スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ITM-Cup Round 1 レビュー&ドナルドの謎&サモア勝った!

NPC

Otago 46-29 North Harbour
昨年14チーム中最下位だったオタゴは、ルークマカリスター騒動で開幕前からごたごたしているノースハーバー相手に試合開始から猛烈に攻めて前半で試合を決めた。
大ベテランのトニーブラウンの安定感抜群のプレイで上手くゲームを作り、トライチャンスも何度も作るなど大活躍。おまけにはニュージーランドではあまり蹴れる人が(正確に蹴れると言う意味で)殆ど居ないDGも決めるなど素晴らしかった。

ブラウンに負けじと元オールブラックスのKミューズもオタゴのスクラムを有利にするスクラムテクニックを見せるなど大ベテランの2人がまだまだやれる事を見せてくれて何だか嬉しかった。

しかしハーバーはディフェンスが酷くて抜かれまくっていたのがこの結果になってしまった。
大差で敗れながらも4トライを取ってボーナスポイントを獲得できたのが良かったが、ディフェンスの悪さには言葉にならなかった。トゥローンから帰って来た元ABsのウルフがパワフルなランとスピードを見せて50M走りきったトライを見れたのは収穫か。
Southland 9-19 Waikato
前半で2回の乱闘で4人のシンビンを出して荒れた前半。
チーフスのメンバーが沢山居るワイカトはABsに声が掛らなかったSドナルドが1トライ、1コンバージョン、4PGで19点全てを彼一人で奪う大活躍でNPCレベルではずば抜けている所を今年も見せつけてくれそう。しかしドナルドのゴール前からの突破でのトライはかなりの確率で取れている印象があります。特にクルーデンが対面で2回以上はやっていますね。

ウエールズから帰ってきた元ABsのマーティーホラーも元気にプレイ。

Southland:
1. Jamie Mackintosh (capt), 2. Jason Rutledge, 3. Chris King, 4. Josh Bekhuis, 5. Ben Nally,
6. Alex Taylor, 7. John Hardie, 8. Elliot Dixon, 9. Scott Cowan, 10. Scott Eade, 11. Glen Horton,
12. Matt Saunders, 13. Kendrick Lynn, 14. Mark Wells, 15. Robbie Robinson.
Reserves:
16. David Hall, 17. Nick Barrett, 18. Joe Tuineau, 19. Kaleni Taituli,
20. Sonny Rangitohereri, 21. James Lew, 22. Tim Cornforth, 23. Michael Peterson.
Waikato:
1. Ben May, 2. Aled de Malmanche, 3. Nathan White (capt), 4. Toby Lynn, 5. Romana Graham,
6. Matt Vant Leven, 7. Marty Holah, 8. Alex Bradley, 9. Tawera Kerr-Barlow, 10. Stephen Donald,
11. Declan O'Donnell, 12. Jackson Willison, 13. Save Tokula, 14. Sitiveni Sivivatu, 15. Trent Renata.
Reserves:
16. Marcel Cummings-Toone, 17. Toby Smith, 18. Chris Middleton, 19. Zack Hohneck,
20. Brendon Leonard, 21. Tim Mikkelson, 22. Rena Schuster, 23. Ted Tauroa.

Manawatu 32-23 Hawke's Bay
今年が125周年マナワツはスーパーラグビーの終盤から自信をつけてきたクルーデンがBKを引っ張っていたのが印象的だった。そのマナワツは4トライのBPで追いすがるホックスベイ逆転を許さず125周年記念に花を添えた。

