スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルーズ、シーズン終了?のお知らせ & あのABsも日本へ?

Round5も接戦が多い試合で面白かったですね。私はここ数年(特に今年は)ニュージーランドのチームの試合しか真面目に見ていないような気がします。夜中でなければ他の国の試合も一応テレビはつけているものの体調のせいもあってか、NZチームほど面白くないのか(多分これです)あまり真面目に見ていません。ラグビーがあまり好きなのではないのかなと思う今日この頃。
SP
まずはRound5のレビューから。

Blues 25-26 Hurricanes
開幕戦以来の生観戦をしてきましたが、体調の事もあり薬を飲んでの観戦でぼーとしてしまって、いまいち盛り上がれてない自分が居ました。試合的にも、ハリケーンズから来た選手の一人が、いまだに体を絞れていなくて、とてもプロフェッショナルとは言えないのが開幕前の記事でも書きましたが、あのフットしてない体は問題でしょう。一般の会社なら、仕事を出来る準備が出来てない人を使うでしょうか?
SP
(写真↑両ウイングの体の絞り具合とウィップーのフィットしてない体の違いは一目瞭然)
そのウィップーが本職でない10番を付けての出場する事にかなりの疑問を感じていますが、フィットしていないのでディフェンスが出来なくタックルミスもかなり多くて、画面でもはっきり解ったのが、前半Cジェーンにハンドオフで簡単にかわされトライを許すなど、最後のCスミスのトライのきっかけになる、ケーンズ10番のバーレットに簡単に抜かれたのも彼のディフェンスの不味さもあるかなと思いました。その前に、リードしていて残り時間は残り少ないのに、あの意図の解らないキックでケーンズにボールを渡してしまって、最後の逆転劇になったので敗因の多くはウィップーがかなりあるかと思います。
SP
(ロスタイムでバーレットが抜けてナイスサポートとオフロードでCスミスがトライで喜ぶケーンズの選手たち)
その他では、相変わらず酷いラインアウトで、言葉になりません。スクラムは1番ウッドコックが戻ってきたおかげかかなり良かったのですが、それも上手く行かせず逆にラインアウトの酷さでゲームが作れませんでした。
SP
ケーンズが反則を多くしてくれて、トライ数では1-4と大きく負けていながらモンローの正確なGKであそこまで接戦に持ち込めたのですが、試合内容は全然で5試合やって1勝4敗で最悪なスタートとなったブルーズで既にシーズン終了と言って良いくらいかも。
SP
ウィップーの意図が良く解らないキックでケーンズにボールを渡し、ケーンズがそこから攻め、10番バーレットがディフェンスのギャップをついてラインブレイク、タックルされながらも、素晴らしいボディーコントロールでボールを生かしてサポートにきたCスミスに素晴らしいオフロードでトライをアシストしたプレイは圧巻。その後の試合を決めるコンバージョンも難なく決めた。どこまで凄いかこの新人。
昨年U20では15番だったバーレットはケーンズで10番で、U20の同期の10番はブルーズのベンチに入っていたアンスカム。この二人の10番対決が見たかった。

最後のサヨナラ逆転コンバージョンの動画をどうぞ。


Rebels 30-29 Force
ちょっとびっくりだったかも。ワラターズに勝ったフォース相手にレベルズの今季初勝利。ジェラード良くなってきたかな。例のイングランドの問題児は、トライで変な踊りを披露。その踊り(トライ)でハムストリングを痛め3週欠場だそうです。

Waratahs 34-30 Sharks
凄い試合でした。メンバーが良くて今季は良いと思われたシャークスが開幕から勢いに乗れてなかったですが、徐々に力を発揮していました。一方のワラターズもメンバーは良いのに怪我人もあってか、なかなか勝ち星を重ねれずの似た感じのチーム。
ワラターズが前週フォースにまさかの敗戦で今週はかなりの気合だったか。僅か4点差でワラターズ勝利。

