スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

All Blacks vs Springboksプレビュー&いまさらABs vs Wallabiesレビュー

約2週間以上更新が空きました。ラグビーワールドカップまで丁度3週間となっていますが、冬の時期は特に古傷に宜しくなくて体調が更に優れません。正直W杯までもつのか?と思ったりもしていますが・・・(大げさですね)
昨年末から入院した時はW杯なんて行けると思えなかったですけど、折角ここまで来たので何とか踏ん張らないと。
AB
(写真はビールの空き瓶ですが、こんなところにもABsが、さてどこのビールでしょう?正解者にはもれなく…)

前回の記事はイーデンパークでのオールブラックス対ワラビーズのプレビューを書きましたが、私の予想通り??にABsがある程度余裕を持って勝ちました。ワラビーズは前半あれだけ地域、ボール支配率で大きく上回って、敵陣22Mも何度も攻め込んでいたににも関わらずトライが取れなかったのが痛かった。取れなかったと言うよりABsのディフェンスが特に22M内に入ってからが凄くてワラビーズにゴールラインを割らせなかった。

ワラビーズはトライが取れなかっただけでなく、2,3回あったPGのチャンスをファーストキッカーになっているJオコーナーが難しくない所でも外していたのがこれまた痛かった。
そんな事で前半はABsがMノヌー、Kメアラムの2トライとDカーターのGKで17-0とスタッツでは劣勢ながらもゴール前の堅いディフェンスとチャンスをしかり活かして効率よく得点を重ねて大きくリード。

後半開始早々に再びJオコーナーがPGを狙うも外れ巻き返しの口火を切れないワラビーズ。

しかしその後ABsのボール保持者が孤立しワラビーズがターンオーバーしゲニア→ビール→イオアネと今季のスーパーラグビーで危険な存在を見せつけた選手達で一気にトライを奪った。
最後ムリアイナがイオアネにタックルを外され、それがニュージーランドのラジオの視聴者に駄目だしされていたが、サポートプレイヤーも沢山いたし、スペースがある所で、スピード、キレのあるイオアネを止めるのは不可能と言って良いくらいないでしょう。 
その前にターンオーバーされた場面を作ったのが良くないし、ワラビーズは怖いのはこういったボールを奪った場面から確実にトライに結びつける力のある事をこの試合でも見せつけた。今季のレッズがそうだったようにワラビーズにブレイクダウンでボールを奪われるのは絶対にしてはいけない。

イオアネのトライで勢いに乗りたかったワラビーズだったが、その直後のキックオフでリードとワラビーズの選手が競りあいボールがこぼれた。見た感じはリードのノックオンにも見えない事もないが、レフリーは後ろにボールをやったとしてノックオンを取らなかった。
そのボールをこそ泥のようにさらりと持っていた、13番Cスミスが一気にゲインして最後は快足シヴィヴァトゥーがナイスサポートでボールを貰ってトライ。このトライで試合が決まったと言って良かったのでレフリーの判定がこの試合を決めたと言えない事もない。 スローモーションで見るとワラビーズの選手が触っているようにもみえるが、リードのノックオンだと言うメディアや一般の方が多い。 

その後ワラビーズはこの試合までのキャプテンのRエルソムのトライなどあったが時遅し。後半の点数では14-13とワラビーズがリードしていただけに前半トライチャンスをことごとく逃したのと、オーコーナーの3PGを外したのが全て取れていたら点数ではかなり競っていた事になる。 
逆に前週までGKが良くなかったDカーターは全てGKを決めプラスNZの課題のDGを決めるなど、大きい試合ではしっかりやてくれる事を再度証明してくれた。

両チームの差は、ゴール前のディフェンスとチャンスで確実にトライを取る能力とゴールキッカーの差だったか。
スタッツではタックルミスがABsの方がかなり上回ってありえない数字だった記憶があるが、試合には負けていないことから、タックルミスでディフェンスラインを突破されている証拠もあるが、それは中盤とかであって、22M以内に入ったピンチでのディフェンスは素晴らしかった事だろう。 一方のワラビーズはタックルミスはABsより少ないがここぞと言う時にはディフェンスを破られているのかな。