Manawatu:
1. Grant Polson (capt), 2. Rob Foreman, 3. Ma'afu Fia, 4. Michael Fitzgerald, 5. Fraser Stone,
6. Nick Crosswell, 7. Callum Gibbins, 8. Hamish Gosling, 9. Aaron Smith, 10. Aaron Cruden,
11.Junior Tomasi Cama, 12.Frank Bryant, 13.Johnny Leota, 14. Asaeli Tikoirotuma, 15. Nehe Milne-Skudder.
Reserves:
16. Bryn Templeman, 17. Peni Kaufusi, 18. Jared Brock, 19. Reece Robinson,
20. James Oliver, 21. Karl Bryson, 22. Daniel Kelly, 23. Lewis Marshall or Casey Stone.
Hawke's Bay:
1. Hikairo Forbes, 2. Hikawera Elliot, 3. Jody Allen, 4. Brodie Retallick, 5. Bryn Evans,
6. Hugh Reed, 7. Karl Lowe, 8. Mike Coman (capt), 9. Chris Eaton, 10. Andrew Horrell,
11. Tu Umaga-Marshall, 12. Ryan McLeod, 13. Star Timu, 14. Sinoti Sinoti, 15. Mark Jackman.
Reserves:
16. Danny Logan, 17. Ashton Johnson, 18. Ben Tameifuna, 19. Adam Bradey,
20. Isaac Paewai, 21. Daniel Kirkpatrick, 22. Richard Buckman, 23. Sona Taumalolo.
Northland 19-9 Tasman
レンジャー、ペイン、モンローとブルーズのBK陣を揃えるホームのノースランドは、彼らがチャンスを作ってトライを奪うなどタズマンをノートライに抑えて初戦を勝利で飾りました。
フランスから帰って来た元ブルーズのBウイリアムズが空中戦での活躍が期待できるのが頼もしいか。

Northland:
1. Matt Wallis, 2. Ross Wright, 3. Scott Vessey, 4. Bryce Williams, 5. Marty Veale, 6. Dan Faleafa,
7. Joel McKenty, 8. Cameron Eyre, 9. Rhyan Caine, 10. Ash Moeke, 11. Bryce Heem, 12. Aaron Bancroft,
13. Rene Ranger, 14. Lachie Munro, 15. Jared Payne (capt).
Reserves:
16. Tim Dow, 17. Justin Davies, 18. Mark Burman, 19. Cam Goodhue,
20. Dan Pryor, 21. Wanye Ngaluafe, 22. Jack McPhee, 23. Jamie Corsi.
Tasman:
1. Sam Prattley, 2. Francis Smith, 3. Fai Mika, 4. Riki Hoeata, 5. Joe Wheeler, 6. Jonathon Poff,
7. Shane Christie, 8. Mark Bright, 9. Steve Alfeld, 10. James Marshall, 11. Willie McGoon,
12. Andrew Goodman (capt), 13. Kieron Fonotia, 14. Lucky Mulipola ,15. Robbie Malneek.
Reserves:
16. Quentin MacDonald, 17. Craig Moore, 18. Pablo Heuete, 19. Liam Squire,
20. Shawn Begg, 21. James Proctor, 22. Scott or Jack Umaga, 23. James Hadfield.
Taranaki 5-23 Wellington
海外移籍者を多く抱えるウエリントンで戦力が落ちこの試合も苦戦すると思えたが、スーパーラグビーでの鬱憤を晴らすかのような動きでホームのタラナキを1トライに抑えて18点差をつけてウエリントンが快勝。 
ハリケーンズでホアより買われた2番コールズの走力を活かした突破力に最後は素晴らしいオフロードでトライをアシストするなど、来季のケーンズの2番が活躍した試合だった。

ホームのタラナキもケーンズ、チーフス、ハイランダーズとスーパーラグビー経験者が多くいたが、ウエリントンに押される場面が多かったのが意外だったかも。

10番対決は今年のNZ-U20のメンバーの二人。ウエリントンは今季ハイランダーズで活躍したソポアガ、タラナキは今季ケーンズで少し出場しU20では15番で活躍したバーレット
バーレットはGKがいまいちだったか。彼は10でも15でもどちらでも行けるセンスを持ち合わせているが、地域を取るキックが上手いので10番で見たいかも。ランセンスもあるし勿論15でのカウンターアタックも面白いが・・・