Crusaders 28-21 Cheetahs
2年ぶりにクルセーダーズが地元クライストチャーチに帰ってきました。スタジアム全体に赤いフラッグで埋め尽くされた感じで、クライストチャーチに笑顔も戻った感じで良かったです。
試合は意外にチーターズが健闘して最後までもつれる事になった。今年のチーターズの攻めがかなり良くて、この試合でも自陣22Mないから繋いで繋いでのトライで、この週の一番良かったトライにあげれる凄いトライをした。
後半からDカーターが出てきて久しぶりの試合だったが、まだ万全でない事もありGKを蹴る事はありませんでした(試合前から言われていた事)がカーターの復帰でいまいち調子に乗れてないクルセーダーズがこれから勢いに乗れるか。
初先発の新人のトムテイラーはまあまあ良かったかと思います。開幕から数試合はブレインダールだしたが、戦素敵にはテイラーの方が良いかなと思いますし、クルセの注目選手としてテイラーをあげていたので、出来が良かったので嬉しかった。まだまだ彼の素晴らしいプレイは出ていない気がするしこれからさらに注目。

Brumbies 33-26 Highlanders
トンプソン、ハーディーの3列のレギュラーの二人が怪我で欠場が響いたかハイランダーズがブレイクダウンで苦戦して、良い攻撃が出来なかった印象だった。逆にブランビーズの良さが(特にFW)目立った試合で、開幕前の評判があまり良くここまで勝ちが多いけど、すっきりしない勝ち方だったが、この試合では強いブランビーズを見せてくれた気がする。

折角調子を徐々に上げながら、この試合で足首を骨折して今季絶望になったハイランダーズ10番コリンスレイドは昨年2度の顎の骨折にラグビーワールドカップでは、足の付け根を怪我で途中でスコッドを外れるなど、彼は怪我に泣かされる選手ですね。 

Bulls 61-8 Reds
観るまでもない酷い試合でしたね。昨年のチャンピオンのレッズはどうしてしまったのか?
司令塔のクーパーの怪我の出遅れで10番を任されていたハリスも2週前に怪我、その代わりの選手も怪我とかで、数試合にはゲニアが途中で10番に入りGKも蹴っていたりと司令塔の怪我に泣かされているレッズが53点離されての大敗。

昨年ウイングで活躍して代表にまでなったデイビーが今季は15番で出ているけど、基本的にタックルが弱い選手は15番ではかなりきついでしょう。この試合でも簡単に吹き飛ばされたりと最後の砦がこんなタックルでは。。。
これはブルーズの15番モンローにも言える事で、彼の弱いタックルでかなりピンチになりトライをされている事も多いので、両チームは15番を代えるべきかなと思います。

Lions 19-24 Stormers
ライオンス5点差だたんですね。これは全く見てないので・・・
今季は7点差以内の接戦が多くRound5は一点差が2試合、3点差、4点差、5点差、7点差とレッズが大敗しただけ。
BYE - Chiefs

今週Round6の組み合わせ。

Highlanders v Rebels Invercargill
今夜は、インバカーゴでハイランダーズの試合が最初です。
先週欠場したトンプソンが今週は出場。そして昨年初キャップを獲得したホエアタが胸の怪我が完治して今週から復帰はかなり大きい。特にロックに入っていた本職はフランカーのニッククロスエルも膝の怪我でしばらく欠場だったので、ホエアタの復帰は丁度良かった。彼のフィジカルなプレイで今週のブレイクダウンは良くなりそう。

10番は先週スレイドの怪我でノークスが入る。開幕戦ではソポアガではなく、このノークスが10番に抜擢されて勝利に大貢献した選手で心配はいらないでしょう。特に正確なGKがあるし、開幕戦を見ていたら安定感のあるプレイでやってくれると信じています。 NPCはベイオブプレンティーの選手。