試合後の記者会見でキッカーの差があったことから「正キッカーは誰?」の質問にRディーンズ氏はオコーナーで行くと言っていたが、W杯でもワラビーズはキッカーの選択が大きく試合を左右しそう。確かにキッカーは一人に絞ってと言うのが理想だが、あそこまで酷いと・・・ でも試合中にいつ代えるかと言う代え時のタイミングも難しいのが事実だ。 ワラビーズが決勝までに行くにはキッカーとスクラムが改善される事が条件だと思う。

ABsは30人い入っていない怪我人のバックアップの追加メンバーのシヴィヴァトゥーがこの試合でも豊富な仕事量とキレのあるランで存在感を見せつけた。一方のHギアはボールがあまり周って来なかったので評価しずらいが、仕事量の多いウイングならもっと他で仕事が出来たのではないかなと思うし、仕事量の少ないHギアは私は今までと変わらず彼をスコッドから外しますね。
気になるのが後半のラインアウトかな、キックオフはワラビーズがロックで競れる所に蹴らず、リッチーマコウの所ばかり蹴っていたが、リッチーはキックオフのキャッチングはかなり良いのでワラビーズへのアドバイスとしてあまりお勧めできないと言いたいです。 フィジーがやってきたようにもっと競れる所に蹴ってくれないと、W杯本番でしっかりやれるか試せれないのが。。。

この試合で完敗したワラビーズのOBの一人は「ハカを試合前にやるのは不公平だ」と声を大にして自国のラグビーの番組で言っておられました
ABsだけ気持ちを高めてと言うのが気にいらないようですが、観客はどこの国でもABsのハカが大好きですし、相手の選手もハカを見て気合が入るとか言う方も多いですし、このOBの方はただABsに負けてばかりでジェラシーでいつもこう騒いでいる方ですからね。 一緒にテレビに出演していたOBの方は笑っておりました(笑)
AB
今年もリッチーマコウが、写真のブレディスローカップを貰って2003年に奪い返してから保持し続けています。それよりワールドカップがそろそろ欲しいのですが・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて今週はスプリングボックスがようやく本当の怪我人を省くベストメンバーを揃えて来たの試合で楽しみです。
先週のボックス対ワラビーズは、前週のABs対ワラビーズの展開ラグビーを見てしまっているので、ついつい比べてしまい面白くなかったなと感じました。しかも体調がいまいちなのでつまらないついでにあまり見れていなく、ソファーで眠ってしまったりでした(笑)

前半はボックスのスクラムはまだ良かったですが、後半キャプテンのJスミットを3番に代えてからのスクラムは酷い事。その交代からここぞとばかりにスミットにプレッシャーを与えてスクラムで圧勝したワラビーズが主導権を握って辛うじて勝利と言ったところか。
スミットのキャプテンシーの良さは認めますが、前からしつこく書いているようにボックスがW杯で優勝出来る条件の一つはスミットを外す事だと強く思っているのでそれをしないと話にならないでしょう。
フッカーでも3,4番手くらいでしょうし、プロップとなると3番なんて絶対に入れてはいけない選手でしょう。
ワラビーズのスクラムが押せていたので修正されたと思いがちですが、スミットを3番に入れたおかげです。


折角ボックスがベストメンバーで来たのに、ABsはお返し?とばかりにリッチー、ソーン、リード、Oフランクス、Dカーター、Cスミス、ムリアイナの7人の主力を遠征に連れて行かず休ませています。
しかしメンバーを見るとかなり面白く、これでもW杯の決勝まで行けるのでは?と言う感じでしょうか? 順調にいけばW杯セミファイナルでボックスと当たる(そうですよね?)のでこの試合に勝てばそうい事も可能と言えますね。