ウィップーはまだまだキレていないので試合数をもっとこなさないといけないでしょう。タックルミスがあったのが気になるところ。
Cジェーンは指の脱臼で骨が外に出たのかな?結構縫ったみたいですが、得意のトゥイッター中毒ぶりは相変わらずで、その指でも欠かしていないようです。W杯はABsになるとトゥイッター禁止だから、それが嫌でABs自体もあるか?何気に注目。

ウエリントン12番Mホッブスは数年ぶりに復帰ですが、背骨に長いボルトを入れる手術をアメリカでしてリハビリを得て久しぶりに復帰。過去にはブルーズ、数年前はハイランダーズで活躍していたが、怪我に泣かされていただけに今後の彼に注目したい。センスある選手ですし。

Taranaki:
1. Carl Carmichael, 2. Andrew Hore, 3. Michael Bent, 4. Jason Eaton, 5. Craig Clarke (capt),
6. Chris Walker, 7. Scott Waldrom, 8. Samuela Vunisa, 9. Tyson Keats, 10. Beauden Barrett,
11. Andre Taylor, 12. Jayden Hayward, 13. Isaia Tuifua, 14. Waisake Naholo, 15. Kurt Baker.
Reserves:
16. Laurence Corlett, 17. Sione Lea, 18. Blade Thomson, 19. Ben Souness,
20. Brett Goodin, 21. Jack Cameron, 22. Frazer Climo, 23. Kevin Curtis.
Wellington:
1. Neemia Tialata, 2. Dane Coles, 3. Whetu Henry, 4. Jeremy Thrush (capt), 5. Mark Reddish,
6. Brad Shields, 7. Scott Fuglistaller, 8. Victor Vito, 9. Piri Weepu, 10. Lima Sopoaga,
11. Julian Savea, 12. Michael Hobbs, 13. Alipate Leiua, 14. Jason Woodward, 15. Cory Jane.
Reserves:
16. Motu Matu'u, 17. Reg Goodes, 18. Api Naikatini, 19. Faifili Levave,
20. TJ Perenara, 21. Steve Honey, 22. Apoua Stewart, 23. Arden David-Perrot.
Auckland 33-40 Canterbury
私も観戦に行ったこの試合。実は今年初のラグビー観戦(スーパーラグビーは一試合も行ってない・・・)で久しぶりのEden Parkにちょっと感激でワールドカップに向けて、一時的?に増築されたスタンドが完成している等、ワールドカップが直ぐそこまで来たなと言う実感できてワクワクして来た。
NPC
日曜の昼の試合と言う事でNPCにしては観客が入ったのでは?と思いました。それに好カードですしね。

序盤は今年のNZ-U20の10番アンシュカムが正確なGKで次々とPGを決めるなど、オークランドが押し気味で試合を進めた。今季ハイランダーズで活躍したNo8ナシ・マヌの猛烈の突進を体を張って止めに行ったBスタンリーが脳震騰を起こして退場、Bスタンリーは今季ブルーズでも脳震騰を起こしているし、2回目だし今回も酷かったので残り試合の出場はあまり多くないでしょう。

そのBスタンリーが退場してからカンタベリーのペースになっていった気がするが、FWはマヌの突進で再三チャンスを作りBKはクルセーダーズであまり出番がなかったライアンクロッティーが素晴らしいランでディフェンスを簡単にかわして裏に出てトライチャンスを何度も作るなど自らもトライをして大活躍。

その他では、11番Pオズボーンが体格を活かしたパワフルさでオークランドのディフェンスを破壊していく感じで何度もラインブレイクで大活躍。たしか1、2年前くらいのNZ-U20のフランカーのBオコーナーの良い仕事ぶりも印象的だった。