一方のレベルズは、オコーナー、ビールの今季移籍してきた大物選手が怪我から戻ってきたのが怖い。先週の勝利で勢いに乗ってくると思うし、この復帰組が大暴れしたらハイランダーズも苦戦するでしょう。
FW戦で有利になってレベルズのBKを使えないようにしなければいけない。レベルズの7番は数年前までノースハーバーで活躍してブルーズのスコッドにも入った事があるTom Chamberlainがかなり良くブレイクダウンでの使徒とに注目か。
Highlanders:
1. Jamie Mackintosh (c), 2. Jason Rutledge. 3. Chris King,
4.Josh Bekhuis,5.Jarrad Hoeata,6.Adam Thomson, 7. James Haskell,8.Nasi Manu,
9. Aaron Smith, 10. Chris Noakes, 11. Hosea Gear, 12. Shaun Treeby,
13. Tamati Ellison, 14. Kade Poki, 15. Ben Smith.
Reserves:
16. Brayden Mitchell, 17. Ma'afu Fia, 18. Culum Retallick, 19. Doug Tietjens,
20. Jimmy Cowan, 21. Phil Burleigh, 22. Buxton Popoali'i.

Rebels:
1. Nic Henderson,2..Adam Freier,3. Laurie Weeks,4. Luke Jones,5. Hugh Pyle,
6. Jarrod Saffy,7.Tom Chamberlain,8. Gareth Delve (c),
9. Nick Phipps,10. James O'Connor,11. Cooper Vuna,12. Lloyd Johansson,
13. Lachlan Mitchell,14. Mark Gerrard,15. Kurtley Beale
Replacements:
16. Ged Robinson,17. Rodney Blake,18. Alister Campbell,19. Michael Lipman,
20. Nic Stirzaker,21. James Hilgendorf,22. Julian Huxley

Hurricanes v Cheetahs Wellington

Chiefs v Waratahs  Hamilton
チーフスの青文字の新人選手で両者とも昨年のU20のメンバー。3番の選手は140KG近い巨漢。ロックのレタリックは204CMの大型でありながら、仕事量が半端なく多く、タックルも3列の選手並みにするくらい。ラインアウト良し、走れる、そしてブレイクダウンでも良い仕事で今NZで一番活躍しているロックと言えるかも。ブルーズのアリウイリアムズがやる気がないようですしレタリックが既に抜いている感じですし、オールブラックス入りはこのままいけばほぼ間違いなしと見て良いでしょう。

チーフスの選手がチャリティーの一環で毎年?行っている、坊主にする企画が先日行われました。
カフイ、メッサム、クルーデン、Rロビンソンナナイ・ウイリアムズ等、そしてSBW(サニービルウイリアムズ)までもが坊主にしたのでニュースでも話題になっていました。カフイ、SBWは結構に合っています。


試合予想はかなり接戦になると思いますが、チーフスが5点差で勝利。
Chiefs:
1. Sona Taumalolo, 2. Hika Elliot, 3. Ben Tameifuna,
4. Craig Clarke (capt), 5. Brodie Retallick,
6. Tanerau Latimer, 7. Liam Messam, 8. Kane Thomson,
9.Tawera Kerr-Barlow,10.Aaron Cruden,11.Tim Nanai-Williams,12.Sonny Bill Williams,
13. Richard Kahui, 14. Asaeli Tikoirotuma, 15. Robbie Robinson.
Replacements:
16. Mahonri Schwalger,17.Josh Hohneck,18.Michael Fitzgerald,19.Sam Cane,
20. Augustine Pulu, 21 Andrew Horrell, 22. Lelia Masaga.

