが勝ってくれることを祈るのみです。

まーこ。さん>
大丈夫ですよ、クルセが快勝ですよ。優勝でワイン一本あけてください。

レッズ

ご無沙汰しておりました、博多なおきちです。
最近スマートフォンとやらに替えてネット環境の変化からコメント入力がうまくいかなかったみたいですみません。
決勝は緊張感のあるゲームでしたね。
勝負を決定的にしたのは、中途半端なハイパントからのカウンタートライでしたね。
ラグオさんには悪いのですが、ファンタスティックなプレーに魅了されレッズを応援していたので嬉しかったです。
しかし、マコウのノックオン連続は酷でしたね。
スクラムで圧倒しながら、ラインアウトもグダグダでクルセーダーズファンはストレスが溜まったでしょうが、まぁ決勝に相応しい試合展開になったのでたのしめましたね。
トライネーションズのスコッドも発表され、ワラビーズとの対戦も楽しみだし、今年の夏は室内観戦に没頭しそうです。
ところで体調はいかがですか?
ブログ更新楽しみにしてますので、お元気で!

Re: レッズ

博多なおきち さん>
お久しぶりです。スイニーの九電入りの発表はありましたか?
おっしゃる通り、決勝は緊張感のあるゲームでしたし、エリスのキックはいただけませんでした。レッズはこの試合に関しては上回ったと言う事でしょう。素晴らしい勝利です。またレビューで書くつもりです。マコウのプレイも強調して??
W杯前の調整なので例のボックスが手抜きのメンバですし、いまいち面白みに欠けるかも知れませんが、バックアップの選手の成長を見たいです。博多のなおきちさんは、ワラビーズファンですか?(レッズが勝って良かったとのことだったので)ワラビーズはコーチが今まで我慢して若手を使ってきて成長しているし、かなり不気味です。コーチがコーチですからね。
体調の方あ相変わらずと言うか、冬で今年はさらに悪天候で後遺症が・・・でも何とか生きているので安心してください(笑)何とかW杯まではと言う感じでしょうか。お気遣いありがとうございます。これからもこんな私のブログを宜しくお願いします。
プロフィール

ラグオ

Author:ラグオ
ラグビーが大好きでラグビー王国ニュージーランドへ。現地のクラブでプレーしニュージーランドラグビーに虜に。それ以来ラグビーシーズンに合わせて日本とNZを何度も行き来して今ではNZに永住。NZラグビー最高です!だからここに来たしこれからも。
趣味は料理、ベイキング、写真など・・・致命傷の怪我でラグビーがやれなくなってからベイキングを始め今では一番の趣味かも。試食したい方はどうぞ(笑)
近い将来再びグラウンドに立てるまでリハビリがてらブログを書いています。心身共に調子が良くないので時々弱気な発言があるかと思いますが許してください。
ラグビー大好きなら大満足出来るそんなラグビー王国から呟いています。ラグビーについて色々語りましょう。

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリー
ブログランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ
↑ランキングに参加中
↓クリックお願い致します


ラグビー ブログランキングへ
RSSフィード
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

オールブラックス ニュージーランド Rugby ラグビー AllBlacks NewZealand Super14 ラグビーワールドカップ スーパー14 ワラビーズ スプリングボクス ブルーズ クルセーダーズ スーパーラグビー Zealand New NZ チーフス ジュニアオールブラックス Blacks All Springboks カンタベリー オークランド ウエールズ ハカ Air Cup アイルランド イングランド ホックスベイ カナダ ジェリーコリンズ フランス サモア Wallabies AirNZCup ダンカーター スコットランド ウエリントン ダグハウレット タナウマガ ハリケーンズ 日本 ストーマーズ ハイランダーズ セブンス ABs Auckland ワイカト タラナキ トップリーグ ハイネケンカップ ブルズ トンガ Australia イタリア Canterbury トライネーションズ Nations SouthAfrica ワラタス SBW ボクシング マオリ サウスアフリカ マンスター ノヌー モセトゥイアリイ Pacific ANZC ブランビーズ ロビーディーンズ スパーラグビー ベッカム キウイ ルークマカリスター AirNewZealandCup シャークス ラグビーチャンネル マフィン ジュニア イーデンパーク ランフリーシールド Premiership England シオネラウアキ オーストラリア ダニーデン トライ ワールドカップ エアニュージーランドカップ ブリディズローカップ ジョニーウィルキンソン トニーブラウン ラグビートニーブラウン ハミルトン スクラム ジャスティンマーシャル オールブラッククス 日本代表 クリスジャック ネットボール 箕内 クリスジャク リコギア リコ・ギア パシフィックネーションズ apan フィジー シオネラウア キースロビンソン リッチーマコウ アリウイリアムズ 海外ラグビー スパー14 Blues ニックエヴァンス サニックス Wellington グレックサマヴィル NZマオリ ダン・カーター サウスランド Waikato W杯 Scotland Ranfurly PACIFIC Shield Six Tonga Supre14 ウェールズ アルゼンチン ロールケーキ デザート サニービルウイリアムズ コスプレ ホワイトロック ドナルド カフイ チョコレート 癒し チータース ライオンズ フォース レッズ バレンタインデー ケーキ ベイキング Otago NorthHarbour シックスネーションズ ジェイソンイートン Super14 ジェーソンイートン クライストチャーチ クラシックオールブラックス Newzealand ABs ジョナロムー シドニー サッカー 派閥 ルーベンソーン ヤマハ アーロンメイジャー ヘンリー 日本代表J AB JonahLomu Jonah Japan Jrオールブラックス Junior Lomu KapaOPango ISLANDERS Guinness Argentina AllBlacksスーパー14 BLUES Bluse France Fiji 妊娠 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。