カンタベリーはタックルの悪いオークランドのディフェンスから4トライを奪いBP付きでの勝利。
ホームのオークランドは終盤に粘りで2トライを奪って何とか7点差以内のBPを取ったが救いだが、キャプテンのDブレイドが何度もタックルミスをしていたのが気になる。
明るい材料は今年のU20ロックのSルアトゥアがこのレベルで十分やれる事を見せてくれて、昨年のU20ロックのモリに続いて期待のロックが今年も出てきた。
NPC
注目のダンカーターのバックアップのCスレイドは良い感じだったし、カーターのバックアップを任せるのには不安は無いと思う。彼が後半途中で退いてからオークランドに追い上げを許していたしスレイドの存在は大きかった。
NPC
カンタベリーは元ABsのルーベンソーンが前半の早い段階でロックで途中出場、オークランドも元ABsのジェーロコが前半途中から出場。この二人がフィールドに入る時は結構盛り上がった。

Auckland:
1. Pauliasi Manu, 2. Tom McCartney, 3. Charlie Faumuina, 4. Steve Luatua, 5. Josh Townsend,
6. Onosai’i Auva’a, 7. Daniel Braid (capt), 8. Chris Lowery, 9. Alby Mathewson, 10. Gareth Anscombe,
11. Charles Piutau, 12. Benson Stanley, 13. Hadleigh Parkes, 14. Francis Saili, 15. Brent Ward.
Reserves:
16. Ash Dixon, 17. Angus Ta’avao, 18. Richard Haddon or Nathan Hughes, 19. Sean Polwart,
20. Auvasa Faleali’i, 21. Piers Francis, 22. Joe Rokocoko, 23. Tevita Mailau.
Canterbury:
1. Joe Moody, 2. Paul Ngauamo, 3. Andrew Olorenshaw, 4. Luke Katene, 5. Luke Romano,
6. Ash Parker (capt), 7. Brendon O’Connor, 8. Nasi Manu, 9. Willi Heinz, 10. Colin Slade,
11. Patrick Osborne, 12. Tom Taylor, 13. Ryan Crotty, 14. Telusa Veainu, 15. Johnny McNicholl.
Reserves:
16. Steve Fualau, 17. Paea Fa’anunu, 18. Reuben Thorne, 19. Luke Whitelock,
20. Mark Swanepoel, 21. Kolio Hifo, 22. Robbie Fruean, 23. Sam Cottam.


Counties Manukau 13-20 Bay of Plenty
途中まで13-13で内容も互角だったこの試合を決めたのは、カウンティーズの攻撃をしのいで逆襲し
最後はセブンス代表で活躍するToby Arnoldがスペースを上手く使ったランでトライを取って試合を決めた。

ホームのカウンティーズは昨年大活躍した大ベテランのTウマガが怪我で今季絶望なのと、開幕戦は怪我なのか知らないがチーフスのナナイ・ウイリアムズがベンチにも入っていないのが痛かったか。

BOPは数年前まで日本でプレイしていたLアンドリューが昨年に続いて今年もレギュラーで活躍しそう。
9番はウエールズから帰って来たJナットブラウンの復帰は心強いか、彼の加入で元ブルーズで今季チーフスでプレイしたモアが今年もベンチ。
12番は元ワラビーズで大活躍した後、日本のクボタでプレイしたTケフの弟のスティーヴ・ケフ(彼も元ワラビーズ)が今季からBOPに加入し期待される。