Waratahs:
1. Benn Robinson (capt), 2. Tatafu Polota-Nau, 3. Sekope Kepu,
4. Kane Douglas, 5. Dean Mumm, 6. Dave Dennis, 7. Chris Alcock, 8. Wycliff Palu,
9. Brendan McKibbin, 10. Berrick Barnes, 11. Adam Ashley-Cooper, 12. Tom Carter,
13. Rob Horne, 14. Tom Kingston, 15. Bernard Foley.
Replacements:
16. John Ulugia, 17. Paddy Ryan, 18. Sitaleki Timani, 19. Lopeti Timani,
20. Jono Jenkins, 21. Sarel Pretorius, 22. Daniel Halangahu.

Brumbies v Sharks Canberra

Force v Reds Perth

Lions v Crusaders Johannesburg

Stormers v Bulls Cape Town

BYE - Blues
今週試合のないブルーズはポイント4をゲット。昨年もですが、Byeでどうして4P与える必要があるのか?逆にややこしくなるのに全く意図が解りません。勝てないチームが少ないポイントだと可哀想なのでかな?

あのABsも日本へ?は続きで・・・



まだままだ続きあります→[スポーツブログ ラグビーへ]←ランキングに参加中、クリック宜しくお願いします。
AB
あのABsも日本へ?の選手は、写真のカウワンではありません。
カウワンは今週ハイランダーズの試合が行われるインバカーゴが本拠地のNPCサウスランド所属ですが、ジミーカウワンは先週に続いて地元でやるけど先発できません。完全に昨年のワールドカップから調子を落として、今年のスーパーラグビーでもいまいちで完全にAスミスに追い抜かれた感じ。
イングランドのグロスターからのオファーでほぼ移籍が決まりそう。

あのABsも日本へ?の選手は、腰の怪我で長年苦しんでいて、昨年手術したにもかかわらず、あまり良くなってない感じのトエアヴァ。ほぼ決まりのサインとみて良いと思いますが、どのチームと握手する
のかは内緒w
AB
来季から日本は同時にグラウンドに立てるのが2名までとなるようで、確保する人数を少なくして、その代わり活躍できる大物を狙う傾向にあると思うので、もしかしたらこれからも大物選手の加入があるかも知れませんよ。

例えば、ブルーズで行くと、ベンソンスタンリー、その他では一応キャプ保持者のミカとか、今季3列でレギュラーのクリスローリーとか、モンローとかが出ていきそうなので、その中の誰かも日本に行くかも知れませんね。

いつもクリックありがとうございます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ←ランキングに参加中、よかったらクリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ★ラグビー★
ジャンル : スポーツ

Keyword : スーパーラグビー オールブラックス ニュージーランド Rugby AllBlacks NewZealand

コメントの投稿

Secret

トエアバは何処へ

ラグオさん、こんにちは。トエアバの来日は、決定ですか?
握手する相手は、在京チームですか?
支障のない程度で教示して頂けないでしょうか?

大物選手が沢山来てくれるということは、嬉しいかぎりです。
私のコレクションである「サイン&写真」が、また増えますので。

カゥワン移籍

ラグオさんこんにちは。

お騒がせ=△、超大物=×なJimmy Cowanのグロスター移籍が決まりましたね。
ABデビュー当時は、(Justin Marshallの)「クローン」なんて記事に書かれたりして、
(Marshyはまだ現役バリバリでしたが)私もMarshyの後継者はコイツだ!と期待したものです。
問題も起こしたけれどちゃんと更生し頑張っていたのでずっと応援していたのですが…。
代表50キャップ以上を獲得しているものの、結局「誰もが認める文句なしの一番手」にはなりきれませんでした。
残念ですが、新天地で活躍してくれることを祈りたいと思います。

しかし、こうして見ていると、やっぱりMarshyはすごかったんでしょうか?
まあ、あのキャラクターですから「誰もが認める」とは言いがたいですが(爆)
何だかんだいってどの監督になってもほぼ一番手に選ばれていましたからね。
NPCでの復帰どころか、いっそABに復帰してほしいくらい身びいきが過ぎるMarshyファンの私です(笑)