フロントローはブルーズトリオでコンビネーションは抜群。1番にTウッドコックが帰ってきたのは心強い。先週のワラビーズ戦では怪我人のバックアップメンバーのクロケットがスクラムを崩してしまう課題を再びさらけ出しただけに、ウッドコックの復帰は必須なのでこの試合を無事にこなして、あとは来週のワラビーズ戦とW杯の予選で試合を重ねれば本来のウッドコックに戻れるでしょう。NPCには僅か40分しか出ていないので、試合のフィットネスは戻っていないでしょうが、W杯前に高いレベルを経験しておかないといけないでしょうし。

ロックはアリ・ウイリアムズが全てのテストマッチで先発でヘンリー氏の期待度は相当なものなんでしょう。今回の相方のSホワイトロックは試合にあまり出してもらっていないので、この試合でストレス解消で大暴れか?アリが復活したらソーンの相方にはホワイトロックかアリかどちらになるのか楽しみな争い。

バックローは休ませてばかりいるリッチー(特に)、リードのレギュラーがNZでお留守番で課題のリッチーのバックアップのポジションに今季絶好調のトンプソンを入れメッサムはNo8で6番はレギュラーのカイノと面白いメンバーです。ちょっとメッサムがこのレベルでは物足りない気がしますが、私なら今回サプライズで遠征メンバーに入ったヴィト出なくて、スペシャリストの7番を入れるかな。Mトッド、Sウォールドロム、ルークブレイドの誰かかな。 Dブレイドは今季首の怪我で試合に全然出ていないし、NPCでもタックルミス連発であれでは使えません。

もっとエキサイティングなのはBKで特にSBW(サニービルウイリアムズ)、カフイのセンターコンビはノヌー、Cスミスのレギュラー陣にも良い勝負が出来る魅力的なセンターコンビです。カフイは先日のNPCでカンタベリー相手に良いプレイをしていたし心配いらないかと。
確かにレギュラーのセンター陣は先日のワラビーズ戦で凄い活躍で存在感を見せつけてレギュラー確定ですが、SBW,カフイの2人もかなり良い物を持っているのでボックスのJデヴェリアス、Jフリーの素晴らしいセンター陣相手にどれだけやれるか注目。大型センターどうしだし、スキルもパワーもあるので見どころ満載か。

バックスリーは怪我から戻ってきたダグが15番に入りますが、クラブラグビーにNPC40分を先週こなして流石のプレイをしたし、スピードは相変わらずだし心配いらないでしょう。
14番にも怪我から復帰したトエアヴァがNPC2試合こなしているし、まだまだ本調子には遠いけど、12~15番まで全てこなせるプレイヤーなので貴重なのでスコッドに残したいでしょうね。
11番はまだ昨年のようなパフォーマンスを見せれないHギアがアピールしてW杯のメンバーに残れるか??

Tウッドコック、カフイ、トエアヴァ、ダグの怪我から復帰して初めての試合になる4人はW杯メンバー発表前の最後の試合で復帰なので一発勝負となります。特にBKはし烈な争いで特にバック3は良いメンバーばかりで2人が選考から漏れるのでプレッシャーは相当な物でしょう。ウッドコックは怪我さえしなければメンバー入りするでしょうしね。

ABsのコーチ陣はほぼメンバーは決まっているでしょうが、バック3は30人以外のCジェーン、シヴィヴァトゥーが良いパフォーマンスを見せただけに彼ら以上にギア、トエアヴァはアピールしなければいけません。 私はギアが相当この試合でアピールしない限り落とされると思うし(アピールしても落としたい)絶好調のザックギルフォードもジェーン、シヴィの経験と今回のアピールがあったので落とされる気がします。

10番スレイドがこのボックスのメンバー相手にどこまでやれるか注目です。来週のワラビーズ戦も先発させて欲しいです。とにかくDCのバックアップがしっかりしないと安心できませんから。