Counties-Manukau:
1. Ihipa Thompson, 2. Grant Henson,3. Jeremiah Fatialofa,4. Ronald Raaymakers,5. Jamie Chipman (capt),
6. DJ Forbes, 7. Mark Selwyn, 8. Fritz Lee, 9. August Pulu, 10. James Semple, 11. Sherwin Stowers,
12. Niva Ta'auso, 13. Siale Piutau, 14. Tyrone Lefau, 15. Ahsee Tuala.
Reserves:
16. Mark Price, 17. Maka Tatafu, 18. Sileki Nabou, 19. Adam Cathcart,
20. David Bason, 21. Reynold Lee-Lo, 22. Bundee Aki, 23. Matt Talaese.
Bay of Plenty:
1. Tristan Moran, 2. Daniel Perrin, 3. Josh Hohneck, 4. Luke Andrews, 5. Culum Retallick,
6. Tanerau Latimer, 7. Sam Cane, 8. Colin Bourke (capt), 9. Jamie Nutbrown, 10. Daniel Waenga,
11. Jason Hona, 12. Steve Kefu, 13. Phil Burleigh, 14. Lelia Masaga, 15. Toby Arnold.
Reserves:
16. John Pareanga, 17. Bronson Murray, 18. Pingi Tala'apitanga, 19. Leon Power,
20. Carl Axtens, 21. Taniela Moa, 22. Chris Noakes, 23. Lance MacDonald.
昨日Round1が終わったばかりなのに、もう明日からRound2で選手は大変。もちろんコメンテーターやレフリー、タッチジャッジも。タズマン、ホックスベイ、オークランドとカウンティーズは中2日。このように中2,3日での試合が隔週で交代であります。

Tuesday July 19
North Harbour v Tasman
Hawke's Bay v Southland
Wednesday July 20
Counties Manukau v Manawatu
Auckland v Otago
昨日書いたドナルドのブルーズ入りの報道は・・・
誰が流したのか知りませんが、ブルーズ側は交渉していないらしくどこからその話が来たのかってなっています。
イングランドでワークビザが下りなかったドナルド、実は来季までチーフスと契約が残っているそうです。しかしチーフスはクルーデンの獲得したので、お偉いさんに来季からのコーチのレニー氏も他でやる事になると、不必要宣言をしているし、ブルーズも凄く欲しいと言うコメントをしているようには思えないし・・・

一体ドナルドはどこに行けばいいのですか? なんか可哀想になってきました。スーパーラグビーレベルでもかなり良い選手ですし、来季のブルーズの10番候補は今季のNZ-U20のアンシュカムでしょうが、もう一人しっかりとして選手が必要だし、アンシュカムもスーパーラグビーレベルでやれるかは解らないし、ドナルドを取っておくのは昨日も書いたように良い事だと思います。

近いうちにエージェントが動き出すでしょが、ニュージーランドでもかなり騒がしくなって、ドナルドは日本か?ブルーズか?とか色々言われています。昨年の香港でのあのプレイが相当コーチ陣の頭にあるようですが、あのDカーターや他の選手でも試合を左右する出来の悪さも過去にあるのに、ドナルドのような事は言われていなかった。
最後に滅多にないアプセットが昨日起きました。 サモア 32-23 ワラビーズ
主力の一部を休ませるなどベストでないワラビーズですが、10人くらいはレギュラークラスで1.5本目くらいで負けてはいかんでしょう。たとえ2本目でも負けてはいけないでしょうが。

内容は最初からサモアペースでフィジカルで完全にワラビーズを抑え込んで、タックルは凄いのを連発で見ていてむちゃくちゃ面白かった。課題のセットピースもスクラム、ラインアウトとともにかなり良かったし、今までのサモアとは全然違った印象です。 

パシフィック選手権は本気モードでなくメンバーも落としたりしていたけど、昨日のワラビーズ戦に照準を合わせていたそうで、なめてかかったきたワラビーズに快勝と言う感じでしょうか。

ワラビーズは前半PGを狙えると事で狙わずにタッチに蹴ってトライを取りに行っていたのが何度もあった事態がかなりなめているなと思っていました。 しかし前半17-0にされてからはそうではなくなった感じ。

前半サモアにシンビンが出てそれで辛うじてトライを取れたけどそれがなければもっと点差が付いていた。
サモアの恐るべきタックルの連発を見ていたら1991年にW杯でウエールズに勝った時の突き刺さるタックルを連発した試合を思い出す。今ではショルダーチャージを取られそうなタックルだが、本当に凄いタックルを連発してし合記憶がある。