Re: カゥワン移籍

CRAZY OWLさん
遅くなりました。ジミーは出番があまりなくて可哀想になってきました。ここ最近ハイランダーズのFWが苦戦しているので早めにジミーを入れた方が効果ありかと思うのですが、ちょっと出すのが遅い気がします。
マーシーが凄かったのは言うまでもありませんよ。パスはいまいちでもねw
プロフィール

ラグオ

Author:ラグオ
ラグビーが大好きでラグビー王国ニュージーランドへ。現地のクラブでプレーしニュージーランドラグビーに虜に。それ以来ラグビーシーズンに合わせて日本とNZを何度も行き来して今ではNZに永住。NZラグビー最高です!だからここに来たしこれからも。
趣味は料理、ベイキング、写真など・・・致命傷の怪我でラグビーがやれなくなってからベイキングを始め今では一番の趣味かも。試食したい方はどうぞ(笑)
近い将来再びグラウンドに立てるまでリハビリがてらブログを書いています。心身共に調子が良くないので時々弱気な発言があるかと思いますが許してください。
ラグビー大好きなら大満足出来るそんなラグビー王国から呟いています。ラグビーについて色々語りましょう。

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリー
ブログランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ
↑ランキングに参加中
↓クリックお願い致します


ラグビー ブログランキングへ
RSSフィード
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

オールブラックス ニュージーランド Rugby ラグビー AllBlacks NewZealand Super14 ラグビーワールドカップ スーパー14 ワラビーズ スプリングボクス ブルーズ クルセーダーズ スーパーラグビー Zealand New NZ チーフス ジュニアオールブラックス Blacks All Springboks カンタベリー オークランド ウエールズ ハカ Air Cup アイルランド イングランド ホックスベイ カナダ ジェリーコリンズ フランス サモア Wallabies AirNZCup ダンカーター スコットランド ウエリントン ダグハウレット タナウマガ ハリケーンズ 日本 ストーマーズ ハイランダーズ セブンス ABs Auckland ワイカト タラナキ トップリーグ ハイネケンカップ ブルズ トンガ Australia イタリア Canterbury トライネーションズ Nations SouthAfrica ワラタス SBW ボクシング マオリ サウスアフリカ マンスター ノヌー モセトゥイアリイ Pacific ANZC ブランビーズ ロビーディーンズ スパーラグビー ベッカム キウイ ルークマカリスター AirNewZealandCup シャークス ラグビーチャンネル マフィン ジュニア イーデンパーク ランフリーシールド Premiership England シオネラウアキ オーストラリア ダニーデン トライ ワールドカップ エアニュージーランドカップ ブリディズローカップ ジョニーウィルキンソン トニーブラウン ラグビートニーブラウン ハミルトン スクラム ジャスティンマーシャル オールブラッククス 日本代表 クリスジャック ネットボール 箕内 クリスジャク リコギア リコ・ギア パシフィックネーションズ apan フィジー シオネラウア キースロビンソン リッチーマコウ アリウイリアムズ 海外ラグビー スパー14 Blues ニックエヴァンス サニックス Wellington グレックサマヴィル NZマオリ ダン・カーター サウスランド Waikato W杯 Scotland Ranfurly PACIFIC Shield Six Tonga Supre14 ウェールズ アルゼンチン ロールケーキ デザート サニービルウイリアムズ コスプレ ホワイトロック ドナルド カフイ チョコレート 癒し チータース ライオンズ フォース レッズ バレンタインデー ケーキ ベイキング Otago NorthHarbour シックスネーションズ ジェイソンイートン Super14 ジェーソンイートン クライストチャーチ クラシックオールブラックス Newzealand ABs ジョナロムー シドニー サッカー 派閥 ルーベンソーン ヤマハ アーロンメイジャー ヘンリー 日本代表J AB JonahLomu Jonah Japan Jrオールブラックス Junior Lomu KapaOPango ISLANDERS Guinness Argentina AllBlacksスーパー14 BLUES Bluse France Fiji 妊娠 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。