ボックスのメンバーは怪我人のバーガーが戻ってこれないのが痛いですが、これまた怪我であまり試合に出ていなかったブルソーが2年前の調子に戻るには高いレベルを経験させないといけないし丁度いいのでは?
スミットは肘の怪我で W杯駄目かと言う噂もあり、これでボックスが強くなるかなって思っていましたが、リザーブに入っていますね。どこまで彼を使おうとしているのか?先週で見切りをつけていないのが不思議です。ウエリントンでの試合の時にリザーブのチリボーイの凄いランを見て彼をリザーブに入れないのはおかしいでしょう。フットネスもあるし、仕事量も圧倒的にスミットより多いのに。

BKは10番、15番が固まらないですが、15番候補のかなり太って老けたFステインが怪我で試合経験を積ませれないのは痛いが、W杯予選では使い続けて体を絞ってトーナメントに入ったら怖いかも。

10番は2009年に凄い存在感(キックだけですが)を見せたMステインをW杯でも使う事を決めたのかな? ボックスはやっぱりラインアウトとキックからですからMステインを入れるのがベターかも知れませんね。 
でも彼のタックルが酷いので、ワラビーズのようにディフェンス時にはイオアネが10番でタックルの悪いクーパーが下げる方法見たいのを取った方が良いかと思います。
15番にランビーを入れていますが、私はMステインより彼を買っているのですが、W杯の年にはまだまだ若く経験の浅いランビーは使いずら良かもしれませんね。15番にFステインが駄目ならカウンターアタックで良い物を持つアプロンを入れるしかないでしょう。

ウイングはハバナとピーターセンのW杯優勝コンビがどこまで調子を上げてこれるかでしょうね。

予想はメンバーを落としているABsですが、それでも良いメンバーなので5点差くらいでABs勝利

Mステインがハイパントを多用してABsを試して欲しいです。 2009年にキックでやられまくったのをこの試合でやらずにセミファイナルでやってきたら・・・怖い。。。

メンバーは以下で、ボックスのリザーブはプロップを2人入れているので、BKのリザーブは二人だけです。

South Africa:
1.Gurthro Steenkamp, 2.Bismarck du Plessis, 3.Jannie du Plessis,
4.Bakkies Botha, 5.Victor Matfield (captain), 6.Heinrich Brussow, 7.Willem Alberts, 8.Pierre Spies,
9.Fourie du Preez, 10.Morne Steyn, 11.Bryan Habana, 12.Jean de Villiers,
13.Jaque Fourie
, 14.JP Pietersen, 15.Pat Lambie.
Reserves:
16.John Smit, 17.Tendai Mtawarira, 18.CJ van der Linde, 19.Danie Rossouw, 20.Ashley Johnson,
21.Francois Hougaard, 22.Butch James.

New Zealand:
1.Tony Woodcock, 2.Keven Mealamu (captain), 3.John Afoa, 4.Samuel Whitelock, 5.Ali Williams,
6.Jerome Kaino, 7.Adam Thomson, 8.Liam Messam, 9.Jimmy Cowan, 10.Colin Slade,
11.Hosea Gear, 12.Sonny Bill Williams, 13.Richard Kahui, 14.Isaia Toeava, 15.Israel Dagg.
Reserves:
16.Andrew Hore, 17.Ben Franks, 18.Jarrad Hoeta, 19.Victor Vito,
20.Andy Ellis, 21.Piri Weepu, 22.Cory Jane.

REFEREE: G Clancy.
AB
(ABsグッズ紹介、右がペンシルケース、左はセカンドバック?どちらもプレゼントで頂いたものだったような)


ABsのW杯メンバー発表は来週の火曜日です。

ワラビーズのW杯のメンバー発表がサプライズ満載でしたね。感想は後ほど書きますが、一つだけ言うと、キャプテンを代えたのは、時期にははおかしいですがチームにとってはかなりプラスになるかと。
私は前からエルソムは向いていないと再三書いてきましたが、あと3週間でW杯が始まるのに代えるのはRディーンズ氏に相当の焦りがあるんでしょう。来週のABs戦は新キャプテンで挑むようです。 ニュースやテレビ番組のゲストでのインタビューではエルソムをかばって、彼は何も悪くないと言っていますが、じゃあなぜ代える??