サモアはディフェンスをしっかり出来ていたし、前より無駄な反則が減った気がするし、昨日のようなラグビーをやれば死のPoolと呼ばれているが再びウエールズを破ってトーナメントに出れるのでは?と期待できそう。
確かハミルトンでウエールズ対サモアがあると思うけど、観に行きたくなった。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中、クリック宜しくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ラグオ

Author:ラグオ
ラグビーが大好きでラグビー王国ニュージーランドへ。現地のクラブでプレーしニュージーランドラグビーに虜に。それ以来ラグビーシーズンに合わせて日本とNZを何度も行き来して今ではNZに永住。NZラグビー最高です!だからここに来たしこれからも。
趣味は料理、ベイキング、写真など・・・致命傷の怪我でラグビーがやれなくなってからベイキングを始め今では一番の趣味かも。試食したい方はどうぞ(笑)
近い将来再びグラウンドに立てるまでリハビリがてらブログを書いています。心身共に調子が良くないので時々弱気な発言があるかと思いますが許してください。
ラグビー大好きなら大満足出来るそんなラグビー王国から呟いています。ラグビーについて色々語りましょう。

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリー
ブログランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ
↑ランキングに参加中
↓クリックお願い致します


ラグビー ブログランキングへ
RSSフィード
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

オールブラックス ニュージーランド Rugby ラグビー AllBlacks NewZealand Super14 ラグビーワールドカップ スーパー14 ワラビーズ スプリングボクス ブルーズ クルセーダーズ スーパーラグビー Zealand New NZ チーフス ジュニアオールブラックス Blacks All Springboks カンタベリー オークランド ウエールズ ハカ Air Cup アイルランド イングランド ホックスベイ カナダ ジェリーコリンズ フランス サモア Wallabies AirNZCup ダンカーター スコットランド ウエリントン ダグハウレット タナウマガ ハリケーンズ 日本 ストーマーズ ハイランダーズ セブンス ABs Auckland ワイカト タラナキ トップリーグ ハイネケンカップ ブルズ トンガ Australia イタリア Canterbury トライネーションズ Nations SouthAfrica ワラタス SBW ボクシング マオリ サウスアフリカ マンスター ノヌー モセトゥイアリイ Pacific ANZC ブランビーズ ロビーディーンズ スパーラグビー ベッカム キウイ ルークマカリスター AirNewZealandCup シャークス ラグビーチャンネル マフィン ジュニア イーデンパーク ランフリーシールド Premiership England シオネラウアキ オーストラリア ダニーデン トライ ワールドカップ エアニュージーランドカップ ブリディズローカップ ジョニーウィルキンソン トニーブラウン ラグビートニーブラウン ハミルトン スクラム ジャスティンマーシャル オールブラッククス 日本代表 クリスジャック ネットボール 箕内 クリスジャク リコギア リコ・ギア パシフィックネーションズ apan フィジー シオネラウア キースロビンソン リッチーマコウ アリウイリアムズ 海外ラグビー スパー14 Blues ニックエヴァンス サニックス Wellington グレックサマヴィル NZマオリ ダン・カーター サウスランド Waikato W杯 Scotland Ranfurly PACIFIC Shield Six Tonga Supre14 ウェールズ アルゼンチン ロールケーキ デザート サニービルウイリアムズ コスプレ ホワイトロック ドナルド カフイ チョコレート 癒し チータース ライオンズ フォース レッズ バレンタインデー ケーキ ベイキング Otago NorthHarbour シックスネーションズ ジェイソンイートン Super14 ジェーソンイートン クライストチャーチ クラシックオールブラックス Newzealand ABs ジョナロムー シドニー サッカー 派閥 ルーベンソーン ヤマハ アーロンメイジャー ヘンリー 日本代表J AB JonahLomu Jonah Japan Jrオールブラックス Junior Lomu KapaOPango ISLANDERS Guinness Argentina AllBlacksスーパー14 BLUES Bluse France Fiji 妊娠 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。