次回はここ数週でかなり騒がしくなった色々な話題を紹介かな。 レビューも書かないといけませんね。

更新していない間にトップのランキングがかなり落ちてしまいましたが、当たり前ですよねw
なるべく更新していきたいので宜しくお願いします。 ネタは沢山あるので書きたい事が一杯です。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←ランキングに参加中、クリック宜しくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ラグオ

Author:ラグオ
ラグビーが大好きでラグビー王国ニュージーランドへ。現地のクラブでプレーしニュージーランドラグビーに虜に。それ以来ラグビーシーズンに合わせて日本とNZを何度も行き来して今ではNZに永住。NZラグビー最高です!だからここに来たしこれからも。
趣味は料理、ベイキング、写真など・・・致命傷の怪我でラグビーがやれなくなってからベイキングを始め今では一番の趣味かも。試食したい方はどうぞ(笑)
近い将来再びグラウンドに立てるまでリハビリがてらブログを書いています。心身共に調子が良くないので時々弱気な発言があるかと思いますが許してください。
ラグビー大好きなら大満足出来るそんなラグビー王国から呟いています。ラグビーについて色々語りましょう。

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリー
ブログランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ
↑ランキングに参加中
↓クリックお願い致します


ラグビー ブログランキングへ
RSSフィード
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

オールブラックス ニュージーランド Rugby ラグビー AllBlacks NewZealand Super14 ラグビーワールドカップ スーパー14 ワラビーズ スプリングボクス ブルーズ クルセーダーズ スーパーラグビー Zealand New NZ チーフス ジュニアオールブラックス Blacks All Springboks カンタベリー オークランド ウエールズ ハカ Air Cup アイルランド イングランド ホックスベイ カナダ ジェリーコリンズ フランス サモア Wallabies AirNZCup ダンカーター スコットランド ウエリントン ダグハウレット タナウマガ ハリケーンズ 日本 ストーマーズ ハイランダーズ セブンス ABs Auckland ワイカト タラナキ トップリーグ ハイネケンカップ ブルズ トンガ Australia イタリア Canterbury トライネーションズ Nations SouthAfrica ワラタス SBW ボクシング マオリ サウスアフリカ マンスター ノヌー モセトゥイアリイ Pacific ANZC ブランビーズ ロビーディーンズ スパーラグビー ベッカム キウイ ルークマカリスター AirNewZealandCup シャークス ラグビーチャンネル マフィン ジュニア イーデンパーク ランフリーシールド Premiership England シオネラウアキ オーストラリア ダニーデン トライ ワールドカップ エアニュージーランドカップ ブリディズローカップ ジョニーウィルキンソン トニーブラウン ラグビートニーブラウン ハミルトン スクラム ジャスティンマーシャル オールブラッククス 日本代表 クリスジャック ネットボール 箕内 クリスジャク リコギア リコ・ギア パシフィックネーションズ apan フィジー シオネラウア キースロビンソン リッチーマコウ アリウイリアムズ 海外ラグビー スパー14 Blues ニックエヴァンス サニックス Wellington グレックサマヴィル NZマオリ ダン・カーター サウスランド Waikato W杯 Scotland Ranfurly PACIFIC Shield Six Tonga Supre14 ウェールズ アルゼンチン ロールケーキ デザート サニービルウイリアムズ コスプレ ホワイトロック ドナルド カフイ チョコレート 癒し チータース ライオンズ フォース レッズ バレンタインデー ケーキ ベイキング Otago NorthHarbour シックスネーションズ ジェイソンイートン Super14 ジェーソンイートン クライストチャーチ クラシックオールブラックス Newzealand ABs ジョナロムー シドニー サッカー 派閥 ルーベンソーン ヤマハ アーロンメイジャー ヘンリー 日本代表J AB JonahLomu Jonah Japan Jrオールブラックス Junior Lomu KapaOPango ISLANDERS Guinness Argentina AllBlacksスーパー14 BLUES Bluse France Fiji 妊娠 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。